カテゴリー別アーカイブ: ラフ

意外と知られていない3つのラフ

2018.08.10
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「意外と知られていない3つのラフ」

というテーマでお話をしたいと思います。

いきなりですが、
あなたはラフが得意ですか?

もし、答えがNOなのであれば、
今回の話は是非読んでいただきたいです。^^

打ちっぱなしの練習場では、
天然芝のラフでショット練習を
することは出来ません。

実は、これが知らず知らずのうちに
あなたのスコアを蝕む落とし穴になっています。

今回のテーマである、
3つのラフをしっかりと理解しておくことで、
かんたんにベストスコアを達成してしまいます。

現に、先日のコースレッスンでは
生徒さん4人中、3人がベストスコアを
あっさりと更新してしまいました・・・

3つのラフとは?

まず初めに、3つのラフについて、
お話をしたいと思いますが、

ここで言う、ラフの種類というのは、
日本芝とか西洋芝のような品種の話ではありません(笑

ボールの状態を表す種類を指します。

具体的には、

・ボールがラフに浮いてる状態

・ボールが半分沈んでる状態

・ボールが完全に沈んでる状態

を指します。

ラフの種類

なんだ、そんなことか。

と思われるかもしれませんが、
実はこの状況に合わせたクラブ選択が重要なんです。

先日のコースティーチングでの話

冒頭でも少し触れましたが、
先日のコースレッスンで生徒さんと一緒に回っていたのですが、

皆さん、意外にラフの対処がよくわからずに、
何となく普段のショットイメージで
ラフでもショットしていることに気が付きました。

言ってしまえば、
敢えて難しいクラブでショットしているんです。

例えば、、、

380Yのミドルホール。
ティーショットを引っ掛けて左サイドのラフへ。
セカンド地点からは残り180Y程度ありました。

ボールは完全にラフに沈み込んでしまっている状況で、
グリーンまでまだ距離もあり、心情としては少しでも距離を稼いでおきたい場面です。

そこで、生徒Aさんから
こんなクラブ選択の質問をもらいました。

「水柿プロ。この状況からUTでいけますか?」

僕:ちょっと待って下さい!

このボールが沈んでいる状況で、
UTだと芝の抵抗をモロに受けるので、危険なクラブ選択です。
下手したらラフから脱出すら出来ないかもしれません。

確実にショートアイアンで
フェアウェイに出して刻んでいきましょう!
といったアドバイスを行いました。

そこから、毎ショット一人ひとりのレベルに合わせて
状況ごとに最適なクラブをアドバイスしながら
ラウンドしてもらうことにしたんですね。

結果、生徒さん4人中、3人がベストスコアを
あっさりと更新してしまいました・・・

■生徒Aさん:92ベストスコア88

■生徒Bさん:120ベストスコア103

■生徒Cさん:140ベストスコア123

本当にあっさりと。^^;

状況別ラフの注意点

■ボールがラフに浮いてる状態

浮いている場合は、芝の抵抗もあまり無いので、
ティーアップされているのと同じイメージになります。

ただし、鋭角に振った時や、ウェッジなどでは
だるま落としのミスが出やすいので、要注意です。

スピンもかかりやすいので、
ピンをデットに狙っていけますね。^^

距離が残っているのであれば、
FWなどでも果敢に狙っていきましょう。

■ボールが半分沈んでる状態(要注意)

ボールが少し沈んだ状態だと芝の抵抗を受けるので、
番手を一つ、場合によっては2つ上げて打ちます。

傾向としては、ボールが沈んでいると
キャリーが落ちて、ランが出やすくなります。

理由はフェース面が芝の抵抗を受けて
振り抜きにくくなることで、飛距離が落ちます。
そして、フェース面とボールとの間に芝が入り込むことで、
ボールのスピン量が減り、ランが出やすくなります。

ピンを狙っていく場合には、直接グリーンオンしてしまうと、
これがオーバーする原因になります。。。

ですので、グリーン手前。
花道から狙っていくというイメージがあったらバッチリですね!

※ある程度ヘッドスピードが出る方は、キャリーとランの両方が出やすくなる
フライヤーという現象が起きる場合もあります。

■ボールが完全に沈んでる状態(注意度MAX)

ボールが完全に沈んでしまっているラフが一番難しいです。

こいった状況の場合には、無理に狙わずに、
ショートアイアンで最優先で脱出することにフォーカスします。

ショートアイアンはロフトが寝ている為、
芝の影響を受けにくいんですね。^^

草刈りのカマを想像してもらうとイメージがしやすいかもしれません。

ショートアイアン

ちなみに、ラフの深さで有名な全米オープンで2勝を挙げている
アーニー・エルスはこのように語っています。

「ボールが深く沈んでいるラフからは
 7番アイアンまでしか持たない。」

プロでさえ深いラフでは芝の影響を考えて
7番以上のフェースが立ったクラブでは振りません。

あなたは、ラフの状況を考えて
しっかりとマネジメントできていますか?

特にこの時期の夏芝。

深いラフに入れてしまうと、
大叩きしてしまうリスクが一気に上がります。

是非今回のメルマガを参考に、
夏のゴルフを楽しんでみてくださいね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

最短で100切りのスキルを身に付けるために何が必要か?
小原プロいわく、

・ボールにパワーが伝わるインパクトの瞬間を正しい形にすること
・それを実際のコースで確実に再現することです

この二つが自宅で気軽に身についてしまうのが
この小原プロの「室内練習プログラム」です…

http://g-live.info/click/oba_inside1808/

[ビデオ] 本当?ラフはFWよりUTの方が簡単

2018.07.26
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに
 

 「本当?ラフはFWよりUTの方が簡単…」
 

という話を、動画(ビデオ)でさせていただきます。
 

お待たせしてしまったけれども
今回は久しぶりのビデオでのアドバイスです。

今日は、夏のラフで使うクラブについてです。

お客様のフィッティングを担当している時に
よくお話として出てくるのが
 

 「フェアウェイウッドよりもユーティリティーの方が
  ラフからは打ちやすいですよね?」

 

という言葉なんですけれども、
これ、果たして本当にそうなんでしょうか?
続きを読む

【ビデオ】初!コースマネージメント体験型レッスン

2017.12.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは小原大二郎です。

「小原さん、もっと実践的な
動画レッスンを見たいです。」

以前から多くの生徒さんに
言っていただいていたのですが

撮ろう撮ろうと思っていたら、
なんと実際にコースまで来てしまいました(笑)

今回が初めての試みとなりますが
実際のコースの様々なシチュエーションを
どのように攻略するかをお伝えしていきます。

初回の今回のテーマは
「冬芝でラフからのアプローチ」
です。

こんな状況であなたなら
どのクラブを使って攻略しますか?

意外と思われるかもしれませんが
わたしはこのクラブを選びます。

それは、、、

続きを読む

ラフでのミス…実は打つ前から決まってる!?

2017.08.15
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「ラフでのミス…実は打つ前から決まってる!?」

について、お話をしてみたいと思います。

先週に引き続き、ラフからのショットの話ですが、
今日の話で完結している話なので、安心してお読み下さい。

さて、タイトルにも書きましたが、

 「あなたのラフでのミスは、打つ前からお見通しです!」

と僕が言ったら、びっくりするでしょうか?
続きを読む

夏ラフ ~あなたを成功に導く3つの方程式~

2017.08.08
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

暑い、、、
先週まで朝は涼しかった気がするのですが、
8月に入ってから一気に暑さが増しましたね。。

これだけ日差しが強いと、
ゴルフ場の芝もよく育ちます。

そこで今回は
夏ラフの3つの方程式を
お話したいと思います。

それは、、、

続きを読む

[Quiz] フェアウェイよりラフの方が簡単?

2017.08.01
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「フェアウェイよりラフの方が簡単?」

について、お話をしてみたいと思います。

夏も本番! 非常に暑い日が続いていますね。
その暑さとともに、ラフも成長し深くなってきています。
続きを読む