作成者別アーカイブ: 森崎崇

森崎崇

森崎崇 について

1981年東京都生まれ。14歳の時にスコア100を切ったことから、ゴルフの道に進むことを決意し、高校時代は団体・個人共に全国大会に出場。多くの苦難を乗り越えながらも、レッスンプロとしての活動を始め、10年間で指導したゴルファーの数は実に2,500人以上。活動の最中、宮本プロと出会ったことがきっかけで、ゴルフパフォーマンスの立ち上げと共に新宿店所属のレッスンプロとなり、クールな外見とは裏腹に情熱的なレッスンを行うことで、ジュニアからシニアまで幅広い世代に絶大な支持と信頼を寄せられる。また、プロキャディとしてツアープロのスイング、トレーニングを1番間近で見てきた経験から、最前線で闘うプロならではのテクニックやコースマネジメントを、アマチュアゴルファーが実戦でも活かせる指導法を確立。その結果、片手シングルを達成するゴルファーを量産したことからついたあだ名は「片手シングル養成マシーン」。現在はゴルフパフォーマンス史上、最速でヘッドコーチに就任し、更に活動の場を広げている。

【ビデオ】ドライバーだけスライスしてしまう方へ…

2017.10.18
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

最近雨続きですが、
体調のお変わりはないでしょうか?

せっかく体を動かしても快適な季節なのに
憂鬱な日々ですが、こういう時こそ練習を重ねて
晴れた日に思いっきりゴルフを楽しみましょう!

さて、今日はドライバーの話。

以前もお話したように出球が右に曲がる
スライスの原因は非常にたくさんあります。

そこで、一体原因と呼ばれるものは
どれくらいあるのか、ネットで検索してみたところ、、、

この続きは動画の後にて。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

いくつある?スライスの原因

今日はヒザの動きからスライスを
抑制するドリルを紹介しました。

他にも原因と言われるのは、、、

・振り遅れ
・ヘッドアップ
・グリップ
・アドレス
・腕
・フェース
・肩
・体重移動
・足
・飛ばしたいという気持ち

、、、キリがないのでこのあたりにしましょう。

このように様々な原因がありますが、
ハッキリしているのは

「インパクトでフェースが開かなければ
出球が右には行かない」

ということです。

結果が決まっていれば、逆算が可能ですから
そこから探っていくことがスライス改善の第一歩です。

是非、考察してみてくださいね。

追伸:11/4は空いていますか?

11/4土曜日に東京・両国にて
ビッグイベントを開催致します。

ゲストに賞金女王にまで昇り詰めた
あのプロゴルファーをお呼びしたり、
実際のレッスンも体験出来たりなど、

盛り沢山の一日です!

僕も登壇させいただいて、
ミニセミナーを致します。

席も残り少なくなってきましたので、
是非今すぐご確認くださいね。

http://g-live.info/click/glsmt_1710/

ダウンスイングは綱引きだ!

2017.10.11
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフを始めたてのころ、僕より力の無い方が僕より
圧倒的に伸ばしていることが非常に不思議でした。

それは後に切り返しの動きに
秘密があることを知ったのですが、当時の僕は
ひたすら球を打つことで習得していきました。

今思うと、なんとも遠回りしたなと思います。

では、その秘密は何かというと、
綱引きです。

綱引きの要領で、ダウンスイングをすると
ミスが減り、飛距離も伸びます。

今日はそのお話をしていきます。

上半身を置いてけぼりにしましょう

まず、ゴルフにおいて下半身を
使いましょうと言われる理由は、
下半身は大きい筋肉で構成されているからです。

上半身、特に手や腕というのは
体の中でも特に器用に動く部位ですから、
過渡に頼ると、インパクトが安定しません。

そのため、大きく不器用な筋肉を
使った方が、力も出るし軌道も安定します。

しかし、闇雲に下半身から動かしただけでは
効果は得られません。

そこで動かし方が重要となるのですが、
その動かし方のコツが”綱引き”です。

練習方法としては、誰かに協力していただき、
クラブの引っ張り合いをしましょう。

この時、相手に勝つためには手の力だけで
勝つことは難しく、必ず腰を入れて
引っ張ると思います。

その要領で、スイングに取り入れていくのですが
まずは切り返しのところだけを練習します。

具体的には、トップスイングから左に体重を
乗せる瞬間ですが、この綱引きの動きを
取り入れると、体と腕に距離が出来ると思います。

コレが綱引きのポイントなのですが、
腕が体に引っ張られる感じを覚えることで、
球がつかまる軌道が完成します。

また、インパクト~フォローにかけても
さらに飛距離を出すなら、クラブヘッドと
右足で引っ張り合う感覚を掴みます。

このように、

・切り返しで体重移動に引っ張られて腕が降りてくるイメージ
・フォローでクラブヘッドと右足が引っ張り合うイメージ

この2つの意識をスイングに取り込むと、
さらなる飛距離アップ&安定性アップに
つながります。

是非実践してみてくださいね。

ボール選びはディンプルも重要?

2017.10.04
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

ゴルフ業界は畑岡奈紗プロが
40年ぶりの「日本女子オープン」連覇を
達成したり、

松山プロがJ・トーマスに勝利するなど、
非常に賑わっていますね。

涼しくなりましたが、それとは真逆に
あなたのゴルフ熱は高まっていることでしょうから、
僕もそんなあなたを応援出来るよう頑張っていきます。

さて、今日の話は

「ディンプルの数で見るボール選びとは?」という話。

ゴルフボールはこの銘柄しか使わないと決めている方は
多いと思いますが、銘柄ごとによって
ディンプルの数が違うことはご存知でしょうか?

ルール上、ディンプルの数は決まりがありませんので、
各メーカーによって、その数や形はさまざま。

じつは、ディンプルが多いボールが向いてるゴルファー、
少ない方が向いてるゴルファーがいますので、
是非参考にしていただきたいと思います。

ディンプルの数は多ければいい?

今市場に出回っているボールの中で
圧倒的にディンプルの数が多いのは
ミズノが出している「JPX DE」。

通常のディンプルの他にも、
極小のディンプルを配置することによって、
より飛距離を伸ばせる設計とのことですが、、、

ここで一つ疑問に思うのは
「ディンプルは多ければ多いほど良いのか?」
というところだと思います。

一般的にディンプルが多い方が
ボールが上に上がろうとする力、
揚力は大きくなります。

ただし、この恩恵を受けるのは
女性やシニアゴルファーになります。

というのも、ヘッドスピードが少なくとも
40m/s以上ある方がディンプルの多いボールを
打つと、上に上がる力が大きく働きます。

つまり、テンプラを誘発しやすくなり、
前に行こうとするボールの力が弱くなるので、
飛距離をロスします。

ちなみに、ツアープロ御用達のV1は352個、
V1Xが328個、スリクソンZSTARは344個。

ほとんどのボールはこの数が多いのですが、
さらに深掘りすると、ディンプルには
深いくぼみのものと浅いくぼみのものがあります。

さらには非円形の形状をしていたり、
ディンプルが1,000個以上あるボールも存在しています。

。。。と、「ゴルフボールは特許の塊」という風に
揶揄されるくらいメーカー独自の設計だらけなので、
同じ価格帯でもメーカー毎にその性能は驚くほど違います。

たかがボール、されどボール

色々と難しい話をしましたが、
結局のところ、どのボールを選べば良いのか?

スコアアップの観点から申しますと、
スライスが多い人はディスタンス系などの
回転数が抑制できるタイプがオススメです。

他には、なるべく同じモデルを使い続けること。

大きなショットの場合はまだしも、数mmの
差が明暗を分けるパッティングの場合、
少しのタッチの違和感が、大きな違いを生みます。

これでもかと言わんばかりにリリースされている
ゴルフボールの中から、自分に合ったボールを
見つけることは難しいことです。

しかし、ゴルフはボールすら選ぶことが出来る
稀有なスポーツですから、是非楽しんで
自分だけのボールを探してみてくださいね。

PS

もう一つオススメなのは「軽いボール」です。
GPのプロ陣も試打しましたが、飛びます。


※今日が最後のチャンスです。お急ぎください

セカンドショットはFW? 5I? UT?

2017.09.27
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

朝コースに行くと、若干の肌寒さを
感じるようになりました。

季節の変わり目ということもあって、
体調を崩されている方もいらっしゃいますので、
体調管理にお気をつけて、ゴルフを楽しみましょう。

さて、今日は、先日読者様よりお悩みをいただいた
セカンドショットでのクラブ選択の話を
したいと思います。

まず、シチュエーションとしては、
ロングホールの2打目を想定します。

この際、使われるのは
200y前後飛ぶクラブ。

そうすると、

3W
5W
5番アイアン
UT

概ねこの辺りだと思います。

この中から一本選ぶわけですが、まず僕なら
迷わずこのクラブは選択肢から弾きます。

おそらく、あなたも同意見だと思うのですが、、、
続きを読む

多忙でもゴルフの感覚を忘れない方法って?

2017.09.20
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

あなたに質問ですが、

「最近ゴルフクラブを握ったのはいつですか?」

1週間前に握ったよという方、
昨日握ったよという方、
そういえば1ヶ月握ってないなという方、

ゴルファーの数だけ答えがあるでしょう。

しかしながら、クラブを握ったのが
1週間以上前という方は
是非今日の話しを聞いてほしいです。

というのも、暑さも落ち着き、
これからはゴルフをするには
良いシーズンになりますよね。

突然コンペのお誘いが来ることも
多い季節です。

しかし、仕事が忙しく、練習場に行く時間が
ない方でも、これだけ実践してもらえれば、
勘が大幅に鈍ることはないでしょう。

その方法というのは、、、
続きを読む

【どうする?】今日はフェードじゃなくてスライスだ…

2017.09.13
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

先日コースに行った時に、
近くのホールからこんな
声が聞こえてきました。

「今のティーショットは良い感じの
フェードだったなー!!」

「いや、あれはスライスでしょ」

「そんなことない!しっかりフェアウェイに
残ってるじゃないか。」

「といっても、右のラフギリギリだし、
ボール追っててもフェアウェイの
端から端まで移動してたよ」

「残ってれば、なんだっていいんだよ」

といった会話でした。

あなたにも、

・いつもはフェードなのに、今日はスライサーだ…
はたまた
・いつもはドローなのに、今日はフッカーだ…

という経験あるかと思います。

ゴルフはコンマ1秒の世界で
ボール軌道が大きく変わるスポーツ。

なにが、フェードとスライスを分けるのか?
どうすれば、応急処置出来るのか?

今日はそれをお伝えしたいと思います。
続きを読む

ゴルフのスコアは“後半2打”で決まる!?

2017.09.06
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

僕は月に一度、
所属する連盟が主催する
試合に参加しています。

イチゴルファーとして、試合に出ると、
勉強にもなりますし、レッスンにも
活かせるし、何より楽しいです。

その反面、自分の至らなさも
まじまじと感じるのですが
先月の試合はまさにそれを痛感しました。

というのも、先月の試合は、
昔からお世話になっている先輩と、
たまたま同組で回ることとなりました。

お互いをよく知っている間柄だからこそ、
闘志に燃えていたのですが、
結果を先に言うと僕は負けました。

スタッツを見ても
僕の方が上回っていたのにです。

たった一点を除いては、、、
続きを読む

ゴルフの上達にはコレ↓が欠かせない?

2017.08.30
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

僕が所属するゴルフパフォーマンスでは、
プライベートコースティーチングという
イベントがあります。

これは、実際にレッスンプロも一緒に
ラウンドして、僕達がどのようにゴルフを
するのかを生で見ていただくものです。

開始してから、まだそこまで長くはないのですが

このイベントを始めてから、
参加された会員様のスコアが
軒並み良くなっているのです。

というのも、参加された会員様のほとんどが
こんな感想を持ってくれるからです。。。

それは、、、
続きを読む

ドライバーのバックスピン量を減らす3STEPとは?

2017.08.23
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

先日、コースティーチングに行った時のこと。

とある会員様のティーショットが、
少し吹け上がっていました。

現在40代前半で学生時代からずっとスポーツを
やっていたような方ですから、平均的に240yは
出ててもおかしくないのに、実際は220yほど。

吹け上がる・・・一般的にはボールのスピン量が
多いことが原因で、必要以上にボールが上がってしまい
飛距離を落としてしまうことを言いますよね。

特にドライバーがアゲンストで
アイアンでフォローだったりすると、
アイアンの方が飛んじゃう。。。なんてこともあります。

原因としては、スイングかゴルフクラブに
問題があるかのですが、今日はスイングの観点から
吹け上がり改善のための3ステップをお話していきます。
続きを読む

【ビデオ】アプローチの振幅が大きいと◯◯が増える?

2017.08.16
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

もうお盆明けという方もいらっしゃると思いますが、
お元気に過ごされていましたか?

故郷に帰られたことで、
久しぶりに地元の友人とゴルフ・・・
という方もたくさんいることと思います。

ドキドキハラハラするゴルフも楽しいですが、
気が置けない友人とのゴルフもまた格別ですよね。

そんな楽しいひとときを過ごすお手伝いが出来るよう、
僕達もより一層励んでいきたいと思います。

さて、今日はアプローチのレッスン動画です。

恐らく、18ホール全てにおいてアプローチが
上手くいった、神がかっていたということは
ゴルフをする上で、なかなか無いと思います。

もちろん、僕自身必ずどこかのホールで
首をかしげるようなアプローチが出てしまうことが
あります。

しかし、そういう時はおおよそ
“ビジネスゾーン以上肩~肩ショット未満”
という場合が多いです。

振幅が中途半端な時ですね。

そういった時に限って、
ゴルフをする上で良くない◯◯が悪さをしてしまいます。

今日はその◯◯をうまくコントロールする動画です。

アプローチのベースとなる部分なので、
最近100y以内の調子が悪いな。。。と思うのなら、
是非見てみてくださいね。
続きを読む

【画像付】次に選ぶなら実は人気なこのクラブ?

2017.08.09
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今日はお盆前であなたも忙しいと思いますので、
気軽に読めるお話にしようと思います。
(ちなみにGPにお盆はありません!お待ちしています!)

さて、あなたに質問ですが、
クラブを選ぶ時、何を基準にして選んでいますか?

雑誌の特集、
好きなメーカー、
悩みを解決してくれる、
価格、

などなど、
様々な基準があると思います。

例えば、好きなメーカーというとゼクシオ、キャロウェイ、
テーラーメイド、タイトリストのクラブをよく聞くし、見かけるのですが、
それらとは別に、最近けっこう良いなと思うメーカーを見つけました。

そのメーカーというのは、、、
続きを読む

ボールが右にも左にも出てしまうあなたへ…

2017.08.02
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

「ボールが右に左に行って方向が安定しないんです…」

僕がゴルフのレッスンを
させてもらうようになってから
よく聞く悩みの1つです。

ゴルフの出玉の悩みは主に

・上下の悩み
・左右の悩み
・奥行きの悩み(いわゆる飛距離やアプローチ)

この辺りに集約されていきます。

上下の悩みはいわゆる
テンプラやチョロ、トップ・ダフリ。

左右の悩みはフックとスライス。

もちろん、これらの複合技もありますが、
今日のお話は左右の悩み。

出玉が左右にブレると、OBの危険性が
増え、上下の悩みよりもスコアを
落としてしまうキッカケにもなります。

では、どうすればいいのか?

少し荒療治になりますが、
僕としては、この方法がオススメです。

続きを読む

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

2017.07.26
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今更なのですが、
僕のメルマガがスタートしてから
先月でもう1年が経っていました。

もっと言えば新宿店はあと1週間で
オープンしてから2年になります。

時間が経つのは早いですね。。。

今までもあなたのゴルフに関するあれこれを、
色々とここで書かせていただいていますが
これから更にお役に立てる内容をお伝えする次第ですので、

今後とも宜しくお願い致します。

さて、今日は

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

という話。

先日、休みの日に近くの練習場にいきました。

土曜日ということもあって、
多くの人で賑わっていたのですが、
その中で、僕はあるゴルファー達が気になりました。。。
続きを読む

【注意】ラウンド前の方は見ないでください…

2017.07.19
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

もうすっかり梅雨が明けたような
天気が続いていますね。

お体の調子は大丈夫でしょうか?

この時期になると、コースはもちろん、
打ちっぱなしに行っても相当応える暑さに
なっていますから、十分に気をつけてくださいね。

さて、今日の話は

「【注意】ラウンド前の方は見ないでください…」という話。

先日、何気なくYouTubeを見ていたところ、
ゴルフにまつわるこんな曲を見つけました。

いちゴルファーとしては笑ってしまうのですが、
いざレッスンプロという目線で見てみると、
そうも笑っていられないと感じました。

というのも。。。
続きを読む

【ビデオ】もっと飛距離アップしたいと思いませんか?

2017.07.12
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

じつは今日、僕は試合のために
軽井沢まで来ています。

日々会員様にレッスンさせていただいている
僕ですが、僕自身1人のゴルファーとして
成長するために必ず試合には参加しています。

試合に出ることで、
こういう時はどうすれば、このライから次に繋げるには
どうすればいいかなど、たくさん気づくことがあります。

その気付きを1つでも多くレッスンに活かせるよう、
今日は持てる全ての実力を発揮したいと思います。

さて、今日は
「もっと飛距離アップしたいと思いませんか?」という話。

ゴルフで飛距離を得るには
体をテークバックでしっかりと
捻っていくことが大切です。

この時に、正しくねじれていないと、
飛ばないどころか、アウトサイドイン軌道を
誘発して、ボールは左右に散らばってしまいます。

そこで、今日は自分が
正しくテークバックで体を捻転できているか、
そのチェック方法を動画で解説しています。
続きを読む