カテゴリー別アーカイブ: シャドースイング

再現性の高いスイングを身につけるには?

2017.06.07
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

もうすぐ梅雨ですね。
打ちっぱなしに行こうにも、
雨が降っては行くのもおっくうになる時期です。

ゴルフはしばしの休憩という方もいらっしゃると
思いますが、そんな時は是非ゴルフパフォーマンスへ
足を運んでみてください。

4・5月のラウンドで気になったところや
改善したい課題など、全力で解決します!

、、、さて今日は

「再現性の高いスイングを身につけるには?」という話。

先週の「上げると上がるは意味が全く違います」
続きのようなお話なのですが、

再現性の高いスイングをするには、
先に答えを言ってしまうと
“考えないこと”です。

では、なぜ考えないことが再現性の高さに
つながるのか、今日はそれをお伝えしたいと思います。

頑張るゴルファーほど要注意?

じつのところ、頑張るゴルファーほど、
色々考えてしまうことが多いです。

バックスイングはこうしよう、
トップの位置はこうしよう、
フォローはこっちに振り抜こうなど、、、

ただ、そうして意識していく内に
体はどんどん固くなってしまい、
スイングもどんどんぎこちなくなってしまいます。

考えることが増えることによって、
逆にスイングを難しくしてしまっているのです。

昔間近で見てて思ったのですが、ツアープロは、
非常に効率の良い体の使い方をしているので、
そこまで疲れを感じるスイングをしていません。

あなたもご経験あるかもしれませんが、数日間連続で
ゴルフをプレーするのは、すごく疲れます。

同様に、ツアーも数日間に渡って闘う上に、
精神的なプレッシャーもすごいので、
考えることは少ない方が望ましいです。

なので、腕を振ったり、上げたりといった自ら考える能動的な
動きでは、最後までパフォーマンスを発揮出来ません。

他にも、コースマネジメントや風の計算など、
考えなければいけないことも山ほどありますからね。

そこで、再現性の高いスイングを身につけるには、
いかにして体に腕を振らせるか、特に下半身で
腕を振っていくという意識が、とても重要になります。

一旦、考えることを止めてみましょう

しかしながら、腕に振られるというのは
感覚の話なので、コツを掴むのに
少し時間がかかります。

ですが、今日はそのコツを掴むまでの
時間を早くする練習を紹介しますが、
やはり効果的なのは重くて長いものを振ること。

基礎と言えば基礎なのですが、
GPでも、ゴルフ用の素振りバットを各店舗に
置いていて、とても活用しています。

もし、長いものを振るスペースが無ければ、
ダンベルや、お米など単純に重いもので構いません。

それを両手で持ちながら、右に左にとゴルフの
体重移動のように体重をかけてあげると、
体が重いものに振られてる感覚になると思います。

今欲しいのはその感覚、イメージです。

例えば、ドライバーは一見軽そうに見えても、
長い柄の先に重いヘッドがあるので、腕だけで正確に
振り抜くのは、鍛えた肉体が必要です。

当然そんな肉体を持っている人は極少数なので、
実際のスイングイメージとしては、

“上半身はクラブを持つだけ、
残りのパワーは全て下半身に集中させる”

というイメージでいると、
体の大きい筋肉でスイングする
感覚が身についてくると思います。

何もしないという方が難しい

今日は感覚的な部分の話を
させていただきましたが、僕の考えとして
考えることよりも考えないことの方が難しいです。

実際に、断捨離という言葉が
世間を賑わすほど、何かを捨てるというのは
勇気がいることだからです。

しかし、体というのは
意外と“こうして欲しいな…”とあなたが
考えたとおりに動いてくれるものです。

車の運転中、人の体は無意識に
『見ている方』へハンドルを切ろうとするように、
自分の体を信じてゴルフをしてみてはいかがでしょうか?


<本日のオススメ>
再リリース記念:68%割引は今日まで!

20年以上の歳月を経て完成した
大森睦弘コーチが教える

15ヤードのアプローチショットで
あなたのゴルフを上達へ導く方法

完全版「ショット基礎アプローチ The Reborn」

詳しくはこちら

「心」イメージ力でスイングを変える

2016.10.16
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・イメージ力でスイングを変える」

というお話をさせていただきます。

練習場でボールを打つことだけが
スイングを良くすることではありません。

むしろ、ボールを打たない方がスイングの基本は良くなります。

ボールを打つのは一応確認のためと、
応用の幅を広げるために打つというぐらいの感じです。

これは私の経験と、とあるツアープロの経験からの確信です。
続きを読む

【画像あり】涼しい時期に飛距離アップする秘訣

2016.10.12
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のスマイラックより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

だいぶ涼しくなってきて
秋のゴルフシーズンが近づいてきました。

夏ほど汗は流れず、過ごしやすい。

何だかベストスコアを更新できそうな気がしてきますよね!

ゴルフをしていれば季節によって
スコアを出しやすい時期もあったり出しにくい時期もあります。

日本は四季があるので
それもまた楽しみかもしれません。

では、秋は好スコアを出しやすいのかと言うと…

実は、そうではないのです。

続きを読む

「心」決心

2016.06.12
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・決心」

というお話をさせていただきます。

私の一言で、とんでもなくすごいことを「決心」された
「大森ゼミ」受講生の方の物語です。

でもその話の前に、あなたには「大森ゼミ」について
ちゃんとご説明しなければなりませんね。
続きを読む

あなたのスウィングの悩みをゼロにする方法

2015.12.22
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

前回のメルマガでは、
冬のゴルフでの距離感の合わせ方などの話をしました。

と、そんなことを話していたら、
これが今年最後のメルマガになってしまいました。

思えば今年の1月からこのゴルフライブで
メルマガを書き始めましたので、
ほぼちょうど一年になったわけです。早いですね。

思えば、第一回目のメルマガで取り上げたのは…
続きを読む

ゴルフ界のドン、杉原輝夫さんとの思い出

2015.09.01
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

私事で恐縮ですが、8月19日~21日に
「中部オープン」が東名古屋CCで行われました。

中部オープンといっても、馴染みのない方も多いと思います。

各地区でオープン競技は開かれていますが、
今最も大きいのが「関西オープン」。
レギュラーツアーですね。

そしてこの2日目、僕は「65」というスコアを出すことが出来、
なんとコースレコードを記録してしまいました!

今までのコースレコードはなんと48年前に、
あの日本プロゴルフ界のドン、杉原輝夫さんが記録していた
「66」というスコアでした。
続きを読む

中日クラウンズのようなグリーンの攻略法

2015.05.12
2009100816315916780

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

ようやく、中日クラウンズが終わり
ほっとしているところです。

結果ですが、僕は47位Tでした。
最終日にスコアを崩し順位を大きく落としてしまい
少し残念な結果になりました。

場所は名古屋ゴルフ倶楽部和合コースでした。

ご存知でしょうか?
ここは日本屈指の難コースと言われるコースです。

プロも皆
口をそろえて「難しい」と言います。

距離が長いわけではありません。
まだ春先なのでラフも長いわけではありません。

なぜ、難しいと言われるのでしょうか?

理由はまず、グリーンが小さく、砲台グリーンがほとんどで、
フェアウェイから面が見えないからです。
そして固く、速く仕上げてあります。

ということで、スピンの効いた球でグリーンをとらえたいのです。
どれくらいの広さのグリーンかがわからないので、
ヘタに転がる球を打ったら、グリーンから出て行ってしまいますからね。

しかし、皆様ご存じのとおり、もしラフから打ってしまったら、
スピンが効きにくくなってしまいます。

だからフェアウェイキープがカギになる
コースだと言えますね。

しかし、今回のグリーンは特に固かったので
フェアウェーからでも
グリーンを出て行ってしまうことが度々ありました。
続きを読む

【ビデオ】手でクラブを下ろしてしまう人へ

2015.05.11
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに

 「ハーフウェイダウンからの動きの繋がりを理解する」

について、ビデオでお話ししようと思います。

短い2分程度のビデオで、何気ない練習なのですが、
ゴルフ動きの繋がりをしっかり理解できる
最良のドリルとなっています。

この動きがきちんと出来ていなくて、
ゴルフが上手くなっている人は、おそらく誰もいないでしょう。

流行り廃り(はやりすたり)のない
ゴルフの本質をご覧になってみてください。

(今日は特別に動画を用意しています!)
続きを読む

シャドースイングで飛距離UPするメカニズム

2015.04.21
2009100816315916780

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

今日はあなたに

「シャドースイングで飛距離がUPするメカニズム」

についてお話ししたいと思います。

特に60歳、70歳になって飛距離が落ちてきたなんていう人には
ぜひ知っておいてほしい内容です。

その話をする前に、先週の日曜日、
4月12日はゴルフライブの会員さん向けの
シャドースイングレッスン会でした。
続きを読む