カテゴリー別アーカイブ: コースマネジメント

意外と知られていない3つのラフ

2018.08.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「意外と知られていない3つのラフ」

というテーマでお話をしたいと思います。

いきなりですが、
あなたはラフが得意ですか?

もし、答えがNOなのであれば、
今回の話は是非読んでいただきたいです。^^

打ちっぱなしの練習場では、
天然芝のラフでショット練習を
することは出来ません。

実は、これが知らず知らずのうちに
あなたのスコアを蝕む落とし穴になっています。

今回のテーマである、
3つのラフをしっかりと理解しておくことで、
かんたんにベストスコアを達成してしまいます。

現に、先日のコースレッスンでは
生徒さん4人中、3人がベストスコアを
あっさりと更新してしまいました・・・

3つのラフとは?

まず初めに、3つのラフについて、
お話をしたいと思いますが、

ここで言う、ラフの種類というのは、
日本芝とか西洋芝のような品種の話ではありません(笑

ボールの状態を表す種類を指します。

具体的には、

・ボールがラフに浮いてる状態

・ボールが半分沈んでる状態

・ボールが完全に沈んでる状態

を指します。

ラフの種類

なんだ、そんなことか。

と思われるかもしれませんが、
実はこの状況に合わせたクラブ選択が重要なんです。

先日のコースティーチングでの話

冒頭でも少し触れましたが、
先日のコースレッスンで生徒さんと一緒に回っていたのですが、

皆さん、意外にラフの対処がよくわからずに、
何となく普段のショットイメージで
ラフでもショットしていることに気が付きました。

言ってしまえば、
敢えて難しいクラブでショットしているんです。

例えば、、、

380Yのミドルホール。
ティーショットを引っ掛けて左サイドのラフへ。
セカンド地点からは残り180Y程度ありました。

ボールは完全にラフに沈み込んでしまっている状況で、
グリーンまでまだ距離もあり、心情としては少しでも距離を稼いでおきたい場面です。

そこで、生徒Aさんから
こんなクラブ選択の質問をもらいました。

「水柿プロ。この状況からUTでいけますか?」

僕:ちょっと待って下さい!

このボールが沈んでいる状況で、
UTだと芝の抵抗をモロに受けるので、危険なクラブ選択です。
下手したらラフから脱出すら出来ないかもしれません。

確実にショートアイアンで
フェアウェイに出して刻んでいきましょう!
といったアドバイスを行いました。

そこから、毎ショット一人ひとりのレベルに合わせて
状況ごとに最適なクラブをアドバイスしながら
ラウンドしてもらうことにしたんですね。

結果、生徒さん4人中、3人がベストスコアを
あっさりと更新してしまいました・・・

■生徒Aさん:92ベストスコア88

■生徒Bさん:120ベストスコア103

■生徒Cさん:140ベストスコア123

本当にあっさりと。^^;

状況別ラフの注意点

■ボールがラフに浮いてる状態

浮いている場合は、芝の抵抗もあまり無いので、
ティーアップされているのと同じイメージになります。

ただし、鋭角に振った時や、ウェッジなどでは
だるま落としのミスが出やすいので、要注意です。

スピンもかかりやすいので、
ピンをデットに狙っていけますね。^^

距離が残っているのであれば、
FWなどでも果敢に狙っていきましょう。

■ボールが半分沈んでる状態(要注意)

ボールが少し沈んだ状態だと芝の抵抗を受けるので、
番手を一つ、場合によっては2つ上げて打ちます。

傾向としては、ボールが沈んでいると
キャリーが落ちて、ランが出やすくなります。

理由はフェース面が芝の抵抗を受けて
振り抜きにくくなることで、飛距離が落ちます。
そして、フェース面とボールとの間に芝が入り込むことで、
ボールのスピン量が減り、ランが出やすくなります。

ピンを狙っていく場合には、直接グリーンオンしてしまうと、
これがオーバーする原因になります。。。

ですので、グリーン手前。
花道から狙っていくというイメージがあったらバッチリですね!

※ある程度ヘッドスピードが出る方は、キャリーとランの両方が出やすくなる
フライヤーという現象が起きる場合もあります。

■ボールが完全に沈んでる状態(注意度MAX)

ボールが完全に沈んでしまっているラフが一番難しいです。

こいった状況の場合には、無理に狙わずに、
ショートアイアンで最優先で脱出することにフォーカスします。

ショートアイアンはロフトが寝ている為、
芝の影響を受けにくいんですね。^^

草刈りのカマを想像してもらうとイメージがしやすいかもしれません。

ショートアイアン

ちなみに、ラフの深さで有名な全米オープンで2勝を挙げている
アーニー・エルスはこのように語っています。

「ボールが深く沈んでいるラフからは
 7番アイアンまでしか持たない。」

プロでさえ深いラフでは芝の影響を考えて
7番以上のフェースが立ったクラブでは振りません。

あなたは、ラフの状況を考えて
しっかりとマネジメントできていますか?

特にこの時期の夏芝。

深いラフに入れてしまうと、
大叩きしてしまうリスクが一気に上がります。

是非今回のメルマガを参考に、
夏のゴルフを楽しんでみてくださいね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

最短で100切りのスキルを身に付けるために何が必要か?
小原プロいわく、

・ボールにパワーが伝わるインパクトの瞬間を正しい形にすること
・それを実際のコースで確実に再現することです

この二つが自宅で気軽に身についてしまうのが
この小原プロの「室内練習プログラム」です…

http://g-live.info/click/oba_inside1808/

犯罪者心理とゴルフ上達の関係

2018.07.30
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

「犯罪者心理とゴルフ上達の関係」。。。

ちょっと変なタイトルですが。。。
今日は短めです。さらっとお読み下さい。

はじめに、私の個人的な体験から。。。
続きを読む

大叩きしてしまうんです・・・

2018.07.06
mizugaki

From:ガッツパー水柿
土浦カントリー倶楽部より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

関東でも梅雨明けが発表され、
一気に暑くなったなと思ったら
記録的豪雨・・・

そんな中、今日は土砂降りの中、
9月に開催するコンペの下見ということで、

ゴルフパフォーマンスのコーチ陣と
土浦カントリークラブでラウンドしました。^^

mizu

さて今回のテーマは、

「大叩きしてしまうんです・・・」

というテーマでお話をしたいと思います。

このご質問はメルマガでも
レッスンでもよくいただく質問です。

大叩きするのはミスショットが原因です。

しかし、実は、

大叩きをしてしまう時に
共通して言えることがあります。

それは、、、

続きを読む

全米オープンもあなたのスコアUPに結びつく

2018.06.26
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

さて、今日あなたにお話したいのは、
 

 「全米オープンもあなたのスコアUPに結びつく」
 

です。
 

先週、全米オープンが終わりました。
ブルックス・ケプカが、2連覇。

連覇は1988~89年のカーティス・ストレンジ以来の、7人目。
その前の連覇は、1950~51年のベン・ホーガン。

近年ではまれな快挙でした。
歴史が、また新たな1ページが生まれた日でした。

いつの試合を見ていてもそうですが…
続きを読む

ラウンドではチカラが入ってミス多発…(涙)

2018.06.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「ラウンドではチカラが入ってミス多発…(涙)」
 

についてお話しようと思います。
 

この手の話は以前にモンゴもすでにしている気もしますし、
他のプロからもこのメルマガ上で聞いているかもしれませんが。。。

でも、やっぱり多くの方からいただく質問なので
改めて取り上げてみようかなと!

ちなみに、こんなご相談をいただきました。
続きを読む

なぜ、木登り上手はゴルフが上手いのか?

2018.04.24
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は
 

 「なぜ、木登り上手はゴルフが上手いのか?」
 

について、お話をしてみたいと思います。
 

先日、春休みに娘を連れて
実家に行った時のことです。

娘が、こんなことを言ってきました。
続きを読む

なぜ?風がフォローなのに飛ばない…

2018.03.13
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は
 

 「なぜ?風がフォローなのに飛ばない…」
 

について、お話をしてみたいと思います。

コースをラウンドしていて、アゲンストの風が吹くと
1クラブ大きめを持ちますよね。

フォローの風が吹けば、1クラブ小さめを持つ事でしょう。

でも。。。それなのに飛ばないことがあるんです。
何故でしょうか?
続きを読む

たったひとつのミスから生まれた成功…

2018.02.27
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です!

いきなりですが、

「たったひとつのミスから生まれた成功」

こんな経験、あなたにもありませんか?

本日は、私が以前(15年ほど前)試合で
「本当はあってはならないような凡ミス」
してしまった体験談をお話したいと思います。

しかし、この経験が、
その後の私のゴルフに大きな学び
もたらしてくれました。

それは、
当日ゴルフ場に着いて、
練習場に向かう時に気付いたんです、、、

続きを読む

【ビデオ】コース戦略だけで10打縮める

2018.01.21
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「コース戦略だけで10打縮める」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

ゴルフのいろいろな統計を見てみると、
スコアを良くするための戦略が見えてきます。

次の3つのことを考えるだけで、
あなたのスコアはみるみる良くなります。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【新年ご挨拶動画付】アプローチのクラブ選び

2018.01.05
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。
ガッツパー水柿です。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!

昨日はゴルフパフォーマンスの全体研修があり、
本日から練馬店も本格稼働です。^^

新年一回目ということで、
まずは動画でご挨拶をさせていただきます。

さて、今日はあなたに

「アプローチが得意になるクラブ選択」

というテーマでお話をしたいと思います。

あなたは、グリーン回りで使用するクラブは
ウェッジと決めつけていませんか?

それだけではなく、

何ヤードを打つクラブはこれ!と状況とは関係なく
クラブを決めつけてしまっているとしたら
敢えて難しい選択をしている可能性があります。

なぜなら、、、
続きを読む

【ビデオ】心構えで10打縮める

2017.12.24
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心構えで10打縮める」

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

ラウンドしていて心構えが変わるだけで
スコアは10打は縮めることができます。

心構えと大上段に構えなくても、
ちょっと考え方を変える気になれば
それで良いスコアは転がり込んできます。

では、いったいどんな心構えを目指したら良いのか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

160yの池超え、狙いますか?レイアップしますか?

2017.12.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

ラウンド中、あなたはこんな状況だったらどんな風にショットを打ちますか?

残り160y、目の前には
池による障害が広がっています。

選択肢は、160yを打てるクラブで直接グリーンを狙うか
左側のフェアウェイにPWでレイアップして安全に攻めるか。

まっすぐ池を狙うと120y飛んでも
そのまま池に捕まってしまいます。

さて、あなたはこんな状況だと
ボールを直接狙いますか?

レイアップして安全に攻めますか?

自分のショットの成功率
飛距離を計算して、ちょっと考えてみてください。

〜〜〜〜〜〜〜
ちなみに、レイアップとは
英語ではlay upと書き
「置く」という意味があります。

バスケットボールで
シュートをかごの手前でジャンプして入れるシュートの言葉としても
使われていますが

ゴルフではグリーンを直接狙わずに
ボールを刻んでいくという意味で使われています。
〜〜〜〜〜〜〜

続きを読む

ピンチはチャンス!

2017.10.13
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

実は、、、
先日コースレッスンで生徒Yさんが

素晴らしいガッツパー※を決めたので、
今日はそのお話をしたいと思います。

あなたにはまだ馴染みのない
言葉かもしれませんが、

※ガッツパーとは、
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、

巧みなテクニックでパーを拾った時
などに使われるゴルフ用語です。

ということで、今日のテーマは、

「ピンチはチャンス!」

というお話をしたいと思います。

あなたはこれまでにピンチを跳ね除け、
トラブルショットからガッツパーを
拾ったことがありますか?

実は、あなたが普段ラウンドしている最中にも
ガッツパーを狙える場面があるかもしれません。

続きを読む

【本邦初公開】飛ばしに洗脳された写真

2017.10.06
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ドライバーを打つ前に考えて欲しいたった一つのこと」

というテーマでお話をしたいと思います。

タイトルの「飛ばしに洗脳された写真」は
メルマガ内で公開していますので
このまま読み進めて下さいね。^^

あなたは、前後半のショートホール4Hを除き
残り14Hで何回ドライバーを握りますか?

気が付いたら条件反射的に
ティーショットはドライバーを握っている・・・

なんてことはありませんか?

これはとても危険な状態です。
無意識に握っているそのドライバー。

本当に大丈夫ですか?

続きを読む

ゴルフの後半ハーフでバテないためには?

2017.09.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ゴルフの後半ハーフでバテないためには?」

についてお話しようと思います。

よくお客様から悩みとして受けるのが

 「18ホール体力が続きません…」

 「後半でバテてしまいスコアが崩れます…」

といったご相談です。

そんなあなたは、こんな状態になっていませんか?
続きを読む