カテゴリー別アーカイブ: インパクト

「技」アプローチショットでクリーンヒットの確率がアップした瞬間

2016.08.21
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・アプローチショットでクリーンヒットの確率がアップした瞬間」

というお話をさせていただきます。

私がアプローチショットを練習していてクリーンヒットの確率が
明らかに良くなった瞬間の感覚は、どんな動きが最高に効果的だったか。

それは、左肩甲骨をしなやかに使ってしならせながら
ボールヒットしようとしたときに訪れました。

他にも大切なチェックポイントはありますが、
やはり、セットアップから左肩甲骨周りをリラックスさせ

バックスイングからダウンスイングにかけで左肩甲骨が
体の正面方向へスライドすることをじゃましないことが最も効果的です。

だいぶ昔なので、動きとしては自分のなかで自動化していますが、
私は今でもこの左肩甲骨をしなやかに使うことは常にチェックしています。

そして、朝一の一発目でクリーンヒットさせる極意は、
この左肩甲骨周りをリラックスさせることに尽きます。
続きを読む

[Video]カバーリング・ザ・ボールのガマン

2016.07.25
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「カバーリング・ザ・ボールのガマン」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

私の教材などをご覧になっている方には
お馴染みの言葉かもしれませんが。。。

ボールの上に、胸が覆いかぶさる動きのことを
「カバーリング・ザ・ボール」と呼んでいます。

この動きがきちんと身についていなければ、
どんなにスイングの練習をしても、
それらが無駄になってしまう可能性があります。何故か?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】グリーン周りで叩かない右掌の秘訣/カッコいいゴルファー!

2016.02.25
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉駅のドトールより、、、

おはようございます!
近藤雅彦です!

新宿のスタジオ「ゴルフパフォーマンス」で
レッスンしながら
生徒さんの話を聞いていると、

皆さん、上達のモチベーションって、突き詰めると
「ゴルフが上手なカッコいい人になりたい」という感情が
大きいようです。

「カッコよく飛ばしたい」
「カッコよくバーディーを決めたい」
「そして、カッコよくシングルスコアを叩き出したい!」

想像するだけで、
やる気がみなぎって、練習にも力が入りますね(*^^*)!

それでは、あなたに質問です!

「カッコいいゴルファー」と聞いて、
あなたはどんなゴルファーを想像しますか?

タイガー・ウッズ選手や
片山晋呉選手など
特定のゴルファーを思い浮かべるかもしれません。

ファッショナブルな選手や、ゴルフ友達を
想像したかもしれません。

僕がまず最初に浮かんでくる「カッコいいゴルファー」は、、、
知り合いのKさん(ゴルフショップの店員さんです)です!

続きはあとがきで・・・

今日は、グリーン周りの様々なミスを減らす方法を
ご紹介します!

グリーン周りのダフリやトップ、
非常に多い原因は、ハンドファーストの崩れです。

右掌の位置を変えて
ハンドファーストを維持できるようになる方法をご紹介します!
続きを読む

【ビデオ】ダウンスイングでは力を抜いて/ラウンドで用意するもの

2015.08.10
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

先週に引き続きになりますが・・・

アメリカ・ペブルビーチに行く際に
あるものが必須だと痛感しました。

これを持っていなかったために
珍事が・・・

今後メルマガ読者様の中に
今後ペブルビーチに行く方がいるかは分かりませんが、

ペブルビーチに行く際は、これだけは忘れないでください。

詳しくは、あとがきで・・・

さて、今日はスイング中で力を入れるポイントについてです。

『それはさすがに
ダウンスイングでしょ!それかインパクトの瞬間でしょ!』

という意見、多いと思います。

しかし、私がスイング中にもっとも力を入れることを
意識しているポイントはダウンスイング中でも、
インパクトの瞬間でもありません。

力を入れるポイントを間違えると、
ヘッドスピードの減速につながってしまいます。

では、どこで力を入れるのか?

続きを読む

【ビデオ】左手でクラブを引っ張り降ろさない/これを続けてもムダですよ

2015.07.27
片山katayama

From:片山晃
埼玉の練習場より、、、

こんにちは、右手のゴルフの片山です。

200yを飛ばせるようになる!という一つの目標を持って
スクールに通い、200yの飛距離を達成したのに、
その後もずるずるとスクールに通う。

典型的なゴルフスクール失敗あるあるですね。

200yを飛ばすのが目標で、すでにそれを達成しているのに、
いつまでもレッスンに通う必要は、私はないと思っています。

レッスンに通う費用で・・・

200yを飛ばせるようになったスイングを使って、
ラウンドを楽しんで下さい。

その方が有意義なはずです。

私のところへ初めてレッスンに来た方で、
とあるゴルフスクールに100を切るために4年間も通い、
それで、120を切れない。

これは非常にもったいないです。

もちろん、それは生徒さんが悪いわけではなく、
レッスンプロに問題があると思います。

もしこれから近場のスクールに通う方は、
スクール選びで失敗しないために、
通う前に決めておいてほしいことがあります。

詳しくは、あとがきで・・・

さて今日は手元を浮かせないで
インパクトするためにはどうすればよいか?です。

アドレスはちゃんとできている。

でも、インパクトの時に手が浮いてしまった状態、
高い位置にグリップが戻ってきてしまう。

お悩みの方も多いのでは?

では、手元を浮かせないようにインパクトをむかえるには、
どうすればよいのか?

続きを読む

[ビデオ]棒立ちスイングでパワーが出ない…

2015.07.25
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回も動画でのレッスンをお届けします。
なんのレッスンかと言うと。。。

 「インパクト時に棒立ちになってしまって、
  しっかりとボールにパワーが伝えられない」

と悩んでいる方に、アドバイスをさせていただきます。

なぜそのように棒立ちでパワーが伝えられないのかというと、
インパクトの時に体が伸び上がってしまって
上手くボールに当てることができていないからなんですね。

では、インパクト時に体が伸び上がってしまう方の
特徴として多く見られるのは何かと言いますと…

(続きはビデオにて!)
続きを読む

【ビデオ】ハンドファーストに自信がない方へ

2015.07.20
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ハンドファーストに自信がない方へ」

と題して、ビデオでお話ししようと思います。

「ハンドファーストのスイングを」と言われますが
いわゆるリリースが早くなってしまって、
それが実現できないという方に向けての話となります。

では、実際のインパクトの形というのは、
どのような形になっているかと言いますと。。。

(続きは動画での解説となります!)
続きを読む

【ビデオ】あなたのインパクト、合ってる?

2015.06.01
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、私がレッスンで行っている

 「ビジネスゾーンの動きを確認する方法」

について、ビデオでお話ししようと思います。

 「ハーフウェイの動きの間に、動いているシャフトが
  アドレス時のシャフトラインをなぞり続ける」

ビジネスゾーンの動きを確認する方法として、
これを確認する必要があるわけです。

ですがこの点、知識としては知っていても
実際にできていない方がほとんどです。

この確認が、家にあるものでカンタンにできてしまう、
そんな方法をあなたにご紹介しようと思います。

(今日は動画での解説となります!)
続きを読む

[動画有り]絶対チェック!腰のどちら側を使ってる?

2015.04.22
ALBA2013年7月11日号0627発行P1

From:がんちゃん
大阪の練習場より、、、

こんにちは!!
PGAティーチングプロの岩本肇(いわもと はじめ)
通称:がんちゃんです!!

あなたはスイング中、
自分が腰の右側を使っているか、
左側を使っているか、ご存知ですか?

どちらを使うのが悪い、
ということはありません。

どちらを使うのが癖になっているかで
出てきやすいミスが変わってくるんです。

腰のどちら側を使うのか、
考えたこともないという方は多いと思いますが、
これを知っておくことが、

ミスの原因の把握に役立ちます。

どんなミスが出やすいかで、
どちら側を使っているかを知っておく。

もしくはビデオをとってみて、知っておく。

どんな方法を使ってもいいですが、
自分がどのタイプかは、
知っておくようにしてください。

自分のスイングを知ることが、
理想的なスイングを作るのに
欠かせない要素になりますよ。

ぜひ動画を見て、
一度考えてみてくださいね。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、動画は字幕を出して見られるようになりました。

動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<オススメ>
「パターが10打も減った!」
「3パットがなくなって、
 恥ずかしい思いをしなくなった!」

ショートゲームの
トップレッスンプロ、モンゴプロが、

『1日10分でおもしろい程入るようになる』
ショートゲーム上達プログラムを作成。

期間限定・春のパッティング強化割引キャンペーン
は本日までです。

詳しい内容はこちら

http://g-live.info/click/putter15-0416/
※キャンペーンは本日で終了致します。

[動画有り]身体の正面でインパクトしないで!

2015.04.15
gan

From:がんちゃん
大阪の練習場より、、、

こんにちは!!
PGAティーチングプロの岩本肇(いわもと はじめ)
通称:がんちゃんです!!

今日は、皆さんを縛り付ける
ある誤解を解こうと思います。

その誤解とは、

「スイングは身体の正面でしなさい」

というものです。

聞いたことがある方は多いんじゃないでしょうか?

間違っている、というわけではないのですが、
そのままに受け取ってしまうのは、危険な言葉です。

確かに、アプローチなどの小さいスイングなら
身体の正面でインパクトするのは正しいのですが、

それを大きいスイングでも、そのまま実践してしまうと
窮屈な、詰まったインパクトになってしまいますよ!

大きいスイングで
「身体の正面でスイングをする」
には、小さいスイングとは

ちょっと意識を変えなければいけません。

大きいスイングでは、
どうするのが正しいのか?

動画で見た方がわかりやすいと思うので、
ぜひチェックして、理解しておいてくださいね。
続きを読む