カテゴリー別アーカイブ: 初心者

上げると上がるは意味が全く違います

2017.05.31
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

5月も今日で終わり、
そろそろ梅雨入りという時期ですが、
ゴルフしてますか?

自然と戦うのがゴルフというスポーツなので、
ちょっとした雨くらいなら平気という方も
多いと思います。

ちょっとした話ですが、雨天時は
グリーンのカップが傾斜の上に
切られることが多いので、下りラインは少なくなります。

また、パットもショートするミスが増えるので、
雨天時は、いつもより入念に練習グリーンで
感覚を掴みましょう。

あと、梅雨明けまではバッグの中に
レインウェアは必ず入れておいてくださいね。

さて、今日は

「ゴルフの上げると上がるは意味が全く違います」

という話。

僕は普段レッスンする時に、
やはり言葉の使い方を
間違えないように、個人的に努力しています。

一文字違うだけでかなり意味が
変わってしまいますからね。

今回の上げると上がるもそうですが、
ここの意識次第でスイングが
大きく変わってしまうので、注意が必要です。

テークバックは上げる?上がる?

もし、家にゴルフ雑誌があるなら、少し
見ていただきたいのですが、テークバックについて、
上がるという表現はほとんど使われていないと思います。

また、ネットを見てても大多数は上げるという表現のようです。

この上げるという言葉。

一般的に、上げるというと、箱を持ち上げたというように、
自分の意志で行ったようにとらえられます。

逆に、上がるというと、凧が上がったというように、
自分の意志と無関係に勝手に
そうなったっていう感じがしますよね。

では、ゴルフに置き換えてみましょう。

あなたはテークバックを意識的に上げていますか?
それともテークバックは勝手に上がるものですか?

・・

・・・

じつは、これには明確な正解はありません、、、が、
イメージとしては勝手に上がるという方が
スイングがしやすくなると思います。

というのも、アドレスからの始動時は少なからず
意識的に上げようという動きは発生します。

しかし、それをトップに至るまでやってしまうと、
今度はダウンスイングでクラブをボールの地点まで
持ってくることが非常に難しくなります。

人間の手、ひいては腕というのは
体のパーツの中でも非常に器用に動く部分なんですね。

なので、手で上げたクラブを、同じ軌道で
手で下げるには、1mmのズレがモノを言う
ゴルフにおいて、誤差が大きすぎます。

なので、始動は上げるイメージがあったとしても、
それ以降は体を捻ったら勝手に上がるような
動きにシフト出来るのが理想です。

ゴルフに受け身になりましょう

決してやる気を出すなということではないですよ!

クラブは上げるよりも上がる。
下ろすよりも下りる。

といったように、少し受け身で
考えていた方が体の動きを脳が
邪魔をせずにすみます。

やったことのある方も
多いと思いますが、一度初心に帰っていただいて、
手を使わずに体を使って、クラブを振ってみてください。

思いの外、動きますよね。

その延長線上で、クラブをトップに
持っていったり、ダウンスイングしたりすると、
なんとなくイメージが掴めてくると思います。

ゴルフでは、上げるという言葉の方が
多く見受けられますが、それに惑わされずに
体の動きに付いてきて勝手に上がってくる、、、

こういった感じが、あなたのゴルフを
楽にしてくれるかもしれません。


<本日のオススメ>
【今日で受付終了】
ゴルフをしているけど、なぜ、思い描いていた
スイングやスコアがまだ手に入らないのか、、
その本当の原因を知っていますか?

大森コーチがあなたを導く
「3ステップ スイング・マスター・プログラム」

http://g-live.info/click/o3s20170525/

先輩ゴルファーになるあなたへ。

2017.05.16
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先日、妻とラウンドにいってきました。

随縁カントリー竹岡コースという場所でしたが、
周りは山と海の大自然が眺望でき、とても気持ちよかったです!^^

ゴルフ日和なとてもいい天気で、
ゴルフをできることに感謝した一日でした!

そこでふと、「昔も一緒に行ったなぁ」と、
昔のことを思い出しました。

コーチを初めて間もない、
若かりし私の恥ずかしい話です。笑

それは、、、

続きを読む

コースデビューに必要なたった一つのモノ

2017.01.21
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「コースデビューに必要なたった一つのモノ」

についてお話しようと思います。

いわゆる初めてコースに出る人に向けた話なのですが、
これから部下や娘さん息子さん(お孫さんもかな?)に
ゴルフをやらせたい方にも知っておいてほしい内容です。

よく、コースデビュー前の人に
「やっぱり打ちっぱなしとかには行っておいたほうがいいですか?」
みたいなことを聞かれたことがあるかもしれません。

もちろん打ちっぱなしで多少ボールを打っておく経験は
コースに行く前にしておいてほしいんですが、大切なのはむしろ、
これから話すようなことなんじゃないかなと思っています。

どういうことかというと。。。
続きを読む

初ラウンド、コレだけ集中すればいい

2017.01.17
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

実は昨年の12月29日、、、

あの方たちとの年末ラウンドがあったのです。

本日はそのラウンドの時の
とても嬉しかったお話をしようと思います。

気になる「あの方たち」とは
あなたもよく知っている

あの方たちでした、、、

続きを読む

生涯ゴルフを続けるために今するべきこと

2017.01.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

年明けにラウンドした時に
知り合いの支配人からある話を聞きました。

ラウンド中に体調が悪くなったお客様がいて
救急車を呼んで大変だったという話でした。

幸い命に別状はなかったそうですが一歩間違えれば
一大事になっていたかもしれないという状況だったそうです。

服部「大変でしたね。でもご無事でなによりです。」

支配人「でも実はゴルフ場はこのようなこと意外に多いんですよ」

服部「えっ、、、」

ゴルフを初めて約15年がたちますが
恥ずかしながらそのことを私は知りませんでした。

人にとっていちばん大事な身体。

私も一生ゴルフを楽しみたいですし、
あなたに一生ゴルフを楽しんでいただきたい。

ゴルフ場でなぜそんなことが起きるのか
私が聞いた真実をぜひ最後まで読んで下さい。

 
         

こんな事実を知っていますか?

実はゴルフ場では
年間200人もの方が亡くなっているのです。

冬は心不全や心筋梗塞
夏は脱水症状等になる方が多いんです。

ゴルフは常に走り回っているわけでもなく
他にももっと過酷なスポーツはたくさんあります。

実際に運動強度を表すMETs指数は
一般的にこのくらいと言われています。

ランニング       12.0

ボクシング        9.0

サッカー         9.0

ジョギング        6.0

ゴルフ          4.5

ボーリング        3.0

ストレッチ        2.3

ゴルフはスポーツの中では普通ですよね。

ですがスポーツの中で亡くなる方が
一番多いスポーツはゴルフだそうです。

その理由は一体どこにあるのでしょうか?

           

ゴルフだけにしかないもの、、、

実は他のスポーツとゴルフでは
決定的に違うことが一つだけあるんです。

他のスポーツは運動中に心拍数が早くなっても
その値がプレイ中にそれほど変化することはありません。

それに対しゴルフはショットを打つごとに心拍数や血圧は上昇し
打ち終わったら下がる、これを繰り返してしまう競技なんです。

わかりやすく言えば他のスポーツは
一定の速度で走り続けるマラソンのようなもの。

全力ダッシュして止まるを
永遠繰り返すのがゴルフなんです。

その繰り返しによって心臓にかかる負担は計り知れません。

その上、朝一で身体がまだ温まっていない状態で
ティーショット、第二打席、第三打席で瞬発力を使う。

息がはずんだ状態でグリーンに上がったのに
息を止めて緊張しながらぱパットを打つことなる。

それによって心臓や脳は酸欠状態になり
血圧や心拍数はさらに上昇してしまうんです。

ですので朝一番、第一ホールのパットには注意が必要です。

            

楽しいゴルフを生涯続けるために

一番多い心筋梗塞の原因は
起床後2~3時間の間に起こるそうです。

早朝スタートの場合ちょうど
ラウンドし始める時間と重なりますよね。

ゴルフ中に汗をかくと脱水症状になりやすく
血液が粘り気を増し血管が詰まりやすくなります。

さらに昼食時に飲むビールは脱水症状の原因になりますし
ラウンド中に吸うタバコは血管が詰まる原因になります。

これ防ぐために
心がけることを5つ紹介していきます。

・水分は多めにとる
・プレー中は禁煙する
・パットは気楽に打つ
・前日の睡眠はしっかり取る
・前夜やラウンド中の飲酒は控える

このことさえ守れば
あなたの身体に負担をかけることなく
安全にゴルフをすることができます。

身体はすべての資本です。
身体が整っていなければ
ゴルフを楽しむこもできません。

若いから自分には関係ない
という方もいるかと思いますが

体内で起きていることは
実際に目で見ることはできません。

いつ何が起きるかわからない。

そう考え万全の準備をしておくことが
ゴルフを楽しむのにベストな選択だと思いますし
スコアや飛距離を伸ばすのには絶対に必要です。

私も今一度心を引き締め
ゴルフに取り組みますので
あなたもぜひ心がけてみて下さい。

自分自身のメンテナンスを怠らずに
一緒に生涯ゴルフを楽しみましょう。

100歳になっても元気にラウンドする。

それが私の目標であり、私の夢です。


<本日のオススメ>

・パターで揺るぎない自信をつけたい

・次のラウンドで早速6打縮める

・ゴルフ仲間を簡単に負かせて称賛の声を浴びたい

これを実現させる秘密のパター。

毎回大きな反響をいただき
問い合わせが殺到する秘密兵器。
「ベストタッチパター」が遂に入荷しました。

今なら小原プロの特典動画がついてきます。
「8分でできる。パーフェクトフィッティング」

50本のみの限定入荷となりますが

この2つの強力な武器を手に入れることで
あなたのパッティングが飛躍的に向上することを約束します。

http://g-live.info/click/bestt170112/

_

ゴルフと向き合うきっかけ

2017.01.08
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

あけましておめでとうございます。
服部コースケです。

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

「ミスショットをした後、走って行って
2打目がすぐ自分の番なのが大変でした」

人生初ラウンドを終えた後輩が
ラウンド後の感想を聞かれて言った言葉です。

ドライバーが当たらなかった、、、
アプローチができなかった、、
パターが難しかった、、、

でもなくその言葉でした。

先日、2017年の初打ちに行き
後輩の1人が今回、人生初ラウンドでした。

やはり初ラウンドは苦戦していましたね。

思うように打てずに
連続でショットすることばかり、、、

そんな状況で後続組が見えてくるとやっぱり焦りますよね。

焦ると余計に思うように打てなくなる。
そんな悪循環に完全にハマっていました。

カートに乗る暇もなく
コースを走り回って相当疲れたみたいです。

         

スポーツの中でゴルフだけが、、、

あらゆるスポーツにおいて攻撃と防御は必ず一対です。
ボクシングでは防御がなければ相手のパンチは当たり放題
野球やサッカーでは点が取られ放題です。

ですがゴルフだけは防御を必要としません。
ゴルフ場のコースは常に静止しているだけです。

他のスポーツのようにプレイヤーに対し
何か攻撃を仕掛けてくることはありません。

コースにある罠はプレイヤーを襲ってくることはないのです。
どう攻めるか、ゴルフはそれだけが求められるスポーツなのです。

ゴルフで戦うべき相手は自分自身なのです。

          

焦りとの戦い

ゴルフのコースには
たくさんの罠が仕掛けられています。

OB、ラフ、バンカー、傾斜、池など
数え上げたらきりがありません。

その罠はプレイヤーを焦らせるためにあるのです。
ゴルフでも日常生活でも焦ることは多々ありますよね。

普段の自分のリズムが何らかの原因で乱れ
正常なペースが保てない状態になることです。

ミスショットやちょっとした心の動揺で起こってしまいます。

ダフリやトップが一度出ると
連続してしまうのもこのため、
イップスもこれが原因なんです。

逆にこれさえ克服してしまえば
ゴルフはかなり優位に進みます。

自分のリズムを保つことさえ出来れば
ゴルフは必ずうまくいくのです。

ゴルフはトラブルやミスとの戦いなのです。

          

最後は自分との戦い

予期せぬ事が起きて動揺してしまうことは
ゴルフをしていれば誰にでも起こります。

そこで大事なのは起きた時に平常心を保つこと。

起きたからネガティブになり落ち込むのではなく、
起きたことをポジティブ捉え切り替えることです。

・コンペで同じ組で回る人がうまそうで緊張する

・相手だって緊張してるはず、今できることは自分のスイングをすることだけ

・突然自分のショットが不安になった

・いつものこと。素振りでもしていつものスイングをしよう

・パットが入りそうにない

・入る入らないは結果論。ラインだけ決めて自分のストロークをしよう

ネガティブな思考が出てくる状態は
自信を失いつつある状態で、不安が襲ってこようとしている前兆です。

ネガティブな心理が働き出した時
逆にポジティブな発想に置き換えてしまいましょう。

こうするだけで気持ちが楽になり
自分のリズムの維持がしやすくなります。

運任せというわけではないですが、
私は昔から大きな大会で敗れたときも

「私が相手より劣っていたわけでも、ミスしたわけでもない。
ただ相手が素晴らしいプレイをしただけ」

そう考えていました。

そして

「次は私が素晴らしいプレイをする番だ」
この考えを持ち続けていました。

おかげで今自分がやるべきことを
常に明確にできていたような気がします。

後輩が感じたことは間違っていません。

それがゴルフです。


<本日のオススメ>

・自分のスイングに自信がない
・ゴルフの練習時間があまりない
・ダウンブローの練習方法が分からない
・ターフの取れるアンアンショットが打ちたい
・アイアンをダウンブローで打てるようになりたい

あなたがこのどれかで悩んでいるのなら
このクラブはあなたのゴルフを激変させます。

だれでもたった7球打つだけで
夢のダウンブローが打てるようになる方法とは…

http://g-live.info/click/kts170106/

【年末特別編】始まりは全て6番アイアン

2016.12.24
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「始まりは全て6番アイアンからだった」

についてお話しようと思います。

メリー・クリスマス! ですがなんと
今日が年内最後のメールマガジンだそうです!(驚)

でもまあ、そんな話はさておき、6番アイアン。
あなたのゴルフバッグの中には入っていますか?

思えば、モンゴはゴルフの大事なことは
全て6番アイアンから教わったような気もするんです。

そして、モンゴが6番アイアンを手に取ると、
必ず父との「初めてのゴルフ」を思い出すんです。。。
続きを読む