カテゴリー別アーカイブ: トップ

【ビデオ】手元は高くしても飛びません

2020.06.21
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「手元は高くしても飛びません」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ボールを遠くまで飛ばしたい気持ちがあると、
ついついトップに向かって手元を高く
あげようとしてしていませんか。

しかし、それではもっと飛ばなくなってしまいます。
その理由とは。。。?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】スイングで体重使ってますか

2020.06.14
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「スイングで体重使ってますか」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

体重を使ってスイングしていないとすると、
飛距離はもちろんショットの精度でも損をしています。

実際、体重70kgで階段1段分のだいたい20cm落ちたら、
どれぐらいの飛距離分の位置エネルギーになるか
計算してみると驚きの数字となります。なんと。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

外出自粛中の今こそ上達のチャンス!

2020.05.14
yamada2

From:ゴルフライブスタッフ山田
テレワークの自宅より、、、

こんにちは。ゴルフライブスタッフの山田です。

新型コロナウイルスの猛威による、
4月7日から緊急事態宣言が発令されて
1か月とちょっとが経ちました。

政府からの外出自粛の呼びかけにより、
練習場に行ったりラウンドに行ったりすることを
控えている方も多くいらっしゃるかと思います。

私もそのひとりで、行きたい気持ちをぐっと堪えて、
外出を控えています。

しかし、練習場に行くことだけが練習ではないと私は思います。

そこで、今日は自宅でできる
練習アイテムの紹介をいたします。

自宅練習の必須アイテム

それがこちら。

藤田寛之プロ共同開発の
Tabata GOLF のアプローチマットです。

2020-0514_1

こちらの商品は当社でも販売しており、
とてもおすすめのアイテムです。

在庫切れのため予約での購入はコチラをクリック

練習風景

2020-0514_2

私の自宅は決して大きいわけではないので、
家の中では大きいスイングをすることはできませんが、

アプローチなら可能なので、外出できない今、
もっぱらこのマットでアプローチ練習をコツコツしています。

2020-0514_3

この商品の良いところは
マットにクラブヘッド最下点のソール跡がつくため、

ダフリやトップ、アウトサイドイン等の方向が
すべて一目でわかります。

ショット後のマット

2020-0514_4

藤田寛之プロによると、

アプローチショットにおいて、狙ったところにヘッドを落とし、
ボールへの入り方を一定にすることが、
ボールをコントロールするうえでの最低条件だそうです。

そういったアプローチの基礎を可視化して練習できるのが、
この商品の良さだと思います。

パーオン率の低さ

ところであなたは、

 ・ドライバーショット
 ・アイアンショット
 ・アプローチ
 ・パット

この4つの中で、アマチュアのスコアアップに
一番重要な要素はどれだと思いますか?

もちろん、4つとも重要ではありますし
考え方は人それぞれですが、
私はアプローチが特に重要だと思います。

その理由はずばり、アマチュアのパーオン率の低さです。

パーオン率とは、18ホールのうち、
「そのホールの規定打数(Par4だったら4)-2打」で
グリーンに乗せられたホール数の割合を指しますが、

平均スコアが90のゴルファーの1ラウンドのパーオン率が
16.7%(回数にするとパーオンが3回)といわれています。

また、シングルプレーヤーと呼ばれている
ハンディキャップが一桁のプレーヤーでも
パーオン率は40~60%程度です。

つまり、アマチュアゴルファーの大半が
18ホールのうち半分以上パーオンできていない
ということが言えます。

そう考えると、例えばパーであがる際、
バーディーパットを打つ機会より、

アプローチで寄せて1パットという機会のほうが
多くアプローチの頻度が多いことがわかります。

アプローチのミス率の高さ

アプローチが特に重要な理由はほかにもあります。

それはアプローチのミス率の高さです。

私がよく一緒にラウンドするゴルフ友達は
平均スコアが95程度なのですが、
とにかくアプローチのミスが多いです。

完璧なティーショット、
そしてセカンドショットも悪くない。

惜しくもグリーンを外したその途端、
グリーン周りで発作のようにチャックリ、トップ、シャンクと、

まるでミスショットの百貨店かのごとく、
様々なミスを繰り広げます。

「もったいない」という言葉が自然と漏れてしまいます。

せっかく途中まで良いスコアでまとまっていても、
1ホールで大叩き。

でも、こういうことって、けっこうありますよね。

先ほど申し上げた百貨店の友達以外でも、
やはりグリーン周りでミスが目立つ人は多いように感じますし、

私自身もたまに信じられないくらい
チャックリすることがあります。

こういったアプローチのミスを減らすだけで、
スコアは簡単に縮められます。

そして、ショットを練習するよりも、
アプローチを練習したほうがよっぽど、楽に早く
スコアアップにつながるということに気づきました。

繰り返しになりますが、
練習場に行くことだけが練習ではなく、

むしろ自宅でのアプローチ練習をコツコツ続けることが、
スコアアップに直結する練習ではないでしょうか。

私もグリーン周りではミスを想像してしまい、
いつもひやひやしています。

いくら自信があっても、
いつも成功するとは限らない。

ゴルフって難しいですよね。

それでも私は先ほど紹介した商品を
毎日自宅でコツコツ練習しています。

藤田タッチマット 予約での購入は今スグコチラをクリック!

あなたも、こんなご時世の今こそ、
一緒に自宅での練習を重ねて、

ゴルフをもっと楽しみましょう。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございます。
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブ新商品!

あなたがもし「60歳以上」
「ヘッドスピード40m/s以下」なら…

努力することなく無条件で
飛距離を10y以上伸ばすチャンスが
今、目の前にあります。

繰り返しますが、何の努力なしに… です。

そんな新商品の詳細はコチラをクリック!

個数限定。お早めに
 

【ビデオ】アウトからインへ向かうループは絶対お得

2020.04.12
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「アウトからインへ向かうループは絶対お得」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ヘッドはバックスイングとダウンスイングでは、
同じ軌道をたどった方が良いと
言われることもあるかと思いますが、

実はそれでは体をしならせるスイングは難しくなります。

実はインパクト面に対するアウトイドから
インサイドへ向かうループが、
絶対安定したスイングになります。

それは、短いアプローチからドライバーショットまで同じで、
私は意識的にアウトからインへ向かうループで
スイングしています。どういうことか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】バックスイングを劇的に楽にする左脚の使い方

2020.03.15
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「バックスイングを劇的に楽にする左脚の使い方」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

バックスイングで左脚の重さを利用すれば、
楽々バックスイングできます。

バックスイング開始で。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

ミスしないアプローチの2ヶ条

2020.02.12
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「アプローチ下手から抜け出す方法」

というテーマでお話をしたいと思います。

ゴルフライブのアンケートを見ていると、
「アプローチが苦手で…」というお悩みをよく目にします。

実際に僕がレッスンしている生徒さんにも

「ホームランを恐れているためか、
ザックリやショートが連発してしまい、
グリーンに乗せるまで何回も打ってしまうんです…」

というお悩みを抱えている方がいました。

ホームランが出てしまうのは、

・トップする

・インパクトでパンチを入れている

・バックスイングが大きくて、
 もとから距離が出るスイングになっている

・フリが強くてオーバーする

といった原因からです。

そして同じミスが続いてオーバーが怖くなると、
インパクトで帳尻を合わせようとスイングが緩み、
ザックリを起こし始めてしまいます。

(鋭角に打ち込んでザックリになるケースもありますね^^;)

なぜスイングが緩むとザックリが起きるかと言うと、
これはクラブが重力に引っ張られて落ちてしまうためですね。

シャンクもそうですが、
こういったミスを繰り返して、「ミスの再現」をしてしまうと
悪い癖になって身についてしまいます。

なので、早めに原因を突き止めて、
スイングを修正する必要があリます。

続きを読む

【ビデオ】重力で振って楽々飛距離UP

2020.02.09
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「重力で振って楽々飛距離UP」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

スイングは力で振ろうとしなくても、
重力を味方に付けることで案外しっかり振れるものです。

そこで、重さを感じて、そのエネルギーを使って
クラブが振られてしまう動きを体験できるためのポイントを
見てみましょう。

(続きはビデオにて)
続きを読む

スライスが直らない… どうすればいい?

2020.02.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「スライスが直らない… どうすればいい?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

はい、今回は多くのゴルファーが悩んでいる
スライスの直し方についてです。

ゴルフ雑誌、レッスンブック、
それからDVDに個人レッスン。。。

ありとあらゆる手をつくしているのに、
言われたとおりにスウィングしているのに、
スライスがさっぱり直らない。

そんなあなたには、必見の内容です。
続きを読む

【ビデオ】グリップがウィークだとしならない

2020.01.12
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「グリップがウィークだとしならない」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

グリップがウィークだと、
下半身の動きで上半身をしならせることが難しくなります。

その最大の理由は、ダウンスイングで手元を下に落として
できるだけインパクトの面に素早く乗せようとしたときに、
親指の真上にシャフトが乗らないからです。

どういうことか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】トップが高いとダフリやすい

2019.12.29
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「トップが高いとダフリやすい」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

トップを力で高くしようとすると、ダフリやすくなります。

さらに、ダフリやすいばかりでなく、当然打点が安定しないので
飛距離や曲がりのばらつきが大きかったり、
トップにすらなりやすくなります。

そこで、ボールを遠くへ飛ばしたいとする気持ちが
打点を不安定にしてダフリまで誘発してしまうメカニズムの中でも、
案外気づきにくい「高すぎるトップ」について見てみましょう。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【2019最終】フォローでヘッドが返らない…

2019.12.24
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「フォローでヘッドが返らない…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

今日が年内最後のメールマガジンとなります。

さて、フォローでヘッドが返らず、
球がつかまらない。。。

こんなお悩みの方はありませんか?
 

ゴルフ仲間からも指摘されるし、
自分でもわかっているけれど直らない。

どうしたらプロのような自然なヘッドターンが
できるのだろうかと試行錯誤していませんか?
 

実は、ヘッドが返らない原因は。。。
続きを読む

[質問] 力を抜くと、飛ばないんですが…

2019.11.05
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「力を抜くと、飛ばないんですが…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

力むことはスウィングにとって天敵だ、
だから力を抜いたら。。。

今度は球が飛ばなくなってしまった。

こんなお悩みの方はありませんか?

今日はそんな人にお届けしたいと思います。
続きを読む

【ビデオ】スイングで大切な逆くの字って何?

2019.11.03
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「スイングで大切な逆くの字って何?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

逆くの字とは、セットアップで体の正面方向から見て
体のラインがひらがなのくの字の反対側に折れている形のことです。

この逆くの字ができるいることで、
スイングが色々な面で楽になります。

逆くの字のメリットは次の3つです。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】ハンドダウンがダフりを誘発

2019.09.22
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ハンドダウンがダフりを誘発」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

セットアップでハンドダウンすぎる状態というのは、
セットアップ終盤で振り出し後方から見て
シャフトの延長線がおへその高さより下を向いていることです。

そして、ハンドダウンだとダフリやすくなります。
一体なぜか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】切り返しで首を長くして飛ばす

2019.09.01
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「切り返しで首を長くして飛ばす」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

トップに向かう切り返しで
首が長く見えるようにしましょう。

それだけで、リラックスできて上半身がしなると共に、
重心を落とすことができて飛距離が伸びます。

ではなぜ、そのようになるのか?

(続きはビデオにて)
続きを読む