カテゴリー別アーカイブ: 飛距離

私の恥ずかしい話(+あなたへのエール)

2017.10.16
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「私の恥ずかしい話(+あなたへのエール)」

について、お話ししたいと思います。

頸椎性筋萎縮症になり、
力が入らず急激に飛距離ダウンしたのが
2015年の4月。

それ以来リハビリにも励んで、
クラブの進化にも助けられたおかげで
最近ではアイアンの飛距離が戻って来たのですが。。。
続きを読む

最強の飛距離アップの近道は…

2017.10.10
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先日、以前からレッスンに
通っていただいている、Sさんと、
こんなお話をしました。

Sさん「近藤さ~ん、しっかりと
   ビジネスゾーンの練習続けてますよ!」

私「流石です!ビジネスゾーンは
  全てに繋がりますからね~!」

Sさん「でも飛距離もビジネスゾーン
    なんとかなるんですか?」

私「そ、それは・・・」

続きを読む

【ビデオ】右脚の出しゃばりでアウトサイド・イン(PDFのおまけ付き)

2017.10.08
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「右脚の出しゃばりでアウトサイド・イン」

というお話をさせていただきます。

トップからいきなり右脚を使って腰を回したことで
アウトサイド・イン軌道になり、
ゴルフを難しくしているケースは非常に多いです。

まさにダウンスイングで外から入って内側に抜ける軌道が、
アウトサイド・インなのですが、
そうならないためには、どうすればいいか?

あなたに行っていただきたいのは、
とっても簡単な、たった一つのことだけです。
続きを読む

家にいながら飛ばし屋になる方法?

2017.10.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

前に飛距離アップのために必要な体づくり。
そのためのトレーニング方法を紹介しましたが

実はあの後、大きな反響をいただきました。

実際に生徒さんから
「他にもトレーニング法があったら教えてください。」
「他にどこの部位を鍛えたら飛ばせますか?」

という声を多くいただきました。

私自身、身体を鍛えることが
趣味でもあるので多くのゴルファーの方に
興味を持っていただけるのはとてもうれしいです。

ゴルフで飛ばすには
下半身がとても大事だとお伝えしましたが

今回はより細かく下半身の中でも特に
ゴルフに重要な要素について紹介していきます、

どこだかわかりますか?

それは、、、、

          

効果的な部位は

ふくらはぎなんです。

思い出してみてください。

あなたが人生で始めて
ゴルフ場でラウンドした時のことを

おそらくほとんど全員が
次の日ふくらはぎが筋肉痛になったはずです。

ふくらはぎは日常生活に密接に関わっていて
走る・歩くといった動きで常に使わる部分です。

ラウンド後半ふくらはぎか
ら疲れが出るのもこのためです。

ふくらはぎを鍛えることで
ラウンド後半でも疲れない下半身ができる
踏ん張る力が強くなるので飛距離が上がる。

ゴルフにおいてこんなに大きなメリットが
同時に2つも手に入るのです。

         

実際のトレーニング法

ふくらはぎを鍛えるには
カーフレイズという種目がオススメです。

とても簡単で場所を選ばずどこにいてもできます。


1 足首が上下できるように台などの上に立ちます
 (階段の一番下の段や地面でも大丈夫です。)

2 身体がぶれないように前でも横でもいいので壁に手をつきます。

3 つま先立ちになる

4 背筋を伸ばしたままゆっくりかかとを上下する

5 1セット10回~15回を目安に行います。

地面で行っても効果があるので

電車の中でも会社にいても
本当にどこでもできるんです。

地面で行う場合は
ふくらはぎに負荷がかかっていることを
確認しながら行ってくださいね。

           

適切な頻度は?

     
トレーニングで一番重要なのは
1日にまとめてやるのではなく

少ない回数でもいいので
とにかく継続してやること。

毎日とまでは言いませんが
一日置き等でやると効果的だと思います。

実際にこれを取り組んでいただくだけで
足の筋力は大きく変わります。

実際にラウンド後半疲れにくくなりますし、
飛距離も伸びてきます。

やはり筋肉を付けることで得るのは
何もゴルフに限ったことではありません。


・怪我をしにくくなる
・病気をしにくくなる
・寝たきりになりにくい


本当に多くのメリットがあります。

1日に何回もやるというより
2~3セットずつでいいので
確実に継続させていってください。

コレを習慣づけていくことで
必ず飛距離は伸ばせます。

<本日のオススメ>

GAツアー、全米ツアーで
続々と名選手が使用した
「キュアパター CX1」

RXシリーズから更なる進化を遂げた
キュア唯一のホットリスト受賞パターなんですが

未だ衰えぬ爆発的人気を後押しするかのように
CX1がまた新たな快挙を成し遂げました。

飛ばないゴルファーが
起こした軌跡をご覧ください。

http://g-live.info/click/cx120171001/

【ビデオ】この下半身の使い方で20yアップ

2017.09.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

少し前に飛距離アップで
一番大事なのは下半身だ
というお話をしましたが

下半身を効率的に使って
ヘッドスピードを上げて
飛距離を伸ばす方法を紹介します。

・ジャスティン・トーマス
・ローリー・マキロイ

最近のゴルフ界で飛ばし屋
と呼ばれるプロ達にはある共通点があり
この打ち方をしている選手がとても多いです。

この打ち方では
インパクト時に身体が
起き上がらないようにすること。

前傾角度をキープすることを
常に意識してみてください。

この身体の使い方をマスターできれば
下半身を有効に使えるので必ず飛距離は伸びてきます。

まずは素振りで練習し
慣れてきたらボールを使って
実際にスイングしてみてください。

理想の飛距離アップを実現させ
楽しくラウンドしていきましょう。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

片山晋呉、諸見里しのぶ、上田桃子  
らトッププロを一流ゴルファーに導いてきた

伝説のゴルフコーチ
“江連忠”氏

江連コーチが語る
ゴルフで大切な「たった2つのもの」

その2つを知ることで
あなたのゴルフの成長速度は急上昇していきます。

ゴルフ界の最前線を
24年間見続けてきた江連コーチ。

そこで身につけた上達の真髄を
期間限定で初公開しています。

http://g-live.info/click/ezrestart170921/

【ビデオ】トップの位置&切り返しで飛距離アップ

2017.09.22
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

明日は秋分の日ということで、
次第にラウンドしやすい
過ごしやすい気候になってきましたね!

秋分の日を越えるといよいよ秋。
という気持ちになります。^^

秋と言えば、ゴルフの秋!
どんどんラウンドに出かけて
ベストスコア更新しちゃいましょう。^^

本日は最初にアンケートご協力のお願いです。^^
僕のメルマガでお届けしているテーマは、

・日頃のレッスンで気付いたこと

・生徒さんからのご質問

・アンケート結果

などを元にしていますので、ぜひ皆様のご要望を
下記URLよりドシドシお送り下さい。^^
https://jp.surveymonkey.com/r/Q9RVWHH

今回はそのアンケートの中から
多かったお悩みをピックアップしています。

飛距離に関してのお悩みはモチロンのこと、
お悩みの一部を抜粋すると、、、

【60代男性】年と共にトップの高さが浅くなってきた

【50代男性】ドライバのトップまでの軌道がバラツク

【60代男性】バックスイングが安定しない、上手くあたらない。

【40代女性】トップからの切り返しのきっかけがつかめない。

【50代男性】どうすれば切り返しがスムーズになるか教えて下さい。

などなど、トップや切り返しについての
ご質問を多数いただきました。

 
ということで本日のテーマは、

「トップの位置&切り返しで飛距離アップ」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

トップからの切り返し方によって
その後の「インパクト」にしっかりと
力が伝わるかが決まります。

今まであまり気にしたことが無い方でも
是非一度確認してみて下さいね。^^

今回はうまく切り返すための
4つのポイントをご紹介しています。

このポイントをしっかりと練習することで
最大限にボールに力を伝えることができ、

結果として、今よりも最大飛距離を
アップさせることになるでしょう。

続きを読む

マメがあるのは「力み」のサイン

2017.09.15
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

先週9月7日は僕の誕生日でした。

実は、練馬店のオープン記念日でもあります。
同じ誕生日ということで僕自身
とても運命を感じています。^^

たくさんの方からお祝いのメッセージをいただき、
無事に練馬店1周年記念コンペも開催することが出来ました。

CIMG1234

この場を借りて、本当にありがとうございます。^^
まだまだ若輩者ではございますが、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

それでは、本題です。

今日は、あなたに

「マメがあるのは「力み」のサイン」

というテーマでお話をしたいと思います。

ミスショットをしてしまった時、
「いま力が入っていたね」という
お決まりのアドバイス

誰もが1度や2度どころか、
数えきれない程あるかもしれない
この呪文のような決まり文句。

「力を抜いて打つ」

言葉で言うのは簡単なことですよね。

それが実行できるかどうかとなると、
これほど難しいことはないのかもしれません。

でもそれが、ゴルフの難しくも面白いところです。^^

今回はそんな悪夢のような呪文をかき消す
とっておきの脱力み方法をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

【ビデオ】意外?飛距離アップはここに注目

2017.09.15
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

最近ゴルフを始めたばかりの生徒さんに
「飛距離をだすにはどうしたらいいですか?」
と聞かれたのでわたしは答えました。

「●●に気をつけてスイングしてみてください。」
「クラブは■■を使ってやってくださいね」

ヘッドスピードや筋力
フルスイングなどを期待していた生徒さんは
少し拍子抜けした様子で驚いていました。

ですが飛距離を出そうと思ったときに
これらはとても大事な要素なのです。

それはどこかというと、、、

実は●●なんです。

ビジネスゾーンを使用して
飛距離を出伸ばしていく方法を紹介していきます。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

<本日のオススメ>

ドラコンチャンプ岡本啓司が考案した
あるものを身につけるだけで
飛距離を伸ばす方法を初公開します。

特別な練習をするわけでもなく
特別なトレーニングもいりません。

年令や性別を問わず
いくつになっても飛距離をだせる。

その秘密をこちらからご覧ください

http://g-live.info/click/okstab170914/

_

飛距離アップに一番重要な筋肉は?

2017.09.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「服部さん飛距離を伸ばしたいです、、、」

本当に多くの生徒さんから相談されることですが
「そのためにどうしたら良いと思いますか?」
と聞くと大抵の方は下のどちらかを答えます。

・練習してとにかく技術を磨く

・最新のドライバーを買う

確かに2つとも飛距離アップには重要ですし
必要なことですが優先順位は1位ではありません。

飛距離がほしいと思って今すぐに
あなたが取り組まなければいけないこと

それは、、、

「筋力トレーンングです。」

飛距離は掛け算です。


技術✕筋力✕道具=飛距離
 

これが飛距離になります。

つまり筋力トレーニングを行ったほうが
はるかに早く目標飛距離にたどり着けるのです。

「筋力トレーニングっていっても
どんなことをしたらいいかわからない、、、」

そんな方も大勢いらっしゃると思います。

今回飛距離アップだけに特化した
筋力トレーニングを紹介していきます。

では質問です。
飛距離を伸ばしたいという時に
どこ鍛えたら一番近道になると思いますか?

    

 飛距離に必要な筋肉は、、、

正解は、、、

「スクワット」
下半身なんです。

筋力トレーニングというと
多くの方は腕立て伏せをやったり
胸や腕を鍛えるイメージをすると思います。

ですが実は人間の筋肉の70%は
下半身に集まっているのです。

数ある飛距離アップの
ためのトレーニングの中で
トレーニングの王様スクワットが一番効率よく
筋肉を鍛えられ飛距離アップへの最短ルートです。

本日覚えていただきたいのはスクワット。
ご存知の通り足を鍛えるトレーニングです。

この4箇所を同時に鍛えることができるのでオススメです。

・大臀筋(お尻)
・大腿四頭筋(太もも前)
・ハムストリングス(太もも裏)
・内転筋(太もも内側)

下半身は鍛えることによってバネが手に入ります。
   

正しいフォームを身につける

オススメするのは道具を使わない
家でもできる自重のみで行うスクワットです。

写真の女性を見てください。

hattori

画像の引用元  
https://dorishofer.com/en/the-truth-about-squats/


まず脚を肩幅程度に開き、
つま先を軽く外側に向ける。足は逆ハの字の状態です。

手は頭の上か、胸の前にクロスしておく

後ろの椅子に腰掛けるイメージで体を下げる

膝が床と平行になるまで沈めたら、元の位置まで戻る

この動きを大体10回から15回繰り返して下さい。
それを3セット、動きはできるならゆっくり行ってください。

この時以下の3点に注意してください。

※背中を丸めない
※つま先が膝より出ないようにする
※膝は伸ばし切る手前で止める

         

あなたの伸びしろは?

実際にスクワットを毎日やるだけで
10yの飛距離アップは簡単にできます。

それほどゴルファーにとって下半身が大事だからです。

今までトレーニングをしてこなかった
という方はとくに伸びしろが大きいので

やればやるだけ筋肉はつくので
是非一度取り組んでみてください。

筋力トレーニングは
あなたの飛距離の土台を底上げするので

飛距離の平均値自体を
上げてしまうとても強烈な方法です。

今後は他の部位の
トレーニングなども紹介していきます。

継続的に取り組んでいただいてて
技術面、ギア面と組み合わせていただくことで

圧倒的な飛距離アップを実現させましょう。


<本日のオススメ>
ゴルフが上手くないたいけど
具体的な方法がわからない、、、

練習する時間はないが
とにかく良いスコアを出したい、、、

一度でもこんなことを思ったことがあるなら
ぜひこのプログラムを試して下さい。

あなたはすぐに100切りを
達成することができます。

その秘密をコチラからご覧ください。

http://g-live.info/click/obmp170903/

「技」飛びと方向性を生むグリップエンドの向き

2017.09.10
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・飛びと方向性を生むグリップエンドの向き」

というお話をさせていただきます。

私は「頓服的な技」はあまりお伝えすることはないのですが、
今回は、即効性のある、

 「飛ばしと方向性のための特効薬」

をお伝えします。

普段私のメールが長いと毛嫌いしているあなたにも
今日だけはぜひ、読んでいただきたい内容です。

さて。。。その「特効薬」とは?
続きを読む

ゴルフの後半ハーフでバテないためには?

2017.09.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ゴルフの後半ハーフでバテないためには?」

についてお話しようと思います。

よくお客様から悩みとして受けるのが

 「18ホール体力が続きません…」

 「後半でバテてしまいスコアが崩れます…」

といったご相談です。

そんなあなたは、こんな状態になっていませんか?
続きを読む

年齢と共に落ちていく飛距離はコレで挽回

2017.09.08
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「年齢と共に落ちていく飛距離はコレで挽回」

というテーマでお話をしたいと思います。

あなたは年齢とともにドライバーの飛距離が
落ちてきてしまい、年齢のせいだから仕方がない。
と半ば諦めてはいませんか?

生徒Mさんからのご相談

「30代、40代の頃はドラコンも取れていたのに、
50代半ば頃から、ガクッと飛距離が落ちました。

以前は越えていたバンカーに
入るどころか届かなくなる始末。

それでも昔が忘れられず何とか飛距離を取り戻そうと
あれこれやってもなかなか戻りません。

まだまだ若い者には負けたくありません。
ガッツパー水柿コーチどうしたら良いでしょうか?」

そこで僕がコレで挽回しましょう。

とアドバイスした所、
次のラウンドから早速結果が出たそうです。^^

そのアドバイスとは?
続きを読む

【ビデオ】コレを意識するだけで飛距離アップ?

2017.09.03
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

初めてレッスンに来た方に
「スイングを見せてください」
とお伝えすると大抵の生徒さんは
きれいなスイングを見せてくれます。

ですが
「全力で飛距離を出すイメージで」
とお伝えすると大抵の方は同じ失敗をします。

確かに飛距離を出すには
とても重要に思えるのですが

実は飛距離を出すには
あまり必要ではない要素なのです。

それはなにかと言うと、、、

「力み」です。

多くの方は飛ばしたいという気持ちから
力いっぱいクラブを振ってしまうのです。

力いっぱい振ったその力が
インパクト時にクラブに伝わればいいのですが
どうしても力むと伝わりづらくなってしまいます。

身体が硬直してスムーズに
クラブを振ることができなくなり
可動域も狭くなってしまうからです。

結果、ヘッドスピードがでないので
飛距離が出なくなってしまうということなんです。

飛距離を出すのに一番大事なのは

「柔らかさ」

コレにつきます。

ぜひ取り組んでみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

・サンドウェッジに苦手意識がある
・グリーン周りの50y以内が苦手
・アプローチでダフリやトップがでる

こんな悩みを感じているなら
モンゴプロのプログラムを実践してみてください。

「サンドウェッジは扱いが難しい」
という世の中の間違った常識を
モンゴプロが変えていきます。

http://g-live.info/click/mongo_sw_170831/

アイアンが飛ばない?それ…間違いです!

2017.09.02
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「アイアンが飛ばない?それ…間違いです!」

についてお話しようと思います。

よくお客様から「アイアンが飛ばないんです。。。」という
悩み相談を受けることがあります。

でもアイアンって、距離が出ればいいっていう
そういうクラブじゃないんです!
続きを読む

↓ゴルフが上手くいかない時に読んで下さい

2017.08.27
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

突然ですがゴルフをしていて
思ったようなプレイができずに
イライラしてしまった経験はありませんか?

私は若い頃、飛距離が出ない、スライスを打った
何か少しでもうまくいかないとイライラが止まらなくなり
それをそのラウンド中ずっと引きずっていました。

もちろんそんな状況で
いいスコアが出るはずもなく
決まってつまらないミスを連発していた。

とても情けないゴルフを繰り返していたんです。

そんな私を変えてくれたのは
偶然耳にしたとあるゴルファーの話、、、

1996年兵庫県で行われた男子ゴルフツアー
「フィリップ・モリス・チャンピオンシップ」の最終日。

福澤義光プロが
ティショットを打ち終えて
セカンドの位置までたどり着くと

自分のボールの下に一匹の赤とんぼが
下敷きとなっていることに気が付きました。

shutterstock_187704818 (1)

そこで福澤プロがとった行動は、、、

なんとボールに挟まれた
赤とんぼを救うためペナルティになるのを承知で
インプレーのボールをピックアップしたのです。

そして赤とんぼが飛び立つのを確認した後
ボールをリプレイスし、自分のストロークに1打罰を足してプレーを続けました。

結局福澤選手は最下位でラウンドを終えました。

最終位になるくらいだから
そのホールでスコアを出すことを
諦めていたできたんじゃないか?

そんな風に思う方もいるかもしれません。

ですが私は知っています。

ゴルフにおいて
結果が出なかった時の精神の乱れを

自分に腹がたちイライラが止まらず
感情のコントロールが難しくなる感覚を

そうなることなく福澤プロは
いつもの通り冷静な判断をした

ここにアスリートとして
人としての本当の強さを感じました。

ゴルファーってかっこいい
そう強く思える瞬間でした。

この話を聞いて私のゴルフは変わりました。

一つのプレーにイライラしたり
凹んだりするのを一切やめました。

ワンプレイの結果に
動じることのない心を持つこと。

ゴルフで結果を出すには
心の余裕を持つことがとても大事だ。
そう強く再認識できました。

私がゴルフを始めたのは
たまたまゴルフ場へ行って見た。
プレイしていた大人の方がとても紳士に見えたから。

大人な男の嗜みだなと若いながらに感じていたからです。

その気持ちは今も変わっていません。

ゴルファーをしている大人は
今でも私の憧れです。

<本日のオススメ>

小原プロが今までひた隠しにしていた
ラウンド当日の朝に始めるだけで
ベストスコアを出してしまう秘密の方法、、、

今までゴルフに迷っていたあなたへ

ゴルフってこんな簡単なのか
この感覚を体感してください。

50個の完全限定ですのでお急ぎください。

http://g-live.info/click/obr_170822/

 
※残りが少なくなって来ています。

_