カテゴリー別アーカイブ: 手打ち

中途半端はやめて、打ちましょうよ

2018.02.15
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「中途半端はやめて、打ちましょうよ」

という話をしたいと思います。

冒頭から変なタイトルですが。。。

実はこれ、フィッティング時に業を煮やして
お客様にかけてしまった一言なんです。

以前、お客様とこんなやり取りがありました。
続きを読む

シャンク多発後、アイアンが打てなくなった

2018.02.03
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「シャンク多発後、アイアンが打てなくなった…」
 

についてお話しようと思います。

今日はたぶん短めです。ササッと読んでいただけます。
今回の質問はズバリ。。。
 

 「シャンクが多発後、アイアンがうまく打てなくなりました」
 

というものです。

はい、ありますあります。
コレ、ホントにありますね~(;´Д`)

出たことのない人間にしかわかりませんが、
怖いんですよ。シャンクがいっぱい出ると。。。

そもそもシャンクって。。。
続きを読む

[Video] 手は振るではなく「振られる」で

2017.12.04
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「手は振るではなく『振られる』で」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

手で手を振る、いわゆる「手打ち」ではなく
「手が振られる」感じが大切です。

そのために大切なキーワードがあります。
それは何か?

(続きはビデオにて)
続きを読む

[ビデオ] 当てようとするほど当たらない人へ

2017.11.04
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「当てようとするほど当たらない人へ」

について、ビデオでアドバイスをさせていただきます。

 「当てようとすればするほど、当たらなくなるんです…」

 「なんでこんな悪循環になるんでしょうか…?」

そのようにおっしゃるお客様はとても多いです。

ズバリ、そういう方はコレやってみてください!

(続きはビデオにて!)
続きを読む

【ビデオ】クイズ:飛距離でない…悪いのはどこ?

2017.10.24
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

想像して下さい。

あなたは今まさに、
ティーショットでアドレスをしています。

ここ最近飛距離がでず、
原因は「ミート率が悪い」と考え、

スイングが終わるまでボールをしっかりと
見るようにしています。

さて、ここでクイズです。

飛距離が出ないのは、
なにが問題でしょうか、、、?

続きを読む

[Video] カギは引力「だけ」を使うスイング

2017.07.17
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「カギは引力“だけ”を使うスイング」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

まず、引力だけを使ってボールが当たるようになりましょう。

そこに、スピードを入れれば正しいスイング、
そして素振りが出来るようになります。

(続きはビデオにて)
続きを読む

スイング「タコ足」症候群!?

2017.06.17
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「スイング“タコ足”症候群!?」

についてお話しようと思います。

なんだか最初から意味不明なタイトルですが。。。

ですが、多くの方がこの「タコ足」状態に
なっているために、スコアを崩してしまうんです。

モンゴもそんなことを言っていますが、
実は典型的な「タコ足」状態だったです(泣)。
続きを読む

【ビデオ】アプローチは利き腕に注意?

2017.05.19
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

突然ですが、最近私あることを変えました。
あなたは気づいていただけましたか?

正解は、、、

実は筋肉がついてきました(笑)

トレーニングに励んでおりまして
今年も300y超えをキープする決意の現れです。

実は何名かの読者さんは
気がついてわざわざコメントを下さいました。

どうもありがとうございます。
うれしかったです。

さて今日は飛距離から離れて
アプローチのためのドリルです。

アプローチで求められる繊細なコントロール
それを乱している要因は利き腕のにある場合が多いです。

言い換えれば、そこを直してしまえば
ボールを確実にコントロールし、ピッタリ
ピンそばに寄せることができるようになります。

ぜひやってみてください。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>

チーム小原のショートゲーム担当
アプローチの専門家モンゴプロの
NEWプログラムがついに公開されました。

50y以内はSWだけしか使わないでOK
「3Dサンドウェッジ・メソッド」で
あなたのアプローチの精度を飛躍的に上げます。

苦手なSWを得意クラブに変えて
アプローチでベタピン連発を実現させます。

その秘密をコチラからご覧ください。

http://g-live.info/click/mongo_sw_170518/

_

[ビデオ] 冬に必須!スイング手と体の同調

2017.02.18
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「冬に必須!スイング手と体の同調」

について、ビデオでアドバイスをさせていただきます。

手と身体が同調したスイングを行っていかないと、
なかなか良いショットというものは、生まれません。

このことは、ゴルフライブ読者のあなたであれば、
すでにご存知のこと思います。

ですが実は、この手と身体の同調は、
冬のゴルフほど必要になるものなんです。なぜか?

(続きはビデオにて!)
続きを読む

力みを取って飛距離を伸ばす方法

2017.02.11
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「力みを取って飛距離を伸ばす方法」

についてお話しようと思います。

身体の無駄な力が抜けて、おまけに飛距離が出たら、
これほど嬉しいことはないですよね~(∩´∀`)∩ワーイ

今日はそんな方法についてです。

最初に、あなたに質問です。

「力んでいる」って言いますが、
具体的に身体のどこが力んでいると思いますか?
続きを読む

[Video] ダウンスイングで肘の降りる場所は?

2017.01.30
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ダウンスイングで肘の降りる場所は?」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

まず、前提条件として、この場合は
手だけを動かすというのは一番やってはいけないことです。

何度もこの場でお伝えしているかもしれませんが、
肘を適切に抜くためには、その動きを誘発するように
体を回転させる必要があります。

では、どうすればいいのか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

飛距離アップで一番多い間違えは…

2017.01.22
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

先日久しぶりに打ちっぱなしに行ってきました。
普段あまり行くことがないのでとても新鮮でしたね。

思っていたよりゴルファーの年齢層が若く、
カップルや女の子同士など色んな組み合わせがいて賑わっていました。

活気があっていいな~なんて眺めていると
近くの打席からいい音が聞こえてきます。

なかなか鋭そうなスイングの音。

そこにいたのはカップルだったのですが
いかにも力自慢的風貌の男の人が、力いっぱい振っていました。

傍から見ると一見すごそうなスイング。

なんですけど思ったより飛んでない、、、

見た目にはいかにも飛びそう
でも思ったよりは全然飛んでいなんです。

「ああ~」

ではこの人はなぜ、
力強いスイングの割に飛ばせないんでしょうか?

それは、、、

続きを読む

「スイング=左肩から」の本当の意味って?

2016.11.26
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「“スイング=左肩から”の本当の意味って?」

についてお話しようと思います。

前回、バックスイングで
身体のどこから動き出しているのかという話を
あなたにしたのを覚えているでしょうか?

今日はその話のちょっとした補足になります。

(あ、前回の内容を知らなくても
 大丈夫ですので、そこは安心してお読み下さい)

前回の内容には、複数のコメントをいただきました。
ここで紹介したいと思います!
続きを読む