100球ぐらい打つと手が痛くなる人へ

2016.09.17
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「100球ぐらい打つと手が痛くなる人へ」

についてお話しようと思います。

ズバリ、練習していて手が痛くなったりしませんか?

始めたばかりの人はマメが出来たりするものですが
実は先日、こんな質問をいただきました。

ご質問いただきました!


> 練習していると、グリップが悪いのか、
> 100球くらいで手が痛くなってきます。
>
> どうしたら痛くなくなるでしょうか?

なるほどお。。。

たとえば、久々にゴルフをやったりすると
マメが出来てくるものですよね。

これを解決する、一番いい方法は。。。

 「グリップをガイドしてくれる練習器具を買う」

前にも別のことでお話ししましたが、
こうした練習器具は、意外とバカにできないんです。

練習器具で正しいグリップを覚えることで、
正しい形を覚えると何がいいかというと、
まず、握りの強さを適切にすることができます。

いい形を作るには、いい形を知ることです。

ですが、レッスンで手取り足取りであればよいですが、
ビデオを見ながらだったりすると、なかなか思うようには
いいグリップが出来ないかもしれません。

 「本当にこれで合ってるのかな」

と、不安になってしまうと思います。

いい形というのは、なかなかわかりません。
「わからない」とならないためには、
グリップの練習器具が一番、手っ取り早いんですね。

この練習器具を使うことで、完全にマネができます。

サイズは数種類あると思うので、
自分の手の大きさに合わせて選びましょう。

実際にやればよくわかりますが、
けっこうバカにできないですよ~!

そんなの手抜きじゃん、モンゴ!

ここまでの話を聞いて、もしかしたら、
そんなふうに思う方もいるかもしれないので。。。

もうちょっと突っ込んだ話をしますね。

まず、変な力が入った状態で握らないようにするには

 「指先で握る」

ということを意識したほうがよいかもしれません。

左手第二関節とその下の節のあたりにクラブをおいて
まず、指だけでクラブを持てるような形にします

おそらく、多くの方がたいていは
手のひら側で握っているはずです。

指の付け根よりも2~3センチのところに
クラブをあてがって握っていることが多いかもしれません。

いわゆるパームグリップのような形ですね。

パームグリップはいわゆるジャンボさんとか、
手が大きい人とかならよいのですが、
手の小さい方は指で握るようにしたほうがよいと思います。

ちなみに、モンゴも手が小さい方なので、
指で握ったほうが最小限の力で支えられます。

 「え、指で握るなんて不安定だと思うんですけど」

はい、確かに最初は不安定だと感じるかもしれません。

ですが、指先のほうで握ると、手のひらのほうに
けっこう空間ができるのがわかりますでしょうか?

実は、その空間が「遊び」のようになって
マメとかができにくくなるはずなんです。

強く握ることの矛盾

逆に、強く握り過ぎてしまうと、強く握った手の中で
スイング中にグリップがズレまくります。

それでマメができて、痛くなっちゃうんですね。

しかも、強くギュッと握っていると、
手の中でグリップがずれるのがわかりやすくなります。

そうなることで、手の中でずれてくるのが、
よりわかりやすくなります。

そうすると逆に、無意識に握りこんでしまうんです。

これは矛盾しているように感じるかもしれませんが、
それが余計に力を入れさせる原因にもなっていると思います。

 「えー、でもゆるくグリップを握って
  スッポ抜けたら危ないですよね。。。?」

はい、確かにスッポ抜けたら大変なんですが、
きちんとしたグリップの形で握れていれば、
実際はそのようにはなりません。

それにアドレスでゆるく握っていたとしても
スイングを始めたら勝手にいい圧力で
インパクトからフィニッシュまで握ってくれるはずなんです!

逆に手が痛くなってきているということは
最初の段階で無意識に握りこんでしまっているんだと思います。

そうした感じで握っているということは、
余計な力が入っていることの証明でもあります。

ということで、まずは痛くならないグリップを、
身につけていただくのが優先です。

最後に、グリップがちゃんと握れているかどうかの
ちょっとしたテストの方法を一つ。

自分のクラブを、左手一本で
いつものグリップの形で握ってみます。

自分のいつもの形で握ったら、反対の右手で、
グリップとシャフトの間ぐらいところを持って
グリグリと、回してみてください。

もしあなたが、ちょうどいいところで握れていたら、
左右にぐりぐりねじっても、グリップはあまりずれないはずです。

これはずれるというよりは、グリップと手の接しているところが
グリグリされても位置がずれないかどうかという基準で、
見てみるとよいと思います!

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

追伸:モンゴのオススメウェッジ!

徳嵩フィッターが開発、監修したウェッジが
ついに販売開始しました~(∩´∀`)∩ワーイ

食いつく打感で、距離感を出せるので、
90台からさらに上達したいあなたにはオススメです!

モンゴも愛用していて、使用した感想を載せています。
よかったら、その記事をちょっとのぞいてみて下さい!

http://g-live.info/click/tkwg160913/

※本数限定だそうです!

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。