高く飛べれば飛距離が伸びる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.05.16
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

 
先週、ビデオで公開した
飛距離アップのための室内トレーニング、
あなたはもう見てくれましたか?

久しぶりのビデオということもあり、
多くの方からからメールをいただきました。

いつも見てくださり、
本当にありがとうございます。

飛距離アップに
とても効果的な練習法ですので、
ぜひ継続して実践してくださいね。

ところで、
ビデオ内での私の発言に対して
何人からか質問が届いていました。

 「ジャンプが強くできる方ほど
  飛距離が出るというデータがある」

この部分なんですが、そうなんですよ。

ジャンプ、つまり、
立ち止まった状態から真上に飛ぶ「垂直飛び」で
高く飛べる人ほど、ドライバー飛距離が出る

「わからなくもないけど、本当なの?」と
思わず疑ってしまいたくなるような
面白い研究結果があるのです。

というわけで、、、

そこそこマニアックですが、
ジャンプ力と飛距離の関係について
サクッと解説していきたいと思います。

なんでタテ方向のジャンプが飛距離につながるの?

地面を思いきり蹴って飛び上がるジャンプと、
体を回転させてボールを打ち出すスイング。

一見すると無関係にも思える2つの動きですが、
実は「地面反力」という共通点があります。

垂直飛びでは、
足で地面を押し込むことで
上方向へのエネルギーが発生して
体が上に飛び出します。

スイングでも実は、
地面からの反動の力を使っているのです。

あなたにも試してもらいたいのですが、
今その場でいいので立ち上がってグリップを作り、
左に向かってスイングしてみてください。
(レフティの方は右に向かって)

そこまでゴルフスイングは意識せず
自然な形で振ってくださいね。

足はの裏はどうですか?
かかとが地面から離れずに、
ベタ足スイングになっていませんか?

次に、何か重量のあるもの、
中身の入った2Lのペットボトルだったり、
荷物が入ったカバンを両手で持って、
左に向かってスイングします。

左側に投げ出すイメージです。
(レフティの方は右側へ)

周りのものを壊さないように、
十分に注意してくださいね。

なにも手に持たないときと比べて、
足の裏や下半身の動きに変化はありませんか?

おそらく、

手に持ったものが最下点に
来るタイミングに合わせて膝が曲がったり、
投げ出すタイミングで曲げた膝が伸びあがり、
かかとが地面から浮きませんか?

では、手に持ったものを、
より遠くに投げるイメージで力強く振ってみましょう。

最下点での膝の曲がりや、
投げ出すタイミングでの足の伸びが
より強くなりませんか?

これがまさに、
ゴルフスイングの「地面反力」です。

「地面反力」と聞くと、
専門用語でなんだか難しく感じるかもしれませんが、
先ほど重さのあるものを振って確かめてもらった通り

ダウンスイングで沈み込んで、
インパクトからフォローにかけて伸び加速するというのは
人間本来の自然な動きなのです。

私たちは日常生活で、
地面から伝わってくる力を効率よく
前後左右方向へ変換しているのです。

もちろんスイングでも
同じ動きができるのが理想なのですが、
ボールを意識した途端に難しくなるんですよね。

なので、ついさっき実践したような
重りを遠くに投げるイメージの自然なスイングで

インパクトにかけて沈み込み、
フォローにかけて伸びあがるイメージを
たまに確認してみてください。

ジャンプは飛距離アップに効果的

先週ご紹介したドリルに似た話ではありますが、
地面反力を高めるためにも下半身を鍛えることが
飛距離アップにはとても効果的なのです。

特にジャンプ力

単純に、垂直飛びで
高く飛べる人ほど地面反力を使えるので
飛距離は伸びる傾向にあります。

解析機で足裏の圧を測ってみると
見事に飛距離が出る人ほど踏む力が強い
という研究結果があります。

また、筑波大学からは、
ヘッドスピードと垂直飛びの高さに
相関関係があるという論文が
発表されていました。

さらに言ってしまえば、
PGAツアーをテレビで見ていても、
飛ばす選手ほど左足がめくれ上がるほど
ダイナミックなスイングをしていますよね。

特に、ローリー・マキロイなんかは、
ダウンスイング時に沈み込んでインパクトで伸びあがり
地面反力をとても効率よく使っています。

ぜひ、あなたも、
世界中のトッププロのような
スイングを手に入れるためにも、

高く飛べるようにジャンプ力を
鍛えてみてはいかがでしょうか?

ジャンプが高くなるにつれて
飛距離もちょっとずつ伸びていくのを
実感できると思います。

とても効果的ですので、
ぜひ試してみてください。



服部コースケ




<本日のオススメ>

ゴルフライブ大人気商品
『江連忠のスィング理論イノベーション3.0』

プロゴルファーとして
毎年20億円稼ぐタイガーのスイングを
江連プロ考案のマル秘ドリルで
あなたにインストール。

自宅上達応援キャンペーンとして、
購入後すぐに見れるWEB視聴版が
75%OFFの特別価格で公開中です。

5月21日までの期間限定ですので
忘れないうちにこちらから手に入れてください。

https://g-live.info/click/tgr200515/



ーーーゴルフライブのマスクが再入荷ーーー

ゴルフライブ提携工場で作った
50枚入り不織布マスクが入荷しました。

わざわざお店に出向かなくても、
あなたのご自宅までお届けいたします。

ご注文はこちらです。

https://g-live.info/click/mask2005/

ただし、前回販売時には
1時間で売り切れるほど注文が殺到したので、
今回入荷分もすぐに売り切れるかもしれません。

その際はどうぞご容赦ください。


The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ストレッチ, ティーショット, テクニック, ドライバー, 体づくり, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。