カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

50代からのゴルフ上達法

2018.05.20
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

最近ゴルフ楽しんでいますか?
暖かくなってきましたし、
むしろ毎日暑いくらいでゴルフ日和ですね。

ところで、あなたは
ゴルフを上手くなるために
飛距離アップをするために

ゴルフスイングの練習ばかりしてしまっていませんか?

・ゴルフクラブを振る、素振りする
・練習場でボールを打つ
・ラウンドする
・パター練習

などなど、、、

これらは全てゴルフの練習の一部です。

しかし、もしあなたが末永くゴルフを続けて
健康的に上達をすることを目指していたり
今よりも飛距離を伸ばしたい
体力をつけたい
安定感のあるスイングを身に着けたい

と言った、根本的なゴルフの上達を目指しているのであれば
それだけでは足らないかもしれません。

続きを読む

真っ直ぐ向いているつもりの罠[#41]

2018.05.19
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちは!!

先週の日本プロ
谷口君の優勝・・・・見事でした!!!

優勝の決め手は・・・やはりパッティング!!!

最終日17番の4mほどのパーキープしたパッティング
最終日18番の5mほどのバーディーを決めたパッティング
プレイオフで優勝を決めたバーディーパット

『Put is MONEY』ですね!!!!!

谷口君とは以前から顔見知程度でしたが・・・
5年前の2月・・・
僕も帯同した太一郎との宮崎フェニックスでの合宿で一緒になり
谷口君のラウンドや練習を見させてもらいました。

谷口君は『絶えず50〜70cmカップオーバーする緩まないパッティングのタッチ』
このタッチに関しては日本一?いや、世界一と言っても過言では無いと僕は思っています。

練習後、何度か一緒に食事して彼の考え方などを太一郎と一緒に聞きました。
負けん気・努力・試行錯誤・・・トッププロの一部を垣間見ました。

改めて『トオルちゃん、おめでとぉ〜〜』

続きを読む

[ビデオ] オーバースイングが気になる方へ

2018.05.19
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「オーバースイングが気になる方へ」
 

について、ビデオでアドバイスをさせていただきます。
 

はい、今日はモンゴから久しぶりに
ビデオでのアドバイスです!(∩´∀`)∩ワーイ

あなたもご存知の通り、オーバースイングですと
上手くボールに当てられないことが多いです。

でも、このやり方を覚えておけば
もっとボールにちゃんと当たるようになって、
楽しいゴルフが出来ますよ~(о´∀`о)

じゃあ、その方法とは?

(続きはビデオにて!)
続きを読む

90切りを達成する方法

2018.05.18
mizugaki

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「90切りを達成する方法」

というテーマでお話をしたいと思います。

スコアが徐々に安定してきて
100が切れるようになってきたものの、
90切りという目標が達成できないという方に。

これから紹介するポイントを参考に
ぜひ実践してみましょう。^^

イメージトレーニング

ゴルフは考えるスポーツ。
ゴルフに限らず、どんなスポーツであっても
イメージトレーニングは大切です。

特に、明日が本番というのであれば、
睡眠前に必ずイメージトレーニングを行いましょう。

具体的には、自分の知っているコースを想定し、
1ホール目からコースの景観を思い出して
一打ずつ頭の中で丁寧に打ちながらラウンドします。

前回のスコアカードを見て復習をし、
「前回この番手を使ってミスをしたから、
今度はこっちで試してみよう」と考えながら行うとGoodです。

仮想ラウンドで上手くいったことを何度も想起していると、
ポジティブ思考になるので、苦手ホールも得意と思えるようになります。

ゴルフ感も養われるので、
月1ラウンドでも良い結果が出やすくなります。

イメージトレーニングに慣れてくると、
5分ほどで18Hが回れるようになってきます。

パター練習を繰り返す

スコア90を切るには、
パット数を減らすための
練習を繰り返す必要があります。

パッティングは1ラウンドで
34パット以下を目指しましょう。

まずは、ショートパットの精度から
上げられるように練習をしていきましょう。

練習を続けるうちに、外す気がしない!
と思えるようになるまで何度も何度も練習しましょう。

パターの練習は自宅で簡単に練習が可能で、
現在のスコアに関係なく、上達できます。

最近では傾斜がつけられるものもあり、
実践向きなパターマットもあります。

パターの練習をせずにスコアを縮めるのは難しいので、
必ずパッティングの練習をパターマットで行い、
パッティング技術を高めていきましょう。

スイングは動画を撮って修正していく

2018y05m18d_103724452

上達するためには、
問題点を見つけることが重要です。

まずは自分のスイングを動画で撮り、
自分のスイングがどうなっているのか
把握していきましょう。

正面から撮影する場合は、
アングルは真正面でいいのですが、
高さは「グリップ位置〜おへそ辺りまで」にすると
動きが見やすく修正点を見つけやすいです。

後方から撮影する場合も高さは同じですが、
アングルは真後ろではなく、
ボールとスタンスの真ん中くらいの位置にセットしましょう。

また、スイングの動画をチェックする際には、
スイングの途中の動きばかりを見てしまうと意味がありません。

アドレス、トップ、インパクト、フィニッシュに焦点を絞り、
自分のスイングの癖や欠点を知り、修正点を見つけ出していきましょう。

ゴルフにはスイングのフォームが特に大切なので、
動画撮影で自分のフォームをチェックすることを
練習メニューに取り入れてみてください。^^

コースマネジメント

コースマネジメントを知ること、考えることで、
90切りがまた一気に近づきます。

スコアばかりに気を取られるのではなく、
ボギーオンを増やすという目標をクリアすることに専念することが、
結果的にスコア90を切るためのコツでもあるんですね。

18ホール中15ホール以上のボギーオンを目指しましょう。

例えば、ティーショットでチョロ。。。
でもセーフゾーンにいればボギーオンが可能です。

コース攻略ができるようになれば、
ボギーオンが増え、パーパットのチャンスが増えていきます。

つまり、ボギーオンを意識してラウンドをすることで、
少しずつ状況判断力がついてくるんですね。

ですので、ボギーオンを1ラウンドで
何回出来たかをカウントするようにしてみましょう。^^

90切りを達成するためには、
練習のコツやポイントを抑えることが大切です。

練習量を増やすことも大切ですが、

・課題を見つけて練習に取り組むこと
・練習の質を高めていくこと

を心がけましょう。

自分だけで練習することに限界を感じているのであれば、
ゴルフスクールに通うという手段もあります。

特に、ゴルフパフォーマンスでは、
ビジネスゾーン理論をベースに
より質の高いレッスンを受けることができます。

上達スピードは何倍にもなりますので、
興味のある方はまずは無料で行っている

スイング診断・カウンセリングを受けてみては
いかがでしょうか?

ゴルフパフォーマンス神田店で待っていますね。^^

練習の質を高めて90切りを目指しましょう。

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

【ビデオ】スライスするゴルファーの共通点…

2018.05.18
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

私もかつてはスライスで悩みました。

分かっていても、右に曲がるボールを
見ていると、なんだかやるせない気持ちに
なりますよね。

これまで私も数多くのスライス改善の
動画撮影や講義をさせていただきましたが、
スライスが起こる原因は

「インパクト時にフェースが開いて当たるから」

十中八九これだということは
心に留めていただきたいです。

その上で、なぜそんな結果が起きているのかを
探っていかなければいけないのですが、

今日はそのための第一歩、
一番最初に確認してほしいことを撮影しました。

是非ご確認ください。

続きを読む

アイアンのスイングイメージはどちらですか?

2018.05.17
志賀さんプロフィール写真

From:志賀康平
千葉の自宅より、、、

こんばんは!
志賀康平です。

今日はあなたに、
アイアンの入射角について
お話しようと思います。

これも良くゴルファーの間では
議論されるジャンルで、

大きく分けて

・レベルブロー
・ダウンブロー

この2つの考え方になります。

この2つは何がどう違うのか?
これを理解しているかいないかでは、
スイングイメージの作り方が大きく変わるので、

詳しく解説していきたいと思います。

スピンコントロール出来ていますか?

ゴルフというスポーツは、
スピン量にとてもシビアなスポーツです。

というのも、他球技に比べて
ボールが小さく軽いために、
ちょっとしたことでギュンギュンかかります。

プロのバックスピンなどは、
間近で見るとボールが自分の意思で
動いてるように見えるくらいです。

というように、目標(ピン)に対してピタリと
止めたいアイアンはスピンコントロールが
重要ですが、それに関わるのが入射角です。

一般的にアイアンはダウンブローですが、
その意識が強いと、まるで「V」の字のような
スイングになって、角度が急になってしまいます。

そうすると、

・風の影響を強く受けたり
・テンプラ気味のボールになる
・飛距離が伸びない

といったトラブルが置きます。

レベルブローって何?

その一方、最近はレベルブローが
良いという話も出ています。

ダウン(下降)ではなくレベル(水平)に
スイングして飛ばそうという打ち方です。

僕のようなダウンブローで育ったゴルファーからすると
「急にそんなこと言われても…」というのはありますが、
じつはこれ、最近のクラブ設計が関係しています。

あなたもご存知の通り、
昔はマッスルバックの時代でしたよね。

マッスルバックは、スイートスポットが
ヘッドの上の方(高重心)にあるので、
ダウンブローで捉えなければいけませんでした。

しかし、最近はキャビティバックに
大型ヘッドなど、とっても優しくなりました。

特に、アイアンのスイートスポットが
どんどん下の方(低重心)になっていったのです。

そうすると、入射角が狭いほうが
逆に飛ばないという逆転現象が起きたのです。

そこで、レベルブローが
提唱され始めたのです。

ということで、あなたがもし

マッスルバックを使用しているなら
引き続きダウンブローのスイングイメージを
持ちながらスイングしましょう。

キャビティバック、特に飛び系アイアンを
使用しているなら、レベルブローで
クラブで芝の上を掃くようなイメージでスイングしましょう。

まとめ

今日はアイアンのスイングイメージについて
お話しました。

インパクトをどういう形で迎えるかを
イメージしているだけで、スイングそのものが
嘘みたいに変化します。

アイアンがあまり安定しないという方は、
是非スイングイメージを変えてみてくださいね。

<本日のオススメ>
あなたは最近、

・寒暖差が大きくて、なんだかぐったり
・ゴルフしようにも、なんだか億劫、、、
・集中力が無くなってきた

そんな悩みを抱えていませんか?

じつはこれ、あなたの体に今現在起きている
ある「異変」が関係しているのですが、、、

興味のある人は他にいませんか?

http://g-live.info/click/b9g_1805/

アイアンを2回買い替えても結果が出ない…

2018.05.17
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「アイアンを2回買い替えても結果が出ない…」
 

という話をしたいと思う。
 

某量販店でアイアンを2回買い替えたのに
思うような結果が出ていないという
こんな方からお手紙をいただいた。
続きを読む

ボール打ち放題に行っても良い時悪い時

2018.05.16
morisaki

From:森崎 崇
埼玉の自宅より、、、
こんにちは森崎です。

最近、練習場で打ち放題プランのある
練習場が増えていますよね。

大体は1時間いくらとなっていて、
その間であれば、何球打っても
値段が変わらないというシステム。

1球いくらよりは
料金が明確で良いですが、
私個人としては、

半分オススメ出来て、半分オススメ出来ません。

なぜなら、打ち放題がメリットになる時と
デメリットになる時があるからです。

そこで、今日は打ち放題に向いてる練習、
向いてない練習をお伝えしたいと思います。

打ち放題に向いてない人

まず、はっきり申し上げて
ある程度ゴルフ歴を重ねてきているゴルファーは
ちょっと打ち放題に向いてないと思います。

というのも、ゴルフはたくさん
球を打ったからといって
上達するとは限りません。

それは、学生時代363日ボールを打ちながらも、
上達に悩んだ私がいるので、間違いないです。

むしろ、スイングを崩す可能性が出てきます。

もちろん、数を重ねないと見えないものも
ありますが、意味のある練習やスイングを
心がけなければ、変なクセが付きます。

意味の無い1000球より、意味のある100球です。

打ち放題に向いてる練習

打ち放題でやってもいい練習、
それはアプローチ練習とビジネスゾーンです。

前に僕もビジネスゾーンを練習場で
練習していたのですが、恐ろしいくらい
ボールの減りが早かったです。

スタジオの会員様でも
ビジネスゾーンの練習をする時は
打ち放題にしているという方がいます。

当然、ただビジネスゾーンの型だけを
真似ても意味は無いですが、DVDや本などで
動きを理解し、体に型を染み込ませるためには、

ある程度球数が必要だと思います。

また、アプローチ練習も
精度の求められるジャンルなので、
微妙なタッチで距離が変わります。

なので、自分の中で基準を
作ってあげるには、やはり球数を
打つことも必要だと思います。

ということで、打ち放題に向いてない練習は
お察しの通り、フルショットの練習です。

そもそも、200球以上フルショットするのって
なかなか大変だと思うのですが、
打ち放題だと球数気にしないので、

意外とそれくらい打ってる方、けっこういらっしゃいます。

その上、1球にかける思いが球数だけ
薄れていくので、そういう意味では
打ち放題も使いようだと思っています。

まとめ

今日は最近増えてきた打ち放題練習場について、
お話しましたが、打ち放題の存在自体は
否定するつもりはありません。

ただ、使い方を間違ってはいけないと思います。

基本的には量より質を追い求める姿勢が
上達の道筋だと思っていただければと思います。

PS

番外編として、
ストレス発散のために打ち放題を
利用するのも悪くないと思います。

あくまで、たまにはですが、、、(笑)

<現代日本人が栄養不足って本当!?>

誰だっていつまでも元気で
ゴルフをしていたいものですよね。

しかし、これだけ食が豊富な現代に置いても、
体を健康に保つ栄養素が絶対的に不足しているという
事実をあなたはご存知ですか?

その原因・対策について
小原プロがこちらで暴露しています。

http://g-live.info/click/b9g_1805/

あなたはどれぐらい?9番アイアンの飛距離

2018.05.15
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。

さて、今日あなたにお話したいのは、
 

 「あなたはどれぐらい? 9番アイアンの飛距離」
 

です。
 

たとえば、パー4のホール。。。

セカンドでグリーンを狙うのにショートアイアン、
9番アイアンあたりを使うことも多いのではないでしょうか?

ということで、まずあなたに
こんな質問をさせてください。
続きを読む

恐怖の「シャンク、チョロ、ダフリ」

2018.05.15
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

アベレージゴルファーを悩ませる
3大トラブルといえば、

「シャンク、チョロ、ダフリ」

ではないでしょうか?

チョロもダフリも嫌ですが
シャンクが一番タチが悪いですよね。

どうすればこういったミスを
阻止することができるのか?

まずはクラブの芯でとらえていくことが
非常に重要になります。

今日はレッスン動画でご説明します。

ぜひ参考にして下さい。

続きを読む

うまくなる人の共通点(ヒント:ワクワク)

2018.05.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

こんにちは、
小原大二郎です。

レッスンを通じて新しい発見をしました。

今日はあなたにもそんな新しい発見をシェアしたいと思います。

あなたも酷いゴルフや
目標スコアに届かないいつもどおりのスコア
スコアカードを破り捨てたくなるほどのゴルフ
に見舞われた事があると思います。

続きを読む

【ビデオ】これだけでスライスが治るかも?

2018.05.13
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

私もかつてはスライスに悩まされ
OB連発、右方向へのミスで
ボールを走って探しに行っていました…

ボールを見つけたときには
既に息が切れていて

次のショットもミスをしてしまい
+4以上を簡単に打ってしまったのです。

このスライス癖によって
飛距離が出る方ほど、
ミスによってスコアへの影響が大きくなってきます。

続きを読む

『左腕を制すればスイングを制す』[#40]

2018.05.12
kameko

From:亀子充温

みなさん
こんにちは!!

東京は
今週から天候が悪く、雨・雨・雨・・・
気温も上がらず寒い日が続きました。

前週に夏日などあったせいもあり余計に寒く感じました。
皆さん、風邪などひいたりして体調を崩していませんか??

季節の変わり目です。
ご自愛ください!!!

そんな季節の変わり目に・・・僕は、夏Tシャツのデザインをしました。
ゴルファー向けに僕の思いをバックプリントした練習にタウンウェアとして着て戴きたいアイテムです。

s-スクリーンショット 2018-05-10 19.13.07

続きを読む

年齢とともにアイアンが下手になってきた…

2018.05.12
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「年齢とともにアイアンが下手になってきた…」
 

についてお話しようと思います。
 

モンゴが言うまでもないことですが
アイアンはスコアを作る「要(かなめ)」ですよね。

そのアイアンが下手になったとあっては
まさに一大事。。。じゃあどうしたらいいか?
続きを読む