【ビデオ】下半身では打てません/力んでいない証拠はこれ

2015.08.31
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

先日アメリカ合宿に行った際、
4日で5ラウンドもしてきたのですが、

さすがゴルフをしすぎたこともあり、
5ラウンド後、針の先生に腕でチェックしていただきました。

1ラウンドするでも人によっては腕の筋肉が硬くなり、
パンパンになってしまう方もいますよね?

その針の先生曰く、
私の腕は・・・

続きはあとがきで・・・

さて今日はスイング中の下半身の動きについてです。

『下半身でボールを打て』
良く聞く理論だと思います。

しかし下半身でボールは打てません。
ボールを打つのはクラブヘッドです。

クラブを十分に使うためには・・・

下半身リードでボールを打とうとしなくても、
飛距離は出ます。

ですので右手のゴルフでは、
下半身はなるべく動かさないようにして打ちます。

下半身が動くのはボールを打った後です。

もしご自分で下半身を動かしながら打っているという感覚のある方、
下半身の動きを使わず、右手で手打ちしてみてください。

あとがき

針の先生曰く、私の腕の筋肉は柔らかい状態で、
なんの以上もありません。

『短期間で5ラウンドもしたと思えないほどに、
普通の状態です。』

とのこと。

これはスイング中に力が入っていない
ということがいえると思います。

力んでスイングしていたら、
さすがに筋肉の張りはあたり前だと思います。

体に負担をかけることなく、
簡単に振って、楽に飛ばす!

これは歳をとってからもゴルフを楽しむためには、
本当に大事なことだと思います。

もし力一杯スイングしていて、
ラウンド後に腕に違和感を感じている方、
ぜひ右手で楽にスイングする右手のゴルフを実践してくださいね。

ちなみに先日、ゴルフではないのですが、
力を入れることをした際に、歯を食いしばった結果、
歯茎を痛めました・・・。

歳をとると、こういったところにも支障が出るものですね(笑)

皆さんも力を思いっきり入れるような状況では、
十分に怪我にお気を付けください。

では、また!

<オススメ>
ケガ、病気、年齢のせいで
肩や腰が回らない、、、という方でも、
スイング理論に基づいた方法で、

飛距離あるボールを打ち、
自己ベストを叩き出すことができます。

生涯、充実したゴルフライフを送りたいなら、
今すぐこのお手紙を見てみてください

http://g-live.info/click/amenohi150831/
※※雨の日特別割引きは9月2日(水)までです

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】下半身では打てません/力んでいない証拠はこれ」への3件のフィードバック

  1. すぷーきー

    いつも拝見させて頂いております。片山先生に質問があります。先生の動画で「今のクラブとボールならこれで飛びます」というコメントがよくあります。この今のクラブとは具体的にどのくらいの年度のモデルの事を指しておられるのでしょうか?またアイアン、UTなどはスチールシャフトでもと言うことでしょうか?教えて下さい。

    返信
  2. 西村 宏之

    片山先生 お疲れ様です。先生のDVD 本を見て右手のゴルフ実践しておりますがなかなか実際のコースで思い切って右手のスイングができません。もちろん右手中心の打ち方ののですがいろいろ迷っております 特にショトアイアン アプローチの時とドライバーのときとスイングが変わってしまいます。またよろしくお願い致します ペブルビーチはどれくらいのスコアーでわらられたんですか回られたんですか?(笑)

    返信
  3. 髙橋 建

    大森睦弘さんは「たとえて言えば下半身が王様で上半身は家来だ、下半身がリードしてこそゴルフのスイングは完全なものになる」と言われています。私もこの理論を体現すべく努力していますが、片山晃さんの理論は正反対のようです。大森理論ではこの先上達は難しいですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>