作成者別アーカイブ: ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

【ビデオ】グリーン周りのダフリは「右手」で治る!?

2019.03.22
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「グリーン周りのダフリは「右手」で治る!?」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

ゴルフではアプローチの実力が
結果を大きく左右します。

せっかく順調にグリーン周りまで来ても、
ダフリやザックリが致命的なミスになりかねません。

アプローチに苦手意識を持っている
という方も多いかもしれませんね。

アプローチに自信がつけば、
スコアも安定してきます。^^

今回は、グリーン周りでダフリを解消するための
2つのポイントを動画でご紹介しています。

このドリルが出来るようになったら、
100を叩くことが無くなると言っても過言ではありません。^^

ではさっそく動画で
詳しく説明していきたいと思います。

いかがだったでしょうか?

まとめると、、、

インパクト前に手首の角度がほどけてしまい、
ボールの手前にクラブヘッドが落ちてしまうことが、
ダフりに繋がってしまうことが最も多いです。

そこで、お勧めのドリルとして、
右手の片手打ちをご紹介しました。^^

ポイントとしては、2つ。

■1つ目のポイント
右手の手首の角度をフォロースルーまで
しっかりとキープさせること

■2つ目のポイント
手だけで振らず、インパクト後から
胸の面もフォローに対して回しくていくこと

でしたね。^^

ぜひ、この右手の片手打ちの練習を
練習場で取り入れて、スコアアップを目指してみて下さいね。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

あの石川遼プロも愛用している
『FURELOOP -フレループ-』

大変おまたせしました。
なんと、本数限定で再入荷しました!

スタイリッシュな形とは程遠く、
形状は醜く間の抜けた名前のこの製品

しかし、手にとってみた次の瞬間…

http://g-live.info/click/fule_1903/

本数限定。なくなり次第終了…

風の影響ってどれくらいですか?

2019.03.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

暖かくなってきてスイングが
しやすくなってきた今日この頃。

これから梅雨明けまでは
1年の中でも風が強く吹く季節です!

花粉症の僕には地獄です。^^;

この時期、晴天強風の予報は、
花粉の飛散の方が実は心配です(笑

さて今日は、あなたに

「風の影響ってどれくらいですか?」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日コースレッスンをしていた時に
このようなご質問をいただきました。

屋外スポーツのゴルフに風は付き物。
ワンクラブ上げるってよく言いますが、
実際、基準がよくわからない!

そんなあなたに読んでいただきたい内容です。^^

続きを読む

【寂】もう3年です・・・

2019.03.08
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

最近雨が続いてますが、
確実に春が近づいているのを感じますね。

三寒四温とはよく言いますが、
今年はあまり寒さを感じていないのは
僕だけでしょうか?

さて今日は、あなたに

「【寂】もう3年です・・・」

というテーマで母校のお話を
したいと思います。

毎年3月になると、
母校水城高校ゴルフ部の
ことを思い出します。

ちょうど3年前にゴルフ部が
廃部になったのですが、

もし、未だにゴルフ部があったとしたら
きっと活躍している選手も居たのではないかな?と思います。

石井監督率いる水城高校ゴルフ部の
OBの先輩方を一部ご紹介すると、、、

片山晋呉プロ

宮本勝昌プロ

横田真一プロ

若手の星野陸也プロ

などなど。

多くのプロゴルファーを
送り出してきた名門ゴルフ部です。

そんな名門ゴルフ部を39年間
牽引していた石井監督から教えてもらったことを
今日はあなたにご紹介したいと思います。

僕の胸にずっと刻み込まれている
練習をする上でもっとも大事なことです。

それは、

続きを読む

【ビデオ】ドライバーの生存率をあげる方法

2019.03.01
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ドライバーの生存率をあげる方法」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

フェアウェイキープ率というのはよく聞きますが、
100前後のアベレージゴルファーの
フェアウェイキープ率は大体20%前後。

逆を言えば、80%もフェアウェイから
外している計算になります。

このフェアウェイを外した時に、
最低限スコアを崩さない状況に居れるかどうか。

それが、「DEAD」OR「ALIVE」
分かれ道になります。

・OBや池に入れてしまう
・ロングホールでチョロして飛距離が稼げない
・林に入って出すのも大変な状況

上記は、ダボやトリを覚悟する「死」を意味します。

このような状況に陥らずにボールが「生存」するための
ティーショットを今回はご紹介したいと思います。

動画では、確実に生存率を上げる
2つのポイント
を詳しく解説しています。

それでは、早速動画をご覧ください。

続きを読む

【動画有】誰でもできるバンカーの脱出法

2019.02.22
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「誰でもできるバンカーの脱出法」

というテーマでお話をしたいと思います。

・ピンに絡むどころか脱出すらできない…
・出ればホームラン…
・バンカー in バンカー…

バンカーが苦手な原因として考えられるのは、
バンカーを練習する頻度が圧倒的に少なく
難しく考えすぎていることが挙げられます。

練習場やゴルフ場のアプローチ練習エリアに
バンカーが併設されているところもありますが、

そこで何時間も練習するということも
少ないのではないでしょうか?

続きを読む

練習場でどんな練習をしたら良いですか?

2019.02.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「練習場でどんな練習をしたら良いですか?」

というテーマでお話をしたいと思います。

このご質問はメルマガアンケートなどで、
よくいただく質問になります。

ちょっと漠然としたご質問なので、
問題解決のための練習方法までは言及できませんが、

メンテナンスのために僕が日頃からしている練習を
参考にご紹介したいと思います。^^

続きを読む

アプローチでPWとウェッジの選択に迷います。

2019.02.08
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「PWとウェッジの選択に迷います。」

というテーマでお話をしたいと思います。

これは先日生徒さんからいただいた
質問に対する回答となります。

あなたは、こんなこと良くありませんか?

セカンドでグリーン近くまで行きながら、
アプローチでトップしてグリーンオーバー、
グリーン手前でダフってチョロ・・・

誰もが経験のあることですよね。

パーオン率の目安を数字で見ていくと、
HCP9で約40%、HCP18で約18%、
さらに、HCP36は1%!

平均スコア100前後HCP18~20のゴルファーの場合、
上記を踏まえてパーオン率が約18%。

18ホール中パーオンはわずか3回!

残り15ホールではグリーンを外していることになるので、
この数字を見るとスコアアップのためには
アプローチの重要性がわかりますよね。^^

まず最初に、あなたにお聞きしたいことがあります。

続きを読む

【ビデオ】練習場で簡単スイングチェック

2019.02.01
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「練習場で簡単スイングチェック」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

気温もグッと下がってきて、
この時期・・・厚着があなたのスイングの
リズムやテンポを崩してしまいます。

具体的には、
ダフリ・トップ・スライス・フックが
いつもよりも出やすくなったりするんですね。

そこで今回は、練習場で簡単にできる
スイングを安定させるための
簡単なドリルをご紹介したいと思います。

使用クラブは9番アイアン。

スタンス幅も、グリップも、
いつも打つ時のやり方でOKです。

これを行うことで、

・スイングのリズムやテンポが安定します。
・スイング軌道が安定します。
・なめらかなスイングが手に入ります。
・ミート率が向上します。
・軸ブレが改善されます。

などなど。^^

練習の最初や最後、クールダウンなどに
毎回実践してみて下さいね。

続きを読む

【誤】距離感の勘違い

2019.01.25
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「【誤】距離感の勘違い」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日レッスン中に、
生徒さんとこんなやり取りがありました。


icon_seito生徒Aさん
「水柿プロは何段階の距離を
 打ち分けられるんですか?」

icon_mizuガッツパー水柿
「難しい質問ですが、
 限りなく無限に打ち分けられます。」

icon_seito生徒Aさん
「やっぱりプロは凄いですね!
 鳥かごで実際に打ってみてもらえますか?」

icon_mizuガッツパー水柿
「ここではせいぜい
 10Y刻みが限界ですね。」

icon_seito生徒Aさん
「え!?さっき無限って言ってましたよね。
 どういうことですか?」


という生徒さんとの
やり取りがありました。^^

ここで、僕が出来ないと言ったのには
実はこんな理由があるんです。

続きを読む

スタンス幅は広いほうが良い?それとも・・・

2019.01.18
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「スタンス幅は広いほうが良い?それとも・・・」

というテーマでお話をしたいと思います。

スタンス幅は飛ばしたい!
という意識が強ければ強いほど、
自然にいつもより広めに取ってしまうものです。

ドラコン選手などを見てもワイドスタンスの方が
飛びそうな感じがしてきますよね。^^

スタンスを広くすると、

どっしりと腰を落ち着かせて、
踏ん張って、軸がズレないスイングが
できるようなイメージがあります。

しかし。

これって実は、大きな落とし穴があるんです。
その大きな落とし穴とは?

続きを読む

初打ちはコレして下さい。^^

2019.01.11
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

明けましておめでとうございます。
ガッツパー水柿です。

ゴルファーにとって「初打ち」をしてこそ
本当の新年の始まりではないでしょうか?

僕はと言うと、年始早々から練習場に
初打ちに行ってきました。^^

昨年はベストタイ・・・

あと1打に悔しい思いをしましたが、
今年はベスト更新を目指して
ある練習からみっちりスタートを切りました。

そこで今日は、あなたに

「初打ちはコレして下さい。^^」

というテーマでお話をしたいと思います。

もう初打ちに行った人もそうでない人も、
新年初打ちはコレをしっかりやってみましょう。

今からコレをしっかり練習しておくことで、
一緒にベストスコア更新を目指していきましょう。^^

続きを読む

【ビデオ】絶対にダフらないアプローチ

2019.01.04
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

新年明けましておめでとうございます。^^
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年一回目のメルマガということで、
まずは動画でご挨拶をさせていただきます。

続きを読む

【ビデオ】自宅でパターの距離感習得ドリル

2018.12.28
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

早いもので、もう今年も残りわずかとなりましたが、
今回が年内最後のメルマガになります。^^

今日は、年末年始もゴルフに熱心なあなたに、

「自宅でパターの距離感習得ドリル」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

3パットや4パットをしてしまう一番の原因は、
距離感が「ノー感」なことです。

パッティングの練習をする時に、
カップインさせる練習ばかりしていませんか?

実は、パッティングにおいて、
距離感を養うことが最短でパターを
上達するための近道なんです。

例えば、ストレートなロングパットで、
左右どちらかに1m以上外してしまうことはそれほどありません。

ですが、1m以上ショートしてしまうことや、
1m以上オーバーしてしまうことは頻繁にあります。

それでは早速、
動画の中で、距離感を身につけるドリルを
詳しく解説していきます。

続きを読む

年齢と共に落ちていく飛距離・・・

2018.12.21
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「年齢と共に落ちていく飛距離・・・」

というテーマでお話をしたいと思います。

あなたは年齢とともにドライバーの飛距離が
落ちてきてしまい、年齢のせいだから仕方がない。
と半ば諦めてはいませんか?

生徒Mさんからのご相談

―――――――――――――――

「30代、40代の頃はドラコンも取れていたのに、
50代半ば頃から、ガクッと飛距離が落ちました。

以前は越えていたバンカーに
入るどころか届かなくなる始末。

それでも昔が忘れられず何とか飛距離を取り戻そうと
あれこれやってもなかなか戻りません。

まだまだ若い者には負けたくありません。
ガッツパー水柿コーチどうしたら良いでしょうか?」

―――――――――――――――

そこで僕からのアドバイスです。

続きを読む

ドライバーが苦手な人の共通点

2018.12.14
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ドライバーが苦手な人の共通点」

というテーマでお話をしたいと思います。

100切りに苦戦されているほとんどの方が
ドライバーに苦手意識を持っています。

アイアンは打てるけど、
ドライバーが打てない・・・

というゴルファーも少なくありません。

ドライバーでよくあるミスは、

・スライスが直らない・・・
・とにかく早く振ろうと力んでしまう・・・
・アッパーブローの意識が強すぎてしまう・・・
・ボールが上がらない・・・
・球筋が安定しない・・・

などなど。

色んな要因がありそうに見えますが、
実は皆さん同じようなミスをしてしまっているんですね。

どういうことかと言うと、、、

続きを読む