右向きアドレスを改善する3つの修正法

2018.07.26
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

コースでナイスショットを
簡単にミスショットにするには
アドレスの向きを変えること。

そうすれば、どんなに良い球が
出たとしても、全てミスショットになります。

例えるなら、、、丹精込めて
ものすごく美味しい料理を作ったのに、
それを盛りつけるお皿が無いみたいな感じです。

かつて、私はスイングの調子が悪いと思いきや、
単純に向いてる方向がそれていた。。。
ということがございました。

それくらい、どこを向いて
アドレスをするのかは
スコアメイクではスイングより重要です。

そこで今日は、圧倒的に多い
右向きアドレスを例に、
改善方法を3つご紹介します。

1,クラブの向きと体の向き

目標に対して右を向く原因の1つに
体と目標を合わせてしまうという原因があります。

アドレスの向きにおいて
基本となるのは

「フェースと目標の向きを合わせる」

ということ。

体と目標を直線で結ぶと、
自然とフェースは目標より右を
向いてしまうのです。

なので、アドレスをする際は
「クラブと目標を直線で結ぶ」
ということをとにかく徹底してください。

2,練習の時から一旦後ろに立つクセをつける

もしかすると、あなたは
練習の際にずっと同じ場所で
ポンポンとボールを打ったりしていませんか?

最近はオートティーアップが主流なので
非常に便利ですが、実際のコースで矢継ぎ早に
ボールを打つことはありませんよね。

なので、練習場の時から、
一旦アドレスを解いて、
目標を定めるところから始めてみてください。

まずは、ボールの後ろに立ち、
自分の中で目標を決めて、
アドレスしてスイングする。

これを常日頃から練習していると、
コースでも自然と出来るようになりますので、
是非実践してみてくださいね。

3,いっその事クラブを地面に置いてみる

これはプライベートラウンド限定です。

まず、いつもどおりアドレスしてください。

いつでも、スイング出来る状況になりましたら、
手に持っているクラブを足のつま先と
平行に置いてみてください。

そして、そのクラブの向きを
後ろから確認してください。

これをやると、自分が今どこを向いていたのか
一目瞭然ということです。

特に100ヤード以内は
向いてる方向が結果に
直結します。

ラウンド中に何度か試してみて、
常に正しい方向を向いてるか
確認していきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

コースに直線的な目標取りが
出来る物体は無いので、簡単なようで
とても難しいことと思います。

ただ、意識的に改善すれば
すぐに身につくことなので、
是非改善していきましょう。

<本日のオススメ>

スコアの40%以内に収めるのが
理想のパット数。

直近3ラウンドで、あなたは
40%以内に収めることが出来ていますか?

もし、出来ていなかったとしても、
何一つ問題ございません。

難しいことを覚えなくても、
シンプルに上達する方法を
このツアープロは知っています。

かつてはパターが苦手だったツアープロの
パッティング成功方程式を
知りたい人は他にいませんか?

http://g-live.info/click/kjkw_pt1807/

The following two tabs change content below.
志賀康平

志賀康平

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。
カテゴリー: 100切り, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
志賀康平

志賀康平 について

父の影響で7歳のころからゴルフを始める。中学校はゴルフ部に入ったことから本格的にゴルフを始め、高校時代は東北地区大会優勝経験も。在学中はゴルフ選手権での優勝を始め、数々の試合で入賞経験を持つ。その後競技選手として活躍後に小原プロに出会い、その理論と人柄に感銘を受け、レッスンプロとしての道を歩み始める。最大の持ち味は小柄ながら効率的に飛距離を伸ばすドライバーテクニックで、最大飛距離は330ヤード、平均飛距離でも300ヤード超えを誇る。また、イップスに陥ったゴルファーを救った経験から、イップス矯正のスペシャリストとしての一面も。スコアアップにおいても、ビジネスゾーン理論をベースに、ゴルファー一人一人の悩み、症状に合わせた「オーダーメイドレッスン」で1,000人以上のゴルファーのレッスンにあたり、ゴルフパフォーマンスにおいても、屈指の人気を誇るレッスンプロとなっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。