最近のブログ

クラブを買い替えているがうまくいかない…

2017.07.27
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブを買い替えているがうまくいかない…」

という話をしたいと思います。

あなたももしかしたら、同じようなクラブを
何度も買い替えたりしていませんか?

最近、このような質問をいただきました。

クラブを買ってもしっくり来ない

> 色々なゴルフ雑誌等で、
> 自分に合っているのでないかなと思い
> クラブを買い換えているのですが、
> どうもしっくりこない事が多くて、悩んでいます。
>
> とくにアイアンです。
> 自分の年齢やヘッドスピードを勘案してはいるのですが、
> 上手くいかないようです。
> 近くに適切にフィットしてくれる方もいないので悩んでいます。

 

どうもありがとうございます。

一読して、まず言いたいのは
 

 「四の五の言わずに、千葉に来て下さい!」
 

もう、そう言いたい気持ちでいっぱいなんですが、
関東地方以外にお住いの可能性もありますので。。。

(余談ですが、遠くても来ている人は来ています。
 まさに北は北海道から、南は九州沖縄まで。。。)
 

くしくも、雑誌を参考にゴルフクラブを選ぶことについては、
先週のメールマガジンでもお話ししていました。

雑誌を参考にゴルフクラブを選ぶには…?

http://g-live.info/click/170720_nikkan/

 

上記の記事はお時間ある時にお読みいただくとして、
自分が最初に気になったのは、下記の一文です。
 

 「自分の年齢やヘッドスピードを勘案してはいるのですが」
 

今の年齢、そしてヘッドスピード。。。

実はこの二つの数値は、
自分がフィッティングをさせていただく際には
「参考にしない数字」なんです。

なぜ、年齢とヘッドスピードは参考にしないのか?

まず、同じ年齢であったとしても
「体内年齢」「筋肉年齢」は人によってまちまちです。

これらの年齢が、実際の年齢と合っている人のほうが
むしろ少ないとも言えます。
 

 「え、徳嵩さん。ヘッドスピードは
  飛距離を決める重要な数字じゃないんですか?」

 

はい、確かにヘッドスピードは、教科書的に言えば
1m/sにつき約5~6ヤード、飛距離が変わります。

ですが、自分がフィッティングをさせていただく際には、
今のお客様のヘッドスピードを勘案してクラブは提案しません。

そもそも、そのお客様がおっしゃるヘッドスピードも
 

 「がんばって打ったヘッドスピードなのか?」

 「いい力感で打ったヘッドスピードなのか?」
 

それによっても違うはずですよね?
 

こんなことを言うと、今現在のヘッドスピードは
全く見ないのかと思われるかもしれません。

もちろんそんなことはなくて、数値としては参考にします。
ですが自分たちが見るのは
 

 「フィッティングでいろいろなクラブを打っていただいて、
  それによってヘッドスピードが変わるところをチェックする」

 

ですので、一般的に言われるような
「私の今のヘッドスピードは○○m/sです」
というような見方とは、ちょっと違うと思います。

どちらにしても、フィッティングをする上では
優先順位としては相当低いと言えます。

年齢とヘッドスピードでクラブを選ぶと…

しかも自分たちの場合、クラブを選ぶ際には
年齢も性別も、まずは横に置いて提案します。

逆に年齢や性別、ヘッドスピードでクラブを選ぶと、
どういうことが起こるかというと。。。
 

 「想定するターゲットが似た商品を
  メーカーを変えて、何度も買い続ける」

 

となってしまう可能性があるのです。

車を例にするなら、車種は毎回似たようなワンボックスで
ホンダからトヨタや日産に変わっただけ。。。

そんな感じでしょうか。
 

 ・ヘッドスピードがこれぐらいの人ならこのクラブ

 ・年齢的には、これぐらいの方にオススメ
 

車なら「ワンボックス」と、選ぶ車種のカテゴリーが
固定されているわけですから。。。

もはや似たり寄ったりものを選ぶしかない、
そして、毎回選んでいるものは同じになるのは、
当然といえば当然なわけです。

これがおそらく、質問者さんがおっしゃっている
 

 「どうもしっくり来ないんだよなー」
 

の正体です。

メーカーが変われば、もちろん多少の違いはありますが、
大きく変わっていないのですから、しっくり来ないままです。

本当に乗るべき車、合っている車はスポーツカーなのに。。。
 

 「あなたに合うシャフトのフレックスは、Xです」
 

フィッティングでそのように言うと、
たいていお客様は、驚かれます。

はじめは否定されますが、実際に打っていただいた時に
明らかに硬めの「Xシャフト」のほうが、いい当たりが出ている。。。

そんなことも、少なくないのです。
 

そもそも、年齢やヘッドスピードだけというのでは、
選択の基準として、要素が少なすぎるというのはありますが。。。。

それでも、今回のお話で、
自分たちが他のフィッターとは違うところを見ているということが
少しでもわかっていただけたのなら、うれしいです。

追伸

毎年、多くの新作ゴルフクラブが世に出ています。

悩ましいほどの数が出ている上に、
雑誌などには、いいことしか書いてありません。

 「ドライバー、これが一番飛ぶ」

なんて、いいことばかり書いてあります。
ですが、あなたが本当に知りたいのは

 「その中で一番自分に合っているのはどれか?」

という情報なのではないでしょうか?

そんな中、今回多くの方の要望を受けて、
自分でもフィッティングができてしまう
そんな講座を立ち上げました。

http://g-live.info/click/tokugear1707/

今回質問をいただいた方も悩んでいらっしゃいましたが、
みんな、悩んでいます。一緒です。

そんなに簡単に解決したら、そもそも苦労はないですから。。。(笑)

ですが、その苦労を少しでも自分で解消できるような、
そんな講座にしようと思っています。

ここではいわゆる、キレイゴトだけを語るつもりはありません。

ゴルフライブには20万人以上の読者がいるそうですが、
こうした「公共の場」では語れないようなこと、
あるいは普段のフィッティングでも

 「ここまではちょっとしゃべれないかなあ。。。」

というようなことも、この場でお伝えしていこうと思っています。

http://g-live.info/click/tokugear1707/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

2017.07.26
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今更なのですが、
僕のメルマガがスタートしてから
先月でもう1年が経っていました。

もっと言えば新宿店はあと1週間で
オープンしてから2年になります。

時間が経つのは早いですね。。。

今までもあなたのゴルフに関するあれこれを、
色々とここで書かせていただいていますが
これから更にお役に立てる内容をお伝えする次第ですので、

今後とも宜しくお願い致します。

さて、今日は

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

という話。

先日、休みの日に近くの練習場にいきました。

土曜日ということもあって、
多くの人で賑わっていたのですが、
その中で、僕はあるゴルファー達が気になりました。。。

ゴルフは唯一の生涯スポーツ?

そのゴルファー達は、
まさに3世代ゴルファーで
祖父、父、孫の3人。

お父さんは見た感じで30代後半の
僕と同じくらいの年齢。

お孫さんは4~5歳くらい。

そして、おじいちゃんという
組み合わせでした。

お父さんは完全に自分の世界に入って
もくもくと練習していて、
おじいちゃんはお孫さんにゴルフを教えていました。

おじいちゃんは教えるのにとても熱心です。

「違う、そうじゃない」

「よしよし、その調子」

「おじいちゃんのをよく見てろよ」

こういう時、大概お孫さんは
飽きてしまうものですが、

「残りのボール、全部僕が打つからおじいちゃん座ってて」

「ボール欲しいからカードちょうだい」と
とても乗り気でした。

端からみれば、些細なことかもしれないのですが
僕からすると、この3世代の有様は
色々と考えさせられました。

というのも、ゴルフの特徴の中に、
生涯かけてやり続けられるとありますよね。

よく会員様と話していても
確かにそれは実感しています。

しかし、その光景をまじまじと
自分の目で見ると、ゴルフを生涯かけてやり続けることで
到達する「ゴール」が見えたような気がします。

それは、、、

受け継ぐ、継承するということ

ゴルフはスコアもそうですが、
マナーもエチケットも重要視されますよね。

そういったことって小さいころに教わってから
大きくなっていっても自分の中に残っていくと思うんです。

それをおじいちゃんから孫に伝えることで
脈々と受け継がれていく。。。それがゴルフにおける
到達点になるのかなと最近考えています。

例えば、最近は家族で楽しむゴルフという活動も盛んで、
様々なイベントが開催されています。

僕もゴルフ業界に携わる身として、
こういったことも考えていかなければと思いました。

あなたはご家族とゴルフをして良かったことはありましたか?

是非、教えて下さいね。


<2パット率を何倍にもした人、ほかにいませんか?>
2パットの確率が段違いに上がりました。
今まで断片的に学んでいた知識が上手に活用できて、
この距離の時はこうすればいいのかといった判断が
自分でしっかり出来るようになったのがすごい大きいです。

これを持ってないことの方が今後の
ゴルフライフにおいて損だと思います。

http://g-live.info/click/epg20170720/

あなたに自信がないのは間違いです。

2017.07.26
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

最近、嬉しい出来事がありました。

なんと、全店合同コンペで
千葉店がチーム優勝したんです(^^)!

各店舗からも
多くの人がベストスコア達成されていて
すごく嬉しいです。

ベストスコアが出ると
誰でもうれしいですよね。

こうして努力した結果が出ると、
自信になります。

こういった自信と言うのは
ゴルフに置いて大きな役割を果たします。

「自分は下手だし、自信がない。」

そう考える方もたくさんいらっしゃいますが、
実際、そんな事はありません。

誰もがある分野では
自信を持っているはずだと思います。

そしてある分野では自信を持っていない。

ドライバーの得意な人は
飛ばしには自信を持っているけど、
パットは自信を持っていないとか。

30yショットには自信を持っているが、
スコアマネジメントには自信を持っていないとか。

ロングパットには自信を持っているが、
ショートパットには自信を持っていないとか。

ゴルフ以外でもそうです。

早起きには自信があるけど、
人付き合いには自信がないとか。

料理には自信があるけど、
パソコンには自信がないとか。

たくさんあります。

ここでお伝えしたいのは
自信というのは
違う分野に伝染すると言うこと。

つまりある分野の自信は
他の分野に持っていくことができます。

例えその二つが
全く関係のないジャンルだったとしても、です。

今、自信を持ってできる事を
思い出してみて下さい。

最初は全くできなかったはずですよね。

単純にそれを忘れてるだけで、
最初から上手くできたなんてことは
ないと思います。

最初から上手に真っ直ぐ飛ばせる人はいないし、
最初から上手にパットを沈める人はいません。

例えば僕は今こうして
パソコンのキーボードを叩きながら
メルマガを書いているわけですが

最初の頃なんて
まともにタイピングはできなかったし、
1行文章を打つのに一苦労していました。

ただ、今現在があまりにもできてしまうので、
昔は上手くいってなかった
と言う事を忘れてしまっているだけです。

だから、今現在上手くいかないことでも
時間が経てばまったく同じ事が起きます。

あなたが今、ドライバーが得意だったとしても、
必ず上手くできなかった時期があると思います。

今、自信を持っている分野の
最初の頃を思い出してみてください。



どうでしょうか。
思い出しましたか?

あなたには、
そんな時期もあったのです。

そして、今、
自信がないなと思う分野は
それと同じ時期が来ています。

その分野も
簡単にできる日がやってきます。

トライ&エラーを繰り返すうちに、
いつの日か、、、

何も考えなくても
できるようになっているでしょう。

自信をもって
できるようになっているでしょう。

それがゴルフでは
ベストスコアという数字になって
必ず後から結果がついてきます。

だから安心して練習して下さいね(^^)

これからもあなたのベストスコア達成
心より応援しております!

ーーーーーーーーーー
編集後記
ーーーーーーーーーー

今回、多くの方にベストスコア達成していただき
大変うれしい気持ちなのですが
ひとつ、宮本からアドバイス!

ベストスコア達成された方は
是非その日のうちに
「成功体験日記」を書くことをオススメします。

⁃ 初めてうまくいったこと
⁃ やってみて効果があったこと
⁃ 1日を通してよかったと思うこと

などを記録して、
日記の中で自分に「おめでとう」と言ってみてください。
(恥ずかしがらずに声に出すとよりGood!)

この日記はあなたに自信がをくれます。

折にふれて、
さっと目を通せるようにしておけば
本当に効果抜群です。

いざ自分の成功体験を思い出そうと思っても、
なかなか思い出せないものなので・・・。

「成功体験日記」に記録して
忘れないようにしておいて下さいね!

宮本


<本日のオススメ>
最もスコアアップに直結する部分。
さて、それはどこでしょう?

ドライバーやアイアンのミスを矯正するのは
一朝一夕では難しいですが
○○○は本当に少しの練習でグンと上達します。

答えはこちら

http://g-live.info/click/epg20170720/

悩みは共有してください

2017.07.25
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

もうすっかり梅雨も開けて、
暑い夏がきてますね^^;

私の家では、クーラーはあまり使わずに、
窓を開けて夜風で涼んでいるのですが、、、

”アイツ”が侵入してきたんです、、、

カナブン襲来

ブーーーーーーンと羽音を立てて
勢い良く侵入してきました。笑

前にも言いましたが、
私は虫が苦手なのです。(情けない;;)

妻とともに、ちょっとパニックになりつつ、
カナブンの同行を観察していたのですが、

元気に部屋中を飛び回った後、
ぽとっと、部屋の隅っこに落ちていきました。

寿命だったのか、
しばらく飛んでこなかったので、
消息を探してみたのですが、、、

どこにもいなかった、、、

ええ、消えたんです。。
ドコにもいない、、

不安になり、ネットで
「カナブン 消えた」
と調べてみると、

同じような悩みが続々と書いてあり、
少し笑ってしまいました笑

と、同時に顔も名前も知らない、
その質問をしている方にとても親近感が湧き、
悩みがフッと軽くなりました。

悩みは抱え込まない

一人で抱え込むと、
どんな些細な不安でも、

「悩んでいるのは自分だけなんじゃないのか、、」

なんてどんどん増幅していってしまいますよね。

でもちょっとだけ、
インターネットで調べてみたり
相談したりすることで、

「同じように悩んでいる人もいるんだなぁ」

と心が軽くなります。

ゴルフでも、
「最近ダフリが多く出ちゃうな、、」とか
「ドライバーでスライスが出ちゃう、、」

何ていう悩みも、
一人で抱え込んでも解決はしません。

周りの親友ゴルファーや、
もちろん、私達コーチ陣でも
構いません。

今悩んでいること、
気になること、

なんでも相談して下さい。
解決策がたくさん有るはずです!

またメールしますね。

近藤

追伸

カナブンは未だに見つかりません、、


<本日のオススメ>
<パターを10打縮めたい人、ほかにいませんか?>

これを使うことで、知らず知らずのうちに
正しい軌道とインパクトが身につきます。
パターが下手でしたが、友人より上手くなりました。
毎日使って練習しています。

ひろえ様

<<詳しくはコチラ>>

※7/26(水)まで!

離る可(べ)きは道にあらざるなり

2017.07.24
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「離る可(べ)きは道にあらざるなり」

について、お話ししたいと思います。

先月も似たような内容を載せましたが、
難しくないのでご心配なく…
今日も短めでお送りします。

1~2分で読み終わりますので、ご安心下さい。

ちなみに先月も、似たような文章をご紹介しましたが。。。

射(しゃ)は君子に似たるあり。

先月、このメールマガジン上で
 

 「射(しゃ)は君子に似たるあり。」
 

という、中庸にある文についてご紹介させていただきました。
 

射(しゃ)は君子に似たるあり
2017.06.26

http://g-live.info/click/170626_yuukan/

 

掲載時には複数の方から、
好意的なメッセージをいただきました。

どうもありがとうございます。

上の内容も時間がある時にお読みいただくとして、
今日もまた中庸の言葉を一つ、ご紹介したいと思います。

中庸 第一章

道也者、不可須臾離也。可離非道也。

是故君子戒慎乎其所不睹、恐懼乎其所不聞。

莫見乎隠、莫顯乎微、故君子慎其獨也。
 
 

道なる者は、須臾(しゅゆ)も離(はな)る可(べ)からざるなり。

離(はな)る可(べ)きは道(みち)に非(あら)ざるなり。

是(こ)の故(ゆえ)に君子(くんし)は

その睹(み)ざる所(ところ)を戒慎(かいしん)し、

その聞(き)かざる所(ところ)に恐懼(きょうく)す。

隠(かく)れたるより見(み)わるるは莫(な)く、

微(すこ)しきより顕(あき)らかなるは莫(な)し。

故(ゆえ)に君子(くんし)はその獨(ひと)りを慎(つつし)むなり。
 
 

※須臾(しゅゆ)…しばらくの間、わずかの間

※君子(くんし)…徳が高く品位のある人、人格者

※睹(み)ざる所…見ない所、視線が集まらない所

※戒慎(かいしん)…用心深くしてつつしむこと

※恐懼(きょうく)…非常におそれかしこまること

※顕(あき)らか…はっきり目立つ、明らか
 
 

(意味)

道というのはわずかな間(しばらくの間)も離れてはいけないものである。

離れられる道であれば、それは道ではない。

このため君子は、誰も見ていないところでも、自身を戒めて慎んでいるし、

誰も聞いていないところでも、非常におそれかしこまっているのである。

道は隠れているように見えても、いずれは見えるものであり、

微妙なものに思えても、いずれははっきり明らかになるものである。

だから君子は、誰に見られることがなくても、一人で自分を律していくのである。

離れられる道であれば、それは道ではない。

いろいろな考え方があるかもしれませんが、
ゴルフで登るべき「山」は、人間の都合で出来るものではありません。

ゴルフという競技ができて整備された頃から、
理論的に求められることは、自ずと決まっていると言えます。

この「中庸」で言うのであれば、
「道」というものがそれに当たるのでしょう。
 

私の場合であれば、ことあるごとに紹介している
「スイングの最小形」がそれにあたります。

「最小形」とはまさに、こんなときはやらなくてもいい、
こういうときにはやっておく、という種類のものではありません。

この「最小形」を通らずして
ゴルフの上達はないと、私は常々思っています。
 

しかしながら、これを地道にやっているうちというのは、
 

 「本当にこれで正しいのか?」
 

といった雑念のようなものも、出てくるかもしれません。

ですが、今は進むべき道がはっきりしなくても
 

 「ああ、そういうことだったのか!」
 

と理解できる日が、必ずやってきます。

これはもう、あなたに信じていただくしかないんですが、
以前にもお伝えした通り
 

 「ゴルフは出来てから初めて理解できるのであって、
  出来る前に分かるということは、決してない」

 

からです。

多くの人はこれと逆(=理解してからでないとできない)に
考えてしまいがちで、特に一人でいるとそうなりがちです。

一人になっても、そんな自分を律することができるのか?

これが上達の近道だと、私は思いますし、
これをお読みのあなたにはぜひ
ゴルフの「君子」であってほしいと願っています。
 
 

今日はこんなところにしておきます。

もし疑問については、コメントいただだいたものから
お答えできる範囲で順次お返事を書いています。

画像付きでないと説明が難しいものについては
お答えできないことがあることをご承知ください。

なおお読みになった方は、
そちらについても再度コメントをいただけると
「既読」かどうかが私から見てもわかるのでありがたいです。

それでは、今日はこのへんで。
 

<本日のオススメ>

出遅れたゴルファーの最大級の逆転劇…
それはズバリ、ドローボールを身につけることです。

あなたが放つドローボールの
どこまでもまっすぐな、プロのような美しい放物線に
ゴルフ仲間からは羨望の眼差しを受けることでしょう。

http://g-live.info/click/hattori_draw/

※本日7/24(月)まで

1 / 48812345...102030...最後 »