カテゴリー別アーカイブ: メルマガ

アマチュアゴルファーの理想の球筋は?

2017.10.22
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先日スタジオで
最近ゴルフデビューしたばかりの
生徒さんにある相談をされました。

「服部さん、どうしても
ボールが真っ直ぐ飛ばないんです、、、」

ゴルフをはじめたばかりの方は
まっすぐ飛んでいく「ストレートボール」
こそがナイスショットだと思いがちですよね。

ストレートボールこそが
ゴルフの基本だと思い込み
一生懸命練習を続けるのですが、、、

実はプロゴルファーでも
ストレートボールを打つことは不可能に近いです。

プロが放つ球はストレートに見えても
サイドスピンがかかっていますから。

「じゃあどんな球が理想なの?」
と感じたと思います。

私はオススメするのは、、、
  
            

ドローボールとは?

私は迷わずにドローボールをオススメします。

それを生徒さんに提案すると
「ええっ、私には無理ですよ」

そう言ってくる生徒さんがとても多いのですが。

おそらくプロが使っている球筋というイメージで
ゴルファー憧れの球という印象が強すぎるのだと思います。

ですが実際は全くそんなことはありません。
やり方さえ知ってしまえば誰にでも打てますし

アマチュアゴゴルファーが抱えている
ほとんど全ての悩みを一気に解決してくれる
アマチュアゴルファーにとって夢のような球筋なんです。

               

ドローボールの特徴は?

何と言ってもドローボールの特徴は
最長飛距離が出せるという点です。

クラブフェースを閉じながら球を捉えるため
ボールの打ち出し角が低くなり落下してからの
ランがとても伸びるのです。

また、低い弾道のドローボールは風に負けることもなく
天候に左右冴えることなく安定したゴルフができます。

・スライスがどうしても直らない
・どうしても飛距離が伸びない
・そもそも飛距離を伸ばす方法がわからない
・ベストスコアが全然更新できない

ほとんどのゴルファーが抱えているこんな悩みも
ドローボールを身につけてしまえば
一気に解決することができるのです。

中でも全ゴルファーの8割近くが悩んでいる
スライス癖を強制的に治せるのが大きいですよね。

          
だからといってドローボールは
特殊な打ち方をするわけではないんです。

その証拠に横から見たら
ストレートボールのように見えますから。

やり方さえ知っていれば誰でも打てる
至ってシンプルなボールなのです。

ただしストレートボールとは
“ほんの少しだけ違ったコツ”
のようなものがあるんです。

その”コツ”を自身のスイングに取り入れることで
誰でもかんたんにドローボールを打つことが出来るようになります。

     

「ロングドライブプログラム~ドローボール編~」

私の最新作の中でそのやり方を詳しく紹介しています。

フェードは筋力な体格がないと
飛距離を出すことは出来ませんが

ドローボールはとにかく
かんたんに飛距離を出すことができます。

歳を重ねていっても
飛ばしのゴルフを楽しみたいなら
ぜひドローボールを身に着けてください。

もう一度だけ言わせてください。
ドローボールは決して特殊な球筋ではないですし
難しい打ち方をするわけでもありません。

ドローボールを身につけることは本当にメリットしかありません。
飛距離だけでなく確実にスコアも自己最高をだせます。

ぜひ取り組んでドローボールを身に着けてください。

あなたのゴルフを
次のステージへ導きます。

http://g-live.info/click/drow20171018/

プレゼント付き:引退 最終戦

2017.10.21
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちはッ!!!

皆さん こんにちは

今日は、しんみりした話です。

太一郎こと・・・清田太一郎プロと僕のコンビが日本オープンで終了しました。

実は、今シーズンで太一郎は【引退】するのです。
引退理由は、プロに見切りをつけ、実家の家業を継ぐ為です。

ジュニア時代は、【九州の怪童】と呼ばれ、数々の優勝
学生時代は、優作や星野君としのぎを削り、1998年の日本アマチュアマッチプレーでの優勝
続きを読む

飛距離が落ちてコース攻略が難しくなった…

2017.10.21
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「飛距離が落ちてコース攻略が難しくなった…」

についてお話しようと思います。

もしあなたが、タイトルにあるようなことでお悩みなら、
きっと今日のお話はあなたのお役に立てるはずです。。。

さて、早速本題に行ってみましょう!
続きを読む

徳嵩のツアー巡回時にやっていた企業秘密…

2017.10.19
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「徳嵩のツアー巡回時にやっていた企業秘密…」

という話をしたいと思います。

今日の話というのはズバリ

 「自分がツアーで自社の製品を使ってもらうために
  どんな工夫でツアープロたちに使ってもらったのか?」

という話になります。

この話は何となく野次馬的な、あなたにはあまり
関係ない話にも聞こえるかもしれません。

ですがそこには、あなたのゴルフ上達、
スコアアップに直結するクラブ選びに役立つ話も
しっかり含まれています。
続きを読む

悲しい出来事がありました

2017.10.18
miyamoto

From:宮本大輔
三宮のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です。

悲しい事件が起きました…

ゴルフパフォーマンスに入る前、
今から5年ほど前でしょうか。

修行の一環として無料で
レッスンをしていた時期があったのですが、

当時の生徒さんたちから
ベストスコアが達成できましたー!!
そんな嬉しい声を未だに
頂くことがあります。

そこまでは良かったのですが、ある人は
「宮本くんのおかげで100切れたわー」と
Facebookでメッセージが来たので、

感想をいただけませんか?
と僕が伝えました。

「宮本のレッスンを受けてこんな悩みが解消した」

みたいな感想を頂けたらなと
思ったのです。
続きを読む

※危険 雨の日に革靴はゴルフ上達の鍵…?

2017.10.17
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

いきなりですが、
私は昔レザーソールの革靴
(靴底がゴムじゃなくて皮で出来ている)を
履いていたのですが、

雨の日は靴底がつるつるして、
とても危険なんです。

昔は良く転んで、
恥ずかしい思いもしました笑

でもそんな日は、
滑るまいと「足の裏」に
凄い意識が集中しています。

じつはコレって、
足場の悪い場所でのスイングのときに
とても重要な感触なんです、、、

続きを読む

私の恥ずかしい話(+あなたへのエール)

2017.10.16
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「私の恥ずかしい話(+あなたへのエール)」

について、お話ししたいと思います。

頸椎性筋萎縮症になり、
力が入らず急激に飛距離ダウンしたのが
2015年の4月。

それ以来リハビリにも励んで、
クラブの進化にも助けられたおかげで
最近ではアイアンの飛距離が戻って来たのですが。。。
続きを読む

ゴルフ上達法、誰に聞く?

2017.10.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

このCM知ってますか?

このCM、なんだか耳に残っていて
口ずさんでしまった記憶があります。

「ただいま、運動中♪

 ただいま、運動中♪」

====

古閑美保プロといえば、
いまやゴルフのバラエティ番組でも
引っ張りだこのゴルファーですが、

日本女子ツアー12勝、内メジャー2大会優勝
という華々しい成績を飾った名プレーヤーです。

続きを読む

「ゴルフがうまくなりたい」がうまくいかない理由

2017.10.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「ゴルフが上手くなりたい」
多くの生徒さんは口を揃えて言います。

そこで、私は聞きます。
「上手くなる」ってどういうことだと思いますか?

出てくる答えで多いのが
「ショットを安定させたいです」

実はこれ、「上手くなる」を「ショットが安定」
に言い換えただけで何も変わっていません。

「上手くなる」でも「ショットが安定」
でもどうやったら自分が変われたと言えるのでしょうか?

基準がなければ上達したのかどうか判断のしようがありません。

わたしたちレッスンプロが生徒さんに
「上手くなりましょう」「ショットを安定させましょう」
といくらいっても多くの方は何をしたらいいかわかるわけがありません。

「わかりました」と言ったとしても
具体的にどうしたらいいか答えられる人はほとんどいないはずです。

           

ではどう考えたらいいのか?

とっかかりやすい指標として私がオススメするものをお伝えすると…

「ドライバーで安定度が数値で分かる指標」

があります。

ちなみにこの指標はドライバーショットのミスが
どのくらいスコアに影響したかを示す指標です。

フェアウェイキープ率は
ティショットが成功した確率ですが
私がおすすめするのは観点が全く逆の指標です。

フェアウェイキープできなかったティショットの
スコアへの悪影響を数値化してくれるのです。

1. まず各ホールのティショットに点数をつけます。

Par4とPar5のティショットの結果に点数(ポイント)をつけます。

ラウンド中スコアカードに書く程度でOKです。

ポイントの付け方は


フェアウェイで、グリーンを狙える。
→ 0点。
浅いラフ。グリーンを狙うのに問題ないレベル。
→ 0点。
深いラフで、グリーンを狙うにはかなり厳しい。
→ 1点。
木が前にあって、曲がる球でないとグリーンを狙えない。
→ 1点。
林の奥・木の根元・あごに近いフェアウェイバンカーなどで、グリーンを全く狙えない。
→ 2点。
池やワンペナエリアなどに入った。
→ 3点。
OBやロストボールになった。
→ 4点。

こんな感じです。

2. ラウンド終了後にティショットの点数を合計しそれを2で割った数を算出します。

合計が28だったら   28÷2=14になります。

この14という数字は曲がったティショット
によってあなたが落としたスコアです。

つまりこの値が0に近づけば
あなたのティショットはミスをしていないということです。

このように実際に可視化することのメリットは
ラウンド中のドライバーの出来
「今日はいいな」「なんかよくない」
主観的な評価にならずに客観的に判断できるという点です。

               

目標

私は生徒さんによく
「その日一日で目標としていた数値をどの程度クリアできましたか?」
というのを指標にしてもらいます。

今日オススメした指標の他にはフェアウェイ率でも構いません。

これなら目標値に対してラウンド後にどの程度(何%)クリアできたのか?
それを確認することで達成率から自分の不得意分野
改善点、練習するべき箇所が明確になります。

普段何も考えずに使いがちな便利な言葉「うまくなりたい」
何も考えずに使っていたら改善できるものもできないですし

到達するのに大幅な遠回りをすることになります。

数字や目に見える形で計測してあげることが大切です。
計測できないものは改善できないですから。

         
効率のいい練習をして
最短で目標を達成していきましょう。


 

特別なご案内

いつも私のメールマガジンを
読んでいただきどうもありがとうございます。

突然ですが10月23日(月)に
飛ばしのプライベート・レッスンを行います。

完全6名限定のレッスンで
私服部コースケが1日みっちり
あなたのスイングを見させていただき
飛ばし屋のスイングになってもらいます。

残りが4名様のみとなりますので
お早めに見ていただけたらうれしいです。

お会い出来るのを楽しみにしております。

http://g-live.info/click/hattori171013/

※人数限定募集です。お急ぎください。

リズムを軽視するものリズムに死す

2017.10.14
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちはッ!!!

先週のホンマツアー
優作の完全優勝でした。

ツアー会場の京和カントリーは、距離も短く&受けグリーンでレギュラーツアーの中でも簡単なコース。それが故にグリーン周りは深いラフ・・・

DSC_4679

優作の4日間ノーボギーでのラウンドは、『すばらしい』の一言です。

9日の月曜
僕が関カントリーにコースチェックに行くと・・・
練習グリーンの横でバットする優作に会ったので・・・
『あッ ゴルフの上手い人だッ』と言って近寄り握手で完全優勝を讃えました。

僕が担いだ江連さんは、健闘虚しく予選落ちでしたが・・・約4年ぶりのレギュラーツアーでよく闘ったと思います。
続きを読む

ドライバーのOBスライスが5回に1回も…泣

2017.10.14
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ドライバーのOBスライスが5回に1回も…泣」

についてお話しようと思います。

5回に1回もドライバーでOB。。。
それがスライスなんて、悲しすぎます。(T_T)

放っておくと「ドライバー恐怖症」にもなっちゃうので、
絶対にここは乗り越えてほしい!

さあ、ではそのためにはどうするか?
続きを読む

ピンチはチャンス!

2017.10.13
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

実は、、、
先日コースレッスンで生徒Yさんが

素晴らしいガッツパー※を決めたので、
今日はそのお話をしたいと思います。

あなたにはまだ馴染みのない
言葉かもしれませんが、

※ガッツパーとは、
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、

巧みなテクニックでパーを拾った時
などに使われるゴルフ用語です。

ということで、今日のテーマは、

「ピンチはチャンス!」

というお話をしたいと思います。

あなたはこれまでにピンチを跳ね除け、
トラブルショットからガッツパーを
拾ったことがありますか?

実は、あなたが普段ラウンドしている最中にも
ガッツパーを狙える場面があるかもしれません。

続きを読む

シャフトのメーカが混ざっているのはOK?

2017.10.12
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「シャフトのメーカが混ざっているのはOK?」

という話をしたいと思います。

久しぶりに、質問をいただきました。

ちょっと専門的な質問かなとは思ったんですが、
話としてはけっこう面白い話題も含まれているので、
せっかくなので取り上げてみようと思いました。

いただいたのは、こんな質問です。
続きを読む

ダウンスイングは綱引きだ!

2017.10.11
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフを始めたてのころ、僕より力の無い方が僕より
圧倒的に伸ばしていることが非常に不思議でした。

それは後に切り返しの動きに
秘密があることを知ったのですが、当時の僕は
ひたすら球を打つことで習得していきました。

今思うと、なんとも遠回りしたなと思います。

では、その秘密は何かというと、
綱引きです。

綱引きの要領で、ダウンスイングをすると
ミスが減り、飛距離も伸びます。

今日はそのお話をしていきます。

上半身を置いてけぼりにしましょう

まず、ゴルフにおいて下半身を
使いましょうと言われる理由は、
下半身は大きい筋肉で構成されているからです。

上半身、特に手や腕というのは
体の中でも特に器用に動く部位ですから、
過渡に頼ると、インパクトが安定しません。

そのため、大きく不器用な筋肉を
使った方が、力も出るし軌道も安定します。

しかし、闇雲に下半身から動かしただけでは
効果は得られません。

そこで動かし方が重要となるのですが、
その動かし方のコツが”綱引き”です。

練習方法としては、誰かに協力していただき、
クラブの引っ張り合いをしましょう。

この時、相手に勝つためには手の力だけで
勝つことは難しく、必ず腰を入れて
引っ張ると思います。

その要領で、スイングに取り入れていくのですが
まずは切り返しのところだけを練習します。

具体的には、トップスイングから左に体重を
乗せる瞬間ですが、この綱引きの動きを
取り入れると、体と腕に距離が出来ると思います。

コレが綱引きのポイントなのですが、
腕が体に引っ張られる感じを覚えることで、
球がつかまる軌道が完成します。

また、インパクト~フォローにかけても
さらに飛距離を出すなら、クラブヘッドと
右足で引っ張り合う感覚を掴みます。

このように、

・切り返しで体重移動に引っ張られて腕が降りてくるイメージ
・フォローでクラブヘッドと右足が引っ張り合うイメージ

この2つの意識をスイングに取り込むと、
さらなる飛距離アップ&安定性アップに
つながります。

是非実践してみてくださいね。

ラインはキャディさんに聞いちゃダメです

2017.10.10
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ラインはキャディさんに聞いちゃダメです」

について、お話をしてみたいと思います。

僕はコースでのラウンドレッスンのとき、
こんなふうにズバリ、お客様に言ったりします。

その理由は。。。極めてシンプルです。
続きを読む