作成者別アーカイブ: 近藤 雅彦

近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

スタート前に欠かさないこと[飛距離アップ編]

2021.04.21
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「そんな風にやるんですね?」

これはあるラウンドレッスン会で、
朝のスタート前に生徒様から言われたこと。

僕はラウンドレッスンのスタート前に
同じ組になった生徒様との会話を楽しみながら
いつもどおりのスタート前ルーティン…

といいますか準備運動や
ウォーミングアップを行っていたんです。

そんな僕のウォーミングアップ風景に、
少し驚いたようだったんです。

その生徒様が言うには、、、

僕がその場でやってみせた
ウォーミングアップ法を知ってはいたけど
実際にやっている人は見たことがなかった。

スタート前であってもゴルフ場で行うのは
ルール違反なのかと思って気になってはいたけど
いままでやったことがなかったそうです。

これを聞いて僕は、

「ルール違反じゃないですよ。
 しかも、とっても効果的ですから、
 ぜひ◯◯さんも真似してください!」

と、ついオススメしてしまいました。

というのも、、、

僕がスタート前に欠かさないルーティンは
身体を温めコンディションを良好にできるだけでなく、

1番ホールのティーショットの緊張をほぐし、
リラックスして思い通りのショットが打てるようになる
非常にオススメなウォーミングアップ法だからです。

本日はそんな、
私オススメのスタート前ルーティン、、、

身体を温めパフォーマンスを上げる
ウォーミングアップ法をお伝えいたします。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



練習用バット『POWER SWING』を使った
連続素振りについては小原プロのメルマガでも
詳しくご紹介されていたかと思いますので、

スタート前という状況に絞って、
ウォーミングアップ・準備運動の話を
すこし補足させていただきますね。

僕もスタート前に欠かさない
練習用ゴルフバットを使った連続素振りは、
「動的ストレッチ」という運動です。

ストレッチには
「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」という
2種類のストレッチがあるのですが、

バットを左右に振りながら行うストレッチは、
文字通り「動的ストレッチ」です。

スイングで必要な
腕・肩・背中・腰などの可動域の全てを使った
連続的な動きのことを動的ストレッチといい、

可動域の柔軟性を高め、
関節や筋肉に熱を作り出し、
心拍数を上げて筋肉が緩むことで
エネルギーを燃焼し始めるので、

身体にエンジンをかけるようなイメージで
ゴルフスイングの準備をすることができるでしょう。

逆にラウンニングの後にアキレス腱を伸ばすような、
グーッと10秒20秒かけて筋肉を伸ばすストレッチが
「静的ストレッチ」と呼ばれるもので、

これは筋肉の緊張をやわらげ、
柔軟性の向上や関節可動域の拡大
などの効果が得られます。

また、深呼吸をすることで
副交感神経を刺激し、
リラックスさせる効果もあります。

しかし、

準備運動で静的ストレッチを用いると、
必要以上に可動域や柔軟性が向上され筋発揮の低下や、
パフォーマンスの低下に繋がってしまうこともあるため、

ゴルフ前の準備運動には
バット素振りのような動的ストレッチを
することをオススメしています。

そしてもう一つ。

ゴルフルール場での練習用バットの使用についてですが、
スタート前、1番ホールのティーショット前であれば、
練習用バットでの素振りはルール違反ではありません。

1番ホールのティーショットを打った後に
練習用バットを振ってしまうとルール違反なりますが、
クラブヘッドもついていない明らかな練習器具ですので
クラブバッグに刺して持ち運ぶことも問題ありません。

本日の動画でもお伝えしたとおり、
練習用バットを使った
スタート前の動的ストレッチは

身体を温め、
パフォーマンスを最大化するのに
とても効果的ですので

ぜひ試してみてください。

近藤


追伸:

本日ご紹介した
僕も愛用している2本の練習用バット、
小原プロ開発の『POWER SWING』は、

ちょうど今、
ゴルフライブで販売中でした。

まだお持ちでない方はぜひ手にとって
スタート前のウォーミングアップや筋力アップなど、
ゴルフ上達効果を実感してくださいね。

https://g-live.info/click/powerswing2104/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

使い続けると危険?ゴルフの消耗品とは

2021.04.14
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

僕は今、
ゴルフクラブの買い替えを検討しています。
それも全く同じクラブへの買い替えです。

買い替えというより、
交換というイメージでしょうか。

とても気に入っているクラブなので、
今後も引き続き愛用したいのですが、

摩耗してきてしまったので
そろそろ交換時期かなと思っています。

ところであなたは、買い替えと聞くと、
どのクラブを思い浮かべるでしょうか?

ドライバーですか?

確かに毎年のように
“飛距離性能UP” “スピン性能UP” と
新作モデルが発表されて
とても魅力に感じますよね。

でも逆に、
アイアンを頻繁に買い換えるゴルファーは
多くはない印象です。

製造年による性能の差も少なく、
手入れをして丁寧に使えば10年くらいは
使い続けることができるクラブです。

ほとんどの場合が5本以上のセットで
まるまる買い替える必要があるので
少しだけハードルが高いのでしょうか。

で、今回僕が買い替えを検討している
クラブの話に戻りますが、

結論から言ってしまうと
交換を検討しているのは「ウェッジ」です。

ウェッジというのは、
実は14本のセッティングの中でも
もっとも重要なクラブの1本です。

使うシチュエーションがグリーン周りと、
スコアに直結しやすいという理由もありますが、
他のクラブに比べて使用頻度が
高いことも理由の1つです。

ピンまで100y以内のアプローチショットですと
ほとんどの方がウェッジを選択されるでしょうし、

100y以上からアイアンで直接
グリーンを狙ったとしても万が一、外してしまったら
ウェッジでもう一度アプローチすると思います。

さらには、バンカーからのショットも
ほとんどの場合サンドウェッジを選択されるでしょうし、
このサンドウェッジはバンカー以外からでも
とても有効なクラブです。

つまりは、ウェッジはほとんどのホールで
1回以上使うことになるクラブだということです。

ここまで高頻度で使うクラブは、
ウェッジの他にはパターくらいでしょう。

高頻度で使うということは
それだけ摩耗も激しいということです。

今日はそんなウェッジの買い替えについて、
オフレコ風の動画がたまたまありましたので、
あなたにもご共有したいと思います。

ウェッジは消耗品ということ。
そして、長年使い続ける危険について
ぜひ知ってもらえればと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



先日、生徒様とラウンドを一緒に回りながら
コースレッスンをしていた時のこと。

ソール部分がボロボロに削れた
僕のウェッジを見た生徒様から

「とても愛用されているんですね」

とお声がけいただいた事がありました。

それに対して僕が

「TKウェッジはとても気に入っていますが、
 フェースが削れてきてしまったのでそろそろ
 買い換えようかなと考えています。」

と答えたところ、
少し驚いたような表情をされていました。

「まだ綺麗なのに買い換えるんですか!?」

そう、声をかけてくださった生徒様は、
ウェッジが消耗品だと認識していなかったようなのです。

確かに、僕のTKウェッジのフェース面を見ても、
そこまでひどく削れている様子はありません。

でも実際に新品と使い古したウェッジを打ち比べると、
スピンのかかり具合が明らかに違うはずです。

スコアに直結するグリーン周り、
ウェッジの摩耗のせいでスピンがかからず止まらない、、、
なんていうもったいないロスがないように、
常にクラブのコンディションも整えておきたいですよね。

もしあなたがここ2年以上、
同じクラブを使い続けているのなら
ウェッジだけでも交換
してみてはいかがでしょうか?

ぜひお持ちのクラブセットの
コンディションを確認してみてくださいね。

ちなみに、ウェッジは消耗品という理由から
中古で買うことはオススメできません。

中古でも綺麗に見せるために
磨いて店頭に置いている場合があるんです。

クラブ全体をキレイに磨いたとしても
フェースミーリングのキレは復活しません。

中古ウェッジはスピン性能が悪い可能性があるので
その点注意して、クラブを選んでくださいね。

近藤



<本日のオススメ>

前回販売時に一瞬で完売した
ダウンブロー養成クラブ

『ツアーストライカー』の
最終ロットが日本に到着しました。

アメリカでの生産終了が決まり、
今後入手することは困難なこのアイアンを
手に入れる最後のチャンスです。

今すぐコチラからご確認ください!

https://g-live.info/click/tourst2104/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

意外に多いスイングのミス(他人事じゃありません…)

2021.04.07
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

僕たちの生徒さんで
意外に多いスイングのミス。

このミスのせいで、
練習場では打てるのにコースだとダメ、
なんていうことが起こります。

「練習場だと上手く打てるんだけどな~」

と悩んでいる方、体感ですが、
3割くらいいるんじゃないかと思います。

特に最近は、久しぶりのラウンドで、
思ったように打てなかったなんて報告を
とてもたくさん受けます。

もしかしたらあなたも、
「練習場だと良いのにコースだとダメ」と、
悩まれているのではないでしょうか?

今日はそんなあなたに向けて、
コースで気持ちよくボールを打つための
アドバイスしていきます。

まず、練習場とコースの違いについて。。。

それはやはり、
「傾斜」が大きいですよね。

練習場は毎回、必ず、
まっ平らな人工芝の上から打てますが、

いざコースにでると、練習場のような、
平らな場所なんて存在しません。

しかも、毎回打つポジションは変わりますし、
単純に「つま先上がり」「つま先下がり」や
「左足上がり」「左足下がり」といった傾斜ではなく、

「つま先上がりの左足下がり」

というような
複合傾斜から打たなければなりません。

自然相手のスポーツですので、
どうしようもありませんね。

で、、、

傾斜から打つとどうなるかというと、
足でグッと踏みとどまって、地面反力を使った
力強いスイングができなくなったり、

そもそも傾斜で不安定になり、
スイングの軸がブレてしまうんです。

そのせいで、
練習場のようなショットをコースで打つのが
難しいというわけなのですが、

じゃあ、一体どうすれば、
コースでナイスショットが打てるのか?

という質問に、ビデオレッスン形式で
解説させていただきました。

それでは、今日のレッスンを
どうぞこちらからご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



練習場だと上手く打てるのに、
コースに出るとダフったりトップしたり…

こういった悩みの
大きな原因は【傾斜】です。

練習場ではフラットの
非常に整った状態からボールを打ちますが、
コースでは必ず傾斜が邪魔してきます。

傾斜地でのスイングでは、
体の軸、スイングの軸がズレてしまい、
意図しないミスショット、つまり、
ダフリやトップを引き起こします。

このダフリやトップを抑えるには、
体の軸がブレないようにスイングをする
必要があるのですが、

傾斜地で体の軸が
ブレないようにするためには、
土台を固める必要があります。

それが、動画でもお伝えした
足の裏の土踏まずを使った左右の
体重移動なのですが、

これを意識するだけで
不安定な傾斜地でも体の軸がブレることなく
スイングすることができます。

ブレないスイングでミート率が上がり、
コースでの飛距離アップ、方向性改善に繋がるので、
スコアアップも狙えるでしょう。

もしあなたが練習場とコースでのスイングに
少しでもギャップを感じているのなら、

身体では感じない程度の
ごく僅かな傾斜に騙されて

知らず知らずのうちに
スイングの軸がブレているのかもしれません。

ぜひ、スイング時に足の裏のどのへんで
体重移動をしているのか確認してみてください。

近藤



<本日のオススメ>

Q1.あなたはドライバーが苦手ですか?
Q2.セカンドで少しでも飛距離を稼いで
  ミドルホールで2オンを狙いたいですか?

もしあなたがこの2つの質問に対して
「YES」と答えるのであれば、、、

アメリカ直輸入、業界最大飛距離を記録した
ドライバー顔負けのぶっ飛びフェアウェイウッド…

“TRIMETAL トライメタル”

が手放せなくなることでしょう。

https://g-live.info/click/tm202104/

限定27本の復活キャンペーン


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

注意:目線は変えるな!

2021.03.31
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

目の前にドーンッと、
豪快に打ち下ろせるミドルホールに来ました。

このホールは、
ティーイングエリアから15yから20yほど
かなりの打ち下ろしになっています。

ここまでの打ち下ろしのホールだと、
ティーショットでかなり距離が稼げるので
嬉しいなと感じる方もいると思います。

滞空時間が長くキャリーが稼げ、
下り傾斜でランも伸びやすいので
自己ベスト飛距離を更新するには
絶好のチャンスと言えるでしょう。

僕も大昔のことですが、
打ち下ろしのフェアウェイでひたすら転がり、
350y近い飛距離がでたことがありました。

どこのコースでの出来事か覚えていませんし
あまりにも平均から外れた飛距離だったので、
誰かに自慢できるような話ではありませんが
強烈に飛んだ事実は気分が良いです。

そんなこんなで、きっとあなたも、
打ち下ろしのホールはつい「飛ばすぞ」と
強く意気込んでしまうと思うのですが…

実のところ、打ち下ろしのホールには、
ミスに繋がる危険が潜んでいます。

生徒さんと一緒にコースを回る
コースレッスンでも良くアドバイスする
ポイントでもあるのですが、

打ち下ろしのホールで注意しないと、
「ひっかけ」や「カットスライス」といった
痛いミスを引き起こします。

今日はそんな、
打ち下ろしのホールで重要なポイントを
ビデオでアドバイスさせていただきます。

それではこちらから
本日のビデオをご覧ください。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悪天候でもスコアを落とさず楽しむ方法

2021.03.24
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

誰がなんと言おうと、
ゴルフはとても素晴らしい
スポーツだと思います。

広大な自然の中、
まる1日かけてのびのびとプレーできる
スポーツは他にありませんし、

ソーシャルディスタンスという風潮も
ゴルフ界には追い風となっているようです。

ゴルフ・ダイジェスト・オンライン(GDO)の
ゴルフ場送客実績の調査によると
2020年8月のゴルフ場予約が、

なんと、

前年度比の125%以上となり
過去最高を記録したとの発表がありました。

コンペなど大人数で、
法人としてのゴルフ場利用は
激減しているでしょうけど

それ以上に、
個人としてのゴルフ場利用が
急激に増えているようです。

さらにさらに、

20代から30代の
若い方のゴルフ場予約はなんと
2019年の2倍以上!

若いゴルファーが増えているというのは
ゴルフ界の振興にとても良いことです。

「この逆風の中、
 ゴルフ場はいつも賑わっているな。

 しかも若い人が増えているような…」

コースレッスンなどで
全国のゴルフ場に行かせてもらう度に
こんなことを思っていたのですが、

GDOのゴルフ場予約のデータとしても
日本のゴルフ業界が賑わっているということは

ゴルフを生業としているコーチとしても、
ゴルフが大好きな1ゴルファーとしても、
とっても嬉しく感じます。

しかし、、、

“大自然の中でのびのびとプレーできる”

というゴルフの特性は
とっても魅力的な部分であると同時に、

“自然を相手にしなければならない”

という、
ゴルフを難しくしている要素でもあります。

例えば、
もし、ラウンド当日の転記が崩れてしまったら、
あなたは気を落としてしまいませんか?

流石に大雨ですと、
ラウンドをキャンセルすることに
なるかもしれませんが、

キャンセルするまででもない
小雨や風が強い日には、
ラウンドを決行するかもしれません。

でも、天気が悪いと
気分も曇ってしまうことでしょう。

しかも、スコアまでも悪かったら・・・

せっかくのゴルフなのに、
なおさら良い気分でプレーすることが
できないかもしれません。

本日は、悪天候の中でも
特にゴルフに影響がある『強風』への対処法を
ビデオでお伝えしたいと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



大前提として、
悪天候でのゴルフではスコアも悪くでます。

向かい風が強いと飛距離は落ちますし、
雨なんて降ったらランが出ません。

飛距離にしては平均10~20y落ち、
トータルスコアは5打ちかく落ちるでしょう。

これは私たちに限った話ではなく、
プロの試合でもスコアは伸びません。

ですので、スコアが出にくいということを
あらかじめ頭に入れておいて、

リラックスして、気楽に、
失敗してもストレスがかからないように
プレーするように心がけてください。

それだけでもミスの連鎖を食い止めたり、
最悪の結果を免れることができるでしょう。

悪天候の中のゴルフは
『難しい』という大前提のもとで、、、

本日ビデオでお伝えしたような、
強いアゲインストへの対処法といったような
状況に適応したテクニカルなショットで、

“悪天候のゴルフを楽しむ”

ということが大事だと僕は思います。

難しいのは確かなのですが、
その難しい状況をも楽しめるようになると
ゴルフの充実度はさらに高まるでしょう。

ぜひ、参考にしてみてください。

近藤



<本日のオススメ>

どんなバンカーからも
簡単に、そして確実に1打で脱出する、
『バンカー特化ウェッジ』が急遽…

完全リニューアルを果たして
数量限定で公開されました!

バンカーの失敗を撲滅する
隠れたスコアアップ兵器を手にできるのは
先着73名様限定です。

お見逃しないよう
今すぐコチラのページをご覧ください。

https://g-live.info/click/bkmj2103/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パットの距離感をマスターする実践ドリル

2021.03.17
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「ゴルフのスコアを縮めたい」

これは僕も常に思っていることですし、
きっとあなたも、そしてあなたのお友達も、
全てのゴルファーの願いだと思います。

ですが、どんなに練習を頑張っても
ゴルフのスコアというのはなかなか縮まりません。

僕の生徒さんからも
「最短でスコアを縮めるにはどうすればいいですか?」
というような質問をよく受けます。

もちろん、
生徒さんごとに課題はバラバラですし、
一概には言えないのですが、

最短でスコアを縮めるためには、
一体、どうすればいいと思いますか?

ドライバー飛距離を伸ばす?
アイアンを番手通りに打てるように練習する?
バンカーなどのトラブル対処法を学ぶ???

実はこの答えはシンプルで、
「パッティングの距離感を完璧にすること」です。

ゴルフのスコアというのは、

フルショット :距離を稼ぐクラブ
アプローチ :グリーンに乗せるクラブ
パット :カップに入れるクラブ

大きく分けて、
この3つの要素が合わさって初めて
ゴルフスコアとなります。

ではこの3つのクラブの中で
一番スコアに直結する要素とは?

それは「パット」です。

ご承知の通りゴルフスコアの40%は
パットの数が占めています。

どんなにコンディションが良くなくても
スコアを上手にまとめるゴルファーというのは
ほとんど3パットせずに回るゴルファーです。

そして、3パットしない理由というのが、
『パットの距離感が研ぎ澄まされている』
ということになります。

なぜ距離感を鍛えることで
3パットがなくなるのかという理由は
後ほどご紹介するとして、

本日は今から
「パットの距離感をマスターする実践ドリル」を
動画でご紹介したいと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしょうか?

この練習は実際に
15m、20m、25mと長い、そして本物のグリーンで
練習するのが一番効果的ですので、

ラウンドに行かれた際のスタート前に
練習グリーンで試していただきたいと思います。

ところで、距離感を養うことで
3パットがなくなると申し上げた理由ですが、

パターでは「距離感」と「方向性」
そして「ライン読み」といった3つの要素が
カップインに欠かせません。

もちろん3つとも
とても大事な要素ではあるのですが、

じゃあどれが【一番】大事なのか?

と考えてみると、
それは「距離感」だと言えるでしょう。

なぜなら、ボールを打ち出す強弱によって
ボールの軌道は大きく変わってしまいます。

強めの距離感で打ち出すと
ボールの曲がりは抑えられますし、

弱めの距離感で打ち出すと、
地形による曲がりの影響を大きく受けます。

つまり、距離感によってラインが変わり、
そのライン通りに打ち出す必要がある…

まず第一に距離感が
大事ということになるのです。

ですので、もしあなたも、
スコアを上手くまとめたいと思うなら
まずはパットの「距離感」をマスターできるように
練習メニューを組み立ててみてください。

そして、「距離感」を身につける練習としては、
本日ご紹介したドリルがとても効果的ですので
ぜひゴルフ場に行ったら試してみてください。

近藤



<本日のオススメ>

ゴルフライブ大ベストセラー
圧飛びドライバーでお馴染みの
DOCUS(ドゥーカス)から

2番手もさらに飛ばしてしまう
圧飛びアイアンが公開されました。

あまりにも飛びすぎるため、
番手間飛距離を埋めるための専用クラブ
GW(ギャップウェッジ)まで搭載された
6本セットでのご案内となります。

ゴルフライブ読者限定の
特別なプレゼントも付いていますので、
今すぐコチラからご確認ください。

https://g-live.info/click/diron2103/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コースでのミスショットを激減させる方法

2021.03.10
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「練習場では上手く打てるのに
 コースに出た途端ミスが連発するんです。」

これは僕たちコーチが
生徒様から最も良く聞く悩みの1つです。

スタジオや練習場でのショットは
何球か連続して打っているあいだに
球筋が安定したりしますが、

コースでのショットは
失敗が許されないぶっつけ本番状態

素振りは出来ても
練習球を打つことはできないので
とても緊張してミスしてしまう…

「練習場では良いのにコースではダメ」

このもどかしさは、
僕も痛いほどわかります。

 “スイング技術は100切り相当なのに
  実際のコースでは120すら切れない…”

そんなゴルファーの方も
たくさんお見かけしてきました。

きっとこのメルマガをお読みのあなたも、
技術とスコアのギャップはそこまで無いにせよ、
練習場でのパフォーマンスを実際のコースで
100%発揮できず悩んでいませんか?

そこで、今日はそんなあなたに、
僕も実践するドリルを1つ、紹介します。

それはズバリ、

『両足を閉じて行う連続素振り』

です。

どうぞこちらから
本日のレッスンをご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


コースと練習場は全く世界が違います

あなたもご承知の通り、
コースと練習場の環境はガラッと違います。

もう、全くの別世界だと
思っていただきたいくらい違います。

ライの状態、傾斜の有無、風の影響、
スイングする環境がまるで違います。

ですので、一度コースに出てしまったら、
スイングスキルや技術については考えずに、
コースマネジメントに集中しましょう。

コースでのショット直前に
スイングについてあれこれ考えてしまうと
なかなか体が動かなくなってしまいます。

普段、練習場や自宅での
自分の努力を信じて、思い切って、
ショットに挑みましょう。

ですが、どうしてもコースで
ミスショットが連発してしまう…
流れが悪いなと感じたら

本日お伝えした
連続素振りをしてみてください。

両足を閉じてスイングすることで
体の軸を保つ感覚を取り戻し、
同時に体全体でリラックスできて、

練習成果を最大限
発揮することができるでしょう。

近藤



<本日のオススメ>

レーザーを当てる必要なし
スコープを出し入れする手間も不要

手元を見るだけで軍事レベルの
超高精度GPSから送られてきた
コース情報が瞬時にわかる

世界最高のゴルフウォッチ
『GARMIN Approach S62』が、
100個限定で再入荷しました。

しかも、今回の100台は
【特別価格&限定特典】で
手に入ります…

なるべくお早めにご確認ください。

https://g-live.info/click/garmin2103/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドライバーでボールが上がらない?それなら…

2021.03.03
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

今日はドライバーの話。

先日のラウンドレッスンに
参加してくださった生徒様から

「最近ドライバーが上がらないんだよね」
と、ご相談をいただきました。

実際、今までのレッスン経験や、
練習場、ゴルフ場で見かけたゴルファーの方で
ドライバーが上がらず困っている方は
とてもたくさんいらっしゃいます。

3人に1人は
思うようにボールが上がらず
悩んでいるんじゃないでしょうか?

ティーショットの良し悪しで、
そのホールの調子が決まりますし、

朝一ティーショット次第で、
その日のスコアが決まります。

そもそも、ドライバーが一番飛ぶし、
爽快感がある気持ちの良いショットですから
しっかりボールを持ち上げて、
フェアウェイど真ん中に運びたいですよね。

そんなわけから、
今日は「ドライバー」の話です。

ドライバーが上がらない原因は大きく分けて、
「アドレス」と「クラブ」の2種類にわかれます。

クラブが原因の場合、
フィッティングにクラブを持ち込んで、
スペックを確認してもらうのが一番
手っ取り早い方法のですが、

クラブに原因があるとしたら、
次の2つが大きく関係しているかもしれません。

・シャフトが硬すぎる

フレックスがヘッドスピードに合っていないと、
クラブがしならないため、ヘッドが返るときに
正しい角度でインパクトしません。

つまり、ボールが上がりにくくなります。

・ロフト角が小さい

やはりロフト角が少ないと弾道は低くなり、
正確にとらえないと飛ばなくなります。

どうしてもボールが上がらない場合は、
ドライバーを見直してみるのも1つの手です。

クラブについてはこのあたりを
一度、クラブフィッティングで確認すると
良いと思うのですが、、、

問題は「アドレス」が原因の場合ですね。

一体どんな「アドレス」をすれば
ドライバーのボールが上がりやすくなるのか?
アドレスのチェックポイントは大きく3つです。

動画にまとめましたので、
どうぞこちらからご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



アドレスでのチェックポイント、
1つ目は「ボールの位置」

適正なボールの位置は、
左脇の下の延長線上です。

つまり、真ん中よりも
かなり左にボールが来るのが適正位置です。

逆に、アイアンは身体
ちょうど真ん中あたりにボールを置きますが、
ドライバーでこのようにかまえてしまうと

ただでさえ立っているロフトが
さらに立った状態で
インパクトを迎えてしまいます。

つまり、ボールが上がらない弾道で
打ち出してしまうことになるのですね。

ですので、アドレス時のボールの位置は
左脇の下、かなり左側に置くようにしてください。



2つ目の「重心位置」ですけども、
ドライバーでは真ん中か、やや右足寄りに
体重をかけるのが適正になってきます。

比率で言うと「5:5」か「6:4」くらいで
右に体重を乗せていくイメージですね。

逆にアイアンのアドレスですと、
やや左寄りに体重を乗せることになりますが、
このアドレスをドライバーでやってしまうと、

ボールに対して、
クラブヘッドを上から叩きつけるような
ボールが上がらないスイングになりますので、
ぜひ、チェックしてみてください。



最後に、3つ目のチェックポイントは
「手元の位置」です。

これだけはアイアンと同じで、
左手のグリップが左腿の内側にくるように
アドレスをしていきます。

ハンドファーストというキーワードもありますが、
ドライバーでは過度に意識することなく、
左腿の内側で自然と構えるようにしてください。



以上3つが、
ドライバーでボールが上がらないときの
アドレスにおけるチェック項目です。

もしあなたが今、
ドライバーの弾道でお困りなら
ぜひ一度、丁寧にこの3つのポイントを
チェックしてみると良いでしょう。

近藤



<本日のオススメ>

PGAツアー最前線で戦う
アスリートたちがこぞって採用

どんな地形からでも優しく打てる
【万能フェアウェイウッド】が
ゴルフライブから限定公開

量販店では決して手に入らない
完全オーダーメイドの切り札です。

『FREIHEIT THE-G Ti フェアウェイウッド』

https://g-live.info/click/freiheitfw_2103/

先着20名様限定です


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

言われた通りにやってるのに飛距離が伸びない?

2021.02.24
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「ゴルフを本気で、最短で上手くなりたいなら、
 自力で悩まずコーチに聞くのが一番だ。」

これはあなたもご承知だと思います。

そして、実際にコーチをつけて
レッスンを受けてられている方も
たくさんいらっしゃると思います。

でも、、、

コーチから教わった通りに練習しているのに、
スコアが伸びない、思ったより上達を感じない。
言われた通りにやっているのに…

そんなお悩みを持たれている方も、
意外とたくさんいらっしゃいます。

実際、僕や小原プロのスタジオに
来られた方に僕たちのレッスンを受けようと
思ったキッカケを伺うと、

“他のコーチからレッスンを受けたけど、
 レッスン開始時の目標までスコアが伸びず、
 コーチを変えようと思った”

という風に、
ピンポイントで悩まれている方もいます。

もしかしたらあなたも、
レッスンを受けてたけど、思った通りに行かなくて
悩まれたことがあるかもしれません。

また、レッスンに限ったことではなく、

例えば

“Youtubeやインtナーネットで見かけた
 練習法をそっくりそのまま試しているのに、
 なかなか成果が現れない…”

これなら、きっとあなたも一度は
感じたことがあるのではないでしょうか?

本日は、そんな
「レッスンのギャップの解消法」について
少しお話させていただきます。

例えばこんな状況。

あなたはドライバーやアイアンの
飛距離を伸ばそうと努力しています。

コーチ、もしくはインターネットで、

「飛距離アップのためには
 ミート率を高めることが大事です。

 そして、そのミート率を高めるには
 スイングが終わるまでしっかりボールを
 見続けることが大事です。」

というような
指導を受けたとします。

あなたはこの指導通りに、
スイング始動からフィニッシュまで
ボールを見続けるように意識しながら
頭を動かさずにスイングしました。

しかし、どんなに練習しても
一向にミート率は改善されず、
飛距離も伸びません。

コーチの指導、または、
インターネットで見かけた記事通りに
練習しているのになぜでしょうか?

少しだけ考えてみてください。

飛距離に悩んでいる方の多くは…

飛距離に悩んでいる方の多くは、
「手打ち」になってしまっている傾向があります。

そして、この「手打ち」は
“頭を動かさない” ことで起こりやすくなります。

そう。

「ボールから目を離さないようにしよう」

という意識が強いあまりに、

“頭を動かさないようにしよう”

と考えてしまい、
結果的に「手打ち」になってしまう
というパターンが見受けられます。

確かに頭を動かさなければ、
スイングが終わるまでしっかりとボールを
見続けることができますが、

頭を動かさないせいで手打ちになって、
捻転が不足して飛距離が伸びません。

飛距離を伸ばそうと目線を意識したのに、
その結果「手打ち」という飛距離が出ないスイングに
なってしまっては元も子もないですよね。

レッスンの意図とあなたのスイングのギャップ

今回の例は、
コーチの指導、もしくはインータネットの記事で
「目線を動かさない」ということを言われて、

そのアドバイスを忠実に守ったがために
起こってしまった間違ったスイングです。

言われたとおりに「目線を動かさない」
練習をしたにも関わらず飛距離が伸びない…

そう不満に感じてしまいますが、
実はここには、“レッスンの意図” と “あなたの練習” に
隠れた【ギャップ】が生じていたのです。

それは、、、

「目線は動かしてはいけないけど、
 頭を動かしてはいけないわけではない」

ということ。

頭を動かさないと、
捻転が大きく不足してしまいます。

そのため、どうしても手打ちになり、
飛距離を伸ばすことが出来なかったんです。

では、どうするのが正解なのかというと、
バックスイングにかけて顔を右に回転させて、
フォローにかけて左に回転させる。

顔を回転させても、
目線はボールから離さない。

そんな風に「顔の向き」を変えることで、
背骨に対しての肩の軸回転がスムーズに行え、
深く捻転を入れることができます。

その結果、
体の中で一番大きな背中の筋肉を使って
飛距離を最大化できるというわけです。

また、目線をボールから離さないことで、
ミート率のアップも狙えます。

「目線を動かさない」ということが、
「顔の向きも固定する」わけではない、
ということが今回のギャップですね。

他にも、
「レッスンの意図」と「実際の練習」には
ギャップがたくさん生じます。

そのギャップをしっかり埋めるのが、
一流コーチの仕事だと思います。

ぜひあなたにとって一流のコーチを見つけて、
上達速度を最大化してくださいね。

近藤



<本日のオススメ>

小原プロも「一番上達する」と本音を漏らす

 7日間シングルプログラムアドバンス

今回限りの限定追加特典として…

この7日間シングルプログラムアドバンスの
オンラインコンテンツ版(WEB視聴版:9,800円)を
お申し込みの方にもれなくプレゼントいたします。

詳細はコチラをクリック!

https://g-live.info/click/obr_adv2102/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「あぁ~、練習しておいてよかったなぁ…」

2021.02.17
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

先日、コースレッスン中に、
生徒様が滅多に遭遇することがない、
それでいて地味に難易度の高い

「あるトラブル」に見舞われてしまいました。

伺ってみると、こちらの生徒様は、
このトラブルに対してかなり苦手意識を
持っているようでして、

「コンペじゃなくてよかった…
 練習ラウンド、しかも近藤先生が一緒に
 まわってくれている時で良よかった…」

と、なんども口にされていました。

いい機会ですので生徒様には、
このトラブルから脱出するための打ち方を
しっかりとレッスンさせていただいたのですが、

おそらく、このメルマガをお読みの方でも
ピンポイントでこのトラブルへの正しい対処法を
身につけている方は少ないと思います。

ゴルフは「正しい知識」の積み重ね、
いかにミスを減らすかが勝負です。

トラブル対処の引き出しを増やすことで、
着々とスコアは伸びていくでしょう。

なので本日は、
滅多に遭遇しないけど、直面すると対処に困る
難易度の高い「あのトラブル」からの脱出法を
動画レッスン形式でお伝えしたいと思います。

100切りを目指している方はもちろん、
こういったイレギュラーなトラブル対処法は、
90切り、80切りを目指す方にも必須ですので、

ぜひ、正しい対処法を
学んでいただけたらと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



多くのゴルファーの方は、
バンカーショット自体に苦手意識を
持っていることだと思います。

ただでさえバンカーが苦手なのに、
運悪く目玉になってしまったらもうお手上げ…

なんて方も少なくないと思います。

目玉バンカーは
通常のバンカーショットよりも脱出が難しく、
上手く打てたとしてもスピンがかからないので
ボールを止めることが出来ません。

なので、
上級者にとっても距離感がつかみにくい、
非常に難しい状況ですが、

「転がって止まらない」

ということを知っているだけでも、
もし万が一、目玉バンカーに遭遇してしまった時に
スコアを大幅にロスする可能性を減らせます。

もし、バンカーショットの
練習をできる機会があったら、

本日のレッスン動画を思い出して、
わざとボールを埋めて、目玉バンカーの練習も
一緒にやってみてください。

1,2回練習で経験しておくだけで、
万が一ラウンド中に目玉バンカーに遭遇しても、
落ち着いて対処できると思います。

そして、本日のメールの件名のように、
「あぁ~練習しておいてよかった…」と自分に
感謝される日がきっとくるでしょう。

ぜひ、参考に練習してみてください。

近藤



<本日のオススメ>

「こんなに楽しいパター練習ははじめてだ!」

小原プロが大絶賛する
次世代パターマット “In Birdie”

1日たった5分の練習で
30パットが切れると人気ですが、

今回は【先着61セット】の
数量限定でのご案内です。

どうぞお早めにご確認ください。

https://g-live.info/click/inbirdie_2102/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

え?この木の上を越えて打つの??

2021.02.10
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「やばい!なにこれ!??
 狭いコースのど真ん中に???」

ってくらい、コースを回っていると、
枝葉を大きく広げている邪魔な木が行く手を
阻んでいることってありますよね。

本日のレッスン動画は、まさにそんな状況。

コースの横幅自体が狭いのに、
横に大きい広葉樹が、フェアウェイど真ん中に
堂々とそびえ立っていました。

グリーンまであと130y

できれば刻まずに、
ここから1打でグリーンを狙いたいところですが、
見事なまでにも木が邪魔しています。

グリーンまで距離が短いのと、
木の左右はすぐ林になっているので

先日レッスン動画をお送りした
インテンショナルスライスやフックで狙うには
ややリスクがある状況です。

幸いなことに、
邪魔している広葉樹の背丈は
そこまで高くないので、

今回はこの木の真上を
越えていくようなアプローチショットを
狙っていこうと思います。

使う番手は7番アイアン。

7番をつかって、
8番程度の高さまでボールを持ち上げる方法を
どうぞこちらからご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



・左に曲げる方法
・右に曲げる方法
・低く打ち出す方法
・高く打ち出す方法

大きく4つのアイアンの打ち分け方は、
本日の動画レッスンで最後となります。

本日の動画をまとめると、
アイアンで高く打ち出すためのポイントは3つ

 1.重心の位置
 2.手首の位置

この2つは普段と変わらず、
左右半々で、左手のグリップが左ももの
内側に来るように構えます。

そして、最後の、

 3.ボールの位置

このボールの位置だけ、
普段のアドレスよりも気持ち左め、
ボール1個分くらいずらします。

そうすることで、通常のアドレスより
もハンドファースト具合が抑えられて
シャフトが地面と垂直になります。

インパクト時のロフトが
1番手ほど寝ることになりますので
7番アイアンだったら8番並みの高さまで
ボールが持ち上がるでしょう。

先週の低いボールと併せて
とても便利でシンプルな打ち分けですので、
ぜひ練習して、習得してみてくださいね。

 
近藤



<本日のオススメ>

ゴルフボールを変えただけで、
飛距離が20yも伸びるなんて・・・

しかも止めたい場所でしっかり止まる、
誰もが求める理想のボール。

もし、あなたがラクにスコアを
縮めたいと思っているのなら、

このボールを試してみてください。

https://g-live.info/click/tovasiaz3_2102/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の前に障害物?邪魔?どーでもいいっ!

2021.02.03
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「目の前の木スタイミーで
 グリーンを直接狙えないなぁ」

あなたはこんな、
「スタイミー」という言葉を
使ったことはありますか?

目の前に障害物があって、
ストレートにグリーンを狙えない…

そんな時に使われる
ゴルフのれっきとしたルール用語なのですが、

「スタイミー(stymie)」とは、
「邪魔なもの」というイメージの言葉。

もともとはグリーン上で、
カップと自分のボールとのライン上に
相手のボールがある状態。

1950年以前のゴルフルールでは、
たとえ自分のライン上に相手のボールがあっても
ピックアップを要求することができず、

迂回してパットするか、
キャリーで相手のボールを越していくしか
方法がありませんでした。

相手の邪魔をするために、自分のボールをわざと
相手のライン上、つまり「スタイミーな位置」に
パットするというのも戦略だったそうです。

そのような名残から、
今でも障害物に対して「スタイミーだな」と
表現することがあるのですが、、、

本日も先週に引き続き、
枝葉を広げて背が低く横に大きな木が
スタイミーな位置にある状況。

普通ならこの状況、
左右に打ち出して木を避けてから
グリーンへアプローチすると思いますが、

本日のメルマガでは、
そんなスタイミーな位置にある木を無視して、
直接グリーンを狙う、少し上級者向けの
テクニックをご紹介しようと思います。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



既にご紹介済みの
インテンショナルスライス・フックと
合わせて身につけることで

たとえ目の前に
どんな障害物が現れようと乗り越えていく
ゴルフの実力がつくでしょう。

それに伴ってゴルフスコアも
縮んでいくに違いありません。

真新しい技術は一切なく、
打ち方を知っているか知っていないかの二択ですので、
ぜひ覚えてレベルアップしていってくださいね。

自由自在にボールの弾道を
コントロールできるようになると、

今までとまた違う、
ゴルフの楽しさを感じるはずです。

ぜひ、試してみてください。

 
近藤


追伸

私もゴルフで愛用している
ゴルフ特化型偏光サングラス
『ARK-アーク-』が

久しぶりにゴルフライブから
公開されているようです。

屋外スポーツである
ゴルフの必需品

コレがあるかないかで
パッティングのライン読みの
精度が変わります。

まだお持ちでない方は、
ぜひこの機会に手に入れてみてください。

https://g-live.info/click/arkgls_2102/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[続]ピンチを乗り切るインテンショナルショット

2021.01.27
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「ゴルフはスライスで始まり、フックで終わる」

誰が言ったか忘れましたが、こんな名言があります。

ゴルフを始めたての方の
実に9割以上がスライスに悩まされます。

そして面白いことに、
ゴルフスコアが良くなっていくに連れて、
スライスは解消されて今度はフックに
悩むことになるようです。

「フックを打てるようになって一人前」

こんなことわざがあるように、
初心者の9割がスライスに悩む一方で
ハンディキャップが1桁になると
フックに悩む方が9割を占めます。

先週、僕がお伝えした
『インテンショナルフック』

わざとボールを右へ打ち出して
意図的に左に曲げて、結果的には
ターゲットライン上に戻すという
上級テクニックをご紹介しましたが、

あえて曲げる弾道を手に入れれば
完全に上級者の仲間入りです。

ぜひ、フックボールでゴルフコースを
楽しく攻略していただきたいのですが、、、
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このピンチ、乗り越える方法ある?

2021.01.20
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

ある日のラウンドにて。

気持ちよくプレーを進めていたら、
なんと、ボールの目の前に大きな木が。

しかも綺麗にグリーン方向を塞ぐ位置

まっすぐグリーンを狙うのは絶望的

本当ならグリーンを直接狙って
バーディーか、悪くてもパーを掴み取る
絶好の大チャンスだったのに…

1打ロス覚悟で左右に打ち出し、
そこから再度アプローチするしかない。

普通のゴルファーの方ならこう考えますよね。

ですが、、、

このメルマガをお読みの
ゴルフが大好きなあなたには、

こんな最悪な状況からでも、
果敢にグリーンを狙ってスコアアップに
チャレンジしてほしいと思います。

そこで、

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】フェアウェイバンカーに入れました

2021.01.13
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「ベストスコアも狙えそうで
 調子良くプレーしていたのに、

 最終ホールでまさかの
 フェアウェイバンカーに入れました。」

芯で捉えたティーショット!

ナイスショットを打ったかと思った矢先、
まさかのフェアウェイバンカー…

チャンスがピンチに真っ逆さま。

こんな状況、あなたも
経験したことがありませんか?

おそらく、1度や2度どころではなく、
何度も悔しい思いをしていることだと思います。

それもそのはず。

フェアウェイバンカーというのは、
グリーンまでの理想のライン上に
配置されていることが多々あります。

簡単には攻略させないぞ、という
コース設計者の意図ですね。

しかも、ナイスショットを打ったら
ちょうど入ってしまうような意地悪な配置も、、、

フェアウェイバンカーに打ち込んだら、
むしろ「ナイスショットの証拠」だと
自信をもってもらいたいのですが、、、

スコアの邪魔をする
障害物にはかわりありませんよね。

できれば避けて攻略したいですし、
もし万が一、打ち込んでしまった際には
スコアロスなく脱出したいはずです。

ですが、現実問題フェアウェイバンカーに
苦手意識を持たれているゴルファーの方は
大変多くいらっしゃいます。

うまく打てたつもりでも、
思ったより飛距離が出なかったり、

ちょっとでもダフると
脱出自体が怪しくなります。

今日はそんな、
フェアウェイバンカーからの安全に脱出しながら
しっかりグリーンを狙うためのコツを

動画レッスン形式で
ご紹介していこうと思います。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加