カテゴリー別アーカイブ: モチベーション

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

2017.07.26
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今更なのですが、
僕のメルマガがスタートしてから
先月でもう1年が経っていました。

もっと言えば新宿店はあと1週間で
オープンしてから2年になります。

時間が経つのは早いですね。。。

今までもあなたのゴルフに関するあれこれを、
色々とここで書かせていただいていますが
これから更にお役に立てる内容をお伝えする次第ですので、

今後とも宜しくお願い致します。

さて、今日は

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

という話。

先日、休みの日に近くの練習場にいきました。

土曜日ということもあって、
多くの人で賑わっていたのですが、
その中で、僕はあるゴルファー達が気になりました。。。

ゴルフは唯一の生涯スポーツ?

そのゴルファー達は、
まさに3世代ゴルファーで
祖父、父、孫の3人。

お父さんは見た感じで30代後半の
僕と同じくらいの年齢。

お孫さんは4~5歳くらい。

そして、おじいちゃんという
組み合わせでした。

お父さんは完全に自分の世界に入って
もくもくと練習していて、
おじいちゃんはお孫さんにゴルフを教えていました。

おじいちゃんは教えるのにとても熱心です。

「違う、そうじゃない」

「よしよし、その調子」

「おじいちゃんのをよく見てろよ」

こういう時、大概お孫さんは
飽きてしまうものですが、

「残りのボール、全部僕が打つからおじいちゃん座ってて」

「ボール欲しいからカードちょうだい」と
とても乗り気でした。

端からみれば、些細なことかもしれないのですが
僕からすると、この3世代の有様は
色々と考えさせられました。

というのも、ゴルフの特徴の中に、
生涯かけてやり続けられるとありますよね。

よく会員様と話していても
確かにそれは実感しています。

しかし、その光景をまじまじと
自分の目で見ると、ゴルフを生涯かけてやり続けることで
到達する「ゴール」が見えたような気がします。

それは、、、

受け継ぐ、継承するということ

ゴルフはスコアもそうですが、
マナーもエチケットも重要視されますよね。

そういったことって小さいころに教わってから
大きくなっていっても自分の中に残っていくと思うんです。

それをおじいちゃんから孫に伝えることで
脈々と受け継がれていく。。。それがゴルフにおける
到達点になるのかなと最近考えています。

例えば、最近は家族で楽しむゴルフという活動も盛んで、
様々なイベントが開催されています。

僕もゴルフ業界に携わる身として、
こういったことも考えていかなければと思いました。

あなたはご家族とゴルフをして良かったことはありましたか?

是非、教えて下さいね。


<2パット率を何倍にもした人、ほかにいませんか?>
2パットの確率が段違いに上がりました。
今まで断片的に学んでいた知識が上手に活用できて、
この距離の時はこうすればいいのかといった判断が
自分でしっかり出来るようになったのがすごい大きいです。

これを持ってないことの方が今後の
ゴルフライフにおいて損だと思います。

http://g-live.info/click/epg20170720/

【コラム】パターが面白いように入る方法、教えます。。

2017.07.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

パッティングは
方向性が重要でしょうか、
それともタッチでしょうか。

よくパッティングでは2m以内は方向性が大切で、
5m以上ならタッチが命などと言われたりします。

しかし、実は、
方向性が悪いと、タッチも合わなくなります。

打ち出し方向とタッチは
ペアで考えなければならない大切な組み合わせです。

そして、タッチを作るためには
まずは方向性を良くしなければ、
良いタッチはもちろん、

正しいライン読みができないという事実、
あなたはご存知でしたか。
続きを読む

「心」運はコントロールできる

2017.07.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・運はコントロールできる」

というお話をさせていただきます。

あなたは、運って、どうにもできないものと思っていませんか。

実は、行動パターンによって運は良くも悪くもなります。

チャンスを見逃さず、
チャンスをものにできることを徹底して行なう行動力があれば、
単なる確率論的な数字とは異なる結果が生まれます。

これから述べるような行動をやっていれば、
外から見たら運が良いように見えます。それは。。。
続きを読む

ナイスショットを打ちたいと願うあなたへ

2017.07.22
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ナイスショットを打ちたいと願うあなたへ」

についてお話しようと思います。

「ナイスショット」打ちたいですよね。。。?
というか、打ちたくないと思う人はいないと思います。

もちろん、モンゴだってそうです〜!( ´∀`)

あ、でもその本題に入る前に。。。
続きを読む

【ビデオ】続・大人のゴルフ

2017.07.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

若い頃好きだったものが
大人になって変わってくる。

得意だったものが
大人になって苦手になってくる。

実生活の中でもよくあることですよね。

例えば私だったら最近
脂っこいものを少し避けるようになりました。

以前は寝る前の暴食や
天ぷらやかつ、焼肉、ラーメン
など毎日のように食べていましたが
最近はうどんやそばを好んで食べています。

嫌いになったわけではないですが
なんとなく食べなくなったという感覚です。

詳しくはわかりませんが恐らく
体内が少し変わってきたのかなと思います。

同じことをやるにしても昔のように
最初から最後まで全力疾走はしないと思います。

あの頃はただがむしゃらに取り組んでいただけですが、
大人になるといかに効率よく最小限の労力で結果が出せるか
そこに重きをおくため効率のいい方法を探しますからね。

ゴルフにおいてももちろん同じことが言えます。
若い頃と同じ練習、同じスイング、同じ力の入れ方
これを繰り返していては飛距離を伸ばし続けることはできません。

勢いだけじゃない頭を使った大人のゴルフ
そえさえ身に付けてしまえば生涯に渡って
ゴルフはあなたの最高のパートナーになるはずです。

歩みを止めないことが最高のモチベーションになるはずです。
↓↓↓


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

PS

3連休明けの7月18日(火)
私から重大発表があります。

これからもゴルフを通し
一人でも多くの人を笑顔にしていければと思っています。

7月18日(火)のメールを
絶対に見逃さないでください。

泥臭いという言葉のウラ側にあるもの

2017.06.28
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

天気が不安定な日々が続いておりますが、
体調は大丈夫でしょうか?

梅雨の時期は自立神経が乱れがちで
頭痛やだるさに襲われがちとのこと。

そういう時こそ、運動をすることで
気分をリフレッシュ出来るので、
自宅で素振りやパター練習をしてみてくださいね。

さて、今日は

“泥臭いという言葉のウラ側にあるもの”

という話。

僕はゴルフ以外のスポーツなら
昔からサッカーが好きです。

シーズン中の試合、代表戦、
海外リーグなど幅広く見ているのですが、
印象に残る選手というとやはり岡崎選手が出てきます。

泥臭い=勝利への飽くなき追求心

岡崎選手の持ち味と言えば
“泥臭さ”と言うサッカーファンは多いと思います。

サッカーで言うところの泥臭いとは
がむしゃらにボールにかじりつき、
時には体ごとねじ込んでゴールを狙いに行く

・・・というところだと思います。

他にも、フィリッポ・インザーギ選手、ゴン中山選手なども
そういったタイプの選手ですが、どなたにも共通
しているのは勝利に対して貪欲であること。

華麗なフリーキックや遠目の距離からの
弾丸ゴールという派手なプレーの一方、
彼らのプレーは素人目からすれば一見地味です。

しかし、その勝利に対する執念は
非常に格好良く、とても感動を覚えるのは
僕だけではないと思います。

なので、言葉はネガティブですが、
そのウラ側を知っているので、
僕自身としては好きな言葉です。

ゴルフに泥臭いプレーはあるのか?

では、果たしてゴルフに
泥臭いプレーはあるのか?
ということ。

やはり紳士のスポーツと言われるように、
そういったプレースタイルとは程遠い印象にあると思います。

しかし、特別飛ぶわけでもないでもないのに
スコアが非常にまとまっている
ゴルファーっていますよね。

そういうゴルファーを見てみると、

・カラーの外からでもライが良ければ
 迷わずパターを選択する(俗に言うテキサス・ウェッジ)

・距離があるセカンドショットでも、FWを握らずに
 ミドルアイアンを使ってミスの確率を限りなく減らす

・林に入れた時に、迷わず真横に出すという選択が出来る

などなど、ゴルフで泥臭いというと、
こういったプレーが出来る人という印象があります。

こういうゴルファーはとにかく強い。

パターンが一定化しているので、
大きく崩れるといったことはありません。

困った時の引き出しがあるという強さ

僕たちは“今日イチのショット”を
求めて、ゴルフをしています。

うまくいくかわからないけどやってみようで
成功した時って本当に嬉しいですよね。
ですが、ゴルフにおいてうまくいっていったことと
うまくいかなかったことを思い浮かべると
うまくいかなったことの方が多いと思います。

そういった時に今まで抱いてた欲を即座に捨てて、
ウェッジ以外のクラブで寄せちゃうようなことが
出来る人はスコアが付いてきます。

僕達が勝利を追求するというと、
イメージが湧きにくいですが、
例えばスコアを目標にすればわかりやすいと思います。

自分が超えたいスコアを設定して、そのスコアに
打ち勝つために泥臭くとも粘り強くスコアメイクする、
そういう考え方があっても、僕はいいと思います。

今後のゴルフの参考にしてみてくださいね。

射(しゃ)は君子に似たるあり

2017.06.26
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「射(しゃ)は君子に似たるあり」

について、お話ししたいと思います。

いきなり最初から難しそうなタイトルですが、
今日は短めでお送りします。

1~2分で読み終わりますので、ご安心下さい。

ちなみに以前、私はこの場で、
こんな文章を紹介したことがあります。
続きを読む

不動心

2017.06.04
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

少し前の話になりますが、5月20日に
ボクシング村田諒太選手のタイトルマッチがありました。

私は普段から色んなスポーツを見るのですが

この試合はボクシング好きな私でも
武者震いするほどのマッチメイクでした。

現在日本人の世界王者は
数名いますが全員軽量級なんです。

それに対し村田選手の階級はミドル級。
ボクシングの中でもかなり体重が重い部類。

ミドル級は外国人のパワーが断然有利なので
日本人は圧倒的不利と長年言われ続けた階級なんです。

実際に過去をさかのぼっても
この階級で世界王者になったのは竹原慎二さんだけ。

そんなミドル級でのタイトルマッチ。
つまり日本人からしたら世紀の一戦だったというわけです。

完璧過ぎる試合内容

試合が始まって驚いたのが
村田選手は本当に強い。

内容としてはもはや完璧です。
正直ここまで強いとは思っていませんでした。

しかし、試合は判定に
場内にざわめきが、、、
王者として名前を呼ばれたのは
まさかの対戦相手でした、、、

ボクシングではたまにあるんですが、
まあ。ひどい判定です。

その判定を聞いた時の何とも言えない
村田選手の表情がとても印象的でした。

私が強く感動したのは
その後の村田選手のコメント。

「大切なのは2人がベストを尽くしたということ。
日本に来てくれて感謝しています。ありがとうございました。」

この試合を裁いた審判が処分を受け
ボクシング協会会長が誤審を認めるほどの異常事態。

誰が見ても誤審といえるこの状況で
冷静にこんなことを言える器量に感動しました。

全てを受け入れて

誤審といえば私の中で
強烈に印象に残っている試合があります。

高校生の時に見たシドニー五輪。
柔道の篠原信一選手の決勝戦。

豪快な一本が決まり篠原選手の勝ち。
で試合終了のはずが、、、有効の判定で試合続行。

気持ちを切らしてしまった篠原選手が破れ
銀メダルに終わるというものでした。

今映像を見返しても篠原選手は
間違いなく一本を決めて勝っています。

ですが
「自分が弱いから負けた」

語ったのはこの一言だけで
篠原選手は一切言い訳をしませんでした。

本当に自分が強かったのなら
例えあそこで一本が取れなかったとしても
気持ちを切り替えてもう一度一本をとれたはず。

それができなかった自分が弱いだけ

そんな思いがあったそうです。

不動心

一流アスリートはどんな出来事に
遭遇しても決して言い訳をしない。

誰もが予想だにしていなかったことが起きても
それをためらうことなく受け入れることができる。

ゴルフでもトッププロは
ラウンド中に起こる、理不尽なこと、納得いかないこと、
気がのらないこと、嫌なこと、うまくいかないこと、

何が起きてもその中でベストを尽くすことだけを考えています。

どのスポーツでもその心は通じている
その強さが高みへ連れて行くのだと改めて思いました。

その真の強さに刺激を受けるとともに
アスリートとして私も負けられないなと思った刺激的な時間でした。

 

PS

最後に村田選手のエピソードをもう一つ

五輪で金メダルを獲った時、インタビュアーが
「ミドル級で日本人は王者になれない
と言われていたことについてどう思いますか?」

という質問に

「ミドル級で日本人は王者になれない
という話は聞いたことがあるが

ミドル級で村田が王者になれない
という話は聞いたことがなかった。」

と顔色一つ変えずに答えていた村田選手。

真の強さを感じた瞬間だった。


<本日のオススメ>
大森プロのwebセミナーの
期間限定セミナーを公開中。

滅多にない機会ですので
是非一度ご覧ください。

「ショット基礎アプローチ」
誰でも実践できる最高峰スイング

これをスイング解析のプロが詳しく解説しています。

しかも今回見終わった方だけに
特別なプレゼントがあるそうです。

http://g-live.info/click/the_reborn_op1706/

 

※48分

「心」マスクで瞑想

2017.05.21
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・マスクで瞑想」

というお話をさせていただきます。

今回ご紹介する方法は、楽に呼吸できる姿勢にして、
次の3つのことを行なうだけです。
続きを読む

「ゴルフ スランプ」と検索する前に見てください

2017.05.10
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

ゴールデンウィークも終わり、
すっかり暑くなってきましたね。

ゴルフをするにはこの上ない季節ですが、
水分をこまめにとって体調には
十分気をつけてラウンドしてくださいね。

さて、今日は
「スランプ 脱出」と検索する前に…という話。

あなたは、今まで当たり前に出来ていたことが
急に出来なくなった経験はありませんか?

俗に言う“スランプ”が近いと思いますが、
なぜ急に出来なくなったかも分からず、
非常に辛い日々を過ごしてしまいますよね。

じつは、僕もスランプを経験したことがあります。

今思い返せば、懐かしい思い出ですが、
当時はとても辛いものがありました。

このスランプは、いつあなたの身に
降りかかるかわかりません。

そこで、今日はいつか来るかもしれない
スランプの対策についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

楽しくゴルフの下半身を鍛える方法

2017.05.09
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「楽しくゴルフの下半身を鍛える方法」

について、お話をしてみたいと思います。

以前、3月ぐらいのメールマガジンで、
「どんなトレーニングをしたらいいのですか?」
という質問にお答えさせていただきました。

ちなみに先日、僕が一緒にラウンドした方と
お昼を食べていた時のことなんですが。。。
続きを読む

「心」心の支えとしての納得

2017.04.09
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・心の支えとしての納得」

というお話をさせていただきます。

何か確信が持てることをあなたの中で明確にできたら、
より良い行動を実行に移すことができます。

私もこれを読んでくださっているあなたと同じように、
いろいろな雑誌や本を読みあさり、
種々雑多な情報を集めては悩んできた経験があります。

そんな経験の中、確信を得られるものが現れるまで、
練習をやっていても疑心暗鬼でした。
続きを読む

ゴルフ・燃え尽き症候群

2017.04.03
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ゴルフ・燃え尽き症候群」

について、お話ししたいと思います。

燃え尽き症候群とは、何かについて努力をしたのに、
そこから望ましい結果を得られなかった場合に生じる
疲労感などのことを言います。

燃え尽き症候群は「バーンアウト」とも呼ばれています。

実は私の知人の中にもかつて、
ゴルフでバーンアウトした経験のある人物がいました。
続きを読む

崩れない雨の日ゴルフ

2017.03.31
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

最近、週末雨の日が続きますね。

せっかくの週末ゴルフなのに
雨だったらやめておこうかな。

でもキャンセルするのもな・・・

なんて思う方も居るかもしれませんね。
関東では明日も雨予報が出ています。

そこで、本日のテーマは

「崩れない雨の日ゴルフ」

についてお話をしようと思います。

雨って聞いただけで・・・

・グリップが滑りやすい
・ボールが濡れる
・傘を差す
・レインウエアを着る
・キャリーが出ない(雨に撃ち落とされる)
・ランが出ない
・バンカーが水を吸って重い(時には水たまり)
・グリーンではボールが止まる
・ひどい時はフェアウェイがカジュアルウォーター

などなど。

ネガティブイメージが
先行してしまいがちですよね・・・

そしてスコアをまとめるのも
実際とても難しくなります。

それではどうしてそこまで
難しくなってしまうのでしょうか?

答えは、、、 続きを読む

4回コースのレッスン会がスタートしました

2017.03.14
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「4回コースのレッスン会がスタートしました」

について、お話をしてみたいと思います。

さて今月、新たに4回コースのレッスン会を
愛知でスタートさせました。

この企画、ゴルフライブの事務局の発案で
実現したものなんですが。。。
続きを読む