【ビデオ】テレビ中継見るならここに注目/あの難コースに行ってきました

2015.08.03
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

8月1日にアメリカ・ペブルビーチから、
帰ってきました!

今回参加された皆さんは、
名門コース、そして素晴らしい景観の中でのレッスンに、
大満足のご様子でした。

ペブルビーチの写真を撮ってきましたので、
ご紹介したいと思います。

続きはあとがきで・・・

さて今日はプロゴルファーのスイングのお話です。

昨日も全英リコー女子オープンをテレビで見ていた!
という方も多いのではないでしょうか?

女子プロのスイングはとても参考になります。
特に、下半身の使い方を参考にしてください。

筋力がある女子プロももちろんいますが、
身長も高くなく華奢な女子プロの場合、やはり力ではなく、
クラブに最大限仕事をさせて飛距離を出しています。

使っているドライバーも男性と変わらない
45インチや46インチを使用しています。

体と止めてクラブに最大限仕事をさせて飛ばしている!

ぜひ、そういった女子プロのスイングに、
注目してください。

あとがき

pb01 (1)

ペブルビーチでは、朝はまだ寒いといった感じでしたが、
私は気合を入れて半ズボンでプレーです。

初日から、海の近くの高台にある36ホールのゴルフクラブで、
ベイオネットコースとブラックホースの2コースがあります。

この日は、何せ、涼しくて快適でしたので、
なんだかんだで、36ホール制覇しました。

ゴルフ三昧です!

pb02 (1)

上記写真は、
ツイスト打法を右手のゴルフの理論へ組み込む時、
大変お世話になった、某大学の某教授。

私のツイスト打法誕生に大きく関係している方だけに、
ペブルビーチでもツイスト打法は完璧でした(笑)。

ただ写真をご覧頂いてお分かりの通り、
コース自体の難易度は非常に高いです。。。

このドッグレッグで何人か参加者の方がつかまってましたが、
それでもラウンド自体は非常に楽しまれていたように思います。

まだまだたくさん写真を撮ってきましたので、
また後日、ご紹介させて頂きたいと思います。

では、また!

<オススメ>
たった1ヶ月で
スコアと飛距離が劇的に変わる6つの秘密。

「理論的に、曲がらず飛んで当たり前」
のスイングを身に付けることで、
これから先、ずっとゴルフを楽しめます

http://g-live.info/click/iia150728/
※リリース特別割引は今日までです

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>