作成者別アーカイブ: 小原 大二郎

小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

スコアを構築する5つの要素~神戸出張編~

2021.05.07
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週に引き続き、
3月末に神戸で開催された
レッスンイベント風景。

このイベントは
「ビジネスゾーン最短養成プロジェクト」といって
その名の通りビジネスゾーンスイングを

たった1時間半という短い時間で
効率よく身につけていただくレッスンイベントで、
日本のあちこちで開催しているのですが、

ありがたいことに毎回、
あっというまに満員になってしまうほど
ご好評をいただいています。

今日はそんな人気レッスンの
内側を少しだけご紹介するのですが、
和気藹藹とした雰囲気に反して、
レッスン内容は至ってマジメ。

「ゴルフ上達の5教科」という
メルマガでも何度か取り上げたテーマについて
詳しく説明している場面です。

小学生の頃、
国語・算数・理科・社会・英語

どれか1教科だけでなく、
5教科すべてを勉強し、5つの合計点が
成績表に反映されるように、

ゴルフでも同じで、

スイング練習だけでなく他にも4つの
スコアを構成する教科(要素)がありますよ、
といったお話です。

これは私のレッスンで必ず
一番初めにお伝えする
非常に重要なテーマですので、

ぜひあなたにも
覚えてもらいたいなと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアアップに重要な弱点克服!

2021.05.03
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ゴールデンウィーク、
いかがお過ごしでしょうか?

今年のゴールデンウィークは
青空が見え日差しが暑いかと思えば、

急に暗い雲が流れてきて大粒の雨が降ったり、
激しい雷が鳴り響いたりと…

なかなか激しい天候に振り回されています。

さてそんな中でも、
せっかくの連休でゴルフのご予定が合った方、

もしくはこれからという方も
いらっしゃいますでしょうか?

ちょっと体を動かせば、
半袖でも過ごせるような気温になって
清々しいゴルフ日和も増えてきました。

青空の中、
練習場での成果もありドライバーも絶好調。

気分よくとんとん拍子で
グリーンまで進んでいく。

さて、グリーンにやってきて、
なんの問題もなく順調にホールアウト。

と、思いきや…

なかなかカップインができず、
最後の最後に3パット、4パット。

(調子はよかったのに、、、結果スコアはさんざんなものに、、、)

スコアの約40%をパットが占めているので、
パット数はスコアをまとめるには非常に重要です。

ただそんなスコアアップに重要なパターなのにも関わらず、
一番練習量が少ないとも言われています。

ちなみにあなたの1ラウンドでの
平均パット数はどれくらいでしょうか?

まずは平均パット数を把握し、

あなたの全体のスコアの中で
パット数がどれほどの割当を締めているか

ぜひ把握しておくといいかもしれません。

パット数を減らしてスコアアップ



パット数が多く、
スコアを伸ばすことが出来ない

そういった時期は
私にもありました。

なかなかパット数をへらすことができず、
スコアが伸び悩んでいたとき

どう改善していったかと言いますと…

正しいフォーム作り。

これが基礎として、
パット数を減らしていく際に
とても大事になっていきます。

では、一体フォームとして
どんな問題があるのかということなのですが…

まずパット数が多い方の特徴として

打った後フィニッシュの際に、
肘の角度が変わってしまうという方が、
とても多いです。

特に、左の肘が打った後に曲がってしまう
という方が多いんです。

こうなってしまいますと…

ボールに不必要な力を加えすぎたり、
あるいは、逆に緩んでしまうという事もあります。

パッティングを攻略するには?



アドレスで構えた肘の角度を、

スイング中も変化させることなく
フィニッシュまで持っていく事が

距離感を合わせるために
重要になっていきます。

では、どういったポイントを
意識することで左の肘の角度を
キープしてスイングをする事が出来るか

と言いますと…

それは、肩の回転なんです。

スイング中にしっかりと上半身を縦に回転させる。

上半身のショルダーの動きで
肩の上下運動のみでパターを打っていく。

いわゆるショルダーストロークですね。

ショルダーストロークを身につけていただくことで、
方向性・距離感が抜群に良くなります。

ただこの際、
注意していただきたいのが、

上半身が横に回転するということではなく、
パターは縦に回転するという事です。

たとえば、

パターを脇に挟んでいただいて
素振りを行ってみてください。

この際、

脇に挟んだシャフトが縦に回転するように
シャドースイングを行ってください。

そうすることで、

正しいパターの回転の仕方、
ストロークの仕方というのが
体感できるかと思います。

そしてスイングをする際も、

手元を動かすというよりは
肩の回転によってスイングする。

ストロークするという意識を持つことで、

左の肘の角度をキープして
フィニッシュまで持っていくことが出来ます。

最後に・・・



パット数を減らすためには
やはり正しいフォームを習得する

ということが、
非常に重要になっていきます。

その中でも、

スイング中に左肘の角度が変わってしまうことで
距離感が悪くなってしまっている方が
とても多くいらっしゃいます。

スコアアップの足がかりとして、
ショルダーストロークで正しいフォーム作りを
していただければと思います。

是非、試してみてくださいね。



〈本日のおすすめ〉
長年100を切れなかったゴルファーが
このとある秘伝書を手に入れたところ、

たった1ヶ月で100切りを達成、
さらにはなんと夢のまた夢だった90切り…

ゴルフ上達までの道筋が
事細かに書き記された秘伝の一冊。

「どうすれば上達できるのか?」

「なぜ上達できないのか?」

上達までのゴールを明確にし、
あなたの現状を打破。

新たなゴルフライフの幕を開く、
至高の一冊を手に入れませんか?

彼のレッスンを受けに全国から
上達を望むゴルファーが押し寄せる。

レッスンのスペシャリストが書き下ろした
待望の一冊を手に入れたい方は、

いますぐこちらをご確認下さいね。

https://g-live.info/click/36book2105/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフ練習なにから始めるか?

2021.04.30
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

ここ数ヶ月間
日本各地でのレッスンイベントがたくさんあって
出張でとても慌ただしかったのですが、

普段お会いできないゴルフライブの会員様と
直接お話をして、レッスンを通して笑顔になっていただき、
私としてもとても充実した毎日でした。

参加してくださった方は
来てくださりありがとうございました。

まだレッスンイベントを
開催できていない地域にお住まいの方、
ぜひコメントで私を呼んでください。

本日はそんな日本各地での
レッスンイベントで頂いた質問を1つ
ご紹介したいと思うのですが、、、

メルマガでも度々お話している
【ゴルフ上達の5教科】

あなたは5つ、
すぐに答えることができますか?

そしてもう1つ質問。

その5教科の中で
いちばん重要なのはなんだかわかりますか?

・ ・ ・

というのも、ちょうど1ヶ月前、
3月末に兵庫県で開催された
レッスンイベントでお客様から
こんな質問をいただきました。

「2年前に友達に誘われゴルフをはじめました。
 とても熱中してしまって早く上手くなりたいです。
 最短でゴルフ上達するには何をすればいいですか?」

文章にしてもとてもゴルフ熱が
伝わってくる質問ですが、私はこのお客様へ、
こんな風にアドバイスさせていただきました。

ゴルフ上達でとても大事なことですので、
ぜひあなたにも覚えておいてもらいたいと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら
 

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



動画内でもお話していますが、
ゴルフ上達の5教科の中でいちばん大事なのは
「スイング技術」ではなく「ギア」なんですね。

考えてみると明確ですが、
スイングというのはギアに依存するので、

あなたにとって軽すぎるギアをつかえば
手打ち気味なスイングになってしまうでしょうし、
逆に重すぎると力みスイングになるでしょう。

あなたにあっていないクラブで
レッスン・ラウンド・ゴルフ練習をしても
間違ったスイングが身につくんです。

ですので、

理想のスイングを身につけるという意味でも
まずはあなたに最適なギアを使うということが
ゴルフ上達において一番大事なんですね。

正しいスイングが身につくだけでなく、
無理なくスイングできますし違和感がなくなるので、
ゴルフ上達のスピードもグングン上がっていきます。

もちろん、

あなたに合ったクラブを使うことで
レッスンの効率も高まります。

合ってないクラブでレッスンを受けても
間違ったスイングが定着するだけですので、
ギアというのは本当に重要なんですね。

遠回りせずにゴルフ上達したい方は
ぜひ、あなたに合ったクラブを探してみてください。

そもそもクラブを変えるだけで
その瞬間からスコアも良くなりますし、
ゴルフがますます楽しくなるでしょう。

残りの4つの教科の説明は
また来週させていただきますね。

小原大二郎

追伸

ちなみに今日は
ゴールデンウィーク真っ只中。

私もレッスンはお休みをいただいて
自宅で筋トレや仕事に励んています。

とは言っても、
ゴルフ練習は毎日欠かしません。

ぜひあなたも
この室内練習ドリルを手にとり実践して
一緒にゴルフ上達目指しましょう!

https://g-live.info/click/inroom_2104/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても治らない癖。飛距離を出す方法は?

2021.04.26
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今週末から
もうゴールデンウィークですね。

先日の松山選手の歴史的快挙から数週間…

彼の圧巻のプレーに触発され、
メラメラとゴルフ熱が
再燃しているのではないでしょうか?

世界に通用する飛距離を出し、
ビッグプレーを繰り広げる松山選手。

あんな風に思いっきり飛ばせたら…

と想像が膨らみますよね。

私のレッスンに来てくださる方の中にも、

満足な飛距離がだせないという方は
非常に多くいらっしゃいます。

飛ばしてやろうという意識で
気合を入れてクラブを振っているのに
なぜか飛距離がでない…

こういった場合、
様々な要因が考えられるのですが、

オーバースイングによって、
ボールにエネルギーがうまく伝わっっておらず、

本来の飛距離がでていない、という可能性があります。

本日はそんなオーバースイングによって、
飛距離を損してしまっている方に

おすすめの改善法を
ご紹介させていただこうと思います。

改善に重要なキーワード



オーバースイング気味の方の中には、
「スイングをコンパクトにする」
と意識されている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしふといつの間にか
元のスイングに戻ってしまうことがしばしば。

意識し続けることは難しいですし、

ラウンドする際では、
どうしても飛距離を出そうとして
コンパクトにスイングする事が出来ない。

飛ばそうとしてオーバースイングの癖が再発してしまうというのは
必然のように思います。

オーバースイングを改善する場合、
重要なキーワードが2つあります。

まず1つ目として、

飛距離をどうしても出そうとしてしまうと
力みが生じて大きく振りかぶりすぎてしまうという事があります。

そのため、ばらくの間プレーの際には
1クラブ上のクラブを使ってください。

例えばコースで100ヤード残った場合、

普段であればピッチングウェッジで打つところを
オーバースイングが改善するまでは1クラブ大きい

9番アイアンでコンパクトなスイングで
軽く振って距離をコントロールする。

と言うようなスタイルで、
プレーされる事をおすすめします。

そうすることで、

オーバースイングでの不必要な振り幅が
だんだんと体から抜けていくというわけです。

そして2つ目としては、

やはり練習でその形自体を直していく
という事が必要になっていきます。

練習で要チェック!



練習する上で覚えていただきたい、
重要なスイングの要素がさらに2つあります。

1つ目は、スイング中の体の回転度合い。
2つ目は、スイング中の腕の振り上げる腕の高さ。

これらを改善していく必要があるのですが

まず1つ目、体の回転度合い。

バックスイングを上げる際に、
体が大きく回転しすぎてしまうと
オーバースイングになりやすいです。

スイング軌道としては体が大きく回転しすぎると
クラブがインサイドから下りてきてしまいますので、

ダフってしまったり、
あるいはボールを右の方へ飛び出させる原因を作ってしまうわけです。

この体の過回転、
大きく回りすぎる点を改善するためには

下半身の動きを制限する必要があります。

具体的に言いますと、
アドレスをした時の下半身に着目していくのですが、
バックスイングを上げる際、極力動かさないように

上半身の捻転だけで回転するように心掛けてください。

若干の回転と言うものが自然と生まれますが、
これまでよりも体が回転がしづらい
と感じることができればOKです。

具体的に言えば、
肩が90度回れば十分です。

肩から肩の練習において下半身は動かさず、
上半身だけを捻転させていくという事を意識してください。

骨盤の回転を作ってしまいますとヒップターンと言って、
肩が回転しすぎてオーバースイングになってしまうという事があります。

そして2つ目、振り上げる腕の高さ

こちらは肩から肩のスイングで
徹底的に練習していただきたいのですが、

テークバックで左腕が地面と平行な高さから、
フォロースルーも地面とクラブが平行になる程度の高さ

になることを意識して練習を行ってください。

この際、若干上がりすぎるくらいでも構いませんが
大きく上げすぎないよう意識してくださいね。

飛ばしたいという気持ちをコントロール



どうしても「距離を出そう!飛ばそう!」といった意識から
ついつい大きく勢いよく振りかぶってしまう

という事が起こりますので、

腕の高さをどこまで振り上げるか
というコントロールを行う。

これは結果として、
距離をコントロールするという部分にも
繋がっていきます。

最初のステップとしては左腕が地面と平行に、
フォロースルーでも右腕が地面と平行くらいの高さです。

これは必ず平行にしなくてはいけない
ということではなく、

あくまでも感覚として
平行かなという意識を持っていただく
程度で構いません。

極短に振りすぎていなければOKです。

ここでのポイントは
極端に振り上げることがないように鏡を見ながらだったり、
スイング動画を撮ってみたりして

自分がどれくらい振ってしまっているのか
というのをまずは自己認識する
というとこからスタートしてください。

オーバースイングで悩んでいる方は、
とても多いと思います。

はたまた実は自分がオーバースイングだと
気がついていらっしゃらない場合もあるかもしれません。

自分のスイングの姿を客観的に見ることで、
自覚していなかった改善箇所が見つかります。

オーバースイングだとわかったら、
まずはコースに行った時には1クラブ大きいクラブで
コンパクトに振るという事を心掛けるという点が1つ。

そして、オーバースイングの改善として
肩の回転度合い、そして腕の高さをコントロールするという事。

この辺りを意識していただいて
更に安定したスイングを、
身に付けていただきたいと思います。



〈本日のおすすめ〉

あの宮里藍プロも実践!

技術と身体の両方を
発達させるスイング練習法…

一つのスイング練習で、
技術も身について、
フィジカルも鍛えられる…

小原大二郎プロが生み出した
インドアレッスンプログラム

お家時間を最高に有意義に、
飛躍的なゴルフ上達を叶えます。

あらゆるスイングの問題を解決する
ゴルファー必見のプログラム。

ただ、5/1(土)まで期間限定公開中ですので、
どうかお早めにチェックしてくださいね…

https://g-live.info/click/inroom_2104/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家にいながらゴルフ力を高める方法

2021.04.23
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

ゴルフ上達にとって、
とても大切なことはラウンド経験。
これは言うまでもありません。

筋トレやスイング練習も
もちろん大切ですが、

それ以上に、
ラウンド経験を重ねることが
上達への最短距離です。

ラウンド頻度が低い方が、
なかなか上達できないのは仕方がない。

練習場でボールを打ったり、
自宅でパター練習、素振りをしているだけでは
コースで役立つスキルなんて身に付かない。

ゴルフが上手くなりたいなら、
とにかくコースにいってラウンドする。

自然相手に戦うことの難しさを経験し、
場面場面での対応を身体に染み込ませていく。

これがとても大切???

とは限らない!

もちろん毎週のようにラウンドすれば、
アマチュアゴルファーの中では上位10%に
入るくらい上手くなると思いますが、

正直、そんなにラウンドできる人は、
あまりいらっしゃらないでしょう。

月1回ラウンドされていれば十分ですし、
2,3ヶ月に1回という生徒さんも多いです。

じゃあ、なかなかラウンドに行けない方たちは
ゴルフ上達のスピードが遅くても仕方がないのか?
というテーマなのですが、

そんなことは一切なくて、
たとえ自宅室内の限られたスペースでも
スイングスキルをメキメキ伸ばして
スコアアップを目指すことだって可能です。

本日はそんな、
室内でできる、とても効果的な練習方法を
ビデオでご紹介させていただこうと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら
 

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


ご覧頂きましたように、
自宅室内の限られたスペースでも
上達効果が高い練習はあります。

その一つとして、
本日は「シャドースイング」をご紹介しました。

単にシャドースイングと言っても、
ご自身のスイングを隅から隅まで確認する
「丁寧なシャドースイング」です。

ゴルフ練習場に行って、
ドライバーで思いっきり飛ばすような爽快感はなく
とても地味に感じてしまうかもしれませんが、

地味な練習こそゴルフには大事だったりするんです。

このような地味で泥臭い練習を
コツコツ継続している努力家ゴルファーが
短期間でスコアを縮めていく様子を
私は何回も目にしてきました。

1日1スイングでも結構です。
姿見の前をふと横切った時で結構です。

丁寧にご自身と向き合う
シャドースイングを継続することで
スイングスキルがじわじわ向上するのを
体感していただけると思います。

ぜひ、あなたも実践してみてください。

小原大二郎


<本日のオススメ>

ゴルフライブ大人気書籍
『脱・力みで飛ばす!技術』

力みのない理想のスイングで
飛距離を伸ばすために必要な
知識やドリルが書かれたゴルフ上達本

先着50名様限定で
無料プレゼント中です。

https://g-live.info/click/omori_2104/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離では負けたくない!意識するのは…

2021.04.19
img1

————————————————–

【ブログシステム不具合のお詫び】

本日配信された小原プロによるブログにつきまして、
「リクエストされたページが存在しません」
という表示が出るという事象が発生しておりました。

調査の結果、
システム上で不具合が発生していることが判明し、
現在では復旧しております。

ご迷惑をおかけしまして、
大変申し訳ございませんでした。

今後はこのようなことのないよう、
保守点検を徹底してまいります。

ゴルフライブ事務局

————————————————–

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

早速ですが、

あなたはロングホールは得意ですか?

距離が長いホールだと思うと、
ついつい力み過ぎてボールが曲がってしまう…

ぎゅんっと曲がってしまったり、
林に打ち込んでしまったり、
OBしてしまったり…

ボールの曲がりは
スコアを叩く大きな要因ですよね。

ここはなんとしても
飛距離を稼いでスコアをまとめていきたい。

そこで本日は
飛距離アップにポイントを絞って
お話をさせていただきたいと思います。

飛距離アップにつなげていくための
要素と言うのはたくさんありますが、

今回は、

「腕の動かし方」

について焦点をあてて
お話させていただこうと思います。

飛距離が出ない打ち方と飛距離の出る打ち方


腕の動きにおいて、
飛距離が出ない打ち方と飛距離の出る打ち方

何が違うかというと言いますと、

切り返しの時に、
左腕の上に右腕が入ってくる、

アームローテーション

がきちんと行えているか
どうかなんです。

アームローテーションを覚えることで、
クラブヘッドが素早く走るようになり、

ヘッドスピードが格段に上がることで、
結果的に飛距離アップに繋がります。

スライスに悩んでいるゴルファーには、
特にスライスを防止するためにとても効果的なんです。

まず正しいフォロースルーでは、
インパクトのあと右腕が左腕を追い越し、
右腕が左腕の上にきます。

これをターンオーバーと言って、
このように左手の上に右手が入ってくるという形が

正しい腕の動かし方、
飛距離の出る打ち方と言うわけなのですが…

特に、インパクトから
フォローにかけての動きに関して
このようにターンオーバーがされず、

左手が上、右手が下という状態が
保ったままの状態で

フィニッシュまでいってしまう方が
実はとても多いです。

そうなってしまいますと、

結果的にクラブヘッドを
最速な状態にまで持っていくことが
なかなか難しい。

つまり飛距離の出にくい打ち方に
なってしまっているんです。

クラブヘッドが加速されないということです。

ポイントは…



ではこの正しい腕の動きを
自然にスムーズに行うための注意ポイントが

グリップエンドの向き

になります。

インパクトからフォローにかけて

グリップエンドをボールとターゲットと結んだ
ターゲットライン上に向ける。

という意識を持って、
スイングを身に着けていただけると

今よりもっと正確なインパクトを
手にすることことができます。

グリップエンドを、
ターゲットライン上に向けるという意識ですね。

こうすることで、

自然と左腕が下に入り込み、
右腕が左腕の上側に入っていきます。

この時に右腕が真っ直ぐと、
しっかりターゲットライン上ターゲット方向に
真っ直ぐ伸びていることも理想です。

グリップエンドの向きを、
ターゲットライン上に向ける意識で。

そして、

さらにプラスのポイントとして、

フィニッシュの際、
自分の目でターゲットライン上に
グリップエンドが向いているかどうか

というポイントも一回一回確認しながら、
繰り返し行ってみてください。

目的をしっかりと



あくまでも練習は、
本番で成果を出すためですので、

目標目的に合った練習が
正しくきちんとできているかどうか
というのが一番重要です。

「できただろう」で終わりにせず、
きちんと自分の目で確認する、質の高い時間を過ごす、
と言うことが大切なんです。

なかなか飛距離が出なずに悩まれてるという方は、
正しい腕の動きが行えているかどうかを確認していただき、

気になるという方は、
ぜひ本日ご紹介した方法を参考にしてみて下さいね。

ゴルフ界では勇気をもらえるような
嬉しいビッグニュースで活気が溢れていますね。

若い方の中にも
ゴルを始められる方が増えたようで

さらにゴルフ界が賑わいそうです。

一緒に飛距離アップを目指して、
もっともっとゴルフを楽しみましょうね。



〈本日のおすすめ〉

衝撃の飛距離アップの裏技を公開中…

ただしこの秘密の裏技を手に入れ、
飛距離アップを叶えられるのは

先着67名様限定。

「朝イチのティショットを安定させ
ドライバーショットの飛距離が
自然と上がっていく…」

100切りのカリスマ
小原大二郎プロが開発した

『POWER SWING RED』

どうか今のうちに
この秘密アイテムの正体を
お確かめくださいね…

https://g-live.info/click/powerswing2104/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフスコアを伸ばすメンタルの鍛え方

2021.04.16
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

あなたはメンタルが強いタイプ?
それとも、ミスすると結構引きずってしまう?

ゴルフはメンタルスポーツと言われるほど
心理面がプレーやスコアに影響を及ぼします。

野球やサッカー、テニスなどは試合中、
考える間もなく動きまわるので、
流れでプレーをすることができますが、

ゴルフはティーショットからパッティングまで、
1打ごとに緊張を感じる場面があります。

またゴルフは個人競技なので、
仲間と協力することも、コーチから指示を
受けることもできません。

プレー中の決断は全て
自己責任というわけです。

なので、必然的に、
メンタルが弱い人よりも強い人のほうが
ゴルフでは有利なのですが、

ではそんなメンタルは、
どうやって強く鍛えれば良いのでしょうか?

メンタルというのは、
ゴルフをプレー、ゴルフを練習しているときだけ
意識すれば良いものではありません。

ゴルフ以外の時間も使って、
常日頃からメンタルを意識して
鍛えていく必要があるんです。

それでは具体的なメンタルの鍛え方を、
こちらの動画からどうぞご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら
 

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



PGAツアーなどで活躍する
世界的な一流ゴルファーは

ゴルフ技術の専属トレーナーはもちろん
メンタルに特化したトレーナーをつけてまで
メンタル強化に取り組んでいます。

あのタイガーウッズ選手は、
「自分が優勝することだけしか考えていない」と
非常に前向きにプレーしているそうです。

ミスする自分なんて、
一切想像していないのでしょう。

「このパターは絶対入る」

「このティーショットは
 難しいけど必ずフェアウェイに打てる」

「なんて良いコースなんだろう。
 景気もいいしとても気持ちがいい。」

と、常に前向きな言葉を自分にかけて
弱気な気持ちを吹き飛ばし、
自信をもってプレーしているそうです。

そして、日本を代表するプロゴルファー
ツアー永久シードの片山晋呉選手は、

常に「もう一人の自分」と会話をしながら
自分自身を鼓舞してプレーしているそうです。

プレッシャーがかかり緊張する場面では、
小さなもうひとりの自分が肩の上から

「なにビビってんだよ!
 いつも通りに打てばいいんだよ!」

と、語りかけてくるそうです。

これはセルフトークという、
ゴルフに限らずネガティブな思考から自力で
抜け出すことが非常に優れた技術です。

このように、世界中のトッププロたちは、
それぞれ自分にあった方法でメンタルを保ち、
スコアを崩さないようにプレーしています。

それほどゴルフにおいて
メンタルは重要だということです。

メンタルは鍛えようと思っても
すぐに強くなるわけではありません。

何ヶ月、何年という時間をかけて
コツコツ強化していく必要がありますので、

ぜひ本日の私の動画や
世界中のトッププロたちのトレーニングを参考に
今のうちからメンタルを鍛えていってください。

そうすることで夢のスコアに
手が届くように上達していくことでしょう。

小原大二郎

追伸

私がラウンド前のウォーミングアップで
欠かすことがない練習用バット素振り

ただ身体にエンジンをかけるだけでなく、
同時に飛距離アップも狙うことが出来る
独自設計の「POWER SWING」が

数量限定の【特別価格】で
ちょうどいま公開されています。

なくなり次第終了ですので、
ぜひ一度、お手にとって見てください。

https://g-live.info/click/powerswing2104/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスになりやすいグリップの握り

2021.04.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
東京の自宅より、、、

 
こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は前回に引き続き
スライスの対策として

 
「グリップ組み立て講座」

というテーマでお話をしたいと思います。
 

前回のテーマ

「スライス改善!フェースコントロール術」

がご好評を頂いており、
多くのゴルファーがお悩みのスライスについて、

今回はグリップ作りの観点から
お話をさせていただきたいと思います。

 
(前回のフェースコントロール術の記事が気になる方は,
こちらをクリックして確認してください。)

 
スライスが多発してしまう方に多い特徴として、
スイングが「アウトサイドインのカット軌道」に
なっている
ことが多く、

 
これがフェースが開き、
スライスが出やすい原因となってしまいます。

 
このような方は、まずスイングの動きの前に、
グリップの握り方から確認してみてください。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャンクでお悩みの方におすすめしたい矯正法!

2021.04.12
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ショートアプローチでシャンクが出てしまう方へ。

コースに行ったときグリーン周りで
シャンクが出てしまいますと、

やはりスコアロスになってしまいますよね。

このシャンクの悪い特徴として、

1回出てしまうと
連続して出てしまう

という、特徴があります。

一刻もシャンクの沼から抜け出し、
早く修正していきたいところですが…

このようにシャンク癖があり、
コースでてときに限って、
シャンクでスコアロスをしてしまう方に

おすすめしたい矯正法を
本日はご紹介したいと思います。

これ一本だけでシャンクを矯正!



本日ご紹介するシャンク矯正法では
多くの方のご自宅にあるであろう

とある日常生活に馴染みのあるアイテムを使用します。

それはズバリ…

ご自宅には必ずあるであろう
ペットボトルが使えるんです。

練習場で練習する際に
シャンク矯正のために

このペットボトルを使うんですが…

まず予めペットボトルの半分弱程度に
水をいれておいてください。

あんまり水をたくさん入れてしまうと、
当たってしまった時に倒れやすくなってしまいますので、

水は半分程度でで大丈夫です。

逆に少なすぎても、
風や不安定な場所では振動で

コテッと倒れたしまったりしますので
重り程度に水を入れて置くといいです。

この水が入った状態のペットボトルを使って、
練習をしていくのですが。

まず、シャンクが出てしまう方の多くは、
いわゆるアウトサイドインというスイング軌道で

バックスイングが
まっすぐだと上がったとしても

降りてくる時に
アウトから降りてきてシャンクしてしまい、

根元に当たってしまって
右斜め45度にボールが飛び出してしまう

というわけなんですけれども、

このアウトサイドインを
強制するためにこのペットボトルが活躍するんです。

練習場のお供にペットボトル1本で…



まずボールの1グリップ後方くらいに
ペットボトルをセッティングします。

バックスイングを行った際に、
ぶつからないギリギリのところに置いてください。

真後ろにおいてしまうと
当然クラブとペットボトルが
ぶつかってしまいますので、

ほんの少しだけ
当たらない程度に前に置きます。

そして仮にバックスイングで
アウトサイドに上がってしまいますと

クラブがペットボトルに当たって
倒れてしまいます。

逆にバックスイングが正しく行えたとしても、

降りてくる際にアウトから来てしまいますと
またペットボトルを倒してしまうことになります。

ペットボトルを1グリップ分後方、
かつ斜め前に置くことによって、

バックスイングそしてダウンスイングの際、
アウトサイドインの軌道でシャンクが出てしまっている方には

この矯正法を続けていただければ、
改善していきますので

ぜひ試していただきたいと思います。

コースに入ってたまにシャンクが出てしまう方は、

アウトサイドインになってシャンクが出ていないか
今一度チェックしてみてくださいね。

アウトサイドイン軌道によって
シャンクが出てるなという方は、

この練習とても有効なので
ぜひシャンク改善のためにお役立てただければと思います。



〈本日のおすすめ〉

GARMIN社から発売された
史上最高性能の秘密アイテム
 
ゴルファーを魅了し、
スコアアップへと導いてくれる性能が満載。

あらゆるゴルファーを虜にする、
神技を繰り広げるプレー連発の秘密とは?

他の追随を許さない
この反則級アイテムを手にしたとき、

あなたのゴルフは覚醒します…

さらに大幅なアップデートにより、
またもや進化を遂げたGARMINゴルフウォッチ。

緊急入荷分100台も、
注文が殺到し残りわずかとなりました。

【GARMIN Approach S62】が
特別価格&豪華特典付きで手に入る、

<ゴルフライブ限定の特別キャンペーン>

どうかご用意のある今のうちに、
手に入れてくださいね。

https://g-live.info/click/garmin2104/

(※先着100台限定、残りわずか。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝一ティーショットでミスしやすい?

2021.04.09
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日はトレーニングや
スイング技術の話から離れて、
ちょっとしたテクニックについて
話をしようと思います。

朝一のティーショット、
やはり緊張するものだと思います。

これは初心者や上級者といった
ゴルフの腕前に関係することではありません。

プロやアマチュアは関係なく、
プライベートか公式戦かどうかも関係なく、
ゴルファーなら誰でも緊張するでしょう。

もし、あなたが1番ホールの
ティーショットでミスしやすいなどと
悩んでいるとしたら、

今日の話はきっと
役に立つと思います・・・

もちろん私も朝一や
午後一のティーショットは緊張します。

「飛ばしたい」

という気持ちは一旦置いといて、
とにかく無難なショットが打てれば良いなと、
過度に期待しすぎないようにしています。

もし万が一、
1番ホールからミスしてしまったら、、、、

その日のゴルフに“諦めムード”が
漂ってしまうことでしょう。

だからこそ、
1番ホールのティーショットはなんだか特別な
一打と考える人が多いと思うのですが、

結論から言って、

朝一ティーショットで
ミスしやすい大きな理由は

なんといっても、
「緊張」そのものでしょう。

特にコンペなどで
知らいない後続の組に見られていると
ハンパじゃないくらい緊張します。

緊張すると全身が力み、
スイングのリズムが速くなりがちです。

「力み」というのはスイングの大敵ですし、
普段と異なるスイングリズムのせいで、
ミスショットの確率は大きく上がります。

しかし残念なことに、
この緊張を“無くす”のは不可能でしょう。

先ほども申し上げた通り、
レベルに関係なく、ゴルファーなら誰でも
朝一ティーショットは緊張します。

あなたも私も同じです。

さらには片山晋呉選手や
タイガーウッズ選手でさえも、

「1番ホールのティーショットは緊張する」

と、明言しているのです。

だから、緊張を無くすのは
・・・・無理です、諦めましょう。

なので、無くすのではなく、
いかに”和らげるか”ということに
フォーカスしていきたいのですが、

実は私には、
ティーショットの緊張を和らげるための
「答え」をすでに持っています。

ティーショット前にサクッとできて
良い感じに緊張をほぐしてくれるドリル

それを今からあなたに
ご紹介していこうと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



そう、緊張を和らげるのに
とても効果的なドリル

それは「連続素振り」です。

私とラウンドをしたことが
ある方ならわかるかもしれませんが、

私は1番ホールのティーショット前に
練習用バットを使った連続素振りを
絶対に欠かすことはありません。

少し重さのあるゴルフ練習用バットを
右・左・右・左と、深く捻転しながら振ることで
固まった体をほぐし、肩や腰可動域を広げ、
さらに体を温める効果まで期待でき、

1打目からまずまずのショットを
打つことができるのです。

たった2、3分のウォーミングアップですが、
侮れないくらいの効果があるので、
ぜひあなたも取り入れてみてください。

小原大二郎

追伸:

そして、この連続素振りは
ゴルフ専用の練習用バットを使うことで
より効果的に行うことができます。

ただウォーミングアップのためだけではなくて、
同時に飛距離アップも狙うことができる
「POWER SWING(パワースイング)」という

オリジナル練習用バットも作りましたので
ぜひ一度、お手にとってみてください。

POWER SWING公式サイト

https://powerswing.jp/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン周りのアプローチはこうやって攻略!

2021.04.05
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

なんとか寄せたいグリーン周りのアプローチで
アマチュアゴルファーが残り100ヤードから、

2打、3打でホールアウトしたいとイメージをしていても

上手く当てたい、上げたいなどの意識をした結果、
ダフり、トップ、ざっくりを繰り返し…

気が付いたらなぜかいつのまにか4打、5打…

アプローチでミスを減らし
ナイスショットの確率を上げていくことで
スコアアップにつながっていきますよね。

アプローチを上達するには
まずスイングの基本が大切。

そこで本日は、
アプローチを成功させるためのポイントを
アドバイスさせていただきたいと思います。

アプローチを安定させる3つのポイント



コースに入って
アプローチが安定しない方というのは
に問題があるケースがほとんどです

これから紹介する
”3つの位置”を常に一定に保つことで

練習場で練習した成果を
そのままコースでも発揮しやすくなります。

ぜひこの”3つの位置”というのを
チェックしてみてくださいね。

まず1つ目のポイントはボールの位置。
そして2つ目のポイントは手元の位置。
最後に3つめのポイントは重心の位置。

この3つの位置を
常に一定にすることを心がけてください。

まず1つ目のボールの位置、
基本的にアプローチでのボールの位置というのは
両方の足のセンターに置くようにしてください。

これが基本の位置になります。

もちろん低いボールを打ちたいとき、
あるいは冬場はライが悪いときなど。

打ちたい球筋によって
ボールを少し右側に置くというやり方もあります。

ただ、基本となる位置としては
ボールはセンターのということを
頭に入れておいてくださいね。

2つ目のポイントとしては、
手元の位置というものがあります。

これは左手のグリップを基準に考えます。

左手のグリップが
左太ももの内側にくるように
グリップをしてください。

そうすることで、
自然とクラブというのはターゲット方向に
少し斜めに傾いた状態になります。

この状態をハンドファーストといいますね。

ややハンドファースト気味に構えることが
アプローチの基本となります。

そして最後の3つ目の位置は
重心の位置です。

基本として、
重心の位置はセンターで良いのですが…

少しボールを低く打ちたい。

あるいは、ダフリ防ぎたい。

そういった時は、
少し重心を左にかけることで
ダフりやライが悪い状態ときは
ヒットしやすくなります。

最後に・・・



このように基本の位置、
というのを常に正確に。

ボールの位置はセンター、
左手の位置は左太ももの内側、
重心位置もセンター

というのが基本となります。

その上で、
コースに行った際には状況に合わせて
重心を少し左にしたり、

あるいはボールの位置を
変化させることでることで

様々な特殊なシチュエーションにも
対応できるようになるというわけです。

練習場で練習する時は
常に今日お伝えした、

3つの基本の位置をベースに
コースにおいて特殊なケースで
対応していっていただきたいと思います。

常に練習をする時には、
ボールの位置、手元の位置、そして重心の位置。

1つずつのポイントを
しっかりとチェックして
練習を続けていってください。

最初のうちはこれまでの癖で、
体重が右にかかってしまっている方、
あるいは極端に左にかかってしまっている方。

いらっしゃると思います。

はたまた自分のボールの位置、左手の位置も
慣れるまでは少し違和感があるかもしれません。

ですがこれらの3つの位置が
自分にとって違和感のないノーマルな状態になるように、
練習を続けていってください。

正しいベースが身につくと
特殊なケースに陥った場合でも、

応用してミート率が上がるショットを打っていけるように
段々と対処していけるようになりますので、

ぜひ意識してただきたいと思います。



〈本日のおすすめ〉

数あるゴルフ理論の中で、
誰でも実践可能で再現性のある

『日本最高峰のゴルフスイング上達理論』

この至高の上裸達理論の
全貌をなんと無料で公開しています。

なぜ、長期的にに安定した飛距離を
キープすることができるのか?

なぜ、ゴルフに伸び悩んでいる人こそ、
この方法がベストなのか?

これらの明確な理由と、
飛距離アップの具体的な方法について、

期間限定で公開。

どうかこの機会に、
ご覧になってくださいね。

https://g-live.info/click/datsuriki_op2103/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界でたった、3%ゴルファーになる・・・

2021.04.02
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

 「今からあなたには、
  世界でたった3%のゴルファーを
  目指してもらいます。」

もし私が急に
こんなことを言ったらどうしますか?

ちなみにこの
世界で3%のゴルファーというのは
レフティを指しています。

世界人口のおよそ10%が
左利きと言われていますが、

ゴルファー人口に対してだと
左利き(レフティ)は3%らしいです。

これはギアや練習環境で、
右打ちのゴルファーがとても有利なため、
左利きでも右打ちでプレーする人が
多いためだと言われています。

左利きの人が右打ちすると、
左手手動でクラブが振れるため
スコアが伸びやすいんですね。

タイガー・ウッズやジョーダン・スピース、
アーノルド・パーマーやジャック・ニクラウスが
有名所の「左利き右打ち」ゴルファーです。

逆にマイク・ウィアやバッバ・ワトソン、
フィル・ミケルソンとアダム・ブランドは
「右利き・左打ち」の珍しいゴルファーです。

もし私があなたに、
彼らのように利き手とは逆の手で
ボールを打ってくださいと伝えたら、

私のアドバイスを信じて
ついてきてくれますか?

それとも、

「そんなの無理でしょ!」と、
私に怒りをぶつけますか?

今日はそんな、
少し難易度の高いゴルフ上達法について
あなたにレクチャーしていきます。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



どうでしょうか?

“利き手とは逆の手でボールを打つ”

というのは
少し大袈裟な表現だったかもしれませんが、

スイングを直す、改善するというのは
右利きの人が左手でボールを打つ、
左利きの人が右手でボールを打つのと
同じくらい難しい難しいことなんです。

そのため、どんなに練習しても
思うようにスイングは変わらずスコアは伸びず、
悩むゴルファーが非常に多いのです。

このポイントを打破するためには
利き手を変えるくらい我慢強く
練習を続けるしかありません。

例えば、利き手を変えよう、
利き手ではない手で箸を持ち
ご飯を食べようとしても

非常に難しくて違和感を感じ、
いつも通り利き手で箸を使ってしまったり
断念してしてしまうと思うんです。

それと全く同じことが
スイングの修正にも言えます。

「この癖を直したい!」と思って
意識してスイングしてても、

違和感に押しつぶされて
気付いたら元のスイングに戻ってしまう…

結局スイングを直せず、
ミスが減らずにスコアが縮まらない
負のサイクルに陥ってしまいます。

そうならないためにも
違和感に負けないように、強い意志を持って
スイング練習にチャレンジしましょう。

小原大二郎


<本日のオススメ>

あの超有名なゴルフウォッチ

『GARMIN Approach S62』

が、まさかの大幅アップデート!

24時間365日、日本上空に留まる
GPS衛星「みちびき」の信号をキャッチし、
測位の誤差を3mから1mに短縮

性能に磨きがかかった
世界最高精度ゴルフウォッチ…

続々とお申し込みをいただいています。
なくなり次第終了となります、お早めに。

https://g-live.info/click/garmin2104/

ゴルフライブ限定入荷です



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっとした隙間時間で飛距離アップに…!

2021.03.29
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今日は朝から夕方まで通しでレッスン会があるので、
いつもより気合が入っています。。

最近は日が昇るのも早くなって、
寒すぎるなんてことも少なくなったので、

朝活がはかどります。

レッスンプロとして
長年ゴルフ漬けの日々で、
朝もへっちゃらだと思われますが…

やはり冬の寒い朝は
なかなか起き上がれなかったりします(笑)

冬の早朝って全然真っ暗だったりしますしね。

このぐらいの時期になれば、
朝早く起きたとしても日が昇り始めているので、

太陽が目覚ましとなり、
朝日を浴びると一気に体がやる気を出します。

日光にはビタミンDを作り出す効果があり、

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きをしてくれる為
健康で強い骨を作る為には欠かせない要素だったりします。

はたまた免疫機能を調節する働きがあったり、

目が覚めるし健康にいいしで良いこと尽くめなんです。

朝いい気持ちで目が覚めると、
その日のラウンドも一層気合が入りますよね。

なかなか思うような飛距離が出せない?



飛距離アップで重要な動きは何かと言われれば
下半身リードですよね

下半身リードが重要
だということは多くの方がご存知だと思いますが、

どうしてもスイング中に
下半身リードを意識しても

「上手く飛距離に結び付けられない」

という方多くいらっしゃいます。

もしかしたら、
今日のレッスン会でも同じような悩みを抱えられている方も

いらっしゃるかもしれませんね。

それはなぜなのかといいますと…

フィジカル的な問題がある、という場合があります。

今から私が紹介するエクササイズぜひ行ってみてください

これができるようになれば、
フィジカル的な準備はできているということですので、

下半身リードを意識することで
下半身のパワーをボールに伝えて

飛距離につなげていくことが
できるようになります。

反対に言えば、

飛距離アップに取り組んでいるのに、
なかなか成果につながっていかない場合、

ぜひ今から紹介するエクササイズを続けて行ってみてください。

これから紹介するエクササイズをマスターしていただくと、
自然と下半身リードを行っていただくためのベースが身につきます。

隙間時間に飛距離アップ!



まず最初に胸に手を当てます

そして胸に手を当てたら、
まず最初は下半身はまったく動かさず、

上半身だけを回転させてください。

鏡で自分の姿を確認しながら、
しっかりと骨盤を正面に向けたまま
上半身だけを回転させます。

下半身が一緒に動いてしまわないよう、
上半身だけを動かすよう意識してください。

そしてこれができるようになったら
今度は上半身は動かさず、

下半身だけを独立して回転させてみてください。

この上半身と下半身を
独立させて動かすエクササイズ。

この動きをフィジカル的にマスターできると
スイング中に始動で上半身が捻転されて
バックスイングしていきます。

そしてダウンスイングから
切り返していくときに

下半身から切り返し上半身が連動して
ボールにパワーを伝えていくという

一連の正しい飛距離の出るスイング動作というものが
行えるようになっていきます。

最後に…



飛距離の伸びに悩んでいる場合は
まずはクラブを振る前に、

このエクササイズが正しく行えるかどうか、
ということ重要になりますので

下半身を固定し、上半身だけを動かす。
上半身を固定し、下半身だけ動かす。

ちょっとしたスペースで、ほんの少しの時間で、
簡単にご自宅の鏡の前やお仕事の休憩中で行うこともできますので

ちょっとした隙間時間を使って
繰り返し繰り返し反復練習することで

週末の練習のクオリティーを上げてくれます。

隙間時間に体をほぐすという意味でも、
ぜひ継続的に行っていただけますと効果的ですので

繰り返し行なっていただき、
フィジカル面から飛距離アップに繋げていってくださいね。



〈本日のおすすめ〉
医師もが認める理論に基づき
ゴルファーの悩みを解決するための
「秘密兵器」を開発。

・飛距離が20~30ヤードアップ
・腰、肩、肘、首、股関節、膝、脚回りの痛みの悩みから解放
・ゴルフスイング中、アドレス中の痛みゼロ
・ラウンドの翌日、さらには翌々日の疲れの軽減
・身体に負担のかからない自然なスイング
・以前よりも軽やかな足取りでできるゴルフ生活

常識では考えられない「奇跡」の連続に
あなたは思わず手に入れられずにはいられない。

ゴルファー人生が変わる
「秘密兵器」がこちらで公開されています。

ただし今回ご用意できたのは
30個限定となっております。

気になる方はどうぞお早めに…

https://g-live.info/click/s_pillow2103/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなか飛距離が伸びない人へ

2021.03.26
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。


“グリップはスイングの
 すべての要素に関わってくる”

タイガー・ウッズはグリップについて
こんなことを語っていました。

クラブフェースの向き
アドレスやボールの位置
ゴルフスイングの軌道

ゴルフグリップはこれら全てに
影響を及ぼしているというのです。

グリップを変えることで、
インパクト時のクラブフェースの
向きが変わるということは
あなたもご承知だと思います。

ですが、グリップを変えることで
アドレスやボールの位置が変わる、
スイング軌道まで影響がある、

そこまで意識して
あなたはグリップしていますか?

伝説のレッスンプロ、
ハーヴィー・ペニックは自身の著書で
こんなことを指摘していました。

「ゴルフスイングの問題の
 9割はグリップかスタンスにある」

もしあなたが、
スライスやフックといったミスショットや
飛距離に悩んでいるとしたら

スイング軌道を修正したり
ヘッドスピードを上げるためのトレーニングをする以前に
ぜひ【グリップ】を見直してもらいたいのですが、

今日はメールの件名の通り、
飛距離の伸び悩みを解決するための
グリップのお話をさせていただきます。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「飛距離が出ない…」最大限のパワーで飛ばす極意

2021.03.22
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

先週の土曜日に春分の日を迎え、

最近の過ごしやすい日が増えたせいか、
ゴルフ場もいささか活気があるように見えます。

この1年で世界的にゴルフ人口は増加したそうです。

ゴルフを新しく始めた方や、
ゴルフを再開された方がゴルフの魅力に気づき、

イギリスやアメリカでは、
平日でもゴルフ場が混雑していたり、
プレーフィーが高騰しているとか…

日本でも若い世代のゴルファーが
増えているそうですね。

やはりゴルフに接点がなかったり、
イメージとしてどうしても敷居が高いと思われがちなので、

ルールやマナーをしっかり守って
ゴルフを楽しんでくれる人が増えていってくれると

いいな、と思いますね(^^)

私のスタジオにも
若い世代のレッスンコーチが新しく仲間に入ってきてくれて、

若い世代のエネルギッシュで初々しいレッスン風景を見ていると、

「負けてられない!」

と、ライバル心なのか?
やる気が満ち溢れてきます(笑)

私もなかなか負けず嫌いなので、
年齢関係なく負けたくないんです。

特に飛距離。

ドライバーショットなんて、
同じ組の人と一目瞭然で飛距離を比べることが出来てしまうので、

「同じ組の誰よりも飛ばしてやるぞ!」

とか、

コンペだとドラコンホールがあったりするので

「自分が1番を獲る!」

なんて意気込みますよね。

私も実際にここ数年、
飛距離アップに取り組み体作りにも力を入れています。

そんな飛距離アップにおいて、
スイングの中で欠かせないものがいくつかあります。

最大限の飛距離を手に入れるには?



その中でも正しい体重移動を
しっかりと行うことができれば、

最適なタイミングでボールに体重を伝え、
最大限のパワーで飛ばすことができます。

飛距離アップには
正しい体重移動が必要不可欠。

飛距離を上げたいなら、
まずはぜひ正しい体重移動の習得に取り組んでみて下さい。

たとえばコースに出た際、

体重を右から左に移すことが出来ず、
右足に体重が残ったままボールを打ってしまう…

練習場ではまあまあ飛ぶのに、
コースに出るとどうしてもうまく飛ばせない…

こういった場合、

正しい体重移動行うことで、
体重のエネルギーを無駄なくボールにぶつけて、
最大の飛距離を手に入れることができます。

飛距離アップのために今回紹介したいのは…



今回飛距離アップを叶えるために紹介したいのは、
一本足打法と言われるドリル。

読んで字の如くなんですが…

片足で立って打つという練習法になります。

まずは通常通りにアドレスを行っていただきます。

そしてバックスイングを上げるときに、
少し左足を浮かせることで右に重心をしっかりと乗せます。

この時に右足の土踏まずに体重が乗っていることを
しっかり意識してください。

体重が右足の外側に乗ってしまうと、
ふらついて倒れてしまいますので気をつけましょう。

そしてダウンスイングでは、
胸が右を向いたまま左足を踏み込んでいくことがポイントです。

上半身から切り返してしまうと、
アウトサイドからクラブがおりてきて、
飛距離の出ないスイングになってしまいます。

そうならないよう、

胸が右を向いた状態で、
右を向いたまま左足を踏み込んでいき、手がおりてくる。

こうした流れです。

振り幅としては最初はビジネスゾーンの振り幅で、
慣れてきたら肩から肩のスイング幅がいいですね。

そしてフィニッシュでは左足に体重がしっかりと乗せる。

ここで一つポイントがあるのですが…

このドリルでフィニッシュを迎えた際は、
ボールの行方よりも、

まずはしっかりと左足に重心が乗っている点を
しっかり意識してください。

量より質の練習を



1つ1つのポイントを
しっかりと行えていることを意識しながら、

全体を通して自然な流れで行えるよう
練習をしてみてください。

体重移動をスムーズに行えるようになると、
スイングの力の流れを無駄なくボールに伝え、

飛距離を最大限だすことに繋がっていきます。

まずは5球連続を目指して
少しずつスタートしていってください。

余裕がある方はもっと回数を増やしてもいいと思います。

ただ下半身にかなり負担がかかりますので、
最初は小さなスイングから打つ回数も少なく。

ここで重要なのは回数ではなく、
正しい体重移動を覚えていただくことですので、

負担のかからない程度に行ってみてくださいね(^^)

まずは目標として
5球連続の片足うちスイングにトライしてみてください。

本日は飛距離アップに繋がる
正しい体重移動のドリルをご紹介させていただきました。

ぜひこの春のゴルフシーズン開幕で
自己最高飛距離を更新してくださいね!



〈本日のおすすめ〉

常識を覆す “新種” の圧飛クラブ

「DOCUS RELOADED Forged-S Iron」

史上最高のアイアンショットで、
ライバルを置き去りに。

「人生最高飛距離」を実現させるために
クラブに秘められた7つの秘密とは…?

飛ばないのはあなたのせいではありません。

「人生最高飛距離」を実現させる
このクラブの秘密はこちら…

https://g-live.info/click/diron2103/
(※ゴルフライブ会員様限定、先着10セットのみ。)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加