作成者別アーカイブ: ガッツパー 水柿

ボールを投げたら上手くなる!?

2017.03.24
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

先日、生徒Oさんからこんな質問を受けました。

「100切りを目指してショートコースで
 練習をしているのですが、
 なかなかアプローチの距離感が掴めません。

 ガッツ―パー水柿プロどうしたら
 もっとアプローチの距離感が
 つかめるようになりますか?」

生徒Oさんはゴルフ歴3ヶ月目で
ベストスコアは118。

スイングが徐々に安定してきた所で
距離感に悩みを持っていました。

僕が生徒Oさんに
アプローチの距離感の出し方を
お伝えしたところ、、、

アプローチの距離感が見違えるほど良くなり、
いきなりベストスコアを更新してしまいました。

そのアドバイスはというと。。。

と、アドバイスの話をする前に、

大前提として、何度打っても
同じようなインパクトが得られる

再現性の高いスイング

が出来るようになることが前提です。

1球づつ

・打つ度にスイングの幅が変わる
・打つ度に手首の角度が変わる
・打つ度にクラブの入射角が変わる

これでは再現性のあるスイングとは言えません。

毎回違うスイングをしてしまっては
距離感も毎回変わってしまいます。

そこで重要になってくるのが、、、

ゴルフライブのメールマガジンを購読している
意識の高いあなたは既にご存知かと思いますが
ビジネスゾーンの練習ですね。

とても大事なことなので、
まずはじめにビジネスゾーンの
お話をさせていただきました。

前置きはこのぐらいにして本題です。

僕が、生徒Oさんにアドバイスしたことは
大きく2つのポイントになります。

一つ目のポイントは基準を作ること

まず何も意識せずに
1球気持ちよく振ってみましょう。

それが「あなたの基準」となります。

え!?
それだけ??

と思うかもしれませんが^^;

あなたが気持ちよく振った時の
リズム・振り幅・テンポが
基準となります。

人によって

・スイングリズムに変化があったり
・振り幅が小さかったり、大きかったり
・テンポが早かったり遅かったり

するんですね。

そのあなたのスイングでどれだけ飛ぶのか。
何番アイアンだと気持ちよく振って◯◯ヤード
という基準を作っていきましょう。

練習場などではヤード表記の看板を目安に。
シミュレーションゴルフなどでも最近では
かなり正確に距離表示がされます。

2つ目のポイントは距離感

距離感とは読んで字のごとく
感覚なので、言葉で説明するのは
正直難しいのですが、、、

この感覚というのは
誰しも持っている感覚になります。

ゴルフという競技はクラブをコントロールして
ボールに力を伝えるスポーツなのですが、

今回はクラブではなくボールを投げて
距離感を養う練習法をご紹介します。

ゴミ箱を想像してもらうと
更にイメージが湧きやすいと思います。

ゴミ箱に紙くずをすっぽりと
投げ入れる際にあなたならどのように
紙くずを放り投げますか?

投げ方は色々ありますが、
しっかりとゴミ箱に入れようとすると
下手投げをされる方が多いと思います。

この時に重要なのが
腕の振り幅ですね。

これはゴルフでも同じなんです。

実際にボールを手に持って、
下手投げをしてみて下さい。^^

1d8eae1bcab2a5c60e2fbba4532490c5

近い距離だったら小さい振り幅で
遠い距離だったら大きな振り幅で
実際に投げてみます。

遠くに投げようと思えば感覚的に
これぐらいの振り幅だとこれくらいかな?と
自然と腕の振り幅も調節されると思います。

この感覚をクラブでも
イメージしてみて下さい。

ここで大事なポイントがあります。

それは

着地点を見ながらスイングすること

あなたはアプローチで
ピンやカップを見ながら
素振りをしていたりしませんか?

そうすると着地点がピンやカップになって
オーバーしやすくなってしまいます。

絶対にピンに寄せる!という強い気持ちが
強ければ強いほど・・・

大事なことのは、
「落とし所」の目印をしっかり見て
素振りをすることなんですね。

目印がグリーンエッジなのであれば
グリーンエッジをしっかり見ながら
素振りをしてみましょう。

もしあなたが、
「落とし所」をしっかりと
意識できていなかったとしたら

生徒Oさんのようにアプローチが
グンッと良くなるかもしれません。

すぐに実践できることなので
是非試してみて下さいね。^^

それではまたメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

近藤プロ大絶賛の新型クラブが新登場!

もしあなたが…

・アイアンを使うとダフってしまう、、、
・思うようにアイアンの飛距離が出ない、、、
・曲がらない精度の高いアイアンを手に入れたい、、、
・アイアンに対する不安をなくしたい、、、
・1度ダフりやトップがでると止まらない、、、   

このような悩みを抱えているのなら…

この新型クラブを使うことで
あなたのアイアンの悩みは
解決してしまうでしょう。

http://g-live.info/click/tsubame20170323/
※31本のみの限定販売です。

【ビデオ】トップボールが3回出たらコレして下さい

2017.03.17
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

本日は第2回目の
レッスン動画となります。

今回のテーマは

「トップボールが3回出たらコレして下さい」

というお話をしたいと思います。

トップボールを簡単にいえば
ボールの上側(トップ)を叩いてしまい、

ボールがその場で跳ねたり、
転がったりするミスショットです。

いくらドライバーが良くても

「ここまで良い調子だったのに全て台無しだ」
「これさえなければ・・・」

と言った辛く悔しい思いをされた方も
多いのではないでしょうか?

さらに、まだ今の時期は芝も薄く
トップしやすい状態になっています。

では、どのような意識・ドリルで
トップボールが改善するのか?

動画で解説しました。

トップボールが3回出てしまったら
コレ試してみてください!
続きを読む

「春先ゴルフで風を攻略せよ」

2017.03.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

今日はあなたに、

「春先ゴルフで風を攻略せよ」

について、お話ししたいと思います。

まだまだ朝の冷え込みが
辛いこの時期ですが、

日中は徐々に春の陽気が
感じられるようになってきました。

と同時に、これからの時期は
強風に要注意です。

「春の嵐」と呼ばれる一年の中で
最も暴風が発生しやすい季節なんですね。

プロの中では雨よりも
「風のほうが難しい」という
意見をよく耳にします。

理由は、距離感が難しく、
普段通りのスイングが出来ないから。

ではどんなことに注意すれば、
強い風の中でいつも通りの
プレーができるのか?

実は、風の中でのプレーを
いつも通りにするためには
ある観点が非常に重要なのです。

その、【ある観点】とは、、、
続きを読む

実践型!レベル別トラブルショット対応マニュアル

2017.03.03
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

今日はあなたに、

「実践型!レベル別トラブルショット対応マニュアル」

について、お話ししたいと思います。

ゴルフをしていると、思いもよらぬ所に飛んでしまい
トラブルショットを打たなければならない場面があります。

もちろん、そういった状況に「しないこと」が理想です。

でも、、、

残念ながらトラブルショットを一度も経験しない。
なんて方が難しいですよね?

今回は、そんなトラブルショットの
対応マニュアルをレベル別にわかりやすくご紹介します。

このマニュアルはこれまで
直接レッスンをしている生徒さんにしか
お伝えしてこなかったものなのですが、、、
続きを読む

【ビデオ】 左肘が引ける動きを改善する3つのポイント

2017.02.24
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

本日は初めての動画レッスンとなります。

今回のテーマは

「左肘が引ける動きを改善する3つのポイント」

というお話をしたいと思います。

練習場などでカメラで撮った時に
左肘が引けていて、ガッカリ・・・
というご経験ありませんか?

左肘が引けてしまうと、、、

「ボールをしっかり捕まえきれない」

「クラブフェースがインパクト時に開いてしまう」

「ボールが右方向へ飛び出してしまう」

などなど・・・

実は、その解決方法は腕のターンに隠されているかも?
(続きはビデオにて!)
続きを読む

名門水城高校【石井監督からの教え】

2017.02.17
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは、
ガッツパー水柿です。^^

今日は、あなたに

「名門水城高校【石井監督からの教え】」

というテーマでお話をしたいと思います。

母校である水城高校ゴルフ部は
2016年3月に後継者が見つからず
廃部になってしまったものの、、

片山晋呉プロ

宮本勝昌プロ

横田真一プロ

など

多くのプロゴルファーを
送り出してきた名門ゴルフ部です。

そんな名門ゴルフ部を39年間
牽引してきた石井監督の練習法を
あなたにご紹介したいと思います。

練習をする上でもっとも大事なこと

あなたはご存知ですか?
続きを読む

超速スコアカード活用法

2017.02.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 
先週のメールマガジンでは
「あなたを丸裸にするスコアカード活用法」
についてお伝えさせていただきましたが、

予想以上の数のご質問を
お寄せいただきました。

本当にありがとうございます!

今回は、そんな頂いたご質問の中から
特に多かったご質問にご回答させていただきたいと思います。

今回ご回答させていただくご質問は

「超簡単に出来るお勧めの書き方も教えて下さい。」

といったご質問です。

それでは、今回のメールマガジンで
詳しくご紹介していきますね。
続きを読む

あなたを丸裸にするスコアカード活用法

2017.02.03
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 

2月3日は節分の日ですね。

みなさんの中には鬼の役をやって
子供たちからたくさん豆を投げつけられる
という方もいるかもしれませんね・・・

豆をぶつけられた方は、
自分の中の鬼が追い払われて、
福が舞い込んでくるのでは!?
と思っています(笑

さて、話は変わり本題となります。

本日は

「あなたを丸裸にするスコアカード活用法」

についてお話をしようと思います。^^

誰かに見てもらわなくても

・あなたの苦手な状況

・あなたの苦手なクラブ

・あなたの苦手な距離

など。

全部丸分かりになってしまう方法、
あなたも知りたくありませんか?

ラウンド中、スコアカードに
あることを書くだけなんですが。。。
続きを読む

目標を達成させる「裏技」

2017.01.27
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 
先週からメールマガジンを執筆させていただき
早速その反響に驚いています。

多くの方から
個別メッセージやお声をいただきました。

水柿プロのメルマガ見ました。
これから楽しみにしています。といった声や

以前レッスンさせていただいた生徒さんから
あれからコンペで優勝出来ましたよ!
といった近況報告まで。

皆様の喜びの声が
僕の何よりも原動力になります!!

本当にありがとうございます。^^

さて、1月もそろそろ終わりますが、
生徒さんから今年の目標は●●です!

といった意気込みの声を
たくさんいただきました。

こうやってメールを読まれている
意識の高いあなたも、もちろん
目標を立てていらっしゃることでしょう。

そこで今回は、

「目標を達成させる裏技」

というテーマでお話をしたいと思います。

実はあることを意識するだけで
目標達成がグンっと近づきますよ!

今回は、そんな話をしたいと思います。
続きを読む

【新講師】出会いと師匠

2017.01.20
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

はじめまして!

ゴルフパフォーマンス練馬店で
レッスンをしている「ガッツパー水柿」こと
水柿雅貴(みずがき まさたか)と申します!

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 
今日からあなたに、
ゴルフ上達のレッスンを
提供させていただくことになりました。

レッスンでは、小原プロを師事し、
結果から作り上げるビジネスゾーン理論を元に

初級者から上級者の方まで
幅広いゴルファーの気持ちを理解し
「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに
レッスンを行っておりいます。

また、土壇場からの
リカバリーショットを得意としており
ガッツパー水柿と呼ばれています。^^

本日からどうぞよろしくお願いいたします!

さて、今回は記念すべき
初めてのメールマガジンとなりますので、

「出会いと師匠」

というテーマで
なぜ僕が小原プロを師事し、
出会ったのかというお話をしたいと思います。
続きを読む