カテゴリー別アーカイブ: アプローチ

毎回惜しいところでパーを逃してしまう…

2017.04.29
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「毎回惜しいところでパーを逃してしまう…」

についてお話しようと思います。

そもそもですね、
「パーが取れる惜しいところまで行く」
というであれば。。。

レベル的には、かなりいい線まで来ている、
と言えるかもしれません。

そんな方に今日はアドバイスさせていただきますね!
続きを読む

グリーン周りが下手でパーが取れない…

2017.04.22
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「グリーン周りが下手でパーが取れない…」

についてお話しようと思います。

これについて、読者様から質問がありました。
あったんですが。。。

でもこれってそもそも、
2つの意味があると思うんですよね。
どういうことかというと。。。
続きを読む

「技」9番アイアンでパッティングの三角形を作る

2017.03.26
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・9番アイアンでパッティングの三角形を作る」

というお話をさせていただきます。

「技・9番アイアンハンドアップ転がし」を以前にお伝えしていますが、
それにちょっとだけプラスアルファーするだけです。

それは、「グリップを左前腕に密着」させることです。

これは絶対おもしろいですから、とにかくやってみましょう。
続きを読む

「技」9番アイアンハンドアップ転がし

2017.03.05
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・9番アイアンハンドアップ転がし」

というお話をさせていただきます。

グリーンまわりでの鉄則は、まずはパターで転がせないか、
それがだめなら、アイアンなどで転がせないかと、
とにかく転がせれば転がします。

転がしがだめなら、サンドウエッジをパター風に使って
ボールをあげられないかとなります。

そして、それでもだめなら、サンドウエッジのノーマルショット、
それでもだめならサンドウエッジでロブショットなどとなります。

そこで今回は、アイアン、特に私は9番アイアンをおすすめしますが、
この9番アイアンでの転がし方の一番簡単な方法をお伝えします。

その名も「9番アイアンハンドアップ転がし」です。
続きを読む

モンゴ、半月殺法!(笑)

2017.02.25
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「モンゴ、半月殺法(笑)」

についてお話しようと思います。

タイトルからちょっと変ですが、すみません(笑)。

でも、この「半月殺法」を取り入れることで
あなたのゴルフは間違いなく変わりますよ~!
続きを読む

「心」ショットで瞑想?

2017.02.05
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・ショットで瞑想?」

というお話をさせていただきます。

瞑想というと、なんだか難しく考えていませんか。

あえて瞑想だとか構えなくても、
ゴルフを練習場でショットしていても、
ちょっと工夫すれば瞑想風効果を得ることができます。

というか、やりようによっては
瞑想以上の効果だってまんざらないわけではありません。
続きを読む

【ビデオ】冬芝に負けないで

2017.01.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

2017年初打ちに行った生徒さんから
早速多くの声をいただいています。

その中で特に多いのがやっぱり
アプローチでダフったザックリしたという声。

夏場と違って芝が枯れて、
地面が乾燥して硬くなります。

そうなるとボールと地面の隙間が
少なくなるのでクラブフェースを
ボールの下に入れるのが難しくなります。

そうすることで起こってしまうのですが

正直冬芝でのアプローチは
プロでも難しいですからね、、、

ダフリやトップ、ザックリは
1回でると2回3回と連発しますからね。

冬のゴルフは充分な対策が必要です。

そこで今からでも間に合う
冬芝対策をご紹介していきます。

普段のスイングに
あることを変えています。

私は何を変えて
スイングしているでしょうか?

答えは…


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

アメリカで秘密裏に開発された
「ダウンブロー養成クラブ」がついに…

100が切れないゴルファーでも
たった7球打つだけで
夢のダウンブローが打てるようになる

この練習ツールは
あなたのスイングを別次元に導きます

http://g-live.info/click/kts170106/

_

【お年玉特別ビデオ】冬のアプローチ成功の鍵とは…

2017.01.04
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

新年あけまして、おめでとうございます。

本年もみなさんのスコアアップを
お手伝いできるよう頑張ります!

どうぞ、よろしくお願いいたします。

さて今回はお年玉企画として動画レッスンをお送りします。

冬になって急にダフったりトップしたりして
お悩みの方はいらっしゃいませんか?

そんな方はこれが原因かもしれません。

それは・・・

「手打ちになっている」

からなんです。

では、なぜ何故寒いと手打ちになってしまうのでしょうか?
またそれを直す3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

「技」パター風SWショット

2016.12.25
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・パター風SWショット」

というお話をさせていただきます。

サンドウエッジでパターのようにしてショットというかストロークすると、
驚くほど簡単で、ボールも高くあがり、かなり多くの状況で使えます。

名付けて、「パター風SWショット」です。

このショットをグリーン周りからの定番ショットにオススメです。
続きを読む

アプローチ、上げる? 転がす? 迷ったら…

2016.12.10
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「アプローチ、上げる? 転がす? 迷ったら…」

についてお話しようと思います。

アプローチって、いろいろな攻め手がありますが
大きくは「上げるか?」「転がすか?」の
2つの選択肢になりますよね。

今日は、超簡単にド素人でもこの2つの選択肢で迷わない
とっておきの方法について伝授したいと思います~!
続きを読む

【ビデオ】ざっくり、トップ、日常のアレで解消?

2016.12.06
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

本日はビデオレッスンです!

冬場は寒く芝が薄くなってきて
アプローチでのざっくりやトップが
シーズン中のふかふかした芝よりも出やすくなります。

そして、ざっくりやトップが
出てしまう原因の一つが、

スイング中の手首や肘の使いすぎなんです。

器用な右肘右手首を自由に使ってしまい、
インパクトで強く、叩きつけるような
パンチが入ったショットや

手首をコネてしまって、
ボールへの打点が不安定になり、
距離感を一定に保つの難しくなります。

なので、今回は、器用な右肘右手首を、
スイング中に正しい役割で使っていく練習方法を
ご紹介いたします!

実は、誰もがやっている日常のある行動を、
意識するだけで克服出来てしまうのです。。。

それは、、、

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

ポイントは右手です。

右手は余計なことをせず、
「グリップに添えて、ターゲット方向に押し出す。」

ただそれだけ意識して下さい。

イメージとしては
ゴミをゴミ箱に投げる動作です。

ターゲット方向(ゴミ箱)に
しっかりと手のひらを真っ直ぐ向けて
投げ出していくと思います。

肘や手首をこねるようにゴミを投げると、
上手に入れていくことは難しいですよね?

コレと同じように、
右掌は開いて、グリップの横にあてがい、
ターゲット方向に押していく様に打っていきます。

こうすることで、スイングで手首を使いすぎることなく、
体の回転と、腕とクラブの動きが同調します。

是非、コースでざっくりやトップを
出してしまって悩んでいるあなたに、
実践してみて頂きたいです!

またメールします!

近藤


12/7(水)までのキャンペーン!

【プロ並みに打てるアプローチ】

現役ツアープロが暴露。

グリーンでキュキュッと止まる、
プロのようなアプローチの秘密、、、

http://g-live.info/click/kjap161201/

※12/7(水)までの限定公開!

[ビデオ]アプローチでミスヒットが多い方へ

2016.10.22
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「アプローチを行う時にミスヒットが多く出てしまい
  上手くピンに寄せられない。。。」

と悩んでいる方に、
ビデオでアドバイスをさせていただきます。

まず、アプローチが上手く寄せきれなくて
悩んでいる方の多くには、ある特徴があります。
それは。。。

(続きはビデオにて!)
続きを読む

チャー、シュー、メーン!

2016.10.19
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のスマイラックより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

「ゴルフではリズムが大事だと聞きますが、
チャー、シュー、メーンのリズムだと私に合っている気がしないんです。
いいスイングリズムを作れる言葉を知りませんか? 」

先日、生徒さんから質問をもらいました。

スイングのリズムで、

「チャー、シュー、メーン!」
「オォォォオオオ~」
「スーッ・ガァーーーー」

のようにスイングリズムをとるための
様々な掛け声がありますよね。

みなさんにもオリジナルの掛け声があると思います。

で、彼はスイングをゴルフ仲間見せたとき、
リズムがそろっていないと注意されたので
「チャー、シュー、メーン」と心の中でつぶやくように意識するようになったのですが…

逆にスイングが早くなってしまい、引っかけ等が多くなってしまった。
というのです。

さて、これについてあなたはどう思いますか?

続きを読む

勇気は技術に勝る?

2016.10.18
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「勇気は技術に勝る?」

ということで、あなたにお話をしてみたいと思います。

このメールマガジンをお読みのあなたは
ゴルフの練習や研究に熱心な方ばかりだと思います。

ですが、習ったことをいざ実戦で使おうとする時、
「恐怖感」のようなものを感じることがありませんか?

ちなみに先日、読者の方から
こんなメッセージをいただきました。
続きを読む

2打目、3打目にOBを出してしまう…

2016.10.01
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「2打目、3打目にOBを出してしまう…」

についてお話しようと思います。

ティーショットのドライバーでOB以外にも、
2打目、3打目でOBになることもありますよね?

こうしたOBが出る人の特徴として、あげられるのが…
続きを読む