カテゴリー別アーカイブ: メルマガ

試合観戦が10倍楽しくなる女子プロの秘密

2017.02.27
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私達ゴルファーにとってはもちろん
選手にとっても待ちに待った国内女子ツアーが開幕しますね。

毎回見応えたっぷりな戦いを見せてくれて
今からワクワクしています。

もちろん女性でもアスリート。

欧米の女子プロゴルファーの中には
はるかに男性を超えるプロもいて
ダイナミックで力強いスイングが魅力です。

しかし、実際日本の女子プロゴルファーは
小柄で可愛らしい人が多いですよね?

日本の女子プロは
世のアマチュアゴルファーにとって良いお手本となります。

女子プロゴルファーは力で飛距離を出すというよりも
基本に忠実に、ゆったりと
身体とクラブをバランスよく振っています。

自分より小さな女性が250y以上飛ぶのをテレビで見ていて

「なぜ、あんなに軽く振っていて飛ぶのだろう?」

といつも疑問に感じますよね。

今日はそんな女子プロのスイングについて
少しお話ししたいと思います。

男性よりも小柄でも飛ばす!

例えば宮里藍選手は157cm、
横峯さくら選手は155cm。

一般男性の平均身長よりもかなり低いですよね?

それでも男性ゴルファーよりはるかに飛ばします!

それは何故か・・・。

簡単に言いますと、
しっかりと体を使ってスイングしているからです。

例えば、ボールを投げる動作でいうと
体を投げる方向に向けたまま腕だけ使って投げても
遠くへ投げられませんよね。

体を横にして、
しっかりと体重移動を行って足を踏み込み、
腰や肩の回転によって腕をしっかりと振り下ろすことによって
ボールに力を加えます。

つまり、
腕の部分がゴルフでいう腕からクラブにあたります。

男性は、手打ちで何とかしようとする人が
多いというのが実際の所。

腕などの小さな筋肉ではなく、
体の大きな筋肉を使って
パワーをクラブに上手く伝えることができると良いですね。

そのためにはスイング時に前傾角度をキープさせ
軸を安定させましょう。

そうすることでスイング軌道が安定し、
効率良くボールに力を伝えることが出来てきます。

女子プロゴルファーを参考にする場合は
ヘッドスピードが自分に近い選手か
自分よりゆったりしたスイングを見るのがオススメです。

スイングリズムが早いプロを参考にすると
スイングのバランスが崩れてしまうことがあるからです。

もしあなたがアスリートタイプで
ヘッドスピードが速いのであれば、
好きな男子プロのスイングを。

もしあなたが平均的なヘッドスピードなら
好きな女子プロのスイングを見る。
といった感じです。

真似できるところは
どんどん真似して女子ツアーを楽しみましょう!

またメールします。


<本日のオススメ>
「お客様が飛ばし屋になれる最高のドライバーを提供したい」

70歳以上のアマチュアのみに特化した
30y飛距離を伸ばせるドライバーが緊急入荷いたしました。

第二のゴルフ人生の幕開けとなるでしょう。

http://g-live.info/click/tovasia17021221/
※15本のみ限定入荷

ゴルファーの爪

2017.02.26
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

「服部さん爪見せて下さい。」
生徒さんからよく言われる言葉です。

「えっ、なんで、、、」
正直はじめはそう思っていました。

ですが結構多くの方に言われるので
今はもう慣れてしまいました。

内容を知ってしまえば納得です。
ああそういうことかという感じです。

実際にもしも自分がゴルフを習っている立場だったら
同じ質問をしているかもしれないですね。

ゴルファーがなぜ爪を気にするのでしょうか 

その訳は、、、

     

ゴルファー特有の悩みとも言えるかもしれません

実はゴルファーを悩ませているのは
足の爪のことなのです。

私に言ってきた生徒さん実は足の指の爪が
変色してしまい、この理由が知りたかったんです。

私も経験があったので気になって
周りのプロに色々聞いてみたんですが、

やはり経験しているプロが多かったです。

原因としてはスイング時に軸足に力がかかり
踏ん張る際に負担がかかってしまうためです。

横を向いているため足の爪もサイドにバランスが
偏ってしまうため、特に足の親指は巻き爪になりやすいのです。

実際に巻き爪になるとスイングがぶれる等
スコアや安定性に大きく影響してくるんです。

これはもはや職業病とも言えるかもしれません。

ちなみに私には職業病がもうひとつあって
筋力トレーニング時に重いものを持つので
手のひらにウエイトだこたるものがあります(笑)

       

爪の負担を軽減するための2つのポイント

・確実に自分に合ったゴルフシューズを選ぶ
・定期的に爪を切り、切り方に注意すること

この2つさえ守っていれば予防することができます。

第一にシューズ選びはとても大事です。
踏み込んだ時に下からの圧力と同時に横からの圧力がかかるので
双方の圧力を防ぐためにシューズがとても重要なのです。

具体的にはつま先と横幅の合った靴を選んで下さい。
ある程度余裕がるくらいが理想です。

特に横幅に無理があると指先だけでなく骨格にも
大きな負担がかかり病気などにつながる可能性もでてきてしまいますから。

メーカで選ぶことよりも自分に合ったものを選ぶことをオススメします。

爪に関しては深爪しないように切ることと
スクエア(正方形)角を残して切ることをオススメします。

深爪をすると地面から圧力によって
肉が爪より盛り上がってしまうからです。

そうなると盛り上がった肉により内側に圧迫されるため巻き爪になります。

                    

すでに巻き爪になっている方は

もし、すでに巻き爪になってしまっている方は
早めの治療をオススメします。

病院に行く、自宅でできる矯正器具
いまは色々な治療法があるみたいです。

きちんとした対処法さえしていれば
簡単に治すことができます。

大事なのは治療をしながら
予防を並行してしていくということ。

爪に問題を抱えていては
満足にゴルフをすることはできませんからね。

ゴルフは下半身がとても大事なスポーツなので
しっかりメンテナンスをして下さいね。

一生ゴルフを楽しんで行くために
できることをやっていきましょう。


<本日オススメ>

片山晋呉プロと江連忠コーチ
豪華タッグで送る

その内容が凄いんです。
全13巻(14時間)のドキュメンタリーレッスン。

わずか1週間で80点のスイングを作る
ということを実現させるという驚愕の内容。

あなたが80点のスイングを手に入れたら
目の前にあるゴルフの問題の80%は解決できます。

レジェンド二人が作り上げた秘伝書。
その秘密を包み隠さず全て公開します。

http://g-live.info/click/ktymezr170223/
3月1日(水)までの限定販売です。

「心」人は怒られても伸びる

2017.02.26
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・人は怒られても伸びる」

というお話をさせていただきます。

今日の話の核心までは、
1分以内で読み終わります。

実は、人は怒られても伸びることができます。

以前に、褒められて伸びることをお伝えしています。

しかし、その真逆の状態である叱られたり、
自分にとって悪い状況に遭遇することでも
褒められるほどではないとしても、能力アップできます。

ライバルに先を越されて、絶対に追い越してやるなんて
気合を入れ直すこともありますし。

要は、良いことは記憶に残りやすいのですが、
悪いことも実はどうでもないことに比べたら
記憶に定着することがポイントです。

今回は、その真相と、逆境に遭遇したときに、
逆境をバネに伸びるために対処すべきことなどを
見てみることにします。
続きを読む

モンゴ、半月殺法!(笑)

2017.02.25
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「モンゴ、半月殺法(笑)」

についてお話しようと思います。

タイトルからちょっと変ですが、すみません(笑)。

でも、この「半月殺法」を取り入れることで
あなたのゴルフは間違いなく変わりますよ~!
続きを読む

「練習嫌い」でも上手くなれる方法

2017.02.23
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「『練習嫌い』でも上手くなれる方法」

という話をしたいと思います。

今日はタイトルからして
ちょっと挑戦的な内容かもしれません。

ですが、自分が長年ゴルフをやってきて
アマチュアゴルファーがいいスコアを出すには

これからお話するような「戦い方」が、
一番の最善策なのかなと。
続きを読む

ドライバーで飛距離も方向性も欲しいのなら…

2017.02.22
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

昨日はお休みを頂き、
ゴルフパフォーマンス千葉店にて
コーチ研修に参加致しました!

手前味噌で恐縮ですが、
これだけ頻繁にコーチが集まって研修会を
行うゴルフスタジオは正直言って他にありません。

やはり、普段は他店舗のコーチと顔を合わせる機会も
少ないので、お互いどんな風にレッスンしているのか
気になりますし、何か間違いがあってもすぐ改善出来ます。

今後もより効率よく上達し、楽しくゴルフに
打ち込める環境作りに励んでいきますので
ここはひとつ、ゴルフパフォーマンスをどうぞ宜しくお願い致します!

・・・と、ひとしきり宣伝を終えたところで本題です(笑)

ここ最近、ゴルフは新商品ラッシュが続いて
大変賑わっていますよね。

ボールやアパレルなど、数多くの商品が発表されまして、
中でもドライバーは特に毎回注目を浴びるわけですが、
あなたはこれ良いなーと思うクラブはありましたか?

その良いなーと思うクラブは人それぞれ違いますが、
最終的なところ、
続きを読む

スイング修正、こんな間違いしていませんか?

2017.02.22
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

ついにかかってしまいました。
インフルエンザ。

ちっちゃい子どもがいると、
風邪をもらってくるから、
それに家族が感染するという悪循環を繰り返し・・・。

僕も先週、インフルエンザで
外出禁止の状態になっていましたm(__)m

タミフルではなく、何か粉のような薬を吸い込み、
自宅でも自分の部屋に
監禁されることになってしまいました。

インフルエンザという診断を受ける前の晩、
寒気と悪寒、頭痛もしてきたので

「こりゃ風邪かも」

と思っていました。

しかし、家にあった市販の風邪薬を飲んでも
一向によくならず・・・

久しぶりのラウンドの疲れからくる筋肉痛も
おさまらず・・・

「もしかして、インフル?!」

続きを読む

4軒、医療関係を回りました。

2017.02.20
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「4軒、医療関係を回りました。」

について、お話ししたいと思います。

今日もちょっと短めですので、
気軽な気持ちでお読み下さい。
(もちろん、ゴルフに関係のある内容です)

タイトルの通り、実は先週のオフに
医療関係を4軒、一気にハシゴしました。
続きを読む

本当のことを告白します

2017.02.20
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

「小原さんって、英語しゃべれるんですか?」

最近よく、いろんな人から聞かれます。

それもそのはず、
ゴルフライブのメルマガなどで
アメリカに行ってPGAゴルフショーの視察に行ってきました・・・など

いかにも英語ペラペラのような雰囲気を出してきたからです。

私のメルマガをよく読んでくれている方は
ご存知かと思いますが…

今日は、本当のことを告白します。

続きを読む

飛距離アップのヒントは日常に、、、

2017.02.19
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

生徒さんの中には
色々なスポーツ歴を持った方がいます。

野球、サッカー、バスケ、ラグビー
それぞれの土台で培った動きを生かしながら
ゴルフ上達に取り組んでいます。

実は最近レッスンしている生徒さんの中で
私よりヘッドスピードが速い方がいるんです。

ゴルフ歴自体はまだ1年程度ですが
昔バレーをやっていたらしく身体能力が高いんです。

まだまだ荒削りな部分は多いですが
実際の飛距離は私と同じくらいですからね。

実はその方、飛距離に必要なあるモノを持っているんです。

そのあるモノとは、、、

       

 ジャンプ力

あるモノとはジャンプ力なんです。

ゴルフとジャンプ力?
一見なんの関係もなさそうですよね。

ですが実は深い関係があるんです。

実際に私のレッスンではジャンプ力アップの
トレーニングを取り入れていますからね。

では一体どんな関係があるんでしょうか、、、

         

ゴルフでしているジャンプとは

   
テークバックからダウンスイング
インパクトの瞬間に左膝が伸びますよね。

実はここがジャンプと同じ動きなんです。

この動きがないと遠心力を活かせないので
飛距離は伸びてこないんです。

逆にこの瞬間の伝える力を強めることで
遠心力を最大限に使うことができ、飛距離は伸びます。

じゃあそのジャンプ力を上げるには
どうしたらいいのでしょうか?

     

ジャンプ力を上げる方法

答えは簡単
下半身の筋力を強化すればいいのです。

実際人間の筋肉の70%は下半身に集中しているんです。

ゴルフで飛距離を出すには下半身。
野球でも球の速いピッチャーは下半身が強い
なんてよく言われますよね。それと同じです。

太ももを鍛えるにはお馴染みのスクワット。
ふくらはぎを鍛えるには爪先立ちで歩くことがおすすめです。

いきなり筋トレをしてしまうと
体に負担が大きいかもしれないので

まずは普段より多く歩いたり、
ジョギングすることから初めてもいいかもしれないです。

さて、その生徒さんですが
バレーで培ったジャンプ力が飛距離を生み出していたんですね。

ですが私もプロとして負けるわけにはいきません。

下半身に磨きをかけて
ジャンプ力伸ばしていきましょう。


<本日のオススメ>

あなたは最高の打感のパターを持っていますか?

・他の人と同じモノを使いたくない方

・パターはオートマチックよりも感覚が大事

・打感や打音が良いものを使いたい

・打感の良さは距離感をつかむ上で重要だ

こんなあなたはぜひこのパターを使って見てください。

あなたのにとってかけがえのない1本になるはずです。

http://g-live.info/click/xenon170214/