カテゴリー別アーカイブ: メルマガ

知ってる?クラブ選びと「ジャムの法則」

2021.12.09
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「知ってる?クラブ選びと『ジャムの法則』」
 

という話をさせていただきます。
 

ジャムというのは、パンに塗って食べる
あのジャムのことなんですが。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

続:冬の朝イチにオススメなこと

2021.12.08
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

 
こんにちは森崎です。

 
鍋がおいしい季節がやってきましたね。

お客様と直接お会いする仕事なので体調管理には年中気を付けていますが、 
気温が下がって空気が乾燥するこの季節はより一層の注意が必要です。

 
最近はマスクをつける習慣ができたおかげで
喉の乾燥対策などは比較的だれもができていると思いますが、
今年はこれから厳しい寒さになりそうなので、体の冷えには用心が必要です。

 
さて、本日の朝は近藤プロから
「冬の朝イチのティーショット」に関するアドバイスがあったと思いますが、

本日は私も同じテーマで、
冬の朝イチからでもしっかりと飛距離を出すための
とっておきのウォーミングアップをご紹介します。

 
ゴルフショップなどでも良く置いてあるアイテムを使った内容ですが、
クラブで振るのとは違った利点があるので、ぜひご一読ください。

朝からしっかりと体を使ったスイングで、
ベストスコアを目指してください!


スマホの方、動画が見れない方はこちら

 
冬の朝は、寒くてなかなか体が思うように動かないですよね。

そんな時には、ぜひこの動画の内容を実践してみてください。

 
バットはクラブよりしっかりした重さを感じる分、
体全体を使ったスイングを自然と体に教えてくれます。

 
ただ、強く振りすぎてスイングが引っ張られて崩れては意味がないので、
ベタ足、連続素振りの2点をしっかりと意識してください。

そうすれば、冬の朝イチでも
万全なスイングの準備を整えて臨むことができます。

 
2021年も残り1か月を切りましたが、
ベストスコアを目指して一緒に頑張りましょう!
 

森崎 崇



<本日のオススメ>

飛ばしに不可欠なドライバーですが、
鬼飛びドライバーとしてロングセラーを記録している

DIRETTO(ディレット)ドライバーが入荷したようです。

 
適合ドライバーでありながら、非常に高いの飛距離を記録するため
各ゴルフメディアで取り上げられ、毎回完売を続けている大人気のドライバーです。

 
フェースの反発から、構えた時のヘッドの見た目(顔)、構造など
細部までこだわった地クラブの努力の結晶ですね。

 
この鬼飛びドライバーに興味のある方は、
完売していしまう前にお早めにご確認ください。

https://g-live.info/click/diretto2112/


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬、朝イチのティーショット準備

2021.12.08
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

 
最低気温が10度を下回る地域も増えて、
いよいよ本格的な冬の到来を感じますね。

 
ゴルフだけでなく、スポーツ全般や日常生活においても、
冬は特に念入りにストレッチをやっていただきたい季節です。

 
寒い季節だと筋肉が収縮して体温を維持しようと
体が自動で働くといわれていますが、
この状態は筋肉がこわばり、血流の悪化を招きます。

 
血流が悪化すると疲労の蓄積、コリや痛みの原因と
様々なデメリットにを引き起こしてしまうため、
しっかり筋肉を伸ばし、体を暖かい状態に保つことが重要になります。

逆に血流が良くなれば上記のリスクを取り除き
怪我の予防パフォーマンスの向上にもつながるので、
ぜひ朝のストレッチは怠らないようにしてください。

 
さて本日は、そんな冬のゴルフにおいて特に注意すべき、
朝一番のティーショットのお話をしようかと思います。

 

朝イチは最も緊張するショット?

 
先ほど申し上げたとおり、
冬、しかも朝イチとなると、体もまだ動く準備ができていないため
ショットをする前の準備が非常に重要になります。

 
加えて、朝イチのショットというのは
必要以上に気負いしてしまい、大きなプレッシャーを感じて
体がガチガチに固くなってしまっている方も多いのです。

 
では、どういった準備をして、どんな心持ちで臨めば良いのか。

今日はそんなテーマについて肉体とメンタルの両面から、
朝イチのティーショットの準備についてアドバイスさせていただきます。

 
冬でも伸び伸びと自分のゴルフを楽しむために、
ぜひ参考にしてください!



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしょうか?

体をほぐしたスイングの準備と、心の緊張の緩和。

この2つが朝イチの固くなりがちなスイングの成功率を
高めてくれる秘訣です。

 
また、この朝イチのショットの意識は冬に限ったことではなく、
ミスが出たとしても「まだまだ残りの17ホールで挽回しよう」
気持ちを切り替えてプレーを立て直すためにも有効です。

 
いつも以上にプレー中の心身の管理が重要な冬ゴルフですが、
最高のパフォーマンスで楽しめるように
肉体もメンタルもしっかり準備して臨みましょう!

 
近藤



<本日のオススメ>

動画内で私も着ているのですが、
モバイルバッテリーで温かい状態を維持してくれる
電熱ベスト。その名も

『カーボンヒートベスト EXHEAT』

 
冬場のラウンドでは、せっかく温まった体も
刺すほどの冷たさですぐに冷えてしまいますが、
このベストは体を冷やすことなく暖かさをキープしてくれます。

 
また、動いていたり昼を過ぎて暖かくなったら、温度を調整して
ベストな状態に保てるので、脱着せずとも快適な状態に対応してくれます。

 
なにより、冬は厚着をし過ぎてスイングの抵抗が増え、
いつも通りのスイングに違和感を感じることも多いですが、

これはベスト型な上に柔らかいポリエステル素材なので、
着ていても気にならずにスイングすることができます。

冬ゴルフにおいては、快適さと動きやすさの両方を手に入れられる
このEXHEATは是非オススメです

EXHEATの詳細はこちらから

https://g-live.info/click/211201_yuukan/

ただし、最初に即完売して追加で確保した分も、
あとわずかで完売とのことです。

寒さが厳しくなて需要が一気に上がっているこのベスト、
お見逃しのないよう、御確認はお早めに。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピンが手前のアプローチを簡単に寄せる方法

2021.12.07
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ピンが手前のアプローチを簡単に寄せる方法」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

たとえば、ピンまで残り20ヤード。

そしてピンがエッジから5ヤード以内に切ってある。

こんな状況であったなら、
あなたはどのように攻めますか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然のシャンクを抑える攻略法

2021.12.06
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

本格的な寒さを迎え、
いよいよ冬ゴルフのシーズンですが、

せっかく寒さの中でゴルフをやるからには
思う存分楽しみたいですよね。

しかし、寒さでかじかんだ体や、
防寒対策のために着込んだり。

冬なりのコースマネジメントだったり。

苦戦する季節ではあります。

寒さで体がうごかなくなったり、
それをカバーしようと力んでしまって

いつもならでないミスも出てしまいますよね。

特に、「シャンクとナイスショットは紙一重」
といわれるように、

いつもはでないのに、
急なシャンクによりスコアを崩してしまう
という方もいるでしょう。

セカンドショットで
せっかくグリーン周りにたどり着いても

そこからシャンクが出てしまって
なかなかグリーンに乗せられないことや、

あるいはピンに寄せられないと
せっかくのスコアを崩しかねません。

コースで、1打目2打目が上手くいって
グリーンの近くまで順調にいったとしても、

そこからシャンクが出てしまうと

パー、ボギーと言った良いスコアで
そのホールをあがることは

なかなか難しくなってしまいます。

シャンクはそれだけではなく
思ってもいない方向に飛んでいってしまいますので

精神的なショックも大きく、
その後も引きずってしまいやすいです。

そこで、今回はシャンクに悩んでいる方に向けて
アドバイスをさせていただきたいと思います。

シャンクを引き起こす要因…



まずシャンクというのは
ボールがフェース面ではなく、

クラブのネック側に当たることによって、
ボールが斜め45度の方向へ飛んでいってしまいます。

概ねネック側に
当たるミスヒットというのは、

最初にアドレスで構えた位置よりも
クラブヘッドが外側を通ってくることで、

クラブの根元に
当たりやすくなってしまいます。

しかし、理屈がわかっていたとしても、
このようなシャンクはラウンド中に1回でも出ると

どうしても次のショットでも
ボールに当てるのが怖くなってしまいますよね。

今回はこのようなシャンクに悩んでいる方に
ぜひ改善に繋げていただいて、

スコアアップに繋げて頂ければと思います。

まずシャンクになる方の中では
クラブの根元に当たってしまうという方が
非常に多く見受けられますので、

今回はこのような動きを
修正していただけるような方法をご紹介します。

前後の動きと手元の位置



シャンクの改善のために
気をつけていただきたいポイントとして、

1つ目が手元の位置です。

アドレスをした時
手と体との距離が近すぎる方というのは

手と体との距離がつまってしまって
スイング中に手元の位置がズレて、
クラブ根元に当たりやすくなってしまいます。

さらに手と体の距離が近すぎますと、

アドレスをした際に
骨盤が地面に対して垂直に立ってしまい、

背中だけが丸まって
猫背になってしまう場合があるので、

理想的なアドレスとして、

しっかりと骨盤を前傾させることで、
自然な手と体とのスペースが生まれます。

この理想的な手元の位置の1つの目安として、

後方から見た時に両腕が
地面に垂直になるようにしてください。

そして、尚且つ手と体との距離が
拳1個~1個半は開くようにします。

手と体との距離が近すぎますと
シャンクしやすいので、

骨盤をしっかりと前傾させ、
拳1つ分スペースを作る。

そして地面に対して腕が垂直になるように
アドレスをチェックしてください。

そして2つ目はスイング中の前傾角度です。

アドレスで作った前傾角度が
ダウンスイングの途中で崩れてしまいますと、

スイング中にバランスを取ろうとして
アドレスで構えた位置よりもズレてしまい

クラブヘッドが前を通って
クラブの根本にボールが当たってしまうことがあります。

アドレス時とスイングで前傾角度が崩れることで、
手元の位置も自然とズレて、

前に押し出されてしまうと、
結果的に根元に当たってシャンクとなってしまいます。

急なシャンクがでてしまう場合には、

アドレスしたの骨盤の前傾を
スイング中でも崩さないように意識をしてください。

これはビジネスゾーンのような
小さなスイングだけに限ったことではなく、

肩から肩のような大きなスイングでも関係なく、
打った後にしっかりと骨盤を前傾させた角度をキープします。

アドレスとスイング中の骨盤の前傾、手元の位置。

シャンクの原因というのは色々あるのですが
まずはこの2つのポイントを見直していただいて、

ぜひ突発的なシャンクや、
練習の際に取り入れていただき、

スコアアップに繋げていただけたらと思います。



<本日のおすすめ>

ゴルフの殿堂 グレッグ・ノーマンも認めた
世界最高精度のゴルフ攻略アイテム

【GARMIN Approach Z82】

450ヤード先で誤差たったのたった±0.27Y
1Yの狂いもない世界最高ランクの精度を誇る

プロ専属キャディ並の情報を
手に入れることができる秘密の機能が満載…

あなたは誰よりも有利にそして最も簡単に
圧倒的なスコアを生み出すことができます。

https://g-live.info/click/approachz82_hs2112/

※台数に限りがございますので、
 お早めにどうぞ。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】肩ではなく顎を意識するスイングとは?

2021.12.04
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日もメールをご購読いただき
ありがとうございます。

「バックスイングで肩が回らなくて悩んでいる」
「肩がもっと回ればボールが飛ぶのにな!」

そんな悩みを持っている方は、
本日のメールを最後まで読んでみてください。

前回の、メールでもお伝えしていますが、
年齢に見合った体の使い方を身に付けらていないことで
スイングがスムーズできず、
結果として飛距離が落ちているということがあります。

そして、これからの冬場のラウンドでは、
当然厚着をし、薄手のダウンジャケットや、
セーターなどを着こんでプレーする方が多いでしょう。

そんな時は、どうしても肩の可動域は下がってしまいがちです。
これからの時期でも役立つ方法になるので、
ぜひ、チェックしてほしいです!

バックスイングに重要な
「アゴ(顎)」の使い方とは

あなたは、テークバックの動作に入っている時に感じる、
息苦しいような「窮屈さ」を感じたことはないですか?

もし感じていたなら、
これはスイング中の体の回旋や捻れによって、
特に肩や首、顎を圧迫しているために起きている現象です。

普段はあまり使わない筋肉の動きに合わせて、
無理やり肩を後ろに下げようとすると、
首が傾いてしまい、顎が曲がってしまいがちです。

ただ、このような感覚は、
実は日本人特有の感覚であるとする意見を発する専門家もいます。

確かに欧米人の体型は、首が長く、バックスイング時も
そこまで窮屈さを感じていないのではないか。という話は、
海外のテレビトーナメントなどでも
良く散見される姿を見ると納得のいく話です。

なので、本日これからお伝えするポイントは、
まさに日本人のスイングに合っているポイントになります。

そのポイントというのが『チンバック』です。

ゴルフをやられる方は、ご存知かと思いますが、
チンバックとはその名の通り、
顎を後ろに下げることをいいます。

では、どのようなやり方で『チンバック』をするかを
詳しく動画で解説していきたいと思います

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]アイアンショットが覚醒しちゃう方法

2021.12.03
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

本日もメールマガジンのご購読
ありがとうございます。

あなたはラウンド中に、
一番どのクラブを多く使っているか意識したことはありますか?

パープレーで回っている方、スコアが100くらいの方、初心者の方など、
人それぞれで総打数は違うものの、
恐らく、大半の人がアイアンで打つ場面が多いのではないでしょうか。

フェアウェイはもちろんの事、
ラフやバンカーなどの様々な場所での使用頻度も多く、
スコアアップの鍵になっていると容易に想像がつきますよね。

以前、古閑美保プロとお話をさせていただいた時も、、、

『ゴルフ始めたての頃から最後まで、
6番アイアンを徹底して練習していたほど、
アイアンは重要なポイントです。

坂田塾では 6 番アイアンから打たせるんですね。
6 番は真ん中のクラブというのが坂田塾の理論なので、
6 番アイアンが打てれば全部打てるという理論なんです。』

と、このようにお話してくださいました。

そもそもアイアンというクラブは、
狙った場所に「運ぶ」ことが目的のクラブです。

ドライバーのように遠くまで飛ばすことを求めるのではなく、
狙った位置まで飛ばすための、
「方向性」と「飛距離」の【正確さ】が求められます。

フェアウェイでの使用が一番多くなるのは当然のことですが、
ラフやバンカーなど色々なコンディションの
地面にも対応できるようになっているのが、
アイアンの大きな特徴でもあります。

使用する場面が多いということはアイアンの打ち方が上手くなれば、
スコアアアップに直結するということです。

プロとアマチュアゴルファーの
アイアンショットでの違い

実際にトーナメント会場に行ったり、
テレビ中継などでプロゴルファーのプレーを見ていると、
9番アイアンで150ヤードは当たり前のように打ちますし、
200ヤードくらいのパー3を7番アイアンくらいで打つのもよく見ますよね。

個人差はありますが、
男子プロゴルファーの7番アイアンの平均的な飛距離は、
160ヤード~210ヤード。

女子プロゴルファーの7番アイアンの平均的な飛距離は、
140~155ヤードくらいと言われており、
アマチュアゴルファーの男性の平均飛距離に近い結果です。

男子プロゴルファーはもちろんのこと、女子プロゴルファーも、
一般アマチュア男子並みの飛距離を出してきますので、
本当に驚きですよね!

しかも、プロが使うアイアンは、
アマチュアゴルファー向けのものよりも
たいていロフトが多い(寝ている)のです。

それなのに、アマチュアよりも2~3番手以上も
飛ぶのはなぜだと思いますか?

違いは色々ありますが、
一番の違いは【ダウンブロー】ができていない点にあります。

プロのようなかっこいい
ダウンブローを成功させるためのコツ

プロがアイアンショットした後には、
大きなターフ(芝)が取られています。

放ったショットは、グリーン上でピタッと止まります。
アマチュアゴルファーにとって、
ターフが飛んでいく様やピタリと止まる風景は
かなりの憧れではないでしょうか。

アイアンのスイングにおいて、
以前、アメリカで行われた調査によると、
同じようにスイングしているように見えても、
アマチュアゴルファーとプロゴルファーでは、
最下点に大きな違いがあったという結果が出ています。

アマチュアゴルファーは、
ボールの2~3センチ手前に最下点が来ているのに対して、
トッププレーヤーの最下点は、なんとボールの10センチ先。

これはどういうことかと言うと、
ボールの手前に最下点が来ていればいるほど、
スイングにすくい打ちの傾向が見られる、ということです。

ダウンブローと言っても、
特別なスイングをしているわけではありません。

ただ、ボールをティーアップしているドライバーショットとは違い、
アイアンの場合はスイングの最下点がボールの先にあります。

ダウンスイングの途中でボールにヒットしているわけで、
だからダウンブローというのです。

プロのアイアンショットでは
ボールのあった場所より先のターフが取れます。
もし、手前のターフが取れれば、それはダフったという証拠なのです。

では、ダフらないためのダウンブローのコツ、
プロのようなターフを取るスイングを成功させるためのコツを、
こちらの動画でお伝えしていますので、ぜひ、ご覧ください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブのシャフトなんて全部同じでしょう?

2021.12.02
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「クラブのシャフトなんて全部同じでしょう?」
 

という話をさせていただきます。
 

このようなご質問をいただきました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬本番へ備えた、ゴルフ向け寒さ対策グッズ

2021.12.01
glteam

こんにちは。
ゴルフライブ事務局です。

 
12月に入りすっかり気温も落ちてきて、
いよいよこれから冬本番という感じですね。

 
自宅でも寒さ対策にコタツや掛け布団を引っ張り出したりと、
既に万全の対策をした方も多いのではないでしょうか。

 
しかし、冬のゴルフにおいては
寒さに対する管理が非常に難しいの
ご存じでしょうか?

pre_01
pre_01

 
たいていのスポーツは動いている間と休んでいる間が
数回程度のインターバルで区切られています。

 
サッカーなら前後半の2分割、バスケットやアメフトならクウォーター(4分割)
といったように、長時間の運動を数回に分けています。

 
一方ゴルフはプレーの合間合間でカートに乗ったり、
動いて、止まっての静と動を繰り返すことが多い
のです。

しかも、寒風を受ける屋外スポーツという条件下で。

 
この条件下での冬ゴルフで、どんな問題が発生するか。

 
それは、
体が冷えて筋肉が力を出しにくく、
温まってもすぐに冷えてを繰り返し体力が奪われやすい
ということです。

体調もパフォーマンスも管理が難しい冬ゴルフ

 
寒いなら重ね着をしていけばいい。というのは
もちろん基本的な対策ですが、

 
スイングの動きに影響が出るのはもちろん、
プレーで動いているうちに暑くなり、
途中で上着を脱いでしまう場面も多く見受けられます。

 
そのような場合はたいてい一時的には体が温まっても、
プレーの合間で一気に体の芯まで冷えが進行してしまうことが多いです。

むしろ、汗をかいたままならより体を冷えやすい状態なので、
さらに状況としては悪化しているといえます。

 
では、どういう対策をとることが最適なのか。

それは

暑すぎない範囲で温度調整が可能で、かつ
動いていない時にもきちんと暖かい温度をキープできる
そんな条件を満たすアイテムなのです。

 
本日は、そんな要望をゴルフで叶えるのに
ピッタリのアイテムをご紹介します。

ずっと着ていられるヒーター付きベスト

 
そのアイテムとは、ヒーター付きのベスト
カーボンヒートベスト「EXHEAT」です。

pre_01pre_01
 
このアイテムの特徴は、なんといっても
前面と背面に温度調整可能なヒートポイントがあり、
外気条件に応じて適切な暖かい状態をキープできるということです。

pre_01pre_01
サイズ表記は男性用サイズ基準となっています。
pre_01

胸のシリコンボタンを押すことで、ヒーターの温度を3段階に調整が可能
運動の状態や時間帯によって変化する環境に合わせ、使い分けてください。

 
それぞれのモードでの稼働時間と温度は下記のとおりです。


使用時間の目安

強モード 約45℃ 5時間
中モード 約40℃ 7時間
弱モード 約30℃ 9時間

※利用環境、電池の利用状況などにより動作時間は変化します。
 あくまでも参考値となりますので、ご承知ください。

 
シーンに合わせ長時間稼働も可能なため、ゴルフの使用にも適しています。

スイング時の違和感の最大の原因である肩・腕や胴体の可動域についても、
ベスト型であり柔らかい素材のため気にならずにスイングが可能です。

幅広いシーンでご活用してください

 
冬ゴルフでは体を温めてパフォーマンスを発揮することはもちろん、
屋外でのレジャーやスポーツ、その他さまざまな外出の場面においても
幅広くご活用いただけます。

ぜひ、寒さの厳しいこれからの冬にお役立てください。

ただし、各サイズ在庫に限りがございます。
御確認はお早めに。

12/1 LLサイズは完売しました。
12/2 Mサイズは完売しました。
    M・LLサイズ10着だけ追加で確保できました。

※各サイズ完売次第ご注文ができなくなりますので、ご注意ください。
 
pre_01pre_01
pre_01pre_01

btnbtn


12/1 LLサイズは完売しました。
12/2 Mサイズは完売しました。
    M・LLサイズ10着だけ追加で確保できました。

※各サイズ完売次第ご注文ができなくなりますので、ご注意ください。

商品は通常ご注文から2週間以内に発送いたします。

クレジットカードのお支払いをご選択の場合は、ご注文時に即時決済完了となりますので
予めご了承くださいませ。

 


pre_01pre_01


よくあるご質問

 
Q. どうやって使うのですか?

A. ベスト内側のポケットにケーブルがあるので、そこにバッテリーを差し込めば使用可能となります。
  胸のボタンを長押しで起動、5分程度で暖かい状態になります。


Q. 洗濯はできますか?

A. 手洗いでの洗濯等に関しては行っていただいても問題ありません。
  洗濯機の使用はできません。


Q. ほかのリチウムイオンバッテリーでも代用できますか?

A. 付属のリチウムイオンバッテリー以外との互換は推奨できません。
故障などの原因となることがあります。


Q. ヒーターは取り外せますか?一体型ですか?

A. ヒーターはベストと一体となっています。


Q. サイズにSはありますか?

A. インナーなどの衣類の上に着るものなので、小さすぎるサイズは窮屈になるため
  サイズはMからとなっています。


Q. サイズはどう選べばよいですか?

A. 通常選んでいる衣類のサイズか、その一つ上のサイズが適正になります。
  不安な場合は、胸囲などの数値を参考にご検討ください。
  例:普段の服がMサイズでジャストか少しキツイ → Lサイズ
    普段の服がMサイズで余裕がある → Mサイズ


pre_01pre_01
pre_01pre_01

btnbtn


12/1 LLサイズは完売しました。
12/2 Mサイズは完売しました。
    M・LLサイズ10着だけ追加で確保できました。

※各サイズ完売次第ご注文ができなくなりますので、ご注意ください。

商品は通常ご注文から2週間以内に発送いたします。

クレジットカードのお支払いをご選択の場合は、ご注文時に即時決済完了となりますので
予めご了承くださいませ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グリーン周りのシャンクにご用心

2021.12.01
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

関東も一気に冷え込んで、
ストーブや暖房が必須な気温になってきましたね。

 
冬のゴルフはゴルフ場の芝の状態も変わるため、
夏場などよりミスが出やすいといわれています。

 
中でもミスが出てほしくない重要な場面といえば、
グリーン周りからのアプローチですよね。

 
ピンそばにピタリ!と寄せられれば
パット数も減らせて勢いに乗れますが、

そんな局面だからこそ、緊張から
手痛いミスをしてしまった経験のある方も
多いのではないでしょうか。

 
グリーン周りのミスでも特に多いお悩みが、
シャンクが出やすいという相談です。

シャンクの原因と対策

 
シャンクの種類としてはアイアンの先端と、
ネック部分のどちらかに当たる2つがありますが、

ほとんどの場合は、ネックに当たってしまっていることが多いです。

 
では、なぜグリーン周りでシャンクが出やすく、
どうすれば対策することができるのか?

 
特に注意するべき2つのポイントについて話して
ぜひ実践してシャンクを撲滅してください!



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしょうか?

アドレス時の姿勢
グリップと体の距離

 
この2つの意識で、シャンクはかなり出にくくなります。

1度ミスをしてしまうと気が急いてついつい慌ててしまいがちですが、
この2つのポイントを思い出し、冷静に対処すれば
堅実でスコア安定したアプローチが可能になります。

 
冬ゴルフ本番へ向けて、シャンクの悩みを解消して
ベストスコアを目指してください!

 
近藤



<本日のオススメ>

オンプレーンなスイングを
最短・最速で手に入れるために
アメリカで開発された練習器具

『パワーパッケージ』

 
全世界5万人以上のゴルファーが使用しており、

トッププロゴルファー達も愛用するほどのスイング改善効果と、
一人でいつでも実践できる手軽さを両立した発明品です。

 
国内外問わずゴルフ界を震撼させたこの発明品。

その秘密を、是非ご確認ください。

パワーパッケージの秘密はこちらから

https://g-live.info/click/powerpackage_2111/

ただし、最初に確保した100セットはあっという間に予約限度数に達して、
残りは追加で取り寄せられた42セットのみです。

 
ご興味がある方は、完売する前にお早めにご確認ください。


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダフリゼロ!クリーンヒットにはコレやって

2021.11.30
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ダフリゼロ!クリーンヒットにはコレやって」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ズバリ、今日お伝えすることをきちんと守れば
ダフリやトップはなくなります。その方法は。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効率的にスイングを安定!もったいないミス改善へ…

2021.11.29
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

練習場では安定したショットを
打っているのに、

コースに入った途端、
ミスが頻発してしまう…

平らな所では当たるけど、
肝心な場面で当たらない…

そんな経験は
ないでしょうか?

こういったコースや
ここ一番といった重要な場面で、

普段は出ないミスが出てしまう場合は…

ミート率が原因で、
スコアを崩してしまっている可能性が
あるかもしれません。

ミート率が安定していない場合、
コースへ行ったときダフリやトップ、シャンク、テンプラなど。

あらゆるミスヒットを引き起こしてしまう
確率が高くなります。

しっかり芯に当てることができれば、
自然とナイスショットの確率も上がってきます。

ミート率の低下が引き起こすこと…



ボールに効率的に
力を伝えられているということは、

それだけボールに対して
正確にクラブをミートできているということです。

正確にミートできていれば、
自分が狙ったところに安定して飛ばすことができます。

しかし、そんなミート率が下がってしまう原因の中でも、
特に多いのが体の軸ブレ、左右へのブレや上下動。

そしてアウトサイドイン軌道やインサイドアウト軌道が強く
大きくスイング軌道にズレがある場合です。

かえって、ミート率が高ければ、

ショットが安定し、
さらにヘッドスピードがあまり速くなくても、
最大限の距離を得ることができます。

本日はこのミート率の低下から、
ミスを引き起こす確率を減らすために…

根本的なミート率改善につながる
練習方法をご紹介したいと思います。

ミート率改善ドリル



体の動きやクラブの動きを改善し、
ミート率をさらに上げていきたいといった方へ

飛距離アップに繋がるおすすめの練習方法を
ご紹介させていただきたいと思います。

今回ご紹介したいのは、
「ティの連続打ち」です。

ラウンド前のウォーミングアップとして、
はたまた冬の間のちょっとしたトレーニングとして。

ぜひ取り入れていただきたいと思います。

「ティの連続打ち」は、
スイングをする際、行きも帰りもティを打つ
という練習ドリルです。

これは実際にボールを打つドリルとは違って、
ボールの行方を気にせず、

いい球が出たかどうかではなく
正しい動きを意識してスイングに
集中することができます。

さらに、このスイングの行き帰りでティを打つ、
「ティの連続打ち」ドリルでは、

とても重要なポイントがあります。

それは、頭の上下動をいかに抑えるか、ということです。

この「ティの連続打ち」をしている際、
スイング中に頭の高さが上下してしまいますと…

空振りしてしまったり、
地面に打ち付けてしまったり…

クラブの降りてくる場所が
不安定になってしまいます。

つまり頭の上下動を抑え、
「ティの連続打ち」で安定して

ティをスイングの行き帰り、
連続して打ち続けることができれば…

実際にボールを打つ際には、
頭の上下動か改善され、クラブがボールに対して、
安定した入り方をするので、

結果的にダフリトップなどのミスが減っていきます。

最後に・・・



徐々に「ティの連続打ち」に慣れてきたら、
スイングの行き帰りが同じ軌道を通るようになるのが
最終的には理想です。

どうしてもティに当てることだけを
重視してしまうと。

行き帰りでスイング軌道が
ばらばらになってしまいます。

まず、最初のステップとして、
行きも帰りもティに当てる

そして、次のステップとして、
行きも帰りも同じ軌跡を通る

この2つのポイントを踏まえながら、
練習場で徹底的に「ティの連続打ち」に
取り組んでいただけたらと思います。

飛距離アップというと、
どうしてもヘッドスピードを上げることに
着目してしまいがちですが…

ですが、今のヘッドスピードで
いかにミート率を上げていくか?
というのも、効率良く飛ばす近道ですね。

ヘッドスピードがあまり速くなくても、
ミート率が高ければ、ミスショットを減らし、
そして最大限の距離を得ることができますので、
ぜひ試してみてくださいね。



<本日のおすすめ>

海外のトップレベルのプロ選手、
1,000人以上のティーチングプロ、

世界中の50,000人以上のゴルファーが
使用しているメガヒット練習器具。

Power Package(パワーパッケージ)

多様な原因で発生する
スイングの問題を全て明らかにして、

感覚的にスイングをすぐ修正…

安定したスイングを身につけ、
ミスヒットを減らせて、飛距離も出せる…

たった数十分のスイングで、
オンプレーンなスイングの感覚を
身に着けることができる

米国、オーストラリアなど各国で人気の
パワーパッケージ。

この話題のスイング練習器具の詳細はこちら…

https://g-live.info/click/powerpackage_2111/

※今回確保できたのは100台限定。
 完売次第、ご案内は終了となります。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年齢と共に落ちた飛距離…まだ諦めないでください!

2021.11.27
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

本日もメールをご購読いただき
ありがとうございます。

今日はあなたに年齢とともに落ちてきてしまう飛距離への
対処法をお伝えしていきたいと思います。

ドライバーで飛ばすというのはゴルフの醍醐味でもあり、
打った時も気持ちいいですよね。

しかし、年齢と共に筋力も低下してくるので、
飛距離が伸びなくなってきてしまったという
悩みをお持ちの方も多くいるのも事実です。

昔の自分のスイングがあったかと思いますが、
その頃とは、体も変わってきていると思いますし、
筋力や柔軟性も落ちている状態なので、
同じようにスイングをしてもいい結果に結びつきにくいです。

この時に重要になってくることは、

1.体を自由に動かすこと。
2.体力にあったスイングをしていくこと。

です。

今日は、そんなお悩みをお持ちの方への
2点を重点的にアドバイスをしていこうと思います

飛距離を取り戻していく上で
重要な2つのポイントの重要点とは

よく雑誌やYouTubeなどでは、
下半身を固めて、肩だけ回して捻転差を作ることは重要視されていますね。

捻転差を作ることは、もちろん重要です。

しかし、この動きをシニアゴルファーの方が
やってしまうとどうなるかというと、
トップスイングが全然上がらないんです。

よくシニアゴルファーの方が、
「トップが上がらなくなっちゃたなぁ~」という声をよく聞きます。

この原因として多いのが、昔のスイングを今も行こなっていることです。
最初にも説明もしましたが、年齢と共に筋力も衰え、
筋力や柔軟性も落ちている状態で下半身を固定してしまうと、
捻転差を作ることできないんです。

なので、しっかりと自分の体の動きにあった適正な
バックスイングを覚えていく必要があります。

その時に重要なのが「膝(ひざ)」です。

シニアプロゴルファーを見ていただいても分かると思いますが、
膝を使い、大きな助走距離を取り戻すことによって、
ダウンスイングでスピードが出るようになってきます。

年齢層に合ったスイングや理論、
体の動かし方のポイントというのが必ずあります。

年齢と共に飛距離が落ちてきたな。と感じる人は
今までの理論を一度取り払ってみることで、
自分の体も動かしやすくなり、飛距離アップにも繋がってきます。

体にあったスイングをすることで、
体への無理な負担も減らせ、飛距離アップにも繋がる!
このことをぜひ、覚えておいていただきたいなと思います。

追伸:私が発掘した最大の発明

 「どうやったら飛距離が伸びるのか
  もっと飛距離を伸ばしたい。。。」

多くのアマチュアゴルファーが
飛距離に悩んでいるのは事実です。

その飛ばしの不安や問題を解決するために
私が発明した最大の飛距離アッププログラム

 ヘッドアップスピードプログラム

プログラムの中にあるドリルを順番に実践することで
エスカレーター式にステップアップしていき、
飛距離アップすることが出来るようになります。

ご興味があれば、
こちらもチェックしてみてください。

詳細はコチラをクリック
 
 

飛距離と方向性を同時に高める
とっておきのドライバー練習プログラムですので、
ぜひあなたも試してみてください。

服部コースケ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全世界でメガヒットのスイング練習アイテム

2021.11.26
glteam

こんにちは。
ゴルフライブ事務局です。

 
オンプレーンで安定したスイングを身に着けられれば
ミスヒットも減らせて飛距離も出せるので、
ゴルファーなら誰しも目標とする事ですよね。

 
しかし、ちゃんとオンプレーンになっているかを
自分で確認するのはなかなか骨が折れますよね。

 
スイングを撮影して確認し、スイングを修正して、また確認して…

 
そうして整えたスイングも、しばらく期間が経過すると
また崩れてしまっていることも多々あるので、
スイング習得までの道のりの長さを痛感します。

 
しかし、もしも
スイングの良し悪しが簡単にわかり、
数十分のスイングでオンプレーンなスイングの感覚を
身に着ける方法
があるとしたら、、、?

 
百聞は一見に如かず。
ますは、こちらの動画をご覧ください。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

 

ご覧いただけたでしょうか?

 
この練習器具こそ、
海外のトップレベルのプロ選手、
1,000人以上のティーチングプロ、
世界中の50,000人以上のゴルファー
が使用しているメガヒット練習器具。

Power Package
(パワーパッケージ)
です。

pre_01

オンプレーンが勝手に身につく発明品

 
このパワーパッケージは、スイングの良し悪し・改善が簡単に判定できて、修正も簡単に行う事ができます。

 
ただスイングの開始からフィニッシュまでの範囲の4つのポイントを意識すること。

ただそれを確認するだけで、スイングの問題点・改善の仕方がすぐに判明します。

 
あまりに簡単にスイングを改善できる器具なだけに、多くのプロゴルファーも愛用しており、

リッキー・ファウラー
フィル・ミケルソン
ジョーダン・スピース

といった人気の実力派プロ達も使っているアイテムなのです。

 
スイングのどこが悪いのか、もう動画を確認して悩む必要はありません。

鏡を見ながら、もっとこうしたほうが良いのかと試行錯誤する必要もありません。

このパワーパッケージさえあれば、オンプレーンなスイングを自動であなたにインストールしてくれるからです。 

 
では、実際にパワースイングを使った
スイングの流れとパワーパッケージの効果についてご紹介していきます。

パワーパッケージ実践の流れ

まず、パワーパッケージをアイアンに取り付けてアドレスに入ります。

 
アドレス~スイングスタート
この時点では、パワーパッケージは腕と接しておらず、拘束感なくスイングを開始できます。

pre_01
pre_01

 
ポイント①
テークバックでクラブが地面と平行になったあたりの地点から、腕がカップに収まります。

もし手首が開いたりしてフェース面がスクエアになっていない場合、腕はカップに収まらずにすぐに判断できます。

ここからポイント③まで、腕はカップに収まったままの状態をキープすることを意識します。

pre_01
pre_01

 
ポイント②
テークバックが完全に完了した状態です。

ここで肘や腕が不要に曲がっていたりすればカップから腕が当然外れてしまいますし、
スライスなどに悩む方に多く見られる開きすぎ・閉じすぎた状態で振り下ろそうとしても、腕をカップの中に維持することはできません。

pre_01
pre_01

 
ポイント③
クラブが地面と平行になるあたりまでのダウンスイングです。

手首、腕の角度を維持したまま振りおろせば、カップと腕は離れないままターゲットラインに対してスクエアな状態になっています。
ここからインパクト後までは一度腕はカップから離れるため、インパクト時に窮屈さを感じることはありません。

pre_01
pre_01

 
インパクト前後
インパクト前後はカップと腕は分離します。

この後、フォロースルーからフィニッシュにかけて
再びカップに腕が収まるようになっていれば、
理想的なオンプレーンなスイングの軌道を描いている状態となります。

pre_01
pre_01

 
ポイント④
最後にフォロースルーからフィニッシュにかけてカップに腕が戻ってくればOKです。

体をしっかりと回せていない状態や、腕が開いていたりする場合にはカップに腕が戻ってきません。

pre_01
pre_01

 

以上です。

このパワーパッケージの優れている点は、多様な原因で発生するスイングの問題を全て明らかにして、感覚的にすぐに修正できるという点です。

 
例えば、一言にスライスの悩みといっても、

手首の角度が問題でフェースが開いているのか
腕や開いていてクラブコントロールができていないのか
身体の回転に腕の振りが追いつかないのか

 
問題の原因は人によって様々です。

 
しかし、このパワーパッケージは、
スイング時に問題があるポイントが即座に判定できるうえに、
カップに腕が収まるように調整するだけで、簡単に改善されたスイングが実現できるのです。

pre_01

 
こんなに簡単に最適なスイングを知ることができるなら、
人からアドバイスをもらったり
自分でスイングをチェックするといった工程を大幅にショートカットし、
最短でオンプレーンなスイングを身に付けることが可能になると思いませんか?

 
さらに、このパワーパッケージの性能を余すことなく使いこなしていただくために、
パワーパッケージ活用のためのレッスン動画もお送りします。

パワーパッケージを100%活用するために

今回ご購入いただいた方には、
メールでパワーパッケージを100%活用するための動画のURLをお送りしています。

【動画内容】パワーパッケージの活用法
・基本の使用方法について
・正しいグリップについて
・バックスイングで腕からカップが外れる場合の改善方法
・ダウンスイングで腕からカップが外れる場合の改善方法

 
未体験の練習器具で使いこなせるか自信がない方も、
安心してご活用頂けるないようになっています。

100台限定の入荷分予約

北米で話題となり、米国だけに留まらずオーストラリアなど各国で人気のこのパワーパッケージ。
来月に日本に入荷する100台を予約分としてようやく確保できました!

 
ただし、各方面で話題になって引っ張りだこのこの練習器具、
日本国内でも雑誌や各ゴルフメディアで紹介されているため、
予約分だけでも短時間での完売が予想されます。

 
ご興味のある方は、
売り切れてしまう前に、確実に手に入れてください!

 
11/29 予約分、完売しました

11/30 追加分42個予約枠追加しました!
こちらも先行分と同じく12月中に入荷予定です。

pre_01pre_01
pre_01pre_01

btn

商品はご注文から3週間程度で発送の予定です。
右利き専用になりますので、左利きの方にはご使用いただけません。

クレジットカードのお支払いをご選択の場合は、ご注文時に即時決済完了となりますので
予めご了承くださいませ。

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]正確なドライバーショットでラウンドは決まる!

2021.11.26
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

いつもメールマガジンのご購読
ありがとうございます。

最近、一段と冷え込むようになりましたね。
初雪を観測した地域もあるようで、
一気に冬になった感じですね。
関東も特に朝や夜は一気に気温が下がっています。

ゴルフ好きのみなさんは、
寒い日でも、ゴルフを楽しみたい!
と思いますよね。

しかし、服を着込んでいるうえに、
緊張や寒さで体も上手く動かず、
朝一のドライバーショットは不発に…

このような経験をしたことはありませんか?

そして、
寒い日はナイスショットできなくても仕方ない。
と諦めてはいませんか?

ドライバーショットというものは、
季節に関係なくやはり緊張しますよね。

「ダフリたくないな。」

「トップしたくないな。」

「チョロが出たらどうしよう。」

など、ショット前に色々な不安から
緊張している人も多くいると思います。

まず、メンタル面でお話をすると、
その失敗のイメージが頭の中で映像化されてしまい、
失敗する確率が高くなってしまいます。

なのでメンタル面では、
ポジティブなイメージを持つことがとても大切です!
「◯◯したらどうしよう…」ではなく、、、

「◯◯しないようにしよう!」
という風に、解決しようという考え方に変えていきましょう!

では、技術面においてはどうしたらいいのか?
ドライバーショットの正確性を高める練習方法とは?

こちらでお伝えしていますので、
ぜひ、ご覧ください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加