カテゴリー別アーカイブ: 新着メルマガ

クラブを買い替えているがうまくいかない…

2017.07.27
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブを買い替えているがうまくいかない…」

という話をしたいと思います。

あなたももしかしたら、同じようなクラブを
何度も買い替えたりしていませんか?

最近、このような質問をいただきました。
続きを読む

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

2017.07.26
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

今更なのですが、
僕のメルマガがスタートしてから
先月でもう1年が経っていました。

もっと言えば新宿店はあと1週間で
オープンしてから2年になります。

時間が経つのは早いですね。。。

今までもあなたのゴルフに関するあれこれを、
色々とここで書かせていただいていますが
これから更にお役に立てる内容をお伝えする次第ですので、

今後とも宜しくお願い致します。

さて、今日は

ゴルファーの「ゴール」はこれかも…しれない

という話。

先日、休みの日に近くの練習場にいきました。

土曜日ということもあって、
多くの人で賑わっていたのですが、
その中で、僕はあるゴルファー達が気になりました。。。

ゴルフは唯一の生涯スポーツ?

そのゴルファー達は、
まさに3世代ゴルファーで
祖父、父、孫の3人。

お父さんは見た感じで30代後半の
僕と同じくらいの年齢。

お孫さんは4~5歳くらい。

そして、おじいちゃんという
組み合わせでした。

お父さんは完全に自分の世界に入って
もくもくと練習していて、
おじいちゃんはお孫さんにゴルフを教えていました。

おじいちゃんは教えるのにとても熱心です。

「違う、そうじゃない」

「よしよし、その調子」

「おじいちゃんのをよく見てろよ」

こういう時、大概お孫さんは
飽きてしまうものですが、

「残りのボール、全部僕が打つからおじいちゃん座ってて」

「ボール欲しいからカードちょうだい」と
とても乗り気でした。

端からみれば、些細なことかもしれないのですが
僕からすると、この3世代の有様は
色々と考えさせられました。

というのも、ゴルフの特徴の中に、
生涯かけてやり続けられるとありますよね。

よく会員様と話していても
確かにそれは実感しています。

しかし、その光景をまじまじと
自分の目で見ると、ゴルフを生涯かけてやり続けることで
到達する「ゴール」が見えたような気がします。

それは、、、

受け継ぐ、継承するということ

ゴルフはスコアもそうですが、
マナーもエチケットも重要視されますよね。

そういったことって小さいころに教わってから
大きくなっていっても自分の中に残っていくと思うんです。

それをおじいちゃんから孫に伝えることで
脈々と受け継がれていく。。。それがゴルフにおける
到達点になるのかなと最近考えています。

例えば、最近は家族で楽しむゴルフという活動も盛んで、
様々なイベントが開催されています。

僕もゴルフ業界に携わる身として、
こういったことも考えていかなければと思いました。

あなたはご家族とゴルフをして良かったことはありましたか?

是非、教えて下さいね。


<2パット率を何倍にもした人、ほかにいませんか?>
2パットの確率が段違いに上がりました。
今まで断片的に学んでいた知識が上手に活用できて、
この距離の時はこうすればいいのかといった判断が
自分でしっかり出来るようになったのがすごい大きいです。

これを持ってないことの方が今後の
ゴルフライフにおいて損だと思います。

http://g-live.info/click/epg20170720/

あなたに自信がないのは間違いです。

2017.07.26
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

最近、嬉しい出来事がありました。

なんと、全店合同コンペで
千葉店がチーム優勝したんです(^^)!

各店舗からも
多くの人がベストスコア達成されていて
すごく嬉しいです。

ベストスコアが出ると
誰でもうれしいですよね。

こうして努力した結果が出ると、
自信になります。

こういった自信と言うのは
ゴルフに置いて大きな役割を果たします。

「自分は下手だし、自信がない。」

そう考える方もたくさんいらっしゃいますが、
実際、そんな事はありません。

誰もがある分野では
自信を持っているはずだと思います。

そしてある分野では自信を持っていない。

ドライバーの得意な人は
飛ばしには自信を持っているけど、
パットは自信を持っていないとか。

30yショットには自信を持っているが、
スコアマネジメントには自信を持っていないとか。

ロングパットには自信を持っているが、
ショートパットには自信を持っていないとか。

ゴルフ以外でもそうです。

早起きには自信があるけど、
人付き合いには自信がないとか。

料理には自信があるけど、
パソコンには自信がないとか。

たくさんあります。

ここでお伝えしたいのは
自信というのは
違う分野に伝染すると言うこと。

つまりある分野の自信は
他の分野に持っていくことができます。

例えその二つが
全く関係のないジャンルだったとしても、です。

今、自信を持ってできる事を
思い出してみて下さい。

最初は全くできなかったはずですよね。

単純にそれを忘れてるだけで、
最初から上手くできたなんてことは
ないと思います。

最初から上手に真っ直ぐ飛ばせる人はいないし、
最初から上手にパットを沈める人はいません。

例えば僕は今こうして
パソコンのキーボードを叩きながら
メルマガを書いているわけですが

最初の頃なんて
まともにタイピングはできなかったし、
1行文章を打つのに一苦労していました。

ただ、今現在があまりにもできてしまうので、
昔は上手くいってなかった
と言う事を忘れてしまっているだけです。

だから、今現在上手くいかないことでも
時間が経てばまったく同じ事が起きます。

あなたが今、ドライバーが得意だったとしても、
必ず上手くできなかった時期があると思います。

今、自信を持っている分野の
最初の頃を思い出してみてください。



どうでしょうか。
思い出しましたか?

あなたには、
そんな時期もあったのです。

そして、今、
自信がないなと思う分野は
それと同じ時期が来ています。

その分野も
簡単にできる日がやってきます。

トライ&エラーを繰り返すうちに、
いつの日か、、、

何も考えなくても
できるようになっているでしょう。

自信をもって
できるようになっているでしょう。

それがゴルフでは
ベストスコアという数字になって
必ず後から結果がついてきます。

だから安心して練習して下さいね(^^)

これからもあなたのベストスコア達成
心より応援しております!

ーーーーーーーーーー
編集後記
ーーーーーーーーーー

今回、多くの方にベストスコア達成していただき
大変うれしい気持ちなのですが
ひとつ、宮本からアドバイス!

ベストスコア達成された方は
是非その日のうちに
「成功体験日記」を書くことをオススメします。

⁃ 初めてうまくいったこと
⁃ やってみて効果があったこと
⁃ 1日を通してよかったと思うこと

などを記録して、
日記の中で自分に「おめでとう」と言ってみてください。
(恥ずかしがらずに声に出すとよりGood!)

この日記はあなたに自信がをくれます。

折にふれて、
さっと目を通せるようにしておけば
本当に効果抜群です。

いざ自分の成功体験を思い出そうと思っても、
なかなか思い出せないものなので・・・。

「成功体験日記」に記録して
忘れないようにしておいて下さいね!

宮本


<本日のオススメ>
最もスコアアップに直結する部分。
さて、それはどこでしょう?

ドライバーやアイアンのミスを矯正するのは
一朝一夕では難しいですが
○○○は本当に少しの練習でグンと上達します。

答えはこちら

http://g-live.info/click/epg20170720/

悩みは共有してください

2017.07.25
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

もうすっかり梅雨も開けて、
暑い夏がきてますね^^;

私の家では、クーラーはあまり使わずに、
窓を開けて夜風で涼んでいるのですが、、、

”アイツ”が侵入してきたんです、、、

続きを読む

離る可(べ)きは道にあらざるなり

2017.07.24
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「離る可(べ)きは道にあらざるなり」

について、お話ししたいと思います。

先月も似たような内容を載せましたが、
難しくないのでご心配なく…
今日も短めでお送りします。

1~2分で読み終わりますので、ご安心下さい。

ちなみに先月も、似たような文章をご紹介しましたが。。。
続きを読む

つまらないと感じたら、、、

2017.07.24
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

みなさん、
ゴルフボールのくぼみのことを
何と呼ぶかご存知ですか?

そう、『ディンプル』ですよね。

英語で「えくぼ」のこと。

今でこそ、ディンプルがありますが
初めはただのゴムや
樹脂の塊だったんです。

何故ゴルフボールの表面は
凸凹しているのか。

とても単純な話なんですが
今日はちょっとゴルフの歴史も触れながら
お話ししていきたいと思います。

より飛ばしたい!と考えた結果…

ゴルフというスポーツの歴史は長く
これまでも年齢性別問わず
多くの人々に愛されてきました。

そしてゴルフの技術の進歩とともに、
ゴルフの道具も進歩してきたのです。

さきほどお話ししたゴルフボールも
最初は凸凹していなかったんですね。

ところがある時、
使っていけば使っていくほどボールが飛ぶ、
という変な現象に気が付いたそうです。

「ボールの表面に傷が付いているほうが飛ぶじゃないか!」
ということが分かったんです。

じゃあ、最初から傷を付けよう!
ということで一直線の傷を
縦と横に網目のように付けました。

それがボールの表面にある凸凹、
ディンプルのはじまりだったと言われています。
(※諸説あります)

より飛ばしたい!と考えた結果

「どういう傷がいいのか」
「どういう凹みが弾道にとってプラスになるのか」

ということを色々やってきて
現在のディンプルの数・深さ・大きさなどに
繋がってきているんです。

もし、くぼみが無いと
飛距離は五分の一程になるというから
大発見ですよね。

工夫しよう!

効果を倍増させるため、
創意工夫がなされて
今のゴルフボールになったんですね。

固定概念に縛られず
発見から工夫してさらに飛ばすために改良していく…。

これは上達の基本でもありますよね。

さて、
あなたは現状を変えるため
何をすべきでしょうか。

ベストな方法を常に探求することが、
成長へとつながります。

日ごろ慣れた練習でも
ベストを尽くせるように
創意工夫を模索してみましょう。

ただなんとなく練習するより
マンネリになりがちな練習を
どうしたら楽しく日々やっていけるかな。

そういったところを
考えていけるといいですね。

すると、自然に練習が楽しくなります。

ちなみに私達もみなさんに
楽しくゴルフを練習してもらえるよう
日々研究していますが、

最近では
こんなものも取り入れていますよ~。

mat_183

楽しみながら上達できる
ストラックアウト ゴルフ

この写真はイメージですが
千葉店にあるのはプロスタッフが頑張って作った、
会心の力作です!!

なかなか楽しいです!

上達したいと思ったら、
現状のままじゃダメだと思ったら、
ちょっと工夫するだけで新しい発見があると思います。

みなさんは普段の練習、
どんなちょっとした工夫をしていますか??

よかったら教えてくださいね!

またメールします。


<本日のオススメ>
怪しい上達器具を発見?!

この上からパッティングするだけで
短期間で3パットをなくせる。

「それだけで…?怪しいな…」

って思いましたか?実は私もそう思いました。
しかし試してみたら…

驚きの結果はコチラ

ドローボールを難しく考えていませんか?

2017.07.23
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

ゴルフを始めた頃、
私にはひとつの大きな悩みがありました。

今でこそ
“飛距離専門レッスンプロ”
なんて呼んでいただいていますが、

今振り返ると
目も当てられないくらい
とにかくボールを遠くに飛ばせなかった。

もともと身体が小さかったわたしは
ある動画の中の人物のスイングに憧れを抱き
録画したテープが擦り切れるまで巻き戻しをして見ていた。

いつかこんなふうになれたらなあ、、、

※私の記憶ではこんな感じの動画でした
      

ドローボールとの出会い

当時の私からすると
ドローボールは単なる憧れにすぎず
自分には縁がないモノだと思い込んでいた。

テレビで見るトッププロやゴルフ場で見かける上級者
一部の選ばれたゴルファーのためだけのステータスだと思っていた。

でも実は違ったんです。
ドローボールはあくまで球筋の一つ
やり方さえ身につければ誰にだって打てるのです。

私はゴルフ留学で訪れたオーストラリアで
ドローボールの打ち方を習得しました。

それはとても意外性に溢れていて
日本にいたら決して出会えなかった方法です。

    

3つの大きなメリット

ドローボールを打てるようになることで
あなたが得られることは1つや2つではありません。

・とにかく飛距離が出る
クラブのフェースが閉じながらボールをつかまえることで
インパクトの初速度が上がり打ち出し角が低くなります。

その軌道は力強く、ランも大きいため
ゴルフで最も距離が出る球筋と言われています。

・スライス癖が一切なくなる
実に70%以上の方が抱えているスライスの悩み。
その理由はゴルフクラブの形状にあるのです。

ドローボールを打つために必要な
インサイドアウトの軌道のスイングは
強制的にスライス癖をなおすことができます。

・コースの形状に囚われず攻めのゴルフができる
例えば目の前に気がっている場合、
持ち玉がストレートしかなかったら
一打目でどちらかにだしてからグリーンを狙うしかありません。

こんな時にドローを使えれば
気を右反れていき、木に巻き付くように
左に曲がって落ちてくる軌道のショットを打てるので
たった1打でグリーンを狙うことができるのです。

他にもドローのメリットは数え切れないほどあります。

一つ言えるのは、ドローを身につけることで
あなたが手にするのは圧倒的な飛距離やだけでなく
劇的なスコアアップや周囲に対する優越感など
数えきれないほどあるのです。

        

ドローボール

「服部さんどうしてもスライスが直りません、、、」
「こないだ女子に飛距離で負けました、、、」
「いいかげんセカンドオナー恥ずかしいです、、、」

本当に多くの方からこのような悩みを聞きます。
飛距離やスライスに関する悩みを抱えている方は本当に多く
体感でゴルファーの70%くらいはいるのではないかと思います。

そんな多くのゴルファーの悩みを解決するために
この度、服部コースケ新プログラムをリリースしました。

「ロングドライブプログラム~ドローボール編~」



http://g-live.info/click/db20170721/

※詳しくはコチラをご覧ください

あなたが今100切りを目指していても、
シングルを目指していても、どんなことに悩んでいても

必ずあなたにドローボールを身に着けてもらい
過去最高の飛距離を出してもらいます。

飛距離やショット軌道、あらゆる面での劇的な変化
どんどんなくなっていくスイングの悩みを体感して下さい。

ほとんどのゴルファーが一生知ることのない
プロたちの間では当たり前のように行われている
ドローボールの秘密を全てあなたにお話していきます。

あなたのゴルフ、私に変えさせて下さい。

http://g-live.info/click/db20170721/

※7月24日(月)までの限定公開です

_

【コラム】パターが面白いように入る方法、教えます。。

2017.07.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

パッティングは
方向性が重要でしょうか、
それともタッチでしょうか。

よくパッティングでは2m以内は方向性が大切で、
5m以上ならタッチが命などと言われたりします。

しかし、実は、
方向性が悪いと、タッチも合わなくなります。

打ち出し方向とタッチは
ペアで考えなければならない大切な組み合わせです。

そして、タッチを作るためには
まずは方向性を良くしなければ、
良いタッチはもちろん、

正しいライン読みができないという事実、
あなたはご存知でしたか。
続きを読む

「心」運はコントロールできる

2017.07.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「心・運はコントロールできる」

というお話をさせていただきます。

あなたは、運って、どうにもできないものと思っていませんか。

実は、行動パターンによって運は良くも悪くもなります。

チャンスを見逃さず、
チャンスをものにできることを徹底して行なう行動力があれば、
単なる確率論的な数字とは異なる結果が生まれます。

これから述べるような行動をやっていれば、
外から見たら運が良いように見えます。それは。。。
続きを読む

ナイスショットを打ちたいと願うあなたへ

2017.07.22
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ナイスショットを打ちたいと願うあなたへ」

についてお話しようと思います。

「ナイスショット」打ちたいですよね。。。?
というか、打ちたくないと思う人はいないと思います。

もちろん、モンゴだってそうです〜!( ´∀`)

あ、でもその本題に入る前に。。。
続きを読む

ラウンド中にスイングが崩れる。は間違い

2017.07.21
mizugaki

From:ガッツパー水柿
ゴルフパフォーマンス練馬店より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「ラウンド中にスイングが崩れる。は間違い」

というテーマでお話をしたいと思います。

あなたはこれまでラウンド中に突然
ショットが乱れた経験はありませんか?

・突然、シャンクが連発
・突然、アイアンでダフリが止まらない
・突然、トップしてボールが上がらなくなる

などなど。

これらのミスショットは、
一度出ると何度も続いてしまい、

ミスショットがミスショットを招いて
どんどんスコアを落とし、

気が付いたらゴルフにならなくなっている・・・

そんな時、あなたは自分のスイングが
突然崩れちゃったんじゃないか?

と、疑心暗鬼になったことはありませんか?

実は、ラウンド中に、
いきなりスイングが崩れてしまう。
なんてことはまずありえません。

その理由とは?
続きを読む

雑誌を参考にゴルフクラブを選ぶには…?

2017.07.20
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「雑誌を参考にゴルフクラブを選ぶには…?」

という話をしたいと思います。

ゴルフ雑誌を見ていると、ゴルフクラブについての
「試打インプレッション」みたいなものが載っていますよね。

そうした雑誌をお読みでいらっしゃるS様というお客様から
ある時スタジオでこんな質問をいただきました。
続きを読む

【注意】ラウンド前の方は見ないでください…

2017.07.19
morisaki

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

もうすっかり梅雨が明けたような
天気が続いていますね。

お体の調子は大丈夫でしょうか?

この時期になると、コースはもちろん、
打ちっぱなしに行っても相当応える暑さに
なっていますから、十分に気をつけてくださいね。

さて、今日の話は

「【注意】ラウンド前の方は見ないでください…」という話。

先日、何気なくYouTubeを見ていたところ、
ゴルフにまつわるこんな曲を見つけました。

いちゴルファーとしては笑ってしまうのですが、
いざレッスンプロという目線で見てみると、
そうも笑っていられないと感じました。

というのも。。。

ゴルフはつらいよ

(音が出ますのでご注意ください)
↓ ↓ ↓

数年前にブレイクした芋洗坂係長さんが
2週間ほど前に発売なさった曲です。

ゴルファーなら誰もが“こういうことあるよね”と
思わず頷いてしまうような内容になっています。

歌詞の中に“こんなはずじゃなっかたのにな”という
言葉が何度も使われているところからも、
ゴルフの楽しさと哀愁が漂ってきています。

他にも、

・ダフリとトップが止まらない

・池が恐い

・寄せワン狙って大トップ

などなど、、、
あなたもこんな経験したことがあるのではないでしょうか?

ゴルファー同士なら、なんだか盛り上がりそうな
曲なので、是非聞いてみてください!

、、、と、普通のゴルファーならば、
ここで終わってしまうところですが、
僕はレッスンプロとして、そのまま放置するわけにはいきません。

なので、この曲で歌われているゴルフあるあるの対策を
1つずつ解説していきます。

ミスショット対策~ゴルフはつらいよ編~

まず、1番最初

朝一ショットは右の林へ

1番最初のティーショットは誰しもが緊張しますよね。

この時、スライスするは体が温まってないことで、
適切な捻転が出来てないことが原因です。

入念なストレッチ、素振りの時にトップの段階で
しっかり背中が飛球線の方向を向いているか、
そこをチェックしましょう。

あとは気負いせずにしっかり振り抜くことを意識しましょう。

バンカー直撃大目玉

バンカーに入れてしまった場合は、
まず出すことに集中しましょう。

ですが、もしバンカーのすぐそばにカップが
切られていたら、狙いたくなりますよね。

もし一か八かで狙うなら、砂の取る量を多くしましょう。

そうすることで振り抜いても
そこまで大きな当たりになることはありません。

ちょろったその先池の中

池超えやバンカー超えなど、障害物を
超えなければいけない場面ってありますよね。

そういう時にちょろったり、思うような高さが出ない原因としては
障害物を意識してしまい、体重が右に残ってしまうことがあげられます。

普段通りにやれば、あなたなら超えられますから、
しっかりと体重移動することを心がけましょう。

アプローチでトップ

アプローチでトップする場合、すくい上げるような動きを
してしまっていることがあります。

三角形の維持、クローズスタンスでスイング、もしくはミドルアイアンで
最初から転がすことを考えてもいいと思います。

ダフリとトップが止まらない

ダフリとトップが交互に出たり、止まらないという場合は体が
上下左右に動いてしまっていることが考えられます。

上下の動きはヒザの裏を意識しましょう。

左右の動きはバックスイングで右足の土踏まずに
体重を感じ、ダウンスイング移行は左足に体重を感じているか確認しましょう。

バーディ狙いの5メートル、外した返しも5メートル

パターがオーバーする傾向のある方は、
パッティングの際の強さももちろんありますが、
今使っているパターが本当に合っているか確認しましょう。

例えば、総重量の重いパターを使用している場合、
直進性は強くなる傾向にあります。

なので、オーバーするミスが多いのであれば、
重量の軽いパターを使ってみるのも1つの手です。

というように、解説してみました。

多くの方が悩まれているような悩みだけに、
一言で語り尽くすことは難しいですが、
まずはビジネスゾーンの振幅からチェックしてみてくだいね。

そして、最後の歌詞にもありましたが、ゴルフはたくさん悩むことがあるし、
進んでは戻りの連続ですが、やはりそれでも、

“ゴルフがやめられない”

今日もゴルフ楽しんでいきましょう!

追伸

僕が初めて出したプログラム

「森崎崇の日本一ずる賢いコース戦略」

が今日までキャンペーン価格でご案内しています。

コースマネジメントと言うと、
知ってはいるけどなんだか
よくわからないという方も多いと思います。

ですが、そんなあなたにこそ必要なのが
コースマネジメントの知識です。

しかも、知識と言っても心掛けることは一つだけ。
明日のラウンドから即実践出来ます。

次のご案内があるかどうかは未定なので、
是非この機会にご覧くださいね。

http://g-live.info/click/mori12w_170713/

【診断】あなたの池越え・谷越え力は?

2017.07.19
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

池越え、あるいは谷越えのときに
必ずといってもいいくらい入れてしまう。

しかも連続で入れてしまって、
大叩きのホールを作ってしまう。

というケースに遭遇したことはありませんか?

今日はそういった
ボールを上げてしっかりと超えて行かないといけない時の
あなたの池越え・谷越え力を簡単にテストしたいと思います。

池越え、あるいは谷越えに遭遇し
ボールを上げてしっかりと超えて行かないといけない時。

あなたはまず心の中で
どんな風に考えますか??

1、「とにかく上げよう」と思った方はこちらをクリック
2、「あそこは嫌だな」と思った方はこちらをクリック
3、「とりあえず越えよう」と思った方はこちらをクリック

自分が当てはまる項目だけ読んでもいいですし
すべて読んでも参考になると思います。

こういったレイアウトのホールに直面した時、
どういった気持ちになったら良いのか。

しっかりと紐解いていきたいと思います。

1、「とにかく上げよう」と思った方

ほとんどの方がこちらに当てはまるのかな?
と思います。

「上げよう」と思った方は
「上げよう」と思わない事。

「上げよう」と思うと、
体はどのように反応するでしょうか?

「高く打ちたい」「池を越えたい」
と思うと、体の動きとしては
自然とすくい上げるような形になってしまいます。

すると
どうしても体重が右に残って、
打ち上げるようになるので

結果的に
ボールの後ろを打ってしまったり、
トップボールも非常に出やすくなるんです。

こういったタイプの方は、
上下動や左右のブレというのもありますが、
フィニッシュをしっかり意識してみて下さい。

どういうフィニッシュを取るか
打つ前に意識することも、
とても大事になってきます。

しっかりと左足に体重を乗せて
フィニッシュをするというイメージや気持ちを持つことが、
一番有効になってきます!

2、「あそこは嫌だな」と思った方

そりゃ池越え・谷越えに遭遇したら
考えてしまいますよね。

「あっちに行ったらどうしよう」
「あそこだけは嫌だな・・・」

難しいかもしれませんが
「あそこは嫌だな」と思わない事!

人間の脳の仕組みとして、
否定語は理解しません。

例えば左側が大きく谷になっている状況で、
「左に行ったら嫌だな・・・」と思うと
「左に行け」と自分に命令している事と同じ事になってしまいます。

だから、行きたくない所を意識するのではなく
「自分はどこに行きたいのか」
ということを強くイメージしてみましょう。

「フェアウェイの何ヤード先の左サイドのあの旗の方向だ」
など、より具体的に自分の行きたい所を意識する事です。

そして大事なことは、
最後に自分の打ちたい所を見てから
ボールを打つ事です。

「あそこに打ちたいな」と思っていても、
最後に自分が見た場所が池や谷だったりすると、
脳がそこをインプットしてしまいます。

すると無意識に体が引っ張られてしまう・・・
ということはよくあるケースなので注意です!

自分の打ちたい所を最後に確認する、
これが人間の脳の仕組みを理解した上で出来る
ちょっとしたテクニックです。

3、「とりあえず越えよう」と思った方

いろいろ考えても仕方がない!
「とりあえず越えよう!」

一見前向きで
良さそうな感じもしますが・・・

「とりあえず越えよう」と思わない事!

コースマネジメントとして一番重要な事は
それを越えるのに、
何ヤードいるのかを正確に知る必要があります。

最近のコースには
乗用カートに池を越えるまで何ヤード必要か
というのも書いていたりするので
そういった物を利用してしっかり把握しましょう。

次に、そのハザードを十分に越えるのに
必要なクラブは何番なのか。

ドライバーで越えるのか、
あるいは3番ウッドで越えるのか。

十分に余裕のあるクラブで狙っていくというのも、
精神的にも非常に重要なポイントになります。

例えば池を越えるのに
150 ヤード必要だとします。

あなたのドライバーの飛距離が
約 230 ヤードから 250 ヤードだとしたら
十分に越えることができますね。

しかしこれが
200ヤード必要なときだったらどうでしょう。

ほんのちょっとミスヒットしただけで
池に入ってしまいます。

池を越えるのに何ヤード必要かという情報がないと、
自分の飛距離と照らし合わせた時に
どれくらいの余裕があるのかということがわからないので
半信半疑で打たなければなりません。

そうすると精神的にも
ボールを高く上げようという気持ちが強くなって、
すくい上げる動きにつながったりする事もあります。

なので、しっかりと距離を把握しましょう。

ちょっとした意識でナイスショット!

いかがでしたか?
最初にお伝えした

「とにかく上げよう」
「あそこは嫌だな」
「とりあえず越えよう」

これらはすべて
池越え・谷越えしたい場面では
マイナスな言葉になってしまう可能性があります。

そうではなくて
「何ヤード先の左サイドのあの方向に打とう!」
と明確に自分の打ちたい方向を見て打っていく事が大事なポイントです。

池越え、あるいは谷越えのときに
必ずといってもいいくらい入れてしまうのは
メンタルの面も大きいと思います。

ちょっとした意識が
ナイスショットに繋がります。

池越え、谷越えに遭遇してももう大丈夫!
自信を持っていきましょう!

宮本


<本日のオススメ>
『コースマネジメントは大切』だと
わかっているけど何をしていいかもよくわからない…

そんなアベレージゴルファーの為の
どんなコースも通い慣れたホームコースのように
全18ホールを支配する禁断のマル秘テクニックとは?

http://g-live.info/click/mori12w_170713/
※本日まで公開

今の、5mmダフってますよ

2017.07.18
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「今の、5mmダフってますよ」

について、お話をしてみたいと思います。

今回のテーマはズバリ、アイアンについてです。

「ドライバー・イズ・ショウ、パット・イズ・マネー」
という言葉は、あなたも聞いたことがあるかもしれません。

ですが「アイアンショット・イズ・マネー」なんて聞くと
「え、一体どういうこと?」と思うかもしれませんね。

実は先日、レッスン会に来ていらした方から、
こんなことを言われました。
続きを読む