カテゴリー別アーカイブ: 小原大二郎

スイング動画を募集

2019.03.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

先週木曜の夜、私のLINE@で
スイング診断(スイングコンサル)
の先着1名様の募集をさせていただいたところ

多くの方に
スイング動画を送っていただきました。

ありがとうございます。

想像以上に多くの方から動画を送っていただいたこと
さらには、みなさんのスイングがキレイで驚きました!

全ての方の動画にアドバイスはできないのですが
まずは、お一人この場で回答をさせていただきます。

ただし、、、

これは、あなたのためにもなるので目を凝らしてほしいのですが

他の人のスイングの問題点を見つける

ということは非常に重要です。

あなたが自分のスイングの問題点をみつけたり
あなたのスイングを良くしていくためには

誰かのスイングを
よく観察することはとても大事です。

問題に気づくチカラができれば
ゴルフも改善する方向に向かっていくでしょう。

なので、そういう気持ちでスイングをあなたも見てください。

小原からのアドバイスは…

非常にパワフルで
飛距離も出ていそうなスイングですね。

このように
スイング診断に応募いただいて嬉しく思います。

さて、今回ご応募頂いたこの方のスイングを
分析させていただくと、、、

”この方の一番の課題は
バックスイングで上体が起き上がることです”

ドライバーなので
まだ状態の上下のブレが
あまり問題になっていないかもしれませんが

アドレスの上下動は
アイアンショットのときに
ダフリトップを引き起こす原因になるでしょう。

まだまだ、お若いようですので
飛距離も伸びるでしょう。

あなたはどう見ましたか??

解決ポイント:

”解決するには、
アドレスで体を起こして構える”こと。

これがポイントになります。

そうする事で
スイング中の前傾角度を
キープすることができるようになります。

結果として
ミート率を上げることができ
飛距離もさらにのびるかもしれません。

ぜひポイントを意識して
スイングしてみてください。

きっとナイスショットが飛び出します。

「気づき」から生まれるナイスショット

皆さんから送ってくださった動画を見ていたら

スイング中に体が起き上がる人が
多いことに気づきました。

スイング中に体が起き上がってしまうと
あらゆるミスの原因になってしまうのは
もうご存知ですよね。

では、なぜ体が起き上がってしまうのか?

その原因は様々で、人それぞれ違います。

だからこそ
全部の動画にお答えして
悩みを少しでも解決する手助けができれば良いのですが
なかなか そういうわけにはいきません。

自分で分かっている人は
まだ対処もできるのですが

無意識のうちに
体が起き上がってしまっている人もいるでしょう。

これは、何も体の起き上がりに限ったことではありません。

そこで
体の起き上がりだけでなく
自分のスイングの改善に役立つ

「気づき」

人のスイングを見ることが、とても大事です

他人のスイングを見て気づくことがあれば
自分のスイングも直せます。

もし、他人のスイングをみて何も思わないとしたら
自分のスイングの変化にも気づかないでしょう。

なので、あなたもこの動画のスイングを見てみて、
自分のスイング改善に役立ててみてください。

好評でしたら、またこの企画はやらせていただきたいと思います。
スイングを提供頂いた方ありがとうございました。

小原大二郎


<本日のオススメ>
小原大二郎・徳嵩力一推薦のウェッジ

なぜ、このウェッジが
ボーケイよりも優れているのか?

それを証明させてください

http://g-live.info/click/toku_wd1903/

ゴルフとお寿司の関係

2019.03.11
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私がゴルフを始めてからというもの
20年以上が経ちました。

最初にゴルフを始めたときには…

・100切りもままならず…

・上達しようにもインターネットはなくて…

・誰に教わればいいかもわからなくて…

・仲間もいなくて…

・ゴルフクラブも訳も分からず選んで…

・ゴルフに行くお金もなく…

なんていう
何十もの壁がありました。

当時は、ゴルフでお金を稼ぐことなんて
到底夢のまた夢
でした…。

今ではこうやってたくさんの生徒さんに囲まれて
レッスンに日々明け暮れています。

ゴルフ緑化の寄付活動を行ったり
被災地支援のラウンドレッスンをしたり
今ではジュニアゴルファーの育成のお手伝いもさせてもらい

これからのゴルフ界を
盛り上げるお手伝いをさせてもらいたいとおもっています。

「小原プロ。
 なんで、そんなに小原プロは
 有名なゴルファーになれたんですか?」

とある新人コーチに聞かれました。

その1つがビジネスゾーンです。

ビジネスゾーンで
自分の腕を磨くことができてプロになれたから。

そして、たくさんの生徒さんの
上達を実現できたからだと思います。

しかし、
しかしそれ以外にも重要な成功するための法則があったと思います、、

それは…

イマジネーションの力

この一言に尽きます!!

私、小原大二郎のイマジネーションも
昔から中々強力だったんです。

特にゴルフというスポーツでは
イマジネーションが大切です。

練習環境からして
本番とは違うので
練習しながら頭の中にゴルフ場を描くんですね。

まるで、目を開けていても
本番のゴルフ場の様子が見えるくらいに。

さらに、イマジネーションが大事なのは
ゴルフ中の自分をコントロールするためです。

ゴルフは、プレー中に
他のことから受ける影響が大きいです。

たとえば、、、

・バンカーやハザード等の罠
・ゴルフクラブの状態、フェースの状態
・ボールの状態、素材・クオリティー
・その日の自分の体調
・メンタリティー精神状態
・その日の同じ組のメンバー

といったふうに
たくさんの物事に自分のショットが影響されるので

何から手を付けたらいいかわからなくなってしまうんでsね。

なので自分で自分をコントロールすると言うことを
多くの人は忘れてしまうんです。

「あー!アドレスに入っているのに、
 後ろでブンブン素振りしてうるさい!!」

みたいな風に、
プレー中に怒りちらしてしまう人がいますが

自分のコントロールを忘れてしまっているので
次のショットで崩れてしまうかもしれませんね。

ゴルフは、周りへの対応もさることながら
自分のコントロールにしっかりと目を向けるだけで
うまく行っていきます。

あそこに打ってはいけませんよ

たまに、キャディさんで

「あっちに打ったら、OBです。
 あっちは危険です。」

と強調するキャディさんがいます。

あれは、罠です。
気をつけてください。

何が罠か?

そう言われると
そっちに打ちたくなるからです。

ゴルフで使ってはいけない言葉に

「○○に気をつけて
 ○○してはいけない」

という言葉があります。

たとえば、キャディさんのように

「右OBに気をつけて」

と言われると
なぜか、右OBに関心が行くようになります。

頭の中で
「OBはダメだ… OBはダメだ… OBはダメだ…」

取り憑かれたように
繰り返しつぶやきながら、
OBを打ちます(笑)

吸い寄せられるように
OBを打ってしまうんです。

不思議ですねぇ…
そっちに打ってはいけないって言ったのに…

わかりやすい例を紹介すると

これから、ちょっとゴルフとは関係ない写真が出ますが
絶対にそのことを考えないでください。

640x640_rect_76102931
これは、お寿司の写真ですが、お寿司のことは絶対に考えないでください。

とても油が乗った美味しそうなマグロですが
マグロのことは考えないでください。

絶対に考えないでくださいよ!

さあ、どうですか。

お寿司食べたくなりませんか。

たぶん、よだれが出た人だっていると思います。

今日のランチはお寿司で決まりですよね。

…ゴクリ。

つまりは、
言葉や景色で見ただけで
かなり引き寄せられて意識が行くんです。

それを否定の言葉で打ち消しても無駄です。

なので、
OBを打ってはいけないと考えても無駄ということ。

どうすればいいかというと

OBを打たないために
”こうしよう”ということを意識するんです。

左のラフとフェアウェイの際を狙う。
絶対に左に打つぞ。

と意識すればいいわけです。

もし、あなたがラウンド中に
どこに意識を持っていけばいいかわからない
ということであれば、

今日のことをイメージしてラウンドしてみてください。

プラス表現を使うことを意識する。

それだけで、ショットの集中力、
目標実現力が変わります。


<本日のオススメ>
2019年ゴルフ新ルール対応の
裏・秘密兵器

これを手に入れたら友人には貸さないでください。
借りパクが横行しています…

https://g-live.info/product/btpin2/cs/

自分のゴルフにYES!

2019.03.04
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、生徒さんからこんな言葉をもらいました。

「小原プロはいつもハイテンションで
 目標に向かってパワフルですよね。
 どうやってその状態を保ってんですか。

 何か1つあるなら教えてください。」

と言う質問をもらいました。

はい、あります!
今まで隠していてすみません。

それは、大きく分けて2つあるんですが

まず1つ目は、
自分で自分のゴルフを認める習慣を作ることなんです。

自分のゴルフにYES!

自己承認の習慣を持つと言う事なんですね。
これはゴルフにとってもとても大切なことなんです。

生徒さんと定期的にラウンドレッスンを行っていますが、
とても素敵な生徒さん達に囲まれています。

なので本当にありがたいと思っています。

ですがうまくいかないことや
昔はゴルフがへたくそだった時もたくさんありました。

そんな時はどうなっていたかというと、
自分がなぜこんなにへたくそなのか落ち込んだり
自分のクラブを壊そうとしたり

たまにプロツアー中継で見かける
湖に向かってクラブを投げようとしたことさえあります(笑

もちろんツイいていないゴルフだったり
プッシュアウトのミスが連続してしまったり
起きて欲しくないことが起きることだってあります。

だからこそ私は
たまに自分のことを自分で褒める習慣というの作っているんです。

ゴルフはミスが多い、だからこそ。

あなたはゴルフで誰かに褒められたことってありますか?
最近、褒められましたか?

もし、「はい」と気持ちよく言える人は
いい先輩や、お友達をお持ちだとおもいます。

ゴルフで誰かに褒められたことがある人、というのは
ゴルフというスポーツのせいか、あまりないのではないかと思います。

なので、なるべく自分で自分を
高いモチベーションでゴルフを続けるためにも
自分で自分を高いモチベーションにする習慣が大事になってきます。

そこで1番簡単で続けやすい方法を1つ紹介します。

自宅練習をするだけ。

それは自宅でただパター練習を行うことです。

そしてそれをなるべく簡単な物を使います。

例えばツアーコースと同じような
グリーンを再現した何メートルもあるようなものではなくてOKでs。

なるべく短い距離でなるべく簡単にカップに入れる。
絶対に100%外さないような距離から打つだけです。

それだけ。

なぜこのことが重要なのかと言うと

自分のゴルフがうまくいっているんだ
と言うことの証明に役立つんです。

もちろんドライバーショットで
今日イチのショットを毎日何発も打つことができたら
どれだけ自信が高まるでしょうか。

しかし、そうとも行きません。

なので、パターから自信を高めていきましょう。

なるべく短い距離でカップにしっかりと入れる。

そして、入った瞬間に

「よっしゃー!」
「ナイス俺!」
「素晴らしい!」

と口に出して言います。

自分で自分を褒めると言うこと。
自分でよくできてるじゃんと褒めること。
それを声に出して言ってください。

そうすることで
自分のゴルフの自己肯定感が上がっていきます。

私はよくゴルフに行った時に反省点よりも
まずはポジティブな言葉を使うように
と言うのを一緒にラウンドレッスンに行く生徒さんにお伝えしています。

ただし、ゴルフに行ってない時はどうかと言うと
悲観的になってしまう生徒さんもおおいです。

なのでそんなゴルフに対して今
悲観的になっている方こそ
この練習をまず試してみて欲しいんですね。

これ重要なのは口に出すと言う事と確実に達成できる目標を決めておくと言うことなんです。

僕のゴルファーと言うのは自己モチベーションが達成したい目標というのが
高いが難しいことをより難しいレベルで達成していこうと思います。

しかし、そうすると達成できないことが積み重なって
だんだん自分のレベルというのが目標により遠いんじゃないか、
まだまだ自分の頃分たいしたことないんじゃないかと言うふうに思ってしまう方もいるんです。

なのでまず大事なのは簡単に達成できる目標立てること
そして継続することです。

自宅でまた練習確実に入れられる距離から
パターでカップに入れる。

そして、よく入れたね!入るじゃないか!って言う声をかけてほしいです。

ぜひあなたも家で実践してみてください。

ご家族の人に何してるのと声かけられないように1人でやっていて下さいね。

ー小原

追伸:
お持ちの方は、度々ご紹介しているインバーディでの練習は
自分で口に出さなくても

「Nice!」

なんていうふうに褒めてくれるのがいいですね。
なんだか、テンションが上ります。


追伸:
3/16(土)に千葉で実施する
親子ゴルフ体験会、お孫さんとでも歓迎です。

モチベーションを高く保って
スポーツや学業に打ち込めるジュニアを育てるという目的で実施します。

まだ、スポーツをやったことがないジュニアの方でも参加可能です。

http://g-live.info/click/junior1902/

<本日のオススメ>
なぜ、この短いドライバー1本で
飛距離が15yも伸びたのでしょうか?

もしあなたが
飛距離アップの方法がわからない、

どの方法も効果が出なかった
思うようなドライバーショットが打てない、

と思ったことがあるのならば
これを試してみてください

http://g-live.info/click/edu1w_1903/

シャフトがガラスで出来ている…

2019.02.25
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

ジャック・ニクラウス選手をあなたも
ご存知ですよね。

伝説的なゴルファーの一人です。

彼は、私が頭が上がらないような経歴をお持ちですが
お互いエゴスキューを尊敬していて、実践しているという共通点があります。

ある日、エゴスキューを
生徒さんに説明したところ

ある生徒さんに言われました。

小原さん、
ジャック・ニクラウスの名言について知っていますか?

あれは、小原さんのパッティングとそっくりですね、と。

ほうほう、それはどういうことですか?

と聞くと、彼はこう教えてくれたんです。

ジャック・ニクラウスはこう言いました

『小原さん、知らないんですか?
ジャック・ニクラウスはマスターズに勝ったときにこういったんですよ。

あ、マスターズといえば
超高速グリーンで知られてますよね。

彼は優勝したときに、パターが絶好調だったんですが

「(パターの)シャフトが繊細なガラスで出来ているとイメージしていた」

とマスコミに言ったそうなんです。

それは、どういうことかというと
ジャック・ニクラウスが打つときに自分のパターがまるで
シャフトがガラスで出来ているようにイメージしていたそうなんです。

手先で無理に上げたり、
強くインパクトをしたり
早く振りすぎてしまうと

簡単にパターのシャフトが折れてしまうんじゃないか。
ということを気にしていたんですって!

優しくストロークする。
ということを心がけていたそうなんですよ。

これは、まるで小原さんが実践している
やらかいタッチに似ていると思ったんですよ!』

そんな話をしてくれました。

生徒さんの話は、わかりやすくて
私への思いやり?もあいまってありがたかったです。

レッスンの終わり際には、
私も気持ちよく

「また、来てくださいね」

と笑顔になってしまいました。

それで、私のパッティングが
実際に彼のガラスのストロークのように
優しいタッチか、までは検証したことがないのですが

改めて、生徒さん方のストロークを思い出すと

「インパクトに向けて加速する」
「テークバックは早くて、ダウンで加速する」
「テークバックは遅くて、ダウンで減速する」

と言った不規則な人が意外に多いように思います。

ジャック・ニクラウスが言うように
もう少し優しくシャフトを扱って上げたほうがいいかもしれませんね。

ですが、
あなたにも考えてほしいのですが
なぜ、パターは優しく打ったほうがいいのでしょうか?

その理由がわかるでしょうか。

それはシンプルで、
優しく打てていないということは
手先で打ってしまっている可能性が高いからです。

あなたも、
ガラスのシャフトを触っているように

グリップは優しく
手に力を入れずに
体幹で打つイメージを身に着けてみましょう。

ー小原


追伸:
先日、ジュニアゴルファーを
プロゴルファーにします、と告知しました。

すると、たくさんの方から問い合わせをいただきました。

そこで、
お子さんにゴルフを体験させて
新たなジュニアゴルファーの創出とプロゴルファーを目指す
体験会を実施することにしました。

もし、興味があればこちらにいらしてください。

http://g-live.info/click/junior1902/

<本日のオススメ>

なぜ、ゴルフクラブは
しなる素材で作られているか知っていますか?

バットのように木の棒で
ゴルフをしては行けなかったのでしょうか?

なぜ、カーボンシャフトは
飛距離が伸びると言われているのでしょうか?

その理由は、、、

http://g-live.info/click/tvex7_1902/

43歳になりました(めでたい!)

2019.02.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日、2月18日は私の誕生日です!
43歳になりました。

自分で言うのもあれですが、
めでたいですね!

でも、私は今日も千葉店で
動画撮影をこなす予定です(笑)

そのかわりといってはなんですが
コメントで、ぜひ祝福の声をお待ちしております^^

さて、、、
おっさんが43歳になったなんて
発表しても誰も喜ばないと思うので

逆にみなさんに喜んでいただける機会を
作りたいと考えています。

さて、、、

たまに生徒さんからも聞かれるのですが
「小原さんって、何歳からゴルフしているんですか?」
「本当に、プロなんですか?」

そんな質問を受けます。

「えー!
 前も言ったじゃん!」

といいたいところですが、
改めてご紹介すると、

私は、
18歳から独学でプロを目指して練習をしていて
その後、JGTOのツアープロ資格を2004年に取っています。

それはもう15年も前のことですね。

じゃあ、このメルマガはいつから?

と考えたところ
なんと2012年の12月からお届けしていました。

それから、毎日、毎週お届けしていて
今年で7年目になります。

しかも、その7年の間
欠かさずにずっと読んでくださっている生徒さんの方々もたくさんいるんです!

そんな方々に支えられて今の私があります。
この場を借りてお礼を申し上げます。

その後、私の最初のDVDプログラム
「7日間シングルプログラム」が発売されたのは
2008年のことなので、

そこから考えると10年以上の月日が経ってます。

10年です。
この10年で私の事業はとても大きくなりました。

ゴルフのレッスンスタジオ1号店を
2014年にオープンさせて、今では全国10店舗にも及びます。
実は、今は海外進出まで考えていたりします。


すべては”ゴルフ”への恩返し

私はそう考えて
今まで、たくさんのレッスンをこなしたり
プログラムを配信してきています。

このメルマガもそうです。

私は、自分がゴルフをうまくなったのではなく
ゴルフが私を一人の大人に育ててくれたとおもっているんです。

それは、マナーだったり、考え方だったり。

ゴルフ以外できない私が、
ゴルフの仕事をできていることもそうです。

だから、私は
ゴルフで得たことは、ゴルフに返さなければいけないんです。

そのために、
あなたにももっと喜んでもらえるサービスを
頑張って作っていきます。

2019年は
オリンピックを前にした
ゴルフレッスンさらなる飛躍の年となります。

例えば、今キャンペーン中の
トバシアEXアイアンは
本当に飛距離が伸びる良いアイアンに仕上がっていますが

そんな素晴らしい商品を作るのはもちろんのこと
次のステージを見据えたびっくりするサービスを
いくつか準備しています。

それも、、、
多くの方のゴルフの悩みを取り去りたいからです。
そして、ゴルフをもっともっと楽しいスポーツにしたいからです。

誕生日特別企画

誕生日を記念して
久しぶりに私のレッスンを募集したいと思います。

限られた数名だけが私のレッスンを
受けることが出来る権利です。

さきほどカレンダーを見たところ、
次の私の空いている日程は
偶然4月2、3日の2日間でした。

なので、この2日間で
数年ぶりの夢のラウンドレッスンを、6名限定で開催します。

たった、2日間であなたを
ゴルフを上達し続ける
目標を達成するゴルファーへと変貌させます。

100切りはもちろんのこと
今までシングルを達成してきた先輩ゴルファーの仲間入りを
あなたにもしていただきます。

たった、2日間のゴルフで。

しかも、半年間のサポート付きです。
ゴルフパフォーマンスでレッスンを受講する権利もついてきます。

場所は、2日間のラウンドレッスン。
千葉県のゴルフ場をこれから抑えます。

たった2日間で
あなたのゴルフを一変させる
特別なゴルフ合宿です。

宿泊場所などもこちらで手配します。
夜は、美味しいお酒を飲みながら
熱いゴルフの話に花を咲かせましょう。

1台数百万円するトラックマンも持っていき
あなたをフォローします。

普段、ゴルフパフォーマンスのレッスンは
30万円の金額で半年で提供していますが
それと同等に近いサービスがもらえます。

しかも、私とみっちり2日間レッスンを受ける権利があります。

1日100万円くらいの価値があるレッスンになりそうです。
2日だと、200万円です。

(今まで私とほぼマンツーマンのようなプライベートな企画は
 半年で50万円の金額をもらっていました。)

しかし、私の誕生日で
みなさんへの感謝も込めた企画にしたいので
なるべく参加しやすい金額で実施したいと思います!

詳細は、また個別にご連絡します。

<レッスンに少しでも参加してみたい方は 下記をよく読んでください>

メルマガをお読みの方全員をお誘いしたいですが
それは、実際にはむりなので
こんな条件をつけさせていただきます。

・私のFacebookと友達の方から抽選でお誘いします

https://www.facebook.com/daijiro.obara
(まだ申請は受け付けています。Facebookの友達の人数には限りがあるらしいので、お早めに)

・ゴルフに対して真面目なこと
・斜に構えていないこと
・ネガティブにならないこと
・4月2日、3日の千葉でのラウンドレッスンに参加する気持ちがあること
・素直で、心のコップが上向きなこと

初心者でも構いません。
未経験の方は流石に厳しいと思いますが
110台で回られている方なら問題ないと思います。
スコアは自己申告で。

詳細は、私から限られた方に
メッセージでお送りします。

まずは、希望者は友達申請をお待ちしております。

それでは、4月を楽しみにしています!

ー小原

追伸:
飛距離を伸ばしたい私のようなゴルファーにこれ、おすすめです(笑)

今、キャンペーンをやっている
先程紹介したこちらのアイアン。

通称、ぐにゃぐにゃアイアン。

とくに、今までスチールをたくさん使ってきた人
クラブが曲がるという感覚がつかめていない人には特に。

http://g-live.info/click/tvex7_1902/

あなたの子供がプロゴルファーに…

2019.02.11
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「プロゴルファーをゼロから育てる」

あなたは興味ありますか?

実は、私はジュニアをプロゴルファーに育てることは簡単です。

すでに何名かの中高生を教えているところです。

そして、時間と努力があれば
誰でもプロゴルファーにさせることができます。

とはいえ、
ツアーで、何億円も稼げるような
一流プロゴルファーになること、
までは約束はできません。

しかし、子供がプロゴルファーになることは
ちょっとした大金を稼ぐこと、以上に
子供の教育にとってとても良いことがあると思っています。

==========================
メリット1.一芸に秀でた子供に育つ
==========================

まず、間違いなくプロゴルファーになれます。

「ゴルフを極めた人」
として、周りの人は見てくれるでしょう。

これだけでも
ポジティブな人間になれます。

また、1つのことを本気で努力し、極めた人は
他の分野でもその経験を生かして努力することができます。

==========================
メリット2.本当に稼げるツアープロになれるかもしれません
==========================

プロゴルファーの先は、
ツアーに出て、賞金を稼ぐプロゴルファーになるのが目標です。

そこは、本人がどこまで頑張るか、
将来設計の話になりますが、

私は、優勝できるゴルファーを育てたいと思っています。

実際に、ツアー選手として毎週土日までプレーすることができていれば
ゴルフで食べていくことができるでしょう。

ただし、ツアーは狭き門です。
少なくとも、プロゴルファーの肩書は
あなたの子供が社会生活をしていく上で絶対にプラスになるでしょう。

==========================
メリット3.本気になれていない、覚悟が決まっていない子供が多い
==========================

私たち、大人もそうだとおもいますが、
なかなか、今の現実に本気になれない

なにかをすることに
覚悟をきめられない人が多いです。

例えば、就職や自分の人生を大きく変えるような瞬間にも

「やる気がでない」
「モチベーションが続かない」

などと言って逃げている人がいます。

今の日本はなんとなく裕福で、
リスクを取る必要がないので
そのような覚悟を決めて努力する場がないのだと思います。

だからこそ、子供のうちから
そんな環境に少しでも見を置くことは重要だと思います。

==========================
メリット4.将来役立つ礼儀が身につく
==========================

ジュニアからゴルフをしている選手たちは
非常に礼儀正しい子供が多いです。

大人と一緒にゴルフをする機会も多く
年上ともコミュニケーションが取れる子に育ちます。

ゴルフでは、マナーが良くアマチュアの間で
問題になったりしますが、

ツアー選手や、プロゴルファーは
礼儀が正しい人の方が多いです。

中には、マナーが悪い選手が目立って
叩かれることもありますが、
それは一部です。

ジュニアゴルファーが、競技経験を積むことで
ゴルフを通して、礼儀の重要性を身に着けていく事ができるでしょう。

もちろん、そんな経験は社会人になってからも役立ちます。

■いじめにも負けないような強い子供に

例えば、学校でいじめが問題になったりしています。

私も、むかしはいじめに近いような経験もしたことがあります。

私自身が経験して、乗り越えることができたからこそ
子供たちの力になりたいと思っていますし、
そんな経験も跳ね返せるような強い子どもたちを育てるのが私の夢です。

あなたの子供をプロゴルファーにしたいという方

もし、あなたの子供をプロにしたい。
という方がいたらこちらから教えてください。

小原大二郎のジュニアゴルファーサポート

登録してくれた方には、ご相談に乗ったり
なにかサポートできることがあればサポートをしたいと思います。

私がなにかレッスンや
ジュニア向けのプログラムを提供できるかもしれません。

メジャーを優勝するような
プロゴルファーを輩出していくためにも
これから頑張っていきます。

楽しみにしていてください。

ー小原大二郎


追伸:

重ねてになりますが、
お子様をプロゴルファーに育てることに興味がある方は
こちらに申請をお願いします。

準備ができ次第、ご連絡させていただきます。

小原大二郎のジュニアゴルファーサポート

追伸2:
お子さんの教育じゃなく
自分だけが上達したいという方は、

こちらの成功事例を見てみてください。

http://g-live.info/click/ad_ichi1902/

ゴルフと感情

2019.02.04
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先週とんでもないことがおきましたね。

テニス女子シングルスで
大坂なおみ選手が達成した
日本選手初の世界ランク1位。

全豪オープンの決勝戦は
もちろん感動したのですが、

大坂選手の過去の試合を
見ていたら、ゴルフにも応用が出来る
強さの秘訣を見つけてしまいました…

彼女の魅力

彼女はとても感情が豊かで、
世界中にファンがいます。

試合中は批判されるような行動は一切なく
試合後のインタビューでは
ユーモアが溢れる返事で人気です。

自分の感情に対して
とても真っ直ぐな方なのかなと思います。

例えば、先日の全豪オープン準々決勝を
ストレート勝ちしたときのインタビューで
「暑いので建物の中に入りたい」
と答え、会場を爆笑させていました。

1月のオーストラリアは真夏に当たり、
会場は猛烈な暑さだそうです。

そのうえ激しく動き回った試合直後は、
誰でも涼しい室内に入りたいと思いますよね(笑)

普通の人なら、公式の場でこのような発言を
してはいけないと思うのが普通です。

なので、大坂選手ぐらいバシッと本音を
話してくれる人はそうそういません。

ガツンと本音を言ってしまうと、
社会から批判をうける。

そんな風に感じるかもしれません。

ですが、その一方で…

大坂選手のように、沢山の人から
共感を得て、世界中から愛されることも
できます。

感情とスポーツ

テニスに限らず、ゴルフや
他のスポーツをプレイする時
メンタルの強さが大事です。

メンタルが弱いと、ミスをしてしまった時に
そのミスを繰り返してしまいます。

負の連鎖です。

皆さんもテレビで、テニスの試合中
怒りからラケットを折ってしまう選手を
見たことがあるかも知れません。

ラケットを壊すほどメンタルが崩壊してしまうと
気持ちを切り替えることが出来なくては
その試合には勝てません。

大坂選手も試合で
失点してしまった時に叫んで
ラケットを地面に叩きつけそうに
なった場面がありました。

しかし彼女はラケットを
振りかぶったところで耐え、
ラケットをコートに置いてから
「うん、うん」と大きくうなずき
顔に手をあてて深呼吸をしていました。

怒りの感情をコントロールすることは
とても難しいのですが、
それを彼女はやってのけました。

この感情のコントロール、
メンタルコントロールが出来るようになれば
大坂選手のように失敗をしても
気持ちを切り替え、
いい成績を出すことが出来ます。

このメンタルコントロールは
誰でも練習すれば出来るようになります。

彼女の強さの秘訣

大坂選手は試合中の気持ちの整理が
かなり上手に出来ているなと感じました。

試合の中で叫んだのは『感情の認識』

自分が今どんな感情であるかわかれば
それに対処する方法もわかります。

ラケットを振りかぶったけど
耐えることが出来たのは『衝動のコントロール』

深呼吸でも、数を数えるでもいいので、
物に当たらないようにします。

うなずく仕草は『セルフトーク』

自分自身に「大丈夫だ、大した事ない」
「こうすれば乗り切れる」などと言い聞かせます。

大坂選手はこれらのメンタルコントロールを
完璧にマスターして、決勝戦の
物凄いプレッシャーに勝ったのだと思います。

本当に凄いです。

ゴルフでもメンタルは大事

ゴルフでもメンタルの強さは
スコアの良さに繋がります。

特にグリーン周りのアプローチ
シーンと静まる空間ではメンタルが折れやすい。

ミスした後はもちろん、
上手くプレイしてるときも
失敗してはいけないという
プレッシャーがかかってきます。

そんな状況で、どれだけメンタルを保ち
スコアをキープするかが大事です。

アスリートの場合、試合でミスをした時に
如何に気持ちを切り替えられるかで
勝敗が別れてしまいます。

私も昔、試合中に
怒りに任せてゴルフクラブを
地面に叩きつけてしまうこともありました。

怒りや悲しみなどの感情は
人前で出すべきではないという印象がありますが、
あえて出した上で、上手くコントロール
していく方法もあります。

あなたもメンタルトレーニングして
スコアアップを目指しませんか?


追伸:
もう、モンゴプロの新刊は手に入れましたか?

実は、この新刊に
ある特典を用意しているんです。

実質無料で、私の新しい
あるコミュニティをお試しできる特典になっています。

動画レッスンの特典も準備していますので
ご確認をおねがいします!

http://g-live.info/click/mng_tsgb1901/

【マル秘】黄金の上達パターン

2019.01.28
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「太ったね」

と私に言ったら
多分、不機嫌になるのでご注意ください。

今、絶賛正月太り中です。

が、

世間一般的に見たら
十分、私は締まっているし、筋肉もある方のはずですが
まだまだ満足できない数字に、体重計に乗っては少しがっかりしています。

ただし、全く手立てがないわけでもありませんし、
この状況を打破するための方法も実は用意してあるんです。

正月太り

実は、正月太りで4kgも太ってしまいました。
体重計に乗って、ジム通いはときすでに遅し。

正月の最初の目標が”ダイエット”に決まった瞬間でした。

数ヶ月単位のダイエットというのは
ここ数年やっていなかったのですが

久しぶりに2ヶ月ほど
長期のダイエットをやります。

そんなダイエットを成功させるために仕組んでいるのが
「娘と一緒にやるダイエット計画」です。

偶然にも、
娘もダイエットがしたいそうです。
(娘もべつに太っているわけではありませんが
 もう少し体を締めたいみたいです)

いつもよりも1kgでも重くバーベルをあげよう!とか
これで、自分が痩せられなかったら恥ずかしい!

娘にダサいところ見せられない!とやる気がでます。

一人でやると辛いダイエットも
誰かと一緒にやる約束をするだけで
こんなにも楽しいものに変わります。

つまりは、
誰かと一緒にやる。

ゴルフ仲間との情報共有

そう、
ゴルフの実践・上達にも大事なもの。

それは、仲間との情報共有だったんです。

ゴルフも一緒で、
仲間と一緒に練習場に行ったり

たとえ一緒に行かなかったとしても
お互い情報を共有して、
スコアを管理しあうといいです。

最近では、私のFacebookグループも盛り上がっていて
そちらでのスコア共有のやりとりが活発になされています。

「今日のラウンドはスコア●●で
 こんなところが反省でした」
とか、

それに対して、仲間からの励ましがあったり
目標を達成したときには、
みんながお祝いしてくれたりします。

ゴルフの行くきっかけにもなったりするようです。

あなたも仲間と
ゴルフ専用のLINEグループを作ってみて
そこでスコアを共有し合ったり

SNSを有効活用してみませんか?

この仲間との協力、
これが黄金の上達パターンです。

またメールします。


追伸:
そんな、上達のやりとりを参加者同士で進められる
ゴルフ上達のマル秘コミュニティを

2019年度1月に公開することを決めました!

その名も、、、
小原大二郎・裏メルマガ…

ついに一般公開します。
ただし、参加は審査制になります。

http://g-live.info/click/ura1901/

ゴルフ歴5年以上の方へ

2019.01.21
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

実は私、カラオケが好きでたまに”ヒトカラ”に行きます。
周りを気にせず自分の好きな歌を歌うと
とてもいい気分になります。

昔話になってしまいますが、

家でお酒を飲んだ勢いで
娘をカラオケに誘った挙げ句に、
あっさりと断られてしまいました。

すこし辛かったです(笑)

最近、Nintendo Switchをクリスマスに買ったんですが
まさかのカラオケのソフトがついていて、
家で娘に自慢の歌を披露しました。

家族にはすごく笑われましたが、
それはそれで楽しい時間を過ごせました。

最初は娘も、
「そんなカラオケなんてつまらないからいいよ」
なんて言っていたんですけど

私が楽しそうに歌うのをみて、やってみたくなったのか
家族でカラオケを楽しむことができました。

最初は、なんとなく気乗りしなくても
いざやってみると、楽しかったなんて経験あなたにもありますよね。

そんなふうにあなたも

「知っているよ、そんなのつまらない」

なんていうふうにものごとを決めつけたり
ゴルフでも素直に話を聞けていないことってありませんか?

ゴルフ歴を重ねればなおのこと。

ゴルフ歴を5年もすれば
ゴルフ用語はだいたいマスターしてきて

全く聞いたことがないことは
ほとんどなくなってくると思うからです。

だから、ほとんどのことは
「もう知っているよ」で片付けてしまったりします。

もしあなたも
何かゴルフの情報を見て

「もう知っているよ」と
心の中で考えてしまっているとしたら

少し胸に手をおいてみてください。

というのも、

「もう知っているよ」という言葉は
あなたが上達する可能性を
潰してしまうからです…

例えば、

ゴルフスコアの頭打ち…

「それ知ってます」

そんな言葉をつかったとき
あなたはそれ以上、その分野で成長は見込めないかもしれません。

中途半端に聞いたことがあったり
やったことがあるからこそ
人間というのは、頭の中で勝手に整理してしまうそうなんです。

ときとして、
プライドが邪魔をしたり。

もし、あなたがそんな反応をしてしまっているとしても
これは、多くの人で起こっていることです。

なので、あなたが気に病む必要はありませんが、
このようなときは、
一歩踏み出して、あなたもさらに上達するための
思考法を身に着けてほしいと思います。

そのためには、まずあなたが
どういう段階に自分がいるのかを知る。

逆に言うと、自分が知らないことを知る
ということが大事なのです。

ということで…

ただ知っているだけ

第一段階としては、
ただ知っているというだけの状態。

情報として聞いたことがあるから知っていると思っている、

ゴルフで例えるなら、
スライスがなおる方法は自分で調べた。
どうも、テークバックをまっすぐ引いた方がいいらしい。

みたいなテーマ。

だからこそ、テークバックはまっすぐひこう。

ただそれだけ。

まっすぐというのは、
どのように見て真っ直ぐなのか?

どうやってまっすぐと判断するのか?

それがわかっていなければ
知らないのと変わらないということです。

知っていて、練習して、成果も出ているが・・・

特に問題を感じるのがこの段階。

最初にお話したように、
中途半端に成果が出ているような人たちは
こういう段階です。

ゴルフで例えるなら、
ビジネスゾーンの練習をして

コースでも実践をして
実際にボールも当たるようになってきた。

しかし、さらに上手くなるためにはどうしたらいいのか?

つぎの上達を勝ち取るために
なんとなくビジネスゾーンを続けているだけではだめで、

今のスイングのクオリティをさらに上げていってほしいんです。

実際に、最初に練習していたときのスイング、
本を読んだりDVDを見ながら練習して手に入れたスイングは

実は、すぐに変わっていきます。

だから、最初にチェックしていたときにできたことが
実はもうできなくなっているなんていうことが
ゴルフではよく起こります。

そんなときに、
もうアドレスは完璧だから、
そんなところはチェックしなくていい。

と思っていると
それ以上伸びなくなってしまうのです。

私は、そのためにも
ビジネスゾーンの重要性を
日々伝えさせてもらっています。

そもそも間違っている

そもそもの
目指すべきスイングが間違っているケースもあります。

例えば、私はプロのスイングを
真似するのはやめましょう。

そんなふうに伝えています。

それは、目指すべきスイングはみんな違うからです。

しかし、70歳男性でゴルフを始めたばかりの人が
松山英樹プロのスイングを手に入れようとすると

なかなかうまくいかないと思います。

それは、理解いただけますよね?

それは、目指すべきゴールがそもそも間違っています。

「知ってます」と言いながら
なかなか結果がついてこなくて、
伸び悩んでしまうんですね。

自分が目指すべきゴールを
言葉で伝えられる人はなかなかいないのではないでしょうか。

根本的に間違っていることを言ったり、
「ハンドファースト」とか、「ダウンブロー」とか、「頭を残す」とか
部分的な説明しかできないかもしれません。

そうではなくて、
なぜ、その形を取り入れたほうがいいのか
「本質」まで理解できると

「知っている」という段階とは
全く違うレベルに達することができます。

つまりは、
あなたにもまだまだ
ゴルフを勉強してほしい。

私はそう考えています。

自分が何を知らないのかを知り、

「それ知っています。」

で片付けないこと。

2019年始まったばかりですが、
改めて、今一度自分を見直してみてはいかがでしょうか?


追伸:
あなたは、すでにこのパター本持っていますか?
私のパターに関するノウハウが詰まっています。

まだあなたが知らないことも、書いてあるかもしれません。
ぜひ手にとって見てください

http://g-live.info/click/opt_bk1901/

ギア、ウェア、感情、思考、、、

2019.01.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

どんな感情でプレーするか
どんなクラブでプレーするか
どんな服装でプレーするか

これらが、どれくらい
ゴルフが上達するかに直結しています。

と言われて、
すんなり受け入れられるでしょうか・・・

2019年、お正月
皆さんはどのように過ごされましたか?

お正月といえば家でゆっくり過ごす、
という方も多いかと思いますが、
私は元旦から毎日筋トレに行っていました。

12月はすごく忙しく、
飛距離アップの為のトレーニングにあまり行けなかった

という理由ももちろんあるのですが、
実は「お気に入りのウェアを着たいから」
という感情もありました。

私のお気に入りのウェアはイギリスのものなのですが、
日本のウェアよりもフィット感やデザインが良く、
筋肉の動きもいい感じがします。

私は、好きなウェアを着ると、
集中力が上がったり
ゴルフへのモチベーションが上がったりします。

またお気に入りのウェアを着ている自分自身を楽しむ、
という目的もあります。

もしかしたらこういう気持ちを理解してくれる方も
いるかもしれません。

1つ1つのラウンドを良いスコアで
まわることはもちろん大事なことですが、
長い目で、ゴルフを人生として見ると、

・どんな感情でプレーするか
・どんなクラブでプレーするか
・どんな服装でプレーするか

の方が、よっぽど
大事なのではないかとも思えます。

その中でも私が大事にしているのが
『服装』です。

ウェアで上達が変わる、なんて嘘?

感情やクラブがゴルフ上達に大事だということは
想像つくかもしれません。

しかし服装も負けじと劣らず
ゴルフ上達には大事な要素なのです。

簡単に説明すると「プレー中に触れる時間」
クラブは1ホールで何種類も使用します。
しかしウェアは1日通して肌に触れています。

お気に入りのウェアを着れば、
1日中気分良く過ごせるかもしれません。

私はラウンド中、
仲間に対して密かな対抗心を燃やしています。

スコアではなく服装のね(笑)

ラウンドに対してスコア以外の
目標やこだわりを持つことで、
もしスコアが良くなかったときでも
気分の落ち込みを減らせます。

ゴルフって本来、楽しむためのものです。

スコアだけに囚われず、
感情や機材、服装に自分の”こだわり”を持つと
ゴルフがさらに楽しいものになり、
あなたのゴルフ人生は豊かなものになるでしょう。

あなたのゴルフを彩る ”キッカケ”

寒くてコース行くの嫌だなとか
あまり楽しめないなという気持ちがあるなら

なにかひとつ
新しいアイテムを買ってみてください。

練習しなくちゃいけないとわかっているけれども
おっくうなときあるとおもいます。

そんなときは、
新しいものを使ってみたい
他人に見せたい!という欲求をうまくつかって
ゴルフを楽しんでください。

新しいティをひとつ買ったときでさえ
そんな期待が生まれるがあります。

私だってね(笑)

そんな身近なところから
ゴルフを見つめ直してみる。

これはどんな素晴らしい上達法を探すよりも
もっともっと大事なことです。

あなたは今、ゴルフを楽しんでいますか?

またメールします。


<本日のオススメ>
「どうしたら、ゴルフを上達しつづけられるだろうか?」

一度、90台を出してしまうと
中々、次の上達が見えづらくなってしまう。

スコアは平凡、ベストスコアは衰退、飛距離はダウン。
どうしたら上達し続けることができるのか、、、

もしあなたがそう思ったことがあるなら、
練習自体を”仕組み化”して
ビジネスゾーンをより効率化する必要があると思いませんか?

http://g-live.info/click/ohgi_1901/

ベスト・オブ・メールマガジン2018

2019.01.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

2019年が始まって2日目。。。

昨日の新年のごあいさつでもお伝えしましたが
今年もあなたの上達に役立つ情報を
多数お届けしたいと考えています。

その手始めに。。。

昨年からこのメールを読んでくださった方への
感謝の気持ちを込めて、
続きを読む

成功の習慣を持とう

2018.07.17
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉のゴルフ場より

早起きって本当に気持ちいいです。

私、最近は毎日朝5時に起きます。

ベッドでじわじわ身体を動かします。
一気に起きるとめまいが発生したり、
腰を痛めてしまいます。

窓をあけて新鮮な空気を
部屋に入れます。

太陽の光を体いっぱいに浴びます。

屈伸をしたりストレッチをして
身体を起こしていきます。

身体を目覚めさせるために
常温の水を飲みます。

そして日課になっている
エゴスキューのストレッチをします。

眠っている筋肉が動き出して
身体が喜んでいるのを実感します。
続きを読む

【2017大晦日】今年の総括を一つ…

2017.12.31
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日で2017年も終わりです。
早いものですね。

さて、今日は年の区切りということで、
「特別版」でお送りしています。

2017年。。。
あなたにとって、どんな年でしたか?

私はというと、今年もなんだかんだで忙しい一年でした。

レッスンスタジオの店舗も増えて、
組織としても大きくなってきて。。。

ですが、そんな仕事の話よりも何よりもやっぱり
一年の最後は「アレ」について書かずにはいられませんね。

私の2017年の目標:常時300y

今年も相変わらず忙しかったのですが、
2017年はこの目標を忘れずに、一年やってきました。

昨年は達成できなかったので。。。
 

そして今年。。。
 

残念ながら、今年も達成できませんでした。
 

2年連続、達成ならず。。。
 

なんですが、この目標があったおかげで、
結論から言うと平均で290yぐらいまで飛ばせるようになりました。

目標の300yには届いていないんですが、
それでもこの一年で「10yの飛距離アップ」は実現出来たわけです。
 

私もあなたと同じで、限られた時間の中で
練習時間を取って、そこでゴルフの上達に向き合ってきました。

飛距離アップに本気で向き合う2年前は
260yからスタートでした。

それが今では290y。。。30yは伸びたわけです。

自己評価としては、一歩一歩確実に進んでいるので、
結果には満足しています。
 

というわけで来年の2018年、もう一踏ん張りして、
実際に常時300y飛ばせるようになろうと思っています。

2018年、来年こそは。。。300y!

300yに向けて取り組んだこと

ちなみにこの2017年、何に取り組んできたかというと。。。
 

 ・スイング:GP講師陣からのチェックを受ける
 (これはコーチたちの研修も兼ねて行っていました)

 ・ゴルフクラブ:徳嵩フィッターとともにクラブの見直し

 ・フィジカル:主にウェイトトレーニング
 

スイングについては、私もビジネスゾーンを提唱しているものの
日々、微妙なズレが少しずつ生じているわけです。

そうしたズレを講師たちにチェックしてもらいながら、
少しずつスイングのロスがなくしていく作業を行っていました。

(実はコレ、やっていることはあなたと同じなんです 笑)
 

そして、ここ2年ぐらいはちょっと本気で
フィジカル面の強化を徹底的に行っています。

そこに気づいている方も少なからずいらっしゃいまして、
「すごい筋肉ついてますね」と言ってくださる方もいます。

目標は達成していないわけですが、
それでもウェイトトレーニングが確実に成果を出しています。

来年は、このトレーニング面を
より強化していきたいと考えています。

復習。飛距離アップの3要素

このメールマガジンをお読みの方にとっては
おそらく復習になりますが。。。

飛距離アップのメカニズムは
 

 ・スイングスキル

 ・ギア(ゴルフクラブ)

 ・フィジカル
 

これら3つの掛け算です。
 

スイングスキルについては、レッスンをしたりDVD教材を見たりして、
ある程度のスイングスキルを磨くことが出来るでしょう。

ギア、ゴルフクラブについては、真剣に取り組んでいる方は
自分に合ったクラブを揃えて使っていらっしゃいますね。

ですが、この3要素の中でも特におざなりにしがちなのが、
フィジカル面ではないでしょうか?

飛距離アップがこの3つの掛け算である以上、
フィジカル面にも真剣に取り組まなければ、
大きな成果は出すことは、難しいでしょう。

まずは習慣を。そして…

明日から2018年が始まります。

もしあなたが、新年から新たに飛距離を伸ばして
ゴルフを楽しみたいと思っているのなら。。。

何でもいいです。
まずは何かを習慣にしてみて下さい。

自宅でのストレッチからスタートするのでも
ぜんぜんよいと思います。

そして最終的には、自宅でも出来るような
パワーアップトレーニングにつなげていければいいですね。
 

そこで注意するのは、
いきなりがっつり始めないことです。

それによって何か結果を出そうとせずに、
まずは習慣にするということを目標に始めるのがコツです。

習慣化させるところから一歩ずつ進んでいって、
やれそうだなと思ったら、ジムでパーソナルトレーナーをつけたり
ギアを上げていくようにするイメージです。

段階的にやっていけば、
掛け算の相乗効果で飛距離が伸ばせるはずです。
 

私も、40歳手前(38歳から)で飛距離アップに取り組んで
実際に30y伸ばせました。

あきらめないこと。
継続すること。
やりつづけること。。。

私もこんなふうに偉そうに言っていますが、
試行錯誤をしながら、続けてきました。

ですが、2年、3年と続けることで、どんどん改善して
やり続けたことで、成果を出すことができました。

正しいことを継続してやっていけば、
年齢、性別は関係なく、必ず成果は出せますよ。

全てはゴルフを楽しむために…

 「なんで小原プロは飛距離アップをしたいんですか?」
 

そんな質問を受けることがあります。

これにはいろいろな理由があるのですが、
一番の理由は
 

 「ゴルフを楽しみたいから」
 

です。
 

たとえば過去の自分(あるいは周囲と自分)とを比較して、
それよりも劣った自分を目の当たりにしてしまったら。。。

そんな劣った自分を目の前にしたら
たとえゴルフが好きだったとしても。。。

そんな時に何となく楽しめなくなっている自分が
いたりするのではないでしょうか?

なんだかんだ言って、ゴルフである程度飛距離が出る、
飛ばせるというのは、ゴルフを楽しむための
かなり大きな要素を占めていると言えますよね?

もちろん、そうした(ボールが飛ばないという)現実を
受け止めるという方法もあるでしょう。

ですが、ちょっとした努力で(もちろん正しいやり方で、ですが)
これから先もゴルフが楽しめるようになる可能性が
まだ残されているわけですから。。。

これほど楽しい冒険はないんじゃないかと、
少なくとも私は思っています。
 

というわけで、2017年の大晦日。

もしよろしければ、あなたが今年立てた目標とその結果、
あるいは、来年のゴルフの目標をぜひお聞かせ下さい。

(下記のコメント欄にお願いします)

追伸:冬にゴルフなんてバカバカしい?

私の信頼する宮本プロのプログラム

 「冬に今すぐベストスコアを達成する方法」

が本日12/31(日)で公開終了とのことです。

お申込み後スグにご覧になれるようなので、
ぜひこちらからお申込みになってください。

http://g-live.info/click/mwg_171226/

※本日12/31(土)まで
 
 

今年もあなたには本当にお世話になりました。

改めまして、ここで感謝申し上げます。
どうもありがとうございます。

それでは、よいお年を!

ベスト・オブ・メールマガジン2017(その3)

2017.12.28
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

ベスト・オブ・メールマガジン2017
本日が最終回になります。

2017年のアドバイスを振り返り
今年の練習に参考にしてくださいね!

続きを読む

ベスト・オブ・メールマガジン2017(その2)

2017.12.27
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

昨日お届けした
ベストオブメールマガジン2017(vol1)は
すでにお読み頂いていますか?

本日も2017年に最も
読まれたメールマガジン集「vol2」をお届けします。

続きを読む