作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

【ビデオ】スライスするゴルファーの共通点…

2018.05.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

私もかつてはスライスで悩みました。

分かっていても、右に曲がるボールを
見ていると、なんだかやるせない気持ちに
なりますよね。

これまで私も数多くのスライス改善の
動画撮影や講義をさせていただきましたが、
スライスが起こる原因は

「インパクト時にフェースが開いて当たるから」

十中八九これだということは
心に留めていただきたいです。

その上で、なぜそんな結果が起きているのかを
探っていかなければいけないのですが、

今日はそのための第一歩、
一番最初に確認してほしいことを撮影しました。

是非ご確認ください。

続きを読む

うまくなる人の共通点(ヒント:ワクワク)

2018.05.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

レッスンを通じて新しい発見をしました。

今日はあなたにもそんな新しい発見をシェアしたいと思います。

あなたも酷いゴルフや
目標スコアに届かないいつもどおりのスコア
スコアカードを破り捨てたくなるほどのゴルフ
に見舞われた事があると思います。

続きを読む

【ビデオ】初心者からプロまで実践する練習法

2018.05.11
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

ゴルフの練習法には最近出来たものと
昔から存在する練習法に大きく分けられます。

例えば、毎週・毎月発刊される雑誌を
見ていると、毎回新しい練習法が見受けられます。

斬新な切り口でそのメリットが説明されているので、
ものすごく興味を引きますが、なにせ新しいので
本当に効果があるのか分かりません。

その一方で、昔からずっとある練習法は地味です。

ずっとやってると飽きてしまうことも
あるかもしれませんが、ゴルファーに
長年親しまれてきた練習法なので、効果は既に実証済。

安心感は抜群です。

あなたも、昔からこの練習は欠かさず
やっているだとか、やらないと落ち着かない
トレーニングなどあると思います。

今日は、そんな昔からある
練習法をお伝えしたいと思います。

下半身リードが習得できて、
なおかつどのレベルのゴルファーでも
効果絶大な練習なので、

是非、練習場でのトレーニング項目に
追加してみてくださいね。

続きを読む

良い習慣を持つ=毎日上達

2018.05.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

私に実際にあったことがある人は
ビックリされるのですが…

今、私の腕は
普通の人の2倍くらい太いのです。

「えっ、小原さんって
 そんなに身体が大きかったんですか!?」

という風にセミナーやレッスンでお会いした方には驚かれます。

私は、実は10年くらい前から
ずっとウェイトトレーニングをやっているのですが、

大体、最低でも週に2回は
ジムに行って鍛えています。

もし、私が自由に住む場所を選べるとしたら
真っ先にお気に入りのジムの近くに引っ越すと思います。

プロテインや、サプリメントも大好きで
常に研究に余念が無いです。

自宅には、サプリメントを収集した棚を作っていて
眺めているだけでニヤニヤしてしまいます。

なんで、そんなにトレーニングが好きなの?
と思われるかもしれません。

なぜ、そんなに筋トレばかりするのか?

私はこう答えます。

私は負けず嫌いだからです

正直に言えば、「人に負けたくない」からです。

ツアープロを目指した時からそうでしたが、
プロの世界は、順位の世界です。

順位で全て決まります。
1回のボギーが人生を決めます。

2位じゃダメで
1位じゃなきゃいけないときもあります。

負けていてはプロの世界で生き残れないのです。

つまり、負けが許されない世界です。
だから、勝つためにたくさん努力するようになりました。

その結果、今のゴルフやウェイトトレーニング好きがあります。

昔は、ガリガリでした

でも、昔の私は違いました。
昔の私は、身体の細さをからかわれたり
ガリガリだったので、
変なあだ名をつけられたこともありました。

どちらかと言えば、
運動も勉強も苦手なタイプでした。

だから、ゴルフやウェイトトレーニングなどで
負けたくない気持ちがさらに強いです。

10年続けてきたトレーニングは
この1,2年でようやくいい結果が出るようになりました。

自分の身体をトレーニングでかなりコントロールできるようになったんです。

特に、近年では日本のゴルフ界でも

ウェイトトレーニングの重要性が理解されてきて
身体が大きな若手の選手が出てきましたが、
20年前くらいには

日本では、ウェイトトレーニングは
全く注目されていませんでした。

むしろ、筋トレなんてやらないほうがいい
胸筋を鍛えすぎるとスイングの邪魔になる。

なんてことが当然のように言われていました。

ちなみに、私くらい本気で鍛えたとしても
胸筋はスイングの邪魔には全くなりません(笑)

ゴルフではヘッドスピードアップ、飛距離アップ
スタミナのアップ、下半身の安定性向上など
フィジカル面でのゴルフ上達が望めます。

ベストな習慣を持つこと

ウェイトトレーニングで大事なのは、
栄養、休養、トレーニング

この3つです。

この3つが上手いバランスで
働いていると筋力がいい感じに付いていきます。

そして、自分の状況を見て負荷を増やしていくことで
より筋力が増えていきます。

自分の成長具合が、少しでもプラスに転じることが大切なのです。

現状維持では何も変わりませんが、

毎日1%でも成長していれば
1年たてばかなり成長します。

1年後には複利効果で
37倍も成長できる計算になります。

もし、現状維持もできていないとしたら
マイナスの成長を続けるだけです。

だからこそ、私は
ゴルファーにとって大切なのは
「ベストな方法を模索して実践する習慣を持つこと」
だと思っています。

ゴルフはちょっとしたミスから追い詰められて
何が正しいのかわからなくなることも多いです。

その時に「これさえやれば全て解決!」といった
特効薬が現れることもないです。

ですが、そんな暗闇の中でも
最善の手を尽くして継続しなければ
ゴルフの上達は難しいです。

これは、ゴルフ以外のビジネスでも同じだと思います。

ウェイトトレーニングをやるためにも
どうしたら筋肉がつくのか、
最適な運動量やトレーニング法や
食事はどうするのか。

など、様々な工夫があります。
そして、頑張った結果は目に見えてわかります。

体重や、腕周りの太さなど。
そして、周りの人にも褒めてもらえますし
エネルギー量も上がり、スタミナも増える。

などなど、、、
ウェイトトレーニングをやるメリットはたくさんあります。

そして、それを継続することが大切なのです。

「ウェイトトレーニングをやってください!」
と無理強いするつもりで
この文章を書いているわけではありません。

あなたにも継続の力を意識して
ゴルフ上達に役立ててほしいのです。

・自分のスイングの身体の筋力の使い方について意識してみる
・ゴルフの時に疲れるところはどこだろうか?
・シューズの減り具合はどうだろうか?外側ばかり減っていないか
・ゴルフ中の疲れやすさはどうか
・ゴルフ前日はしっかり眠れるか
・ゴルフのお昼に何を食べるか、お腹一杯になりすぎて後半のスコアが崩れたりしないか

いろいろと、身体の面からも
ゴルフ上達についてアプローチできますし
ゴルフで工夫できるところを意識して上達に活かしてみてください。

私の場合は、負けず嫌いや
自分のコンプレックスが努力のキッカケになりました。

あなたのキッカケはなんですか?
コンプレックスはありますか?

もし、それをあなたが認識していれば
あとは、それを克服するために実践するだけです。

小原大二郎


<本日のオススメ>
あなたの平均ストロークは何打ですか?

あなたがもし80切りを目指しているとしたら
全ショットの半分がパターになることも…

パターのストロークから
ゴルフを上達する秘訣とは:

http://g-live.info/click/omagp_1805/
※公開は今日まで

【ビデオ】突発的な曲がりはコレで一発解決です

2018.05.04
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

突然ですが、
あなたはコースでいきなり
ドライバーが右(左)に曲がり続ける…

といった経験はございませんか?

私はあります。

5-8ホールの間、全部球が
チーピンみたいなボールになり、
途端に調子を崩したりしました。

こうなってしまう原因は様々です。

ボールの位置が違っていたり、
フェアウェイとは全く違う方向を
向いていたり、グリップが変だったり、、、

ただ、1つ言えるのは
「どうにかしなければならない」
ということです。

そこで、今日は
ゴールデンウィーク特別編ということで、

コースで突然曲がり出した時の
応急処置をお伝えします。

もちろん、ラウンド後は
根本的な解決に当たって欲しいのですが
ひとまず、その日のラウンドは

これからお伝えする方法で
乗り切ってください。

続きを読む

コンペでこんな実験やりました、その結果…

2018.04.30
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

先日、ゴルフ仲間への温かい言葉や
思いやりが重要だという話をしました。

それ以降、あなたは実践することはできていますか?

以前のメルマガはこちらから確認できます。

さて、

ちょうど先週の金曜日
とあるコンペがあって、

ちょっと画期的な実験を行いました。

それは、参加者全員で
ある2つの決まりごとを守ってのプレーです。

続きを読む

【ビデオ】スイングはリズムによって作られる

2018.04.27
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

止まっている状態から動き出し、
動かないボールを正確にとらえる
ゴルフでは、リズムが重要となります。

あなたも一度は、
「なんでか分からない良い球ばっかり出る」
のような経験をされたことがあると思います。

そのような時は、常に心地良いスイングリズムで
振れているので、特に何も考えなくても、
勝手に良いボールが打てるんですね。

逆に、悪い球ばっかり出る時は、
スイングリズムが崩れているので、
うまくいかない時間が出来てしまうのです。

なので、是非練習場では
自分に適したスイングリズムを
見つけて下さい。

そうすることで、
常に一定のスイングが
出来るようになります。

今日はそのためのレッスンです。
ご覧下さいね。

続きを読む

ゴルフ上達の秘密基地

2018.04.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

あなたは、自分だけのゴルフ上達の秘密基地ってもっていますか?

広くて大きな個室の話をしているわけではありません。

例えば、自室の中に
ゴルフクラブを飾ったり
ゴルフの写真や、ベストスコアを出したときの
スコアカードを飾ったり

今年のゴルフの予定を書き込んだ
カレンダーを飾ったり

そんな、あなただけの「ゴルフの空間」
それを私はゴルフ上達の秘密基地と読んでいます。

続きを読む

【ビデオ】ムチのような切り返しのコツ

2018.04.20
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

よくプロゴルファーの
スローモーションスイングなどを
見てみると、シャフトがしなってますよね。

シャフトをしならせる事が良いことなのは
ゴルファーなら知っていることですが、
多くのゴルファーが習得出来ない理由は

「一瞬の間」の存在です。

この間が、振り遅れそうな恐怖や不安を
すごく掻き立てるのです。

特にドライバーは最もしなるので、
慣れないうちは違和感だらけだと思います。

今日は、そんな違和感を味方にして
飛距離も方向性も良くなってしまう方法を
撮影しました。

是非、ご覧下さい。

続きを読む

チョロリーマン

2018.04.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

先週、ゴルフ場に行ったときのこと
前の組がスタートする時に

「俺、チョロリーマンなんだよ(笑)」

とティショットを打つ前に話しているゴルファーがいました。

チョロリーマンって!!

とてもおもしろい表現使う人がいるなぁと思って
その場で私も思わず笑ってしまいました(笑)

続きを読む

【ビデオ】今がチャンスです

2018.04.13
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

ハッキリ言って今がチャンスです。

例年より一段と寒かった冬も終わり、
全国的に暖かくなってきましたよね。

このぐらいの気温なら、プレー中は
半袖という方も増えてきているでしょう。

そんな今がチャンスです。

私のこれまでの経験上、
梅雨時くらいまでが狙い目です。

そのためには、スイングという土台が
出来ていなければ、チャンスを逃してしまいます。

なので、今日はスイングの土台を
しっかり作る練習ドリルを撮影しました。

練習場などで、是非試してみて下さい。

ちなみに何がチャンスか言っていませんでしたが、
ベストスコアを出すなら今がチャンスです。

続きを読む

あのー、これから打つんですが、、、

2018.04.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

今日は千葉のゴルフ場に来ています。

ティグラウンドで
アドレスを作り、打つ瞬間のこと。

「ブー、ブー、ブー・・・」

アドレスの瞬間のその音に
思わず、打つのをためらいました。

誰かのiPhoneのマナー音が聞こえたんです。

普段から、雑音など気にしないようにしていますが
少し、頭の中で気になったしまったので
もう一度アドレスを取り直しました。

そうしたら、もう一度

「ブー、ブー、ブー・・・」

続きを読む

【ビデオ】スライスを改善するスイングイメージとは?

2018.04.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原です。

ゴルフにおいて、イメージは
どれくらいプレーに影響があると思いますか?

他のスポーツの例に漏れず、
ゴルフも理論派と感覚派がいるのでそれぞれとは思いますが、
少なくとも私はスイング作りと同じくらい大事と思います。

前にもお話したことがあるかと思いますが、
昔はスライサー、今はフッカー傾向にあるので、
フックフェースのドライバーは好きではありません。

アドレスした瞬間「無理無理」って
思ってしまいます。

これは打つ前から良いボールが打てる
イメージが湧かないからです。

ですが、もし私がフックフェースの
ドライバーで良い当たりが出たとしたら、、、

即座にバッグの中に入れることでしょう(笑)

というように、人はイメージの持ち方1つで
どのようにも変化することが出来ます。

今日は、そんなイメージの観点から
スライスを改善する動画を撮影しました。

是非、ご確認ください。

続きを読む

私も、実は100打ちました…

2018.04.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原です。

あなたが私と同じタイプの人間なら、
きっとゴルフが好きでたまらないはずです。

自分が上手くなるためには
どんな努力も惜しみませんでしたし

片っ端からいろんな練習を取り入れたり
自分でスイングの研究を欠かしてきませんでした。

自分で、新しい上達法やドリルを考え出すうちに
また学びたい欲求に日がついて、
また新しいことを学ぶ、、、

そんな繰り返しでした。

しかし、、、
私でも、メチャクチャ下手になった時期がありました。

続きを読む

【ビデオ】シャンクが出やすいアドレスとは?

2018.03.30
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原です。

突然ですがあなたは、
大事な場面でシャンク出た
経験はございますか?

例えばグリーン周りのアプローチ。

グリーン目前にして、
シャンクが出てしまうと、
大きくスコアをロスしてしまいますよね。

そんなシャンクが出てしまう兆候は
アドレスの時点で既に見受けられます。

「これ、シャンクしてしまうかも…」
私はそう思う時、ここを見ています。

是非、確認してみてください。

続きを読む