カテゴリー別アーカイブ: ボール

ボール選びはディンプルも重要?

2017.10.04
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフ業界は畑岡奈紗プロが
40年ぶりの「日本女子オープン」連覇を
達成したり、

松山プロがJ・トーマスに勝利するなど、
非常に賑わっていますね。

涼しくなりましたが、それとは真逆に
あなたのゴルフ熱は高まっていることでしょうから、
僕もそんなあなたを応援出来るよう頑張っていきます。

さて、今日の話は

「ディンプルの数で見るボール選びとは?」という話。

ゴルフボールはこの銘柄しか使わないと決めている方は
多いと思いますが、銘柄ごとによって
ディンプルの数が違うことはご存知でしょうか?

ルール上、ディンプルの数は決まりがありませんので、
各メーカーによって、その数や形はさまざま。

じつは、ディンプルが多いボールが向いてるゴルファー、
少ない方が向いてるゴルファーがいますので、
是非参考にしていただきたいと思います。

ディンプルの数は多ければいい?

今市場に出回っているボールの中で
圧倒的にディンプルの数が多いのは
ミズノが出している「JPX DE」。

通常のディンプルの他にも、
極小のディンプルを配置することによって、
より飛距離を伸ばせる設計とのことですが、、、

ここで一つ疑問に思うのは
「ディンプルは多ければ多いほど良いのか?」
というところだと思います。

一般的にディンプルが多い方が
ボールが上に上がろうとする力、
揚力は大きくなります。

ただし、この恩恵を受けるのは
女性やシニアゴルファーになります。

というのも、ヘッドスピードが少なくとも
40m/s以上ある方がディンプルの多いボールを
打つと、上に上がる力が大きく働きます。

つまり、テンプラを誘発しやすくなり、
前に行こうとするボールの力が弱くなるので、
飛距離をロスします。

ちなみに、ツアープロ御用達のV1は352個、
V1Xが328個、スリクソンZSTARは344個。

ほとんどのボールはこの数が多いのですが、
さらに深掘りすると、ディンプルには
深いくぼみのものと浅いくぼみのものがあります。

さらには非円形の形状をしていたり、
ディンプルが1,000個以上あるボールも存在しています。

。。。と、「ゴルフボールは特許の塊」という風に
揶揄されるくらいメーカー独自の設計だらけなので、
同じ価格帯でもメーカー毎にその性能は驚くほど違います。

たかがボール、されどボール

色々と難しい話をしましたが、
結局のところ、どのボールを選べば良いのか?

スコアアップの観点から申しますと、
スライスが多い人はディスタンス系などの
回転数が抑制できるタイプがオススメです。

他には、なるべく同じモデルを使い続けること。

大きなショットの場合はまだしも、数mmの
差が明暗を分けるパッティングの場合、
少しのタッチの違和感が、大きな違いを生みます。

これでもかと言わんばかりにリリースされている
ゴルフボールの中から、自分に合ったボールを
見つけることは難しいことです。

しかし、ゴルフはボールすら選ぶことが出来る
稀有なスポーツですから、是非楽しんで
自分だけのボールを探してみてくださいね。

PS

もう一つオススメなのは「軽いボール」です。
GPのプロ陣も試打しましたが、飛びます。


※今日が最後のチャンスです。お急ぎください

ボールを変えれば飛距離は伸びる?

2017.02.12
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

先日、今年ゴルフデビューした後輩と
人生2度目のラウンドに行ってきました。

前回のラウンドは道具は全て
まわりのメンバーが用意しました。

クラブセットはレンタルするとしてもグローブとかは
自分のを買ったほうがいいよと事前に伝えてありました。

後輩はゴルフ場に到着して
早速誇らしげに私に見せてきました。

ウェアにシューズにサンバイザー
いい感じです。とてもサマになってます。

グローブにティーにマーカー
いいですね。完璧過ぎる準備です。

そして最後に見せてくれたボールは、、、

まさかのロストボールの詰め合わせでした。

「なんでコレにしたの?」

と聞いたら
「安いし、どうせまたいっぱいなしますから、、、」

その気持ちわかります。確かにその通りなんです。
でもボール選びを疎かにすると成長を遅らせてしまうんです。

         

ボールには2種類ある

ゴルフボールには
大きく分けて2種類あります。

ディスタンス系とスピン系です。

======

ディスタンス系・・・コアが柔らかくカバーが硬い
ボールの性能を活かして飛ばすオートマチックボール
ex)ダンロップXXIO

スピン系・・・コアが硬くてカバーが柔らかい
スピンを活かしてボールを自在に操るマニュアルボール
ex)タイトリストPro V1

======

大きく分けるとこんな感じです。
簡単に言うとディスタンス系はある程度
自動でやってくれるオートマチック車のようなもの。

スピン系のボールは全部手動で
やらなければならないマニュアル車のような感じです。

自分のレベルやスタイル、
コースによって適したものを選ぶべきなんです。

2つのボールの特徴は?

細かく見ていくと2つのボールのその性能は大きく違っています。

ゴルフはインパクトでボールが潰れた後に、
元の丸い形に復元する力を使って飛んで行きます。

そのためボールの表面が固い
ディスタンス系の方が復元力が高く飛距離が出ます。

ボールの曲がりに影響するスピン量については
表面が柔らかいスピン系の方が曲がりが強くなります。

飛距離 『ディスタンス系』>『スピン系』

スピン量 『ディスタンス系』<『スピン系』

こんな感じです。

ディスタンス系はとにかくドライバーを真っ直ぐ飛ばしたい人向きです。
スピンがかかりにくいのが大きな特徴です。

ショットを大きく曲げてしまう人には適していますが
ヘッドスピードが遅い人が打つとその性能を活かしきれません。
ヘッドスピードが43/m以上ある方にはおすすめです。

またスピンがかかりにくいため、フェースを開いても
ランが多く出るのでグリーン傾斜が下りのときには要注意です。

スピン系は名前の通りスピンがかかりやすいボールです。
ボールをしっかりコントロールしたい人向きです。

フェースの開閉を使ってドローやフェードの内わけなど
ボールを細かくコントロールできることが大きな魅力です。

また、ランを出さずにグリーンでしっかり止めやすいです。

ですが上手にコントロールできない人が使うと
スピンがかかりすぎてスライスになったり曲がりすぎてしまったりします。

     

上手くなるためのボール選び

クラブと同じで自分に合わないものを使っていると
知らないうちに成長を遅らせているのがボール選びです。

はじめは手探りかもしれませんが
色々なボールを試してみて自分のスタイルに合ったボールを選ぶことが大切です。

基本的には初心者の方はディスタンス系
中・上級者の方はスピン系が良いと言われています。

今回私がロストボールをオススメしない理由は
もう一つありティンプルが少しすり減っていたり小さな傷があると

バックスピンがかからず思わぬ方向に曲がることがある等、
コントロールに小さなずれが生じてきてしまうからです。

ゴルフの上達には最高の条件でプレイすることが一番です。

もちろんこの後輩にはちゃんとこのコトを伝えましたよ。
「改めて次までにはしっかり準備してくる」と意気込んでいました。

ボールはなんでもいい
と思っているゴルファーの方は

自分の眠ったままの力が
隠れているかもしれませんよ。


<本日のオススメ>

ほとんどのゴルファーは
10~20y離れたところから打っていく場面に
問題を抱えていると言われています。

もしアプローチが上手くできるようになったら
あなたのスコアはどのくらい変わると思いますか?

モンゴプロがアプローチの秘密を公開しています。

アマチュアゴルファーの0.1%も知らない事実とは、、、

http://g-live.info/click/mongo-a1702/

【テスト結果】私がスピン系を使う理由

2017.02.06
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先週のメルマガでPGAゴルフショーに行った際
タイトリストの2017年最新モデル、
ニュー「プロV1」ボールをゲットしました。

とご報告したのですが・・・

先週の火曜日に
早速コースでテストしてきました!

続きを読む

「技」最高に飛ぶボールを求めて

2016.12.04
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・最高に飛ぶボールを求めて」

というお話をさせていただきます。

飛ぶかもしれないボールを、噂だけで選んでいませんか。

飛ぶボール選択のためにヒントになる、
あなたのドライバーにマッチしたボール探しについて
お話します。ズバリその方法とは…
続きを読む