カテゴリー別アーカイブ: 情報

ゴルファーの爪

2017.02.26
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

「服部さん爪見せて下さい。」
生徒さんからよく言われる言葉です。

「えっ、なんで、、、」
正直はじめはそう思っていました。

ですが結構多くの方に言われるので
今はもう慣れてしまいました。

内容を知ってしまえば納得です。
ああそういうことかという感じです。

実際にもしも自分がゴルフを習っている立場だったら
同じ質問をしているかもしれないですね。

ゴルファーがなぜ爪を気にするのでしょうか 

その訳は、、、

     

ゴルファー特有の悩みとも言えるかもしれません

実はゴルファーを悩ませているのは
足の爪のことなのです。

私に言ってきた生徒さん実は足の指の爪が
変色してしまい、この理由が知りたかったんです。

私も経験があったので気になって
周りのプロに色々聞いてみたんですが、

やはり経験しているプロが多かったです。

原因としてはスイング時に軸足に力がかかり
踏ん張る際に負担がかかってしまうためです。

横を向いているため足の爪もサイドにバランスが
偏ってしまうため、特に足の親指は巻き爪になりやすいのです。

実際に巻き爪になるとスイングがぶれる等
スコアや安定性に大きく影響してくるんです。

これはもはや職業病とも言えるかもしれません。

ちなみに私には職業病がもうひとつあって
筋力トレーニング時に重いものを持つので
手のひらにウエイトだこたるものがあります(笑)

       

爪の負担を軽減するための2つのポイント

・確実に自分に合ったゴルフシューズを選ぶ
・定期的に爪を切り、切り方に注意すること

この2つさえ守っていれば予防することができます。

第一にシューズ選びはとても大事です。
踏み込んだ時に下からの圧力と同時に横からの圧力がかかるので
双方の圧力を防ぐためにシューズがとても重要なのです。

具体的にはつま先と横幅の合った靴を選んで下さい。
ある程度余裕がるくらいが理想です。

特に横幅に無理があると指先だけでなく骨格にも
大きな負担がかかり病気などにつながる可能性もでてきてしまいますから。

メーカで選ぶことよりも自分に合ったものを選ぶことをオススメします。

爪に関しては深爪しないように切ることと
スクエア(正方形)角を残して切ることをオススメします。

深爪をすると地面から圧力によって
肉が爪より盛り上がってしまうからです。

そうなると盛り上がった肉により内側に圧迫されるため巻き爪になります。

                    

すでに巻き爪になっている方は

もし、すでに巻き爪になってしまっている方は
早めの治療をオススメします。

病院に行く、自宅でできる矯正器具
いまは色々な治療法があるみたいです。

きちんとした対処法さえしていれば
簡単に治すことができます。

大事なのは治療をしながら
予防を並行してしていくということ。

爪に問題を抱えていては
満足にゴルフをすることはできませんからね。

ゴルフは下半身がとても大事なスポーツなので
しっかりメンテナンスをして下さいね。

一生ゴルフを楽しんで行くために
できることをやっていきましょう。


<本日オススメ>

片山晋呉プロと江連忠コーチ
豪華タッグで送る

その内容が凄いんです。
全13巻(14時間)のドキュメンタリーレッスン。

わずか1週間で80点のスイングを作る
ということを実現させるという驚愕の内容。

あなたが80点のスイングを手に入れたら
目の前にあるゴルフの問題の80%は解決できます。

レジェンド二人が作り上げた秘伝書。
その秘密を包み隠さず全て公開します。

http://g-live.info/click/ktymezr170223/
3月1日(水)までの限定販売です。

超速スコアカード活用法

2017.02.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

※ガッツパーとは
通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、
巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉です。

 
先週のメールマガジンでは
「あなたを丸裸にするスコアカード活用法」
についてお伝えさせていただきましたが、

予想以上の数のご質問を
お寄せいただきました。

本当にありがとうございます!

今回は、そんな頂いたご質問の中から
特に多かったご質問にご回答させていただきたいと思います。

今回ご回答させていただくご質問は

「超簡単に出来るお勧めの書き方も教えて下さい。」

といったご質問です。

それでは、今回のメールマガジンで
詳しくご紹介していきますね。
続きを読む

生涯ゴルフを続けるために今するべきこと

2017.01.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

年明けにラウンドした時に
知り合いの支配人からある話を聞きました。

ラウンド中に体調が悪くなったお客様がいて
救急車を呼んで大変だったという話でした。

幸い命に別状はなかったそうですが一歩間違えれば
一大事になっていたかもしれないという状況だったそうです。

服部「大変でしたね。でもご無事でなによりです。」

支配人「でも実はゴルフ場はこのようなこと意外に多いんですよ」

服部「えっ、、、」

ゴルフを初めて約15年がたちますが
恥ずかしながらそのことを私は知りませんでした。

人にとっていちばん大事な身体。

私も一生ゴルフを楽しみたいですし、
あなたに一生ゴルフを楽しんでいただきたい。

ゴルフ場でなぜそんなことが起きるのか
私が聞いた真実をぜひ最後まで読んで下さい。

 
         

こんな事実を知っていますか?

実はゴルフ場では
年間200人もの方が亡くなっているのです。

冬は心不全や心筋梗塞
夏は脱水症状等になる方が多いんです。

ゴルフは常に走り回っているわけでもなく
他にももっと過酷なスポーツはたくさんあります。

実際に運動強度を表すMETs指数は
一般的にこのくらいと言われています。

ランニング       12.0

ボクシング        9.0

サッカー         9.0

ジョギング        6.0

ゴルフ          4.5

ボーリング        3.0

ストレッチ        2.3

ゴルフはスポーツの中では普通ですよね。

ですがスポーツの中で亡くなる方が
一番多いスポーツはゴルフだそうです。

その理由は一体どこにあるのでしょうか?

           

ゴルフだけにしかないもの、、、

実は他のスポーツとゴルフでは
決定的に違うことが一つだけあるんです。

他のスポーツは運動中に心拍数が早くなっても
その値がプレイ中にそれほど変化することはありません。

それに対しゴルフはショットを打つごとに心拍数や血圧は上昇し
打ち終わったら下がる、これを繰り返してしまう競技なんです。

わかりやすく言えば他のスポーツは
一定の速度で走り続けるマラソンのようなもの。

全力ダッシュして止まるを
永遠繰り返すのがゴルフなんです。

その繰り返しによって心臓にかかる負担は計り知れません。

その上、朝一で身体がまだ温まっていない状態で
ティーショット、第二打席、第三打席で瞬発力を使う。

息がはずんだ状態でグリーンに上がったのに
息を止めて緊張しながらぱパットを打つことなる。

それによって心臓や脳は酸欠状態になり
血圧や心拍数はさらに上昇してしまうんです。

ですので朝一番、第一ホールのパットには注意が必要です。

            

楽しいゴルフを生涯続けるために

一番多い心筋梗塞の原因は
起床後2~3時間の間に起こるそうです。

早朝スタートの場合ちょうど
ラウンドし始める時間と重なりますよね。

ゴルフ中に汗をかくと脱水症状になりやすく
血液が粘り気を増し血管が詰まりやすくなります。

さらに昼食時に飲むビールは脱水症状の原因になりますし
ラウンド中に吸うタバコは血管が詰まる原因になります。

これ防ぐために
心がけることを5つ紹介していきます。

・水分は多めにとる
・プレー中は禁煙する
・パットは気楽に打つ
・前日の睡眠はしっかり取る
・前夜やラウンド中の飲酒は控える

このことさえ守れば
あなたの身体に負担をかけることなく
安全にゴルフをすることができます。

身体はすべての資本です。
身体が整っていなければ
ゴルフを楽しむこもできません。

若いから自分には関係ない
という方もいるかと思いますが

体内で起きていることは
実際に目で見ることはできません。

いつ何が起きるかわからない。

そう考え万全の準備をしておくことが
ゴルフを楽しむのにベストな選択だと思いますし
スコアや飛距離を伸ばすのには絶対に必要です。

私も今一度心を引き締め
ゴルフに取り組みますので
あなたもぜひ心がけてみて下さい。

自分自身のメンテナンスを怠らずに
一緒に生涯ゴルフを楽しみましょう。

100歳になっても元気にラウンドする。

それが私の目標であり、私の夢です。


<本日のオススメ>

・パターで揺るぎない自信をつけたい

・次のラウンドで早速6打縮める

・ゴルフ仲間を簡単に負かせて称賛の声を浴びたい

これを実現させる秘密のパター。

毎回大きな反響をいただき
問い合わせが殺到する秘密兵器。
「ベストタッチパター」が遂に入荷しました。

今なら小原プロの特典動画がついてきます。
「8分でできる。パーフェクトフィッティング」

50本のみの限定入荷となりますが

この2つの強力な武器を手に入れることで
あなたのパッティングが飛躍的に向上することを約束します。

http://g-live.info/click/bestt170112/

_

【ビデオ】上達を加速させるある感覚とは

2014.10.22
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

本日はウィークリーレッスン動画を配信します。

スコアアップの為に、練習場に行ったり、レッスンを受けたり、
「頑張っているのになかなか上達しない」とお悩みの方も多いと
思います。

今回は、『ある感覚』と上手に付き合うことで、新たに上達を加速
することができると言った内容についてお話します。

この『ある感覚』とはなんでしょうか?
レッスンを受けると襲ってくる感覚です。

続きを読む

【ビデオ】ウォーミングアップ

2014.01.08
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

冬の寒い時期にコースに出た時、体が冷えて思うようなショットが打てないということがよくあると思います。
そこで重要になるのがウォーミングアップです。

今日のウィークリーレッスンでは、ウォーミングアップについてお話します。

続きを読む

スイングへの思い込みは禁物

2013.12.06
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

先日、ゴルフレッスンのとき
とある寂れた練習場に行きました。

寂れたというと
ちょっと酷いと感じられるかもしれないのですが
確かに寂れた練習場だったんです。

続きを読む

【新企画!】小原大二郎の「心の友」登場!

2013.11.28

FROM:ゴルフライブチーム木村

こんにちは、
ゴルフライブチームの木村です。

11月も終盤、東京も日に日に寒くなってきました。
2013年も、あと1ヶ月になりましたね。

さて、年末に向けて、日刊メールマガジン「Golf Live」に
新しいラインナップが加わることになます。

ついにこのお知らせがあなたにお届けできることが、
嬉しくてしかたがありません。なぜかというと、、、
続きを読む

無意識の領域

2013.04.09
obara

FROM:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日のテーマは、
『無意識の領域』です。

私は、ゴルフの基礎知識も無く、
練習も独学でゴルフを学んできました。

ましてや、
ゴルフに触れたもの18歳と遅いスタートでした。

人一倍練習をしてきたつもりではあるものの、
誰かに指導してもらったわけでもありません、、、

本当に試行錯誤の連続でした。

いつも「本当にこれであっているのだろうか?」
と自問自答しながら練習し、レッスンしてきました。

その中でようやくたどり着いた一つの答えがあります。
続きを読む

固定概念を打ち破れ

2013.03.19
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日は、固定概念についてお話ししたいと思います。
あなたは自分では気がつかない間に固定概念を持っていませんか?

ぜひ、肩肘を張らずに読んでみて下さい。

動物園で飼われているゾウのお話しです。

人間に飼われているゾウは、
小さな杭でつながれた鎖が足にはめられていると、
おとなしくしているそうです。
続きを読む

メンタルトレーニングやっていますか?

2013.03.04
obara

FROM:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。
1か月ほど前、レッスンをしていた時の話をします。
その日の生徒さんは52歳の女性、Mさん。
旦那さんに誘われてゴルフを始めたそうですが、
上手くならないので悔しくてこっそり私のレッスンを受けにきてくれました。
そのMさんのレッスンなのですが、途中、すごく気になることがありました。
続きを読む