カテゴリー別アーカイブ: 飛距離

[Video] 捻転差をキープした回転をするには

2017.06.19
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「捻転差をキープした回転をするには?」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

あなたもよくご存知の通り、
捻転差は飛距離を伸ばすために重要な要素です。

その捻転差を作るための具体的な方法を
今回はビデオでお話ししています。

(続きはビデオにて)
続きを読む

「技」ダウンスイングの右脚の意外な動き

2017.06.18
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・ダウンスイングの右脚の意外な動き」

というお話をさせていただきます。

少ない力で楽に正確に遠くまで
ボールを飛ばすためのキーとなる話題ですから、
できればじっくり読み解いていただけるとうれしいです。

まず、あなたに質問です。
ダウンスイング開始で最も多い問題は何だと思いますか?

トップ3をあげると、次のようになります。
続きを読む

届くつもりがいつも5~10y足りない…(T_T)

2017.06.03
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「届くつもりがいつも5~10y足りない…(T_T)」

についてお話しようと思います。

初めに申し上げておきますが。。。

今日お伝えすることを知って実践するだけで、
あなたのゴルフは間違いなくワンランクアップします!

さて、冒頭のタイトルについて。
このようなお悩みをお持ちのゴルファーの方って
実は結構多いんです。なぜか?
続きを読む

ぼくの夢はプロゴルファー

2017.05.21
服部hattori

あれは15年前
卒業文集に書いた夢

服部公翼

僕は小学校の時から
身体が小さくよく怪我をした。

よく病院にも行った。

初めてゴルフをやったのは18歳のときだった。

テレビで見るプロゴルファーは身体がでかくて
腕や足もすごく太くて自分と比べたら全然違っていた。

進路を決める時が来た。

母親に相談したら
「自分のやりたいことをやりなさい。
でも体を使う仕事はむいてないからやめなさい」
と言われた

だからぼくはこう言った、、、






「プロゴルファーになりたい」





母は笑っていた。





学校の先生には
「お前の体格では絶対ムリだぞ」
と言われた。




それは分かっていた。





でも将来は、、、

  

                  

ライバル心

      
           
はじまりは実家に近い練習場
高校の同級生も偶然そこに通っていた。

彼はガンガン飛ばしていた。
本当によく飛ばしていた。

よくよく話を聞いてみると彼はこの練習場で
とても期待されていたゴルファーだった。

しかも彼は当時同じクラスの
マドンナだった女の子と付き合っていた。

とにかく彼に負けるのが嫌だった。
ゴルフの飛ばしだけでも絶対に勝ってやる。

そう思っていた。

飛距離へのこだわりが芽生えた瞬間だった。
 

              

オーストラリアへ

もっともっと上手くなりたい。
武者修行に選んだ先はオーストラリア。

本当にゴルフ漬けの毎日だった。

本当にお金がなくて、
煮たにんじんが主食だった。
帰りの航空券を売って生活費に当てようとさえ思った。

一番つらかったのは私を見てバカにされた事。

練習場で打っている私を見て
地元の身体の大きい学生によく指をさされて笑われた。

私の身体の小ささなのか、飛距離なのかわからない
でも私を見て「hahaha」声をだしていつも笑われていた。

オーストラリアに渡って5ヶ月
依然として私のゴルフは上達しなかった。

スコアで負けることよりも
ドライバーの飛距離で負けることが何より悔しかった。

練習に行けば馬鹿にされる
納得いくショットも打てない
お金がない、友だちがいない、文化の違い、、、

もう諦めようか、、、

              

覚醒

でもあれは誓った夢だから、、、



もう一度やってみる。

オーストラリアのこの経験で
私はさらに飛距離にこだわるようになった。

飛距離が伸びばバカにされない
認めてくれる。そう思った。

素振り、筋トレ、飛距離アップの練習はなんでもやった。
それでも効果は出なかった。

そんな中オーストラリアの
あるレッスンプロとの出会いが私を変えた。

今までの苦悩がウソのように
一気に飛距離を伸ばすことができた。

きっかけは小さなことでした。
本当に小さなことでした。
それでも私は変われた。

諦めないでよかった。
続けてきてよかった。

その経験が今でも私を支えている。


PS

近日中に私の新プログラムを発表します。

飛距離だけにこだわり続けた人生
あらゆることを試してきました。

その中で本当に飛距離アップに
役に立つことだけをまとめました。

日本にいたら絶対に出会えなかったもので
私の人生のすべてが詰まっています。

行く前は100yしか飛ばせなかった自分が
今では300y飛ばせるようになった。

その極意を全て公開します。
是非楽しみにしていてください。     

[ビデオ] 下半身リードって、どうやるの?

2017.05.13
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「下半身リードって、どうやるの?」

について、ビデオでアドバイスをさせていただきます。

下半身リードがよくわからないと悩んでいる方に
「へえー、下半身リードってこういうことか!」
ということがバッチリわかる方法です。

まずそもそも、この下半身リードという動きが
どういう動きかと言いますと。。。

(続きはビデオにて!)
続きを読む

【ビデオ】たった1分で飛距離アップする方法は…

2017.05.12
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

最近つくづく思うんですが
ゴルフは本当に奥が深いですよね。
上手くいくときはとことん上手くいく。

逆に一度崩れてしまうと
目も当てられない展開になってしまったり、、、

あなたも経験ありますよね?

となると朝一番のティショットは
1日で一番大事なショットということになります。

そこで1日気持ちよくラウンドするために
たった1分で出来る飛距離アップ法を紹介します。

ちなみにこの方法
飛距離だけでなくミート率や方向性も
改善できるので必ず覚えておいてください。

即効性があって
本当に役に立ちますよ。

その方法とは、、、

実は、、、

素振りをするだけなんです。

ただ振る物がいつもと少し違う。
クラブではなくバットなんです。

ただバットを振るだけなのに
とても効果的なこの方法。

3つのポイントさえおさえれば
あなたもすぐに飛距離アップできます。

是非やってみてください。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>

たった7球打つだけで
夢のダウンブローが打てるようになる
そんな秘密のクラブを緊急入荷しました。

近藤プロも絶賛のこのクラブを使えば
だれでもかんたんにダウンブローが打てる。

その即効性から米国では
完売状態が続いているんです。

80セット限定の入荷ですので
興味のある方はお早めにご覧ください。

このクラブはあなたゴルフを
別次元に誘います。

http://g-live.info/click/kts170509/

高反発はズルい?

2017.04.18
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先日レッスンに来た生徒さんから、
こんなお悩みを聞きました。

「仲間とラウンドしてるんだけど、
 最近飛距離もヘッドスピードも落ちてきちゃってさぁ、
 昔のように飛ばしたいんだけどね、、、
 高反発ドライバーって言う手もあるんだけど、
 ちょっと恥ずかしいなぁ、、、」

あなたも、こういう風に思ったことはありませんか?

続きを読む

プロゴルファーがメガネをかけない理由は?

2017.04.09
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

私の友達にボクサーがいる。
実は彼は目が悪い。

「コンタクトつけたら?
視力が良くなって見える世界変わるよ?」

何度言っても断固として聞かない。
なんと彼は目が悪いのに裸眼で試合をしているのです。

その理由を聞いてみると
彼の答えは単純なものでした。

「感覚が変わってしまうから」

コンタクトをしていれば
両目装着時、片目装着時、未装着時で
見える範囲や見え方が全く違ってきます。

コンタクトスポーツでは試合中に
この状況が入れ替わる可能性があるため

だったら始めから
未装着の方がいい。そういう理由だそうです。

ではゴルフというスポーツの場合
目の悪さはどう影響するのでしょうか?

                

メガネゴルファー

ゴルフに限って言えば
メガネをかけたゴルファーってほとんどいないですよね。

それはなぜだと思いますか?

ゴルフはスイング時に
遠くのターゲットを見てから足元のボールを見る

遠い場所から近い場所
近い場所から遠い場所

この目の動きは遠近両用メガネをかけている
ゴルファーにとってとても無理があるんです。

またスイングの激しさでメガネがずれてしまったら
まっすぐなショットなんて絶対に打てないですからね、、、

そんな理由でメガネをかけた
プロゴルファーというのは滅多にいないんです。

             

コンタクトレンズゴルファー

メガネがダメならコンタクト
そう考える方も多いと思います。

私も以前はコンタクトをつけてプレーしていました。

メガネに比べればゴルフ向きですが、
それでもデメリットも多くあります。

目にゴミが入ったり
花粉症で目が痒くなったり
雨のしずくや誇りやバンカーの砂が目に入ったりなど

集中力を遮ってしまう要素が多くあるんです。

そこに限界を感じたプロたちが行き着くのが、、、

                 

レーシックゴルファー

実はゴルフ界ではレーシックを受けているプロが非常に多いです。

タイガーウッズ、横峯さくら、服部コースケ、、、
数え上げたらきりがありません。

私や周りのゴルファーが感じたのは
眼鏡やコンタクトでの視力の矯正は

ものを小さく見えるようにしていて
それが距離感に係わる判断に悪影響を与えているということです。

と同時にゴルフの正確なショットには欠かせない
ハンド・アイ・コーディネーションに障害を及ぼす
マイナス要素になっているという事実があるんです。

※ハンド・アイ・コーディネーションとは
視界的なシステムがインプットした情報を整理し、筋肉の動きをコントロールするシグナルを出すこと

そういった事実からレーシックを
選択するプロが増えているんです。

私は実際にレーシックをしてみて
ホールやグリーンやフェアウェイ
ましてやボールやクラブまでもが大きく見えるようになりました。

繊細な動きが多いゴルフにおいて
視力はとても大きな影響を及ぼします。

レーシックが必ず良いわけではありませんが
あなたにベストな視力矯正をしてみて下さい。

集中力が上がり快適にプレイすることが出来るので

飛距離アップやベストスコア
を実現できるかもしれませんよ。


<本日のオススメ>

2017年シーズンインを記念して
小原プロ飛距離upのDVDプレゼントします。

飛距離が出やすい春という季節
この季節にゴルフを心から楽しんで頂きたい

そんな思いを込めて今回特別に
小原大二郎プロの大人気プログラムです。

このプログラムはあなたのゴルフを
飛躍的に変えてしまうかもしれません。

http://g-live.info/click/fr20170406/
(※150名様限定のプレゼントです。)

ドラコンゲット!必殺ぶっとび素振りとは…

2017.04.05
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

毎年開催しているのですが
今年も4月16日に春爛漫コンペを実施する予定です。

今回はスコアを気にせず
和やかに仲間とプレーしようという企画で
僕もとても楽しみにしています(^^)

今回はスコアを競う形式ではありませんが
コンペでは色々な賞がありますよね。

優勝、準優勝、飛び賞、ブービー賞
ドラコン、ニアピン、ベスグロなど・・・。

なかでも


「オレは優勝など狙っていない。
ただドラコンは取りたいんだ!」

そんな闘志に燃えるゴルファーも
いらっしゃるのではないでしょうか?

その気持ちよーくわかります!

ということで今日は

「目指すはドラコン1本!」という方に
ドラコン賞をいかにして獲得するか、
というポイントについてお話したいと思います(^^)

続きを読む

【ビデオ】リズミカルなスイングで飛距離倍増?

2017.04.02
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

いよいよ春目前ですね。

気持ちよく最高のモチベーションで
ラウンドできる季節がやってきました。

「服部さん動画のレッスンはまだ?」
多くの方にいただいた声にお応えして
飛距離アップためのドリルを撮りました。

下半身をリズムカルに使うための練習を紹介します。

アドレスの状態からバックスイングで一度静止。
この状態で左足を靴半分前に出してスイングをする。

次に右足を前に出して
バックスイングでクラブを振り上げます。
また左足を靴半分前に出してスイングをする。

足を出して振り下ろす、足を出して振り下ろす。

構えた状態から右足、左足を一歩づつ前に
出していき、歩くようにスイングしていきます。

このときに足より先に手が出てしまう
実際にやってみるとこのような方がほとんどだと思います。

上半身の力が抜けてきて下半身の力で
クラブを振れるようになれば正しくスイングできています。

リラックスして下半身を意識できれば
飛距離は格段に上がってきますよ。

ぜひ繰り返し行なってみて下さい。
あなたのゴルフは必ず変わってきます。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>

プロがツアー前にこぞって行う練習が
このワンハンドグリップアイアンです。

このアイアンを使うことで
手打ちのスイングを改善でき
アイアンの精度を飛躍的に上げられます。

片山晋吾プロを育てた
ツアープロ江連忠氏が監修した
振るだけで手打ちが治る秘密のアイアン

魔法のアイアンを使ってあなたも
大幅なスコアアップを目指しませんか?

詳しくはこちらで紹介しています。

http://g-live.info/click/ogi170329/

どんなトレーニングをしたらいいのですか?

2017.03.28
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「どんなトレーニングをしたらいいのですか?」

について、お話をしてみたいと思います。

さて最近アマチュアの方をレッスンしていると
冒頭のような質問をされることがあります。

もちろん僕も出来る限りトレーニング、
ストレッチなどはやっています。

しかしアマチュアの方がゴルフを上達するために
トレーニングに目を向ける方が多くなってきた事には
正直ビックリしています。
続きを読む

【ビデオ】春は飛距離の季節…

2017.03.24
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。
いよいよ春目前。外もだいぶ暖かくなってきましたね。

冬で我慢のゴルフをしてきた方も多いと思います。

春は気温が上がるので
飛距離も自然と伸びていきますからね。

この時期に技術を身に着けて
春の初ラウンドでゴルフ仲間に差をつけましょう。

そのために短期間でできるドリルを紹介していきます。
飛距離アップにとても重要な要素です。

ポイントは9番アイアンなど短いクラブで練習を始めること。

正確にできるようになってから
徐々に長いクラブに変えていきましょう。
確実に飛距離アップを身につけることができます。

ぜひやってみて下さい。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 


<本日のオススメ>

ツアープロ梶川武志氏が
20年間隠し続けてきた飛ばしの真実

「プロがやっている方法は一番効率がいい」
飛距離をと方向性を両立させる方法を紹介します。

今なら新発売を記念して限定価格で手入ります。
今だけ6個の豪華特典付き

この機会に梶川プロの飛ばしの全貌をご覧ください。

http://g-live.info/click/kdr170321/

_

【ビデオ】飛距離アップするスライス解消法

2017.03.21
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます。
近藤雅彦です。

今回は「コースで、ボールの方向性が不安定でスコアを崩してしまう」
という悩みを持った方にとても有効な練習方法をご紹介致します。

特に右に大きく曲がるスライスボールや、
真っ直ぐ左へ飛び出すひっかけボールで悩んでいる方の多くは、

ダウンスイングから、インパクト、フォローにおいて、
こんな動きをしている方が非常に多いんです、、、

その動きとは、、、

続きを読む

【ビデオ】飛ばない人の共通点

2017.03.07
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます。
近藤雅彦です。

今回は「コースで、ドライバーで大きなミスがでてしまう
という悩みを持った方にとても有効な方法をご紹介致します。

ドライバーが苦手で、ミスショットが出て悩んでいる方の多くは、
インパクト時にドライバーの根っこの部分、

「ヒール」でボールを捉えてしまい、ボールが引っかかったり、
右へ大きくスライスしてしまう方が非常に多いです。

ヒール部分でボールを捉えられて、
例え、前に飛んだとしても
飛距離を出すことは難しいです。

クラブヘッドの真ん中でボールを捉えることが、
方向性、飛距離を安定させる事が出来るわけなのですが、、、

この「ヒール」でボールを捉えてしまう方には、
アドレスの際に、こんな共通点がありました、、、

続きを読む

【ビデオ】完 体重移動でゴルフは変わる

2017.03.03
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原大二郎です。

ゴルフで一番大事な要素、体重移動。
今回はいよいよ”3部作”の完結編です。

体重移動ができていないと
上手くボールに力が伝わらないので
効率の悪い手打ちのスイングになってしまいます。

逆に体重移動さえしっかりできれば
少ない力で最大限の力を生み出すことができるので
飛距離を生み出し、安定したショットになります。

私は女性だから、、、
力には自信がないから、、、
ドライバーは苦手だから、、、

飛距離に関する悩みを抱えているなら
ぜひ取り組んで頂きたい内容です。

ゴルフの上手い人や上達の速い人は
ほぼ間違いなくこの体重移動を身に着けていますからね。

この練習をするときは
まずはスイングを3つの箇所にわけて取り組んで下さい。

はじめは短いクラブで確実性を身に付け
慣れてきたら徐々にクラブを長くしていき
ゆくゆくはドライバーでやってみて下さい。

毎日の積み重ねが必ずあなたの
体重移動を確かなものに変えていきます

体重移動をしっかり身に着けて
理想のスイングを手に入れましょう。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになり

ました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイ

コンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 


<本日のオススメ>

もし年齢や性別に関係なく
1時間で30ヤード飛距離アップできるとしたら
その方法を知りたくないですか?

・すぐに飛距離が30ヤード伸びた。

・身体の使い方を変えることで
年齢を重ねることは逆にチャンス
だと思えた。

・70代で成長の伸びしろを感じた。

・1時間で簡単に習得できた。

大森プロだからこそ発見できた
秘密の方法をご紹介していきます。

このプログラムを手に入れることで
あなたは回りから一目置かれる存在になるでしょう。

http://g-live.info/click/nencha1703/

_