カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

【ビデオ】グリップの変化で差がつく

2022.10.08
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご購読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

たくさんゴルフ雑誌や、
練習場でも何発もボールを打ち練習を重ねたのに、

なかなか飛距離が伸びない。
上達しない。

と思ったことないですか?

そこでめげてしまったら非常にもったいないです!
思いもしない部分でつまづいている事に
気づいていないだけかもしれません。

その気づいていない点とは、
「グリップ」です。

グリップはクラブを握る際に
唯一の接点となる所なので、すごく重要な部分です。

これはアマチュアだけでなく、
プロも含めてゴルファーに言えることです。

松山英樹選手やタイガー・ウッズ選手など、
トップで活躍するプロでさえ、
グリップをかなり気にかけています。

そこで本日は、
グリップの「左手の握り方(ストロングの度合い)」
についてお話していこうと思います。

このストロングの度合いを、
コースの場面ごとに使い分けることができると
飛距離アップ、スコアアップに繋がってくることでしょう。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]ついに最終!スライス改善プログラム

2022.10.07
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

寒いですね~(笑)

先週まで半袖で過ごしていましたが、
慌てて長袖の服を出しました。

急に気温も低くなり、
ようやく秋を感じられるようになってきました。

気温の変化も大きい時期ですので、
みなさん体調には十分気をつけて下さいね!

今週はタイトルにもある通り、
スライス改善プログラムがいよいよ最後になりました!

今日まで5週に渡ってお伝えしてきた
スライス改善プログラム。

こちらに第1弾~第4弾までの内容をまとめましたので、
もし、見逃してしまったという人は
こちらからチェックしてみてくださいね!

第1弾:スライス撲滅プロジェクト開始!

第2弾:スライス改善!第2弾!今回は…

第3弾: 第3弾!今日のプログラム内容は…

第4弾:スライス改善プログラム!いよいよ終盤へ!

最後の今日は、
前傾キープについてお話していこうと思います。

多くのゴルファーが前のめりになった
セットアップをしています。

重心が前にあると、
スイング後半でボールに近づく動きが発生し、
前傾姿勢が崩れやすくなります。

また筋肉も十分に使えず、
飛距離もロスしてしまいます。

これが解決できるとスライス改善に繋がるのはもちろん、
ミート率アップにもなります!

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間違いだらけの「ゴルフの真っ直ぐ」とは?

2022.10.06
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「間違いだらけの『ゴルフの真っ直ぐ』とは?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ここにいらっしゃるあなたであれば
すでにご存知のことかもしれませんが。。。

初心者の方が勘違いしやすい
「ゴルフの真っ直ぐ」というものがあります。
それは。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチで用意しておくべき手札

2022.10.05
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます。
近藤です。

 
昼と夜の寒暖差が激しくて体調を崩しやすい時期になってきましたね。

ゴルフをするには練習にもラウンドにも気持ちよく通える季節ですので、
ぜひこのシーズンで一気に上達を目指していきたいですよね。

 
スコアアップのためには「スイングを磨く」以外にも、
攻め方を考えたりコース攻略の手札を増やすということも重要です。

 
そこで本日は特にスコアに響く
グリーン周りのウェッジでのアプローチについてお伝えしていこうと思います。

 
寄せられる確率の高い選択をした上でのクラブ選択から、状況に応じた攻め方まで、
アプローチの手札を増やして上達の参考にしてください!

より成功確率の高いクラブ選択

例えばピンまで30yのグリーンに対するアプローチを想定しましょう。

持っているクラブの中でもロフト角が高いウェッジを
無意識に選ぶ方も多いのではないでしょうか。

しかし、100切りを目標としている方にとっては、余程ウェッジが得意でない限り、
ロフトが少ないウェッジを選択したほうが寄せやチップインの成功率が高い場合が多いのです。

 
ショットした際には、ボールが着地するまでのキャリーと、
そこからの転がりの分の距離ランがあるわけですが、

 
大体の目安として、キャリー:ランの割合が
アプローチウェッジで1:1
ピッチングウェッジで1:2くらいなので、
(人によって前後するので、自身のキャリーと距離を把握しておきましょう。)

例えばこの場面で言えば、単純計算で考えれば
AWで15y地点にキャリーとなるよう打つか
PWで10y地点に落として転がすか。

という選択肢があります。

(さらに上級者向けだと、低く打ち出してスピンで止める、という場合もありますが)

 
このようにキャリー重視でピタリと寄せるアプローチと、
上げたボールを転がすピッチエンドランの寄せ方があり、

ベストショットを想定するならキャリー重視で
ベタピンに落とせればベストですし、上級者ならそれを積極的に狙っても良いですが、

スイングが大きくなるほどトップやダフリの危険性が上がることも想定しなければなりません。

 
この場面で言えば、恐らくAWでトップをしたらグリーンは大きくオーバーするでしょう。
ダフリの時は刺さり具合によりますが、極端に短くなる可能性が高いです。

 
一方PWを使ったのであれば10yキャリーを狙ったスイングのためトップの影響も少なく済み、
またスイングが小さい分ミスの確率も減るでしょう。

 
当然、これはコースの状況により必ずしも一定ではありません。

砲台グリーンや下り傾斜のグリーンであれば、ランを使ったら距離を制御できない場合もあり
ケースバイケースで異なる手札を使う必要はありますが、
より成功率の高い手札を切れる方が安全で確実にスコアを稼げます。

ショートアプローチの手札を準備

特に30‐50yの寄せはコースで使う頻度も高いので、しっかり手札をそろえていきたいところです。

 
そのためにも練習場では、同じ距離を目標にして複数のウェッジで寄せる練習をして、
どんな状況でもリスクを回避して攻略できる準備を整えておきましょう!

 
スイングは腰―腰や肩―肩のようにスイングの幅で調整し、スイングのスピードはなるべく一定で行うことが安定のためのコツです。

 
今回の内容を参考に、ぜひ本番で結果を出せるアプローチを手に入れてください!

 
近藤


<本日のオススメ>

楽してスコアアップをするというのなら、
コース戦略の面でも正しいコース情報を手に入れることは
非常に重要です。

 
そこでこのGARMIN社製の
「APPROACH Z82」ゴルフスコープの詳細を
ぜひ知ってください。

 
一般にゴルフスコープはレーザー形式でGPS非搭載の距離計が多いですが、
ガーミンは自社のGPS通信技術やゴルフコースの情報など
他社に真似ができない強みを活かし、コースを丸裸にする
他のスコープとは全く異なるゴルフスコープを作ったのです。

 
ただ、コースの情報や正確なデータが手に入っても、
そこからスコアへつなげるのはまたもう1ステップ必要ですよね。

 
今ならその1ステップとしてゴルフライブ限定特典の
「世界一ずる賢いコース戦略」のプログラムもプレゼントしています!
数量限定なのでお見逃しなく。

GARMIN Approach Z82の詳細はこちら

https://g-live.info/click/z82_hs2210/


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上田桃子「いいものを着て勝つ!」のススメ

2022.10.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「上田桃子『いいものを着て、勝つ!』のススメ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

まだ、上田桃子プロが駆け出しだった頃、
こんなことがありました。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本番こそ!ドライバーショットで失敗しないために。

2022.10.03
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

1打目が成功するかしないか?

その日一日のラウンドの流れを
決定づけてしまうと言っても
過言ではないですよね。

1打目でナイスショットがでれば
その日1日が良い流れのまま進行できますし、

もし、スライスやフック、
ダフリといったミスショットになってしまえば、

「挽回しなくちゃ」「次のホールではミスできない」

このようにプレッシャーを抱えたまま
ラウンドを進めていくことになってしまいます。

では、1日のラウンドを左右する
大事な1打目を成功させるために、
普段の練習場ではどんな練習をしたらいいのか?

そして、コースではどういう意識を持って
スイングしていけば成功率を高めることができるのか?

ミート率を高めるスイング



一打目の成功率を高めるために
行っていただきたいのが、肩から肩のスイングです。

これまで、ビジネスゾーンの小さな振り幅から
フルスイングまで状況や目的に応じてご紹介してきました。

ビジネスゾーンの振り幅というのは、
腰から腰の小さな振り幅ですね。

ビジネスゾーンの振り幅はミート率が高いのですが、
ビジネスゾーンの振り幅でドライバーでのショットですと、
あまりにも飛距離をロスしてしまいます。

そこで、コース場でミート率を上げるためには、
肩から肩の振り幅のスイングを行うことが
スイングの成功率を高めるポイントになります。

ただ、

肩から肩の振り幅のスイングですと
飛距離が落ちてしまうんじゃないか?

と心配されるかもしれないのですが、

およそ1割~2割程度、飛距離は落ちてしまいます。

ただ、飛距離が多少落ちてしまう代わりに、
ショットの成功率は遥かに上がってきます。

雄大なコースを目前に
飛距離を出したいと思われるかもしれないのですが、

スコアアップを叶えるためには
たとえ飛距離を多少ロスしたとしても、

まず確実にナイスショット(結果)を出すことが、
とても大事になってきます。

スイング中のポイント



肩から肩のスイングのポイントですが、
スイング中の重要なポイントが
ベタ足でスイングを行うということです。

ベタ足のスイングは
両足の裏が地面に接地したまま
フィニッシュを迎えることですね。

バックスイングで振り上げて、トップに来たとき、
右足の土踏まずに重心が乗ります。

そしてこのとき左足の裏は
地面にくっついたままににしてほしいのですが、

多くのゴルファーが
ここで右足の小指側に重心がのってしまって、

右足の土踏まず側が
外側にめくれてしまう方が
非常に多くいらっしゃいます。

バックスイングで振り上げたときにも
しっかりと体重を土踏まずで受け止める。

そしてフォローサイドからフィニッシュでは
左足の土踏まずで重心を受け止める。
そして、右足の裏は地面に接地していること。

これがとても重要なポイントになっていきます。

肩から肩の振り幅で
ベタ足のスイングをマスターしていただけますと、

飛躍的にミート率が向上し
プレッシャーのかかる一打目のショットや、

苦手な場面でもショットも
上手く切り抜ける事ができますので、

ぜひ練習場で取り入れていただき、
コースで活用していただきたいと思います。



〈本日のおすすめ〉

もしあなたが
どんなバンカーでも確実に1打で脱出でき、

ふわりと高いロブショットを打てて
アゴ高バンカーでも安全に攻略できるとすれば、
どうでしょうか?

そんなことが出来れば苦労はしない。
と思うかもしれませんが、
その苦労を取り払えるのが、このウェッジです。

もし、あなたが今後
バンカーによって引き起こされる
苦労やミスから解放され、

どんなバンカーがあっても
強気に最高の結果を追求したいなら、

このバンカー名人の性能を知っておいて
決して損はありません。

バンカー脱出の成功率を一気に引き上げるクラブ

「Bunker Meijin」(バンカー名人)

詳細はこちら…

https://g-live.info/click/bunker_2209r/

※数量限定のため完売次第終了となります。
 ご注意ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スイングのタイミング見失ってないですか?

2022.10.01
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご購読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

アドレスで構えたのはいいけど、
打つまでに時間がかかったり、
タイミングを掴めないという経験はないですか?

「打つ前に色々考えてしまう」

「力んでしまって力が入ってしまう」

「打つタイミングがズレてミスショットしてしまう」

など色々な問題があるかと思います。

初心者の方で固まっちゃう方もいれば、
中級者、上級者でもアドレスで固まってしまうことに
悩まれている方もいらっしゃいます。

アドレスで固まる
3つの大きな原因

アドレスで固まる、打つまでに時間がかかる、タイミングを掴めない…
などの原因ですが、3つの原因、または要因があります。

1.スイングに入るタイミングがつかめない

ゴルフスイングというのは、
静止した状態からスタートするイメージがあるかもしれませんが、
全く動いていない状態から動き出すということは、
とても難しいことです。

例えば、他のスポーツでも小刻みに体や物を動かしていると思います。

2.完全に静止しない

上記で話をした続きにもなるのですが、
ゴルフでも完全に静止した状態から、
テークバックさせるのはとても難しい事です。

スイングに入るタイミング、リズムを掴むためには、
完全に静止しないことが大切になってきます。

プロのアドレス時の様子を見ていると分かりますが、
完全に静止している人はほとんどいません。

3.考え過ぎない

何に気をつけてスイングしようか。
スライスしないだろうか。
フックさせたくないな。

などアレコレ考えてしまうと、
スッと構えて、サッと打つなんてことが
出来なくなってしまいます。

ベン・ホーガンの名言で、、、

「一度に多くのことを全て完璧にやり遂げようとしない」

という言葉があります。

とは言っても、
不安からくるものなので、
ある程度は仕方のないことです。

そういう人は、
自分の中で「ショット前の動きルール」を決めてみてください。
プロゴルファーは各自「ショット前の動き」は決まっています。

同じ動きを行うことに意識が向くため、
余計なことを考えなくなり、
ショットに対する不安も無くなっていきます。

スムーズなスイングには
リズムが大事

リズムが掴めない方は、
『フォローをだしてからバックスイング』をしてみましょう!

フォローからクラブが戻る慣性により、
スムーズにバックスイングできます。

フォローを出す動作により
自然と下半身も動き体重移動もできます!

アドレスしたら、
スイングは考えずリズムが大事です。

リズムが安定している方は、
緊張した場面にも強くなっていきます。

ゴルフはリズム&再現性が
とても重要になってきますので、

「スイングがうまくいかないな」という時は、
リズムも見直ししてみてくださいね。

本日も最後までご購読いただきありがとうございました。

服部コースケ



<本日のオススメ>

大人気!バンカー特化ウェッジの
在庫が確保できました!
『BunkerMeijin Ⅳ(70°)』

前回、販売時に即完売してしまった
BunkerMeijin Ⅳ(70°)ですが、
メーカーさんにお願いして、
わずかですが、在庫確保できました。

前回、手に入れられなかった方は、
この機会をお見逃しなく!

詳細はコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]スライス改善プログラム!いよいよ終盤へ!

2022.09.30
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

スライス改善プログラムも
いよいよ終盤になってきました!

今週は第4弾を
お届けしていこうと思っています。

今日はグリップエンドの向きについて
お話をしていこうと思います。

スイング動作の中だと、
身体の使い方などを意識する事が多いと思います。

今回は身体ではなく、
グリップエンドを意識して
スライス改善をしていきます。

グリップエンドを向かわせる、
という動きが、
正しい身体の使い方を引き出してくれます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴルフが上手くなりたいなら○○○は大事

2022.09.29
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ゴルフが上手くなりたいなら○○○は大事!?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

なんだか、前回と似たようなタイトルですが。。。

ですが、このことはぜひ多くのゴルファーの方に
知ってほしいということで、お話ししたいと思います。

それは。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

左右に曲がるお悩みは、始動をチェック

2022.09.28
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿

東京の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
ゴルフのスコアアップ、特に100切りを実現するためには、
真っすぐボールを打てるようになることは非常に重要です。

 
ただ、意図しないスライスやフックにお悩みの方は多く、
そういった方のスイングの動きには”ある特徴”が共通して多く見られます。

 
本日はそんな動きを改善し、
意図しないボールの曲がりやミスヒットを予防する方法についてお話しします。

インパクト前後ではなく、、、

その動きの特徴とは、スイングの始動である
テークバックの動きにあります。

 
どうしてもインパクトの改善となると
インパクト前後の動きに注目して改善しようとしてしまいがちですが、

テークバックが乱れると、そこからフェースやクラブの軌道を
コントロールすることが困難になるため、ここをまず直さないと
ミスが再発してしまったり、改善自体が困難になります。

 
とはいえ主観で見ていると、なかなか
適切なテークバックができているかどうかは
判断しづらいですよね。

 
そこで本日は、テークバックの問題を簡単に確認できる
練習場でも実践が可能な練習内容をご紹介いたします!

動画はこちら

いかがでしたか?

 
気付かないうちにテークバックが歪んでしまい、
スイング全体に悪影響を及ぼしてしまっている
方は少なくありません。

 
本日の内容を実践して適切なテークバックを手に入れれば、
始動の動きと共にインパクトも自然と改善されるので、
ボールの曲がりのミスが減って真っすぐ飛ばしやすくなり
ショットの精度も向上します。

 
スライスやフックにお悩みの方はぜひ練習場で実践して、
お悩み解決に役立ててください!

 

ガッツパー水柿


<本日のオススメ>

方向性と飛距離、同時により上を目指したいなら、
クラブに仕事をさせる感覚を養いましょう。

 
そのための練習アイテムが、この
「トバシアEXアイアン」です。

 
ゴルフクラブ特有の「しなり」を活かしたミートと、
手打ちをしないための体をしっかり回すスイング。

 
それらの感覚を養うために、より強力にしなりを意識できる
この練習器具を振ることで自然と体が覚えていき、

最大飛距離の向上と、ミスにつながるフェースのブレの予防が可能になります。

 
小原プロが開発し、最高の練習効率となるよう
しなりの強さ(シャフトの硬さ)をこだわり抜いたアイテムなので、
ぜひ試してださい!

詳細はこちら

https://g-live.info/click/tovasia_exi7_2209ex/



 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トッププロが欠かさない基礎練習とは?

2022.09.28
kondo

From:近藤雅彦
神田のカフェより

おはようございます。
近藤です。

 
先日、松山英樹プロが ZOZOチャンピオンシップへの出場を発表し、
日本のゴルフをまた盛り上げてくれそうな期待が高まっていますね。

 
松山プロと言えば、今年のツアーの最中、
テレビにも映らず、関係者も帰った後でもひたすらに地道な練習を続けている様子を
PGAツアー公式インスタグラムで取り上げられ、
その練習に対する献身的な姿勢が海外でも高く評価されていました。

 
今日はそんな松山プロが基本の練習として欠かさずこなしていることで有名で、
他のトッププロも継続的に取り入れているとある練習
について、ご紹介いたします。

体の旋回と手首に即効性のある改善ドリル

そのドリルとは、片手打ちドリルです。

これに関しては、「なんだ、それなら知っているよ」という方も多いと思いますが、
アマチュアの方で練習として習慣化している方は意外と多くお見掛けしません。

 
たしかに、練習場では思い切りボールを打って気持ちよく飛ばしたい!
と思うのは非常にわかるのですが、一見地味なこの練習は、

スイングにおける手首や腕の悪い動き、体の使い方まで
様々なポイントを改善してくれる即効性のあるドリル
なので、
ぜひ練習として習慣化して頂きたい内容となてち増す。

 
本日は、そんな片手打ちドリルのやり方について
動画でお話しているので、ぜひ参考にしてみて下さい!

動画はこちら

いかがでしたか?

 
両手でクラブを持っていると、体を使わずに腕だけでも
簡単にクラブを振れてしまいます。

それがいわゆる手打ちにつながるわけですが、
片手ならば重さがかかるため腕だけ振ると振り回されてしまうため、
手先ではなく体を主導にしてスイングをする動きを体に覚えさせることができます。

 
また、インパクトの瞬間に体が開いたり、上体が沈んでしまうと
当然まともにボールにヒットしなかったり、ダフリの原因となりますので
体の正しい使い方も同時に身に付けることができます。

 
松山選手のように、この基本となる練習を欠かさず継続して、
盤石なスイングを手に入れてベストスコアを目指してください!

 
近藤


<本日のオススメ>

本日の動画内でもお話している
「ビジネスゾーン」

 
インパクト前後の重要な要素が凝縮された
このゾーンの重要性と訓練効果は、もはや
言わずと知れた事かもしれませんが、

そこから肩-肩へのスイングへと
ビジネスゾーン理論のスイングを拡張するプログラム

「ビジネスゾーンNEXT」が間もなく限定公開終了です。

 
この肩-肩へのスイングは、フルスイングとビジネスゾーンを繋ぐ
重要な架け橋であると同時に、

実はプロは本番のアイアンショットで、フルスイングよりも多用している
実戦向きの必殺技でもあるのです。

 
もし、短期間で結果を出したいなら、
この必殺技を絶対に見逃さないでください。

ビジネスゾーンNEXTの詳細はこちら

https://g-live.info/click/bznext_2209/


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スコアロスを防ぐ残り30ヤードの攻略ポイント

2022.09.26
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

アプローチをしっかりと
寄せきることができるようになると、
スコアアップへとぐっと近づきますよね。

ちょっと強く打ってしまって
グリーンをオーバーしてしまうだけならいいのですが、

グリーンの奥に池やバンカーがあると、

この1打だけでスコアを
大きく崩してしまう原因になりかねません。

100ヤード以内からのショットは
実に70%弱を占めます。

アプローチショットが苦手で
グリーン周りを行ったり来たりしてまうと、
100切りはなかなか難しくなります。

特に30ヤード以内のアプローチ。

グリーンまで残り30ヤードの距離を寄せきれず、
悔しい思いをされたことはないでしょうか?

グリーン周りのスコアロス



ちょっと強く打ってしまって
グリーンをオーバーしてしまうだけならいいのですが、

グリーンの奥に池やバンカーがあると、

この1打だけでスコアを
大きく崩してしまう原因になりかねません。

いきなり、すべてのアプローチショットを
完璧に寄せようと思うと難しいですよね。

なので、まずは30ヤードのアプローチを
しっかりマスターしていただきたいと思います。

今まで以上にアプローチを
しっかり寄せきることができれば
スコアアップは目前です。

アプローチの距離感で
まず第一に大事になってくるのは振り幅です。

狙っている距離に対して
適正な振り幅でボールを打つことが重要です。

無意識のうちに…



距離に対して振り幅が大きくなってしまいますと
当然距離は飛んでしまいますし、

良いショットをしても
ピンに近づけることができなくなってしまいます。

レッスンに来られる方の中でも、
アプローチで大きく振り過ぎてしまう方を
よくお見かけします。

その原因の1つが、
手首でクラブを上げてしまうことです。

手首でクラブを扱うと
簡単にクラブを動かすことができるのですが、

インパクトの形にバラつきが出てしまったり、
振り幅も思ったようにコントロールすることが
むずかしくなってしまいます。

また、手首の角度がなくなってしまいますと、
ザックリやトップなど
ミスヒットの原因となってしまいますので

アドレスでできた手首の形を保ち、
振り幅を抑えることがポイントになってきます。

手首を使わないスイング



この手首を使わないスイングを
身につけるためのドリルとして、
クラブ2本用意してください。

そしてグリップの形は
あまり気にしなくて大丈夫なので、

クラブを2本まとめて持ち
クラブを振っていただくだけです。

身体全身の筋肉をを使う必要がないと、
軽いものを手先で扱いたくなってしまいます。

なので、あえてクラブを2本持ち、
重さを感じた状態で振っていただくことで、

手先でクラブを動かしてしまう癖を抑制し
体全体で動かすように矯正していくことができます。

また2本のクラブを振ることで、

クラブの重さによって振り子運動のような
リズムやテンポも体に覚えさせることができます。

練習ではクラブ2本を持って
振ったときの感覚をしっかりと体に染み込ませてください。

アプローチはやればやるほど上達します。

しかし練習量だけが多くても、
正しいスイングの形で練習を行わなければ、
スイングの精度は上がっていきません。

手首を使わないスイングを身に付け
アプローチショットの精度を高め、

ぜひこの秋にスコアアップを狙ってくださいね。



<本日のおすすめ>

チーム小原が本気で開発した、

ゴルフクラブ本来の硬さを保ちつつ、
それでいて、しなりを感じられる

飛距離を伸ばしたい方必見の
グニャグニャ練習用クラブ

『トバシアEXアイアン』

「飛距離」「ミート率」「方向性」の全てを、
今よりワンランクもツーランクも上の
新しいゴルフ人生へと導いてくれるでしょう。

あなた自身のゴルフの可能性を広げ、
飛ばしの爽快感や高揚感を体感しませんか?

トッププロのような”しなり戻り”を再現して
飛距離を伸ばすトレーニングクラブ

チーム小原の秘密兵器はこちら…

https://g-live.info/click/tovasia_exi7_2209ex/

※一時完売品切れ。
 緊急追加分29本のみのご用意となります。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】飛ばしのキーワードは足の「三角形」

2022.09.24
服部hattori

From:服部コースケ
沖縄の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

いつもメールマガジンを
ご購読いただきありがとうございます。

本日も、
あなたに役立つ情報発信できればと思っておりますので、
どうぞよろしくお願いします(^^)

飛距離を伸ばすためにはどうすればいいか?
あなたも日頃の練習でいろいろな方法を
試していると思いますが、

絶対的に必要なのは、
「右足の蹴り」です。

なぜなら、右足の強い蹴りがあって初めて、
パワーの源である股関節が使えるようになるからです。

飛距離をアップさせる要素は
腕力ではありません。

体の捻転力がボールを遠くに飛ばす
役割を補っています。

肩や腰を捻り、
そのパワーをボールに効率よく伝える事が、
飛ばしのポイントになってきます。

この時に重要なのが、
「足の三角形」です。

では、「足の三角形」とは
どこの部分を指すのか。

ぜひ、ご自身のスイングも
チェックしてみてください。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ビデオ]第3弾!今日のプログラム内容は…

2022.09.23
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

スライス改善プログラムも
今週で第3弾まできました!

第1弾、第2弾のプログラム内容は
もうバッチリですか?

第1弾では、
グリップの握り方、

第2弾では、
左足の壁についてお話してきました。

今回の第3弾では、
肩の回転度合いについて
お話していこうと思います。

肩から肩における肩の回転度合いは、
スイング軌道を決定付けるのに
重要な要素になります。

特に、肩から肩のバックスイングでは、
肩が適正な回転の角度をしている事が必要です。

では、どのくらいの回転度合いだといいのか?
第3弾では適正な回転度合いについて
お話していきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャフトが硬いと右に出やすいって本当?

2022.09.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「シャフトが硬いと右に出やすいって本当?」
 

という話をさせていただきます。
 

ボールが右に行ってしまって困っているあなた。

あなたのシャフトは硬めですか?
それとも柔らかめですか?

質問をいただきました

> ヘッドスピードとシャフトの硬さの関連性を教えてください。
> シャフトが硬いと右に出易いような気がするのですが?

 

ご質問、どうもありがとうございます。
 

まず、ヘッドスピードとシャフトの硬さに
関係があるかどうかということについてですが。。。
 

 「関係は無い」
 

誤解を恐れずに言えば、
それが本当のところだったりします。
 

 「え、でも徳嵩さん。お店に行くと
  Sシャフトはヘッドスピード○○m/sとか
  書いてあったりするじゃないですか」

 

はい、確かにいわゆる量販店のようなところで
クラブを買い求めると、そのような目安を
説明としてされることが多いかと思います。
 

ですが、自分たちがフィッティングを行う場合は
 

 その人が打ちたいタイミングで戻ってくるシャフト
 

基本的にこの基準によって、
どの硬さにするかを選んでいます。

シャフトが硬いと、本当に右に出るのか?

この質問者様の場合、シャフトが硬いと
右に出るような気がするということを
実際におっしゃっているんですが、

その逆に、シャフトが硬いと左に飛ぶという方も
実際にはいらっしゃいます。
 

そうなっているのは、
お客様のインパクトのタイミングと
ズレが生じているからです。
 

ちなみに自分自身はどちらかと言うと
結構しなりの感じやすいシャフトのほうが
タイミングを取りやすいタイプのゴルファーです。

ですのでヘッドスピードがある程度あっても
硬さがRでも合うこともありますし、

その逆に、しなりがないほうがタイミングが合う方なら
多少ヘッドスピードがなかったとしても
Sシャフトという可能性もあるわけです。
 

あくまでその人のインパクトのタイミングによって
硬さというフレックスを選ぶのがベストです。
 

ということで、今回の質問にあるようなシャフトが硬い場合でも、
もしくは戻りが早くて捕まるというシャフトで打ったとしても。。。
 

右に飛ぶということはあり得るというのが、
今回の質問に対する回答になります。

繰り返しの話になりますが

以前からこの場でお話ししているように
シャフトの硬さを示す「R」や「S」「X」といったものには
他の工業製品にあるような統一の規格が存在しません。

いわゆる「JIS規格」ののようなものがないので、
メーカーで独自にそのルールを決めていいという状況が
ずっと続いています。

同じメーカーさんの中でも、種類が違えば
硬さだけではなくシャフトが戻ってくるタイミングも
変わってくることのほうが多いのです。
 

そうした面もあって
「ヘッドスピードとシャフトの硬さに完全な関連性はない」
というのが、回答になってきます。
 

 「でも徳嵩さん。じゃあそもそもゴルフクラブを
  どうやって選べばいいんですか?」

 

そんなふうに感じられた方も多いと思いますし、
そもそもそうした判断基準を提供しているのは
私たち売る側なわけです。

もちろんヘッドスピードはある程度の選択の目安にはなりますが、
そこから入ってしまうと、あなたに本当に合っているものを
選びづらくなってしまいます。
 

これだけ多くの商品がある中で、
自分にあった商品を選ぶということであれば。。。

理想のスイングづくりを念頭に置きつつ
信頼のおけるフィッターに頼るのが
やはり一番の最善策であると考えます。

追伸:徳嵩開発の練習ツール、ですが…

<チーム小原>プロデュースの
「トバシア-EXアイアン #7」

先日、ご用意した本数は全て完売しましたが、
その後、要望が多数ありまして。。。

手配をしまして、ほんの少しですが
追加でご案内できる運びとなりました。

詳細はコチラをクリック!

ですが、本数としては前回のご案内よりも
はるかに少ない本数となるため、
すぐになくなってしまうと思います。

このメールマガジンをお読みのあなたには
いの一番にご案内させていただきました。

まだ手に入れていらっしゃらないのであれば、
品切れになってしまう前に、
下記をチェックしておいてください。

詳細はコチラをクリック!

今だけの特別プレゼントも付いています。
なくなり次第終了ですので、お早めに
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加