カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

ロングホール…ツーオンを狙う?狙わない?

2024.04.23
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ロングホール…ツーオンを狙う?狙わない?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

想像して下さい。
あなたは今、パー5のロングホールにやってきました。

当然、ツーオンを狙いたいかもしれませんが
こんな時は、狙ってはいけません。それは…?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

捻転で飛ばす!最大限のパワーを生む捻転ストレッチ

2024.04.22
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

 
春のゴルフシーズンが到来しましたが、
いかがお過ごしですか?

 
土曜日、日曜日はゴルフの予定で
埋まっている方も多いと思います。

 
来週にはゴールデンウィークもやってくるので、
梅雨前に思う存分ゴルフを楽しめるチャンスですね。

 
そこでこの時期にラウンドで
好スコアを狙っていくために、

 
日々やっていただきたい
室内で行っていただけるストレッチをご紹介します。

 
テレビを見ながらでもできるので、
ぜひトライしてみてくださいね。

最大限のパワーを利用する

今日ご紹介するのは
自宅でながら時間で取り入れていただきたい
捻転をスムーズに行うためのストレッチです。

 
そこで、まずスイングにおいて、
捻転がどれほど重要なのか?

 
というところなんですが。

 
簡潔に言うとすれば、
捻転は飛距離をアップする上では
必要不可欠な要素になります。

 
スイングの際に、
下半身と上半身の捻転差を利用することで、

 
バネのように体が元に戻ろうとするパワーで
最大限のパワーを生み出し、

 
結果的に飛距離アップへと
繋がっていくということです。

 
背骨を中心に捻転を行う意識を持っていただくと、
スエーや伸び上がりを抑えることができます。

 
バックスイングでしっかりと回すことが出来ると、
自然とスイングも安定してきますし、

 
体幹やパワーはあるのにボールが遠くに飛ばない時は、
捻転を意識することで改善できます。

 
安定的に飛距離を出すことで、
2打目、3打目、それ以降のホールも、

 
プレッシャーなく進めていくことができるので、
スコアアップが期待できます。

ストレッチで捻転不足を

体が硬くて十分に捻転が行えないと、

 
トップでパワーが溜まらなかったり、
ヘッドが外側から降りてきやすくなるので、

 
インパクトが不安定になり球が曲がってしまったり、
ミスショットを引き起こしてしまいます。

 
捻転不足から引き起こされる
ミスショットを解消するためには、

 
日常的に体のストレッチをして
柔軟性をアップさせることが大切です。

 
そこでおすすめなストレッチをご紹介します。

 
①まず、体の右側を壁側にして
 壁から30センチほど離れて立ちます。

②体の右側と壁が並行な状態で、
 右足を前に出します。

③頭を軸にして右側回転で体を回転させます。

④このとき手で壁をつたいながら、
 ゆっくり捻転させます。

 
注意点としては無理に体をひねらずに、
あくまでもストレッチとして
軽めの負荷をかける程度でOKです。

 
これを毎日30秒程度かけて、
両側4セットずつ行ってみてください。

最後に・・・

毎日継続的に行うことで柔軟性を増していきますので、
段々とスイング中の回転が、スムーズに行うことができます。

 
1ヶ月も続けていただければ、
体が硬くて回転できないという方も

 
体に変化が現れ、
いいスイングできるようになっていきます。

 
スイングを磨き上げるために、
フィジカル面から上達へとアプローチしていくことも
とても重要になります。

 
捻転をうまく行うことで、
スイングで無駄なくパワーを伝えることができますので、

 
飛距離が出ないことでお悩みの方は、
上半身と下半身の捻転を意識することで、
改善につなげていただくことができます。

 
ただ無理し過ぎると怪我をしてしまいますので、
ご自身の塩梅で無理ない範囲から
ストレッチを初めていただければと思います。

  
ぜひこのストレッチを続けていただき、
安定したスイングを手に入れてくださいね。


<本日のおすすめ>

有名な言葉で「パット・イズ・マネー」
という言葉があるように、

パターの腕前はそのままスコアに直結します。
  
今まで通り練習場の練習だけを続け、

あなたのパッティングの真価を
発揮できないままラウンドで悔しい思いを続けるか…

楽しみながらスコアを最短で改善できる
ショートカットを手に入れるか…

あなたの前にあるのは、
その大きな分かれ道です。

自宅練習だけで
パット数がたった1か月で6打減った
次世代のパターマット

詳細はコチラ…

https://g-live.info/click/inb2404/

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

悲劇をチャンスに!

2024.04.20
hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご愛読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

暖かくなりゴルフシーズン本番という感じですが、
最近の状況はいかがでしょうか?

人生でも、ターニングポイントという言葉がありますが、
ゴルフにもターニングポイントがあります。

簡単に言えば『転機』です。

ゴルフをしていても振り返ってみれば

「あ~あの時のゴルフから
 スコアが変わったな」

と思えるようなラウンドが
何度かあったと思います。

しかし、その真逆で
ショッキングな記憶として残る
ラウンドもあったと思います。

例えば、最近私のメルマガを
読んでくださっている方から
こんな報告をもらいました。

「当たっていたはずのアイアンが当たらなくなり、シャンクが連発」

「リズムが悪くなり、ドライバーも右方向にOB連発。
 パー4、パー5はほぼ前進4打スタート」

「グリーンに載せても3パット、4パット。
 平均スコアよりも30打も多く叩いてしまった」

確かに内容を見るだけでも
ショッキングなラウンドだったことが伝わってきました。

今回、報告をしてくれた方のように
あなたもゴルフが突然難しくなる
何もかもが上手くいかなくなる経験て
したことあると思います。

今日は、そんな方に向けたメッセージを
お伝えしたいと思います。

突然の悲劇は、永遠には続かない

まず、安心してあなたに自分を
取り戻してほしいと思います。

この悲劇的なラウンドやゴルフの結果、
自分に自信が持てずに、ミスショットの連続。

こんな結果は、
永遠に続くことはありません。

どんなに失敗しようと思っても
ミスショットを続けようと思っても
永遠に続くわけがありません。

だからこそ、ゴルフを辞めさえしなければ
そんなつらい時期をいつか乗り越えることができます。

つらい時期を乗り越えているからこそ、
ゴルフの上達や
ベストスコアの更新というのは

あなたの人生に自信をもたらし
生きる喜びや、ゴルフの楽しさを
辛さを通して、教えてくれると思います。

スコアの筋肉痛

もう一つ、あなたのゴルフが一変しようとしている
チャンスということです。

例えば、ベストスコアを一度更新すると
立て続けにいいスコアが出たり
平均スコア自体が10打くらいよくなる
”スコアの超進化”が訪れることがあります。

それは、いい結果がそのままスコアに
現れるようになった形です。

その真逆として
あなた自身の成長の結果、
スコアが一変して、逆に悪くなることがあります。

これも、上達する途中で起こることがあります。

私は、これをポジティブに考えるために
一時的なスコアの筋肉痛と呼んだりします。

ある程度順調に上達していったときは
上手く噛み合ってスコアもよくなっていくのですが、

その分、変化が出てきます。

その一時的な調整として
スコアが悪くなることがあるのです。

練習のしすぎのオーバーワークや怪我の結果
こういったラウンドをしてしまうときもあります。

ただし、この悪い時期というのも
長くは続きません。

また、ベースとなるスコアに戻ります。

そして、そこを乗り越えられれば
また一歩レベルアップしたスイングや、
ゴルフになっていきます。

ピンチはチャンス

上手く行かないときが来たら
これこそ、ピンチはチャンスと捉えて
あなたの上達に結びつけることができます。

なんとなく平均スコアで回れて
いつもどおりだったな、というラウンドには
上達のヒントは隠されていません。

いつもどおりのゴルフもつまらないものです。

うまくいかなかったトンネルをくぐり抜けたときほど
本当のゴルフ上達と喜びの果実を手にすることが出来ます。

あとは、あなたのスイングと身体の声を聞いてあげてください。


<本日のオススメ>
地味でつまらなかったパター練習が
これを使い始めただけで
楽しくてやめられなくなる…

しかも、
みるみるうちにパット数は減り
3パットが綺麗さっぱりなくなった…

そんな都合のいい話があるわけない!

そう思いますか?

でもこのページを見たら
あなたのその思い込みは
変わると思いますよ。

小原プロも大絶賛
新時代のパター上達器具

詳しくはこちら

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]テンプラを解消し理想のスイング軌道を!

2024.04.19
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

まだ4月なのに連日真夏のような
暑さですね。

「春はどこへ行ったのやら…。」

そんな風に思うこの頃です(笑)

さて、GWももうすぐということで、
ゴルフ計画を立てている方も
たくさんいらっしゃると思います。

まずは一打目となるティーショットで、
飛距離を損なわずにいいスタートを
切っていただくために、

今日はテンプラボールに着目し、

飛距離が全く伸びなくなってしまうような場合の
回避術についてお話していきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔の恥ずかしかった話

2024.04.17
kondo2

From:近藤雅彦
神田のカフェより、

おはようございます。
近藤です。

 
本日は私の昔の恥を赤裸々にお話し、
「練習の優先度」について
考えて頂ければと思います。

 
これは、まだ私がプロを志す前の話。

 
そのころ、私はパット数を減らそうと
パター練習を集中的に行っていました。

といっても、自宅のパターマットで
ひたすら地道にパットをしていただけですが。

 
それでも、打数を積み重ねたら
自信もつくもので、
ある日のラウンドで一緒に回る仲間に

「今日のパターはいつもと違うよ」
開始前に鼻高々に宣言していました。

 
しかし、いざフタを開けてみると。。。

 
いつもと全く変わってなかったんです。。。

 
もちろんそのコースのグリーンが難しかったりという
理由もあったとは思うのですが…

 
もう恥ずかしくて、前半ハーフ終わった時点で
もう帰りたかったのを覚えています。

 
「あんなに練習したのに、なぜ・・・」

そんな考えが頭の中でモヤモヤしていました。 

そして同時に、

「練習内容に問題があったんじゃ・・・」

と考えて、内容を振り替えってみたら…

はたして今の練習は上達に繋がっているか?

はたしてあのパター練習は
1球1球、上達につながっていたか?

 
ただボールを打つことだけが目的になって
惰性で続けていたんじゃないか?

 
同じ距離、同じ角度から打って
ただ同じ作業を機械的に繰り返していただけじゃないか?

 
そう考えたら、練習の数や量よりも
内容とやり方に強くこだわるようになり、

練習内容を工夫したり、
とにかく自分がどういう結果を得る練習をするかを
強く意識し、見直すようになりました。

(今思えば、レッスンプロとしての
原点だったのかもしれませんね。)

 
パターのフェースの芯(スイートスポット)の横に
割り箸を貼って、芯に確実に当てる練習をしたり、

ロングパットで打った瞬間に
ボールを見ないでショート、オーバーを頭に判断し
その結果の精度を上げてタッチの精度を磨いたり…

 
練習内容を変えてからは
確実にパターも上達を実感できましたし、
ゴルフ仲間にも無事に汚名返上できました。

ラウンドは欠点を探す最高の狙い目

私の場合、空回りして非常に恥ずかしい
思い出になってしまったわけですが、、、(笑)

しかしラウンドで起きたミスというのは
練習の優先度を決める最高の指標になります。

 
なぜなら、ラウンド中起きたミスというのは
何もしなければ十中八九、
同じようなミスがいつか必ず起きます。 

 
しかし残念なことに、
ほとんどのゴルファーは

「前回のラウンドで、どんな課題が見つかりましたか?」

と聞くと、スコアや数値上のことは覚えていても、
自分がどんなミスをしていたか、
それを覚えている方はごくわずか
です。

 
これからゴルフシーズン本番、
ますますラウンドの機会も増えていくと思います。

 
ラウンドで起きたミスや悪い傾向は、
あなたの上達のために絶対に見逃してはいけないサインです。

 
ぜひ、スコアカードに書き込んだりメモを残すなどして、
全ラウンドを上達の足がかりにできるよう
意識してみてください!

近藤

  

<本日のオススメ>

あの時の自分にも、
こんな便利な練習アイテムがあれば良かった、、、

 
自宅にいながら
10m以上のロングパット、傾斜、高低差、
速さの異なるグリーンへの対応など

あらゆる練習を積むことができる
次世代パターマット

「InBirdie(インバーディ)」の
リニューアル版が急遽、再入荷しました!

 
アプリと連動することで
楽しさ、練習効率、そして何より実践性が
大きく向上しているので、

今すぐにスコアを減らしたいという方は
ぜひ、ご一読ください!

インバーディの詳細はこちら

https://g-live.info/click/inb2404/

※37台限定、ご確認はお早めに。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、素振りは絶対失敗しちゃダメなのか?

2024.04.16
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「なぜ、素振りは絶対失敗しちゃダメなのか?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

たとえば、こんなシチュエーションを考えてみて下さい。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パッティングを安定させる3つの角度

2024.04.15
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

 
どんなにドライバーショットで飛距離を稼いでも、
たとえカップまで1センチの距離のパッティングでも、

 
同じ1打です。

 
「パットイズマネー、ドライブイズショー」といわれるほど、

 
パターを極めるということ、
つまりグリーン攻略はスコアアップには欠かせません。

 
しかし、そんなプレッシャーのせいか、
カップを目前にショートパットが左右に外れてしまって
スコアアップに繋がらない。

 
これが入っていれば
ベストスコアも狙えたのに…

 
そんな経験はありませんか?

カップ目前で…

ショートパットが左へ外れてしまうことによって
スコアアップに繋がらない。

 
そんなケースの場合、
打ったと同時に顔が上がってしまって
左へ引っかけてしまっていることが考えられます。

 
では、なぜ、顔が上がると引っかけてしまうか?

 
その原因が、前傾姿勢の起き上がりです。

 
ドライバーショットやアイアンショットだけではなく、
パッティングにおいても前傾姿勢は重要です。

 
ですが、カップインが気になるあまり、
インパクトの段階から早く体を起こしてしまって、

 
最後まで前傾姿勢が保てずに前傾から起き上がった瞬間に
左へ振り込んでしまっている方をよくお見掛けします。

 
ですが、できる限りカップに届くまでは、
前傾を維持したままボールを見守ることを意識してみましょう。

パッティングの精度を高める前傾姿勢

 

前傾姿勢をキープするための
重要なポイント3つがあります。

 
それが膝の角度、腰の角度、背骨の角度です。

 
この3つの角度をおさえる事によって
前傾姿勢と言うのは、しっかりと維持されます。

 
この3つの角度を、キープしながらストロークすることによって
正しいストロークが身に付きます。

 
この三つの角度をキープしながら
前傾姿勢で振れているかどうか確認しましょう。

前傾維持のセルフチェック

とはいえ、癖づいた前傾姿勢の起き上がりを
解消するのは難しいですよね。

 
そこで自分1人でもできるチェック方法として、
首の上に何か物を置いてストローク練習をしてみてください。

 
たとえばパターのヘッドカバーや
丸めたタオルなどでで構いません。

 
何でも軽くて首に乗る物だったらOKです。

 
ボールをセットしてパターのヘッドカバーを首の上に乗せて、
これを落とさないように振ってみましょう。

 
これができれば前傾姿勢の起き上がりによる
左へ引っかけを解消し、

 
真っ直ぐ正しいストロークが出来るので
スコアも縮めることができます。

 
短いショートパットを左へ引っ掛けてしまう場合は、
膝、腰、背骨の3つの角度が崩れていないかを確認していただき、
ぜひスコアアップを目指してくださいね。

 

<本日のおすすめ>

ある日本の老舗工房が開発した
シニア特化アイアンで、

すべてのデメリットを振り払って
楽に飛距離・精度を上げてみませんか?

軟鉄のメリットを引き上げ、
デメリットを無かったことにする。

老舗工房だからこそ可能にした
既存の常識を覆す5つの秘密が詰め込まれた

型破りのシニア特化の
常識を打ち破るアイアンが誕生しました。

60歳以上のゴルファー必見!
常識を覆す鍛造アイアンの詳細はコチラ…

https://g-live.info/click/bcsiron2404/

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】ヒールアップで飛距離アップ

2024.04.13
hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご愛読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

私たちゴルファーにとって、
飛距離アップは永遠の課題ですよね。

私もレッスンをしていて生徒さんから
次のような悩み相談をいただくことが、
多いです。

「若い頃より飛距離が落ちた」

「チップが小さくなった」

「体が回りにくくなった」

飛距離を伸ばすためには、
バックスイングが重要になってきますよね。

上半身をしっかり捻っていきたいけど、
なかなか思うように体が回らない、回りづらいゴルファーも
多いかと思います。

特に男性ゴルファーは体が硬い分、
そう思っている方も多いかと思います。

そんな方のために、今回は体を回しやすくするための
ポイントについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]前傾キープできない人はこれが原因

2024.04.12
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

先日、レッスン会場で
ダフリ・トップ、引っかけに悩む生徒さんが
いらっしゃいました。

その生徒さんはゴルフ歴15年、
ベストスコア90でした。

安定した100切りを目指しているが、
ラウンドではダフリ・トップなどを連発してしまい、
スコアをまとめることができない。

というお悩みでレッスン会場に
いらっしゃいました。

服部塾サムネ

この生徒さんは積極的にレッスンを受けるなど
とても研究熱心で、

上達への意欲は人一倍強く、
「直すべきポイントを常に模索している」と
私に話をしてくれました。

前傾が浅いアドレスに

ゴルフスイングで必要とされている要素の1つに
前傾姿勢があります。

しかし、前傾姿勢は人間にとって不自然な姿勢であり、
知らない間にフォームが崩れてしまいがちです。

スイングの際、前傾角が崩れるとスイング軌道が上下に乱れ、
インパクトの位置がずれてしまいます。

その結果、トップやダフリに
繋がっていってしまいます。

今日はミート率を上げるための、
前傾角度についてお話をしていきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怪我をしないでミート率を上げたいあなたへ

2024.04.11
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「怪我をしないでミート率を上げたいあなたへ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

怪我、したくないですよね。

ショットのミート率、上げたいですよね。

あなたが同時に実現できてしまう
そんな方法があります。それは。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狙い方で結果が変わった体験談

2024.04.10
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿

東京の自宅より、、、

こんにちは。
ガッツパー水柿です!

 
実は少し前に友人と遊んでいた時に、

「あ、これゴルフと考え方一緒だな・・・!」

と感じたことがあるので、
本日はその内容を振り返りながら
ラウンドでの結果を良くするポイントについて
お話させていただこうと思います!

狙った所に全然ボールが行かない!

それは、久々に会う友人と
ボーリングへ行った時のこと。

 
友人はボーリングに慣れているらしく
ストライクやスペアをガンガンとっていましたが、

私の方はというと、
なかなか真ん中にボールが投げられずに
苦戦していました。

 
すると、友人からこんなアドバイスが・・・

「どこを目標に投げてる?」 

「え?真ん中のピンだけど・・・」

「それじゃダメだよ。あのスパットの間めがけて投げてみ!」

 
ボーリング場のスパットとは、
レーンの手前側にある三角形のマークのことです。

 
右腕で投げる場合は真ん中より右くらいを
狙うと良いということで、実践してみると・・・!

 
なんと連続ストライク!

この「近くの目標に正確に投げる」という
考え方の効果を痛感しながら、
そういえばゴルフも同じだな、と考えていました。

ラウンド中もスパットは重要

実は、ラウンド中にも
この手前の目標である「スパット」を狙うのは
非常に重要な要素なんです。

 
ゴルフ場にはマークはされていませんから、
芝の色の違う場所やディボット痕を目安にして
打つことにはなりますが。

 
なにせボーリングより目標への距離も
遥かに遠いですし、

しかもボーリングのように
ターゲットに対して正対したまま投げるのではなく、

ターゲットに対して一度90°違う方を向き
アドレスしてからクラブで打っていくのですから、
アドレスの前に確認した遠い目標とは乖離しやすいです。

 
普段の練習場では
真っすぐなマットや、直線の境界などを見ながら
一定方向へ打つので気にならないかもしれませんが、

ラウンドでは直線のオブジェクトもなく
打つ方向も毎回バラバラ。

これで方向を正確に合わせるなら、
自分で狙いやすい目印を設定するしかありません。

ただし、この時に1つだけ注意点が、、、

方向は確認しても、目線は落とさない

地面などのスパットを確認したら下に目線が向くと思いますが、

そのままショットに入らないでください。

 
目線が下がると自然と重心も傾いて、
肩が下がってダフリやトップの原因となってしまいます。

 
スパットを見るのは構えて方向を揃えるまでにして、
そうしたら一度視線をターゲット方向の水平な高さを見て、
目線をフラットにして構えた状態を作ってください。

 
これは高低差のあるグリーンを狙う時も同様で、
ターゲットが低い・高い位置にあっても、
スイング時にはフラットな重心となるように
一度目線を水平にリフレッシュすることで
安定したショットができます。

 
シンプルで些細なことのようですが、
いくら良いスイングをしても
最初から向いている方向がズレていたら
せっかくのナイスショットも無駄になってしまいます。

 
ラウンドで結果を出すためにも、
ぜひ参考にしてコース攻略に役立ててください!

 
ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

打ち出す方向性を安定させたら、
あとは思うがままに飛ばすだけ…

 
間もなく完売の「鬼飛びドライバ―」
DIRETTOドライバーを手に入れて、
フェアウェイに最高のショットを決めてください!

 
見た目はコンパクトなのに
寛容性は十分で、集約されたパワーが
強力な初速を生み出す。

縦方向のミスやひっかけ、曲がりも予防でき
ドライバーの結果を大きく変えたい方は
必見のドライバーです。

 
ただし、残り本数はわずかなので、今すぐご確認ください

詳細はこちらをクリック!

https://g-live.info/click/diretto2404/



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無理のないショットのための「条件確認」

2024.04.10
kondo2

From:近藤雅彦
神田のカフェより、

おはようございます。
近藤です。

 
早速ですが、
私のとあるティーショット時の
クラブ選定の考え、コースの状況確認をご覧ください。

さて、今回はFwでの距離ごとの
私がコースで選定するときの考えをお話ししましたが、

ここで1つ考えてもらいたいのが、
クラブセッティングクラブを使う場合の条件です。

13本の中で考えるべきセッティング

今回私は選択肢として3番、5番、7番を選択しましたが、
必ずしもこのラインナップを選ぶ必要はありません。

 
むしろ、中には3番と5番の飛距離が変わらない、
もしくは5番の方が飛ぶ、UTの方が成功率が高い、など
ウッドには飛距離の悩みを持っている方が多いです。

 
そうなると全部まとめて入れたいところですが、
クラブの本数はルールでパターを除けば13本(全14本)までと決められています。

必須としてパターと、他にドライバーを入れて
さらにアイアンを5番~9番までの5本、
ウェッジを3~4本入れたとすると、
残りは3,4本です。

 
ここから何を外し、どう選ぶか。

その選定基準は…

8割はいい球が打てること

これを基準にしてください。

どんなに一発で大きな飛距離が出せるクラブでも、
本番での成功率が低いとスコアには悪影響ですから。

 
また、特にウッドに言えることですが、
コースで使わない条件を明確化しておくことも大切です。

 
どうしてもグリーンまでの距離が残っていると
無条件でウッドに手が伸びてしまいがちですが、

もし状況をみてしっかりヒットできる自身がないのであれば、
無理にウッドを使うことでむしろスコアを大崩ししてしまう
引き金になってしまいかねません。

 
特にフェアウェイウッドはシャフトが長い分
傾斜からのショットはボールが曲がりやすいですし、

ラフでかなり沈んだ状態なら、フェアウェイウッドで
ナイスショットを打つのはプロでも難しい
のです。

 
傾斜は勾配によって程度はありますが、
実際に振る強さで素振りしてみて
バランスが崩れたならミスの危険が高い
ので
使用は避けた方が良いでしょう。

 
また、軽度の傾斜であっても
練習場と同じスイングでは
結果が変わってしまいますから、

素振りなどで傾斜の情報をしっかり確かめて
ショットに臨んでください。

 
ついつい忘れがちですが、
ティーショットやプレイング4地点なども
場所によっては傾斜がついています。

ティーショットだからと気にせず振っては
思わぬ方向に飛んで行ってしまうこともあるので、
ウッドを使用する際は周りの状況確認と
使用しない場合の条件を決めて
無理をしない成功率の高い運用を心がけましょう!

 
しっかり使うことでスコアメイクの
大きな助け舟にもなりますので、
ぜひウッドの選定と使い方について、
改めて検討してみてください!

近藤

  

<本日のオススメ>

いよいよ明日から開催されるマスターズ。

ゴルフライブの優勝予想企画には
もう投票されましたか?

 
締切は本日までなので、まだ投票していない方は
急いで投票してくださいね!

 
ちなみに、、、

投票していただいた方には、
ゴルフライブで初の試みとなる
Garmin R10を用いた
シミュレーションゴルフによるバーチャルコンペ

「GLマスターズ2024」への参加も可能になるので
そちらもぜひ、奮ってご参加ください!

マスターズ2024年優勝予想はこちら

https://g-live.info/click/masters2024pred/



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

杖つきドリル、どのクラブでやればいい?

2024.04.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「杖つきドリル、どのクラブでやればいい?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前回あなたにご紹介したドリルについて
どのクラブでやればいいのかという質問を
いただきました。
 

その答えは。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアメイクの要・アプローチで大叩き回避するために…

2024.04.08
obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

 
スコアメイクの要であるアプローチ。

 
アプローチショットの結果が
プレーの結果を左右すると言っても
過言ではありませんよね。

 
アプローチのスキルが向上し、
安定してピンに寄せることができれば、
スコアは劇的に伸ばすことができるはずです。

 
ですが、ゴルファーの多くが
アプローチに苦手意識を持っています。

 
グリーンを目前に、
アプローチショットでダフりやトップが続き、
イップスになってしまう方もいます。

 
そうなるとメンタル面の問題も出てくるのですが、

 
寄せたいという思いと裏腹に
理想のショットができないともどかしいですよね。

 
アプローチショットでミスショットを引き起こす原因は
いくつか考えられるのですが、

 
一番大きな原因となっているのが
重心のコントロールです。

重心コントロール

スイング中に正しい重心の位置を
コントロールすることができなくなってしまうと

 
必要以上に体が動いてしまい 
ダフリトップの引き金となってしまいます。

 
アプローチショットの精度を高めるためには、

 
できる限り重心を固定したまま、
無駄なブレを抑えスイングするというのが
ポイントの1つになります。

 
アプローチショットでは
アドレス時は重心は左右均等に、

 
バックスイングでも
両足均等な重心を保ったまま、

 
インパクトからフォローで
重心がやや左側に移っていく形が正しい重心移動です。

本番で練習の成果を発揮するために…

しかし、練習場では
正しい重心コントロールをできていても、

 
本番では緊張やプレッシャーから
本来のスイングができなくなってしまうことがあります。

 
そこでスコアメイクの要である
アプローチショットの精度を上げるために、

 
重心コントロールを身に着けることのできる
片足打ちドリルを取り入れてみてください。

 
まずやり方としては、
左右どちらの足でも構いませんので
片足でバランスを取りながら、

 
立っている足の真上ボールをセットして
片足の状態のままでボールを打っていただきます。

 
打ち終わった後なるべくフラフラしないように意識しながら、
連続で2、3球行ってみましょう。

アプローチ克服でスコアUP

アプローチに自信がつけば、
ゴルフを楽しみながらよりスコアアップを狙うことができます。

バックスイングでバランスが崩れてしまったり、
インパクトでバランスを崩してしまったり、

 
最初のうちはふらついてしまって
なかなか難しいかもしれませんので、

 
まずは腰から腰の小さなスイングから始めてみましょう。

 
そして少し慣れてきたら、
振り幅を少しずつ大きくして肩から肩、
フルショットまで徐々に広げましょう。

 
重心がブレるとインパクトが安定せずに
トップやダフリを引き起こしてしまいます。

 
この片足打ちドリルは
クラブを持たずにシャドースイングするだけでも、
バランス感覚を養うには十分効果的です。

 
また重心コントロールの習得だけではなく、
体幹トレーニングにもつながりますので、
ぜひ日常的な練習に取り入れてみてくださいね。

 

<本日のおすすめ>

賞金女王・アニカ・ソレンスタムの
飛ばしの秘密をアメリカから持ち帰り考案された

「最短で+40yの飛距離を手に入れる
 12週間飛ばしのスイング形成プログラム

賞金女王に8度も輝いた
飛ばしの女王の秘密を手に入れ、

あなたの飛距離の才能を開花させませんか?

短期間で一気に飛距離のある
力強いドライバーショットを
打てるようになりたいのであれば、

アニカの飛ばしの秘訣を手に入れてください。

https://g-live.info/click/ohori_hs2404/

※公開期限:本日23:59まで

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛距離とスコアは無関係はウソ!

2024.04.06
hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご愛読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

「スコア重視なら飛距離アップより
 パターやアプローチの精度ですか?」

先日、飛距離アップレッスンをさせていただいた
ある生徒さんからの質問です。

彼はゴルフ歴20年のベテランゴルファーで
最近飛距離が落ちてきたことを気にして
私の飛距離アップレッスンを受講してくれました。

しかし、
飛距離アップレッスンを受けていることを
ゴルフ仲間に話したら

「この歳でスコアを縮めるには
 パターとアプローチの練習しかないだろ」

「シニアで200y飛ばないのに
 シングルでまわる人もいっぱいいる」

と言われ、何も言い返せない
なんてことがあったらしいです。

私はそれを聞いて
「そんなことはない!」と
少し食い気味に返してしまいました。

誰であれ、飛距離が伸びれば
必ずスコアも縮まります。

確かにスコアアップ重視なら
ドライバーの練習より、
パターやアプローチの練習のほうが効果的

こんなイメージをお持ちのゴルファーが
とても多いと思います。

今日はそんなイメージを壊すような
お話をしていきますね。

20y伸びれば何打縮まる?

ドライバー平均200yのゴルファーが
20y飛距離を伸ばしたとしたら
スコアは何打縮まると思いますか?

答えは、、、

1ラウンド平均5~6打です。

1ラウンド平均ですよ、
かなり縮まりますよね。

20y伸ばすことは簡単ではありませんが、
飛距離がスコアに関係することは事実です。

ティーショットで、できるだけ遠くに飛ばせれば
セカンドショット、アプローチの選択肢が増え
難易度も下がってくるでしょう。

また意外と忘れられがちなことが、
ドライバーの飛距離アップ練習をすると
ドライバー以外の飛距離も伸びること。

短いクラブの飛距離が伸びれば
精度が良いクラブでボールを遠くまで運べます。

今まで考えることもできなかった
コース戦略が可能になるのです。

これはとても大きいメリットですね。

そんなことから飛距離アップは
スコアにとても有利であると言えます。

スコア重視の練習をしたいと考えるなら
なおさらドライバーの練習も欠かせません。

飛距離を諦めたらそこで終わり

しかし残念なことに、、、

なにも対策をしていないと
年齢とともに飛距離は落ちます。

それを受け入れたり諦めたりするのではなく
これ以上落ちないようにするのが得策です。

今回私のレッスンを受講してくれた生徒さんも
とても賢明な判断をされたと思います。

どんな年齢のゴルファーでも、
遠くに飛ばせればそれだけ有利です。

例えば、定年退職後にシングルを目指すとしても
アプローチやパターの練習だけでなく
ドライバーの練習も必須でしょう。

飛距離が落ちればそれだけ
シングルまでの道も難しくなりますから…

飛距離というのは
諦めてしまったら下がる一方です。

特に練習をせずに
維持できるものではありません。

飛距離がジリジリと落ちてきてしまっては
スコアもだんだん落ちてしまうでしょう。

でもそこで諦めたら終わりです。

どんな状況からも
飛距離を伸ばす方法は必ずあります。

ぜひ諦めることなく、
いつまでも上を目指してくださいね。


<本日のオススメ>
12週間かけてあなたの飛距離が
40y以上アップしてしまう
プログラムが誕生しました。

安定して驚異的な飛距離を出し続けられる
飛距離アップの秘密。

その驚きの方法とは、、、

詳しくはこちら

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加