【年末特別編】始まりは全て6番アイアン

2016.12.24
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「始まりは全て6番アイアンからだった」

についてお話しようと思います。

メリー・クリスマス! ですがなんと
今日が年内最後のメールマガジンだそうです!(驚)

でもまあ、そんな話はさておき、6番アイアン。
あなたのゴルフバッグの中には入っていますか?

思えば、モンゴはゴルフの大事なことは
全て6番アイアンから教わったような気もするんです。

そして、モンゴが6番アイアンを手に取ると、
必ず父との「初めてのゴルフ」を思い出すんです。。。

あれは中学生の頃…

日曜日になると、テレビは父親の独擅場でした。

まあ、簡単に言うと、
ずーっと、ゴルフのツアーを見ていたんですね。

中学生のモンゴはそれを見て、
ついこんなことを言ってしまったんです。
 

モンゴ「親父! 普段テレビなんてたまにしか見ないくせに
    日曜日にはつまんねーの見てさあ。。。」

父親 「何だと! つまんないとは何だ!」

モンゴ「だって、つまんねーし。。。」

父親 「なにぃー、頭きた!
    おい、じゃあこれから練習場行くぞ!!!」

 

そう言って、モンゴの耳を引っ張って
ゴルフ練習場に連れて行かれたんです。

でも、モンゴも最初は抵抗しました。
 

モンゴ「おい、ふざけんな!
    そんなジジイがやるスポーツ、誰がやるか!」

父親 「ごちゃごちゃ言わずに、やってから文句言え」

モンゴ「よし、上等だ!」
 

そんな売り言葉に買い言葉に乗って、
最終的には打ちっぱなしに連れて行かれたんです。
 

(父は7番アイアンを手にとって)
 

父親 「いいか、よーく見とけよ」
 

(「バシーン」とボールを打つ)
 

モンゴ「ふーん」

父親 「お前は6番で打ってみろ。オレはこの7番で練習するから。
    散々文句言ってたんだから、同じように打ってみろ」

モンゴ「こんなのジジイのスポーツなんだから、余裕だよ」
 

(父と同じように、マットの上にボールを置く)
 

父親 「ティーアップしたほうがいいんじゃないの?
    初心者のボクちゃんは。。。」

モンゴ「はあ? アホか。オレをナメんな、見とけ」
 

(父と同じように、マットの上にボールを置く。。。)

バーン!!!

そう父親に言い捨てて、最初の第一球。
その6番アイアンを思いっきりマン振りしたら。。。
 

 「バーン!!!」
 

なんとボールではなく、下のマットを2mぐらい、
前にぶっ飛ばしちゃったんです!(泣)

当時の練習場の機材って、あまり整備されていなくて、
土の上にマットが引いてあるだけだったんですね。

で、マットの上のボールを打つつもりが、
マットを叩いて、飛んでいってしまったわけです。

もちろん、ボールではなくマットを打ったので、
手が折れるかと思うぐらいの痛みが。。。

それを見て、父親は大笑い。
ゲラゲラ涙を流しながら、笑っていました。

もう恥ずかしいやら、痛いやら、悔しいやら。。。

悔しくて、そのままボールを打ち続けました。

その時にも父親はさんざん
「ティーアップしとけ」とか言われた気がしたんですが、
負けたのが悔しくて耳に入ってこなかったんです。

もう泣きながら、200球ぐらい。
豆が潰れて血が出るまで。。。
 

 「負けたくない!」
 

きっと、そんな気持ちだったんだと思います。
それを見て父親は
 

 「もうええやろ。そのへんにしとけ。また来よう」

父は意外と飛ばし屋だった

ちなみに、今にして思えばなんですが、
父親は、まあまあ上手かったんだと思います。

最初に父親が打った7番アイアンは、
160ヤードぐらいは、軽々飛ばしていましたし。

実は今でも父親、7番アイアンで
同じぐらいの距離を飛ばしているんです。

(もちろんクラブの変化、道具によって
 カバーされている部分はかなりありますが)
 

で、父親との約束で次に練習場に行った時、
悔しいけど素直にこう願い出ました。
 

 「どうやってやるんだよ。ちゃんと教えろよ」
 

そう言うと父は、こう言いました。
 

 「短いティーでティーアップしてボールを打て。
  そうしたらそのうち、ボールが当たるようになるから」

 「本当は7番でやらせたいけど、
  ワシが使うから、おまえは6番でやっとけ」

 

父親に言われたとおりに、ティーアップをして
ボールを打つ練習をやってみました。

すると、それまでのマットを飛ばしたり、
空振りに近いようなトップボールが激減したんです!(驚)

「これはすげえ!」と。(∩´∀`)∩ワーイ

なんとビジネスゾーンまで…

ただ、あなたもご存知の通り、
6番アイアンというのは決して簡単なクラブではありません。

ただ、今こうしてコーチの立場で考えると、
ティーアップして芯に当たる感覚を養うというのは、
練習としてはとても有効な方法だと思います。

まだ始めたばかりのゴルファーには
身体にいい感覚を味あわせてあげることが必要です。

難しいと思われかねないクラブで、芯に当たる感触を
味わうようにと、父が仕向けてくれたんでしょう。

ですがこの練習、実はこれだけではなかったんです。
父はその後、こう言ったんです。
 

 「ティーアップして6番で
  そのまま30ヤードキャリーで打て」

 

なんとこれは、
ビジネスゾーン練習! ∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

父はビジネスゾーンを昔から、知っていたんです!!!
 

そして、まだ始めたばかりのモンゴに
30ヤードの看板を指差して
 

 「とりあえずそこ(看板)にあててみろ」

 「じゃあ、勝負するか」

 「どっちが先に当てられるか、勝負だ」
 

もちろんそんな高等技術はモンゴにはないんですけど
 

 「先にあてたほうが、ジュースな」
 

と言われて、勝負をさせられていました。
 

今にして思えば、あの中学の頃に打っていた6番アイアンが、
モンゴのゴルフの原点だったと思います。

それが今では、ゴルフを仕事にしている。
 

いやー、人生ってホント、わからないもんですねえ。。。

(↑水野晴郎さん風 笑)
 

今日は2016年の年末最後なので、
ちょっといつもとは違う感じでお送りしました!
 

今年も一年、本当にあなたにはお世話になりました。

モンゴも今年は春に千葉から神田に異動になり、
そして先月からは有楽町にいます。

昨年の暮れには、こうなるなんて
予想していなかったんです。が。。。

これからやってくる2017年も
先が予想できない毎日を楽しみながら、
日々、あなたのゴルフのお手伝いが出来たらと思っています!

それでは、よいお年をお迎え下さい!(^_^)/~
 


<本日のオススメ>

2016年プロにこぞって愛用され
シーズン総額2億1千万円もの
大金を稼ぎ出したアイアンを紹介します。

なぜ、このアイアンは
北田瑠衣プロ、岩田寛プロなど
トップツアープロに愛用されているのでしょうか?

その秘密はコチラ

http://g-live.info/click/ogi161220/

※このアイアン、本数限定です。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>