作成者別アーカイブ: 服部 公翼

服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。 代官山の会員制ゴルフレッスンアカデミー、「K’s Island Golf Academy」の代表。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。 高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。 その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、 ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。 帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。 その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。 自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。 スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。 さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。 その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。 レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、 「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

飛距離アップに右脇は重要?

2017.12.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

今日は飛距離アップを最大化する
スイング時の右脇についてお話します。

「右脇は開かずに締めること」
よく耳にすると思いますが

言われたとおりやっているのに
なかなか上達しない、、、
ボールが飛ばない、、、
右にスライスしてしまう、、、

こんな経験をした方も多いんじゃないでしょうか?

私もゴルフを始めたっばかりの頃、
まさにこの罠にハマったことがあります。

それは多くのゴルファーが
「右脇は開かずに締めること」
間違って理解してしまっているからです。

続きを読む

【ビデオ】◯◯を振る練習でスイング矯正?

2017.12.03
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

飛距離を伸ばすには下半身先行の
スイングをしなければなりません。

自分では正しいスイングができている
と思っていても実際は手打ちになっている。

そんな方をよく見かけます。

しっかりと体全体を使い
下半身先行のスイングをするのは本当に難しいですよね。

そこで今回私が紹介するのは
少し変わったスイング練習法です。

この練習は手打ちのスイングを
ごまかすことができません。

下半身先行の正しいスイングでないと
しっかりスイングにスピードが出ないので
正しいスイングを身につけるのに最適です。

体は少しきついかもしれませんが
10回3セットを目処にやってみてください。

確実に下半身先行のスイングが身につきます。

ヘッドスピードと飛距離。
その両方が大きく変わって来ます。

ぜひやってみてください。

続きを読む

飛距離アップへの近道は意外なところに?

2017.11.26
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「服部さんヘッドスピードを上げたいです。」
よく生徒さんから相談を受ける内容です。

私はこのような相談を受けた時
その方のミート率を見てアドバイスする内容を決めています。

飛距離を伸ばすのに
ヘッドスピードを上げることは重要です。

ですが実は全ゴルファーにとって
ヘッドスピードを上げることが
最も効率のいい飛距離アップ法とは限りません。

ヘッドスピードを上げることで
すぐに飛距離を伸ばせる人は「ある共通点」があります。

その条件は、、、

続きを読む

それ、本当に限界ですか?

2017.11.19
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

ゴルフをしていて
ラウンド中に起こる緊迫した場面。

プレッシャーが
かかればかかるほど緊張しますよね。

・このティショットが勝負になる。
・このアプローチですべてが決まる。
・このパッティングだけは絶対にはずせない。

コンペや大会の優勝や自信のベストスコア

色々な目標にむけて
一人ひとりのゴルファーが
みんな何かと戦っています。

「大切なのは精神力」
なんてよく言われますが

精神力と言われても
どうしたら鍛えられるのか
さっぱりわからないですよね。

今回は私が実践している
精神を鍛える方法を紹介していきます。
続きを読む

【ビデオ】コレをやるだけで自宅にいながら飛距離アップ

2017.11.12
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「忙しくて
中々ラウンドに行けない
練習場にも行けないよ。」

レッスンをしていると
生徒さんのそんな声をよく耳にします。

しかもこれからの季節寒くなってきて
家から出ることが少し億劫になってきます。

今回は家にいながら1日1分で
確実に飛距離アップできる方法を公開します。

何度もお伝えしているのですが
飛距離アップには下半身がとても重要です

加えて身体をひねる時に使う
お腹周りの筋肉が効率よく使えると
ヘッドスピードがアップします。

この練習をやると
太もも、股関節、お腹
というゴルフで最も有効な筋肉が強化されます。

1日1分でいいので
空いている時間で行ってみてください。

多い方は半年続けただけで
20yくらいは飛距離を伸ばす方もいます。

ぜひやってみてください

続きを読む

【ビデオ】飛距離を最大にする身体の使い方

2017.11.05
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

私の生徒さんでスイング時の
頭が動くことに悩んでいる方がいます。

ドライバーで飛距離を出すには
ビハインドザボールが有効です。


・持っているチカラをインパクト時に
最大限にボールに伝えることができる

・正しいクラブヘッドの入射角度で
インパクトを迎えることができる

・インパクト時にクラブヘッドが
最大のヘッドスピードを迎えることができる

・上半身と下半身の両方のチカラを
ボールに伝えることができる。

実はこんなにたくさんの
メリットがあるんです。

続きを読む

飛距離アップで筋肉よりも大事なものは?

2017.10.29
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先日プロ野球のドラフト会議がありましたね。

中継を見ていたのですが話題の清宮選手が
日本ハムファイターズへの入団が決まりました。

高校生最多となる111本の本塁打を打った
生まれながらのホームランアーティストですよね。

そんな清宮選手。
ここまでホームランを量産できるのは
“柔らかさ”があるからなんだそうです。

実はゴルフでも
同じことが言えるんです。

私の生徒さんにも
大柄なのに200y飛ばない男性。
すごく細いのに250y近く飛ばす女性

このことから飛ばしに必要なのは
筋肉だけじゃないとわかりますよね。

では先程の飛ばす女性と飛ばせない男性。
この二人の違いは何だと思いますか?

そうです。
筋肉や身体の柔軟性なんです。
続きを読む

アマチュアゴルファーの理想の球筋は?

2017.10.22
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

先日スタジオで
最近ゴルフデビューしたばかりの
生徒さんにある相談をされました。

「服部さん、どうしても
ボールが真っ直ぐ飛ばないんです、、、」

ゴルフをはじめたばかりの方は
まっすぐ飛んでいく「ストレートボール」
こそがナイスショットだと思いがちですよね。

ストレートボールこそが
ゴルフの基本だと思い込み
一生懸命練習を続けるのですが、、、

実はプロゴルファーでも
ストレートボールを打つことは不可能に近いです。

プロが放つ球はストレートに見えても
サイドスピンがかかっていますから。

「じゃあどんな球が理想なの?」
と感じたと思います。

私はオススメするのは、、、
  
            

ドローボールとは?

私は迷わずにドローボールをオススメします。

それを生徒さんに提案すると
「ええっ、私には無理ですよ」

そう言ってくる生徒さんがとても多いのですが。

おそらくプロが使っている球筋というイメージで
ゴルファー憧れの球という印象が強すぎるのだと思います。

ですが実際は全くそんなことはありません。
やり方さえ知ってしまえば誰にでも打てますし

アマチュアゴゴルファーが抱えている
ほとんど全ての悩みを一気に解決してくれる
アマチュアゴルファーにとって夢のような球筋なんです。

               

ドローボールの特徴は?

何と言ってもドローボールの特徴は
最長飛距離が出せるという点です。

クラブフェースを閉じながら球を捉えるため
ボールの打ち出し角が低くなり落下してからの
ランがとても伸びるのです。

また、低い弾道のドローボールは風に負けることもなく
天候に左右冴えることなく安定したゴルフができます。

・スライスがどうしても直らない
・どうしても飛距離が伸びない
・そもそも飛距離を伸ばす方法がわからない
・ベストスコアが全然更新できない

ほとんどのゴルファーが抱えているこんな悩みも
ドローボールを身につけてしまえば
一気に解決することができるのです。

中でも全ゴルファーの8割近くが悩んでいる
スライス癖を強制的に治せるのが大きいですよね。

          
だからといってドローボールは
特殊な打ち方をするわけではないんです。

その証拠に横から見たら
ストレートボールのように見えますから。

やり方さえ知っていれば誰でも打てる
至ってシンプルなボールなのです。

ただしストレートボールとは
“ほんの少しだけ違ったコツ”
のようなものがあるんです。

その”コツ”を自身のスイングに取り入れることで
誰でもかんたんにドローボールを打つことが出来るようになります。

     

「ロングドライブプログラム~ドローボール編~」

私の最新作の中でそのやり方を詳しく紹介しています。

フェードは筋力な体格がないと
飛距離を出すことは出来ませんが

ドローボールはとにかく
かんたんに飛距離を出すことができます。

歳を重ねていっても
飛ばしのゴルフを楽しみたいなら
ぜひドローボールを身に着けてください。

もう一度だけ言わせてください。
ドローボールは決して特殊な球筋ではないですし
難しい打ち方をするわけでもありません。

ドローボールを身につけることは本当にメリットしかありません。
飛距離だけでなく確実にスコアも自己最高をだせます。

ぜひ取り組んでドローボールを身に着けてください。

あなたのゴルフを
次のステージへ導きます。

http://g-live.info/click/drow20171018/

「ゴルフがうまくなりたい」がうまくいかない理由

2017.10.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「ゴルフが上手くなりたい」
多くの生徒さんは口を揃えて言います。

そこで、私は聞きます。
「上手くなる」ってどういうことだと思いますか?

出てくる答えで多いのが
「ショットを安定させたいです」

実はこれ、「上手くなる」を「ショットが安定」
に言い換えただけで何も変わっていません。

「上手くなる」でも「ショットが安定」
でもどうやったら自分が変われたと言えるのでしょうか?

基準がなければ上達したのかどうか判断のしようがありません。

わたしたちレッスンプロが生徒さんに
「上手くなりましょう」「ショットを安定させましょう」
といくらいっても多くの方は何をしたらいいかわかるわけがありません。

「わかりました」と言ったとしても
具体的にどうしたらいいか答えられる人はほとんどいないはずです。

           

ではどう考えたらいいのか?

とっかかりやすい指標として私がオススメするものをお伝えすると…

「ドライバーで安定度が数値で分かる指標」

があります。

ちなみにこの指標はドライバーショットのミスが
どのくらいスコアに影響したかを示す指標です。

フェアウェイキープ率は
ティショットが成功した確率ですが
私がおすすめするのは観点が全く逆の指標です。

フェアウェイキープできなかったティショットの
スコアへの悪影響を数値化してくれるのです。

1. まず各ホールのティショットに点数をつけます。

Par4とPar5のティショットの結果に点数(ポイント)をつけます。

ラウンド中スコアカードに書く程度でOKです。

ポイントの付け方は


フェアウェイで、グリーンを狙える。
→ 0点。
浅いラフ。グリーンを狙うのに問題ないレベル。
→ 0点。
深いラフで、グリーンを狙うにはかなり厳しい。
→ 1点。
木が前にあって、曲がる球でないとグリーンを狙えない。
→ 1点。
林の奥・木の根元・あごに近いフェアウェイバンカーなどで、グリーンを全く狙えない。
→ 2点。
池やワンペナエリアなどに入った。
→ 3点。
OBやロストボールになった。
→ 4点。

こんな感じです。

2. ラウンド終了後にティショットの点数を合計しそれを2で割った数を算出します。

合計が28だったら   28÷2=14になります。

この14という数字は曲がったティショット
によってあなたが落としたスコアです。

つまりこの値が0に近づけば
あなたのティショットはミスをしていないということです。

このように実際に可視化することのメリットは
ラウンド中のドライバーの出来
「今日はいいな」「なんかよくない」
主観的な評価にならずに客観的に判断できるという点です。

               

目標

私は生徒さんによく
「その日一日で目標としていた数値をどの程度クリアできましたか?」
というのを指標にしてもらいます。

今日オススメした指標の他にはフェアウェイ率でも構いません。

これなら目標値に対してラウンド後にどの程度(何%)クリアできたのか?
それを確認することで達成率から自分の不得意分野
改善点、練習するべき箇所が明確になります。

普段何も考えずに使いがちな便利な言葉「うまくなりたい」
何も考えずに使っていたら改善できるものもできないですし

到達するのに大幅な遠回りをすることになります。

数字や目に見える形で計測してあげることが大切です。
計測できないものは改善できないですから。

         
効率のいい練習をして
最短で目標を達成していきましょう。


 

特別なご案内

いつも私のメールマガジンを
読んでいただきどうもありがとうございます。

突然ですが10月23日(月)に
飛ばしのプライベート・レッスンを行います。

完全6名限定のレッスンで
私服部コースケが1日みっちり
あなたのスイングを見させていただき
飛ばし屋のスイングになってもらいます。

残りが4名様のみとなりますので
お早めに見ていただけたらうれしいです。

お会い出来るのを楽しみにしております。

http://g-live.info/click/hattori171013/

※人数限定募集です。お急ぎください。

真面目なゴルファーが陥りやすい罠は?

2017.10.08
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

私の周りに
練習をほとんどしないのに
上達が早いゴルファーがいます。

「真面目な人の方が成長が早いか?」

こう聞かれたら正直私は
どう答えようか迷ってしまいます。

性格が真面目すぎて逆に上達しない。
そんなゴルファーを私は今まで数多く見てきたからです。

それはどんな方かというと、、、

      

例えば

例えばプロが「昔は練習で1日500球打ってた」と言うのを聞いて
「よし、じゃあ私もやろう」と決心したとします。

1日目はやることができました。
ですが2日目、、、色々な事情が重なり
やることができませんでした。

真面目な人は「だから、私はうまくなれないんだ」と
自分を責め、自身のイメージややる気、モチベーション
を下げてしまいがちです。

2日目にできなかったのは
ただ時間がなかったからにすぎません。

今日からやろうと思っても
すぐにその習慣を身につけることはできません。

自分を責める必要は一切なく
「ではどうすればその習慣が身につくか?」
それだけに意識を向けることがとても大事です。

      

不足の事態は起こる

他の例をあげると真面目な人は
いろんな練習を全て完璧にやろうとします。

ですが時間には限りがあり、
その中で1日にできる練習は限られています。

毎日全部の練習を
こなすことは不可能です。

なぜならイレギュラーなことが
飛び込んでくることは避けられないからです。

 
「その対策を立てているから
私は大丈夫」と考えても無駄です。

起こるものは起こります。

・体調を崩した、
・仕事が終わるのが遅くなった
・友人との付き合いで深夜までかかった

やりかた次第で防ぎようもありますが
やっぱり全くゼロにすることなんてできません。

      

「遊び」を持とう

習慣を変えるのは大変です。

「想定外のことが起こるからだよ。」
なんて聞けば「当たり前」と思うかもしれません。

ですがやっている本人はなかなか気付きません。
上達にはコツコツと真面目にやることも重要です。

でもそれだけでは上手く行きません。
ある部分では”ゆるさ”も必要なんです。

自動車のハンドルにも
「遊び」がなければだめなのと同じです。

この話を聞いて
「いや、私は真面目じゃないから」
と思ったとしたら注意が必要です。

大抵そういう人ほど真面目だからです。

真面目過ぎて
「できないこと」「さぼったこと」
に意識を向けてしまっているのです。

それを聞いてもまだ
「それでも真面目じゃないから」
と思ったとすれば、是非一度意識してみてください。

余裕をもつ、緩める、なんでも構いません。
「真面目」をちょっとだけ捨てて見てください。

途端に心がすっと軽くなり、
うまくいくのが実感できるはずです。

そうすることでゴルフの成長速度も
格段に早くなっていくはずです。

<本日のオススメ>

こちらの近藤プロからのご案内は
すでにご覧いただけましたか?

100が切れないゴルファーでも
たった「7球」で夢のダウンブローが
打てるようになる唯一の方法…

近藤プロの紹介ビデオはコチラをクリック!

http://g-live.info/click/tourst171003/

_

家にいながら飛ばし屋になる方法?

2017.10.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

前に飛距離アップのために必要な体づくり。
そのためのトレーニング方法を紹介しましたが

実はあの後、大きな反響をいただきました。

実際に生徒さんから
「他にもトレーニング法があったら教えてください。」
「他にどこの部位を鍛えたら飛ばせますか?」

という声を多くいただきました。

私自身、身体を鍛えることが
趣味でもあるので多くのゴルファーの方に
興味を持っていただけるのはとてもうれしいです。

ゴルフで飛ばすには
下半身がとても大事だとお伝えしましたが

今回はより細かく下半身の中でも特に
ゴルフに重要な要素について紹介していきます、

どこだかわかりますか?

それは、、、、

          

効果的な部位は

ふくらはぎなんです。

思い出してみてください。

あなたが人生で始めて
ゴルフ場でラウンドした時のことを

おそらくほとんど全員が
次の日ふくらはぎが筋肉痛になったはずです。

ふくらはぎは日常生活に密接に関わっていて
走る・歩くといった動きで常に使わる部分です。

ラウンド後半ふくらはぎか
ら疲れが出るのもこのためです。

ふくらはぎを鍛えることで
ラウンド後半でも疲れない下半身ができる
踏ん張る力が強くなるので飛距離が上がる。

ゴルフにおいてこんなに大きなメリットが
同時に2つも手に入るのです。

         

実際のトレーニング法

ふくらはぎを鍛えるには
カーフレイズという種目がオススメです。

とても簡単で場所を選ばずどこにいてもできます。


1 足首が上下できるように台などの上に立ちます
 (階段の一番下の段や地面でも大丈夫です。)

2 身体がぶれないように前でも横でもいいので壁に手をつきます。

3 つま先立ちになる

4 背筋を伸ばしたままゆっくりかかとを上下する

5 1セット10回~15回を目安に行います。

地面で行っても効果があるので

電車の中でも会社にいても
本当にどこでもできるんです。

地面で行う場合は
ふくらはぎに負荷がかかっていることを
確認しながら行ってくださいね。

           

適切な頻度は?

     
トレーニングで一番重要なのは
1日にまとめてやるのではなく

少ない回数でもいいので
とにかく継続してやること。

毎日とまでは言いませんが
一日置き等でやると効果的だと思います。

実際にこれを取り組んでいただくだけで
足の筋力は大きく変わります。

実際にラウンド後半疲れにくくなりますし、
飛距離も伸びてきます。

やはり筋肉を付けることで得るのは
何もゴルフに限ったことではありません。


・怪我をしにくくなる
・病気をしにくくなる
・寝たきりになりにくい


本当に多くのメリットがあります。

1日に何回もやるというより
2~3セットずつでいいので
確実に継続させていってください。

コレを習慣づけていくことで
必ず飛距離は伸ばせます。

<本日のオススメ>

GAツアー、全米ツアーで
続々と名選手が使用した
「キュアパター CX1」

RXシリーズから更なる進化を遂げた
キュア唯一のホットリスト受賞パターなんですが

未だ衰えぬ爆発的人気を後押しするかのように
CX1がまた新たな快挙を成し遂げました。

飛ばないゴルファーが
起こした軌跡をご覧ください。

http://g-live.info/click/cx120171001/

【ビデオ】この下半身の使い方で20yアップ

2017.09.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

少し前に飛距離アップで
一番大事なのは下半身だ
というお話をしましたが

下半身を効率的に使って
ヘッドスピードを上げて
飛距離を伸ばす方法を紹介します。

・ジャスティン・トーマス
・ローリー・マキロイ

最近のゴルフ界で飛ばし屋
と呼ばれるプロ達にはある共通点があり
この打ち方をしている選手がとても多いです。

この打ち方では
インパクト時に身体が
起き上がらないようにすること。

前傾角度をキープすることを
常に意識してみてください。

この身体の使い方をマスターできれば
下半身を有効に使えるので必ず飛距離は伸びてきます。

まずは素振りで練習し
慣れてきたらボールを使って
実際にスイングしてみてください。

理想の飛距離アップを実現させ
楽しくラウンドしていきましょう。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

片山晋呉、諸見里しのぶ、上田桃子  
らトッププロを一流ゴルファーに導いてきた

伝説のゴルフコーチ
“江連忠”氏

江連コーチが語る
ゴルフで大切な「たった2つのもの」

その2つを知ることで
あなたのゴルフの成長速度は急上昇していきます。

ゴルフ界の最前線を
24年間見続けてきた江連コーチ。

そこで身につけた上達の真髄を
期間限定で初公開しています。

http://g-live.info/click/ezrestart170921/

↓こんな時あなたならどうする?

2017.09.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

突然ですが実は私
かなりの負けず嫌いです。

最近でこそなくなったものの
昔は自分が思うようなショットを打てなくて
他人が少しでも良いショットを打とうものなら
目を真っ赤にして悔しさを露わにしていましたから、、、

そんな私ですがあるときを境に
人のプレーを全く気にしなくなりました。

人の結果は自分ではコントロールできない
自分にできるのは今できる最高のゴルフをすること。

そう思えるようになったのです。

憧れていたタイガー・ウッズの影響です。

ここで一つ質問です。

“相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面”

あなただったらどんな気持ちで
このパッティングを見守りますか?

              

タイガー・ウッズ

2005年のアメリカンエクスプレス選手権
での出来事なのですが最終日のプレーオフ
相手がパターを外せば自分の優勝が決まる場面。

タイガー・ウッズはこの時本気で「入れ」
と相手のパターが入ることを祈ったそうです。

私はこの話を聞いて
「なんで?」と思いました。

相手がこのパッティングを外せば
その瞬間自分の優勝が決まるんですよ。

その理由を私には
理解することはできませんでした。

ではなぜウッズはこの時
「入れ」と祈ったんだと思いますか?

それには2つの理由があったんです。

           

2つの理由

もしもこの時ウッズが「はずせ」と
強く祈って相手がそのパターを決めてしまったら

ウッズは強く落胆することになります。

その落胆が次のコースで
与える精神ダメージはとても大きい。

だったらはじめから「入る」
と思っていた方が精神的に楽だ。

仮に入ったとしても、
自分の希望がかなった。

人の成功を喜び人の不幸を喜ばない
フェアプレーの主として次も落胆することなく
結果として落ち込むこともなく正々堂々と戦えるのです。

この話を聞いて私は
イライラしたり悔やんだり
精神を安定させることができないことは

ダフリよりトップよりスライスより
遥かに大きなミスショットだなと感じました。

ゴルフにおいては精神を一定に保つことも
スイングやパッティングと同じ技術だということです。

          

セルフイメージを強く持つ

実はウッズが「入れ」
と祈ったのはもう一つ理由があるそうで

そのことについてウッズはこう語っています。

「私は常に世界最高峰の
プレーをする自分をイメージしている。

だからこそ自分のライバルにふさわしい相手
ならこんなパターは決めて当たり前なんだ。」

この力強い言葉から
ウッズの強いセルフイメージが感じられます。

セルフイメージとは自分自身が
思い描いている自分のイメージのことです。

自分は飛ばし屋であって
飛ばしに関してはだれにも負けない。

これが私のセルフイメージです。

実はセルフイメージを持つことは
ゴルフをしていく上で大きな武器になります。

毎日イメージしていることが
潜在意識に刷り込まれて現実になりやすくなる。

分かりやすく言うと
こんな話があるくらいです

“病気とは何の関係性もないビタミン剤を飲んで
治ると強く思い込んだことで癌が完治しました。”

俺は飛ばし屋だ
僕は寄せの達人だ
私はパターの名人です。

あなたがなりたい自分の
セルフイメージを強く持ちましょう。

そうすることで
理想のゴルファー像に近づくことが出来ます。

あなただけの良さを伸ばし
どんどんスコアアップさせていってください。


<本日のオススメ>

年齢とともに
飛距離が落ちてきたあなたへ…

ほとんどのゴルファーが
意識をしていない「あるモノ」
を使うことであなたの飛距離は戻ります。

どれほど飛距離が戻るのか
実際に体験してみてください。

「あるモノ」とは一体何か?
期間限定で公開しています。

http://g-live.info/click/okstab170914/

飛距離アップに一番重要な筋肉は?

2017.09.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

「服部さん飛距離を伸ばしたいです、、、」

本当に多くの生徒さんから相談されることですが
「そのためにどうしたら良いと思いますか?」
と聞くと大抵の方は下のどちらかを答えます。

・練習してとにかく技術を磨く

・最新のドライバーを買う

確かに2つとも飛距離アップには重要ですし
必要なことですが優先順位は1位ではありません。

飛距離がほしいと思って今すぐに
あなたが取り組まなければいけないこと

それは、、、

「筋力トレーンングです。」

飛距離は掛け算です。


技術✕筋力✕道具=飛距離
 

これが飛距離になります。

つまり筋力トレーニングを行ったほうが
はるかに早く目標飛距離にたどり着けるのです。

「筋力トレーニングっていっても
どんなことをしたらいいかわからない、、、」

そんな方も大勢いらっしゃると思います。

今回飛距離アップだけに特化した
筋力トレーニングを紹介していきます。

では質問です。
飛距離を伸ばしたいという時に
どこ鍛えたら一番近道になると思いますか?

    

 飛距離に必要な筋肉は、、、

正解は、、、

「スクワット」
下半身なんです。

筋力トレーニングというと
多くの方は腕立て伏せをやったり
胸や腕を鍛えるイメージをすると思います。

ですが実は人間の筋肉の70%は
下半身に集まっているのです。

数ある飛距離アップの
ためのトレーニングの中で
トレーニングの王様スクワットが一番効率よく
筋肉を鍛えられ飛距離アップへの最短ルートです。

本日覚えていただきたいのはスクワット。
ご存知の通り足を鍛えるトレーニングです。

この4箇所を同時に鍛えることができるのでオススメです。

・大臀筋(お尻)
・大腿四頭筋(太もも前)
・ハムストリングス(太もも裏)
・内転筋(太もも内側)

下半身は鍛えることによってバネが手に入ります。
   

正しいフォームを身につける

オススメするのは道具を使わない
家でもできる自重のみで行うスクワットです。

写真の女性を見てください。

hattori

画像の引用元  
https://dorishofer.com/en/the-truth-about-squats/


まず脚を肩幅程度に開き、
つま先を軽く外側に向ける。足は逆ハの字の状態です。

手は頭の上か、胸の前にクロスしておく

後ろの椅子に腰掛けるイメージで体を下げる

膝が床と平行になるまで沈めたら、元の位置まで戻る

この動きを大体10回から15回繰り返して下さい。
それを3セット、動きはできるならゆっくり行ってください。

この時以下の3点に注意してください。

※背中を丸めない
※つま先が膝より出ないようにする
※膝は伸ばし切る手前で止める

         

あなたの伸びしろは?

実際にスクワットを毎日やるだけで
10yの飛距離アップは簡単にできます。

それほどゴルファーにとって下半身が大事だからです。

今までトレーニングをしてこなかった
という方はとくに伸びしろが大きいので

やればやるだけ筋肉はつくので
是非一度取り組んでみてください。

筋力トレーニングは
あなたの飛距離の土台を底上げするので

飛距離の平均値自体を
上げてしまうとても強烈な方法です。

今後は他の部位の
トレーニングなども紹介していきます。

継続的に取り組んでいただいてて
技術面、ギア面と組み合わせていただくことで

圧倒的な飛距離アップを実現させましょう。


<本日のオススメ>
ゴルフが上手くないたいけど
具体的な方法がわからない、、、

練習する時間はないが
とにかく良いスコアを出したい、、、

一度でもこんなことを思ったことがあるなら
ぜひこのプログラムを試して下さい。

あなたはすぐに100切りを
達成することができます。

その秘密をコチラからご覧ください。

http://g-live.info/click/obmp170903/

【ビデオ】コレを意識するだけで飛距離アップ?

2017.09.03
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、服部コースケです。

初めてレッスンに来た方に
「スイングを見せてください」
とお伝えすると大抵の生徒さんは
きれいなスイングを見せてくれます。

ですが
「全力で飛距離を出すイメージで」
とお伝えすると大抵の方は同じ失敗をします。

確かに飛距離を出すには
とても重要に思えるのですが

実は飛距離を出すには
あまり必要ではない要素なのです。

それはなにかと言うと、、、

「力み」です。

多くの方は飛ばしたいという気持ちから
力いっぱいクラブを振ってしまうのです。

力いっぱい振ったその力が
インパクト時にクラブに伝わればいいのですが
どうしても力むと伝わりづらくなってしまいます。

身体が硬直してスムーズに
クラブを振ることができなくなり
可動域も狭くなってしまうからです。

結果、ヘッドスピードがでないので
飛距離が出なくなってしまうということなんです。

飛距離を出すのに一番大事なのは

「柔らかさ」

コレにつきます。

ぜひ取り組んでみてください。


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

<本日のオススメ>

・サンドウェッジに苦手意識がある
・グリーン周りの50y以内が苦手
・アプローチでダフリやトップがでる

こんな悩みを感じているなら
モンゴプロのプログラムを実践してみてください。

「サンドウェッジは扱いが難しい」
という世の中の間違った常識を
モンゴプロが変えていきます。

http://g-live.info/click/mongo_sw_170831/