カテゴリー別アーカイブ: モチベーション

トム・ワトソンとそのキャディの物語…

2017.11.13
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「トム・ワトソンとそのキャディの物語…」

について、お話ししたいと思います。

有名な話なのでご存知の方も多いかもしれませんが、
私の大好きなトム・ワトソンの話をシェアさせてください。
続きを読む

【ビデオ】これをやれば夢が叶う(ゴルフでも何でも)

2017.11.12
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「これをやれば夢が叶う」

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

夢とはわくわくすることを感じることです。

そして、そのわくわく感を大切にして、
わくわくすることを成就できるための一歩一歩を
確実に踏み始めることが、夢が叶うための王道です。

ゴルフでも、あなたがどんなゴルファーになりたいのか、
それがはっきりしていなければ進歩もなかなかできないものです。

★今日の話は、ゴルフに限らずあらゆることで役に立ちます。
 メルマガの後半にはちょっとした面白いクイズも用意しました。

(続きはビデオにて)
続きを読む

練習はナイスショット、コースはナイスミス

2017.11.02
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「練習はナイスショット、コースはナイスミス」

という話をしたいと思います。

はじめに質問です。。。
「あなたはミスをしたいですか?」

もしこの質問に「はい!」と答えられるのであれば、
ゴルフが上達する素質があります。どういうことか?
続きを読む

なぜ週刊誌やレッスン書では上達できないの?

2017.10.30
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「なぜ、週刊誌やレッスン書では上達できないの?」

について、お話ししたいと思います。

冒頭からかなり挑戦的なタイトルですが。。。

ですがこれについては、私が常々思っていることで
とても大切なことなので、敢えて取り上げます。

この話を聞いていただくことで、ゴルフに開眼する人が
一人でも出てくれることを願っています。

(ちょっと具体的な説明するための写真も用意しました)
続きを読む

【ビデオ】ミスショットしたらパーがあなたを救う!?

2017.10.22
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「ミスショットしたらパーがあなたを救う!?」

というお話をさせていただきます(ビデオあり)。

「パー」と言っても、
バーディー、ボギーのパーではありません。

ジャンケンポンの「パー」です。

ゴルフでミスショットしたら、手をパーっと目一杯開くだけ。

そうするだけで、興奮が収まってくるんです。なぜか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

ピンチはチャンス!

2017.10.13
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

実は、、、
先日コースレッスンで生徒Yさんが

素晴らしいガッツパー※を決めたので、
今日はそのお話をしたいと思います。

あなたにはまだ馴染みのない
言葉かもしれませんが、

※ガッツパーとは、
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、

巧みなテクニックでパーを拾った時
などに使われるゴルフ用語です。

ということで、今日のテーマは、

「ピンチはチャンス!」

というお話をしたいと思います。

あなたはこれまでにピンチを跳ね除け、
トラブルショットからガッツパーを
拾ったことがありますか?

実は、あなたが普段ラウンドしている最中にも
ガッツパーを狙える場面があるかもしれません。

続きを読む

ネガティブ思考は「敵」?

2017.10.03
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

いきなりですが、
自分のゴルフのいいところ
思い浮かべてみてください。

これは、
レッスンに来ていただいている生徒さんに
時折聞いてみたりするのですが、、、

続きを読む

アーノルド・パーマー…人生1度だけのミス

2017.10.02
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「アーノルド・パーマー…人生1度だけのミス」

について、お話ししたいと思います。

アーノルド・パーマーについては
多くを説明する必要はないでしょう。

PGAツアー62勝(歴代5位)、メジャー選手権7勝。。。
まさにゴルフ界のレジェンドの一人です。

そんなパーマーが犯してしまった、たった一つのミスとは?

(短い話なので、1分程度でお読みいただけます)
続きを読む

「心」きりが悪いところでやめる驚きの効果

2017.09.24
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・きりが悪いところでやめる驚きの効果」

というお話をさせていただきます。

ゴルフの練習をやっていて、
このチェックポイントだけはクリアしたいと思って、そのことだけを
ある程度できるまでやめないということは、多いのではないでしょうか。

ドライバーショットを打っていて、
良いボールが出るまでやめられないという罠もありますが。

確かに、ショット中に考えられることは多くても一つだけです。

セットアップに関してはちょっと別物で、
ジャンボ尾崎プロは100項目ぐらいあったという噂もありますが。

いずれにしても、スイングが始まってから
意識できることは一つが限界です。となると。。。
続きを読む

最近になって100が切れなくなってきた…涙

2017.09.23
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「最近になって100が切れなくなってきた…涙」

についてお話しようと思います。

実は最近、このような質問をいただくことが多いです。

ですがここであなたには
ある「法則」を知っておいてほしいのです。

その法則とは一体、何か?
続きを読む

ビジネスマンから聞いた自信を持つための3ステップ

2017.09.19
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

私事ですが、先日、
普通のビジネスマンをしている友人と、
久しぶりに飲みに行ったんです。

以前会ったときは、
仕事が中々うまく行ってないらしく、
自信をなくしていたのですが、、、

今回は自信に満ち溢れた表情になっており、
とても充実した表情になっていたのです!

「なんかあったの?」と話を聞いてみると、
どうやら自信を身につけるために実践している
3つのテクニックが有るみたいです!

コレを聞いた時、
「ゴルフでも取り入れられそう!」
と思ってニヤッとしてしまいました、、、

テクニックその1:「自分が出来た事」を書き記す

何を書くのかというと、

・何かが上手く出来た時
・初めて何かをやった時
・停滞時期から一歩抜け出した時

これらを忘れぬうちに、
日記へ記載するらしいです!

コレをする目的は、

「自分自身が思っているよりも
 自分は信用できる人間だ」

と常に自分に思い出させることらしいです!

さらに、過去に遡って、
具体的な成功体験した場所も思い出して、
書き加えるとなお良いみたいです!

こうした成功体験をリストアップして置くと、
短時間で何が出来たのかを見返すことが出来ます。

何かで失敗したときに、

「自分はあの時できた」
「自分は何ができるか」

ということを具体的に思い出せるのです!

テクニックその2:過去改変する

過去に失敗したことが
トラウマになって

何をするにも引きずっている、、、
次への一歩が踏み出せない、、、

そんな時は、過去の出来事を
「再構築」してしまえばいいみたいです。

あの時失敗した出来事に対して、
「あれは学びの機会だった」と
言い切る事ができます。

過去の出来事を新たな視点で捉えて、
当時の失敗に「新しい意味」を
再設定することが、とても効果的みたいです!

テクニックその3:できればやりたくないことを実行する

3つめに教わったテクニックは、
行動を習慣化することだそうです。

特に「できればやりたくない」ことを
毎日やると良いそうです。

これって大変なことですよね^^;

・嫌だと思って先延ばしし続けていること
・苦手な相手ともコミュニケーションを取る
・1時間だけネットサーフィンしない

などなど、、、

あなたがやらないだろうなぁと思うことを
やってみて下さい。

嫌で遠ざけていたことが、
習慣化して出来るようになっている。

これが「自信」へとつながる
ということみたいです。

まとめ

ここまで読んで頂いた
あなたならすでにお気づきかと
思いますが、、、

ゴルフでも取り入れられると
思いませんか??

■「自分が出来た事」を書き記す

コレについては、

・ラウンド時の成功体験
・繰り返し練習した成果が出た時

などでしょうか!?

■過去改変する

これはミスショットをした時に
当てはめられそうです。

・スライスでバンカーへ
 →悔しかったけど、バンカーショットの苦手部分が見えた。
 あのときスライスしていなければ気づく事が出来なかった。

■できればやりたくないことを実行する

重要なんだけど、
以外と練習メニューから抜けてしまう、
ビジネスゾーン練習や日々のトレーニング。

徐々にで大丈夫ですので、
習慣として取り入れてみてください。

・ラウンドに行く前、

・練習場に行ったとき、

・週一回

などなど、、

自信は勿論就く事は間違いないと思いますが、
自然とゴルフもうまくなって行きそうですね!

一石二鳥で良い練習方法だと思いました!

追伸:知る人ぞ知る、小原プロの人気プログラム…

昨日、事務局から連絡がありまして
小原プロの「隠れた人気プログラム」が
今日からキャンペーン中とのことです。

<詳細はこちらをクリック>

事務局からの話によりますと、
今まであまり大々的に宣伝してこなかった教材だそうです。
ぜひ一度チェックしてみて下さい。

※期間限定のご案内とのことです。

 

またメールします!

近藤

※誤字がございましたので、修正させていただきました。
ご指摘いただきましてありがとうございます。

【敬老の日に…】御年87歳の、忘れ得ぬ人

2017.09.18
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「御年87歳の、忘れ得ぬ人」

について、お話ししたいと思います。

先日、とても感動する文章を読みました。

と思ったら、今日は「敬老の日」。
内容的にちょうどタイムリーかなと思いまして。。。
あなたにご紹介したいと思います。

(ゴルフに直接関係のない話かもしれませんが、
 きっと回り回って、ゴルフにも役に立つ話です)

87歳でも、生きる最後まで人生を輝かせ続けた、
ある素敵なかわいいおばあちゃんの話です。
続きを読む

↓こんな時あなたならどうする?

2017.09.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

突然ですが実は私
かなりの負けず嫌いです。

最近でこそなくなったものの
昔は自分が思うようなショットを打てなくて
他人が少しでも良いショットを打とうものなら
目を真っ赤にして悔しさを露わにしていましたから、、、

そんな私ですがあるときを境に
人のプレーを全く気にしなくなりました。

人の結果は自分ではコントロールできない
自分にできるのは今できる最高のゴルフをすること。

そう思えるようになったのです。

憧れていたタイガー・ウッズの影響です。

ここで一つ質問です。

“相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面”

あなただったらどんな気持ちで
このパッティングを見守りますか?

              

タイガー・ウッズ

2005年のアメリカンエクスプレス選手権
での出来事なのですが最終日のプレーオフ
相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面。

タイガー・ウッズはこの時本気で「入れ」
と相手のパターが入ることを祈ったそうです。

私はこの話を聞いて
「なんで?」と思いました。

相手がこのパッティングを外せば
その瞬間自分の優勝が決まるんですよ。

その理由を私には
理解することはできませんでした。

ではなぜウッズはこの時
「入れ」と祈ったんだと思いますか?

それには2つの理由があったんです。

           

2つの理由

もしもこの時ウッズが「はずせ」と
強く祈って相手がそのパターを決めてしまったら

ウッズは強く落胆することになります。

その落胆が次のコースで
与える精神ダメージはとても大きい。

だったらはじめから「入る」
と思っていた方が精神的に楽だ。

仮に入ったとしても、
自分の希望がかなった。

人の成功を喜び人の不幸を喜ばない
フェアプレーの主として次も落胆することなく
結果として落ち込むこともなく正々堂々と戦えるのです。

この話を聞いて私は
イライラしたり悔やんだり
精神を安定させることができないことは

ダフリよりトップよりスライスより
遥かに大きなミスショットだなと感じました。

ゴルフにおいては精神を一定に保つことも
スイングやパッティングと同じ技術だということです。

          

セルフイメージを強く持つ

実はウッズが「入れ」
と祈ったのはもう一つ理由があるそうで

そのことについてウッズはこう語っています。

「私は常に世界最高峰の
プレーをする自分をイメージしている。

だからこそ自分のライバルにふさわしい相手
ならこんなパターは決めて当たり前なんだ。」

この力強い言葉から
ウッズの強いセルフイメージが感じられます。

セルフイメージとは自分自身が
思い描いている自分のイメージのことです。

自分は飛ばし屋であって
飛ばしに関してはだれにも負けない。

これが私のセルフイメージです。

実はセルフイメージを持つことは
ゴルフをしていく上で大きな武器になります。

毎日イメージしていることが
潜在意識に刷り込まれて現実になりやすくなる。

分かりやすく言うと
こんな話があるくらいです

“病気とは何の関係性もないビタミン剤を飲んで
治ると強く思い込んだことで癌が完治しました。”

俺は飛ばし屋だ
僕は寄せの達人だ
私はパターの名人です。

あなたがなりたい自分の
セルフイメージを強く持ちましょう。

そうすることで
理想のゴルファー像に近づくことが出来ます。

あなただけの良さを伸ばし
どんどんスコアアップさせていってください。


<本日のオススメ>

年齢とともに
飛距離が落ちてきたあなたへ…

ほとんどのゴルファーが
意識をしていない「あるモノ」
を使うことであなたの飛距離は戻ります。

どれほど飛距離が戻るのか
実際に体験してみてください。

「あるモノ」とは一体何か?
期間限定で公開しています。

http://g-live.info/click/okstab170914/

「心」アリとキリギリスの逆説?

2017.09.03
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・アリとキリギリスの逆説?」

というお話をさせていただきます。

蟻はひたすらもくもく働き、キリギリスは止まっていることが多くて
サボっているように見えることから、
アリとキリギリスの童話が生まれたのかもしれません。

ところで、ゴルフの名言の中に、次のような言葉があります。
続きを読む

プロゴルファーの「神対応」ビンセンツォ

2017.08.21
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

「プロゴルファーの『神対応』ビンセンツォ」

について、お話ししたいと思います。

このデ・ビンセンツォの話はとても有名なので、
あなたはもしかしたらすでにご存知かもしれません。

ですが、とてもいい話なので
ぜひこの場でもシェアしようと思いました。

短い話なので、1~2分で終わります。
ほんのちょっとだけ、お付き合いいただけると有り難いです。
続きを読む