カテゴリー別アーカイブ: スイング

[ビデオ] オーバースイングが気になる方へ

2018.05.19
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「オーバースイングが気になる方へ」
 

について、ビデオでアドバイスをさせていただきます。
 

はい、今日はモンゴから久しぶりに
ビデオでのアドバイスです!(∩´∀`)∩ワーイ

あなたもご存知の通り、オーバースイングですと
上手くボールに当てられないことが多いです。

でも、このやり方を覚えておけば
もっとボールにちゃんと当たるようになって、
楽しいゴルフが出来ますよ~(о´∀`о)

じゃあ、その方法とは?

(続きはビデオにて!)
続きを読む

[Video] 正しい位置にフォローを出すには?

2018.05.14
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「正しい位置にフォローを出すには?」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。
 

ダウンスイングからフォローの話です。

一秒とちょっとぐらいの間のスイングの中に、
ダウンスイングを考えている時間はないと思います。

逆に言うと、その正しいフォローの位置に手が収まれば、
正しくダウン(スイング)が出来たということです。

なのでまずは、正しい位置にフォローを出す。
そのための手の位置というのは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

素振りには魂が宿る

2018.05.11
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「素振りには魂が宿る」

というテーマでお話をしたいと思います。

よく生徒さんからいただく質問で、

素振りはイメージ通りのスイングが出来るのに、
実際にボールを目の前にすると
素振りと同じようにスイングが出来ません。

というお悩みをいただくことがあります。

素振りだとクラブを振ることだけに集中できますが、
いざボールを目の前にすると、、、

どうしても無意識のうちに
「当てる」という動作をしてしまって
素振りとは違うスイングになっている人が多いのです。

さらに、インパクトを意識して変わってしまうだけでなく、
そもそも素振りとは違うスイングをしないと
打つことができないという人も実際に居ます。

これは、ボールを打つための素振りではなく、
素振りのための素振りをしてしまっているんですね。

あなたは本気の素振りが出来ていますか?

なぜ素振りのように打てないのか?

色んなことが挙げられると思いますが、
ボールを目の前にすると、様々な欲が出てきます。

・うまく当てたい

・曲げたくない

・遠くに飛ばしたい

・プレッシャー

そういったことにどうしても目が行きがちなのですが、
本質はそこではなく、そもそも素振りそのものに
原因があることがほとんどなのです。

間違った素振りをしてしまうと、
もちろん、本番とのギャップが生まれてしまい、

・インパクトで左肘が引ける動きになってしまったり

・アウトサイドイン軌道が強く出てしまいやすくなったり

・スライスが出やすくなってしまったり

色々なミスにつながってしまうようになってしまいます。

では、素振りのどこに問題があるのでしょうか?

素振り ≠ ショットのスイング

それは、素振りで「ボールを打つ」という
意識が無さすぎること
が原因なんです。

素振りの時は、打つことを意識しないで
打つ時に初めてボールを意識してしまうと、、、

アドレスの位置にヘッドが戻らないような
体を回すことしか考えていない素振りを
無意識の内にしてしまいます。

結果としてスライスを助長するような
動きとなってしまうこともあります。

素振りの感覚というのは身体に残っているので、
実際のスイングでいきなり良いショットが打てる
なんてことはありません。

そのような間違ったリハーサルを何度も繰り返すので、
素振りと本番とでスイングがガラッと替わってしまうのです。

言ってしまえば、意味のない素振りになってしまっているんですね。
練習の素振りを粗末にすると素振りの時間も無駄なものになってしまいます。

本当に実際のスイングを意識して素振りが
出来ているという方はかなり少ないと感じます。

本気でボールを打つための素振り

例えば、練習場などでもボールを打つことにばかり
意識がいってしまって、1、2回軽く素振りをする程度。

本気の素振りが何よりも大事で、
ボールを打つのはどういう風に飛ぶのかの
確認作業でしかありません。

タイトルにも書いたように、
素振りには魂が宿ります。

DSC_0073

形だけの素振りではなく、本気でボールを打つための
素振りになっているかどうかが最も重要なんですね。

今から打つ球を極限までイメージして
今自分が起こりやすいミスのポイントを抑えて
本気の素振りができているかどうか。

コースだったらその時に調子が悪いワンポイントを
意識して本気で素振りをしてみましょう。^^

トップ・ダフリなどのミスが出やすいのであれば
本気素振りで上下動を意識してスイングしてみましょう。

コースでは打ち直しができません。

ですが、それが本番を想定して素振りが出来ていれば
仮想のボールを打っていることになるので、
練習場のように2球目、3球目の球が打てるようになります。

是非、次回練習場に行ったら
10回本気の素振りをした後に
1球確認の球を打ってみましょう。

本気素振りを続けることで、
素振りと実際のスイングとのギャップが
徐々になくなってくると思います。

まずは、自分の素振りをスローモーションで
動画撮影してみるのも良いですね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<追伸>

6/9(土)、千葉の丸の内倶楽部で
ゴルフライブ主催のコンペを開催致します。

今回は過去最多の9名のプロ陣が参加しまして、
もちろん僕も参加します。^^

スポーツをするには気候バツグンの時期ですので、
奮ってご参加くださいね!

http://g-live.info/click/1806compe/

パンダを見に行き学んだゴルフ上達@和歌山

2018.05.08
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は
 

 「パンダを見に行って学んだゴルフ上達@和歌山」
 

について、お話をしてみたいと思います。

ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

ゴルフを楽しんだ方も多いと思います。

僕は家族(妻と娘)と、和歌山県にある
アドベンチャーワールドに行ってきました。

ご存知の方も多いと思いますが。。。
続きを読む

握力無い。足遅い。でもモンゴより上手い…

2018.05.05
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「握力無い。足遅い。でもモンゴより上手い…」
 

についてお話しようと思います。

前回のメールでは、
モンゴが研修生の頃の話をしましたが。。。

今回の話は、その時にいらっしゃった
とある先輩ゴルファーのお話です。
続きを読む

[Video] 古賀も目からウロコの金槌ドリル

2018.04.30
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「古賀も目からウロコの金槌ドリル」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。

本当に、私自身が目からウロコだったんですが、
もしかしたらこれを見てあなたは
 

 「なんだ、そんなことか」
 

と思うかもしれません。

ですが、私にとって本当に重要な動きだったんです。
なのでぜひ、ご覧になってみて下さい。

(続きはビデオにて)
続きを読む

手で手を動かすな!

2018.04.17
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

マスターズも終わり、国内男子ツアーも開幕。
ゴルフをやるのも、観るのも、楽しい季節ですね。

さて、今日あなたにお話したいのは、
 

 「手で手を動かすな」
 

です。

今日の話は、
 

 ・プレッシャーのかかった大事な場面でミスが出てしまう

 ・いつでもゴルフで何らかのケガをしてしまう
 

こうした方にはぜひ読んでほしい内容です。

この二つ(大事な場面でのミス、そしてケガ)は
一見するとなんの関係もないように感じますが、
実は密接に関係しています。
続きを読む

武井壮に学ぶ、思い通りのスイングの作り方

2018.04.07
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「武井壮に学ぶ、思い通りのスイングの作り方」
 

についてお話しようと思います。

武井壮さんって、あなたはもしかしたら
ご存知ないかもしれませんが。。。
 

・陸上「十種競技」元日本チャンピオン

・陸上をやめてからアメリカにゴルフ留学経験あり

・タレントとして活動。「百獣の王」を目指している(笑)
 

という、とっても面白い経歴をお持ちでいらっしゃいます。

実はこの武井壮さん、
数ヶ月前にゴルフパフォーマンスにも
いらしたことがあるんです!

その時の写真が、コチラ!!!
続きを読む

ド素人の子供の方がスイングがキレイな理由

2018.04.03
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

今日からでこのゴルフライブの連載も
第二回目になりました。

改めて、どうぞよろしくお願い致します。

さて、今日あなたにお話したいのは、
 

 「ド素人の子供の方がスウィングがキレイな理由」
 

です。
 

これをお読みの方の中には、
お子さんあるいはお孫さんにゴルフをさせたことがある
という方も、いらっしゃるかもしれません。

そんな子どもたちに、初めてゴルフクラブを握らせると
驚くほどキレイなオンプレーンを描くことがあるんです。

それは一体、なぜか?
続きを読む

【ビデオ】即実践!かんたん飛距離UP練習法

2018.04.03
02-150x150

From:近藤雅彦
神田のドトールより、、、

おはようございます!
近藤雅彦です!

最近生徒さんたちから多く寄せられる質問が、
飛距離アップについてです。

以前(3年前くらい)に、
飛距離アップ法について
お話したことがあるのですが、

また似たような質問を多く受けるようになりましたので、
再度お伝えさせていただきます。

飛距離アップ法の中でも、
ヘッドスピードを簡単に上げることに特化した
方法をお伝えします。

その方法にはある道具を必要とします。
その道具とは、
続きを読む

【ビデオ】スイング中に目線を残す。は間違い

2018.03.30
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「【ビデオ】スイング中に目線を残す。は間違い」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

よく頭を残せ!とか目線を残せ!
というのはよく耳にすると思います。

あながち間違いではないのですが、
そのような定説を守りすぎるあまり、、、

スイングを誤解している方が
本当に多いんです。

具体的には、頭を残しすぎることによって、
肩の回転が止まり、スムーズにスイングが
出来なくなってしまっているんです。

そこで、今回ご紹介する動画レッスンは
たった一つあることを意識するだけで、

劇的に肩の回転がスムーズに回るようになり、
肩が充分に回転するボディーターンを手にいれることができます。

更にはスイングの再現性も良くなり、
確実に飛距離がグッと伸びるようになるのですが、
あなたはその「あること」を知りたくありませんか?

↓ 続きは動画にて ↓
続きを読む

【ビデオ】見てすぐわかるダフりやすい人の特徴

2018.03.25
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「見てすぐわかるダフりやすい人の特徴」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

私もコーチングをやっていて
ボールを打つ前からダフりやすいお客様がわかります。

ズバリ言ってダフりやすい場合には、
次の3つがスイングを始める前である
セットアップの段階で確認できます。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】ここ↓がナイスショットの分かれ目

2018.03.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原です。

どんな分野においても、これを見れば
力量をはかるといったものがあると思います。

ゴルフで例えるなら、アドレスを見れば
そのゴルファーの力量が分かる、、、といった具合です。

いくら上手な仕草をしていても、
あるいは下手な仕草をしていても、
アドレスを見ればバレてしまうのです。

そして、アドレスから始動を
開始した直後のクラブの動きで、

「これミスするかも。。。」

というのも、割と分かってしまいます。

なぜ、私がそう判断しているのか?
それは、クラブのこの部分の動きに
着目しているからなのですが、、、

あなたはこんな動きをしていませんか?

続きを読む

【ビデオ】グリップが強すぎなら軍手が先生

2018.03.18
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「グリップが強すぎなら軍手が先生」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

私は講演会を行なった後に、懇親会を開催しています。

そして、お酒を飲みながら
さまざまなお話を交わさせていただいています。

そんなざっくばらんな会話の中で、
「グリップの強さ」についてご質問を受けたことがあります。

そこで私は「じゃあ、握手してみましょう」といって、
握手させていただきました。すると。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】そもそもフェースは返すものなのか?

2018.03.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

人間が何かしらの動きを習得しようとした時、
おおよそ3つのフェーズに分かれます。

分かりやすくスイングで例えると、、、

最初は形を覚えることからスタートします。

これはいわゆる”見よう見まね”で、

「あの人のスイング綺麗だけど、こんな感じで振ってるな」

という漠然としたイメージを実際の
動きに取り入れて大まかに形にしていきます。

次はそれを、意識的に行うこと。

大まかに出来た形から肘の動きや
各部のローテーション、重心移動など
細かい動きをつぶさに観察し、習得していきます。

この過程を経ることで、実際のラウンドで
使えるくらいのレベルになっていきます。

しかし、それではまだ足りません。

最後の仕上げとして、
「それらを動きを無意識に出来るようにする」
ここが最重要にして最難関のフェーズです。

そこで、今日のテーマであるクラブフェースの話ですが、
フェースが戻らないから意識的に返すことは
正しいか間違っているかは別として、悪いことではありません。

ただ、そこで終わらないでください。

フェースが返るとはどういうことか?
どうすれば自然と、無意識に戻るのか?

動画では、クラブフェースを意識しすぎると
起こりやすいフックボールの修正方法について撮影しました。

考えることは多いですが、一つずつ解決していきましょう。

続きを読む