【ビデオ】タメは作るな!/良いシャフトのポイント

2015.09.07
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

私は日頃から時間があるといろいろなメーカーの
シャフトを試打してみています。

そのため、
オタク呼ばわりされたりもします(笑)。

実際、クラブが好きなので気にしませんが。

昨日埼玉の練習場で、試打してみたシャフトの中で、
良かった最新モデルのシャフトを一つ紹介したいと思います。

私が考える良いシャフトのポイントの一つが・・・

『万人が使える』という
使いやすさ!です。

その良かったシャフトというのは、、、

続きはあとがきで・・・

さて今日はダウンスイング中の右ひじについてです!

ピンポイントなのですが、
意外と右肘の動きが、昔言われていたことを
今も続けているという方は非常に多いです。

『ダウンスイング中に右ひじをワキに付けたままダウンスイング』

いわゆるタメたようなスイングですね。

多くのレッスンプロも言っていたかもしれません。
でも、そのスイングをしてもあまり良いことはないんです。

むしろその右ひじの動きには大反対です。

なぜなら・・・

意図的に作ったタメはすぐにほどけてしまいます。

その結果左サイドが動いてしまい、
正しいインパクトができなくなり、いろいろなミスショットが出ます。

私は右ワキをあけて右ひじが体に付かないように、
ダウンスイングを行います。

それでも自然にタメができたスイングになっています。

もしタメたようなスイングをしていて、
ミスショットが多い・・・という方は
ぜひ右ワキを開けて、右ひじを体に付けずにダウンスイングしてみてください。

あとがき

まだ発売されていないのですが、
『アッタスのG7』というシャフトです。

これまでにも『アッタス』のシャフトは試打していますが、
正直『良い』と思ったことがありませんでした。

今回のこのアッダスG7のシャフトの特徴としては
メーカー的には中調子という発表のようですが・・・

私が打った感じでは、手元調子のように感じました。

スピンの多い方にお勧めですね。
強い球が出て、厚く当たる感覚がありました。

私が打った感じとしては普段のシャフトよりもランが多く出て、
飛んでいる印象でしたので、『ちょっと変えてみても良いかな?』くらいの、
気持ちはあります。

もしシャフトをお探しの方は、
『アッタスG7』の試打会は全国的に行われていますので、
一度試してみては?

では、また!

右手のゴルフ引越しのお知らせ:

私の『右手のゴルフ』メルマガですが、
10月5日から、このゴルフライブのHPではなく、
別のサイトに引っ越しをすることになりました。

『右手のゴルフ』メルマガを
引き続き読んでくださる方は、
お手数ですが、下のURL先のフォームに登録してください。

ここに登録されたメールアドレスのみに
今後はメルマガをお届けしていきます。

『右手のゴルフ』を引き続き読む

<オススメ>
関節痛など、体に痛みがあっても
70歳以上でも、
厳しい練習を続けるのが面倒でも、

あなたの中に眠っている
遠くまで真っ直ぐ飛ばせる力を引き出すだけで、
飛距離は30yアップします!

大森コーチ・スイング研究所が生んだ、
新しいスキルを身につけずとも、
もともと持っている実力で飛ばす秘訣を公開しています

http://g-live.info/click/rikimi150901/
※期間限定の特別価格は今日までです。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】タメは作るな!/良いシャフトのポイント」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>