作成者別アーカイブ: ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

【ビデオ】つま先アップダウンに強くなる

2020.07.29
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「つま先上りとつま先下がりを攻略」

というテーマでお話をしたいと思います。

ゴルフには他のスポーツと
圧倒的に違う点
があります。

それは、

「「練習の環境と
本番の環境の違い」
です。

今日お話しする傾斜においても、

・傾斜の角度

・芝の状態

・ターゲット方向の状況

などなど、

とても練習場では再現できないような状況に
何度も見舞われるのが

ゴルフの難しいところであり、
楽しいところです。

このような状況を攻略するためには、 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスを直す”ビハインド・ザ・ボール”

2020.07.08
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「ボールを見る位置でスライスは直る」

というテーマでお話をしたいと思います。
 

皆さんは、

『ビハインド・ザ・ボール』

という言葉はご存知ですか?

翻訳すると「ボールの後ろ」
という意味になるのですが、

インパクトの際に、
ターゲットに対して頭の位置がボールの後ろにある状態
ビハインド・ザ・ボールと表現します。
 

ゴルフをしていて、特に多くの方がお悩みなのが
「プッシュアウト・スライス」です。

そもそも、スライスやプッシュアウトが出てしまうのは
フェースが開いた状態で
インパクトを迎えてしまうから
です。

この状態を解消するために
高い効果を発揮してくれるのが

本日紹介するビハインド・ザ・ボールです。

一体どういうことなのか?

動画の中で詳しくお話していきます。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猛暑とゴルフの苦い思い出

2020.06.17
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「猛暑のゴルフは危険と隣り合わせ」
というテーマで

お話をしたいと思います。

テーマを見て、
少し刺々しいと思われたかもしれません。

ですが、あえて最初に言わせていただきます。

夏場のゴルフで熱さの対策をしないのは
非常に危険です。

私がそう思うのにも理由があります…

時期はうろ覚えですが、
今からお話するのは
私がゴルフ場で研修生をしていた時の話です。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ] 腰痛に悩むあなたへ…解消ストレッチ法

2020.06.02
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

昨日のメールマガジンで
ゴルフ腰痛について
少しだけお話をしました。

私がお客様と腰痛の話をしていますと
必ず言われるのが…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ] トップボールが3回出たらコレ

2020.05.31
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

週末、いかがお過ごしでしょうか。

本日も引き続き、
動画レッスンをお届けしたいと思います。

今日のテーマは

 「トップボールが3回出たらコレ」

です。

今さら説明するまでもありませんが…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]左肘が引ける動きを直して弾道安定

2020.05.30
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

本日は動画レッスンをお届けします。

今回のテーマは

 「左肘が引ける動きを直して
  弾道を安定させる3つのポイント」

というお話をしたいと思います。

練習場などでカメラで撮った時に
左肘が引けていて、ガッカリ…

そんな経験、あなたはありませんか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】左側の壁で軸ブレを防ぐ

2020.05.27
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「スライス・テンプラを防ぐ
 左側の壁を作る」
というテーマで

動画をお送りしていきます。

飛距離アップをするためには
体重移動というのがとても大事な要素になってきます。

小さいスタンス幅で、
体重移動の幅も小さくすれば
ミート率は上がりますが、

飛距離を上げていくためには
大きいスタンス幅(肩幅よりも広く)をとって、
体重移動の幅も大きくしていきます。

体重は重心と共に、右の土踏まずから
左の土踏まずに動いていく
のですが、

このときに非常に起こりやすくなってくるのが
「軸ブレ」という問題です。

重心が右から左に大きく動いてしまうことで、
身体の軸自体が流れてしまいやすくなります。

こうなってしまうと、
上体が突っ込んだり、フェースが開いた状態で
インパクト迎えてしまう
ので、

スライスやテンプラが
出やすくなってしまします。

体重移動を適切に行うことで、
飛距離を出しつつ、方向性も維持することができます。

それでは、実際にどうやって、
その感覚を身に着けていけば良いのか?

ヒントは「左サイドの壁」になります。

動画で、その秘密をお伝えします。

それでは御覧ください。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離ロスを防ぐドリル

2020.05.06
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「身近にあるものでできる
 フェースコントロールトレーニング」

をご紹介しつつ、

私の近況について
書いていきたいと思います。
 

前回のメールでもお話しましたが、
私の所属するスタジオも現在休業しています。

あまり積極的に外出できる状況でもないので、
必然的に家にいることが多くなっています。

1ヶ月も立つとひしひしと実感するのですが、

「こんなに家にいるのも
どれくらいぶりだろう…」

という感覚です^^;

なにもしていないわけではなくて、

・チャットなどで生徒さんとは
 引き続きやり取りをしていたり、

・オンラインで受講できる
 レッスンの準備

・いつ営業が再開しても良いように、
 先の期間の準備

などなど、できることをしている状態です。

とはいえ、やはり生徒さんとお会いして、
レッスンが出来ない歯がゆさは感じますし、

特に、頻度高く通っていただいていた方には、
上達できる環境をご用意できない悔しさもあります。

ですが、一つだけ良かったな、
と思うこともありました。

家族の話

私には妻と子供がいます。

子供は、少しずつ意味が伝わる言葉が
口から出るようになったばかりの
まだまだ小さな女の子です。

以前の私の状態だと、
土日まるまる家にいることも
ほぼありませんでした。

帰宅も遅かったりしたので、
自宅に帰ったときには
妻が子供を寝かしつけ終えたところで、

朝に少しだけ「行ってくるね」と
声をかけてあげることくらいしか
出来ませんでした。

それが今は隣で声を聞いて、

生活をともにできる。

まだ幼い大切な時期に、一緒にいれるのは
父として単純に幸せだな、と感じます^^

月並みに感じるかもしれませんが、
私にとっては非常に大切な時間になっています。


 
一緒に散歩をしたり、
料理も好きなのでよく作っています^^
 

ドリル
フェースコントロールトレーニング

さて、ここからはご自宅でできる
ゴルフ上達ドリルとして、

「身近にあるものでできる
 フェースコントロールトレーニング」

をご紹介していきます。
 

「ボールが高く上がってしまい、
 番手通りの飛距離が出ていない」

「アプローチでもすくうようなショットになり、
 ショートしてしまう」

「バンカーから出ない」

こういった方にはとても効果があり、

家の中だとクラブを振るスペースが無いから
出来てシャドースイングぐらい…

という方でも実践していただけるドリルです。
 

そもそも、番手よりも
ボールが高く上がってしまうのは、

「フェースが開いて当たってしまう」せいです。

(クラブに対して手が遅れてくる
 いわゆるハンドレイトのインパクトです)

なので、手が先行してフェースが立った
「ハンドファーストなインパクト」を作ることで、

飛距離をロスすることなく、
ボールを打ち出すことが出来ます。

今回使うのは

「うちわ」です。

特に専用に作ったものなではなく、
ごく普通のうちわでOKです。

やることとしては、
ビジネスゾーンの振り幅でこのうちわを

クラブのつもりでアドレス

スイング

するだけなのですがこの際に、

テークバックからフォローまで、
うちわの右側面が常に見えている

状態でスイング出来るようにしましょう。

(左打ちの方は左側面)

途中で左側面が見えてしまうと、
ハンドレイトになってしまいます。

面の範囲が大きいうちわを使うことで、
フェースの意識が高まります。

番手ごとの飛距離が安定しないという方は
フェースコントロールが
上手くできていないことが多い
です。

これを応用して、
常にフェースが上を向く(自分に向く)ようにすれば、
バンカーショットの対策にもなります。

 
飛距離をロスしてしまう、
バンカーショットが苦手という方は

是非試してみてください。

ガッツパー水柿

<本日のおすすめ>

もしあなたが

・スライスが止まらない…

・頑張ってを練習しても、
 ほとんどまっすぐ飛ばせない…
 
・まっすぐ飛ばすために
 何をしたら良いかわからない…

というのであれば、このアイアンは、

あなたの抱える悩みを
解決してくれるでしょう…

詳しくはこちら »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心と身体まで、ウイルスに負けないように

2020.04.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「家から出られないときに
 忘れてはいけないゴルファーの心得」

というテーマでお話をしたいと思いますが…

なぜ、本日このようなテーマでお話するか。

あなたももう想像がついていると思いますが、
新型コロナウイルスの影響が
ゴルフ界にも強く出ています。

特に、先週の4/7(火)に
緊急事態宣言が発令され、
ゴルフ練習場も自粛の対象になりました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理想的なパッティングのいろは

2020.03.25
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「知っておきたいパターの基礎知識」

というテーマでお話をしたいと思います。

「ゴルフをしていて嬉しい、
又は楽しいと感じるのはどんなときですか?」

こう聞かれると、多くのゴルファーは
「ベストスコアを達成したとき」と答えます。

私は今まで多くのゴルファーの
ベストスコア達成のお手伝いをしてきました。

「ベストが出ました、ありがとうございます!」と
スコアカードを提出してくださる方も多いのですが…

同じ方に何回かスコアカードを頂いていると、
あることが気になってしまうことがよくあるんです…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっすぐ打てるスイング講座

2020.03.04
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「プッシュアウトからの脱却」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日、プッシュアウトに悩む生徒さんの話をしましたが、
今日も彼の話をしたいと思います。

彼はもともと長くプッシュに悩まされてきた方なのですが、
レッスンの中で力みをとることを伝えると、
その日中にプッシュは出なくなりました。

レッスンの翌日に早速練習場に行ったそうなのですが、
そこではプッシュの頻度が明らかに激減していて、
かなり手応えを感じていた
そうです。

しかし、彼の苦悩はここでは終わりませんでした…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスしないアプローチの2ヶ条

2020.02.12
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「アプローチ下手から抜け出す方法」

というテーマでお話をしたいと思います。

ゴルフライブのアンケートを見ていると、
「アプローチが苦手で…」というお悩みをよく目にします。

実際に僕がレッスンしている生徒さんにも

「ホームランを恐れているためか、
ザックリやショートが連発してしまい、
グリーンに乗せるまで何回も打ってしまうんです…」

というお悩みを抱えている方がいました。

ホームランが出てしまうのは、

・トップする

・インパクトでパンチを入れている

・バックスイングが大きくて、
 もとから距離が出るスイングになっている

・フリが強くてオーバーする

といった原因からです。

そして同じミスが続いてオーバーが怖くなると、
インパクトで帳尻を合わせようとスイングが緩み、
ザックリを起こし始めてしまいます。

(鋭角に打ち込んでザックリになるケースもありますね^^;)

なぜスイングが緩むとザックリが起きるかと言うと、
これはクラブが重力に引っ張られて落ちてしまうためですね。

シャンクもそうですが、
こういったミスを繰り返して、「ミスの再現」をしてしまうと
悪い癖になって身についてしまいます。

なので、早めに原因を突き止めて、
スイングを修正する必要があリます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】フェースを見るだけ簡単スイング診断

2020.01.22
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

久しぶりにメールをお送りしますが、
今日は、あなたに

「自分のミスの原因を見つける方法」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

この間、毎週熱心にレッスンに通っている生徒さんから
「プッシュが止まらず、まともにゴルフになりません…」
という相談を受けました。

実際にスイングを見てみるとかなり力んでグリップしていて、
腕で振り下ろすようなスイングになり、
結果フェースが開いてプッシュやチーピンが出ていました。

彼の場合、特にダウンスイングに入る際に
グッとグリップを握り込む癖
がありました。

なので切り返しで力まず、
クラブの重さを感じるようにおろしてくるように
伝えると
すぐにプッシュはなくなりました。

「ずっと治らなかったんです。
本当にありがとうございます。」と、
すごく嬉しそうでした。

後々聞いてみるとどうやら、
問題はフェースローテーションにあると思っていて、
手首を無理やりこねることで直そうとしていた
そうです。

このように、自分で思っているミスの原因が
実際直すべき場所とは違っている
方というのは
少なくありません。

直すべきポイントが違うともちろんミスは直らず、
「全然良くならない…」という苛立ちばかり募ります。

このような状況を防ぐためにも、
「自分がどんなスイングをしているか」を
知っておく必要があります。

今回の動画では、フェースの当たり方で
自分がどんなスイングをしているか知る方法

詳しく解説していきます。

それでは、早速動画をご覧ください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】グリーン周りのダフリは「右手」で治る!?

2019.03.22
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「グリーン周りのダフリは「右手」で治る!?」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

ゴルフではアプローチの実力が
結果を大きく左右します。

せっかく順調にグリーン周りまで来ても、
ダフリやザックリが致命的なミスになりかねません。

アプローチに苦手意識を持っている
という方も多いかもしれませんね。

アプローチに自信がつけば、
スコアも安定してきます。^^

今回は、グリーン周りでダフリを解消するための
2つのポイントを動画でご紹介しています。

このドリルが出来るようになったら、
100を叩くことが無くなると言っても過言ではありません。^^

ではさっそく動画で
詳しく説明していきたいと思います。

いかがだったでしょうか?

まとめると、、、

インパクト前に手首の角度がほどけてしまい、
ボールの手前にクラブヘッドが落ちてしまうことが、
ダフりに繋がってしまうことが最も多いです。

そこで、お勧めのドリルとして、
右手の片手打ちをご紹介しました。^^

ポイントとしては、2つ。

■1つ目のポイント
右手の手首の角度をフォロースルーまで
しっかりとキープさせること

■2つ目のポイント
手だけで振らず、インパクト後から
胸の面もフォローに対して回しくていくこと

でしたね。^^

ぜひ、この右手の片手打ちの練習を
練習場で取り入れて、スコアアップを目指してみて下さいね。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

あの石川遼プロも愛用している
『FURELOOP -フレループ-』

大変おまたせしました。
なんと、本数限定で再入荷しました!

スタイリッシュな形とは程遠く、
形状は醜く間の抜けた名前のこの製品

しかし、手にとってみた次の瞬間…

http://g-live.info/click/fule_1903/

本数限定。なくなり次第終了…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風の影響ってどれくらいですか?

2019.03.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

暖かくなってきてスイングが
しやすくなってきた今日この頃。

これから梅雨明けまでは
1年の中でも風が強く吹く季節です!

花粉症の僕には地獄です。^^;

この時期、晴天強風の予報は、
花粉の飛散の方が実は心配です(笑

さて今日は、あなたに

「風の影響ってどれくらいですか?」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日コースレッスンをしていた時に
このようなご質問をいただきました。

屋外スポーツのゴルフに風は付き物。
ワンクラブ上げるってよく言いますが、
実際、基準がよくわからない!

そんなあなたに読んでいただきたい内容です。^^

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加