カテゴリー別アーカイブ: アドレス

スライスを撲滅したたった一つのアドバイス

2017.02.08
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

松山選手優勝しましたね!
非常に幸先の良いスタートを切れたのではないでしょうか。

まだまだ、ツアーは始まったばかりですから、
これからのさらなる活躍に期待したいですね。

さて、今日はスライスの話をしたいと思います。

ゴルファーのほとんどが悩んでいる右に曲がるボールですが、
その原因は数多くあります。

インサイドアウト、アウトサイドインなどのスイング軌道、
アドレス、グリップ、、、数えればキリがありません。

スライスはスコアを落としてしまう上に、
飛距離も出づらくなってしまいますから、
どうにかして改善していきたいところですよね。

僕はレッスンプロとしてゴルフに携わっていますが、
スライスする方で多くの人が陥りやすいのがフェース面の開き。

僕を始め、よくフェース面の管理といった言葉を使っていますが、
インパクトの瞬間にフェースが開いていることによって
ボールが右に出てしまう方が多いんですね。

じつは、最近レッスンさせてもらっている方が
このような症状に悩んでいたのですが、
たった一つのアドバイスで驚くほどスライスが減ったんです。

今日はその方の話を交えつつ、
そのたった一つのアドバイスが何かをご紹介したいと思います。

「森崎さん。どうして右にいくんでしょうかね?」

今新宿店には、非常にフレッシュなゴルファーがいらっしゃいまして、
ゴルフ歴はまだ一か月。

去年までは練習場で一回だけクラブを握ったことがあるだけといった
ゴルフ未経験の方がレッスンに来ていただいております。

また、そのお客様はご自身の希望により、厳しくていいので短期間に
一気に覚えて上達したいとおっしゃったものですから、
レッスン後の練習メニューもいつもより多めにお伝えしていました。

そして初回レッスンの後、
僕が次にレッスンを担当したのはつい数日前なのですが、
かなり必死に練習したであろうスイングに変化していたのです。

お客様「森崎さん、僕のスイング良くなってます?」

森崎「いやー、とっても良くなってきてますよ!
けっこう練習しましたか?」

お客様「レッスン後に練習場で復習して、平日は部屋で小原プロのDVDを見て
ビジネスゾーンの練習ともらったドリルといったところです。」

森崎「それを毎日続けているならばとても良いです。それでは、今日は
これまでのおさらいをして、スイングをいったん完成させましょう。
教習所でいうところのみきわめだと思ってやってみてください。」

お客様「分かりました。よろしくお願いします。」

森崎「こちらこそお願いいたします。
では、まずはビジネスゾーンから見ていきましょう」

と、ここまでは非常によかったんです。
ただ、次の肩~肩のスイングで致命的なミスが出てきます。

カスッ。カスッ。。カスッ。。。
おかしい。一見形の良いスイングなのに、
ほとんどの球がスライスしている。

もしかしたら、あそこが原因かもしれない。
僕はそう思い、

森崎「今スイングを見させてもらったところ、ボールがけっこう右に
飛んでいってますね。」

お客様「そうなんですよー。自分でも自覚はしてるんですけど、
何が原因なのかはさっぱりです。どうして右にいくんでしょう?」

森崎「では、今からそれを見つけていきましょう。
僕が前や後ろでスイングを見ているので、
そのままスイングしてみてもらっていいですか?」

5球ほどスイングしてもらったところでしょうか。
僕の中でスライスの原因がハッキリ見えました。

その原因はなにかと言うと、、、

右ひじの内側はどこを向いていますか?

この生徒さんのスライスの原因、
それは右ひじの内側にあったのです。
score
内側というと、この画像の丸で囲った部分を指します。

おそらくですが、最初にあなたがスイングを覚えたとき、
「右肘は右脇腹につけるように」と意識したかもしれません。

これは決して間違いではないです。

ただこれにもう少し言葉を付け加えて、
「ダウンで右ひじが体の正面より右を向かないように」
と今後は考えてみてください。

というのも、インパクトの際に右ひじが正面より右を向いてしまうと、
高確率でボールを切るようなフェースが出来上がりますので、
スライスが多発してしまうのです。

これを防ぐには、ダウンからクラブがインパクトを迎える間に、
意識的に右ひじの内側を左にひねってみてください。

この動作は、鍵をさして回すイメージで行うと
理解しやすいと思います。

最初は違和感があると思いますが、
この意識を持ってスイングするだけでも
ボールのつかまり方が改善してくると思います。

最終的には、これはリストターンにもつながる話ですが、
リストターンのコントロールは比較的高度なテクニックなので、まずは
右ひじの内側を鍵を左に回すイメージでひねることから始めてみてください。

今日は生徒さんの事例を紹介しつつ、
スライス改善の話をしましたが、ボールの曲がり幅を少なくするには
インパクト時のフェース面の向きが重要になっていきます。

インパクトを迎える時に、果たして自分のクラブのフェースはどんな
形になっているのか。

是非、確認してみてくださいね。

P.S. 結局、この生徒さんはこのアドバイスで上達に必要な何か大きなものを
つかんだそうです。今後が楽しみです。


<本日のオススメ>
もしあなたが、

・トップツアープロが毎日必ず行うトレーニングの秘密
・30日で100切りを果たしたアマチュアゴルファーの練習法

など…一流レッスンプロが20年掛けてたどり着いた
秘密を7つの特典付きで知りたいのなら、、、

http://g-live.info/click/the_reborn_lp/
※お急ぎ下さい。キャンペーンは今日で終了です。

「技」トウアップを見直す

2016.10.02
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・トウアップを見直す」

というお話をさせていただきます。

セットアップでヘッドのトウ側を
少し浮かせるようにすることが常識のようになっています。

しかし、トウアップはその理由を理解して、必要なら行い、
必要ないというか問題があるなら行わないという判断を
できるようにしたいものです。
続きを読む

スコアを10打更新するレッスン活用法

2016.08.31
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

質問ですが、あなたは今までに
やり方を少し変えただけで急に全てが
うまくいくようになった経験ってありませんか?

ずっと悩んでいたのに、誰かの一声だったり、
あることに気付いた瞬間全てが繋がるとか、
そういった経験です。

なぜそのような質問をしたかと言いますと、
僕が今レッスンさせてもらっている生徒さんが
まさにそのような体験をしたんです。

なので、今日はその話をしてみたいと思います。
続きを読む

「体」体操は日ごとに分割

2016.08.28
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「体・体操は日ごとに分割」

というお話をさせていただきます。

何か体を鍛えることをやろうとして心に決めたはいいけれど、
いざやり始めたら途中でやめてしまったなんてありませんか。

そんなことを少しでも防止できる、
私がやっていてあなたにもお勧めできる、
継続のためのコツがあります。それは。。。
続きを読む

【クイズ】うまくいってるゴルファーはどっち?

2016.06.22
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のスマイラックより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

2008年からレッスンプロとして活動、
2014年からはスマイラックで小原プロの元
レッスン活動をスマイラックの講師として行ってきました。

約8年間、レッスンプロとしてアマチュアゴルファーの上達を
お手伝いさせていただいてきたのですが・・・

そんな中、うまくいってるゴルファーとうまくいってないゴルファーの
傾向みたいなものがあることには気付いていたんですが、
約8年間みなさんをレッスンしてきてそれが確信に変わりました。

続きを読む

キビシ~ッ!だから○○してチョウダィ!

2016.06.04
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「コースレッスンで改めて確信した、ゴルフ上達の極意」

についてお話しようと思います。

にしても、冒頭から変なタイトルでスミマセン。
(関西の方は、このタイトルに反応なさったかもしれません! 笑)

実は先週、先々週と、久しぶりに千葉のスタジオ
「スマイラック」のコースレッスンに行って、
ちょっと思い出したことがありまして。。。
続きを読む

ゴルパフォ神田店、初のお客様は…^^

2016.04.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、先週あなたに、

 「モンゴが神田店に異動になった話」

をしましたが、、、

どいにか4/6(水)に無事、
開店にこぎつけることができました!

正直、準備が大変だったんですが、
なんとかオープンはできてよかったです~^^

そしてなんと、オープン初日から早速、
新規のお客様も、いらしてますよ~♪( ´▽`)
続きを読む

ゴルフで上手に「立てる人・立てない人」

2015.10.12
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ゴルフで上手に『立てる人・立てない人』」

についてお話ししようと思います。

同じようなレベルのゴルファーの方でも、
スコアが安定している人とそうでない人がいます。

実はその違いはただ一つ、
上手に「立てている」「立てていない」
この一点の違いでしかありません。

と、その本題に入る前に、最近私の車に起こった
「ある変化」についてなんですが。。。
続きを読む

【ビデオ】あなたのアドレス、右向いてませんか?

2015.08.26
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

月曜、火曜はガクンと気温が下がりましたね。

ちょっと肌寒いくらいですが、
このような気温だとコースに行きたい気持ちが高まってきますね!

私も練習熱心な読者の皆さんに負けないよう、
しっかり準備していきます。

さて、今日は何をお伝えするかと言いますと

「ターゲットに対して真っ直ぐ立つ方法」

というトピックについてアドバイスしたいと思います。

コースに行った時、友人に「右(左)向いてるよ!」
言われた経験ってありませんか?

そして実際に思ってもいない方向へボールが飛んでしまったら、
ナイスショットが出たとしても、もったいないですよね。

やはりターゲットに対して真っ直ぐ立つことができれば、
スコアにもその結果がしっかりと付いてきます。

そこで、実はほんのちょっとした
ワンポイントを抑えれば簡単にそれは解決できるんです。

具体的にどんなところを意識するかと言うと
それは「マットの中のどこにボールを置くか」ということなんです。

動画をチェックしてその解決法を試すことで、
さらなるスコアアップに繋げることができますので、
是非実践して下さいね!

続きを読む

【ビデオ】丸山茂樹プロのマネをしましょう

2015.08.03
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「アマチュアの方に多いプリスイングのエラー」

と題して、ビデオでお話ししようと思います。

ゴルフはプリスイング、つまり打つ前の原則が
しっかりしていないと打っても無駄です。

私がレッスンをする生徒さんには、
必ずそのようにお伝えしています。

ということで今回は、アマチュアの方に本当に多い
プリスイングのエラーをお知らせしたいと思います。

これができているかいないかで、
間違いなくあなたのミスショットが大きく減ります。

(続きは動画での解説となります)
続きを読む