カテゴリー別アーカイブ: ビデオ

冬ゴルフはスタイリッシュに!

2018.11.14
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

寒くなってきました。

朝イチのゴルフ場で
半袖でいるのは厳しくなってきました。

そうすると、次は寒さ対策を
考えていかなければいけません。

ですが、私たちは
スポーツをするわけですから、
着込みすぎてモコモコになっては本末転倒。

そこで、寒さをしのぎつつも
快適にゴルフをするには
どうすればいいのか。

今日は一見、相反するこの2つを
どう両立するかをお話したいと思います。

目指すべきは
「薄く、軽く、暖かく」

先程も申しました通り、
スイングをする上で、
着込むことはプレーの質を下げます。

特に脇の辺りに窮屈感を覚え、
バックスイング、捻転などに
悪影響が出ます。

なので、薄くて軽くて
暖かいウェアを選ぶ必要があります。

その上で重要視してほしいのが
1番下に着るインナーです。

いわゆるヒートテックのようなものでも
十分ではありますが、出来ればよりスポーツ用に
特化したインナーの方が良いです。

また、出来れば首元まで生地のある
ハイネック仕様がオススメ。

あなたもご存知だと思いますが、
首、手首、足首と「首」と付く
体の部位は気温の変化に敏感です。

バイクに乗っている友人が

「冬のバイクは風速の関係で体感温度は常に氷点下。
だから首と付く部位を守らないと1kmもまともに走れない」

と言ってました。

なので、ネックウォーマー、ミトングローブ、
レッグウォーマーは必ず用意しましょう。

男性でレッグウォーマーが恥ずかしいな…
と思う方は、サポーターのようなものでも構いません。

腰は冷やさないで!

あとこれは、私から追加で
お伝えしたいのですが、
腰は絶対に冷やさないで下さい。

ついでにいうとお腹もなのですが、
腰回りの冷えは寒さ対策というよりは、
健康面への配慮です。

腰回りは臓器が集中しているので、
ここを冷やしてしまうと、
体の代謝が著しく低下します。

特にお昼を食べた午後の
ラウンドは胃腸に負担が集中するので、
冷やすのは厳禁です。

なので、冬のラウンドの際は
腹巻を忘れずに着用してください。

ちょっとカッコ悪いな…と思うかもしれませんが、
健康あってのゴルフなので、お願い致します。

まとめ

今日は冬のゴルフについてお話しました。

スポーツ用アンダーウェア、
ネックウォーマー、ネックウォーマー、
ミトングローブ、レッグウォーマー(あと温かい飲み物)

そして腹巻。

これが揃えばひとまずOK。

更に上に着るアウターは、
恐らく打つ時には脱いじゃうと思うので、
かさばらなければ大丈夫かと思います。

冬は寒い分、予約も取りやすく、
人も少なく、そして料金が安いです。

対策さえしっかりすれば、結構快適なので
是非冬もゴルフを楽しみましょう!

<本日のオススメ>

ボールが飛ばないと悩む50代以上のあなたへ。

昔に比べてボールが飛ばなくなったと
ここ最近、実感しているかもしれません。

ただ、従来の飛ばしの技術は若い人向けに製作されています。

だからこそ、この斎藤かおりプロは
50代以上に向けた飛距離アッププログラムを今日まで公開。

どうしてだらしない身体つきのツアープロが、
それでも大砲並のティーショットを打てるのかがわかります。

http://g-live.info/click/stm_1811/

[Video] 勝手にオンプレーンになるスイング

2018.11.12
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「勝手にオンプレーンになるスイング」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

スイングが勝手にオンプレーンに乗るには?

そのポイントは2つです。

一つは、右脇が締まっているということ。
そしてもう一つは、
両前腕の感覚を変えないということですね。

そのためには。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】体幹、上手く使えてますか?

2018.11.11
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「体幹、上手く使えてますか?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ゴルフのスイングで腰から首の付け根にかけての体幹を
上手く使えているかどうかは、良いショットのための要となります。

そこでまず、チェックしてみると良いことがあります。
それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】間合い-2[#66]

2018.11.10
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは

今回も前回に引き続き【間合い】
その【間合い】を掘り下げてアップします。

前回も掲載した『僕の考えるゴルフスイングの回転軸は・・・4軸』
一部言葉の表現が伝わり難くかったので下記に訂正いたします。
1つ目の軸は、下半身〜尾てい~背骨~頸椎骨を軸とした体の軸(下記①〜③)
2つ目の軸は、左肩を軸(支点)とした左腕の軸(下記④)
3つ目の軸は、左手小指を軸(支点)としたコックの軸(下記⑤)
4つ目の軸は、クラブのネックを軸(支点)としたクラブヘッドの軸(下記ヘッド)

この4軸を使った回転運動が連動してスイングが完成します。
【4軸の解説】と【アドレスでの間合いの取り方〜スイングまで】の動画をご覧下さい。

続きを読む

【ビデオ】手首と曲がりの関係

2018.11.09
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日はフックが出てしまう方へ向けて
ビデオを撮りました。

フックが出てしまう原因には
様々なものがあります。

・フェースが左に開いてしまったり…
・切り返しを右手で行ってしまったり…
・ハンドダウンで構えてしまったり…

このメルマガでも、何度か触れてきました。

さて、今日見ていく内容ですが、、、

続きを読む

【ビデオ】風が強い日はこの打ち方がオススメ!

2018.11.07
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

ゴルフに風は付き物で、全く風が無い日なんて
むしろ珍しいくらいに思えます。

そのせいか、ゴルフをやり始めてから
風速にすごく詳しくなったと思います。

例えば風速を聞いた瞬間、頭の中で
どれくらいの強さか瞬時に判断できます。

あなたもそうではありませんか?

風速5m/sとかあると
「ティーショット曲がりそう…」とか思いませんか?

ちなみに風速5m/sでアゲている場合、
目安として17ヤード飛距離が落ちると言われています。

そして、冬は夏場に比べて
風が強い日が多くなります。

そんな時に是非試してほしいのが
「低い球を打つ」です。

風は上に行けば行くほど
強くなるので、これを覚えると
強風のときでも影響は少なくなります。

いくつかポイントがあるので、
是非ご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら


<本日のオススメ>
ビジネスゾーンとDプレーンメソッド。

この2つが組み合わさり、全く新しい
ドローボールプログラムが出来上がりました。

これまでよりも更にシンプルに、
そして分かりやすく製作されたプログラム…

ただし、この小原プロの真骨頂である
プログラムが手に入るのは本日までです。

http://g-live.info/click/ob_draw1811/

【ビデオ解説】アドレスで右を向いてしまう原因

2018.11.06
kondo

From:近藤雅彦
神田のドトールより

おはようございます、近藤です。

ゴルフで一番大事なことって何でしょう?

ドライバーをまっすぐ飛ばすとか、
飛距離アップすることよりも、、、

「いつもターゲットに対してスクウェアに構える」

これが一番難しく、とても重要なことです。

特にドライバーで方向性が定まらない人は
この大前提が出来ていないことが多いです。

どうすればいいのでしょうか?

続きを読む

【ビデオ】左足つま先の向きは大丈夫?

2018.11.04
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「左足つま先の向きは大丈夫?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

セットアップで左足のつま先が開いていないゴルファーは多いですが、
それでは重要な問題を抱えることになります。

左足つま先は20度ぐらいは開くようにしましょう。

そうすれば、フィニッシュでかっこ良く
楽々腰をフルターンできます。

ちなみに、腰をフルターンさせるとは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】間合い[#65]

2018.11.03
亀子充温

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!

晩秋に成りました。
朝夕のゴルフ練習やラウンドに半袖シャツ1枚では少し寒くなって参りました。

【間合い】

僕が幾度もツアーでキャディーをして沢山のプロ達のプレイを間近で見て感じた事・・・
『うまいプロほど間合いがGOOD』です。

【間合い】=アドレスでのボールと体の間隔です。
この間合いが悪いと・・・ジャストミート出来ません!!

GOODな間合いを作るにはアドレスの姿勢が大事です。
良いアドレス姿勢を作るには、様々な要因があります。
①適度なスタンス幅なのか??  広過ぎず・狭過ぎず
②適度な膝の曲がり具合なのか??  膝が伸び切っている・曲がり過ぎている
③適度に股関節から前傾しているか??  骨盤が立っている・寝ている
④背骨が適度に伸びているか??  背骨が左右に曲がっていないか・猫背になっていないか
⑤首が適度に伸びているか??  顎が出たり・首が曲がっていないか
⑥胸が張れているか??  極度に肩が前に来ていないか
⑦腕が重力に任せてアドレスしているか?? 腕が力まず、自然にダラリと下がってるか
⑧グリップが正しく握られているか??  グリッピングした時に強く握っていないか・フェイスがターゲットにスクエアか
⑨アドレスの向きがターゲットに向いているか??  スタンスの向きではなく骨盤の向きが正しいか
などなどの条件が適度に成っていないとジャストミートしながらボールコントロールは出来ません。

今日、紹介する【間合い】は、上記⑦腕が重力に任せてアドレスしているか??に関連した【間合い】を説明します。
前にもお話ししましたが・・・
僕の考えるゴルフスイングの回転軸は・・・4軸

1つ目は、下半身〜尾てい~背骨~頸椎骨を軸とした体の軸(下記①〜③)

2つ目は、左肩を軸とした左腕の軸(下記④)

3つ目は、左手小指を軸としたコックの軸(下記⑤)

4つ目は、クラブのネックを軸としたクラブヘッドの軸(下記ヘッド)


grip
grip

この4軸を使って、それぞれが連動しながら回転してスイングが成り立ちます。

この時に重要な事が・・・アドレスの際の左腕です。
右腕は、スイング中・テイクバック〜インパクト〜フォローの途中まで肘が曲がるので軸には不向きです。
左腕は、基本的にテイクバック〜フォローのハーフウェイまで左肘は曲がりません。
最終的にフォローのハーフウェイ直後のフィニッシュで左肘が曲がるまで伸び切った左腕で間合いを完成させます。

下記動画を参照に体全体と左腕で『貴方にとってベストな間合い』を完成させて下さい。
ベストな間合いが完成すれば・・・
ミート率が向上してボールコントロールもし易くなります・・・必ず!!


 
恐縮ながら・・・
そんな肌寒い日に最適な僕が作っているオススメウェアを紹介します。

【BLB-40】・『シープ風ウールパイル・ニットジャケット』

このジャケットは、17年程前、原宿の人気ショップから依頼されて作ったウールニットジャケットのリバイバルアイテムです。
その当時、フランスのカーンに在った縫製工場と取引をしていて年に1・2度は、フランスへ行っていました。
そんなある日、ウールニット生地に起毛加工を掛けた素材をパリの友人から提示され・・・・
一目で気に入り・原宿ショップの方と一緒にジャケットのデザインし僕が型紙と縫製指示をしました。
当時は、ユニクロなどのフリースが世を席巻していた頃
それよりも高品質のニットジャケットが作りたかったのでそのウールニット地が気に入ったのです。
1stサンプルが出来上がると・・・・軽くて&温かかくて&丸めてバッグにも収納出来て!!GOODな出来上がりでした。

そして、ゴルフウェアBLOODSHIFTを2007年から始め・・・
毎年、秋冬ウェアの生地探しを始める4月頃〜ウールニット起毛地を探して&探して・・・
それが今年の5月、大阪の生地商社へ行った時に見付けたのです。
その生地を見た途端『あのジャケットが作れる』と・・・ワクワクしました!!!

そして、大阪の生地商社から生地サンプルを取り寄せ→
今風にデザインを再度やり直し→
スイングし易い様に型紙を作り変え→
1stサンプルが出来上がった時には『重畳の喜び』でした。
1stサンプル完成後→ポケットの生地をボア(毛皮の様な生地)に変更したり、型紙の部分修正をして・・・
待望のジャケットが出来上がりました。

*素材・・・・・ウール混・起毛パイルニット
*品質・・・・・ウール/59% ポリエステル/26% ナイロン/15%
*風合い・・・羽織っただけで暖かさを感じる毛布の様なモコモコでシープに似た表面をしています。
*生地効果・表面を起毛している為、生地内に体温で温められた空気を閉じ込め易く暖かいのです。
*デザイン・・Mサイズで約450グラムと軽量でシャープなシルエットで配色ファスナーアクセントです。
このジャケットの詳しい情報は下記URLをクリックして下さい。
http://www1.enekoshop.jp/shop/blood-shift/item_detail?item_id=2461387


grip

もう一つのオススメアイテム

【BLP152】・『2WAYストレッチジャージーパンツ』

このパンツは、5年前にジャージー素材(ニット)を見付けて気に入り・・・
どんな仕立てにしたらゴルフ用に適しているか??
思考錯誤して型紙に工夫を凝らしパンツに仕立てたアイテムです。
ジャージー素材(ニット)を使用しているので縦・横・斜め、全方向に伸びてノンストレスでスイングが出来るパンツです。
今回は、秋冬用に肉厚のジャージー素材を選びました。

*素材・・・・・2WAYジャージー(ハイゲージニット)
*品質・・・・・ナイロン/89〜94% ポリウレタン/6〜11% 
*風合い・・・柔らかくて肌に馴染み易く、キメ細やかな表面をしています。
*デザイン・・右前太もも脇にティー・マーカー・携帯電話が入れられるポケット付きのストレートパンツです。

このパンツの詳しい情報は下記URLをクリックして下さい。
http://www1.enekoshop.jp/shop/blood-shift/item_detail?category_id=39767&item_id=2461392


grip

兎に角、スーパーストレッチ・・・こんなに伸びます。


grip

★ジャケットとパンツをご購入の場合は、ONELINE STOREウェブより申し込み下さい。
  申し込みメールのコメント欄に『ゴルフライブメルマガより』と明記して下さい。
  僕からのプレゼントを進呈いたします。

<本日のオススメ>
もしあなたが、ドローボールを打ちたいなら…
それも飛距離が30~40yも伸びてしまう
圧倒的なドローボールが打ちたいなら・・・

このプログラムは
あなたのためのものです。

http://g-live.info/click/ob_draw1811/

【ビデオ】ハンドファーストで飛距離アップドリル

2018.11.02
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ハンドファーストで飛距離アップドリル」

というテーマで動画をお届けしたいと思います。

ハンドファーストって聞いたことはあるけど、
実際に意識した練習をしたことがない。という方は
すぐにショットが安定し、飛距離アップが期待できます。^^

ハンドファーストなインパクトになることで
ボールに最大限の力が伝わるようになり、
最大飛距離がアップします。

さらに、、、

手首の角度をキープできるようになることで、
トップやダフリといったミスショットも、
改善されるようになります。^^

動画で紹介しているのは、
たった「2つのポイント」だけです。

それでは、早速ハンドファーストの
練習ドリルをご紹介していきます。

↓ 詳しい説明は動画にて ↓

続きを読む

【ビデオ】トップを減らすいい方法は…

2018.11.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先日生徒さんから、
こんな相談を受けました。

「アドレスが正しく出来ているか
自分で確認出来る方法が知りたい」

実際レッスンで正しい姿勢を覚えても
少し時間が立つとわからなくなってしまう、、、

そう思ったことがある方も、
多いのではないでしょうか?

思い出そうとして、
毎回毎回同じことをするのも
あまり気持ちがいいものではありませんね。

今日はそんな方向けに「アドレスの作り方」を
ご紹介したいと思います。

続きを読む

100切りまではスライスを直すな!?

2018.10.31
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

ゴルファーの天敵はスライス。

じつに80%ものゴルファーの
悩みのタネになっているそうです。

私もレッスンをしていて、
スライスという言葉を聞かない日は
1日たりとも無いでしょう。

ですが、、、

1つの考え方として、100切りするまでは
スライスを直さなくても良いかもしれません。

どうしてそういう考えに至ったのか?

今日はその理由について、
お伝えします。

スライスに悩む100が切れない方、必見です。

そもそもスライスが出て何が困る?

まず、スライスが出ると
困ることを羅列します。

・飛距離をロスする(最大20%くらい)
・右に曲がる
・OBが出る

おおよそ、この3つだと思います。

それで、、、

考えてみたのですがこの3つ、

スライスが出るなら出るで
対策可能ではないかと。

そもそも、スライスは
スイングに何かしらの
問題があるから出てしまいます。

始めからレッスンに
通っていない限り、
そういった問題は間違いなく出るでしょう。

そうすると、根本的な改善というのは
ちょっと難しいです。

ただ、考えてみてほしいのは、、、

スライスが出たら絶対に100切れないですか?

90台で回りながらも、
強烈なスライサーのゴルファーを
私はたくさんしっています。

もちろん、プッシュアウトのような
スライスは即刻改善すべきです。

ただ、ラウンド中に3発OBがでて
悩むようなゴルファーの場合、
パー3を除いても残りの11回は残ってるのですから

挽回は十分可能です。

それを踏まえて、いくつか対策を
お伝えすると、、、

とにかく狙うは左!

ティーショットを
打つ時の心構えとして、
真っ直ぐは一旦諦めましょう。

真っ直ぐ打とうとすると、
右も左も出てしまうので、
ここは一つ、スライスを積極的に打ちましょう。

それを踏まえてコース左側を狙えば、
OBは無くなります。

まず、ティーショットは
生き残ることだけを考えます。

ティーショットはひとまず、
200y飛べば100切りには十分です。

その上で、とにかく7番とPW、パター。

これを徹底的に磨く。

そうすることで100切りはかなり
近づいてきます。

最後に

スライスを根本的に改善することと、
100を切ること。

この2つを天秤にかけた時、
まずは100を切ることが先決です。

スライスを直すのは
それからでも時間はあります。

スライスと上手に付き合って、
スコアアップを目指すのも一つの戦略だと思います。


<本日のオススメ>

シングルゴルファーになりたいと
言ったら、ゴルフ仲間は笑った…

しかし、その5ヶ月後、
私のスウィングは…

http://g-live.info/click/edsw_1810/
※この秘密の公開は今日まで

【ビデオ】ドライバーの成功率を上げる3つのポイント

2018.10.30
kondo

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より

おはようございます、近藤です。

「ドライバーのコツを教えて下さい!」

多くの生徒さんにこんな質問を受けます。

・体重の配分はどうすればいいの?
・ボールの位置はどこがいいの?
・グリッププレッシャーはどのくらい?
・足の幅はこれで合ってますか?

・・・などなど。

複雑に考えすぎている方が多いですが、
ドライバーの最重要ポイントは3つです。

この3つのポイントをきちんと抑えれば
ドライバーの成功率は上がっていきます。
続きを読む

[Video] シャンクが出る本当の原因と対策

2018.10.29
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「シャンクが出る本当の原因と対策」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。
 

ここでよくお伝えしている股関節の動き、
斜め上に切り上がり、次に斜め上に切り上がる。

そして、これは上級者の方にしか
意識できないのかもしれませんが、
いきなり引くのではなくて。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】ダウンスイングで危険な手元とヘッドの関係

2018.10.28
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ダウンスイングで危険な手元とヘッドの関係」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ダウンスイング後半でボールヒットに向かうときに、
インパクトの面に対して手元が上でヘッドが下になる
「ヘッドが垂れる」と呼んでいる状態だと危険です。

なぜ危険かと言うと。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む