作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

あれ、今のホール何打打ったっけ?

2018.11.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

いきなり質問です。

あなたは、ラウンド中に
今のホールで何打打ったっけ?

とスコアを思い出せなくなった経験ありませんか。

ゴルフに夢中になりすぎて
スコアまで頭が回らない。

ミスショットで頭に血が上ってしまって
記憶が遠のいてしまう

あまりにもミスが多すぎて
数えられなくなってしまう

そんなときもありますよね。

実は、昔の私も
そういうことあったんです。

残り何ヤードあるかな?

グリーンのどこに落とそうか?

あそこにバンカーがあるから避けたいな

次のクラブはどれを使おうか。

色々と考えることが多すぎて
スコアまで
気が回らなくなったり
したものです。

スコアが覚えられない人を端的にいうと

   
経験不足とネガティブマインドが原因になっていることが多いです。

スコアカウンターは使うな!

ラウンド数が少ない方は
そもそも、スコアを数えるのが苦手かもしれません。

あまりに考えることが多すぎて
気が回らなかったり
スコアも140以上にもなると数えるのが大変ですよね。

ただ、ラウンド数を重ねて
経験値を積んでいけば
だいたいは解決できます。

ラウンドしたゴルフ場がどんな風景で
セッティングだったか

途中の名物ホールの景色も思い出せない
という方もいらっしゃいます。

それは、技術以上に
心の余裕がなくなっていることが原因なんですね。

周りの風景を意識して見るだけでも
心に余裕を持ってプレーすることができるでしょう。

すると、集中力を取り戻して
自分が何打打ったかなど、思い出せるようになるかもしれません。

今の季節でしたら
紅葉した木々を見ながらが最高ですよね。

「あぁ、気持ち良いな」

「良い景色だな」

こんなふうに思えるときは
逆にゴルフに集中して
プレーできます。

ちなみに、
スコアが悪すぎて覚えられないからと言って

スコアカウンターという
カチカチ回してスコアを数えるようなツールは
使わないでください。

カウンターは持ち歩かない方が上達します。
今のスコアを数えることに満足してしまって
上達が止まってしまうように思えます。

たくさん叩いてしまったスコアを数えることを目標にせず
数えられるスコアにまとめることを目標に頑張ってみてください。

今の現状のスコアに満足しないようにして
カウンターなしでも回れるように努力してほしいです。

ラウンド中に記憶喪失に…

あなたは、ラウンド中に
自分が何をしているのか、
今のホールで一体何が起きたのかわからないような

記憶喪失のような
ゴルフを経験したことはありませんか?

丸一日、足がガクガクしたり
頭から血の気が引いていくのがわかるような

そんなひどいゴルフは
まさに悲劇とも言えるでしょう。

普通、ゴルフを楽しむという観点から言えば

「今日は頑張るぞ!」
「ゴルフが出来て幸せだ!」
「あぁ、楽しいなぁ!」

そんなポジティブな気持ちで
ゴルフができることが理想なのですが

それとは逆に

「ミスしたらどうしよう…」
「人に迷惑をかけるかもしれない…」
「またスライスしたら、怖い…」
「どこに飛んでいくかわからない…」

と失敗のことが
怖くて怖くてたまらない方がいらっしゃいます。

これでは
上手くいくはずのプレーも
思うとおりにはいかなくなっていきます。

ネガティブな気持ちは
悪い結果を次々と生んでいきます。

ポジティブな気持ちでプレーできれば
自然とスコアも上がってくるでしょう。

これまでにも
ポジティブマインドの大切さはお教えしていますが

始める前から恐怖心が強いという方は
ぜひ、今一度自分がティグラウンドに立ったときのイメージを思い起こしてください。

ポジティブな気持ちより
ネガティブな気持ちが強く浮かんだ人は

そのネガティブな気持ちを
ポジティブな気持ちに変換できるようなトレーニングを積むといいでしょう。

良いイメージを無理矢理にでももつことです。

ちょっと失敗することも
あるかもしれません。

でも
ポジティブシンキングです。

「たいしたことないよ」

「まだまだ取り戻せるよ」

「今日、コースに出れて幸せだな」

ゴルフクラブを持って
良いイメージを持って
深呼吸でもして
打ちましょう。

あなたらしい
ナイスプレー
ができるはずです。

私たちゴルファーにとって
今、ゴルフができる幸せを感じて
ゴルフをする。

究極だと思いませんか。

そのうち、スコアも自然と覚えられるようになっています。

ポジティブな気持ちで
自分をコントロールしていれば
記憶がはっきりしているはずです。


追伸:
生徒さんとラウンドしたときに

グリーンでキュッキュッっとボールが戻ってくる
バックスピンを効かせる方法は
小原さんどうやっているんですか?

とよく聞かれます。

私がやっているのは、ボールと、クラブの工夫と
スイングはこれです

http://g-live.info/click/obadb_1811/

【ビデオ】スライスに効くアドレスの向き

2018.11.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

11月10日(土)に、ゴルフライブサミットが
開催されました。

様々な演目がある中、
特に注目が集まっていたのが
北田瑠衣プロとのトークショー。

その写真が一昨日届きました。
続きを読む

60歳からゴルフ始めました…

2018.11.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます
小原大二郎です。 

突然ですが、
練習場である生徒さんとお会いしました。

「小原さん、本を見たよ!」

ちょっと、びっくりしましたが
にこやかな笑顔で私に挨拶してくれ

レッスン中だった私は
あまり長話はできなかったのですが

お礼を手短に述べてレッスンに戻りながらも、
頭の中では先程の生徒さんが気になっていました。

たまにこのように練習場で声をかけてくださる生徒さんがいらっしゃって
特別ではないのですが、
その時は、彼の練習が気になっていました。

ちょっと遠くから見ていると
どうもゴルフを始めたばかりのようで
あまり、ゴルフについても詳しくないようでした。

そのため、レッスン終了後に
もう一度声を掛けてみると

「実は、1ヶ月前にゴルフを始めたばかりなんです。
 仕事が定年をキッカケに時間ができたので。」

とのこと。

少し羨ましくも思いました(笑)

今日は、そんな生徒さんにしたアドバイスをあなたにも紹介させてもらおうと思います。

60歳からゴルフにもう一度チャレンジしようという
素晴らしい気力をお持ちの方に向けて、

そして、あなたの励みにもなれば嬉しい限りです。

ゴルフの型に勝るものなし

ゴルフを始めたばかりの人には
スイングをどうすればいいのか、
クラブとはどう振るのか?

全くわからないと思います。

当然です。

ゴルフスイングは、他のスポーツの振り方とは全く違います。

なので、スポーツ経験者だから、と言って
その経験が生かされる、とも限りません。

逆に、前のスポーツの経験から脱せずに
ずっと野球打ちによる身体の開きが治らない人もいます。

ですから、
型をつくる、コレがゴルフスイングなんだ
ということを身体に染み込ませることが大事です。

できれば、なるべく早い時期にやるとより効率がいいです。

だから、ゴルフを始めるのには
年齢は関係ありません。

身体の柔軟性や、筋力がないと
ゴルフスイングが身につかない、
ということはありません。

始めた当初の練習は特に肝心です。

せっかくでしたらレッスンに通って
フォームをつくる方が最も上達が早いです。

ミスはつきものです

ゴルフは難しいスポーツで、ミスのスポーツです。

だから、
楽しさがわからないという人もいます。

ですが、ミスをする、難しいからこそ
攻略する難しさもあり、
それを楽しめるような心持ちで続けてほしいと思います。

いつまでもしかめっ面で
練習場に通っていては自分も辛いです。

生徒さんに最近口酸っぱく伝えていますが
”ポジティブは技術”です。

ポジティブでいることを
意図的に実践してみてください。

最初からは、誰もうまく出来ませんし、
プロでさえ失敗しますから
気負いすぎずにゴルフを楽しんでほしいです。

失敗に落ち込み始めると
たくさん言い訳を人間は考えます。

「この年だから仕方ない…」
「クラブはまだ、適当なものを使っているから…」
「はじめてのゴルフ場だから…」

ただ、私は言い訳をつくるのはいいと思います。
でも、すぐに忘れてほしいんです。

そこを限界にしてほしくないから。

どんな年齢からゴルフを始めようと
若い頃からゴルフを始めていなくとも
あなたの努力に見合った成果を

ゴルフで手に入れることは可能です。

もし、辛くなっても
年齢を理由にせず頑張って欲しいと思っています。

練習の始め方

ゴルフを始めたてだと
特に何を、どれくらいやればいいのか、ということはわからないと思います。

そんな方はぜひ、私の過去のメルマガもよく読んでほしいのですが

始めたてのときは、まずはやはり
3ヶ月程度練習場でビジネスゾーンの練習、
腰から腰でうまく打てるように実践してみてください。

まずは、15y、30y、45y
というふうに腰から腰でも少しずつ振り幅を上げて練習をしていく。

力任せにフルスイングの練習から始めると挫折してしまいます。
当たらない自分が情けなくなってくるのです。

徐々に振り幅を大きくして
ベタ足で100yほど飛ぶようになってきたら
コースデビューも近いでしょう。

クラブもドライバー、7I、PW、パターを練習して扱えるようになればやっとコースデビューです。

道のりは遠いかもしれませんが、
私は何歳からでもゴルフを始められると思います。

また、このメールは決して
ゴルフを始めたばかりの人だけでなく
ゴルフを出直したいという方にも有効です。

是非試してみてください。


<本日のオススメ>
10分の1の努力で成果は2倍…

ただ振るだけで
スイングのミスが分かり
ツアープロも愛用…

なぜ、そんな効果が出るのか?

http://g-live.info/click/medi_1811/

【ビデオ】手首と曲がりの関係

2018.11.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日はフックが出てしまう方へ向けて
ビデオを撮りました。

フックが出てしまう原因には
様々なものがあります。

・フェースが左に開いてしまったり…
・切り返しを右手で行ってしまったり…
・ハンドダウンで構えてしまったり…

このメルマガでも、何度か触れてきました。

さて、今日見ていく内容ですが、、、

続きを読む

100y何打で上がれますか?

2018.11.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます
小原大二郎です。 

突然ですが、質問です。

あなたには得意距離ってありますか?

得意距離ですよ。
どのくらい飛ばすかではありません。

私は
残り〇ヤードなら
まずぴったり打てるんだよ。

という距離のことです。

この得意な距離を
持っているということは
とても大事です。

私の得意距離は
58度 70y
PW  120y
9I  150y
です。

例えば、120yの距離は
実は、52度でフルショットすれば届きますが
PWを使って軽くコントロールショットで打つほうが精度が高いです。

9Iもフルショットすれば155y飛びますが
別にフルショットすることよりも
距離を打つイメージで150yを打っています。

戦略がないゴルフは目標を決めずにする営業みたいなもの

もしかしたら、私の得意距離とそのクラブ
ぴったりの距離を打つというイメージだけでも
あなたのゴルフが変わるかもしれません。

常にフルスイング
何でもかんでも一番とばそうと思って打っていたら・・・

ゴルフはそんなに甘くないですよね。

闇雲に
ドライバーを打って
かなり遠くまでボールが飛んだ。

でもセカンドショットが
中途半端な距離になり

苦手な距離が残ってしまって
結局、上手くアプローチできなかった。

よく見かける場面です。

プレーするときに、
どこにボールを落として

ピンまでの距離
残り何ヤードにして
ショットを打つのか?

そこまでのゴルフの戦略を立てて
プレーしてほしいと思います。
 

中には、
戦略は不要だなどと
いう人もいます。

ゴルフなんて気持ちよくやれればいいんだ!
ティショットの飛距離が重要だ!と。

これを言い換えると
戦略どおりになんていかないのだから
戦略は立てたくない。
 

頭を使いたくない。

という意味のように感じています。

もし、これが自分の仕事やプロジェクトの話だとしたらありえないですよね。

会社だったら、
ただ売上を上げれば良いんだ。
目標も戦略もいらない。
とにかく足で稼いでこい。

と言われているようなイメージかもしれませんね。

あなたにもゴルフの戦略の重要性をご理解いただきたいと思います。

必勝パターンが戦略になる

ゴルフをはじめた頃
私はある先輩ゴルファーから

「必勝パターン」を作ることが大事
と教わりました。

どんな時に上手くいったか

どんな時に失敗したか

これらを分析していくだけでも
自分に何ができて
何ができないのかが
見えてくると。

スコアアップするためには

自分のゴルフを知って
自分自身の「必勝パターン」
を作ることです。

また、それと同様に
自分の「必敗パターン」
も知っておく必要があります。

私は残り〇ヤードだと
いつもピンそばに寄らないんだよ。

とか

ドライバーで飛ばしたときに限って
パーオンしていないんだよ。

必勝パターンも
必敗パターンも
人それぞれ違います。

でも、それらを分析することが
自分の必勝パターンを
作ることにつながってくるのです。

これって
得意距離を残して
ピンを狙っていくと
同じですよね。

あなたは、100ヤードを何打で上がれますか?

まずは
自分の得意距離を見つけてください。

そこから1オン1パットを目指しましょう。

得意距離を活かすためにも
ティショットから戦略を立ててください。

これが必勝パターンです。


追伸:
あるゴルフリサーチ会社が調査したところ、
OBの原因の7割がスライスだったそうです。

あなたスライスを解消するなら
これが手っ取り早いかもしれません。

http://g-live.info/click/ob_draw1811/

【ビデオ】トップを減らすいい方法は…

2018.11.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先日生徒さんから、
こんな相談を受けました。

「アドレスが正しく出来ているか
自分で確認出来る方法が知りたい」

実際レッスンで正しい姿勢を覚えても
少し時間が立つとわからなくなってしまう、、、

そう思ったことがある方も、
多いのではないでしょうか?

思い出そうとして、
毎回毎回同じことをするのも
あまり気持ちがいいものではありませんね。

今日はそんな方向けに「アドレスの作り方」を
ご紹介したいと思います。

続きを読む

引っ越ししました

2018.10.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

私事ですが
この間、引越ししました。

これまでは長い間千葉県八千代市という
ところに住んでいたのですが

自宅から東京のスタジオまで
1時間以上かかっていたこともあって
ついに引っ越しを決めました。

家族とも話し合って
引っ越しの条件を決めたんですが
3つ条件が決まりました。

1つ目は、千葉のゴルフ場にも車で出やすいこと
2つ目は、都内にも電車で出やすいこと
3つ目は、娘の習い事の教室に通える場所

そして、結果的に松戸市に決めました^^

今までは、駅まで遠かったところから
東京に近く、駅前の物件なので
生活が一変していてちょっとびっくりしています。

住む場所が変わるというだけで
私の行動自体が一変したんですね。

毎日の生活がゴルフに通ずる

その変化の一つが買い物です。

家からスーパーがとても近くなって
買い物がとても便利になりました。

気軽にスーパーに行けるようになったので
勝手に足がスーパーに伸びています。

毎日、特売のお肉がないか
お肉コーナーを探したり
飲み物を買いによってしまいます。

タンパク質が豊富な肉厚で美味しそうなお肉を見つけては
特売シールを狙い撃ちしています。

買った直後には
焼いてさっぱりとした味付けでシンプルに食らいついています(笑)

おかげさまで
私のトレーニング生活も
より充実しました。

他にも、電車に乗る時間が増えたので
車に乗りながらではできない読書がはかどったり

電車に乗りながらトレーニングもしています。

・つり革に捕まりながら、足の内側で体重を受け止めてみたり
・つま先立ちをして、ふくらはぎ鍛えたり
・つり革を指の付け根で握って、グリップの感覚を養ったり

など、一人で
傍から見たら笑ってしまいそうなことばかりしています。

ですが、、、
これも引っ越す前は出来ていなかったことです。

住む場所が変わったために、自然と足が伸びたり
行動に移せるようになったり。
ガラッと生活スタイルが変わったんです。

意識せずに上達する環境

別に私は
意識してスーパーに行く回数を増やしたわけでも
意識して、電車でトレーニングをしているわけではありません。

自然と、やろうと思える環境がそこにあるのだと思います。

本当にあなたがゴルフを上達したかったら
そんな”自然と取り組んでしまう環境”に身をおくのはとても大切です。

それさえ作ってしまえば
あとは身体が自然と上達に向かっていきます。

例えば、

・ラウンド頻度を増やす
・自宅に練習設備を作る
・ふと練習したいと思った時に練習できるクラブの準備
・パターマットを常に敷いておく
・ゴルフが楽しくなるようなボードを作って飾る
・ゴルフのたのしい瞬間を撮った写真を飾る

などなど・・・

これらは
ほんの一部にしか過ぎませんが
試してみてください。

いつでもどこでも
自分の生活にゴルフが根付いていればいるほど
ゴルフの上達につながります。

まずは
私が紹介したことから
はじめてみてください。

きっと
あなたの生活にゴルフが馴染んで
今よりもっと上達するはずです。

追伸:
ちなみに近藤プロも引っ越しをしたそうなのですが

彼が、引越し先の物件を決めた理由の一番が
『練習場からの近さ』
だったそうです。

あなたも参考にしてみてはどうでしょう(笑)


<本日のオススメ>
プロゴルファーを目指していたある男がいました。

彼は、ゴルフ黎明期の日本で単身アメリカに渡りました。

そして、彼は日本のゴルフレッスンの礎となったのです。

プロを教えるプロとなり
片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子と言った
著名なプロを育てたプロとして、名を馳せています。

http://g-live.info/click/edsw_1810/

秋本番・ゴルフライブ交流ラウンド!

2018.10.26

Top_Image

7名のプロが参加、秋のゴルフを満喫! ゴルフライブ交流ラウンド
2018年10月12日(火)

ゴルフライブご愛読御礼!
お馴染みのレッスンプロと秋を満喫しながらの交流ラウンド

2018年4月24日(火)
ゴルフライブ主催『秋本番交流ラウンド2018』が開催されました!

ゴルフライブの人気講師である小原プロをはじめ、メルマガ講師の近藤プロ、水柿プロ、他にも伊藤プロ、長谷川プロ、志賀プロ、竹本プロという気鋭コーチとの交流ラウンドということで、
積極的に質問が飛び交うなど、皆さんのパワフルさに溢れた一日となっていました。

Top_Image

天候にも恵まれました。
とても爽やかで過ごしやすく、
ラウンドを楽しむには絶好の日和となりました。

早くから多くの方が会場に到着され、ラウンド前のミニレッスンで
プロと最終調整を行いました。

ドライビングレンジ、パターと、
プロからのアドバイスを受ける皆さんの表情は真剣そのもの。

Top_Image

コンペが始まると
プロがティーショット、セカンドショット、パッティングの3ポイントに立って参加者にアドバイス。
それぞれの状況での攻め方、心構えなど、
一人一人どこが良かったか、どこを改善すべきかを丁寧に教えていました。

開始時は皆さん緊張した面持ちでしたが、
すぐに「ナイスショット!」と声をかけ合ったり、
グリーンでボールを磨きあったりと温かい雰囲気に溢れていました。

Top_Image

クラブハウスではプロがお出迎え。
皆さんとても充実感に溢れた表情をされていました。

そして締めくくりの懇親会。
水柿プロ司会の元、メンタル・フィジカルなどそれぞれが持ち味のプロから
熱いレクチャー。

参加者の方から質問も飛び交い、最後には小原プロからの
「たくさん練習することが一番大事」の一言。

皆さんのゴルフ上達に対する強い志にあふれる、一体感のある懇親会となりました。

Top_Image

最後に冒頭の集合写真を撮影し、イベントも終了。
皆様お帰り際までプロに質問されたりと、名残り惜しさを滲ませていらっしゃいました。

「すごく良いコンペだった」「また参加します!」とお声がけ頂き、
我々事務局も大変嬉しく思います。

実際プロにアドバイスを受けながらラウンドが出来ることももちろんですが、ビジネスゾーンやメルマガでお伝えしている「共通したゴルフ理論」を持った方同士が交流出来るという点がこのイベントの大きな魅力です。

同じ目標を持ち、一緒に成長していける仲間と出会える。

そんな喜びを皆様に感じて頂ければ幸いでございます。

おかげさまでコンペも長く続き、たくさんの方にご参加いただいたり、
何度か参加くださる方もいらっしゃいます。
以前参加頂いた方もそうでない方も、どうすればより満足して頂けるイベントに出来るのか。
スタッフ一丸となって考え、これからもイベントに臨んで行きたいと思います。

秋本番交流ラウンドに参加してくださった皆様、小原プロ、近藤プロ、水柿プロ、伊藤プロ、長谷川プロ、志賀プロ、竹本プロ、そして開催をサポートしてくださった長太郎カントリークラブのスタッフの皆様、本当にありがとうございました。

そして気になる次の交流イベントは、12月8日(土)に開催される、
茨城県の笠間カントリークラブで行われる
『忘年コンペ』です。
今回よりも多くの方を募集しますので、ぜひご参加くださいませ!

ゴルフライブ主催 春秋本番交流ラウンド風景

【動画】結果を出したくありませんか?

2018.10.26
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先日、ゴルフライブ主催の
交流ラウンドを行いました。

当日は雨が降らないといいな、、、
と思っていましたが、
スッキリとした晴れ模様。

ゴルフ場につくと、
とても気持ちいい景色が迎えてくれました。

気分が良いので一枚写真を撮ることに。

続きを読む

プロとアマの違い

2018.10.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

先日、山梨県のレイク相模CCというところで
コーチのラウンド研修を行いました。

これは、その時に撮った写真です。

image1

天気は曇りで、
秋の涼しい気候で気持ちよくラウンドすることが出来ました。

年に何回か
プロ同士で集まってラウンドを定期的に行っています。

なぜ、そんなことをしているのかというと
コーチのスコアも重要視しているからです。

当たり前のことですが
レッスンをする前提として、
腕前も重要だと考えているからです。

レッスンを仕事にしているプロゴルファーは
当然、ラウンドに出る機会が減ります。

ラウンドの機会が減ると
どれだけ現役時代はパープレーやアンダーで回っていた選手も
80台などを出してしまうときがあります。

そのため、定期的にラウンドをして
プロも”上達する”という意識付けをしているんです。

しかも、コーチのスコアは査定に響いたりします(笑)

だから、このラウンドは実は
遊びではなくて、競技会のような
緊張感を持ちながらプレーしています。

アマチュアゴルファーの方が体験されるような
うまくいかないストレスや
プレッシャーとも戦っています。

つまりは、あなたと全く同じ環境や考え方でゴルフをしています。

うまくいかないホールはダボだって叩いてしまうときもあります。

そんな経験をするからこそ
良いレッスンが出来ますし
アマチュアゴルファーの気持ちがわかるコーチになれると思います。

プロとアマのゴルフに対する考え方の違い

私は、定期的に生徒さんとラウンドレッスンや
コースティーチングに出かけていますが

ある時、アマチュアとプロにはスコアの考え方がそもそも違うよね
と声を掛けられて、

「たしかにな」

と思ったのであなにもシェアしたいと思います。

例えば、私たちプロは
「あと何ホールあるから、だいたいこれくらいのスコアでまわれるな」
と逆算しています。

例えば、コンペでも
「1位のスコアが今、3アンダーだから
 あと○ホールもあれば、追いつけるな」
と考えます。

しかし、逆にアマチュアゴルファーの多くは
「いま、これくらいのスコアだから、このまま終わってほしい」
「早くこのスコアで終わってほしい」
という風に考えるのだそうです。

つまりは、
アマチュアゴルファーは
残っているホールで、スコアが崩れていくことが前提で
プロはバーディで、アンダーになれることが前提で考えているということなんだそうです。

あなたも心当たりありませんか?
あと3ホールを残してベストペースだったとして
このまま終わったら良いのに!と。

あなたにとっての目標スコアは?

プロは、パーかバーディか、ボギーか
という世界でスコアを競っています。

しかし、あなたが常に
バーディ、パーを狙うのが正しいとは限りません。

あなたの現在のスコアによって
目標とする打数は都度変えた方がうまくいきます。

ゴルフ場での過剰に高い目標はリスクが高く
逆にスコアを崩してしまう人が本当に多いです。

そのためにも
「自分なりのパー」を設定して
心の余裕を持ちながらラウンドしてみてください。

◆プロのスコア基準:
パープレーを基本としたスコアの考え方。
スコアが良い時はアンダー。
悪い時は70後半になります。

◆90~100切り前後のスコア基準:
ボギーを基本にしたスコアの考え方。

ボギーを、パーと考えます。
だから、何があろうとボギーオンで十分です。
あなたにとってのパーがバーディと同じ。

>全部ボギーで上がれたら90です。
 つまりは、ダボ以下を減らせればいいのです。

※ボギーオンとは、PAR4なら、3打でグリーンに乗るという意味です

◆110~130のスコア基準:
ダボを基本にしたスコアの考え方。

ミスをしようとダボオンで十分です。
あなたにとってのボギーが、バーディと同じです。

>全部ダボで上がれたら108です。
 つまりはトリ以下を減らせれば良いのです。

※ダボオンとは、PAR4なら、4打でグリーンに乗るという意味です

自分だけのパーが頭の中にあれば
余裕をもってプレーすることができます。

プレー中のスコアを見たとしても
あぁ、今は出来すぎているな、とか。

ミスしたけれども
ボギーオンで十分だから大丈夫。

と気持ちを落ち着かせることができます。

いいスコアを出すためにも重要なのは
安定したゴルフをするということです。

OBを出さない、ハザードに入れない
70%のショットでしっかり前進する
50y以内だったら必ずオンさせる。

などなど、、、

自分のスコア基準がわかっていれば
無理にリスクを取る選択を取らなくなります。

アマチュアは自滅する、プロは取り戻す

「アマチュアは自滅する、プロは取り戻す」

こんな言葉を聞いて気持ちがいい人はいないと思います。

そのためにも、
自分なりのパーを守って我慢のゴルフを実践してみましょう。

自分のスコアの期待値を意識してラウンドすることができれば
大きくスコアを崩していくことを防ぐことが出来ます。

成功率がなるべく高いショットを選択して
大怪我しないようにゴルフをしていくことで
ストレスなく、我慢のゴルフを味わうことができるでしょう。

我慢のパーより価値があるものはありません。
あなたが設定したパーを守ってラウンドする。

無理にバ-ディ以上の結果を狙って
OBを打ったりすることを避けます。

50%以上の成功確率がないショットは選択してはいけません。

スコアが悪くなってきたからと言って
一人ドラコン勝負だ、などと言って
ドライバーをマン振りして、OBをたくさん打ってしまうのもマネジメントの結果です。


追伸:

【あなたはこんなことを感じませんか?】
・ゴルフを続けるのに、体力が辛いと感じる
・上達したいのに、身体がついてこない
・朝早いラウンドが辛い

もし、あなたもこんな症状を感じるなら
これを試してみてください。

私にとって
体作りは上達のための一つのテーマです。

http://g-live.info/click/b9g_1810/

【ビデオ】動きよりも、重心の位置

2018.10.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

・悩みを改善する方法や練習

・自宅で出来る簡単な練習

私達コーチのメルマガの中でも
その2つを紹介した動画へ特に多くの
反応をいただいています。

まるでみなさんのとても真剣な、
「もっとゴルフが上手くなりたい!」という声が
聞こえてくるようです。

なので、私達も日々勉強しています。
続きを読む

100を切って満足してませんか?

2018.10.15
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます。

先日5年ぶりにタイガー・ウッズが優勝しましたね。

あなたも知ってますよね?

タイガー・ウッズは私も
プロを目指している時からファンでした。

彼の戦歴、活躍は今でも記憶に鮮明に残っています。

テレビで彼の復活優勝を知った時は
目がウルッとなるくらい感動しました。

いろいろとスキャンダルや
怪我に苦しんでいたと思いますが
それをはねのけての復活優勝は素晴らしいです。

あなたにもタイガーに学んでほしいと思うことがあり
今日はメールを書いています。

何を参考にしてもらいたいって?
それは、、、

彼の目標の高さです

タイガー・ウッズの何がすごいかって
彼が勝ち続けている
勝ち続けているのにモチベーションを保っているという事実です。

彼の戦歴を振り返ると・・・

メジャー選手権優勝14回(歴代2位)
トリプルグランドスラム達成(史上2人目)
生涯獲得賞金額歴代1位
ツアー成績80勝

とにかく勝ち続けているんです。

まさに最強のゴルファー。

今では、身体もボロボロで
コンディションをキープすることも難しいはずです。

それでも優勝まで復活することができたのは
ひとえに、諦めずに努力し続けている結果だと思います。

いくら実力があるゴルファーでも
ラッキーで一度勝てたとしても
勝ち続けることは不可能です。

ゴルフを始めて、
スポーツの才能で
なんとなく100が切れたゴルファーも
100を切り続けることは難しいです。

ゴルフはそんなに優しくありません。

4回の腰の手術

彼の腰の具合は深刻です。
プロのレベルまで進むと
特に怪我は切っても切り離せません。

常に飛距離も追求しているので
置きに行くショットだけでは
絶対に優勝もできないのです。

彼は優勝後に
「ラッキーだった」
と語っていますが、

ラッキーだけでは片付けられません。
そこには、その背後に隠れた
目標を達成しようという強い気持ちと
努力が隠れています。

あなたにも覚えていてほしいのですが
一度、目標を達成したときに
モチベーションが少しさがったり

熱意が落ちるタイミングがあります。

「あぁ、俺はもう100切りゴルファーだ」
「もうこれだけやれたし、練習はいいかな」

という風にです。

目標のベースを上げ続けること

しかし、そこで
モチベーションが下がって
ゴルフの努力を止めてはいけません。

ベストが出たとき
一度目標が達成したタイミングこそチャンスなのです。

自分のゴルフが変化して
いい結果が出たのですから
その結果を連続して出すことに意味があります。

そして、あなたのスコアのベースを上げるのです。

そのスコアが定着したら
次の目標スコアへの一歩が踏み出せます。

「100を切ってから
そこからスコアが伸び悩んでいる。」

「もう何年もスコアが伸びていない。」

そんな人も多いと思います。
ベストスコアをベストで終わらせてはいけません。

ベストを平均スコアにしてほしいのです。

もっともっといいスコア
もっともっといいゴルフ

を目指して、、、

そして
今のスコアに満足せずに
努力をする。

努力を続けられた人だけが
目標を達成できるでしょう。

何度優勝しても
伝説のゴルファーになったあとも
努力を辞めないタイガー・ウッズのことを思い出して
あなたも頑張ってみてください。

追伸:
ちなみに、私もまだまだ努力を諦めていません。
まだベストスコア、最長飛距離を伸ばせると思い
毎日練習しています(^^)


<本日のオススメ>
なぜ、このフェアウェイウッドは
ドライバー並に飛ぶのか?

FWだけで2オンできちゃう
新チタンぶっとびヘッド採用

http://g-live.info/click/3m_wood1810/

【ビデオ】気づいてないだけなんです、、

2018.10.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

「灯台下暗し」

頭にメガネをかけたまま、
メガネを探していた
なんて話は有名ですが、

必死に探していたものが
座っていたソファーの下にあったり、
カバンの中に入っていたり、、、

みなさんも、
そんな経験をしたことはありませんか?
続きを読む

「このゴルフ場遠かった~」

2018.10.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます。

先日、関西シークレットクラブのレッスンに行ってきました。

少し秋めいてきて
絶好のゴルフシーズンを感じられる様になってきました。

初めてお会いする生徒さんや
久しぶりにお会いする方が多くて
最初は思わず少し緊張も(笑)

しかし、すぐにゴルフの話が盛り上がり
レッスンはとても有意義な時間になりました。

さて、関西のコーチに紹介してもらった
奈良の名門ゴルフ場は私にとっても貴重な機会でした。

しかし、生徒さんからは
朝イチでこんな声が聞かれました。

小原「●●さんおはようございます!」

生徒さん「おはようございます!
     いや~!遠かったですねー!!」

あなたも、もしかしたら
こんな風に話を始めてしまったことありませんか?

つい言ってしまう「遠かった」

1時間半と言うと
ちょっとゴルフ場が遠く感じられる人もいるかも知れませんね。

もちろん、人によってお住まいも違うのでなんとも言えませんが
たいてい

「遠かった~」

「来るだけで疲れちゃったよ~」

という言葉を耳にすることがあります。

確かに朝も早いことが多いですし
これからラウンドしていこうってなると
ついつい言葉が出てしまうのかもしれませんね。

もちろん、全員が全員
近いところで開催できればいいのですが、
そうとも行かないのが常々。

この言葉を聞くと、
私はこれからラウンドするぞ~~
って気持ちブレーキをかけられているのではないかと思うんです。

ラウンドはこれからが本番。
プロでいえば、気持ちを高めていく時間が
クラブハウス到着から、スタートまでの時間です。

そのときに
ついた瞬間から「疲れた」という選手はいないわけです。

厳しいことを言うようですが
朝イチの言葉の使い方でも
その人の人となりが出ると思います。

出会い頭に
「いや遠かったよ~」 という人と
「いや~!今日は楽しみですね~!」

という人だったらどうでしょうか?

後者のほうが素敵ですよね。

私は、「言霊」はあると思っています。
だからこそ、あなたにも
発する言葉を気にかけてもらいたいとこっそり思っています。

前向きな言葉でナイスショットが打てる

どうせなら「良かったこと」「楽しかったこと」を
人とシェアするために言葉を使いませんか。

不平不満を言うだけでは
話を聞きたいと思われなくなってしまいます。

ネガティブではなくてポジティブ
前向きな方が良いですよね。

ポジティブに、前向きに話す人には
セロトニンという脳内物質がたくさん出ているそうです。

セロトニンって「幸せホルモン」とも言われていて
感情や精神面、睡眠など
人間の大切な機能に深く関係しているそうです。

実は、このセロトニンがたくさん分泌されることで
ゴルフが上達すると言われているんです。

これを出してゴルフが上達するなら
どんどんセロトニンが増えるようにしたいですよね。

そのためにもネガティブな発言は控えて
楽しんでゴルフをプレーしたいですね。

私自身も、楽しくゴルフをしようと心がけているのですが
スコアや結果を考えたら、
なかなか楽しいばかりではいられません。
だからなんでしょうかね。
ゴルフを楽しんでいる人を、とても尊敬します。

もちろん満足するような結果ばかりではないと思うんです。
満足できない時の方が多いかもしれません。

それなのに、楽しそうなんですよね。
「まだまだやれますよ!」

そういった方に多く聞かれる言葉です。

「まだまだ」という言葉。

私は、「まだまだ」って言える
生徒さんが好きです。

「まだまだ飛びますよ」

「まだまだハイスコアを狙えますよ」

「まだまだ上達する余地がありますよ」

まだまだ・・・まだまだ・・・

その日一日を楽しみながらも
満足せずに、向上心を持ってプレーしているようで
素晴らしいですよね。

せっかくゴルフをするのなら
楽しい方がいいに決まっているし、
スコアが良いほうがいいに決まっています。

楽しんでいるようで、結果を諦めていない人。
過去との自分とは決別し、今の自分に挑戦している人。

そんな人を尊敬しますし、
私は、常にそうなふうでありたいと思っています。
あなたにも、そうあって欲しいと思っています。


<本日のオススメ>

週末に、100を切るにはどうしたら?

「たった一週間で、一年分の上達を実現するベストな方法」

「スイング」と「正しい知識」を手に入れる
秘密のメソッドを公開…

http://g-live.info/click/kdth_1810/

【ビデオ】トップ・スライスの特効薬

2018.10.05
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

最近すっかり気温も落ち着きましたね。

涼しくなってくると、いよいよ今年も
終わりに近づいているなと感じます。

半袖だと少し肌寒さを感じる日もあり、
動画の中でももうすぐ長袖になるかもしれません笑

まだ暑い頃に撮っていた動画を
図でもわかるように編集したので
今日皆さんに見ていただこうと思います。

今回は、、、
続きを読む