カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

フォロースルー=ドライバーの弾道?

2020.11.28
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

先週の私のメルマガ記事、
『効果絶大!究極のドライバー飛距離アップ法』に、
とんでもない数のコメントをいただきました。

このドリルはシンプルでわかりやすく、
飛距離アップ効果もかなり期待できる!と、
自信をもってオススメしたかったので、

ご好評いただけたようで良かったです。
ありがとうございます。

メルマガ記事への
コメントの数も異例でしたが、

それ以外にも私に直接メールで、
感想を送ってきてくださった方もたくさんいました。

そのメールの中でひとつ、
いい質問があったのでご紹介させてください。
 

「テレビでツアー中継を見ていると、
 プロによってフォロースルーの腕の形が
 違うように見えます。

 腕を伸ばしているプロがいたり
 腕を折っているプロがいたりするのですが、
 どちらが正しいのでしょうか?」
 

フィニッシュの形ではなく、
あの一瞬のフォロースルーの形に
注目されるなんて、

とても真剣に、注意深くツアー中継を見て
ゴルフを「研究」されている方なんだなと思いました。

ご質問、ありがとうございます。

早速ですが、フォロースルーの形には、
大きくわけて2種類あります。

この方がおっしゃっている通り、
腕を伸ばしたフォロースルーと
左肘をたたんだフォロースルーです。

そして、この2つのフォロースルーは
どちらが正しい、どちらが間違っている、
というものではなく、

2つのフォロースルーで、
ボールの弾道を変えることができるのです。

簡単に言ってしまえば、
フックを抑えたいならこのフォロースルー、
スライスを抑えたいならこっちのフォロースルー、
といったイメージです。

弾道が変わるしくみと打ち分け方について
先日動画を撮ってきたので、

本日のメルマガは、
「フォロースルーによる弾道の調整」というテーマで
動画をお届けしたいと思います。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

徳嵩の「FWの秘密」こっそり教えます…

2020.11.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「徳嵩の『FWの秘密』こっそり教えます…」
 

という話をさせていただきます。
 

実は今まで、黙っていたんですが。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高難度ショット、ロブショットの打ち方:条件

2020.11.25
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「近藤プロ、高く上がってピタッと止まる、
 ロブショットの打ち方を教えてくれませんか?」

これは、昨年私のレッスンを受けてくれた
とある生徒様からいただいたメッセージ。

安定的に100を切れるようになり、
90切りもすぐ目の前ということで、

今までは避けてきた
難易度の高いショットにも積極的にチャレンジして、
バーディーチャンスをものにしたい!

そんな熱いメッセージを、
メールで送ってくれました。

ロブショットの打ち方については、
現役の生徒様からもちらほら質問されますが、

やはり「難しい」という印象もあってか、
避けているゴルファーが多いように感じます。

事実、ロブショットは、
とてもむずかしいショットですが、
球が上がって止まる仕組みは単純です。

ウェッジの性能をフルで活用した打ち方なので、
ロブショットの「スイング」と打てる「条件」さえ
しっかり判断することが出来れば、

あとは自分自身とウェッジを信じて
深く考えずにスパッと振り抜くだけなんです。

本日は、そんな、
「ロブショット」について、

スイングのコツと、
ロブショットを打ってもいい条件について、
ビデオで解説しようと思います。

ぜひ、あなたも、
ロブショットをマスターして、

チャンスを逃さない、
ワンランク上のゴルファーを目指してください。

それでは、こちらから、
本日のレッスン動画をご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



注意が必要なのは、動画の最後で説明していた
ロブショットを打つことのできる「条件」

“高く上げてピタッと止めたい”

こんな状況に直面したとき、
必ずしもロブショットを打っていいかというと
そうとは限らないのです。

ウェッジのフェースを大きく開くと、
リーディングエッジが浮いてきますから、

フェアウェイのような芝がきれいに刈り込まれた
タイトなライからはロブショットが打てません。

深いラフでボールが沈みすぎていても
ウェッジがボールの下に潜り込むスペースが
なくて大きなミスに繋がりますし、

ラフでボールが浮きすぎていると、
ボールの下をクラブフェースすり抜けてしまう
リスクだってあります。

実はロブショットは、
スイングそのものが難しいというよりは、
ショットに適した状況が滅多にないために

ミスしやすい、
リスクの高いショットという印象が
根強くついてしまっているんです。

その分、練習機会も少ないですし、
実践でチャレンジする勇気も湧きません。

なので、もし、
ロブショットを身に付けたいという方は、

練習ラウンドや、グリーン周りの練習時に
軽い気持ちで、遊び半分で、高く上げてピタッと止める
ロブショットに挑戦してみてください。

スイング自体はシンプルなので、
「ロブショットに適したライなのか?」

この判断だけしっかりできるようになれば、
ロブショットはきっとあなたの強い武器に
なってくれることでしょう。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

近藤



<本日のオススメ>

12通りもの距離を打ち分ける?
寄せワン、チップインバーディーもお手の物

ビジネスゾーン理論を実践する方に最適な、
徳嵩フィッター監修の特注ウェッジが
20セット限定で公開されました。

お見逃しすることのないよう
今すぐチェックしてください。

https://g-live.info/click/bzwedge_2011/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージできる?「腰でクラブを持つ」とは

2020.11.24
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「イメージできる?『腰でクラブを持つ』とは」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「腰でクラブを持つ」
 

もしこの言葉にピンと来ないのであれば、
今日の話はぜひ聞いていただきたいです。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

効果絶大!究極のドライバー飛距離アップ法

2020.11.21
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

これは、
あなたが喉から手が出るほど知りたがっていた
ドライバーの飛距離アップ法かもしれません。

・220yが目標で今180y飛ばせる方。
・250yが目標で今220y飛ばせる方。
・300yが目標で今250y飛ばせる方。

あなたの今の飛距離や、
目標飛距離に全く関係なく、

飛距離を伸ばしたいと願う
全てのゴルファーに最適な、
そして「効果絶大」な、

画期的なドライバー飛距離アップ法です。

しかも、頭を使わなければいけない
ややこしく難しい話は一切ありません。

動画で今から説明するのですが、
その動画を1回見ていただくだけで、

この飛距離アップ法の
メカニズムを簡単に理解して頂けるでしょうし、
「効果がありそう!」と感じて頂けるでしょう。

単純明快。シンプルで効果的。

飛距離に悩んでいる方に限らず、
今より飛距離を伸ばしたいと少しでも思う方にとっても、
かなり有効な飛距離アップ法かもしれません。

それは、、、
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイアン変えた→ドライバー、FWも買換え?

2020.11.19
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「アイアン変えた→ドライバー、FWも買換え?」
 

という話をさせていただきます。
 

今日はこのような質問をいただきました。
 

> ゴルフ歴はわずか7年程度です。
>
> 3年前にそれまで使っていたアイアンを
> 専門店で試打を繰り返しながら
> 自分の力量にあったものに買い替えました。
>
> ドライバー、フェアウェーウッドは以前のままです。
> 当然、替えるべきでしょうか。

 

「当然、替えるべきでしょうね」
という、ご質問なんですけれども。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

的確なコースマネージメントのコツ

2020.11.18
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

こんにちは森崎です。

コースマネージメント。
戦略を持ってコースを攻略すること。

どんなゴルファーでも
一定期間練習すれば、

ある程度は安定的にボールを
真っ直ぐ飛ばせるようになります。

しかし、
ボールが真っ直ぐ飛ばせるようになったからと言って、
それでスコアがみるみる縮まっていくかというと、
そんな事はありません。

練習場で、同じくらいまっすぐに
飛ばすゴルファーが2人いたとして、

一人は90を切るレベルなのに、
もう一人は100すら切れないなんて、
ゴルフではよくある話です。

この2人のスコアの
善し悪しを分けているものこそ、
「コースマネージメント」なのです。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左足上がりからグリーンを狙う2つの打ち方

2020.11.18
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。
 

コースの中で、
最も傾斜が多いのは
【グリーン周り】

しかも、グリーンは高確率で
グリーン周りよりも高い位置にあります。

「砲台グリーン」と言われるものですが、
逆にフェアウェイより低い位置のグリーンって
滅多にありませんよね。

グリーンは雨に弱いので、
上手く水がはけるように高い位置に
あるのがほとんどだと思うのですが、

そう考えてみると、
グリーン周りのアプローチというのは
必然的に上り傾斜が多くなります。

「左足上がり」ですね。

緩い傾斜からキツイ傾斜まで
様々な上り傾斜があるわけなのですが、

「左足上がり」のショット技術が
グリーン周りのアプローチの成功を左右させる
“鍵” だと言っても過言ではないでしょう。

つまり、グリーン周りで大叩きせず、
ベタピンでバーディーやパーのチャンスを作るには、

「左足上がり」のショットをマスターして
正確にアプローチする必要があるわけですね。

本日は傾斜シリーズの動画レッスン、
最後の「左足上がり」についての解説です。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即答できる?プロとアマチュアの違いとは

2020.11.17
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「即答できる? プロとアマチュアの違いとは」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

プロの打球のような美しい弾道のショットを
打ってみたいと思って、
 

 ・そのプロのスウィングを真似してみたり

 ・同じクラブを買ってみたり
 

と、あなたも色々と
試していらっしゃるかもしれません。
 

では単刀直入に言って、プロとアマチュアの違いは
一体どこにあるんでしょうか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「アプローチがうまく打てない」という苦手意識の呪縛

2020.11.16
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。


バンカー手前のアプローチ
あなたは自信、ありますか?


もし失敗したら、
バンカーに入ってしまう…

非常に緊張する場面ですよね。


理想的なのはふわっと上がって
グリーン周りでピタッと止まるような


いわゆるロブショット


ただ、理想とは裏腹に
力んでグリーンを越えてしまったり…


恐れていたように
ぽすっとバンカーに入ってしまったり…


こんな理想と現実のギャップに
ゴルフは悩まされ続けるのですが(笑)


あなたはどうでしょうか?


たとえば練習場とコースで
まったく同じショットが打てるでしょうか?

きっと答えはNOですよね。

わたしもそうです。

全く同じなんてことはありえません。


風、傾斜、芝


環境が違いますよね?


その環境、シチュエーションが毎回違うからこそ、
いつでも新鮮でそれがゴルフの楽しさでもありますよね。


ただ、やはり安定したスコアを出していくには、
アイアンショット、アプローチ、パターの精度を
上げていくことが大切です。


そして短い距離でのミスをなくしていくことが、
スコアを縮めることにつながりますし、
安定したスコアを出すことにつながるんですが…

「できない」という苦手意識の呪縛



正直アプローチ、苦手だという方は非常に多いです。


「傾斜がある場合のアプローチがうまくいきません。
左足上りの場合ダフリが多く、左足下がりに至っては
斜面での垂直を維持出来ず、失敗ばかりしています。」

「アプローチ、トラウマになるほどザックリに大変悩んできました。」


このように深刻なお悩みは聞きます。

ただ、

ドライバーでもアプローチでも、
基本的な打ち方は同じ。


「ビジネスゾーン」です。


大きな違いといえば、
アドレス時のボールの位置と重心の位置。

アプローチショットの際は、
まず基本となるアプローチの
アドレスから確認してみてください。

ボールの位置はセンターに、
アドレス時の重心の配分は左6:右4です。

ランニングアプローチでは、
ボールは少し右足寄りに移動させます。

そして重心の位置は、7:3くらいに変化させます。

ただ、傾斜からのアプローチでは
重心の位置をあまり変えないようにすることがポイントです。

ロブショットを使いこなそう!



今回はロブショットのポイントを3つご紹介いたします。

まずロブショットのポイント1つ目は
クラブフェースの向きです。

予め1時~2時の方向にフェースを開いた状態で
グリップをにぎってください。

そして、2つ目のポイントは、
地面を掃くようなスイングを意識してください。

ロブショット、というとふわっと上がって
グリーンにポンと乗って止まるような弾道なので

どうしてもすくい上げて打ってしまいそうになるんですが、
そこは我慢して掃くように振り抜いてください。

そして3つ目のポイントは、
大きくゆっくりと振ること、です。

1つ目のポイントでお伝えしたように
いつもよりフェースを開いてクラブを握っているので、

いつもより飛距離は出にくくなっています。

いつもどおりにスイングをしても、
おもった飛距離はでないので、

少し広めにスタンスをとって、
勇気をもって大きく打ってください。

最後に


ゴルフ上達には
とにもかくにも目標の確認と設定。

そのためには、

今の現状を俯瞰して
見つめなおすことが大切になります。


迷った時は

「ホームに帰る」

です。


ホームといえば、
まずはビジネスゾーンの小さなスイング。

これが身についていたら
もしスイングが乱れてしまっても

帰るべきホームがきちんとあるので、

どんなときでも

いつもどおりのスイングを
行えるようになります。

上達をする上で大事なことは…

少しずつでもいいので
正しいことを継続することです。

今日お伝えした点を参考にして、
ぜひ一歩一歩上達の道を歩んでいってくださいね!

あなたの苦手なショットやシチュエーション、
ぜひ教えて下さいね。

またメルマガでお話させていただきます。


〈本日のおすすめ〉

・スイングが安定しない…

・ボールが目標の方向に飛んでいかない…

・スライスやシャンクなどでミスが出て
スコアを崩す…

このような悩みを一気に解決する
スイングの秘密を公開。

「これでどんな状態でも
ボールがクラブにクリーンヒットする」

という安心感を得て下さい。

この秘密が気になる方は
どうかお早めにこちらから…

https://g-live.info/click/bzmaster_2011/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポケットに手を突っ込んで飛距離アップ

2020.11.14
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

11月ももう中旬。

今週に入ってからガラッと気温が下がり
朝晩はかなり冷え込んできました。

気温が下がると身体が冷えて、
思うように動かなくなり飛距離が落ちる…

あなたも重々承知のことだと思いますが、
ここで1つ、スイング時の身体の回転について、
チェックしてみましょう。

私のメルマガをお読みのあなたは、
なんといっても飛距離を伸ばしたいをお考えのはず。

身体の回転、つまり肩や腰の回転は、
大きければ大きいほどダイナミックなスイングで
ヘッドスピードやボールスピードを向上させ、
ボールを力強く打ち出すことが出来ます。

だからこそ、
飛ばすためにはしっかり捻転して、
そして素早く腰を切り替えしてハンドファーストで
インパクトすることが大事になってくるのですが…

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の出やすいミスでクラブは決められる?

2020.11.12
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「自分の出やすいミスでクラブは決められる?」
 

という話をさせていただきます。
 

今日はこのような質問をいただきました。
 

> ゴルフショップに行かなくても
> 球筋や、多く出るミスや年齢、身長、体重、握力などで
> 適したクラブを見つけられる方法はありますか?
>
> あれば教えてもらいたいです。

 

はい、コレについては。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルファーが最も苦手な傾斜はコレ

2020.11.11
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

ゴルフは一旦コースに出ると、
平坦な場所からのショットなんてありません。

「練習場では上手く打てるのに…」

この悩みは「コースの傾斜」が
大きく影響していることは明らかですよね。

たとえば、「つま先上がり」と「つま先下がり」
そして「左足上がり」と「左足下がり」の4つ

しかも、
「つま先上がりで左足下がり」というように、
複雑に傾斜が絡み合うことで

練習場とは比べ物にならないほど
コースでのショットは難易度が上がります。

以前、僕のメールマガジンでは、
「つま先上がり」と「つま先下がり」の打ち方を
実際のコースで撮影した動画レッスンで
あなたにもお届けしましたが、

・つま先上がりの動画レッスンはコチラ
・つま先下がりの動画レッスンはコチラ

本日のメルマガは、
「つま先上がり」と「つま先下がり」のメルマガの
続きのような内容になるのでしょうか。

「左足下がり」について、
コースで解説動画を取ってきたので、
あなたにお送りしようと思います。

傾斜は色々ありますが、、、

僕自身の経験上、
そして生徒さんからお話を聞く限り、
この「左足下がり」を苦手としている方が、
一番多いのではないかと思います。

その理由はやはり、

ボールより右側の地面が高く、
クラブがボールに当たるよりも先に
地面に当たってしまう!

という厄介な状況でしょう。

左足下がりからショットを打つ際の
正しいポイントを知らないと、

ショット直前の素振りでさえ
上手くスイングできず焦りが増して
ミスの可能性が高まります。

そうならないためにも、
今から動画でお伝えするポイントを
しっかりと理解して、

もし万が一、コースで、
左足下がりからショットを打つ際には
思い出せるようにしてください。

それでは、本日のレッスン動画を、
こちらからご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら


左足下がりのポイントは3つ

動画レッスンはいかがでしたか?

なかなかあそこまでの傾斜に
直面するのは極めて稀だとは思いますが、

傾斜の度合いに関わらず、
左足下がりからのショットのポイントは3つです。

・アドレス
・ボールの位置
・スイングの軸

左足下がりのポイント1つ目、
アドレスは地面に対して垂直に。

僕はレッスン時に身体の傾きを、
「地面に対して」か、もしくは「地球に対して」と
表現することが多いのですが、

左足下がりの場合は「地面に対して」
言いかえると「傾斜に対して」身体の軸を
垂直にアドレスしましょう。

2つ目のボールの位置は、
真ん中、もしくは少し右側に。

そして、3つ目、
スイング時の身体の軸をキープすることを
しっかり意識して打っていきましょう。

左足上がりも解説します。

少し期間が空いてしまいましたが、
本日のメルマガを含めると合計3回

・つま先上がり
・つま先下がり
・左足下がり

実際のコースでの
傾斜地への対応方法の動画レッスンを
あなたにお送りしてきましたので、

もちろん「左足上がり」の
傾斜地でのポイント解説も
メルマガでお届けする予定です。

ぜひ楽しみにしていてくださいね。

そして、僕のメルマガで取り上げてほしい
あなたの悩みや苦手なショットがあれば、
お気軽にコメントを投稿してください。

今後のメルマガのテーマとして
採用させていただくかもしれません。

近藤



<本日のオススメ>

ゴルフの祭典、
マスターズ2020開催記念キャンペーン!

ゴルフライブ大人気商品
『江連忠のスィング理論イノベーション3.0』が、
75%OFFの特別価格で公開中です。

プロゴルファーとして
毎年20億円稼ぐタイガーのスイングを
江連プロ考案のマル秘ドリルで
あなたにインストール。

11月16日(月)までの期間限定ですので
忘れないうちにこちらから手に入れてください。

https://g-live.info/click/tgr201110/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クラブを「持つ」感覚を体感するドリル

2020.11.10
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「クラブを『持つ』感覚を体感するドリル」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

グリップは「握る」のではなく「持つ」。

頭ではわかっていたとしても、
実際にクラブを持つ感覚を身体で理解するには
一体どうしたらよいのか。。。?

そのためのドリルを、
今日はあなたにご紹介します。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q.100切りを阻む大きな壁。

2020.11.09
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

秋のベストシーズン、
ゴルフは楽しんでいますでしょうか?

今年掲げた目標達成のため、
苦手克服のため、

また秋晴れの中、
楽しんでいる方も多いと思います。

さて、そんななかでも
苦手意識があるクラブやシチュエーション

また自分の癖に悩まされている方も
いらっしゃると思います。

アマチュアゴルファーの悩みランキング上位は、
シャンクやアプローチのザックリ、
トップやチョロが頻発する、などです。

これらは、

ゴルファーなら誰もが経験する悩みですよね。

ただ上達していくにつれ、
無くなるっていくミスでもありますが、

「ビジネスゾーンの練習では真っ直ぐ飛ぶのですが、
フルスイングするとスライスが出しまいます。」

「ダフリ、トップが少なくなりましたが、
ドライバーのスライス癖がなかなか治らず悩んでいます。」

といったような方が
多くいらっしゃいます。

ただ、100を切れないゴルファーの多くの方が、
スライス癖を抱えています。

スライスの原因は、

・インパクトでクラブフェースが開いている
・スイングの軌道がアウトサイドイン軌道になっている

この2つです。

今日はこのゴルファーなら誰でも経験する

100切りを阻む大きな壁、スライス癖の改善

について、お話させていただきます。

フルスイングでスライス気味になってしまう…



スイングは基本的に
小さな動きからフルスイングまで同じです。

ですので、

ビジネスゾーンで真っ直ぐ飛ぶようになってきたなら、
次は肩から肩の動きにチャレンジしてみて下さい。

またフルスイングでスライスがでてしまう原因は、
インパクトでフェースが開いているということです。

小さな動きではできていた動きも
大きなスイングになると途端に難しくなってしまいます。

前傾角度が崩れ、スイングの軸がブレてしまい、

その結果、
スイング軌道やフェースの向きに影響してしまいます。

小さな動きで
正しい体の使い方をしっかりと身につけながら、

大きなスイングでも応用していってください!

スイング軌道を安定させるには?



基本的には、

・スイング中の軸を安定させること
・左足の壁をしっかりと作ること

この2点でスイング軌道は安定していきます。

まず、軸を安定させることは
全てのショットに共通しますが、

長いクラブほど体の動きが大きくなりがちですので、
しっかりと軸を保ってスイングできるように心がけて下さい。

次に左足の壁についてですが、

バックスイングでは右足の拇指球に、
ダウンスイングでは左足の拇指球に

しっかりと重心を乗せスイングを行って下さい。

その際の注意ポイントですが、

外側に重心が移ってしまうと、
左足の壁ができないので、

ダウンスイングで
左足の外側に重心が移らないように
気をつけましょう。

おすすめの練習法をご紹介!



この場合のおすすめな練習法は、
ティーの連続打ちです。

この際、スイング軌道や重心の位置に
しっかりと意識を持って行うようにして下さいね。

実際に素振りを行いながら、
スイング中の重心の位置を体に染み込ませることができます。

まずは安定したスイング軌道、そして重心移動を行えるように
継続していって行っていってみて下さいね。

正しいスイング軌道となっていても、
スイング中の軸がブレてしまうと、

インパクトのフェースの向きに影響を与えます。

上下左右のブレをなくすことを意識しながら、
正しいスイング軌道を目指して下さいね。

あなたの上達を阻むものはなんでしょうか?

一朝一夕で上達することはないですが、
継続は力なり、という言葉とともに
一つ一つ苦手や癖を克服していきましょうね。

なにか質問やお悩みがあったら
メルマガでご回答させていただきますので

ぜひコメントで教えて下さいね。

〈本日のおすすめ〉

「全てのスイングの
基本になると言っていい教材です」

「アイアンでやるべきことが
整理できる有用な教材」

「やってみたら
ドライバーの飛距離が20yアップ!」

などなど…

いち早くこのプログラムを手に入れた方々が
大絶賛している

「小原大二郎のビジネスゾーン・ネクスト」

このプログラムでは

年齢や性別にも一切関係なく、
老若男女全てのゴルファーが

理想のアイアンショットを
身に着けることができます。

ただこのプログラムを手に入れられるのは
本日まで…

どうかこのチャンスを逃すことのないよう
お早めに詳細をご確認ください…

https://g-live.info/click/bznext_2011/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加