カテゴリー別アーカイブ: 痛み

ケガから復帰した時に有効な練習は?

2017.10.25
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは森崎です。

まずは21日にゴルフライブ交流ラウンドに
ご参加くださった方、まことにありがとうございました。

雨が降る中でのラウンドとなりましたが、
大事もなく、みなさんとゴルフが出来て
とても楽しかったです。

次回は12月になりまして、
こちらは賞品も用意しますので、
是非楽しみにしていてくださいね!

さて、今日は

「ケガから復帰した時に有効な練習は?」

という話。

スポーツである以上、ケガというのは
どうしてもつきものです。

また、ケガで体を痛めると再発するかも
しれない。。。という恐怖がスイングの
妨げになってしまいますよね。

ですが、それでもゴルフしたいなと
思ってしまうのがゴルファーの性。

そこで、今日は

・ケガの治療中
・ケガからの復帰後

こんな時に有効なトレーニングを
解説します。

半月板を痛めたTさんのケース

半年ほど前、僕が20代のころから
付き合いのあるゴルファーさんが
半月板を痛めました。

現在、46歳。
ラウンド中にちょっと
力んでティーショットしようとしたところ、
左膝をやってしまったようです。

全治3ヶ月で、最初の1ヶ月は
クラブすら握らず治療に専念。

ただ、この間も3日に1回は
グリップの確認として、スイングせずに
クラブを握るだけというのをしていたそうです。

そうして、2か月目から徐々に
リハビリがてらの練習を始めます。

座ったままのスイングが効果的

まず、行ったのはパター練習。

パターは大きく体を動かさないので、
普段もそうですが、久しぶりのゴルフで
感覚を取り戻すのに効果的です。

他にも効果的なのは
座りながらの素振りとボール打ちです。

椅子打ちなどとも呼ばれていますが、
この練習は昔から存在する練習としては
今でも効果的だと思います。

なぜなら、下半身と上半身を分けて
考えることが出来るから。

一般的なスイングは全ての体の部位が
連動しているので、良くない部分が見つけにくいです。

しかし、このようにそれぞれを分割することによって
特定の部分をピンポイントに練習できるので、
効率が良くなります。

同様の理由でスプリットハンドのドリルも有効です。

というように、

・パター
・椅子打ちスイング

この2つをひたすら練習していました。
(もちろん、無理の無い範囲で)

そこから徐々にヒザが動くように
なったTさんは練習場行きを再開しますが、
ヒザを痛めて2か月経ったくらいではまだフルスイングは厳禁。

そこで、オススメなのは

4時~8時のスイング。

ビジネスゾーンより小さなスイングですね。

ゴルフを始めた時と同様に、リハビリ時も
インパクト前後から大きくしていくと
スイングの勘を取り戻しやすいです。

そういった流れで、治療中も出来る限りの
練習をしていたTさんは10月のはじめには
ラウンド復帰が出来たそうです。

出来ないなら出来ないなりに

ケガの間の行動をまとめると

・本当に安静にしていなければいけない時は
 振らなくてもいいのでグリップを握るだけ

・徐々に体が動くようになってきたら
 パターの練習と椅子打ちスイング

・練習場に行けるようになったら
 4時~8時のスイング(やれるならビジネスゾーン)

この流れが僕としてはオススメです。

ケガの間は日常生活でも行動が制限されて
しまいますが、出来ないなら出来ないなりに
やれることを考えていきましょう!

追伸:11/4空き席わずか!

あなたに以前お伝えした11/4の
ビッグイベント。。。

ゲストに古閑美保プロをお呼びしたり、
実際のレッスンも体験出来たりなど、

あなたに損はさせない一日です!

僕も登壇させいただいて、
ミニセミナーを致します。

あなたがこのメルマガをご覧になったとき、
ご希望の席があるか保証出来ませんので、
是非今すぐご確認くださいね。

http://g-live.info/click/glsmt_1710/

【ビデオ】ラウンド中突然のケガその時あなたは?

2017.07.21
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは小原大二郎です。

あなたはラウンド中
突然ケガをしたことはありますか?

打撲、捻挫、骨折、、、
スポーツをしている以上
あらゆるケガが想定されますが

とても暑いこれからの季節
一番気をつけていただきたいのが
ラウンド中の足の攣り「こむら返り」です。

インパクトからフォローにかけて
打った瞬間右足のふくらはぎが攣る。

軽傷の場合は時間をかければ
その日の内にラウンド再開できますが、

重症だとその日はもう
ラウンドできないので注意が必要です。

ケガは起きた後の対処も重要ですが
起きないよう、いかに未然に防ぐか
こ思考が最も大事になってきます。

今回は2つの予防法と
1つの対処法を紹介していきます。

日頃から万が一に備えることで
楽しくゴルフをしていきましょう。

当たり前のことですが
ゴルフは身体が資本です。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

10,000人を超えるゴルファーの
飛距離アップを実現させてきた
“飛ばしの天才”服部コースケ。

newプログラム
「ロングドライブ”ドローボール”」
が満を持して公開されました。

服部プロが今まで
ひた隠しにしてきた飛ばしの真髄を
メルマガ読者の方だけに限定公開します。

このプログラムは完全予約生産のため
数に限りがあります。お早めにご覧になってください。

このプログラムで
人生を大逆転させたゴルファー続出中

その秘密はコチラ

http://g-live.info/click/db20170721/

_

「体」ネガティブワーク・大殿筋スクワット

2017.05.14
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「体・ネガティブワーク・大殿筋スクワット」

というお話をさせていただきます。

「ネガティブワーク・大殿筋スクワット」は、
ゴルフでの下半身のパワーの源となるお尻の大きな筋肉である
大殿筋をターゲットにした、手軽にできるトレーニングです。
続きを読む

楽しくゴルフの下半身を鍛える方法

2017.05.09
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「楽しくゴルフの下半身を鍛える方法」

について、お話をしてみたいと思います。

以前、3月ぐらいのメールマガジンで、
「どんなトレーニングをしたらいいのですか?」
という質問にお答えさせていただきました。

ちなみに先日、僕が一緒にラウンドした方と
お昼を食べていた時のことなんですが。。。
続きを読む

ゴルフで腰痛持ちの方は必見!

2017.04.21
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

本日のテーマは

「ゴルフで腰痛持ちの方は必見!」

というお話をしたいと思います。

ゴルフをされている方で
腰痛持ちの方は本当に多いですよね。

僕自身も腰痛には悩まされ
20歳の頃、1年間クラブを全く
握れなかった時期もあります。

大好きなゴルフが出来なくなるのは
本当にツライことです。

あなたも普段ゴルフをされていて
次のような経験ありませんか?

・ボールを拾い上げる動作がつらい・・・
・練習場へ行ったけど20~30球で腰に痛みが・・・
・パッティングの体勢がつらい・・・
・ラウンド中に腰が痛くてプレーに集中できない・・・
・パターで腰が痛くなる・・・・
・ゴルフをしたいのに出来ない・・・

一つでも当てはまったあなたは
是非このメールを読み進めて下さい。

ゴルフのスイングは回転運動なので
ひねる動きで、軸となる背骨や腰への
負担はとても大きくなります。

そこで、今回は僕がいつも実践している
腰痛を和らげる方法をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

痛い腰を無意識にかばってしまう…

2017.04.08
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「痛い腰を無意識にかばってしまう…」

についてお話しようと思います。

ゴルフは腰が痛いと、本当に辛いですよねえ。。。(泣)

実はモンゴも腰痛の経験があるので、
その気持ちはとてもよくわかります!

今回は、モンゴの経験なんかも踏まえて
お話をさせていただきますね!
続きを読む

ゴルファーの爪

2017.02.26
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

「服部さん爪見せて下さい。」
生徒さんからよく言われる言葉です。

「えっ、なんで、、、」
正直はじめはそう思っていました。

ですが結構多くの方に言われるので
今はもう慣れてしまいました。

内容を知ってしまえば納得です。
ああそういうことかという感じです。

実際にもしも自分がゴルフを習っている立場だったら
同じ質問をしているかもしれないですね。

ゴルファーがなぜ爪を気にするのでしょうか 

その訳は、、、

     

ゴルファー特有の悩みとも言えるかもしれません

実はゴルファーを悩ませているのは
足の爪のことなのです。

私に言ってきた生徒さん実は足の指の爪が
変色してしまい、この理由が知りたかったんです。

私も経験があったので気になって
周りのプロに色々聞いてみたんですが、

やはり経験しているプロが多かったです。

原因としてはスイング時に軸足に力がかかり
踏ん張る際に負担がかかってしまうためです。

横を向いているため足の爪もサイドにバランスが
偏ってしまうため、特に足の親指は巻き爪になりやすいのです。

実際に巻き爪になるとスイングがぶれる等
スコアや安定性に大きく影響してくるんです。

これはもはや職業病とも言えるかもしれません。

ちなみに私には職業病がもうひとつあって
筋力トレーニング時に重いものを持つので
手のひらにウエイトだこたるものがあります(笑)

       

爪の負担を軽減するための2つのポイント

・確実に自分に合ったゴルフシューズを選ぶ
・定期的に爪を切り、切り方に注意すること

この2つさえ守っていれば予防することができます。

第一にシューズ選びはとても大事です。
踏み込んだ時に下からの圧力と同時に横からの圧力がかかるので
双方の圧力を防ぐためにシューズがとても重要なのです。

具体的にはつま先と横幅の合った靴を選んで下さい。
ある程度余裕がるくらいが理想です。

特に横幅に無理があると指先だけでなく骨格にも
大きな負担がかかり病気などにつながる可能性もでてきてしまいますから。

メーカで選ぶことよりも自分に合ったものを選ぶことをオススメします。

爪に関しては深爪しないように切ることと
スクエア(正方形)角を残して切ることをオススメします。

深爪をすると地面から圧力によって
肉が爪より盛り上がってしまうからです。

そうなると盛り上がった肉により内側に圧迫されるため巻き爪になります。

                    

すでに巻き爪になっている方は

もし、すでに巻き爪になってしまっている方は
早めの治療をオススメします。

病院に行く、自宅でできる矯正器具
いまは色々な治療法があるみたいです。

きちんとした対処法さえしていれば
簡単に治すことができます。

大事なのは治療をしながら
予防を並行してしていくということ。

爪に問題を抱えていては
満足にゴルフをすることはできませんからね。

ゴルフは下半身がとても大事なスポーツなので
しっかりメンテナンスをして下さいね。

一生ゴルフを楽しんで行くために
できることをやっていきましょう。


<本日オススメ>

片山晋呉プロと江連忠コーチ
豪華タッグで送る

その内容が凄いんです。
全13巻(14時間)のドキュメンタリーレッスン。

わずか1週間で80点のスイングを作る
ということを実現させるという驚愕の内容。

あなたが80点のスイングを手に入れたら
目の前にあるゴルフの問題の80%は解決できます。

レジェンド二人が作り上げた秘伝書。
その秘密を包み隠さず全て公開します。

http://g-live.info/click/ktymezr170223/
3月1日(水)までの限定販売です。

生涯ゴルフを続けるために今するべきこと

2017.01.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

年明けにラウンドした時に
知り合いの支配人からある話を聞きました。

ラウンド中に体調が悪くなったお客様がいて
救急車を呼んで大変だったという話でした。

幸い命に別状はなかったそうですが一歩間違えれば
一大事になっていたかもしれないという状況だったそうです。

服部「大変でしたね。でもご無事でなによりです。」

支配人「でも実はゴルフ場はこのようなこと意外に多いんですよ」

服部「えっ、、、」

ゴルフを初めて約15年がたちますが
恥ずかしながらそのことを私は知りませんでした。

人にとっていちばん大事な身体。

私も一生ゴルフを楽しみたいですし、
あなたに一生ゴルフを楽しんでいただきたい。

ゴルフ場でなぜそんなことが起きるのか
私が聞いた真実をぜひ最後まで読んで下さい。

 
         

こんな事実を知っていますか?

実はゴルフ場では
年間200人もの方が亡くなっているのです。

冬は心不全や心筋梗塞
夏は脱水症状等になる方が多いんです。

ゴルフは常に走り回っているわけでもなく
他にももっと過酷なスポーツはたくさんあります。

実際に運動強度を表すMETs指数は
一般的にこのくらいと言われています。

ランニング       12.0

ボクシング        9.0

サッカー         9.0

ジョギング        6.0

ゴルフ          4.5

ボーリング        3.0

ストレッチ        2.3

ゴルフはスポーツの中では普通ですよね。

ですがスポーツの中で亡くなる方が
一番多いスポーツはゴルフだそうです。

その理由は一体どこにあるのでしょうか?

           

ゴルフだけにしかないもの、、、

実は他のスポーツとゴルフでは
決定的に違うことが一つだけあるんです。

他のスポーツは運動中に心拍数が早くなっても
その値がプレイ中にそれほど変化することはありません。

それに対しゴルフはショットを打つごとに心拍数や血圧は上昇し
打ち終わったら下がる、これを繰り返してしまう競技なんです。

わかりやすく言えば他のスポーツは
一定の速度で走り続けるマラソンのようなもの。

全力ダッシュして止まるを
永遠繰り返すのがゴルフなんです。

その繰り返しによって心臓にかかる負担は計り知れません。

その上、朝一で身体がまだ温まっていない状態で
ティーショット、第二打席、第三打席で瞬発力を使う。

息がはずんだ状態でグリーンに上がったのに
息を止めて緊張しながらぱパットを打つことなる。

それによって心臓や脳は酸欠状態になり
血圧や心拍数はさらに上昇してしまうんです。

ですので朝一番、第一ホールのパットには注意が必要です。

            

楽しいゴルフを生涯続けるために

一番多い心筋梗塞の原因は
起床後2~3時間の間に起こるそうです。

早朝スタートの場合ちょうど
ラウンドし始める時間と重なりますよね。

ゴルフ中に汗をかくと脱水症状になりやすく
血液が粘り気を増し血管が詰まりやすくなります。

さらに昼食時に飲むビールは脱水症状の原因になりますし
ラウンド中に吸うタバコは血管が詰まる原因になります。

これ防ぐために
心がけることを5つ紹介していきます。

・水分は多めにとる
・プレー中は禁煙する
・パットは気楽に打つ
・前日の睡眠はしっかり取る
・前夜やラウンド中の飲酒は控える

このことさえ守れば
あなたの身体に負担をかけることなく
安全にゴルフをすることができます。

身体はすべての資本です。
身体が整っていなければ
ゴルフを楽しむこもできません。

若いから自分には関係ない
という方もいるかと思いますが

体内で起きていることは
実際に目で見ることはできません。

いつ何が起きるかわからない。

そう考え万全の準備をしておくことが
ゴルフを楽しむのにベストな選択だと思いますし
スコアや飛距離を伸ばすのには絶対に必要です。

私も今一度心を引き締め
ゴルフに取り組みますので
あなたもぜひ心がけてみて下さい。

自分自身のメンテナンスを怠らずに
一緒に生涯ゴルフを楽しみましょう。

100歳になっても元気にラウンドする。

それが私の目標であり、私の夢です。


<本日のオススメ>

・パターで揺るぎない自信をつけたい

・次のラウンドで早速6打縮める

・ゴルフ仲間を簡単に負かせて称賛の声を浴びたい

これを実現させる秘密のパター。

毎回大きな反響をいただき
問い合わせが殺到する秘密兵器。
「ベストタッチパター」が遂に入荷しました。

今なら小原プロの特典動画がついてきます。
「8分でできる。パーフェクトフィッティング」

50本のみの限定入荷となりますが

この2つの強力な武器を手に入れることで
あなたのパッティングが飛躍的に向上することを約束します。

http://g-live.info/click/bestt170112/

_

100球ぐらい打つと手が痛くなる人へ

2016.09.17
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「100球ぐらい打つと手が痛くなる人へ」

についてお話しようと思います。

ズバリ、練習していて手が痛くなったりしませんか?

始めたばかりの人はマメが出来たりするものですが
実は先日、こんな質問をいただきました。
続きを読む

「体」代償動作の恐ろしさ

2016.06.26
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「体・代償動作の恐ろしさ」

というお話をさせていただきます。

代償動作って、あまり聞いたことないかもしれませんね。

代償動作というのは、本来の体の動かし方とは
違った動かし方をする事を言います。

例えばどんな例があるかと言いますと、
普段の生活で言うと次のようなことがあげられます。
続きを読む

[写真有] 頼む、効いてくれ~

2016.03.07
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ゴルフで効果のある練習、ない練習」

について、お話ししたいと思います。

先日のこのメールでもお話しましたが、
最近、私は頸椎性筋萎縮症を再発してしまいました。

現在は通院しながらのリハビリを続けています。

(写真あり)
続きを読む