カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

ブランクを克服する4つのステップ(基礎編)

2017.05.30
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

先日、昔コピーバンドをやっていた友人が、
しばらく楽器に触ることから、離れていたのですが、

弾いていた曲がテレビや、飲食店で、
流れているのを聞いて、またギターをはじめたと聞きました。

しかし、何年も弾いていなかったので、
当然、なかなかうまく弾けず、苦戦している
ようでした。。。

この話には続きがあるのですが、、、

続きを読む

バッバ・ワトソンに学ぶ非常識な練習法

2017.05.29
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「バッバ・ワトソンに学ぶ非常識な練習法」

について、お話ししたいと思います。

バッバ・ワトソン。
言わずと知れたメジャーチャンピオン、
そしてツアーでもトップクラスの飛ばし屋ですね。

そんな彼が、以前にある「快挙」を達成したことを
あなたはご存知でしょうか?
続きを読む

これからはゴルフも人工知能の時代?

2017.05.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

そんなことがあるんでしょうか。

「人間を超えた。これからは人工知能の時代?」

うーん。
そう言いたい気持ちはわかります。

先週、人工知能が囲碁の世界最強棋士に勝ち越した
というニュースを見ました。

どちらが勝っても
人間の勝利には間違いありませんが…

続きを読む

「技」テクニックはさまざま

2017.05.28
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・テクニックはさまざま」

というお話をさせていただきます。

スポーツの世界ではそれぞれの競技において、
千差万別なテクニックというか、理論が存在しています。

それは、どんな世界でも同じでしょうけれど。

そして、ゴルフでも
あなたにピッタリの理論がどこかにあるはずです。が。。。
続きを読む

ミドルアイアン以上でスライスが増える…

2017.05.27
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ミドルアイアン以上でスライスが増える…」

についてお話しようと思います。

ミドルアイアン以上ということになると、
6~7番より上の番手あたりかなと思います。

スライスも確かに出やすいんでしょう。

でも、そんな時にあなたは
こんな動きになっていませんか?
続きを読む

ヨソユキのスイングがダメな理由

2017.05.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「ヨソユキのスイングがダメな理由」

という話をしたいと思います。

たとえばあなたが、ゴルフショップなどで
試打とかをする場合。。。

店員さんの前だからと、カッコつけようとして、
いつもよりもかなり気合を入れて
クラブを振ってしまうこと、ありませんか?

でも。。。それはNGです。
続きを読む

バイク乗りとビジネスゾーンの意外な関係

2017.05.24
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

ここ10年くらいで、
ゴルファーがファーと叫ばなくなったという
話をチラホラ耳にします。

マナーをしっかり学んで来なかったからだ、
変に恥ずかしがってるからいけないんだ、、
など、色々な意見があるようですが、先日打開策をひらめきました。

それは先日カートに乗った時のこと。

そのカート、ひいてはそのゴルフ場は非常時用の
無線機が付いていたのですが、そこで思いつきまして、
カートからファーという音が出るようになればいいのではと思いました。

イメージとしては、ナースコールのようなものなら
ちょうど良いでしょう。

今から急に付けるのは無理だと思いますが、
そういう機能が将来的にあればいいなと思いました。

さて、今日は

「バイク乗りから学んだビジネスゾーンの重要性」

という話。

このメルマガをお読みの方にも
バイクが好きだという方、いらっしゃると思います。

僕は原付に乗ったことがある程度ですが、
生徒さんの中に、ゴルフと同じくらいバイクが
好きな方がいらっしゃいます。仮にKさんとします。

そのKさんととコースティーチングの際に、色々と
話していたのですが、バイク好きの観点から
ビジネスゾーンを解釈されていた話がタメになったので、

今日はご紹介したいと思います。

うまくなりたいなら。。。

Kさん「それにしても、ビジネスゾーンって
バイクの向き合い方と似てるところあるんですよね。」

森崎「これは、思わぬところからきましたね(笑)
どう似てるんでしょうか?」

Kさん「もちろん、バイクはゴルフと違って
命が懸かってますから簡単に比較しちゃいけないんでしょうけど、
じつは、バイクも小さいところから始めた方が良いんですよ。」

森崎「そうなんですか?」

Kさん「よくバイク乗りの中では、1,000cc以上の大きいバイクは
250ccとか400ccを乗って練習してから乗れという意見があります。

ただ、個人の自由があるので、免許が許せば始めから1000cc超えしようと
それは構わないと思います。大きい方が所有欲もひとしおですからね。

ですが、上手に乗れるようになりたいのなら絶対に
小排気量から乗るべきなんです。」

森崎「なるほどですね。その流れがビジネスゾーンと似ていると?」

Kさん「そういうことです。ビジネスゾーンが小さい振り幅からというのと
同じで、ライディングテクニックを磨きたいのなら、
まずは125ccくらいのバイクで体に技術を覚えさせたほうが、
始めから1000cc超えの人と比べて、明らかな差が出ます。」

森崎「そういうものなんですね。。。勉強になります」

Kさん「なので、ビジネスゾーンを知った時は
そういうことねと割と早く理解できましたし、
理にかなってると思いましたねー。」

森崎「そう言ってもらえると、
なんだから勇気が出ます!」

Kさん「いえいえこちらこそ、、、
やっぱりどんな分野でもそうですが、
小さな積み重ねですね!」

森崎「そう思いたいです。」

何をするかは自由ですが、、、

今日はこんなお話を御紹介しましたが、
やはり別のジャンルのお話を聞くのは
非常に楽しいです。

ゴルフも、ゴルファーの数だけ
ゴルフの目的が違います。

スコアを求める方、飛距離を求める方、健康のためという方、
人脈作りの方、仲間内でワイワイやるためという方、、、

こういったように、全てのゴルファーがスコアを
追い求めているわけではないと思います。

なので、Kさんの話のようにゴルフに何を求めるかは
自由ですが、今以上に上手くなりたいとなると、やはり
やるべきことは自ずと決まってくるように思います。

そうすると、三段飛ばし進んでいくのではなく、
やはり小さな積み重ねが必要だと思いっています。

そのためにも、ビジネスゾーンを習得の重要性を
多くのゴルファーに伝えていけるように頑張っていきたいと
思った次第です。

是非、あなたも小さな振幅から着実に
積み重ねていってくださいね。

<新プログラムの公開は本日終了>
なぜ、この方法を使うと、、、

・50ヤード以内のアプローチがピタッと
 寄せられるのか
・スイングがシンプルになって、ゴルフに集中出来るのか
・なぜこの方法は、実践するのに、スキルも、実力も、
 時間も必要としないのか?

この秘密の公開は今日(24日)までです。。。

その秘密はこちら

どっち派?上達にまつわる2人の小学生の話

2017.05.24
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

突然ですが
あなたはどっち派でしょうか?

先に食べる派?最後に食べる派?

何の話かと言うと、ご飯の話。

ゴルフと全然関係ないじゃないか!
と思った方。

これが結構上達のヒントが
隠されているんです。

ご飯を食べるときに、
美味しいものとか
自分の大好きなものってありますよね。

給食でも、美味しいデザートとか、
子供がいかにも好きそうな食べ物って、
メニューの中に一つや二つはあるもの。。。

僕が教員を目指していたころ
小学校の教育実習があったのですが
だいたい子供は次の二つに分かれます。

先に食べる子と、
最後に食べる子。

あなたはどちらでしょうか?

しかも

美味しいモノを最後に食べる事によって、
その後の人生に大きな違いが出る。

なんて報告もあるそうです。

つまり、
美味しいもの=報酬をスグに欲しがるタイプと、
報酬を後々まで待てるタイプでは、

待てるタイプの方が長期的に見て、
満足した人生を送ると言うらしいんです。

これは極論かもしれませんが・・・。

では、これがゴルフには
どう関係あるのでしょうか?

もちろん、

美味しいデザートを最後まで残しておく習慣のある人が、
ゴルフで100切りしている割合が高い

なんてことはないでしょう。

・・・

しかし、手っ取り早くスコアを出そうとして
遠回りしている気がする
というゴルファーは多くいます。

つまり、、、

スコアは後回しした方が大きくなる

勘のいいあなたはもう気づいたかもしれません。

そう。

ゴルフって1日や2日で
スコアが一気に伸びるスポーツではありませんよね。

例えば

「昨日の宮本プロのレッスンのおかげで
 ベストスコアを出すことができました!!」

というご報告。とっても嬉しいです。

でもこれは1日や2日の練習の成果ではありません。

その前にも一人で家で練習したり
休日、暇をみつけて練習場にいったり、DVDを見たり
なが~いプロセスがあるんです。

むしろ、
レッスンの結果は今日の明日に出して欲しいのではない
くらいに考えています。

なぜなら、僕が重視したいのは
結果よりもプロセスだったりします。

だからナイスショットでもあまり褒めませんが
ミスは大いに褒めることもしばしばあって
生徒さんに驚かれるんですが・・・

結果VSプロセス

もし、これが結果ばかり重視してしまうと
どうなるでしょうか?

教員を目指していたとお伝えしましたが
僕は結果ばかりを重視していたら
生徒がどうなるか良く知っています。

結果がでないテストの報告を嫌がる。

テストで悪い点をとったことに落ち込み
自己嫌悪に陥る。

しまいには結果を報告しなくなったり
ズルをして100点を取ろうとしたり
ウソの結果を報告するようになってしまいます。

今の結果なんてどうでもいい。
先生は、1年先2年先を見ているから。

なんて言っていたことを思い出します。
これはゴルフも一緒。

スコアを後回しにする。

もちろん1日でも早く
結果を出してもらうために指導しますが

結果のために近道したり
ズルしたりすることには
厳しくありたいです。

それよりも

結果がでなくて苦しい時期を我慢して
乗り越えようとするその気持ち。

苦しい時期に逃げない人。

そんな人をいつも褒められるような
コーチでありたいと思います。

結果を我慢する。
成功を後回しにする。
と言う事は、究極の上達法則かも知れません。

あなたはどう思うでしょうか?

PS
そういう訳で、教育実習の時に学んだことは
今のゴルフコーチでもとても役立っています。
遠回りしたと思っていましたが、
これもいいプロセスだったなと思います(^^)


<本日のオススメ>
注意:アプローチでPW、AWを使っている方

百発百中のベタピンを狙うなら
サンドウェッジ1本!?

スコアアップというものを考える上で
欠かせないモンゴ流サンドウェッジの秘技とは…?

その秘密はこちら

簡単に10打は良くなる方法、教えます

2017.05.23
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「簡単に10打は良くなる方法、教えます」

について、お話をしてみたいと思います。

夏が近づくにつれ
芝生の緑も鮮やかになってきました。

気温も昼間はかなり上がってきましたね。
ちなみに僕は真っ黒に日焼けしています(笑)。
続きを読む

ラウンド当日の朝、食べていますか?

2017.05.22
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

突然ですが皆さん、
ラウンド当日の朝食はどうされていますか?

いつも通り、家でパンとコーヒー?
ゴルフ場へ向かう途中のコンビニでおにぎり?
それとも朝食抜きなんてことはありませんよね?

ゴルフにおいても食事の大切さは同じです。

長年、身体作りが趣味の私ですが
今回はゴルファーのための
栄養の話をしていこうと思います。

続きを読む

ぼくの夢はプロゴルファー

2017.05.21
服部hattori

あれは15年前
卒業文集に書いた夢

服部公翼

僕は小学校の時から
身体が小さくよく怪我をした。

よく病院にも行った。

初めてゴルフをやったのは18歳のときだった。

テレビで見るプロゴルファーは身体がでかくて
腕や足もすごく太くて自分と比べたら全然違っていた。

進路を決める時が来た。

母親に相談したら
「自分のやりたいことをやりなさい。
でも体を使う仕事はむいてないからやめなさい」
と言われた

だからぼくはこう言った、、、






「プロゴルファーになりたい」





母は笑っていた。





学校の先生には
「お前の体格では絶対ムリだぞ」
と言われた。




それは分かっていた。





でも将来は、、、

  

                  

ライバル心

      
           
はじまりは実家に近い練習場
高校の同級生も偶然そこに通っていた。

彼はガンガン飛ばしていた。
本当によく飛ばしていた。

よくよく話を聞いてみると彼はこの練習場で
とても期待されていたゴルファーだった。

しかも彼は当時同じクラスの
マドンナだった女の子と付き合っていた。

とにかく彼に負けるのが嫌だった。
ゴルフの飛ばしだけでも絶対に勝ってやる。

そう思っていた。

飛距離へのこだわりが芽生えた瞬間だった。
 

              

オーストラリアへ

もっともっと上手くなりたい。
武者修行に選んだ先はオーストラリア。

本当にゴルフ漬けの毎日だった。

本当にお金がなくて、
煮たにんじんが主食だった。
帰りの航空券を売って生活費に当てようとさえ思った。

一番つらかったのは私を見てバカにされた事。

練習場で打っている私を見て
地元の身体の大きい学生によく指をさされて笑われた。

私の身体の小ささなのか、飛距離なのかわからない
でも私を見て「hahaha」声をだしていつも笑われていた。

オーストラリアに渡って5ヶ月
依然として私のゴルフは上達しなかった。

スコアで負けることよりも
ドライバーの飛距離で負けることが何より悔しかった。

練習に行けば馬鹿にされる
納得いくショットも打てない
お金がない、友だちがいない、文化の違い、、、

もう諦めようか、、、

              

覚醒

でもあれは誓った夢だから、、、



もう一度やってみる。

オーストラリアのこの経験で
私はさらに飛距離にこだわるようになった。

飛距離が伸びばバカにされない
認めてくれる。そう思った。

素振り、筋トレ、飛距離アップの練習はなんでもやった。
それでも効果は出なかった。

そんな中オーストラリアの
あるレッスンプロとの出会いが私を変えた。

今までの苦悩がウソのように
一気に飛距離を伸ばすことができた。

きっかけは小さなことでした。
本当に小さなことでした。
それでも私は変われた。

諦めないでよかった。
続けてきてよかった。

その経験が今でも私を支えている。


PS

近日中に私の新プログラムを発表します。

飛距離だけにこだわり続けた人生
あらゆることを試してきました。

その中で本当に飛距離アップに
役に立つことだけをまとめました。

日本にいたら絶対に出会えなかったもので
私の人生のすべてが詰まっています。

行く前は100yしか飛ばせなかった自分が
今では300y飛ばせるようになった。

その極意を全て公開します。
是非楽しみにしていてください。     

「心」マスクで瞑想

2017.05.21
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・マスクで瞑想」

というお話をさせていただきます。

今回ご紹介する方法は、楽に呼吸できる姿勢にして、
次の3つのことを行なうだけです。
続きを読む

「2打で乗せてやろうお化け」に勝つ方法

2017.05.20
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「“2打で載せてやろうお化け”に勝つ方法」

についてお話しようと思います。

あなたも距離の長いロングホールって、
思いっきり飛ばしたい気持ちになりませんか?

でも。。。ちょっと待って下さい!
続きを読む

ドライバーが上がらない・・・(泣)

2017.05.19
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

前回のメールではたくさんの
お祝いコメントをいただきまして
本当にありがとうございました!

心から感謝いたします!

本当に沢山の方から祝福していただいて、
とっても幸せ者ですね。^^

式の準備期間から考えてみたら、
終わってみれば本当にあっという間でした(笑

奥さんの喜んだ顔も見れたし、
新婚旅行も含めて二人の良い思い出になりました。

と同時に、結婚式というイベントを
二人で乗り越えることによって
絆がより深くなったことを実感しています。

 

心機一転!

また仕事モードで
頑張っていきたいと思います!

それでは、本日のテーマになります。

「ドライバーが上がらない・・・(泣)」

についてお話をしようと思います。

実はこの悩みというのは
初心者ゴルファーは勿論ですが、

100切りをしているゴルファーでも同じように
悩まれている方が少なくありません。

そこで、今回は、ドライバーが
上がらない時のチェックポイントを
3つご紹介していきたいと思います。

まず、最初に確認すべきポイントは、、、
続きを読む

何故?スイングがよくなったのにミスが出る

2017.05.18
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「何故?スイングがよくなったのにミスが出る」

という話をしたいと思います。

正直、今回のテーマは
お話しするかどうか迷いました。

でも、今後のことも考えて、
敢えてお伝えしたほうがいいのかなと思いまして
思い切って公開したいと思います。
続きを読む