カテゴリー別アーカイブ: ビジネスゾーン

冬ゴルフを制す!2つのメンタル強化法

2019.12.11
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

冬ゴルフ

シーズンに比べて
難しいと感じる方が多いと思います。

飛距離が思うように出なかったり、、、
ランが出て行ったり来たりしてしまったり、、、

冬にゴルフを制するには、冬ゴルフの
特性を知っておく必要がありますね。

ですがコースの特性だけでなく、
私たち自身も準備しておくことがあります。

それは「メンタル」

冬はシーズンに比べて
メンタルがやられやすい時期でもあります。

ベストシーズンと比べて感覚が違うことから
ミスが連発し、前半で大叩きしてしまうと
「もうどうでもいいや」みたいな気分になってしまいます。

そうならないためにも冬は特に、
メンタルを強く持っておく必要があるのですね。

今日は動画メルマガで、
冬にオススメな、メンタル強化法を2つ
ご紹介していきます。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしたか?

今日の動画は先週末、千葉で行われた
ゴルフライブ交流ラウンドの
ラウンド終了後座談会での一コマです。

その日も気温は1桁

ご参加くださった皆様もしっかり防寒しながら
冬のゴルフを楽しまれておりました。

これからの季節、
まだまだラウンドを予定されている方も
たくさんいらっしゃると思います。

僕も年末に忘年コンペ、
年明けにも新年コンペを予定しています。

ぜひあなたも、今日ご紹介した
冬ゴルフでのメンタル強化法を実践して
寒さに負けないラウンドにしてくださいね。

近藤


<本日のオススメ>

アメリカから直輸入

300y飛ぶ唯一無二のFWが
数量限定で公開中です…

1年半もの間生産が中止されていましたが、
遂に先月、「ゴルフライブ専用」として
再生産が始まったのです。

しかし依然としてあまり数がありません。

売り切れになる前に、
世界一飛ぶFWを手に入れてください。

https://g-live.info/click/tm201912/

怒り・苛立ち・恐れ

2019.12.04
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

・ここぞのアプローチでダフリ
・セカンドショットで地を這うようなトップ
・調子が良いと油断したらシャンク

などなど、、、

ゴルフ初心者のみならず、
ゴルファーなら誰でも悩まされる
3大ミスショット

せっかく良いペースで周ってきても
ダフったりトップすれば調子は一気に崩れるし
シャンクなんてしたらスコアが簡単に崩れたり

正直、僕でも普通にミスをしますし、
心が折れそうなくらい落ち込む事があります。

ですが、そんな状況のときに思うのが、
ゴルフってやっぱり、、、

ミスを恐れてはいけない

ということ。

ゴルフは上達すればするほど
ミスを恐れるようになります。

「スコアを良くしたい」という気持ちが強ければ強いほど、
「ミスをしたくない」という気持ちも強くなります。

こんな事を言っては失礼かもしれませんが
ゴルフをはじめたての頃って

自分のことを「初心者」と認識しているため
ミスショットしても自分を許せますよね。

「私はこの前始めたばかりだからしょうがないよね」って

でもゴルフ歴が長くなってきて
ゴルフを上手くなりたいという気持ちが芽生えると
次第に自分のミスに対して許容ができなくなってきます。

「なんでこんな練習しているのにミスするんだ」
「この場面はミスしちゃいけないだろ」

ある程度コースをスムーズに回れるようになると
スムーズに回れない原因「ミスショット」に対して
怒りだとか苛立ちという感情を持ってしまうのです。

もちろん「ミスを全く気にするな」とまでは言いません。

ミスしてもなにも感じないと、
それはそれでゴルフ上達に繋がりませんから。

でも、、、

ミスを恐れると強くなれない

ゴルフはミスのスポーツ

そう言われるほど、
「ゴルフ」と「ミス」は
どんなに頑張っても切れない関係です。

ミスを全く無くすのではなく
例えミスしたとしても怒ったりイライラしたりせず
冷静に対処していくことが大事なのです。

オーストラリアの名手
ノーマン・フォン・ニーダは
「ゴルフでは、怒りは最大の的である」
と言っています。

ちょっとのミスショットでイライラしてはいけない
と、わかっているにもかかわらず、
怒りのためスコアを大崩しにする選手は
プロ・アマを問わずたくさんいます。

ミスを恐れ、気を常に張り詰めていては
上手くなれないだけでなく、
イップスまで引き起こしかねません。

イップスになってしまったらもう最後
なかなか抜け出すことは出来ないでしょう。

もちろん、ミスが少ないことに
越したことはありません。

でも、ミスにビビってしまったり、
挑戦することを恐れていると
ゴルフの上達からジリジリと
離れていってしまうでしょう。

もし同組メンバーが、
仲の良い気を許せる方々なら

ミスを恐れず、
普段より一段と攻めたゴルフを
してみるといいですよ。

「怒り」「苛立ち」「恐れ」

これらはあなたのゴルフ上達の
大きな妨げになってしまいます。

いけるかいけないか、
可能性が五分五分のショートカットなら
思い切って挑戦してみましょう。

ミスを恐れない
メンタルの強いゴルファーになるためには
ミスを何度も経験することが一番手っ取り早いです。

同じゴルファーとして、そしてゴルフを教える立場として
あなたがミスショットを恐れずプレーできるように
僕が尊敬するゴルファーの名言を紹介します。

「私は1ラウンドに3つか4つのミスをするものと
 あらかじめ覚悟している。
 それゆえにミスをしてもくさらないのだ。」

By ウォルター・ヘーゲン

ぜひあなたも、
ミスをする前提でコースを攻めてみて下さい。

気が楽になって、逆に、
今までよりスコアが良くなるかもしれませんよ。


<本日のオススメ>

最短で最強のゴルファーに…

心踊るようなフレーズですが、
このプログラムを表すモノとしては
決して大げさではありません。

これを実践した日本人プロたちが
次々と賞金王/女王になり、
総額45億円以上を獲得したのですから。

あなたがこのプログラムを
手にできるのは本日までです。

https://g-live.info/click/edure_score1912/

遂に最終回!しかしトラブルが連発!?

2019.11.27
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

ついに、
一ヶ月以上前から細切れに公開してきた
僕のラウンド風景

1~3番ホール
4~9番ホール
10~12番ホール

今日が最終回になります。

しかし先に謝らなくてはいけません。

まだ公開出来ていないのが
13番ホールから18番ホールまでなのですが、
録画の関係でお見せできるのは

13番、16番、18番ホールのみとなってしまいました。

ですがたったの3ホールに、
コース戦略の大事なスキルが詰まっていますよ。


林からの脱出
ラフからのアプローチ
ドッグレッグのショートカット
超ロングパット

このラウンドは正直、
いいスコアを残せなかったんですが、

順調に進まないラウンドだからこその
トラブルへの対処法がたくさん記録されています。

プロが当たり前のようにバーディーを取っていく
そんな動画よりも、

プロがいかにトラブルを
回避していくかという動画の方が
アマチュアゴルファーの役に立つと改めて思いました。

ラウンド後半ということで同組も僕も
口数がとっても減ってしまっています。

ちょこっとだけ後付けで
動画にコメントを残してありますので
ぜひ参考にしながらあなたのゴルフにも
活かしてみてください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



全4回、合計1時間以上にも及ぶ
僕のラウンド風景を最後まで見てくれて
本当にありがとうございました。

今日の動画や今まで公開したラウンド風景をみて
何か思ったことや感じたこと、
勉強になったことがあればぜひ、
この記事にコメントしてみてください。

同じようにゴルフ上達したいと思っている
ゴルファーがたくさん、
僕の動画を見てくれています。

僕からの情報提供だけでなく、
読者同士の情報提供も
お互いのゴルフ上達にとても役立つでしょう。

ぜひ、お気軽に、
そして積極的にコメントしてくださいね。

途中通常の記事や
ワンポイント動画レッスンを挟みましたが
全4回にも及ぶラウンド風景を見てくださり

本当にありがとうございました。

近藤


追伸:

今日公開した動画のように、
トラブルにも臨機応変に対処し、
パーセーブ、あわよくばバーディを
奪いたい人はいませんか?

どうすればミスを最小限に抑えられるのか?
どうすればシングルになれるのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロのこのプログラムが
あなたのその悩みを解決してくれるでしょう。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

これがプロ同士のラウンドです。

2019.11.20
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

バーディーチャンスでパットが決まらないとき、
あなたならどんな気持ちになりますか?

しかもそれが、
2回も3回も連続してしまったとき…

きっと頭の中がぐちゃぐちゃになって
とてもムシャクシャするような
感じになってしまうと思います。

それはどんなに上手い
プロゴルファーも同じ。

今日の動画は、2週前、3週前の
ラウンド動画の続きです。

1~3番ホール
4~9番ホール

9番ホールの最後で

「午後はバーディーラッシュ!」

と意気込んでいましたが、
その願いはどこへやら…

後半ラウンド早々、3ホール連続で
思わず声が漏れてしまうようなパッティング、
惜しくもパーセーブとなってしまいました。

バーディは取れていませんが、
10~12番ホール、全てグリーンが難しい形状をしてて、
僕と小原プロのライン読みなど
参考になる部分がたくさんあると思います。

今日の動画は小原プロの出演が多めです。

小原プロもめちゃくちゃ上手い!
10番ホールのティーショットから
パッティングまで全てが完璧です。

12番のショートホールも
1番手に打ってくれたがために
強い横風と地形に押されてしまいましたが、
完璧なベタピンでした。

ぜひ僕たちのラウンド動画を
リビングのソファに腰をかけて
ゆっくりお楽しみください。

さらにさらに、
今日のラウンド風景はなんとおまけ付き

あんまり世の中に出回っていないであろう
「プロゴルファーの目線ショット」

動画の一番最後で、
13番ホールのティーショットだけ
目線カメラを付けて打ってみました。

思いつきで撮影することになったので
あまり参考にならないかもしれませんが

ドライバーショットを打つときの目線とか、
スイングのリズムとかアドレスの仕方とか
あなたなりに僕のスイングの特徴を探してみてください。

きっとあなたの上達に
つながる部分があると思いますよ。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



こんな動画が見たい!という
リクエストが有れば
お気軽にコメントください。

このメルマガをお読みの皆様をも巻き込んで
日本一面白いゴルフの情報メディアを目指しています。

リクエストには積極的に
お答えしていくので
ご意見やご感想を
僕たちにお寄せください。

近藤


<本日のオススメ>

お待たせしました。

前回販売時に品切れとなり
再入荷はまだかまだかと待ち焦がれた
魔法のビジネスゾーン養成アイアンが
ついに日本に届きました。

次回入荷は1年も2年も先かもしれません…
ぜひこの機会に入手してください。

https://g-live.info/click/medicus_1911/

【ビデオ】ボールが右にいってしまう2つの原因

2019.11.13
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

スタートホールのティーショットを打つ時、
右にOB杭が見えていたりするコースって嫌ですよね。

変にプレッシャーがかかるといいますか、
右はダメだと思えば思うほど
右に飛ばしてしまったり
右の林や池に行ったりと、

ボールが右に飛び出してしまうというのは
スコアを崩す大きな原因となります。

また、ボールが右に飛び出してしまうというのは
初心者やラウンド経験の少ない
ゴルファーに多いトラブルですが、

実はゴルフ歴が長いベテランゴルファーにも
悩んでいるかたが大勢います。

実際に僕のコースレッスンを
受けてくださる方の中にも
ボールの方向性に悩む方がいて

右と左どちらに悩まれているかと言うと
断然右に飛ばしてしまう方が多いですね。

ボールが右にいってしまう大きな原因は
「クラブフェースが開いている」こと

なので、クラブフェースを
スクエアに持ってくるだけで
右に飛びだすミスは大幅に減らせます。

では実際にどこを意識すればいいのか

今日は動画レッスン形式で
注意すべきポイントを2つ紹介しましたので
こちらからどうぞ御覧ください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。




<本日のオススメ>

小原プロが作った
「シングル達成率100%」

非常識な上達プログラムが
「ザ・ビジネスゾーン」購入者限定の
特別価格で公開されています。

しかも、特典が追加された状態で…

期間限定でもありますので
今すぐチェックしてくださいね。

https://g-live.info/click/obad_1911/
※「ザ・ビジネスゾーン」をお持ちでない方からの
 注文はお受けできません。

【大好評】他では見れないプロのコース戦略

2019.11.06
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

今日のメルマガは、
先週に引き続き
僕のラウンド風景です。

先週は1~3番ホールまでしか公開できませんでしたが、
今日は4~6番ホールまで一気に公開します!

1ヶ月前のラウンド風景ですが、
まだ記憶が鮮明に残っており、
印象深い賑やかなコンペです。

前の組も後ろの組も
おなじゴルフパフォーマンスのコーチだと

追いついても追いつかれても
会話が弾んで楽しいですね。

1~3番は朝イチのまだ体がカチコチだったので
それに比べればだいぶ体も温まってきて
お昼前にかけて調子が上がる時間ですね。

でもその割にはなかなか決めたい場所も決められず
かなり悔しかったのを覚えています。

前回のラウンド風景同様、
「自分に応用できる部分は無いのか」と
コース戦略を盗むような意気込みでご覧になってください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



前回のメルマガの最後で、
「このような動画はどう思いますか?」と
質問をしてみたところ

沢山のコメントやメールをいただきました。

10分のレッスン動画と聞くと
すこし気合を入れないと見れませんが
ラウンド風景は不思議と見れてしまいますよね。

僕も自分の動画ですが楽しく
時間を忘れながら見ることができます。

今日で前半9ホールをご覧いただきましたが、
後半9ホールも動画を準備しているとのことです。

後半も公開し終わったらまたレッスン動画に戻り、
また機会があればこのような形でラウンド風景も
お見せできればなと思っております。

ぜひ来週以降も、
メルマガを楽しみにしていてくださいね。

近藤


<本日のオススメ>

ゴルフライブチームから
衝撃的なお知らせです。

小原プロも推奨する
高級アミノ酸サプリ
『マックスチャージ』

今だけ破格の「0円」で
販売しています…

数量限定ですので今すぐ手に入れてください。

https://g-live.info/click/max_cn1911_kondo/

私のコース戦略、盗んでください。

2019.10.30
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

今日の動画ではなんと、
僕のラウンド風景をお届けしようと思います。

ゴルフ場でティーチングしている様子は
いままで何回かお見せしてきましたが、

僕が実際にラウンドしている風景は
あまり見たことがないと思います。

この動画は10月8日に行われた
ゴルフパフォーマンスのチャンピオンシップ

全国のスタジオからコーチが集まり
このラウンドでの成果が
コーチとしての評価に直結します。

なので参加者は全員本気です(笑)
もちろん僕も本気でプレーしてきました。

そのせいか、
動画からもピリピリとした空気が
伝わってしまうかもしれませんが、
それだけプレーに対して本気ということで

ぜひご覧になってみてください。



スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



いかがでしたか?
動画の長さの関係で、
1番~3番ホールを御覧いただきました。

バーディーチャンスは何度かあったのですが、
そのチャンスを上手く掴むことが出来ませんでした。

3番ホールのパッティングなんて
声が漏れてしまうくらい悔しいです(笑)

でもやっぱりゴルフって楽しいですね。

こうやって動画を見返しているだけで
ゴルフやりたくなってくるような気持ちになります。

その瞬間はミスをしてイライラしたり、
パッティングが決まらなくて悔しかったりしますが
あとから思い返すとやっぱりたのでしいです。

あなたも同じではないでしょうか?

もし機会があったらお仲間に
ゴルフのラウンド風景を動画に収めてもらうのも
いい思い出になるかもしれませんね。

そして、

ただこの動画を楽しんで終わりではなく
この動画をあなたのゴルフ上達にも
つなげていってください。

いつも言っていることですが
他人のスイングを見るのもとても勉強になります。

他人のスイングを見ていて、
アドバイスが思い浮かぶということは
それだけあなたに技術があるということ

ぜひ僕のスイングにも
「ココはこうしたほうがいい」など意見があったら
お気軽にコメントください。

そして、ぜひ僕のラウンド風景から
盗めるものは盗んでください。

動画の中ではできる限り
ショットに対して解説をしています。

なんであの場面であのクラブを選んだのか
「コース戦略」になる部分ですね。

頭を使いながらこの動画を見ることで
あなたの戦略の幅が広がるでしょう。



追伸:

ラウンド風景の動画って、
なんだか不思議と見入ってしまいます。

いつものレッスン動画は
短く簡潔にお伝えすることを
意識しているのですが、

今日のようなラウンド風景の動画は
10分を超えても飽きずに見れますか?

今日のメルマガでは1番~3番ホールしか
お見せできないのが残念です。

ラウンドの続きと、
ワンポイントレッスン動画
どちらを見たいですか?

もし皆さんが
「長い動画、嫌じゃないよ」と
言ってくださるのなら、

来週や再来週のメルマガで
残りのホール公開していきたいのですが、、、

あなたはどう思いますか?

ぜひお気軽に、
ご意見、ご感想をお書きください。

近藤


<本日のオススメ>

ゴルフライブ新商品
『江連忠のスィング理論イノベーション3.0』

プロゴルファーとして毎年20億円稼ぎ続ける
タイガー・ウッズのスイングを

江連プロ考案のマル秘ドリルで
あなたにインストールします。

新商品発売記念50%OFFキャンペーンは
来週月曜までです。

https://g-live.info/click/tiger191028/

【ビデオ】手打ちがだめな理由、知っていますか?

2019.10.23
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

2週連続で公開してきたコンペの動画、
どうでしたか?

いままでのゴルフスタジオでの撮影と違い
緑が綺麗なゴルフ上の中での撮影なので、

見ているだけでゴルフ行きたくなるような
なんかうずうずする感じになりますよね。

実際にあの動画はとても好評で
メルマガをご覧になっている生徒さんからも
沢山コメントを頂けました。

ちょっとしたことでもコメント頂けると
励みになるといいますか
とても嬉しい気持ちになります。

いつも応援してくださり
本当にありがとうございます。

今後も面白い動画を配信していけるように
工夫をしていくので、
楽しみにしていてくださいね。

さて、今週のメルマガは
ワンポイントレッスンでお送りしようと思います。

テーマは「アプローチ」

アプローチでダメなスイングと言えば…
“手打ちスイング” ですよね。

ちょっと確認ですが、
なんで手打ちだとミスがでるか
あなたは答えられますか?

続きを読む

2ヶ月振りの練習…何からする?

2019.10.02
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

最近日中も過ごしやすくなり、
まさに秋のベストシーズンの到来を
感じさせる気候になりました。

ただ、、、そうやって
ふと気づいたら夏の間に
練習してないってことありませんか?

仕事や用事などで気付いたら
けっこう練習していない、、、
久しぶりに行ったら違和感だらけ、、、

という経験はございませんか?

そこで、今日は久しぶりに練習する時の
注意点や効果的な練習をお伝えしたいと思います。

1、ボールを打つ前に素振りをしよう

まず、練習場に着いたらスイングに
使う股関節や背筋といった部位を
呼び起こしてあげましょう。

そのために、一番重要なのが素振りです。

素振りもいくつか種類がありますが、
クラブ2本くらいでする素振りは良いですね。

要は重いものを振る素振りですが、
そうすることでかなり体がほぐれます。

次にスロー素振り。

これも有名ですね。
やり方は省略しますが、
やはりスロー素振りは有効です。

2、ボールを打つにもまずはビジネスゾーンから

素振りを数分行ってから、
次はボールを打っていくのですが、
ここで注意なのが、

「悪いボールが出ても気にしない」です。

おおよそ、良いスイングも悪いスイングも
数週間練習しなければ、定着しません。

よって、恐らくこれまでとは
違う感じのボールになったりします。

なので、まずはビジネスゾーンの振幅から
始めます。

内訳は

ビジネスゾーン:6割
肩~肩:3割
フルスイング:1割

これで勘を取り戻せてくると
思います。

久しぶりにゴルフをすると
表れるスイングのクセ

私の中での統計ですが、
久しぶりにゴルフをする方に多いのが

・スイングリズムが不安定
・前傾姿勢のキープが出来ない

この2つです。

スイングリズムは、久しぶりなので
忘れているだけなので、また継続的に
続けていれば思い出すのですが、

前傾姿勢のキープはクセになる可能性があります。

ゴルフのスイングはアドレスの時点で
負荷がかかるので、久しぶりにすると
苦しく思えるんですよね。

なので、ゆっくりでいいので
ベタ足スイングなどで前傾の維持だけを
気にする時間を作ってみてください。

まとめ

今日は久しぶりの練習について
お伝えしましたが、このメニューは
日頃から練習されている方にも効果的です。

もし、お忙しくてなかなか練習に
時間を取ることが出来なくても、素振りだけでも
行って、感覚を忘れないようにしてみてくださいね。


<本日のオススメ>

100切りしたい全てのゴルファーに
捧ぐゴルフ上達の決定版。

なぜ上達しないのか?
どうすれば上達するのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロがあなたの悩みを
解決します。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

100が切れそうで切れない方へ

2019.09.25
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

ベストスコア101だけど
更新出来ずに早5年…

良いところまで来ているのに
あと一歩足らずで100が切れない…

こういうゴルファーは
本当に多いです。

早く100という壁を突破したいと
誰もが思うでしょう。

今日はそんなゴルファーのために
「残り3ヶ月で100を切るには」という
テーマでお話したいと思います。

2019年の内に100を切るには…

まず、大前提としてゴルフに行く回数が
増えなければ難しいです。

今回は月イチで考えたとして
年内の100切りチャンスは
あと3回と仮定します。

では、この3回で極限まで
100切りの確率を高めるには
こんなことをしてほしいと思います。

それは
「3回とも同じゴルフ場に行く」です。
つまらないと思うかもしれません。

しかし、100が切れそうで切れない
ゴルファーに最も足りないのは
マネジメント能力です。

そう考えた時に、
同じゴルフ場に何回も行くことは
マネジメントにおいてかなり有利です。

例えば、私は自社の各レッスンスタジオに
顔を出すことが多いのですが、最寄り駅からの
最短経路は全て頭に入っています。

これも立派なマネジメントですよ笑

行き慣れるということは
じつはものすごくスコアには
有利に働くんです。

なので、年内に100を切るなら
同じゴルフ場に行きましょう。

100切りチャレンジで気をつけること

先に結論から言いますが
OBだけは必ず避けてください。

OBして良いことは何もありません。

ドライバーもフルスイングせずに
肩~肩でスイングするなどして
とにかく安定重視でいきます。

良いショットを打とうとせずに
いかにOBを打たないかで
ゴルフを進めていきます。

そして、朝の練習では
パターの練習を多めにしましょう。

やはり、スコアを縮める上では
パターは必須です。

具体的には練習グリーンで
2メートルを打つ練習をします。

大体人の歩幅は

身長×0.45~0.5

くらいが平均ですので、
それを基に2メートルを割り出します。

その後、2メートル打つには
このくらいの強さが必要なのかと計測し、
1メートルの距離からも打ちます。

そうやってパッティングを
数字で管理することで
劇的にパターの成功確率が上がります。

まとめ

今日は年内に100切りするために
必要なことを書きました。

まだこれでも全体の10%ほどしか
説明出来ていませんが、とにかく
マネジメントとパターとOBに気を使いましょう。

それだけでだいぶスコアは変わると思います。

ぜひ、参考にしてみてください。


<本日のオススメ>

100切りしたい全てのゴルファーに
捧ぐゴルフ上達の決定版。

なぜ上達しないのか?
どうすれば上達するのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロがあなたの悩みを
解決します。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

【ビデオ】カットスイングにお悩みの方へ

2019.09.18
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

スコアがなかなか縮まらない、
特に100切りを目指す方に多いのは
カットスイングです。

もしあなたが今スライスに悩まれているとすれば、
恐らくカット軌道にスイングしていることでしょう。

はっきり言うと、一度こびりついた
スイング軌道を修正するのは
けっこう大変です。

なぜなら、スイング中に違和感を
感じることが多く、いつの間にか
元のスイングに戻ることが多々あるからです。

そこで今日は自宅でも出来る
カットスイング矯正法を
あなたにアドバイス。

簡単に出来る上に効果バツグンなので
ぜひ参考にしてみてくださいね。


<本日のオススメ>

100切りしたい全てのゴルファーに
捧ぐゴルフ上達の決定版。

なぜ上達しないのか?
どうすれば上達するのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロがあなたの悩みを
解決します。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

【ビデオ】ダフリはスイング中の目線を直して改善

2019.09.11
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

スイング中の目線は
クラブの軌道そのものに
大きな影響を及ぼします。

なぜなら、目線と体の動きは連動しているからです。

例えば、自分の目線より高いものを見ようとすれば
体は伸び上がるし、低いものを見ようとすれば
しゃがんだりして体は小さくなりますよね。

というように、目線と体の動きというのは
密接に関わっているんですね。

そして、あなたがもしラウンド中に
ダフリが多くて悩んでいるのであれば、
もしかするとスイング中の目線が原因かもしれません。

今日はそんな目線という観点から
あなたのスイングを改善したいと思います。

是非御覧くださいね。


<本日のオススメ>

100切りしたい全てのゴルファーに
捧ぐゴルフ上達の決定版。

なぜ上達しないのか?
どうすれば上達するのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロがあなたの悩みを
解決します。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

【実話】飛距離と方向性は、カネで買える

2019.09.05
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日は、
 

 「【実話】飛距離と方向性は、カネで買える」
 

ということで、お話ししたいと思います。 
 

前回のメールマガジンに対して
こんな嬉しいお声をいただきました。

あなたにもシェアしたいと思います。
こちら。。。
続きを読む

【ビデオ】ドライバーの練習と言えばコレ

2019.09.04
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

ドライバーでもビジネスゾーンは
とても有効です。

とはいえ、せっかくドライバーを
練習場で握るならフルスイングしたい…
その気持ちも十分理解しています。

ストレス発散出来ますからね。

ただ、その見返りとして
練習効果とは恐らく最も低いでしょう。

そこで、私はレッスンプロとして
フルスイングしながらも
ちゃんと練習になる「コレ」を

ご紹介したいと思います。

ただフルスイングするより、
断然効果があるので是非試してみてくださいね。


<本日のオススメ>

100切りしたい全てのゴルファーに
捧ぐゴルフ上達の決定版。

なぜ上達しないのか?
どうすれば上達するのか?

数多くの100切りゴルファーを
輩出した小原プロがあなたの悩みを
解決します。

https://g-live.info/click/7gob_ss/

つま先上がり/下がりが苦手ならコレ↓を試して

2019.08.28
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

この時期、普段と違う場所での
ラウンドが増える方も多いでしょう。

そんな時にスコアを落としやすいのが
アップダウンが激しいコース。

特につま先上がりもしくは
つま先下がりが危険です。

上手く当たっても
ボールが曲がり、当たらなければ
ダフるかトップするかで再チャレンジ。

今日はそんなつま先上がり/下がりで
スコアを落とすゴルファーに向けて
レッスンをしたいと思います。

共通するのは下半身の固定

まず、つま先上がりや下がりが
なぜ難しいかと言うと、前傾維持が
最低条件となるからです。

そして前傾維持が一般ゴルファーに
とってはとても難しい課題の一つでも
あるからです。

言い換えれば下半身の固定が
重要になります。

ただでさえ通常のスイングに比べて
ボールの高さが極端に変わりますから、
膝の上下動が最も危険。

これがつま先の高さが変わるショットの
難しさと言えるでしょう。

では、実際に打つ際の話しをしますが、
必ず覚えておいて欲しいことがあります。

それは

つま先上がり=フックしやすい
つま先下がり=スライスしやすい

ということ。

これはショットの環境上、
多かれ少なかれ影響を受けます。

つま先上がり/下がりの対処法

まず、番手選びから考えていきますが
基本的には今いる地点で最適なクラブを
選べば問題ございません。

ただ、飛距離はどうしても落ちますので、
1番手上げることも出来ますが、
ミスしやすいのでまずは脱出をメインに考えます。

次に先程も申しましたとおり下半身は固定します。

普段から出来る練習としては
練習場でお尻を通常のアドレスよりも落として、
どっしりと構えて肩から肩のスイングをすることです。

そして状況別に考えることとして、、、

つま先上がりは横振りになりますので、
考え方としては水平素振りの感覚が近いですが、
フェースの開閉が多いとひっかけます。

なので、とにかくクラブを短めに持って
コンパクトなスイングを心がけてください。

一方、つま先下がりは縦振りになります。

そのため、スイングに力が入ってしまい、
空振りするなんてことも十分考えられます。

それに足場が不安定ですから
フルスイングは体がよろけて
ミスに繋がりやすいです。

といったことから、
スライスに気をつけながら
まずは出すこと優先に考えます。

傾斜は現場で混乱しやすいので、、、

今日は傾斜の中でも特にミスが多い
つま先上がり/下がりについて
解説いたしました。

ただ、こういった傾斜の打ち方で
最も恐いのは、いざそういう場面に
出くわした時にどうすればいいか忘れること。

「つま先上がりだからどっちに行きやすいんだっけ…」

といったことをレッスンしていても
あべこべになってしまう方も多いです。

ですから、普段から練習場で
しっかりと対策を行うことで
いざ出くわしても混乱しません。

傾斜を制するものが
ゴルフ場を制しますので、
是非参考にしてみてくださいね。

追伸:小原プロのビジネスゾーンで飛距離UP

小原プロの人気飛ばしプログラム
「ビジネスゾーンドライブ」
今日まで特別価格でご案内中とのことです!

しかも今回、ありえないプレゼントも
付けてのご案内のようなので。。。

その内容、コチラから早めに確認しておいて下さい!

コチラをクリック

購入者限定65%OFF。今日まで