カテゴリー別アーカイブ: テクニック

【ビデオ】両手スイング[#61]

2018.10.06
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは

今回で数回続いたスイングについてのメルマガはラスト!!!
『アドレス〜スイング』について解説します。

またまた、恐縮ですが・・・
ゴルフの真髄は・・・【ミート】です。

スイング解説の前に・・・体とクラブを繋ぐグリッピングについて
僕のメルマガを初回からご覧頂いてない方々の為に
グリッピングを解説します。
僕のオススメするグリッピングは・・・・
続きを読む

【ビデオ】片手打ちのすゝめ[#59]

2018.09.22
亀子充温

From:亀子充温

皆さん
こんにちは

今回は、スイングに関しての【片手打ち練習】を披露します。
何故、【片手打ち練習】が良いのか??と言うと・・・

左片手打ちで『スイングのリード』と『方向性・フェイス面の管理』
右片手打ちで『パワー・使い方と入れ方』
が理解できて身に付くからです。
そして、松山君・晋呉君・寛などトッププロ達も【片手打ち練習】を取り入れているからです。

片手打ちを可能にするには・・・片手の非力を補う『下半身の力』が必要なのです。
そんな理由も込めて・・・片手打ち練習が重要なのです。

先日、僕がドライビングレンジで練習していると・・・
続きを読む

【ビデオ】スライスの隠れた要因を送ります。[#58]

2018.09.15
亀子充温

From:亀子充温

皆さん
こんにちは

前回のメルマガ
【体を回す事を意識したスイングの基本動作】
【スライスの原因】
は如何でしたか ??

【体を回す事を意識したスイングの基本動作】で・・・
もう一つ伝えておきたい項目があります。

それは・・・『スイング軸の理論』です。

僕が考える【理想のスイング軸は】=軸が不動・・・なのです=独楽の様に
(正確に言うなれば・・・軸は、テイクバックで少しスエーしてダウンスイングからインパクトに掛けてスエーがアドレス位置に戻り少し沈むのですが)

独楽は、何故?ブレずに綺麗に回転できるのか??
その答え・・・
続きを読む

【ビデオ】理想なスイングの作り方[#57]

2018.09.08
亀子充温

From:亀子充温

皆さん
こんにちは

ゴルフは、コースマネージメント考え、スイングしてボールを打つスポーツです。
今回は、スイングの基本について語りながら
僕のメルマガに寄せられた質問にお答えします。

その前にスイングについて・・・
【スイングプレーンの基本】=【オンプレーンスイング】
などと言われてます。

では
何故【オンプレーンスイング】が良いのか???

僕の理論では
★1,オンプレーンスイング=無駄がないからです(余分な動きが無い)
★2,無駄がない=人間の骨格&筋肉の動きに合っているスイングだからです。
★3,人間の骨格&筋肉の動きに合っている=スクエアにグリッピングしていればターゲットに打てるからです。

スクリーンショット 2018-09-01 4.27.03

かと言って・・・オンプレーンスイングが万人にBestではありません。
十人十色、人にり骨格&筋肉が異なるので多少オンプレーンスイングから外れるスイングでも良いのです。
例えば、ジム・ヒューリックは、ループプレーンスイングです。
テイクバックは、アウトサイドに引いて→インサイドアウトイン気味なプレーンです。
多分、ジュニアの頃からの癖なのでしょう!!
他にも横峯さくらプロなども独特なスイングプレーンです。
これらの個性的なスイングプレーンは、オンプレーンスイングより難しく体得するまでに猛練習が必要です。

何回も言うようで恐縮ですが・・・
ゴルフの真髄=【ミート】です。

オンプレーンスイングは、シンプルで無駄がないのでボールをミート&コントロール易いプレーンなのです。

では、オンプレーンスイングを作る為のスイングの基本について・・・
【体を回す事を意識したスイングの基本動作】を直立姿勢の早送り動画と解説でご覧ください。

先ずは
①肩幅程度でスタンスを取り、直立して両手を地面と平行の位置まで上げて両手の平を重ねて下さい。
(注)胸を張って、骨盤を立てて直立

②尾骶骨〜脊椎〜脳天を軸として意識して下さい。

③顔を極力正対させたまま、②の軸をスエーさせずに両脚を使って骨盤を右に回して下さい。
(注)肩は、回さない・・骨盤のみ回す(約45度)

④③が極限まで回ったら、背骨を捻って肩を回して下さい・・・
  肩に連れて骨盤も少し回り、この位置が僕のボディーターンの極限です。
(注)肩を回す(約45度)+骨盤の回り(約45度)=約90度

⑤④の状態のまま、両手でグリップを握る仕草をしてから左腕を肩の高さで地面と平行に後ろに回して下さい。
  右腕は、腋を締めながら折り曲げて下さい。
  その後、両膝を少し曲げて、股関節から窮屈で無い位置で前傾姿勢を取って下さい。
★この体勢がトップに位置になります(背骨は、反らない様に)

⑥⑤の状態から左腕は、肘を伸ばしたまま・・右腕は、右肘を右腰に向けて・・・ダウンスイングの切り返しの始まりです。

⑦ダウンスイングは、下半身をリードさせ、その動きに連動してクラブの重さを感じながら両腕を振り下ろして下さい。
★下半身(脚→腰)→両腕→グリップ→シャフト→ヘッドの順で振り下ろす。

⑧インパクトは、左腕リード&右腕パワーを意識して、右腰でボールを押し込む様に
  且つ左肩が開かない事が重要です(左肩が開くと手も連動して前に出て、フェイスが開きスライスの原因に)
(注)①〜⑧までは極力、頭の位置がブレない様に軸を意識して下さい。

⑨フォローは、インパクト後、振り上げ角度45度で両腕が伸び切る様に振って下さい。
★この時、頭はフォローの惰力を相殺する為、少し後ろに移動します。

⑩⑨以降は、スイングの遠心力で体が起き上がりフィニッシュに向かいます。
(注)スイングの惰力に任せて体が回り、両腕を振り切って下さい。

これが【体を回す事を意識したスイングの基本動作】です。
③&④のボディーターンの具合は、貴方の体の硬さにより異なります。
極限以上に回そうとしないで下さい。(回したい方は・・・毎日のストレッチで柔軟性を高めて下さい)
飛ばそうと思うと極限以上に回してしまい、顔が正対出来ず、左目だけでボールを見てしまい
ボールとの間合いがズレ、切り返しのタイミングもスイング毎に曖昧になり、ミート率が下がります。

【体を回す事を意識したスイングの基本動作】の練習は
鏡の前で・・・軸を意識&頭を極力動かさない意識で・・シャドウスイングして下さい。
初めはスローモーション程度が妥当です。少しずつ動きを黙視しながらスイングスピードを上げて下さい。

この動きが様になって来たら・・・ウェッジ二本を持って素振りして下さい(クラブの重さが重要です)
二本のウェッジをテレコに重ねて(ヘッドとグリップを重ねる)持って下さい。
(下記動画は、重いONE HAND GRIP IRON使用しています)

コツは・・・
*体の回す順:骨盤(下半身)→肩→腕(下半身から始動)
*肩に連れて左腕を回す

さて
ここでプレゼント企画の際に多く寄せられた質問にお答えします。
Q1:スライスの直し方を教えてください。

A1:スライスの原因には大まかに3つあります。

(原因1)アウトサイドインのスイングプレーン
*アウトサイドインのプレーンの為、ヒットしたボールに左回転が掛かりスライスする
(注)骨盤が左を向いた方は、スライスし易くなります・・・メルマガ8参照:https://g-live.info/?p=27165#more-27165

(原因2)クラブフェイスが開いてボールをヒットしている。
*フェイスが開いてヒットするのでオンプレーンスイングでもボールに左回転が掛かりスライスする
★要因1:アドレス時のグリッピング時点でフェイスが開いてクラブを持っている
★要因2:インパクトで体がスエーして突っ込み、体に連動して手が前に出てフェイスが開く(下記図)

(原因3)クラブフェイスのヒールにボールがヒットしている。
*ボールがヒールにヒットするとヘッドが返らずフェイスが開いてしまい左回転が掛かりスライスする。

スクリーンショット 2018-09-01 2.32.37

さてさて
これらのスライスを矯正するのに役立つツールが【ONE HAND GRIP IRON】&【E-DRIVER】です。
★重いヘッド=重さに依り、体が振られ易いので、それに耐える軸が身に付きます。
★短いシャフト=ボールとの間合いが近くなるのでミートし易く、ミート率が上がります。
★太いグリップ=太いが故にグリッププレッシャーが緩和され力みが無くなりリラックスしたアドレスが出来ます。
これらを備えているので室内や庭で素振りが出来、練習場でショットも出来
且つ、短いのでボールが飛ばず、コンパクトなオンプレーンスイングが身に付き易くなります。

そんな狙いで【ONE HAND GRIP IRON】&【E-DRIVER】は、設計されています。
先ずは、ゆっくりなハーフスイング→3クォータースイングから始め
それらがマスター出来たらフルショット練習で
オンプレーンスイングを身に付けてスライスを矯正し、スライス撲滅を目指して下さい。

<本日のオススメ>
もしあなたが・・・
たとえ今200yしか飛ばせなくても、

強制的に身体の動きをコントロールし、
安定したスイング・250y以上の飛距離を
もたらしてくれる秘密兵器を
手に入れたいなら、、

このドライバーを試してみてください。

http://g-live.info/click/edr_1808/

ありがとう,質問に答えます[#56]

2018.09.01
亀子充温

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

先日のプレゼント企画の際
皆さんからのご質問&ご意見の数が500オーバー
その中から質問内容の数をまとめてみました。

『質問内容毎の数・ベスト5』
1、アプローチに関して・・・・・・・・74
2、ショット、スイングに関して・・・65
3、ドライバーショットに関して・・・52
4、パッティングに関して・・・・・・・50
5、バンカーショットに関して・・・・34
その他、トレーニング・マネージメント・メンタルなどなど
沢山のご質問を戴きました。

僕のメルマガに興味を持って頂いてる様で・・・とても&スンゲェ〜感謝です。

2月末のプレゼントの際のご質問にも・・・まだ答え切れていないのですが・・
今回のご質問の中から2つだけお答えさせて頂きます。

Q1:高齢者に必要なストレッチ&ラウンド前のウォームアップ

A1:僕がゴルフやスポーツで一番大事な体の部位は・・・骨盤だと思っています。
   骨盤は、腰を安定させ上半身を支えています。
   人は、動物の中で唯一の直立二足歩行なので腰に負担がかかります。
  ・・・そんな訳で骨盤を大事にしたストレッチと体操を行ってください・・・
  ★メルマガ16(2017:11:18掲載)をご覧下さい。

  骨盤ストレッチ出来たら・・・首・肩・足首・膝を回すストレッチを行ってください。
  面倒な方は・・・ラジオ体操第一や軽くランニングが良いと思います。
 
  ★ラウンド前には・・・最低10分は、費やしてストレッチを行って下さい。
但し、解し過ぎは=NGです。
筋が伸びすぎると使い古して伸び切った輪ゴムの様になってしまい反発力が軽減します!!
ラウンド前のストレッチは、体を解す程度がBESTです。
ストレッチ後、30〜50球ほどドライビングレンジで打って・・ラウンドしましょう!!
ドライビングレンジが無いゴルフ場の場合は、イメージを出した(フェード・ドローショットなど)素振りで構いません。

Q2:グリーン周りからのアプローチについて色々なパターンを教えて下さい。.
     
A2:今回は、グリーン周りの薄めの芝のライからの4種アプローチを紹介します。
   コツは・・・・
  ①貴方が一番イメージが出るアプローチをセレクトする
  ②両手の平をラインにスクエアにしてグリッピングする
  ③コックを使わず、極力真っ直ぐなストロークでアプローチする
  ④体重移動を極力抑え、頭を動かさずスイングする

★動画のアプローチ距離は、約10ヤード・約20ヤードですが・・・
  アプローチ練習場やドライビングレンジでの練習の際は、クラブを変えたり振り幅を変えたりしてアプローチ距離変えてみて下さい。

*亀子氏 グリーン周りからのアプローチ① パターアプローチ

*亀子氏 グリーン周りからのアプローチ② 58Wアプローチ

*亀子氏 グリーン周りからのアプローチ③ 9番アプローチ

*亀子氏 グリーン周りからのアプローチ④ 5Wアプローチ

【本日のオススメ】

もしあなたが・・・
たとえ200yしか飛ばせなくても、
強制的に飛ばし屋のスイングを作り出し、

理想的な身体の使い方を
身につけることが出来るドライバーを
手に入れたいなら、、
コチラをチェックしてみてください。

http://g-live.info/click/edr_1808/

【新作ビデオ】ゴルフの曲芸!これ出来ますか?

2017.12.13
miyamoto

From:宮本大輔
ゴルフパフォーマンス三宮店より

おはようございます、宮本大輔です。

先日、ゴルフライブの読者さんから
お手紙をもらいました。

お手紙を頂くのは初めてのことだったので
とっても嬉しかったです。

その中にこんな質問がありました。

「よくプロゴルファーの方が
フェースの上にボールを乗せて
くるくる回す技をやってますが、
どうやればいいか教えてもらえませんか?」

マニアックな技をご存知ですね(笑)

あなたはご存知ですか?

続きを読む

インテンショナル「ミスショット」

2017.07.07
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

インテンショナル「ミスショット」

というテーマでお話をしたいと思います。

これは昔、僕がよくやっていた
一風変わった練習法になります。

ミスしちゃいけない!と
思えば思うほど、、、

ミスショットのオンパレード

あなたはいつの間にか無意識に
ミスしちゃいけいない。と
思い込んではいませんか?
続きを読む

おせっかいゴルフのススメ

2017.03.29
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

「本当におせっかい~~!笑」

僕はよく、息子たちにこう言われてしまいます。

自分ではよかれと思ってやっていることや、
喜ばれると思ってやっていることが
息子たちにとってはおせっかいに感じることがあるみたいなんです(-_-;)

続きを読む

ラーメンに学ぶ”トッピングゴルフ”?

2017.02.28
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

私のメールを
読んでくれているあなたなら、

私の愛してやまない大好物を
知ってると思います!笑

そう!ラーメンです^^(家系)

一人でもよくフラッと
ラーメン屋には立ち寄るのですが、

そのときにふと思いついた、
ゴルフ上達の秘訣を紹介しようと思います。

それはあのラーメンのアレに
とても似ているんです。。。

続きを読む

ゴルフライブの休憩室にあった○○○ポスター

2016.08.08
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

暑い日が続きますが、
みなさんゴルフのモチベーションは維持できていますか?

ゴルフライブ読者である
真面目に上達を目指すみなさんといえども人間です。

モチベーションが下がる、
ということはあると思います。

そんな時にどうすればいいのでしょうか?

続きを読む

飛距離アップの大きな勘違い

2016.08.03
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

「飛距離伸ばすには、もう少し筋トレしなきゃなー・・・」

「そんなこと言っても、どうせやらないだろ(笑)」

先日、定食屋で昼ご飯を食べていた時のこと。
向かいの席に座っていた男性二人組から、こんな会話が聞こえてきたのです。

なんでも、話を聞いていれば、飛距離を伸ばしたい方は
コンペのドラコンホールで散々な思いをしたそうで、

まず、使っているドライバーをPINGのG SF TECドライバーに
新調したそうです。安定性が高い上にスイートエリアも広く、
はっきり言ってクラブの性能だけでそこそこ飛ぶ代物です。

ですが、それでも彼はなかなか飛距離アップに結びつかないと言うのです。
そこで、思いついたのがヘッドスピードを上げること。

だから、筋トレなのか! と1人で勝手に納得していたのですが、
この時点で僕はこの方に決定的に足りないものが分かりました。

あなたはなんだと思いますか?

ヒントは”◯◯(ここが正解)×フィジカル×ギア”です。
続きを読む

夏のダルマ落としに注意!

2016.08.01
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

夏本番の気候になってきましたね。

関東甲信、東北地方では梅雨明け宣言も発表され
本格的に暑くなりました。

私の住んでいる千葉県も暑いです。

青空も芝の緑も濃くなって、夏本番。

これから暑い日が続くと思うと
ちょっと気合を入れていかなければと思います!

ところで、
「小原さん、毎週毎週、よくブログを書くネタがありますね」
と聞かれることがあります。

もちろん、毎週、
みなさんが驚くようなビッグニュースが起きてるわけではありませんし
ものすごい上達法を毎週発見できるわけではありません。

毎日、レッスンをして、勉強会をして、
時々コースでラウンドして…

とても平凡な日々を過ごしています。

平凡なのは、わたしだけでなく
たいていの人は、普通の日々を送っています。

フェイスブックで
素敵な写真を毎日アップしている人でも、ほぼ、普通。平凡な日々。

ではなぜ、平凡な日々を過ごす
私が毎週ゴルフ上達のブログを書き続けていられるのか。

それは「気づき」の力が大きいと思います。

気づきの力でゴルフ上達?

普通にゴルフしていても、
自分の身体の変化やそのコースの状況

そんなちょっとした上達のヒントになるようなことが
常に目に入って分析してしまう。

ゴルフライブの読者のあなたも
きっと身に覚えがあるはずです。

例えば、夏のゴルフのグリーン周りで
他の季節とは違う気付きを感じたことはありませんか?

「クラブヘッドがボールの下をくぐりぬけて、
 ボールはポンと上にいくだけで、全然前に飛ばない。」

なんて経験はありませんか?

これもひとつの気づきですが
本当にこの時期のラフはやっかいです。

なんといっても成長期ですから
生き生きしていて抵抗が強いんです。

特に夏場の長いラフからボールを打つときに起こりやすいミスで
ボールの下をすくってしまう通称”ダルマ落とし”といいます。

気づきの力が低いと
「あれ、なんだか今日は調子が悪いな」と原因もわからず
一日のラウンドを終えてしまいます。

小さな環境の変化など
全てのことから貴重な情報や気づきを得ることができます。

ダルマ落としの防止法

では今回はそんな夏によくあるミス
「ダルマ落とし」の防止法についてお話しします。

基本的な考え方としては、
深いラフではボールが浮いている状態です。

それも例えるなら高いティーに乗せているような状態。

そう考えると、ロフト角のあるSWなどを使用すると
下をくぐってダルマ落としとなってしまいますよね。

打ち方としては、
グリップを強く握らずクラブの重みを活かしてスイングして下さい。

具体的には、
クラブを加速させないこと、打ち込んだりしないことです。

ボールがどの程度浮いているのかをイメージして、
その高さにあるボールをレベルに捕らえるようにイメージします。

スイングは加速させるのではなく、
クラブの重さを活かして芝の抵抗がどの程度かを素振りで感じ、
素振りと同じようにスイングをします。

極端にヘッドスピードを上げる必要はありません。

クラブの重さを感じながら素振りをして、
これくらいのスイングスピードならこのくらいの芝の抵抗があるな、
というのを感じてスイングをしてみてください。

夏のゴルフ、暑いし大変です。

でも「暑いからゴルフ場じゃなくて海に行こうか~」
とならないのが、私たちゴルファーです。笑

夏ならではの小さなコースの変化に気づき
上達に変えてゴルフを楽しみたいですね!

まだまだ夏のゴルフで気を付けたいポイントがあるのですが
少し長くなってしましいましたので、またご紹介します。

小原大二郎


追伸・・・

この夏一番のスコアを残したいなら
パターは最も重要な要素です。

もしあなたが100を切れていない状態であれば、
10打は軽く縮めることができます。

100切り、90切り、
そして安定した80台を出す準備はできていますか?

あなたのゴルフを一変させる
私、小原大二郎の新しいプログラムが
三大プレゼント付きで提供中です。

http://g-live.info/click/obmagp160728/

ゴルフコースの騙しと仕掛け

2016.07.25
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

私はよく「ゴルフコースの戦略」について聞かれることがあります。

実際、全てのゴルフコースには必ずコース設計家の創作意図があり、
「騙し」や「仕掛け」が含まれています。

プレーヤーがそのゴルフコースの意図を読み取れれば、
ゴルフがもっと楽しいものになると思います。

なので
今日は「ゴルフコースの騙しと仕掛け」についてお話ししたいと思います。

続きを読む

【ビデオ】これ、あなたならどう攻める?

2014.07.02
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

本日はウィークリーレッスン動画を配信します。

状況はそれほど深くないラフです。
距離は65~70ヤード。
あなたならどう攻めますか?

今回は、ラフからの攻め方について、
ワンポイントアドバイスさせていただきます。

ラフからのショットは
ボールがすぐに止まらないということを考慮しなければなりません。
通常と同じでは、結果がものすごく変わってしまいますよ。

続きを読む

【ビデオ】難しい?グリーン奥からのアプローチ

2014.05.28
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

本日はウィークリーレッスン動画を配信します。

今日のテーマは、、、
「難しい?グリーン奥からのアプローチ」です。

セカンドショット、しっかりグリーンに乗せてワンパット!

イメージは出来ていたのに、グリーンの奥に外れてしまった。
その後は、グリーンの周りでチョロチョロして一気にスコアを
崩してしまう。

そんな経験ありませんか?
グリーン奥からのアプローチは難しい!
このようなイメージを持っている方、多いのではないでしょうか。

グリーン奥からのアプローチとなると、ほとんどのケースでは、
下りの傾斜が残っています。

どうしてもボールが強く出て、オーバーしてしまう。
またオーバーを嫌がってしまって、やっとグリーンに乗っただけ。。。
このようなショットになりやすいわけです。

そこで今回は、グリーン奥からのアプローチについて、
ワンポイントアドバイスさせていただきます。

難しく感じるこの状況、ほんの少し工夫をするだけで、
実は易しいアプローチに変わってしまうんですよ。

続きを読む