【ビデオ】アプローチは滑らすように/このアイアン良かったです!

2015.08.17
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

みなさんはお盆休み、
満喫されましたか?

メルマガを読んでいただいている方の中には、
休日を利用してゴルフを楽しんできた!

という方も多いのでは?

私はもちろん、
毎日レッスンです・・・。

さて、先日、某ゴルフ雑誌の特集で
また試打をしてきたのですが・・・

私は比較的に早くクラブを変えたくなってしまう方で

『ちょっと使ってみたいな!』
と思えるクラブがありました。

そのクラブとは、、、

詳しくは、あとがきで・・・

さて今日はグリーン周りからの
アプローチについてです。

よく失敗してしまう!という方に
特に注意してほしいのが『入射角』です。

アプローチを失敗してしまう入射角で多いのが・・・

上から下へ急激にヘッドを落としてきて、
ボールを潰すように打つ。

これは良くありません。

その結果、ザックリをしてみたり
トップを打ってグリーンをオーバーしたり・・・。

では、どのような入射角が良いのか?

ソールを滑らすような入射角を意識して打つように!
と私はよくご説明をしています。

ボールの10cm手前から、ダフらせるように、
ソールを滑らすようにして打つとミスも少なく、

またアプローチにおいて重要な距離感もあってくるはずです。

上から潰すように打って、
失敗の多かった方、ぜひ滑らすようにアプローチをしてみてください。

あとがき

興味をそそられたのは・・・

キャスコのアイアンです。

ヒールが出っ張ったような見た目の
ドルフィンウェッジというモデルが出ているのですが・・・

そのアイアンの見た目はスッキリした印象です。

7番しか打っていないのですが、
トゥやヒールに外した時でも簡単に球が上がりました。

個人的には非常に使いやすいです。

5番アイアンを打って、
ボールが上がれば、さらに良いです。

あとはピッチングが飛びすぎなければ、
使う可能性大ありだな!と思っています。

では、また!

追伸:

スライスをなくし、
飛距離も20yくらいは伸びる
「右手のゴルフマスターキャンプ」を

8/27(木)~8/28(金)に関東で開催します!

時間を気にせず、コースを回って、
右手を利用した曲がらないショットを習得できます。

6名募集して、
すでに3名の応募がきています。

残り3名ですので、
ご都合が合いましたら、ぜひいらしてください。

http://g-live.info/click/kci1508/

<オススメ>
スイングで最も大切な部分は、
インパクト。

インパクトを完璧にするために
最低限にして最重要の場所を
集中的に練習したら、5ラウンド以内に100切りできます。

最速で上達できる
小原プロの上達ノウハウ決定版です

http://g-live.info/click/7days150811/
※お盆特別価格は今日までです

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>