カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

自分にもっと合うクラブがあるのでは…?

2021.05.06
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「自分にもっと合うクラブがあるのでは…?」
 

という話をさせていただきます。

実はお客様から、
こんなお便りをいただきました。

「もっと合う物があるのではないか?」

> クラブフィッティングには大変興味があり
> 楽しく拝読しております。
>
> 私は運良く信頼出来るクラフトマンが近くに居ますので
> 時間があれば工房で遊ばせて頂いてます。
>
> しかし現状で満足しているわけではなく
> 「もっと合う物があるのではないか?」
> と思い色々試したいですが
> 残念ながらアマチュアには厳しいです。
>
> これからも楽しめる情報配信を期待しておりますので
> 宜しくお願いします。

 

どうもありがとうございます。

これはご質問というよりは
ご要望みたいな形でいただいたわけですが、
 

何よりまず、このお客様にとって
信頼できる工房の方が近くにいらっしゃるのは
やはりとてもいいことだと思います。

そういう面で、上達するためのクラブ選び、
そうしたアドバイスをちゃんともらえる、
病院で言ったら、いわば
 

 <主治医>
 

みたいな方がいらっしゃるというのは、
非常に恵まれていることだと思います。
 

ですが、お話の内容からすると
「もっと合う物があるんじゃないか」
というふうに思っていらっしゃるとのこと。

もちろんやはり、向上心を持たれていて
クラブに対しての興味もかなりあるというのは
いいことだとは思います。
 

ですが。。。

クラブへの興味が上達を阻害?

ですがその一方で、そうした「向上心」には
反面、怖い側面もあると考えています。
 

それはどういうことかというと、
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

 「興味や周りの評価だけで
  使うクラブを決めてしまう可能性があるから」

 

おそらく「もっと合うものがあるんじゃないか」と
思ってしまうということは、

言ってしまえば、今のクラブを信じ切ることができずに
興味や周りの評価で、クラブの良し悪しを
判断してしまっている可能性があると思うんですね。

もちろん、年々新しいものコロコロ出てくると
ゴルファーの心理としては
 

 「やっぱり新しいモノは
  古いものより優れているんじゃないか」

 

という視点で見てしまい、
結果、目移りしてしまっていることは
あるかもしれません。

そうした「目移り」でクラブを決めるのは
やっぱり怖いなと、思ってしまいます。

真の「親身な」クラブフィッターとは?

ですが、そうした新商品が出た中にあっても
本当にお客様の上達を考えているのであれば
 

 「いや、おそらくこれはもう
  ●●さんには合わない種類のものですから」

 「2、3発、試打みたいに打つのはいいけど
  基本的に長く使えるもんではないですよ」

 

といった、本当のことを単刀直入に
言ってくれるフィッターこそが
「親身」で信頼できるのではないかと思います。
 

実際、金銭的なところを考えれば
全てのクラブを買って試すわけには
いかないわけです。

あるいは、たとえすべてを買って試さないにしても
実際に購入してうまくいかないというのは
高い買い物ですので、絶対に避けたいわけです。
 

ですので、少なくとも自分たちゴルフパフォーマンスでは
お客様の代わりにあらゆるクラブを試すことで。。。

そうした失敗をお客様がしないよう
最大限にサポートさせていただいています。

それが、やはり本来の良いクラフトマンだったり
フィッターの姿であると、考えています。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

たくさんゴルフの練習をしているのに
思うように上達しない…

あるいは、スコアが良くならない…

その一方、なぜレッスンプロはあっという間に
ゴルファーを上達させてしまうのか?

実はその秘密は、レッスンで使用される
「スイング診断メソッド」にあります。

その方法を、ゴルフライブの人気コーチ
近藤雅彦プロが公開してくれました。

今なら通常価格2,980円のところを、
1,000円OFFの1,980円(税別)で手に入ります。

詳細はコチラをクリック

今だけの特典付き。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まだまだ油断できない状況ですが

2021.05.05
gl_member

From:ゴルフライブ事務局

こんにちは。
ゴルフライブ事務局です。
 

いよいよゴールデンウィークも最終日ですね。

みなさま、良い休暇を満喫できましたか?

 
先月から第3回目の緊急事態宣言が発令さえ、
5月11日(火)までの期間が対象となっていますね。

 
期間中はもちろんですが、緊急事態宣言が解除されても
まだまだ油断できない状況が続きそうですね。

 
そこで今回は、
「自粛中でもスコアアップを諦めたくない!」
そんなゴルファーの方々の熱意に応えるべく

 
近藤プロも実践している
「毎日やってほしい、室内でできるスイング作り」
のビデオをお送りしたいと思います。

 
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝いちホールから大ケガしないためには

2021.05.05
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

今日は、僕も実践しているような、
「朝いちティーショットで大ケガしないコツ」
をお話したいと思います。

具体的な方法というより、
ちょっとした考え方というような
マインドの話になると思いますが、、、。

まず大前提として。

プロなら平気でしょと思われがちですが、、、


朝一番のティーグランド、
1番ホールのティーショットというのは
誰でも、半端なく緊張します。

これはゴルフの実力によるものではなく、
初心者からシングルゴルファーまで
全てのゴルファーに共通することです。

僕たちゴルフコーチはもちろん、
テレビで活躍する憧れのツアープロだって
朝いちショットはガチガチに緊張します。

賞金がかかっているトーナメントはもちろん、
身内と回るプライベートラウンドだとしても
1番ホールのティーショットは緊張するものなんです。

ですので、

緊張に負けないメンタルを鍛えるとか、
緊張を「排除」する方向へ持っていくのではなく
といいますか、緊張は消せないので、、、

緊張に慣れたり和らげる方向へ
対処する必要があるんですね。

そこで本日は、
朝いちティーショットで緊張を和らげるために
僕も実践している3つの方法をお伝えします。

まず1つは、
朝いちティーショットでの気持ちの持ち方。
メンタル面のお話です。

そしてもう1つは、
とてもリラックス効果があり緊張を和らげてくれる
ティーグラウンドでの呼吸法についてです。

それでは、こちらから
本日の動画レッスンをご覧ください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


繰り返しにはなりますが
朝いちティーショットはプロでも緊張します。
緊張をなくすことは不可能でしょう。

ですので、

可能な限り緊張を和らげる努力をしながら、
同時に自分への期待値を下げてあげることで
上手く行かなかったときの落ち込み度合いを
大幅に軽減することができるでしょう。

その具体的な方法というのが
動画レッスンでもお伝えした、

・ナイスショットの50%程度を目指す
 セカンドショットを打てるところならOK

・腹式呼吸でリラックスする
 3秒吸って6秒吐いて脳に酸素を供給する

・18ホール中のたった1ホール
 過度に緊張しないように自分へ言い聞かせる

これを行うだけで
1番ホールからとても気楽にスタート
することができるでしょう。

ぜひ、試してみてください。

近藤



追伸:

15年以上のコーチ人生で培ってきた
ゴルフコーチだからこその視点…

“50分という限られた時間で
 ゴルフ上達してもらうための秘訣”

これをまとめた僕のゴルフ書籍が
ついにゴルフライブから公開されました!

完成を記念して
今だけ特別価格で公開中。

スコアアップのための
36個のゴルフ方程式を今すぐ
手に入れてください。

https://g-live.info/click/36book2105/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る

2021.05.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

以前に私はこの場で、プロのフォローは
みんな腕が伸びているが、アマチュアの方は
フォローが小さいということをお話ししました。

では、それをどうすれば改善できるのか?

今日はその具体的な方法についてお話しします。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアアップに重要な弱点克服!

2021.05.03
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

ゴールデンウィーク、
いかがお過ごしでしょうか?

今年のゴールデンウィークは
青空が見え日差しが暑いかと思えば、

急に暗い雲が流れてきて大粒の雨が降ったり、
激しい雷が鳴り響いたりと…

なかなか激しい天候に振り回されています。

さてそんな中でも、
せっかくの連休でゴルフのご予定が合った方、

もしくはこれからという方も
いらっしゃいますでしょうか?

ちょっと体を動かせば、
半袖でも過ごせるような気温になって
清々しいゴルフ日和も増えてきました。

青空の中、
練習場での成果もありドライバーも絶好調。

気分よくとんとん拍子で
グリーンまで進んでいく。

さて、グリーンにやってきて、
なんの問題もなく順調にホールアウト。

と、思いきや…

なかなかカップインができず、
最後の最後に3パット、4パット。

(調子はよかったのに、、、結果スコアはさんざんなものに、、、)

スコアの約40%をパットが占めているので、
パット数はスコアをまとめるには非常に重要です。

ただそんなスコアアップに重要なパターなのにも関わらず、
一番練習量が少ないとも言われています。

ちなみにあなたの1ラウンドでの
平均パット数はどれくらいでしょうか?

まずは平均パット数を把握し、

あなたの全体のスコアの中で
パット数がどれほどの割当を締めているか

ぜひ把握しておくといいかもしれません。

パット数を減らしてスコアアップ



パット数が多く、
スコアを伸ばすことが出来ない

そういった時期は
私にもありました。

なかなかパット数をへらすことができず、
スコアが伸び悩んでいたとき

どう改善していったかと言いますと…

正しいフォーム作り。

これが基礎として、
パット数を減らしていく際に
とても大事になっていきます。

では、一体フォームとして
どんな問題があるのかということなのですが…

まずパット数が多い方の特徴として

打った後フィニッシュの際に、
肘の角度が変わってしまうという方が、
とても多いです。

特に、左の肘が打った後に曲がってしまう
という方が多いんです。

こうなってしまいますと…

ボールに不必要な力を加えすぎたり、
あるいは、逆に緩んでしまうという事もあります。

パッティングを攻略するには?



アドレスで構えた肘の角度を、

スイング中も変化させることなく
フィニッシュまで持っていく事が

距離感を合わせるために
重要になっていきます。

では、どういったポイントを
意識することで左の肘の角度を
キープしてスイングをする事が出来るか

と言いますと…

それは、肩の回転なんです。

スイング中にしっかりと上半身を縦に回転させる。

上半身のショルダーの動きで
肩の上下運動のみでパターを打っていく。

いわゆるショルダーストロークですね。

ショルダーストロークを身につけていただくことで、
方向性・距離感が抜群に良くなります。

ただこの際、
注意していただきたいのが、

上半身が横に回転するということではなく、
パターは縦に回転するという事です。

たとえば、

パターを脇に挟んでいただいて
素振りを行ってみてください。

この際、

脇に挟んだシャフトが縦に回転するように
シャドースイングを行ってください。

そうすることで、

正しいパターの回転の仕方、
ストロークの仕方というのが
体感できるかと思います。

そしてスイングをする際も、

手元を動かすというよりは
肩の回転によってスイングする。

ストロークするという意識を持つことで、

左の肘の角度をキープして
フィニッシュまで持っていくことが出来ます。

最後に・・・



パット数を減らすためには
やはり正しいフォームを習得する

ということが、
非常に重要になっていきます。

その中でも、

スイング中に左肘の角度が変わってしまうことで
距離感が悪くなってしまっている方が
とても多くいらっしゃいます。

スコアアップの足がかりとして、
ショルダーストロークで正しいフォーム作りを
していただければと思います。

是非、試してみてくださいね。



〈本日のおすすめ〉
長年100を切れなかったゴルファーが
このとある秘伝書を手に入れたところ、

たった1ヶ月で100切りを達成、
さらにはなんと夢のまた夢だった90切り…

ゴルフ上達までの道筋が
事細かに書き記された秘伝の一冊。

「どうすれば上達できるのか?」

「なぜ上達できないのか?」

上達までのゴールを明確にし、
あなたの現状を打破。

新たなゴルフライフの幕を開く、
至高の一冊を手に入れませんか?

彼のレッスンを受けに全国から
上達を望むゴルファーが押し寄せる。

レッスンのスペシャリストが書き下ろした
待望の一冊を手に入れたい方は、

いますぐこちらをご確認下さいね。

https://g-live.info/click/36book2105/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛ばし屋のための右ヒザの使い方

2021.05.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます、
服部コースケです。

地面反力。

ドライバー飛距離を伸ばそうとしている人なら、
一度は聞いたことがあるであろうキーワード。

インパクト時に地面を蹴って、
跳ね返ってきたエネルギーを体の回転力に変換し、
クラブを加速させるテクニックですね。

地面反力を使うことで、
体格や筋力以上のパワーを生み出し
飛距離を最大化することができます。

練習場などでもたまに、
地面反力を意識したスイングをされているゴルファーがいて
ライバル意識を持って観察することがあるのですが、、、

そんなゴルファーの中には、
地面反力を上手く使えず、逆に飛距離を落としてしまうような
もったいないスイングをしている方もたくさんいます。

そこで今日は、
正しい地面反力の使い方をテーマに、
1つテクニックをお伝えします。

これを意識するだけで飛距離プラス5y

とても即効性のあるテクニックですので
ぜひレッスンを見て、実践してみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



ご紹介したようなミススイング、
私の生徒様の中でも非常に多いです。

飛ばしたい!という
強い意思があるので余計だと思うのですが、
あなたも一度確かめてみると良いでしょう。

右ヒザを折りすぎてしまうと
地面反力が全く使えないうえに、
スイングの軸が大きく傾き

すくい打ちによるダフリやトップ、
振り遅れによるスライスが出てしまい
飛距離とスコアを大きくロスします。

ですので、右ヒザは伸ばすように、
インパクトにかけて徐々に伸ばすように
地面を蹴るように意識しましょう。

そうすることでスイングの軸が保たれ
ミスショットが減り、ヘッドスピードが加速して、
今までにない距離を飛ばすことができます。

地面反力。

少し難易度の高いテクニックですが、
大幅な飛距離アップが狙えますので
ぜひチャレンジしてみてください。

服部コースケ



追伸:

ゴルフスイングは、
右ヒザの使い方をはじめ、一言で語りきれないほどの
動作・所作が集まってはじめて完成します。

その腕はもちろん、腰、骨盤、膝やつま先まで
体の隅々まで理想の動きをすることで
初めてナイスショットが打てるのです。

その中でも特に大事な、
正しいスイングを補う
欠かせない6つのポイントがあるのですが…

あなたは知っていますか?

https://g-live.info/click/hattori/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィッティング、数値と感覚どっちが大切?

2021.04.29
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「フィッティング、数値と感覚どっちが大切?」
 

という話をさせていただきます。

実はお客様から、こんな質問をいただきました。

それが出来るの、徳嵩さんだけじゃないですか?

前回のメールマガジンで、
 

> 今はトラックマンなど精密機械があって、
> フィッティングにも取り入れられています。
>
> ですが、こうした機械(弾道測定器)がなかった昔は
> どのようにフィッティングをしていたのでしょうか?

 

という質問に対して、
下記のようなお話をさせていただきましたが、
 

弾道計測器…フィッティングに絶対必要?

https://g-live.info/click/210422_nikkan/

 

フィッティング自体は、測定器があろうがなかろうが
問題なくできるといったお話をしたところ、。。。
 

それに対してお客様から
 

 「でも、そんな職人芸的なフィッティングが
  出来るのって今時、徳嵩さんだけじゃないですか?」

 

という質問(感想?)をいただきました。
 

もちろん、他の個々のフィッターさんが
どのようなスタンスでフィッティングをされているかは
自分は知るよしもないので。。。

ですが自分の場合は、幸いにして「クラブの機能」ということを
師匠である故・竹林隆光さんから学び、勉強させていただく中で
フィッティングのやり方を身につけていったので、

そういう点からすると、もしかすると他の人とは
異なるところも、あるかもしれません。
 

実際、前回お話にも出てきた「トラックマン」をはじめとして
その気になればフィッティングをする際にも
多くのデータを数値で得て、利用することができます。

ですが、こう言う言い方はなんですが
いわゆる「数字ありき」でフィッティングを行うことは
基本ありません。

数値よりも、フィッティングで大切なもの

ちょっと話はそれますが、フィッティングを行う上で
自分たちがどうしても外せないと思っていることがあります。
それは。。。
 

 今、お客様が持っているクラブと打ち比べること
 

これはこの場で何度も申し上げていますが、
自分たちがお客様にフィッティングにお越しいただく際には
必ず今のクラブをお持ちいただいています。
 

この、打ち比べることをしなければ、
自分たちがオススメするクラブが
本当にお客様に合っているのかは、わかりません。

そうではなく、たとえばクラブをお持ちいただかずに
ショップにある弾道測定器だけで判断をしようとすると
 

 「この試打クラブは、飛びませんね。。。
  いつもの自分のドライバーなら、
  ●●●ヤードぐらい飛んでますから」

 

同じ条件で打ち比べていないにもかかわらず、
そんなふうに誤解されてしまう可能性があります。
 

あるいは(これは極端な話ですが)
もし、ショップの測定器の設定を「ラン多め」とか
「飛距離多め」で設定してしまっていたら。。。

何もしていないのに、普段よりボールが
「飛んで」しまうこともあり得ます。

もちろん、そうした操作ができるかどうかは
機械にもよるのですが、カラオケの採点で言えば
「接待モード」のような設定も、可能だということです。

もし仮に、そうした「接待モード」になっていたとしても
普段の自分のクラブと打ち分けさえすれば、
 

 「あれ、これ機械がちょっとおかしくないですか?」
 

ということもわかりますし、今のクラブさえあれば
最悪、同条件で比較することも出来るわけです。

ゴルフパフォーマンスは、厳し目?

ちなみにゴルフパフォーマンスの場合は、
自分たちフィッターが弾道測定器で打ってみて
 

 「まあ、自分だったらこれぐらいの飛距離だよなあ」
 

といった、リアルにかなり数値の
適正な飛距離が出るようにしています。

ですが、その設定がどちらかと言うと
他のショップさんとかよりもどうやら「厳し目」のようで
 

 「あれ、ヘッドスピードがこんなに出てないわけないんだよなあ」

 「飛距離、いつもならこんな飛んでないわけないんだけど」
 

ということを、いらしたお客様からは言われることが多いです。

(もちろん、ご自身のクラブと打ち比べていただくことで
 そのへんの違いについては、ご納得いただけています)
 

前回の話からの繰り返しになりますが、
お客様と数値を確認しながらクラブ選びが出来るというのは
弾道測定器を用いることのメリットの一つです。

ですがその可視化も、何らかの「比較対象」がないことには
意味をなさないかもしれないということ。

クラブを購入し替えることによる効果を
高くも低くも見積もってしまう可能性があるということ。

あなたがどんな場所でフィッティングを受けていただくにしても、
その点については、押さえておいていただきたいと思っています。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

GWを自宅で過ごすあなたへ…

自宅時間を有効活用して
賢くゴルフ上達しませんか?

 小原大二郎の『室内練習プログラム』

GW期間限定の特別価格で公開中。

今すぐ70%OFFで手に入れてください。
詳細はコチラをクリック!

詳細はコチラをクリック

期間限定です。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「意識しない」ことの大切さ

2021.04.28
morisaki

From:森崎 崇
新宿四谷店の事務所より、、、

 
 
こんにちは森崎です。
 

世間は明日からゴールデンウィークですね。

久々に羽根を伸ばして、心置きなくゴルフコースを回れる。
そんな方も少なくないのではないでしょうか。

さて、本日はそんな方のために

ラウンドで大切な
「意識しない」ことの大切さのお話を
させていただこうと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スライスの無くし方。コースでの対策。

2021.04.28
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

もしあなたが
70台、60台のスコアで回っているなら
今日の記事は読む必要はありません。

きっと「必要ない知識」だから、、、

でもあなたがもし、

・スライスに悩んでいる
・右のOBや林に打ち込んでしまうことが多い
・そのせいでスコアが伸びない

なら、

このアイアン素振りをぜひ
コースで試してみてください。

スライスの無くし方。コースでの対策。
たったこれだけ

まず、前提として
スライスが出る原因というのは

クラブヘッドがアウトサイドイン軌道、
体の外側から内側に抜けていくような軌道に
なっていることがほとんどです。

アウトサイドインでボールをとらえると
インパクトでクラブフェースがオープンになり、
ボールに右スピンがかかってスライスします。

そして、これは
クラブが長ければ長いほど起こりやすいので
ミドルからロングアイアンでは特に
注意が必要なのですが、、、

このアウトサイドイン軌道、
実は簡単に改善できるドリルがあるんです。

それもコースで、
ご自身のショット直前の素振り時間、
5秒もあれば十分です。

本日はそんな、
コースで出来るスライスの無くし方を
動画でご紹介いたします。

それではこちらから
どうぞご覧になってください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


この胸の高さでの横振り、
スイング軌道の確認にとても効果的ですのでぜひ、
ショットの直前に取り入れてみてください。

一度に行う横振りはたった5秒でも、
アイアンで打つたびに横振りを継続的に行うことで、
インサイドから入ってくる理想のスイング軌道を
体の筋肉全体で記憶してくれますので、
徐々にアウトサイドイン軌道は緩和されるでしょう。

ちなみに、

打った後にフォローで
左肘が引けてしまうスイングも
フェースが開いてスライスします。

この横振りは、
左肘の引けにも効果的ですので、
スライスにお悩みのお方はぜひ
試してみてくださいね。

近藤



<本日のオススメ>

ゴールデンウィーク、
ステイホームでゴルフ上達。

自宅時間を有効活用して
賢くゴルフ上達しませんか?

小原大二郎の『室内練習プログラム』

5月1日までの期間限定、
70%OFの特別価格で公開中。

今すぐ手に入れてください。

https://g-live.info/click/inroom_2104/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロとアマ、スイングのココが違う!

2021.04.27
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「プロとアマ、スイングのココが違う!」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

これをお読みのあなたも
自分のスウィングとプロのスウィングを見比べて、
その違いに愕然としたことがあるかもしれません。

では、決定的にプロとアマチュアで違うのは
スウィングのどこでしょうか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうしても治らない癖。飛距離を出す方法は?

2021.04.26
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今週末から
もうゴールデンウィークですね。

先日の松山選手の歴史的快挙から数週間…

彼の圧巻のプレーに触発され、
メラメラとゴルフ熱が
再燃しているのではないでしょうか?

世界に通用する飛距離を出し、
ビッグプレーを繰り広げる松山選手。

あんな風に思いっきり飛ばせたら…

と想像が膨らみますよね。

私のレッスンに来てくださる方の中にも、

満足な飛距離がだせないという方は
非常に多くいらっしゃいます。

飛ばしてやろうという意識で
気合を入れてクラブを振っているのに
なぜか飛距離がでない…

こういった場合、
様々な要因が考えられるのですが、

オーバースイングによって、
ボールにエネルギーがうまく伝わっっておらず、

本来の飛距離がでていない、という可能性があります。

本日はそんなオーバースイングによって、
飛距離を損してしまっている方に

おすすめの改善法を
ご紹介させていただこうと思います。

改善に重要なキーワード



オーバースイング気味の方の中には、
「スイングをコンパクトにする」
と意識されている方もいらっしゃるかもしれません。

しかしふといつの間にか
元のスイングに戻ってしまうことがしばしば。

意識し続けることは難しいですし、

ラウンドする際では、
どうしても飛距離を出そうとして
コンパクトにスイングする事が出来ない。

飛ばそうとしてオーバースイングの癖が再発してしまうというのは
必然のように思います。

オーバースイングを改善する場合、
重要なキーワードが2つあります。

まず1つ目として、

飛距離をどうしても出そうとしてしまうと
力みが生じて大きく振りかぶりすぎてしまうという事があります。

そのため、ばらくの間プレーの際には
1クラブ上のクラブを使ってください。

例えばコースで100ヤード残った場合、

普段であればピッチングウェッジで打つところを
オーバースイングが改善するまでは1クラブ大きい

9番アイアンでコンパクトなスイングで
軽く振って距離をコントロールする。

と言うようなスタイルで、
プレーされる事をおすすめします。

そうすることで、

オーバースイングでの不必要な振り幅が
だんだんと体から抜けていくというわけです。

そして2つ目としては、

やはり練習でその形自体を直していく
という事が必要になっていきます。

練習で要チェック!



練習する上で覚えていただきたい、
重要なスイングの要素がさらに2つあります。

1つ目は、スイング中の体の回転度合い。
2つ目は、スイング中の腕の振り上げる腕の高さ。

これらを改善していく必要があるのですが

まず1つ目、体の回転度合い。

バックスイングを上げる際に、
体が大きく回転しすぎてしまうと
オーバースイングになりやすいです。

スイング軌道としては体が大きく回転しすぎると
クラブがインサイドから下りてきてしまいますので、

ダフってしまったり、
あるいはボールを右の方へ飛び出させる原因を作ってしまうわけです。

この体の過回転、
大きく回りすぎる点を改善するためには

下半身の動きを制限する必要があります。

具体的に言いますと、
アドレスをした時の下半身に着目していくのですが、
バックスイングを上げる際、極力動かさないように

上半身の捻転だけで回転するように心掛けてください。

若干の回転と言うものが自然と生まれますが、
これまでよりも体が回転がしづらい
と感じることができればOKです。

具体的に言えば、
肩が90度回れば十分です。

肩から肩の練習において下半身は動かさず、
上半身だけを捻転させていくという事を意識してください。

骨盤の回転を作ってしまいますとヒップターンと言って、
肩が回転しすぎてオーバースイングになってしまうという事があります。

そして2つ目、振り上げる腕の高さ

こちらは肩から肩のスイングで
徹底的に練習していただきたいのですが、

テークバックで左腕が地面と平行な高さから、
フォロースルーも地面とクラブが平行になる程度の高さ

になることを意識して練習を行ってください。

この際、若干上がりすぎるくらいでも構いませんが
大きく上げすぎないよう意識してくださいね。

飛ばしたいという気持ちをコントロール



どうしても「距離を出そう!飛ばそう!」といった意識から
ついつい大きく勢いよく振りかぶってしまう

という事が起こりますので、

腕の高さをどこまで振り上げるか
というコントロールを行う。

これは結果として、
距離をコントロールするという部分にも
繋がっていきます。

最初のステップとしては左腕が地面と平行に、
フォロースルーでも右腕が地面と平行くらいの高さです。

これは必ず平行にしなくてはいけない
ということではなく、

あくまでも感覚として
平行かなという意識を持っていただく
程度で構いません。

極短に振りすぎていなければOKです。

ここでのポイントは
極端に振り上げることがないように鏡を見ながらだったり、
スイング動画を撮ってみたりして

自分がどれくらい振ってしまっているのか
というのをまずは自己認識する
というとこからスタートしてください。

オーバースイングで悩んでいる方は、
とても多いと思います。

はたまた実は自分がオーバースイングだと
気がついていらっしゃらない場合もあるかもしれません。

自分のスイングの姿を客観的に見ることで、
自覚していなかった改善箇所が見つかります。

オーバースイングだとわかったら、
まずはコースに行った時には1クラブ大きいクラブで
コンパクトに振るという事を心掛けるという点が1つ。

そして、オーバースイングの改善として
肩の回転度合い、そして腕の高さをコントロールするという事。

この辺りを意識していただいて
更に安定したスイングを、
身に付けていただきたいと思います。



〈本日のおすすめ〉

あの宮里藍プロも実践!

技術と身体の両方を
発達させるスイング練習法…

一つのスイング練習で、
技術も身について、
フィジカルも鍛えられる…

小原大二郎プロが生み出した
インドアレッスンプログラム

お家時間を最高に有意義に、
飛躍的なゴルフ上達を叶えます。

あらゆるスイングの問題を解決する
ゴルファー必見のプログラム。

ただ、5/1(土)まで期間限定公開中ですので、
どうかお早めにチェックしてくださいね…

https://g-live.info/click/inroom_2104/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あるゴルファーの悩み「左足がめくれる…」

2021.04.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます、
服部コースケです。

「意識しているんですが
 どうしても左足がめくれてしまうんです」

これは少し前、
飛距離アップレッスン会でドライバーショットの
指導をしていた時に相談されたこと。

彼はゴルフ歴20年近く、
ドライバー飛距離を伸ばそうと、初めて、
ゴルフレッスンに参加されたそうです。

はじめてのゴルフレッスンが
私のレッスンというのは大変光栄なことで
レッスン前のカウンセリングで

「いままで抱えていた疑問があれば
 何でも聞いてくださいね」

とお伝えしたところ、
彼はフォロースルーで左足がめくれることに
とても悩んでいると打ち明けてくれました。

フルスイングをすると
フィニッシュでバランスを崩すくら左足がめくれ、
逆に、めくれないよう左足を踏ん張ると、
スイングが窮屈になり飛距離がでない…

どうすればいいのかわからず、
とても悩まれている様子でした。

カウンセリング終了後、
実際に何度かボールを打ってもらい、
スイングを確認させていただいたのですが、
確かに左足がめくれてしまっています。

でも実は、
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

弾道計測器…フィッティングに絶対必要?

2021.04.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「弾道計測器…フィッティングに絶対必要?」
 

という話をさせていただきます。

さて、ちまたで話題のゴルフ弾道測定器について
お客様からこんな質問をいただきました。

昔はどうやってフィッティングをしていたか?

> 今はトラックマンなど精密機械があって、
> フィッティングにも取り入れられています。
>
> ですが、こうした機械(弾道測定器)がなかった昔は
> どのようにフィッティングをしていたのでしょうか?

 

ご質問、どうもありがとうございます。
 

これをお読みのあなたもご承知の通り、
今では高性能のゴルフ弾道測定器が複数出ています。

弾道測定器でも代表的なのは、以前にもお伝えした
「トラックマン」ですが。。。
 

2018-1106_1
 

2018-1106_2
 

こうした弾道測定器の登場によって、クラブの軌道だったり
スピン量だったりと、いろんな数値が目に見える形で
測れるようになってきているわけです。
 

ですが、この質問者様がおっしゃるように
昔はこうした機械が一切なかったわけで。。。

そんな中にあって、どうやってフィッティングを行ってきたのかという
質問者様の疑問が出てくるのも、もっともだと思います。
 

では実際、どのようにやっていたのでしょうか?
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

はい、実を申し上げますと、

実は、計測器はなくてもフィッティングは可能

ちょっと乱暴な話に聞こえるかもしれませんが。。。

実は、フィッティングをするにあたっては
計測器は特にいらないと、自分は考えています。
 

もちろん、フィッターによって考えは様々だと思います。

ですが、自分個人の観点で言えば、機械があろうとなかろうと
見ているポイントは実は一緒だったりしています。

ですので、練習場などの大きいフィールドで打っていれば
 

 ・飛んでいる球のスピンの入り具合だったり

 ・打ち出し角度だったり
 

といったものは、目で見えていさえすれば
十分にわかるからです。
 

 「ああ、この角度で飛んでいれば、まあ適正だよね」

 「正しい弾道っていうのは、ちゃんとこうなるんだよね」
 

ということを知っていれば、経験的にわかりますので
それをもとにクラブフィッティングを行うことができれば。。。

弾道がある程度見える環境であれば
特定の計測器は必須ではない、ということです。

「え、じゃあなんで弾道測定器を置いてるんだ!?」

はい、おっしゃるように
自分たちのフィッティングスタジオにも
弾道測定器を置いています。

それは、先ほどもお伝えしたように、
室内の場合、練習場などの広い場所とは違い
弾道を見届けることができないからというのが最大の理由です。
 

そしてもう一つの理由。。。
こちらのほうが、これをお読みのあなたにとっては
重要な理由になりますが
 

 フィッティングに来ていただくお客様に対して
 複数のデータを可視化し、ご覧いただくため

 

そのために、測定器を利用しているという側面があります。
 

これについては、以前にメールマガジンで
お客様の「体験記」をご紹介したことがありますが、
 

実録!会員様のフィッティング体験記

https://g-live.info/click/181129_nikkan/

 

つまり自分たちフィッターの側ではなく、
クラブをご購入いただくお客様の側にご理解いただくために
弾道測定器を使っている、ということです。
 

たとえば、クラブヘッドのどこにインパクトしたかについても
打った際の打音だけでも、何となくわかるのですが
 

 「ああ、やっぱりヒールに当たってましたね」
 

などといったことも、トラックマンなどの弾道測定器のデータを
お客様といっしょに明確に確認ができて、
打った後に情報を共有できるということです。
 

あるいは、インパクトの入射角についても同様です。

入射角は、ソールが当たる音だったり
目視であったりで、私たちフィッターが分かっていたものを
弾道測定器のおかげで、お客様と一緒に確認ができるので。。。

自分たちフィッターが分かっていることを
お客様と共有することで、より納得した形でクラブを提案することが
弾道測定器の登場によって可能になったというわけです。
 

もちろん、自分たちも弾道測定器は見ますけれども、
実際に見ているポイントというのは、測定器があろうがなかろうが
フィッティング自体は問題なくできる(できた)ということです。
 

ということで、以前ではお客様と正確に共有できなかった情報を
弾道測定器によって可視化し、共有できるようになったことは
お客様にとってもプラスの良い変化だと、考えています。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

【緊急配信】江連忠からあなたへ
新しい特別音声メッセージ…

 「松山英樹プロ、マスターズ優勝の秘密」

松山プロがなしとげた、この優勝の価値、
そしてこの優勝から学ぶべきものは
一体何だったのか…?

江連忠プロからの緊急メッセージを
このたび収録いたしました。

期間限定の公開となっていますので
ぜひ、お聴きになってみて下さい。

詳細はコチラをクリック

予告なく公開終了する場合があります。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で精密なパター技術を入手するアイテム

2021.04.21
gl_member

From:ゴルフライブ事務局

 
こんにちは。
ゴルフライブ事務局です。

 
皆さんは、パターマットはお持ちでしょうか?

 
自宅で簡単にできるゴルフ練習の一つとして、
パター練習はとても普及している上、
ゴルファーたちの間には有名な言葉で

 
「パット・イズ・マネー」

と言われるほど、
パッティング技術の向上が
スコアアップにとって重要なことがわかります。

 
そんな自宅のパター練習を

プロでも舌を巻くほどの
精密で高密度な内容に変える発明品

があるのをご存知ですか?

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタート前に欠かさないこと[飛距離アップ編]

2021.04.21
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます、近藤です。

「そんな風にやるんですね?」

これはあるラウンドレッスン会で、
朝のスタート前に生徒様から言われたこと。

僕はラウンドレッスンのスタート前に
同じ組になった生徒様との会話を楽しみながら
いつもどおりのスタート前ルーティン…

といいますか準備運動や
ウォーミングアップを行っていたんです。

そんな僕のウォーミングアップ風景に、
少し驚いたようだったんです。

その生徒様が言うには、、、

僕がその場でやってみせた
ウォーミングアップ法を知ってはいたけど
実際にやっている人は見たことがなかった。

スタート前であってもゴルフ場で行うのは
ルール違反なのかと思って気になってはいたけど
いままでやったことがなかったそうです。

これを聞いて僕は、

「ルール違反じゃないですよ。
 しかも、とっても効果的ですから、
 ぜひ◯◯さんも真似してください!」

と、ついオススメしてしまいました。

というのも、、、

僕がスタート前に欠かさないルーティンは
身体を温めコンディションを良好にできるだけでなく、

1番ホールのティーショットの緊張をほぐし、
リラックスして思い通りのショットが打てるようになる
非常にオススメなウォーミングアップ法だからです。

本日はそんな、
私オススメのスタート前ルーティン、、、

身体を温めパフォーマンスを上げる
ウォーミングアップ法をお伝えいたします。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。



練習用バット『POWER SWING』を使った
連続素振りについては小原プロのメルマガでも
詳しくご紹介されていたかと思いますので、

スタート前という状況に絞って、
ウォーミングアップ・準備運動の話を
すこし補足させていただきますね。

僕もスタート前に欠かさない
練習用ゴルフバットを使った連続素振りは、
「動的ストレッチ」という運動です。

ストレッチには
「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」という
2種類のストレッチがあるのですが、

バットを左右に振りながら行うストレッチは、
文字通り「動的ストレッチ」です。

スイングで必要な
腕・肩・背中・腰などの可動域の全てを使った
連続的な動きのことを動的ストレッチといい、

可動域の柔軟性を高め、
関節や筋肉に熱を作り出し、
心拍数を上げて筋肉が緩むことで
エネルギーを燃焼し始めるので、

身体にエンジンをかけるようなイメージで
ゴルフスイングの準備をすることができるでしょう。

逆にラウンニングの後にアキレス腱を伸ばすような、
グーッと10秒20秒かけて筋肉を伸ばすストレッチが
「静的ストレッチ」と呼ばれるもので、

これは筋肉の緊張をやわらげ、
柔軟性の向上や関節可動域の拡大
などの効果が得られます。

また、深呼吸をすることで
副交感神経を刺激し、
リラックスさせる効果もあります。

しかし、

準備運動で静的ストレッチを用いると、
必要以上に可動域や柔軟性が向上され筋発揮の低下や、
パフォーマンスの低下に繋がってしまうこともあるため、

ゴルフ前の準備運動には
バット素振りのような動的ストレッチを
することをオススメしています。

そしてもう一つ。

ゴルフルール場での練習用バットの使用についてですが、
スタート前、1番ホールのティーショット前であれば、
練習用バットでの素振りはルール違反ではありません。

1番ホールのティーショットを打った後に
練習用バットを振ってしまうとルール違反なりますが、
クラブヘッドもついていない明らかな練習器具ですので
クラブバッグに刺して持ち運ぶことも問題ありません。

本日の動画でもお伝えしたとおり、
練習用バットを使った
スタート前の動的ストレッチは

身体を温め、
パフォーマンスを最大化するのに
とても効果的ですので

ぜひ試してみてください。

近藤


追伸:

本日ご紹介した
僕も愛用している2本の練習用バット、
小原プロ開発の『POWER SWING』は、

ちょうど今、
ゴルフライブで販売中でした。

まだお持ちでない方はぜひ手にとって
スタート前のウォーミングアップや筋力アップなど、
ゴルフ上達効果を実感してくださいね。

https://g-live.info/click/powerswing2104/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加