[ビデオ] 本当?ラフはFWよりUTの方が簡単

2018.07.26
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに
 

 「本当?ラフはFWよりUTの方が簡単…」
 

という話を、動画(ビデオ)でさせていただきます。
 

お待たせしてしまったけれども
今回は久しぶりのビデオでのアドバイスです。

今日は、夏のラフで使うクラブについてです。

お客様のフィッティングを担当している時に
よくお話として出てくるのが
 

 「フェアウェイウッドよりもユーティリティーの方が
  ラフからは打ちやすいですよね?」

 

という言葉なんですけれども、
これ、果たして本当にそうなんでしょうか?

芝生の外へ出すのが最優先

まず、ラフから一番ボールを打つ際に重要なのが
 

 「埋まっている球を、芝生の外へ出してあげること」
 

当たり前ですが、これが最優先になります。
 

そうなると、やはりロフトがあるクラブの方が
ラフからは打ちやすいということになりますよね?

もちろんこれはボールの潜り具合にもよります。

時には、アイアンを使わなければいけないという時も
出てくると思います。

それを考慮して考えていきますと、まず優先順位としては
ロフトのあるアイアンが一番打ちやすいということになります。

そして次にフェアウェイウッド、
もしくはユーティリティーになるわけですが、
ここでひとつ問題になるのが。。。
 

ここから先の話について
今日のビデオでより詳しく解説しているので、
ぜひ続きをご覧下さい。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

この中でお話ししているように、
ここでの柔軟なクラブ選択のためには
何よりセッティングが重要、ということです。

そうしないと、逆にミスを呼んでしまうことにも
なりかねませんので。。。

今回の話を参考にしながら、セッティングによる
夏のラフ対策をしてみてください。
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

現役ツアープロが明かす、
パッティングの秘密…

この秘密は「方向性」も「距離感」も
ましてや「感覚」も必要としません。

そんなバカな!?

なぜなら…

http://g-live.info/click/kjkw_pt1807/

※7月30日(月)までの期間限定

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: トラブルショット, ビデオ, フェアウェイウッド, ユーティリティ, ラフ, 新着ビデオ, 道具 | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。