作成者別アーカイブ: 服部 公翼

服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

【ビデオ】理想のトップスイングで飛距離アップ

2018.12.09
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

この画像を見てみてください。

あなたのスイング
こんなトップになっていませんか?

↓↓
image1

実は
こういうトップの方は
意外と多いんです。

グリップの位置が
高くなりすぎてしまっていますよね。

ボールを遠くへ飛ばそうとして
手や腕だけで
トップの形を作っているのです。

しかし、これだと
余分な力が入って
思った程の飛距離は出ません。

今回の動画では
体の回転があるトップスイング

これをマスターするための
とっておきの秘策を
紹介しています。

しっかりと体をひねった
大きなスイングを作って
飛距離アップを目指しましょう。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>
もし、私がこの飛ばしの理論に出会っていなければ
まだ、いつもドライバーで置いていかれてたと思う…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

20代の頃から飛んでいる!
57歳にして飛距離260yを手に入れたゴルファーが激白

http://g-live.info/click/mz300_1812/

12月になりました、まだメール見てくれてる?

2018.12.02
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんには、
服部コースケです。

ついに12月に入りましたね。

世間では、私がゴルフの仕事をしていますと
自己紹介をすると、
もう寒くなってきたし、ゴルフは行かない!

なんて切り返しをされるので
いやいや、冬こそゴルフは本場ですよ。

値段も安くなっていきますし
ラフの邪魔が減るので
ゴルフが優しくなるんです。

なんて、切り返しをして励ましています(笑)

さて、、、
この写真は、先月の私の飛距離アップレッスンの光景です。

今は時間が取れた時だけ限定で
ゴルフライブの読者にレッスンを行っています。

IMG_5549

あなたも機会があれば参加してみてくださいね。

さて、、、

私のレッスンに来てくださった方は
特に上達に熱心な方だと思うのですが、

よく頂く質問があります。

それは、

「結局、おれどうすれば上手くなる?」

という質問です。

うーん、深いですね(汗)

ゴルフ上達の情報爆発?

無料の動画レッスンや、
ゴルフライブ以外のyoutube動画

近所の練習場で言われたアドバイス
ラウンド中に同組にかけてもらった言葉

1回だけ試しに受けたレッスンのコーチのアドバイス

購入したゴルフ教材のドリル

などなど、、、

色々な人にアドバイスを受けてはいるが
実際、自分がどれを取捨選択すればいいのか
実は確信を持てていないようでした。

それは、そうですよね。

すべてのアマチュアゴルファーが
自分のスイングを直せるのなら
プロはいらなくなってしまいますよね。

ですが、安心してください。

プロゴルファーでさえ
自分のスイングをどう直せばいいか
客観的に見ることは非常に難しいのです。

コーチというのは
そのアドバイスをするために常についています。

つまり、、、

プロでも、自分のスイングを正確にはわからない

ということです。

それが、レッスンや
コーチががなくならない理由です。

ラウンド中に、
「あー、スライスした」

じゃあ、スライスしないように振ってみよう。

それで、治れば良いのですが
事態はそんなにシンプルではありません。

スライスの背景には、
スライスを引き起こす原因がいくつかあって、

フェースを無理に返す
という対策を講じてみたとしても
今度はフックやチーピンがでるなど

その人にあった根本原因の解決になっていない
ということが多いからです。

じゃあ、その方法を教えてくれよ!!
と聞きたくなる気持ちもとてもわかります。

だからこそ、
アドバイスを聞くときに
これが、どんな人を対象にしたアドバイスなのか

自分がそれに当てはまっているのか?
はなるべく確認するようにしてみてください。

あなたが自分の状況を正確に
コーチに伝えられれば
より正確なアドバイスを受けることができるでしょう。

私もなるべく
普遍的なアドバイスをするように心がけていますが

あなたのスイングを見た上での
改善点をお伝えするのが最も効果的です、、、

ですが、全員のスイングを
リアルタイムに見ることができないのが
難しいところです。

もし、あなたが最速での上達を目指すのであれば
ぜひ直接レッスンを受けてみることをおすすめします。

これから寒い季節に入りますから
インドアのレッスンは温かい環境で
体を動かすことができるのでいいですね。

来春のベストスコア更新を目指して
ぜひ今のうちに頑張っていきましょう!

もし、あなたが私にもっとこんなことが聞きたい、とか
質問など取り上げてほしい題材があったら気軽にコメントで教えてください。

具体的に答えられればと思います。

ー服部

<本日のオススメ>
あなたも
小原大二郎プロが育てたゴルフ上達の継承者
トップビジネスゾーンプレーヤーの仲間入りをしませんか?

80台、70台を達成する秘密をここで公開しています。

http://g-live.info/click/goo8020_1811/

たった7万円で21ラウンド

2018.11.25
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

今日のメールは実はタイで書きました。

先日、タイでゴルフをしていました。

なんとその数
21ラウンド、、、

ちょっと通常ではありえない
ラウンド数ですが、
毎日ラウンドしていました。

2ラウンドした日もあります。

普段から毎日のようにされている方もいらっしゃるかもしれません。
また、お仕事がお忙しくてなかなかできていないという方もいらっしゃるでしょう。

しかし、短期間で集中的にゴルフをすることは
あなたの上達の基礎をつくる上でも非常に
役に立つので、機会があればぜひ試してほしいです。

1ラウンド3500円でゴルフ

普段お忙しくお仕事をされている人からすれば
何日もゴルフができて羨ましい。

自分もいつかそうなりたい
でも、できないよ、、、

という方もいらっしゃるでしょう。

ただし、
2日、または3日でもいいので

1泊2日、2泊3日でのゴルフは
すぐにでもできると思うので
ぜひ体験してみてください。

どうせなら、
冬のお休みを使ってのタイなどの
南国でのゴルフはとてもおすすめです。

なぜなら、非常にラウンドフィが安いから、、、

しかも1日2ラウンド回るということも普通にできてしまいます。

タイでのゴルフの相場は
3,500円~5,000円程度です。

なので、
2日間で4ラウンドしても
2万円程度で済んでしまうんですね。

ゴルフがお金持ちのスポーツだ!
というのも、海外に行くとそのイメージが覆されたりします。

タイゴルフのおすすめ

私がラウンドしたところは、
例えば、、、
thanacity3
タナシティゴルフ&カントリークラブ

royal6
ザ・ロイヤルゴルフ&カントリークラブ

suwan-golf-country-club-1-xl
スワンゴルフ&カントリークラブ

日本とはだいぶ雰囲気が違いますよね。

どこも非常に綺麗に整備されていて
組数も日本よりも詰まっていないために快適にプレーすることができます。

スループレーで進行も早く
雨季・乾季を問わず1年を通じて快適な気候。
冬季にクローズドもありません。

しかも、カートとキャディさんが
1人のプレーヤーに1人つくという贅沢ぶり。

中には
2人、3人とキャディーさんを
つけている方もいるくらいです(驚)

コミュニケーションは
英語、タイ語になりますが
実は全く心配要りません。

ゴルフという共通語があるので
意外とうまいこといきます。

カートが
フェアウェイに乗り入れ可能
というのも、ありがたいです。

体力も温存できて
余裕をもってプレーできます。

ぜひ、このお休みにタイでのゴルフはいかがでしょうか。

上達の鍵は、ラウンド経験を増やすこと

私が提案したいのは
決して、タイにゴルフ旅行に行ってほしい
ということではありません。

お休みの時間を見つけて
なるべく多く連続でのゴルフを経験してほしいということです。

トラブルショットの危機感、ラフからのショットの距離感や打ち方、
傾斜地からの打ち方、バンカー、パッティングの距離感、ショットの距離感

などなど、、、

ゴルフ場でないと体感できない状況を
頭と体に叩き込む時間をつくってほしいんです!

1日だけのゴルフだと
家に帰ってすぐに忘れてしまうことが

連続でのラウンドを経験していると
定着の仕方が10倍違うともいわれています。

連続でのラウンドは
勉強でいうところの学校の勉強を、帰ってから復習しているようなものです。

間を空けない反復学習が
学んだことの定着には効果的なんですね。

だからこそ、連続でのゴルフは
あなたにとっても
最短で上達するのに役立つでしょう。

ぜひ、国内でもいいので試してみてください。

服部コースケ


<本日のオススメ>

50%OFFで小原大二郎プロの
新刊アプローチ上達書籍が手に入ります

ただし、、、12月3日までの限定です

今すぐ下記のリンクをクリックして確認してみてください

http://g-live.info/click/obwin_1811/

[ビデオ]右手だけ強く振っていませんか?

2018.11.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたは
スイングをするとき
両手に一体感を感じていますか?

片手ずつバラバラな動きをしている人

レッスンをしていて
意外と目にする機会が多いんです。

「もったいないなぁ」

この一言に尽きます。

利き手の力が入りすぎてもいけませんし
逆に、左手の力が抜けすぎているというケースもあります。

例えば、
腕の力の入れ方、スイングがわかっていなければ
どんなに良いクラブを持ってみても
どんなに正しいアドレスをしたとしても

右手と左手の動きがバラバラでは
スムーズにスイングすることはできません。

自分でも
何か違和感を感じるはずです。

今回の動画では
2本のクラブを使った
ドリルを紹介しています。

これを見れば
両手の一体感を感じて
飛距離アップにつながること
間違いなしです。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

服部コースケ


<本日のオススメ>
アイアンでダフってしまう理由を本当に知りたいですか?

その理由を知ってしまったら
もうミスショットを打つ理由がなくなるからです。

本当に知りたい人だけ、コチラから学んでください

http://g-live.info/click/obadb_1811/

チーピン解消の3つの手立て

2018.11.11
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたは、ゴルフ中にチーピンが止まらないことってありませんか?

今まで、いいショットだったのに
なぜか急に、チーピンが連発。

ロングホールのティショットで
距離が必要なのに、ピンが遠くなってしまった…

「せっかく、打つまで時間をかけたのに!
 丁寧にテークバックしたのに!
 さっきまではよかったのに!」

悔しい経験したことありますよね。

今日は、ティショットのミスの1つ
チーピンについてレッスンをしたいと思います。

すぐに解決する方法がありますからね。
チェックポイントを3つご紹介します。

今のドライバーはチーピンが出やすい?

まず、大前提にチーピンについて勉強をしましょう。

実は、現代のドライバーはヘッドの大きさが大きい物が多く
フェースのローテーションを行っても、フェースが閉じづらくもあり

逆にフェースが閉じたら、
一気に返ったりしてコントロールが難しくなっている傾向があります。

これは、右へのミスを減らす目的だったり
飛距離を増やそうとしたデザインの結果
そうなってしまっているのですが

基本的には、ボールを捕まえやすく設計されているのが
あだになっていて、チーピンがでてしまうんですね。

クラブでは重心距離が
フェースの回転に影響しています。

重心距離は
シャフトの延長線から、ヘッドの重心がある位置が
どれくらい離れているかを表す言葉。

重心距離が離れていればいるほど
ボールを捕まえようとすると
急激にターンをする傾向があります。

アイアンよりも、ドライバーの方が重心距離が大きいです。

チーピンが出ているということは
ローテーションが急激になっている結果と言えます。

では、チーピンをどのように改善できるのでしょうか。
3つのポイントにまとめました。

ポイント1:テークバック

スイングでの解決ポイントの1つ目として、

バックスイングで
フェースを開かないようテークバックすることを意識してみてください。

テークバックでは、
腰の位置までフェースが地面を向くように上げ

トップスイングでは、
フェースが空を向く形を作ってあげる。

そうすると
オートマチックに
ボールを捕まえる形ができ
ローテーションが最小限で済むようになります。

その結果
チーピンが出にくくなります。
ぜひ試してみてください。

ポイント2:シャフトのしなり戻り

次に、シャフトのしなり戻りが原因になっているケースもあります。

シャフトのしなり戻りとは、
ダウンスイング時にタメができてしなったシャフトが
インパクトでボールに向かって、逆方向にしなる動きをしなり戻りといいます。

このしなりのタイミングは
シャフトによって特性がありますが、

間違ったシャフトを使っている場合
逆にミスを誘発してしまいます。

例えば、先調子系のシャフトを使っていたら
インパクトで急激に、フェースが閉じて
チーピンやフックが出やすくなります。

ボールがつかまりやすい半面
左へのミスも増えるということ。

逆に中調子から元調子の
しなり戻りが遅い・少ないシャフトを使うことで

左方向のミスが特に多い方は
ローテーションのタイミングが遅くなることで、左へのミスが収まってきます。

今のシャフトがどんな特性のものをつかっているのか確認をするのも手でしょう。

ポイント3:ロフト角が原因の場合も…

意外なことにロフト角も
左右のミスに影響を与えていることも…

チーピンは
バックスピン量が
少ないことが特徴です。

バックスピンが少ないことで
ボールがすぐにドロップしてしまいます。

ロフト角が少なかった場合
よりスピン量がすくなくなるので、
チーピンが出やすい方は、ロフト角が多い、10.5度以上のロフトを選択するのも手でしょう。

急激な曲がりや、
すぐボールが落下するという方は
ロフト角にも目を向けてみてください。

チーピンがよく出る方、
左へのミスが多い方は参考にしてみてください。

服部コースケ


<本日のオススメ>
ゴルフ上達の伝統と言われた
ある練習器具を、ゴルフライブでは独占販売。

これ、”ビジネスゾーン”を
正しくするための”ある仕掛け”
がついているのですが

なんだかご存知ですか?

ヒント:
シャフトに、普通はついていない
ある機能が搭載されています。

http://g-live.info/click/medi_1811/

飛ばしとの出会い

2018.11.04
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより

こんにちは、
服部コースケです。

私がゴルフをはじめたきっかけは
親父のゴルフの練習に
ついて行ったことでした。

まだ17歳くらいでした。

初めて見た
親父のゴルフ姿

思っていた以上に
ボールが遠くへ飛ぶんです。

恥ずかしいから
言葉に出さなかったけれど
「親父カッコいいな」
なんて思いました。

もともとスポーツは好きだったこともあり
さっそく挑戦しました。

当たり前なんですけど
めちゃくちゃ難しくて
まったく上手くいきませんでした。

だけど、
それが楽しかったんですよね。

それからも親父について行って
時間が経つのも忘れて何度も何度も打ちました。

そのうちに
「もっと遠くに飛ばしたいな」
なんて欲が出てきたんです。

とにかく遠くへ飛ぶように
がむしゃらにボールを打つんですけどね。

飛ばそうと思えば思うほど
ボールは上がらないし、飛ばず…

今、思えば
体が突っ込んだり、
すくい打ちになっていったのだと思います。

でも、隣で打っている親父はもちろん、私より飛ばすんですよ。
ネットに直撃しているボールを見て憧れました。

カッコよくって。
悔しくって。

「親父があの辺まで飛ばしているから、僕はそこを越えよう」

いつの間にか
思うようになっていました。

私の中では、密かに
親がライバルでした。

考えてみたら、これが私の
「飛ばし」との出会いです。

衝撃!チタン製クラブとの出会い

その後、
高校を卒業して

ゴルフを毎日のようにやるようになって
どんどん上達していきました。

そして、クラブのことも知りました。

実は、それまでというと、、、
親父の使っていたパーシモンしか
使ったことがなかったんです。

練習場で親父に借りていたクラブが
まさにパーシモン。

そりゃ、飛ばないですよね。
練習場でパーシモンを使っていても。

だから、初めてチタン製のクラブを打ったときは感動しました。

金属の弾き感、球の飛び、飛距離。
それまで使っていたのとは断然に違ったんです。

まさに衝撃を受けました。

初めにパーシモンを使っていたせいか
いまだに、パーシモンに愛着はあります。

練習場でパーシモンで練習している若者は
私くらいだったのではないでしょうか。

飛ばしの醍醐味

飛距離を伸ばす最も手軽な方法
それがクラブにある。

私はそのとき、初めて痛感しました。

最初はクラブには無頓着です。
これしか、触れる物がない。

まずは使って慣れろ。
誰もがそう思うからです。

しかし、ゴルフは違う競技なのかもしれません。

自分の実力ももちろんですが
モノに全力で頼ることも必要だと思います。

ゴルフでは、飛距離は醍醐味です。
そして、トップツアー選手では
飛距離が出ない選手は中々勝てません。

あなたもそうだと思うんですが

飛距離が伸びた

ボールがイメージ通りに飛ぶこと
これに勝る喜びはありません。

コースで感じる1発のために
何球も頑張って練習をしますよね。

その1発が忘れられなくて

嬉しくて、
楽しくて、
更に頑張ろうって思ったりしますよね。

私も同じで、改めて
ゴルフって
飛ばすのって
楽しいなと気がつきました。

ゴルフ以外で
200mも300mも
飛ばせるスポーツはないです。

野球でも100mそこそこ。

200m飛ばせる
ゴルフのドライバーとボールというのは
他の競技と比べ物にならない爽快感があると思います。

こんな長距離を自由に打てる
競技を楽しめていることに
とても感謝しています。

そして、飛ばしの楽しみに目覚めさせてくれたのも私の親父であり、
今の私があるのは親父のおかげです。

ゴルフをしていると
時々フッと思うんです。

親父の200ヤードは
遠かったなぁ。

今の私は
親父よりも飛ばすようになりました。
ゴルフも私のほうが上手です。

でも、あの頃に感じていたように
私は、親父みたいに
かっこいいのかな。

なんて、少し思います。

ゴルフをはじめた
あの頃に感じていた
飛ばすことへの楽しさ

そして今なお
私が感じている
より遠くへ飛ばすことの楽しさ

そんなゴルフの醍醐味を
これからもあなたに
レクチャーしていきたいです。

服部コースケ


<本日のオススメ>
ティショットで
ドローを打つ人たち、、、

彼らは、特別なことをしていると思いますか?

いえ、あなたでこれを見れば打てるようになるでしょう

http://g-live.info/click/ob_draw1811/

[ビデオ]体はスムーズに回転していますか?

2018.10.28
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより

こんにちは、
服部コースケです。

「毎日、練習をしたほうが良い。」

これは
ゴルファーなら誰しもが
わかっていることではあるはずです。

しかし、仕事が忙しいなど
そんなに練習に時間を費やせない
ってなりがりですよね。

ちょっと無理して練習しても
続かないのでは意味がありません。

そんな あなたに朗報です。

もしクラブを持たなくて
飛距離アップができるような
練習方法があったら
やりますか?

このビデオでは
自宅や職場の休憩時間など

ちょっとしたスペースや
隙間時間にできる
とっておきの練習方法を
紹介しています。

これを見れば
クラブをスムーズに振れるようになり
飛距離アップに結びつきます。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

服部コースケ


<本日のオススメ>

ゴルフが進歩しない方のよくある3つの症状

・スイングの細部にこだわり過ぎて悩みばかり
・何をすればいいのかわからない
・だからいつまでたってもうまくならない…
・どうせ、次のゴルフもひどいスコアだと思う

これらの症状に悩まされているゴルファーは
こちらを見てください

http://g-live.info/click/edsw_1810/

グリップ選びで上達する

2018.10.21
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオ

こんにちは、
服部コースケです。

あなたはグリップ交換したのっていつですか?

中古クラブを安く購入したり
買い替えた方もいらっしゃると思います。

そんな時に、
必ず真っ先に交換をしてほしいのが
グリップなのですが

あまり気にしたことがない人も
いるかもしれません。

実は、中古クラブのグリップは
一見美品に見えたとしても、

硬化してしまっていて
カピカピ、つるつるになってしまっていることが非常に多いです。

固くなると割れが出ていることも多いです。

純正品がキレイで
たとえば「Titlist」というロゴがなくなるのが嫌で
中々交換出来ない方も多いと思います。

グリップなんて、握れればいいでしょ
と簡単に考えている方も多いと思いますが

硬い状態のグリップだと
番手毎に握った感覚が変わったり

ドライバーだけ太いとか、
ウッドだけ違う種類のグリップが刺さっている
ウェッジだけ違う種類のグリップ
という方も要注意です。

実は、グリップのせいでミスが出やすかったり
豆が出来てしまったりということもあるのですが、、、

上級者こそ、細部にこだわる

プロスポーツ選手や、
熟練の技術者は
自分が使うものにこだわりをもって管理します。

なぜなら、毎回同じような結果を求めているからです。

使ったときの違和感を減らしたり
1%でもミスをへらすための努力です。

ゴルフで言えば
クラブセッティングや
クラブの手入れがそれに当たります。

アマチュアゴルファーや
月に1回ほどゴルフをされる人は、

「いやいや、そこまでしなくても…」

と思っている方も多いかもしれません。

ですが、上達を目指すのであれば
多少のコストがかかっても
グリップを手入れすることは必要です。

選手それぞれこだわりもあります。

私のグリップへのこだわりは
太めのグリップで柔らかめものを使うことです。

もちろん、すべてのクラブで同じグリップを使います。

特に太さは、知り合いの工房で
毎回、3重にしてください。と指定してグリップを指してもらっています。

なぜ、グリップを太く巻いてもらっているかというと
私は、手首の動きやためが強くなりすぎる癖があるので

太めのグリップにすることで
それらを抑えることができるからです。

実は、グリップは内部のテープを何重に巻くかによって太さを調整できるんですね。

それに私は、1インチほど短く持つのが好きなので
細いグリップだと、先細りのグリップは
細く感じてしまうからです。

そんな工夫もしています。

ゴムの劣化

グリップは、ゴルフクラブで
最も劣化が早い部分です。

もし、あなたが今のグリップが劣化しているかどうか知りたければ
新品のグリップを握ってみて、
それと自分のクラブのグリップを比べてみるのが早いでしょう。

新しいグリップは
比較的柔らかく、やや手に吸い付く感覚が得られます。

強く握らないと、手から飛んでいってしまいそうだ
と感じるのは、非常に危険です。

グリップが硬いことで
グリッププレッシャーも自然と強くなり

そのことで、手首のローテーションがしづらくなり
右方向へのミスが強く出る可能性があるからです。

一般的にグリップはゴムで出来ているので
使用頻度が高かろうと、低かろうと劣化していきます。

物置や、車の中などに放置すると
それだけで熱で劣化したり。

そのため、せめて1年に1回は交換してほしいのです。

グローブなしじゃ振れないと感じるくらい滑るようであれば、かなり危険でしょう。

柔らかめor硬め

材質も今ではいろいろな種類が出てきていますが

豆ができやすい人
手が弱い人
力がある人など

しっかりとグリップを握ったほうが良い人はやや硬めのグリップ
を選んでみてください。

グリップの重さで言えば
軽いクラブの人は軽めのグリップ
重いクラブの人は重めのグリップ
がおすすめです。

バックライン有りは実は簡単

昔からゴルフをされている方なら
おわかりかと思いますが

バックライン有りのグリップは
タイガー・ウッズが有名になるまでは一般的でした。

バックラインがある場合は、
フェースの向きがわかりやすく
ボールを捕まえやすいという効果がありました。

しかし、タイガー・ウッズがバックライン無しのグリップを使っており
そこからバックライン無しグリップが一般的になりました。

もし、バックライン無ししか使ったことがないという方は
試しにバックライン有りを使ってみることで
ゴルフが簡単になるかもしれません。

私がゴルフを初めてプロを目指しているときは
バックライン有りを使っていて、
自分でグリップ交換をしながらバックラインの位置を調整して球筋のコントロールをしていました。

このようにグリップ交換も奥が深いので
自分で試しにやってみるのも勉強になりますし
信頼するショップに任せてみるのもいいでしょう。

グリップ一つとっても

飛距離
球筋
コントロール性の改善

などの変化が実感できると思います。

たかがグリップ
されどグリップ

グリップ交換のタイミングを
逃さないでくださいね。

服部コースケ


<本日のオススメ>
ゴルフに行くと疲れやすくありませんか?

お昼を食べたら眠くて
後半にスコアを落としてしまっていませんか?

後半にスコアを落としてしまうために
小原プロが新しい取り組みを開始しました

http://g-live.info/click/b9g_1810/

苦手意識が飛ばない原因…?

2018.10.14
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより

こんにちは、
服部コースケです。

FW(フェアウェイウッド)に苦手意識をもっている人って多いですよね。

ヘッドが小さいので当たらない気がする。
距離が出る分、曲がりがミスになる。

そう考えている人多いです。
つい先日もそんな生徒さんが
私のレッスンにお越しいただきました。

フェアウェイウッドが使えないということは
UTか、アイアンで
その分の飛距離を補わなければならないのですが

3~5番アイアンをバッグに入れるかと言われると
現代のクラブはロフトが昔よりも立っていますから余計難しいです。

170~210yの距離を
セカンド地点から打てるようになると
パーオンの幅が広がっていきます。

ロングでのバーディを取れることも。
逆にウッドが得意な同組がいた場合
置いていかれてしまいますよね。

FWと言えば、
実際、長いクラブですから
難しいという意識をもっている人もいるかと思います。

しかし、長いクラブが使えるようになると

・距離が増えます
・アイアンよりも簡単なこともあります
・ティショットで、ドライバーよりも安全に使えたりします
etc…

などなど
たった1種類のクラブが苦手か、苦手じゃないかで
それだけでゴルフの結果も大きく変わっていくでしょう。

私の元にいらした生徒さんも
漏れなく、そんなお一人でした。

しかし、彼もあるきっかけでFWが得意になりました。
そのきっかけとは、練習したから…ではなく、
嫌なイメージが湧くクラブを使わないということです。

苦手意識が負の連鎖をうむ

FWに限らず
この番手、中々うまくいかないんだなということってあると思います。

更に、打つ前からこのクラブなんか嫌だなぁ…と苦手意識を持って
スイングすることでスイング軌道がもっと狂いやすくなります。

スライスしたら嫌だなと思って打ったら
本当にスライスをした。

「やっぱり駄目じゃん!」

そんな風に、
更に苦手意識が強化されていきます。

また逆に、フックしてしまう。

トップしたら嫌だな。

ダフッたらどうしよう。

それは、あなたに経験値として蓄えられて
次にクラブを握るときにも思い出されていきます。

人間は、恐怖から逃げるという本能があります。
そのため、苦手クラブからは逃げよう、逃げようと
身体が防衛反応を、インパクトの直前に発揮していることもあります。

ダフリ、チョロが出てしまうようなら
さらにすくい打ちが強くなって
安定したスイングから程遠くなってしまうかもしれません。

苦手意識から逃げる

まず、意識してほしいことは
「苦手だと感じるクラブを使う必要はない」
ということです。

ゴルフを始めたばかりの方で
FWは友人にもらった、とか
中古でやすかったからとりあえず買った、とか

そんな理由でFWをいきなり本番で使ってみた結果
まったく当たらなかったために苦手
と思っている方もいらっしゃると思います。

そんな苦手意識を持っている方は
単純に、クラブが合っていない
というだけのケースが非常に多いです。

アイアンに比べて重すぎる
ドライバーに比べてフックフェースすぎる
などなど、

今のクラブセットとあまりにスペックが違わないか?
握った時に違和感がないか確認をしてみてください。

単純にクラブを変えただけで
上手くいくというケースもありますので
苦手なクラブを捨てて

自分のスイング自体がだめと思う必要はないんです。

膝立ちスイング

ただし、長いクラブになるほど
難しいさは感じると思いますので、

その長さになれる必要はあると思います。

そのため、FWが苦手な方は

「膝立ち打ち」

という練習を取り入れてみてください。

やり方は
いたってシンプルです。

地面に両膝をついて
アドレスをします。

その膝で立った状態から
スイングをします。

この練習で
スイング軌道が正しくなりやすくなります。

しかし  
クラブが長くなるイメージが出るので、
FWの長さも簡単に扱えるようになります。

FWが当たると
攻め方の広がりが出てきて
安定したスコアが期待できます。

ぜひ、長いクラブでも正しスイング軌道を身につけて
FWを得意クラブにしてください。

追伸:

ちなみに、
テーラーメイドM4がFWの中でも使用率が最も高いクラブで、
私が打った中でも最も良いFWの1つだと思います。

簡単で、打ちやすく
飛距離も出やすいです。

簡単、というのは
ミスの許容範囲が大きいということですね。

クリーンに当たらなくても
比較的距離を稼げるということ。

とても良いクラブと思います。

クラブを変えるだけで
すべてが上手くいくと決まっているわけでもありませんが
一つのきっかけになるかもしれません。

さらなる飛距離アップを
ティグラウンド以外でも実現してみてください。

服部コースケ


<本日のオススメ>
300y飛ぶFWより、コレ飛びました

想像してみてください。

500yのロングホールを
涼しい顔して2オンする姿を。

フェアウェイからも1Wの飛距離で
距離を稼ぐ新FWとは?

http://g-live.info/click/3m_wood1810/

【ビデオ】左足の壁、体感できていますか?

2018.10.07
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオ、、、

こんにちは、
服部コースケです。

左足の壁、
あなたは知っていますか?

知っているのと知らないのでは
習得できているかどうかに大きく影響を与えます。

また、知っていたとしても
出来ているか、出来ていないかでも全く違います。

そこで、今日は
左足の壁を体感してもらうための
とっておきの方法をビデオでご紹介しています。

3分弱のビデオに
やり方からポイントまで
ギュッと詰まっています。

ぜひ参考にして
左足の壁のコツを掴んでください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

服部コースケ


<本日のオススメ>
石川遼、マーク金井、古賀公治

ゴルフ関係者のトップたちが
「こんなにゴルフが上手くなるクラブはない」と大絶賛!

その訳はコチラ…

http://g-live.info/click/fure_1810/

スイング中のミスは、集中できていない証拠?

2018.09.30
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオ、、、

こんにちは、
服部コースケです。

ゴルファーのほとんどは
練習場に行ったとき
なるべく1階の打席を使いたがりますよね。

あなたもそうだと思います。
アプローチの練習をしたり
実際の弾道や距離が計算しづらいからという理由で。

しかし、実は私は
2階打席の方が好きです。

また、2階打席のほうが
スイングの練習にはうってつけだと思っています。

それには、2つ理由があります。

練習場のボールは、そもそも上がらない

練習場のボールは
耐久性を重視して作られているので
弾道は低く、距離も出ません。

つまりは、実際のコースボールとは
ショットの結果が違います。

例えば、そんな球が上がらないボールで練習をすると
普段よりも、ボールを上げたい、と思ってしまう意識が生まれます。

そのため、私でも
すくいうちをしたくなってくるんです。

ボールをあげよう、あげよう
と思ってミスが出てしまう。

しかし、逆に2階から打っていれば
「飛んだ」「当たった」
という実感が持てるんですね。

精神衛生上、これがいいと思っています。

この”精神衛生上”というのがポイントですが、
2階打席の方が明らかに集中しやすいんですね。

この、練習での集中。
コースでの集中というのが
あなたのゴルフに大きく影響するポイントになるでしょう。

他にも、
2階の方が空いていることが多いので
他人の目を気にしなくても良いんですね。

私は気にしいなので、
たくさんの人に見られている感じがすることが苦手です。

ですが、練習中でも、コースでのラウンド中でも
どうしても周りの目が気になってしまうときってありますよね。

特に、ミスが多かったり
シャンク病、極度のスライスが出たときには特に。

でも空いていれば、
そもそも周りの目が少ないのですから
気にしなくてすみます。
練習に集中できるというものです。

集中力でショットが変わる

一番ホールのティショット、
上手く打てればバーディを取れる場面、
後ろの組に接近されているときのショット、、、

自分の身体がふわふわした感じがして
なかなかショットに集中できず
結局ミスしてしまった、、、

ということもあったかと思います。

ひどくなると
「隣の人が、俺のスイングを見て笑っている」
「あの人のほうが飛びそうだなぁ…」

そんなことが頭に浮かんだ瞬間に
もうすでに集中力は失われています。

しかし、この集中力を鍛えることも
普段の努力やちょっとした工夫で解決することができます。

あなたも自分なりの集中力を高める方法を手に入れれば
より、ナイスショットの可能性を高めることができるでしょう。

集中力を高めるためにできる簡単なポイント

・帽子を目深に被る
・サングラスをする
・音楽を聞く
・後ろや周りを意識的に見ない
・そもそも他人との比較をやめる
・友人と同じ番手を持つのを辞める

私は、練習場では2階打席で
サングラスをかけて、帽子を被って、イヤホンをつけてやります。
周りを遮断するんです。

自分だけの世界で練習をしたいんです。
逆に気にしいと言われるかもしれません。

ですが、
自分だけの空間に入れるからこそ
練習効果も上がった感じがするんですね。

ちなみに、私のサングラスはオークリー。
レンズの見え方が自然で好きです。

こういうやり方も良いですね。

集中力を高めて
ナイスショットの確率を上げたい方
練習の効率を上げたい方。

ちょっと工夫してやってみてください。
今までと違う感じがすると思います。

ー服部コースケ


追伸:

続々飛距離アップの実績が報告されている
60代からでもできる飛距離アップ法

今ならキャンペーン中で
お試し価格で試せるそうです。

こちらから確認してみてください

http://g-live.info/click/htbd_1809/

【ビデオ】クイズ、2つのスイングどう違う?

2018.09.23
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

これから紹介する動画で
2つのスイングを実践して見せています。

この2つのスイングの違いはなんだと思いますか?

そして、どちらのスイングが飛ばせると思いますか?

正解は、動画の中で紹介しています。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

服部コースケ


<本日のオススメ>
パターがうまくいかない理由を
本当に知りたいですか?

距離感が合うようになり
3パットがなくなってしまったら

それだけで
ベストスコアが簡単に出てしまうのに…

http://g-live.info/click/ib_1809/

ショット成功率100%は可能?

2018.09.16
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたは、
すべてのショットは、
完璧にまっすぐ打てるようになると思いますか?

すべてのショットを
完璧にまっすぐコントロールできるようになりたいですか?

私は、こんな信念を実は持っています。

「ゴルフは真っ直ぐ飛ばすスポーツではない」
「1mmの違いでショットが変わるので、本質的にはコントロールできない」
「その日の調子が変わるからこそ、それに対応できる力が必要」

という信念です。
ゴルフをやりながら、培われた考えでもあります。

たとえば、
あなたは、今日の自分の機嫌をコントロールすることができるでしょうか。

・機嫌が悪い日もある
・機嫌がいい日もある
・悲しい日もある
・怒りたい日もある
・楽しい日もある

そんな自分の機嫌がコントロールが難しいように
ショットも難しいと思うんです。

ちなみに、ずっとナイスショットを打つことはプロでも不可能です。

プロゴルファーは、
きっと満足の行くショットしか打たないだろうと思われがちですが
ツアーでテレビに映るような選手は

「その週に調子のいい選手だけを放映している」ので
ミスショットも少なく、
打てばまっすぐ、ピタリと寄る

という事になっています。

だから、
すべてのショットが思い通りに行く
なんて思わないほうが、ゴルフは楽になれるでしょう。

さて、、、だからこそ重要なのが
「ミスへの対応法」ではないかと思います。

そのヒントになる、ある上級者の練習法をご紹介します。

練習場利用時間は10分

ある70台を出している若手アスリートゴルファーの
練習場利用法をご紹介します。

彼は、練習場を10分ほどしか使いません。

なぜなら、彼の信念もまた
ゴルフはミスへの対応だったからです。

彼の練習場での過ごし方はこうです。

>打席についてから、念入りに決まった練習素振りをします
>その後、ゆっくりと打席についてそのイメージでショットを打ちます
>球筋を確認します

>別の練習素振りをします
>その後、ゆっくりと打席についてそのイメージでショットを打ちます
>球筋を確認します

つまり、、、

彼がやっているのは、
練習素振りがショットにどんな影響を与えているのか?ということです。

決して、球筋の確認や
ちゃんと打てるかどうかの確認には来ていません。

スライスを治すために必死になったりもしません。

コースでは打ち直しができません

練習場で何百球も打っていると
だんだんリズムが出てきてナイスショットが出ることがありますよね。

しかし、コースではそんな調整はできません。

打つ前の数回の素振り以外にできることがないのです。

だからこそ、
練習素振りをしたら
球筋がどう変化するのか?

をこの練習場で身につけているのです。

例えば、ちょっとスライス気味だったら、
どんな素振りを入れると
やや真っ直ぐに変わるか?

などのコースで使える引き出しを練習しているんですね。

非常に目的がはっきりした練習です。

まっすぐ飛ばせないからこそ
この上級者のようにどんな素振りをしたら
直後の球筋が変わるか?

について意識をしてショットをしてみてください。
その引き出しの数が増えれば増えるほど
あなたのコースでできる対応策が増えるのではないでしょうか。

練習素振り等ドリルが知りたい人は、過去のメルマガを見てみてください。

服部コースケ


<本日のオススメ>
米国最新スイング理論が日本に上陸。

ボールが飛んで曲がる原理、
7回つのステップでド素人が100切りもできる秘訣とは?

http://g-live.info/click/5snp/

もう一度ゼロからゴルフを始めるとしたら…

2018.09.09
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

未経験から100を切るために
どれくらいの期間がかかるか、あなたはご存知ですか?

平均して、100を切るためにかかる期間は
ブランク期間もいれて5年くらいは最低でもかかっている人がおおいです。

実は、私もゴルフを始めたてのときは
本当に効率の悪いゴルフの練習を実践していました。

例えば、、、

・球数をただたくさん打てばいいと思っていました
・ゴルフの練習の目的が全くありませんでした

結果、
プロを目指して、年間300日は練習していたのに、
体のいたるところを痛めて腱鞘炎や、指がたくさん痛くなったのに
100が切れませんでした。

プロゴルファーを目指してですよ?(笑)

練習好きだったので、苦ではありませんでしたが
家族や、将来の不安は尽きなかったと思います。

今日は、もしレッスンプロとしてレッスンをしている私が
今の知識のまま、もう一度ゴルフにゼロから取り組むとしたら、

最短、最速で上達するためには
どんな風に取り組めば良いのか、という体で
メールマガジンを書かせていただきます。

どれだけ
体に痛みが出ようと
練習量が多かろうと

下手な練習をたくさん積んでもうまくなりませんよね。

改めて、私の上達のためのステップをまとめると、、、

———–
1. スイングの基礎を固める
2. 素振りでショットをコントロールする方法を知る
3. ショットに対応したマネジメントをする
———–

という順番です。
(上達、だけの観点で見るとここに実は、飛距離は必要ありません)

大抵の人は、
練習場に行って
出玉を見ながら、どうやったら真っ直ぐうてるか、
ということばかりを考えていて

スイングを固めることができていなかったり
コースに出て、ミスが出た瞬間にそれに対応できずにいます。

さらに、ショットの曲がりを過剰に意識しすぎて
その曲がりを受け入れられずに
つねに真っ直ぐ打たなくてはいけない
という呪縛にとらわれています。

だから、上達しない人がおおいです。

さて、話を戻しましょう。
私が、ゼロからゴルフを始めるなら
こうやってゴルフを練習します。

まずはアプローチ

まずやってほしいことは
アプローチとパターの距離感を合わせることと
体幹でゴルフスイングすることを覚えることです。

基本の「キ」すぎて
ゴルフがある程度うまくなってくると忘れてしまうのですが

体幹でボールを打つ
体幹でボールを運ぶ

というイメージを忘れてしまって

手で、すくい上げたり
手で、ボールを捕まえようとして、チーピンになったり

スイングが体で行われているというイメージをつけるためにも
まずはパター、アプローチを上達するのが先決です。

これは、ゴルフを始めたときに
距離感が合わずに、ショートゲームでスコアを
損することの対策にもなります。

ショットはドライバーで覚える

逆に、フルショット以上は
ドライバーで覚えていくのが良いと考えています。

なぜなら、もっとも長いクラブで
ティアップした、簡単なライから練習できるからです。

最も長いクラブで、ボールを捕まえられなければ
どのクラブでも右に飛んでいってしまいます。

そのため、ドライバーで
体幹を意識したスイングでボールを捕まえる練習を行います。

具体的には三角形のキープです

具体的に取り組むべきは、
「アドレスの三角形をキープしてスイングする」
ということ。

これをキープして、体の回転で打つ。

これを今100前後の人が聞けば、
「わかっているよ」

と思いつつも、
あれ、最近できていたかな?

と不安になる人も出てくるかもしれませんね。

ゴルフも、他のスポーツでも
ある程度経験がある人の方が
今までの知識や、経験に頼ってうまくなろうとするので
寄り道をたくさんしてしまう人も多いです。

もし、あなたが
もう一度ゴルフをやり直したい

ボールの曲がりに耐えられずに
なかなかラウンドが上手く行っていないなら
こちらの基礎を見返してみてください。

私が最速で上達するなら
こんなことを実践して、まずは100を切ると思います。

具体的な練習ステップや、方法、練習場の活用についてまた次回書かせてもらいます。

服部コースケ


【新ドライバーが予約殺到!】

ゴルフライブ
史上最も売れたドライバー…

なぜ、この短くて重いドライバーが
あなたの飛距離を伸ばして
ドラコン王者に愛用されているのか

http://g-live.info/click/edr_1808/

スライスが出る人へ:右手の甲でボールをつかまえる?

2018.09.02
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

最近、生徒さんからこんな質問を受けました。
どうもその生徒さんはアーリーリリースの方が
ボールがつかまるから、

右手のコックを早くほどいて、
ボールを捕まえにいくスイングがいいんだ、
とおっしゃっていました。

なるほど、、、
もちろん、それでボールが捕まったらよかったのですが、
どうもスライスとトップの泥沼になってしまって

いても立ってもいられずに
私のもとにレッスンを受けに来てくださったのです。

そんな生徒さんにもレッスンをした
右手の甲を使ってボールを捕まえるドリルをあなたにもご紹介したいと思います。

右手で捕まえるという罠

もちろん、右手を早く返してボールを捕まえにいくという考えは
一概にまちがっているわけではないのですが、

ほとんどの人は、右手の甲の向きを逆に使ってしまっているんです。

アーリーリリースの場合、
右手手のひら側に角度がつくような動きになりますが、
これではなかなかヘッドスピードも出ませんし

かなり手首の細かい動きを要求されるので
球が捕まったとしても、捕まりすぎて
フックが増えてしまう危険性もありますね…

続きを読む