カテゴリー別アーカイブ: 体づくり

【ビデオ】準備運動の宝石箱

2020.07.05
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「準備運動の宝石箱」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

え、なぜ「宝石箱」かというと。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

自粛期間の飛距離レッスンで思った話

2020.06.27
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

つい先日、私の半年間の
プライベート飛距離アッププロジェクトの
第6回目の最終レッスンが終わりました。

このプロジェクトは8名の生徒様に
午前の部と午後の部に分かれていただいて
午前と午後、4名の生徒様に対して
私がつきっきりで指導する

最短で自己最高飛距離を更新するための
かなり力のこもったプロジェクトなのですが、

今回の半年間のプロジェクトでは
飛距離アップに大事な考え方について
気づいたことがあります。

気づいたこと、というよりは
再認識したことなのですが・・・

この事実は、飛距離アップに限らず
ゴルフのスコアアップに、そしてゴルフ以外にも
あらゆるところで役立つと思うので
メルマガで共有したいと思います。

コロナ下の飛距離アップレッスン成果

今回のレッスンプロジェクトは、
2019年の11月からスタートしました。

お察しの良い方は
すぐに気づかれたかもしれませんが、

今回のプロジェクトは本来、
2019年の11月から2020年の4月までの
半年間で行なわれる予定でした。

しかし、今回のコロナウイルス
感染拡大の影響でレッスンは延期

3月のレッスンはかろうじて実施できましたが、
4月の最終レッスンはつい先日、6月下旬まで
ずれ込んでしまったのです。

なので、毎月1回の連続したレッスン、
というよりは「5回+1回」というような
少しイレギュラーなプロジェクトに・・・

しかも、3月のレッスンから6月のレッスンまで、
3ヶ月という長い期間が空くことになりました。

そんな状況にもかかわらず、
つい先日の、半年間のプロジェクトの集大成である
第6回目の最終レッスンでの飛距離計測では

8名中6名の生徒様が
今までの平均飛距離を大きく更新

さらに3名の方が
自己最高飛距離を更新するという
快挙を成し遂げました。

そして、8名全員のスイングは
昨年11月の初回レッスンのスイングと比べて
大きく変わっているのは撮影した
ビデオからも明らかですし、

ご本人が一番、スイングの違い、打感の違い
そして弾道の違いに気づいていると思います。

このように、ほぼすべての方が
見事飛距離アップに成功した裏には

生徒様全員の
地道な努力はもちろんのこと、

ある一つの考え方が大きな役割を
果たしたと確信しています。

一体、その大事な考え方とは?

『義務』

「やったほうがいいこと」ではなく、
「やらなければいけないこと」

飛距離アップための
練習に対する『義務感』です

このプロジェクトでは、
参加された方全員に飛距離アップしてもらうために
毎月のレッスン以外にもLINEやFacebookを使った
遠隔での飛距離アップ指導をさせていただきます。

対面で私が直接指導することは
もちろん大事ですが、それ以上に
私が伝えた練習やドリルを、

家に帰ってからご自身でも
反復練習をしていただくことが重要です。

いくら対面レッスンで効率的に学んでも、
1ヶ月間全く復習せずに過ごしてしまうと、

次の対面レッスンが「前回の復習」で
まるまる終わってしまいますから。

レッスンで学んだ内容は、
その後の自宅での反復練習で
しっかりと身に付けることで

次のレッスンでは気持ちよく
新しいステップに進むことができるのです。

そう考えると、自宅での反復練習は
「やったほうがいいこと」ではなく、
「やらなければいけないこと」なのです。

練習しなければいけない状況を作る

しかし、たとえどんなに
飛距離を伸ばしたいと思っていても、

練習を「やらなければいけない」と認識し、
継続できる人というのはとても少ないです。

それに加えて、
新型コロナウイルスの影響で3ヶ月という長い期間、
レッスンが開いてしまうことになりました。

このままではこのプロジェクトの
飛距離アップ効果が薄まってしまう。

そう考えたした私は、
生徒様全員に自宅でのスイング練習の
報告をお願いすることにしました。

このプロジェクトでは
毎回のレッスンで課題を出すのですが、
その課題をクリアしたかどうか、

LINEやFacebookで
私に直接報告してくれるように
お願いをしたのです。

するとどうでしょう、

頻繁に自主練の報告をしてくださった方が
明らかに大きく飛距離を伸ばしていたのです。

そう、

練習をやるかやらないか、
自分一人で考えるのではなく

『練習をしなければいけない』
という状況を作り出す

このこと自体が、
飛距離アップやゴルフ上達に
とても大事なんだなと
改めて実感しました。

今回は私が
生徒様に『練習をしなければいけない』環境を
ほぼ強制的に作らさせていただきましたが、

これは例えば、

ゴルフをされていない家族にもご協力をいただき
練習をしたかどうか一方的にでも報告することで
同じような状況を作り出せると思います。

それだけでも、ゴルフ練習に対して
少なからず「やらなければいけない」という
義務感が発生して

以前より効率よくゴルフ練習を
することができる事でしょう。

そんな地道な努力が
必ずあなたのゴルフに返ってきますので、
ぜひ、本日からでも実践してみてください。



服部コースケ




<本日のオススメ>

小原プロが大絶賛!?
アメリカPGAゴルフショーで見つけた
飛ばしの新常識

それは、なんと日本発の
こだわりが詰まったドライバーでした。

今すぐ飛ばしたい方
圧倒的な飛距離を手にしたい方必見

10本限定の予約販売を
只今受付中です。

https://g-live.info/click/docus_2006/

世界一の飛ばし屋から学ぶ「3つの秘密」

2020.06.20
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

2020年、ある一人のゴルファーが、
世界に大きな衝撃を与えました。

その名は、
ブライソン・デシャンボー

3ヶ月ぶりに再開したばかりの
PGAツアーのドライビングディスタンスで
世界一の座を取ってしまったことには、
驚きました。

PGAツアーをよく見ている方なら
わかると思うのですが、デジャンボーは
去年まで飛ばす選手ではありませんでした。

その証拠として、
デジャンボーの過去の飛距離と
ランキング順位はこの通りです。

2016年 294.6ヤード(63位)
2017年 299.9ヤード(45位)
2018年 305.7ヤード(25位)
2019年 203.5ヤード(34位)

それが今年はどうでしょう?

2020年 323.8ヤード(1位)

ここ何年か連続で1位と2位を争っていた
キャメロン・チャンプとローリー・マキロイを抑えて
デジャンボーは世界1位に踊り出てしまったのです。

確かに、毎年少しずつ
飛距離を伸ばしてきてはいましたが、
それでも2019年は34位です。

そこから一気に1位になるなんて、
普通じゃあり得ないことですよね。

なぜデジャンボーは、
この1年で一気に世界ランキングを上げたのか?

彼の飛距離への執着心が
物凄いということに気づきましたので、
いくつかあなたにもご共有したいと思います。

(凄すぎてマネできるとか
 そういうレベルではないかもしれません)

19-20年シーズンで飛ばしを意識した?

デジャンボーはもともと、
「飛ばし屋」というタイプの
選手ではありませんでした。

ワンレングスのアイアンを駆使して
ノーコック&ワンプレーン打法でツアー5勝してる
とても個性的な選手です。

これまではスウィングの再現性を高め、
正しい距離を打つ事によってスコアを
まとめてくるタイプでしたが、

19-20年シーズンになって
「飛ばし」を追求するようになってきたのです。

2015年のPGAデビュー当時は
51.6m/sだった平均ヘッドスピードが
19-20年シーズンでは55.5m/sまで上がり、

ボール初速で見たら
75m/sから82m/sまで上がっています。

彼が自宅で計測した
非公式な数字ではヘッドスピードが61.8m/s
ボール初速は90.2m/sまで出たといいます。

飛距離アップを目指す私たちからしたら
喉から手が出るほどうらやましい成長ぶりですが
デジャンボーは一体どんなトレーニングで
世界一を取ることができたのでしょうか?

彼のゴルフ事情を調べてみたら
飛距離アップの理由として3つのポイントを
見つけることができました。

体重の増加

1つ目のポイントは、体重の増加。
というより、筋肉量の増加でしょう。

デジャンボーは2019年秋に
「肉体改造宣言」をしてから、
デビュー当時の84キロから
110キロまで増やしました。

体重を増やすために、
毎日6,000キロカロリーもの食事を摂取。
恐ろしい量ですよね。

同時に、毎日3時間半という
とてつもない時間をジムでのトレーニングに使い、
体全体の筋肉量を大幅に増加させました。

なので、単に脂肪を増やしたのではなく、
ゴルフに特化した体作りを徹底したと言えるでしょう。

さらにデジャンボーは、

「ゴルフに支障がないなら
 122キロまで増やす予定だ」

と、さらなる肉体改造を
検討しているようです。

カリスマコーチの存在

2つ目のポイントは、デジャンボーについている
3人のカリスマレッスンコーチの存在です。

デジャンボーには、
ジュニア時代からのスイングコーチ、
体の動きを知り尽くした人体科学者、

そして、
筋肉などのアドバイスをする
スポーツ医学のトレーナーがついています。

スイングコーチから
しいスイングを学ぶのはもちろんのこと、

人体科学者からは地面反力を使った
スイング改善のアドバイスをもらい、

スポーツ医学トレーナーからは
筋肉のパフォーマンスを最大化しながら
捻転の可動域を増やすアドバイスをもらうなど、

多方面から飛距離アップのための
徹底的なサポートを受けていました。

道具の変化

そして、最後の3つ目は、
体の変化に合わせた道具の変化です。

体がここまで大きく変わってしまうと、
道具にも変化が必要だったようです。

一番大きいのが
ドライバーのロフト角

2019年まで使っていたものは
ロフト角が6.5度のもので、これでは
バックスピン量が3,000rpmを超えてしまい
若干吹き上がり飛距離をロスしていました。

なので今シーズンは
4.8度の特注ドライバーを持ち込み
そのドライバーがうまく肉体改造にマッチして
世界一の飛ばし屋が誕生したのです。

4.8度なんて
異次元のロフトを使いこなす
デジャンボーをとても尊敬しますが、

彼を見ていると道具は改めて、
合う合わないがあるんだなと
考えさせられました。

一概にロフトが〇度のドライバーがいい
なんてことは一切なくて、その人の体系やスイング、
そしてヘッドスピードから適切なロフトが決まる。

体系、スイングのクセ、
ヘッドスピードと道具の相性が
全て噛み合ったときに飛距離が
グンッと伸びるんだなと感じました。

あなたはデジャンボーの
飛距離アップの過程を見て
どう思いましたか?

直接参考にできる
部分は少ないかもしれませんが、
彼の飛距離アップに対する
着眼点はとても参考になります。

彼ほどストイックにならなくても、
デジャンボーが意識したポイントを押さえて
トレーニングすればあなたの飛距離も
きっと伸びると思いますよ。



服部コースケ




<本日のオススメ>

あなたはラウンド中、
こんなことに悩んではいませんか?

・打ったボールが追えない
・グリーンの傾斜や芝目が見えない
・18ホール回ると目が疲れる

もしこんな状態を放置しておくと
スコアメイクに支障をきたすだけでなく
目の細胞を破壊してしまいます…

これが、白内障などの
目の病気につながるのです。

ゴルフは1日のほとんどを
屋外で過ごすスポーツ

防寒だけでなく
しっかりと目の対策もしましょう。

https://g-live.info/click/arkgls_2006/

やめてください

2020.06.13
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

今日からやめて欲しい事があります。

特に【ゴルフライブ】の
メルマガを読んでくれているあなたは、
一般のゴルファーの方よりも上達に対して
熱心で努力されている方だと思うから、、、

さらに言ってしまえば、
私のメルマガを毎週読んでくださる
ドライバー飛距離をどこまでも追及する
飛ばし屋のあなたには、、、

今からぜひ、
やめてほしいと思っています。

それは、、、

「飛ばしたい」と思うことです。

 パー5のロングホール、
 ドライバーで少しでも飛ばしてバーディーを狙いたい…

 同じ時期にゴルフを始めた
 あいつだけには飛距離で負けたくない…

 ドライバーを新調して準備万端
 今日こそ自己最高飛距離を更新するぞ…

などなど。

あるいはもっと単純に、

 気持ちよく飛ばしたい。
 スコアを良くするために飛ばしたい。
 格好良く飛ばしたい。

など…

もちろんあなたが、
現状のままでいいなら別ですよ?

でも、そうじゃないですよね?

現状を変えたい。
もっともっと飛ばしたい。
飛ばし屋と呼ばれたい。

そう思っていますよね?
(おそらく、今よりもっと飛ばしたいと
 全く思わない方なんていないはず(笑))

だったら、、、

ドライバーを構えた時に
「飛ばしたい」と思ってはいけないのです。

飛ばしたいのにそう思ってはいけないなんて、
なんだか矛盾しているようですが、、、

それにはしっかりとした
理由があるのです。

飛ばしたいと思えば思うほど飛ばなくなる

なぜなら「飛ばしたい」と思った瞬間に、
飛ばないドライバーショットになってしまうからです。

飛距離に大事な要素の一つに、
ドライバーの構え方、アドレスがあります。

プロは「スクエアに構える」ということが
いかに大事であるかをしっかりと理解していて、
練習する際には必ずと言っていいほど
体の向きをチェックしています。

ですが、アマチュアゴルファーの方で、
ショットのたびに体の向きをチェックする人って
結構少ないのです。

私がドライビングレンジなどで指導する時、
「あれっ?どっちに打つつもりなんだろう」と
思うような構え方をする人がたくさんいます。

スクエアに構えられないとどうなるのか?

例えば体全体が左を向いていた場合、
構えから右肩が前に出てしまい、スイング軌道が
どうしてもアウトサイドインになります。

これでは擦り球にしかならず、
飛距離は大幅に落ちてしまいますよね。

なので、スクエアに構えるということは
飛距離を求めたときにとても重要な
ポイントの一つなのですが、、、

ここで、冒頭にお話しした
「飛ばしたい」と考えないことと、
「スクエアに構える」ということが

一体どんな関係があるのか
疑問に思ってきた方もいると思います。

実は、「飛ばしたい」という気持ちが強いと、
体が左を向いてしまう傾向があるのです。
(右利きの方の場合です)

その理由は、
飛ばしたいと思うとだんだんと
体がボールから離れていくから。

ボールが体から離れると、
ボールに当てるために前傾が深くなって
右肩が出てしまい、その分左を向くという
悪循環に陥ってしまうのです。

これは先ほど説明した
アウトサイドインで全く飛ばない
ドライバーの構え方ですよね。

だから、、、
ドライバーを握ったら「飛ばしたい」と
思うのはやめましょう。

邪念を取り除くといいますが、
飛ばしたい方向をしっかり向いて
何も考えずクリアに打ちましょう。

 気持ちが変われば構えが変わる
 構えが変わればスイングが変わる
 スイングが変われば弾道が変わる

「とばしたい」

このたった5文字の言葉には
隠された負のパワーがあるのです。

だから、使用禁止。

とはいえ…

どうしても構えが
左を向いてしまう人のために
技術的な解説も少しだけ。

左に向いてしまっているからと言って
単に右を向こうと意識して構えるのではなく、
根本的に構え方から直しましょう。

まずは前傾が深くなりすぎないように体を起こし、
左手をハンドアップ気味にしてクラブを握ったら、
右手のグリップは横から添えるような感じで握ります。

右手に関しては、
小指→薬指→中指の順で握ると
横から持ちやすくなるので
ぜひ試してみてください。

このように構えを変えるだけで、
左を向いてしまう悪いクセがなくなり、
強い弾道で打てるようになります。



服部コースケ




<本日のオススメ>

もしあなたがあのトッププロのように
華麗に障害物をかわしながら
スコアメイクをしたいなら、

もしあなたがトラブルに動じず
安定したコースマネジメントで
シングルを目指したいと思うなら、

もしあなたがスコアに最もつながる
100ヤード以内のアプローチを効率よく学び
最短で100切り90切りを目指したいなら、

小原プロが「最も上達する」と断言する
このプログラムを試してみてはいかがですか??

https://g-live.info/click/obad_2006/




ーーーゴルフライブのマスクーーー

アメリカ医療機器認証(FDA)と
EU加盟国の販売基準を満たした
ゴルフライブの50枚入り不織布マスク

1箱2,100円、残りわずかです。

ご注文はこちらから

https://g-live.info/click/mask2005/
キャッシュレス5%還元


【ビデオ】半分水入りペットボトルでゴルフ向け体幹をゲット

2020.06.07
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「半分水入りペットボトルでゴルフ向け体幹をゲット」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

腰から首の付け根までの胴体である体幹を鍛えると、
ご利益がたくさんあります。

スイングの再現性や精度が高くなり、
下半身のパワーも上半身へ伝達しやすくなる分
ボールも飛びます。

では、どうやって鍛えたら良いのでしょうか。

(続きはビデオにて)
続きを読む

身長が高いほうが飛ばせるの?いやいや…

2020.06.06
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

「仲間の中でも小柄な私は、
 いつもティーショットで置いて行かれるんですよ」

これは、ある生徒さんから言われたこと。

カウンセリングを兼ねたレッスンで
私に悩みを打ち明けてくれたのですが、

彼は170cmに満たない
いつもゴルフをする4人の
仲間の中では一番小柄で、

彼自身ドライバーショットの練習を
頑張っているのだけど、どうしても他の3人には
ティーショットで遅れを取ってしまうそうです。

多くのスポーツで、
“高身長”というのは
アドバンテージですよね。

例えばバスケットボールだと
身長が高ければダンクシュートが出来たり、
バレーボールだと守備範囲が広がったり、

ゴルフでも身長が高いとそれだけ
遠心力を生かしたパワフルなスイングができ、
飛距離で有利なように感じます。

確かに、高身長な方は体が大きい分、
筋肉量が多くなるので飛距離は出やすいです。

でも、だからと言って、
「小柄な方は飛ばせない」
というのは大きな間違いです。

その代表格が、
2018年のドライビングディスタンスで世界1位、
2019年は2位のローリー・マキロイ

身長が175cmのマキロイは
平均身長180cmのライバルを差し置いて
320.2ヤードという圧倒的な飛距離で
PGAで一番の飛ばし屋になりました。

ライバルの中では小柄なマキロイが、
なぜそんなに飛ばせるのか?

もちろん近年の、
ギアの進化も飛ばしに影響していますが、
それ以上に飛ばしのスイング理論が
大きく進化してきているのです。

マキロイのスイングはドラコン譲り

マキロイのスイングは
ドラコン選手のような要素があります。

バックスイングが上がっていくとともに
体の重心が上がり、切り返しで左下方向に
下がりながら強く踏み込んで、

手首のタメ動作を強く入れることで、
大きなエネルギーを生み出しています。

そして腰を高速回転するために
地面からのエネルギーをもらって
両足が伸びていきます。

これは以前詳しくご紹介した
「地面反力」を回転動作として使っている
典型的なスイングです。

ですが、普通のゴルファーが
これだけ強烈に振ってしまうと
ボールのコントロールを失ってしまいますが、

マキロイのスイングの場合は、
フェースが閉まって下りてきているから
ボールも曲がらず大きな武器になっているのです。

マキロイはドラコン選手のスイングを
競技レベルに持ち込むことに成功したのです。

そしてもう一つ、
マキロイのスイングの大きな特徴は
理想のXファクターにあります。

Xファクター(X-factor)とは、
上半身(肩)と下半身(腰)の“ねん転差”のことで、
ゴルフレッスンではよく「左肩を深く入れる」
と表現します。

なぜこれを、“Xファクター”と言うのかというと、

トップのポジションを頭の真上から見ると、
両肩のラインと腰のラインが、ちょうど“X”の
文字のようにクロスしているように見えるのです。

仮に、
肩のラインがアドレスの状態から90度回っていたとしても、
腰も一緒に90度近く回してしまったのでは、

ねん転差であるXファクターはほとんどなくなり、
パワーの蓄積のないトップになってしまいます。

マキロイはこのXファクターを、
腰がアドレスから45度回転し、肩は90度回転
つまり45度で作り上げています。

この角度が理論的にも
もっとも理想のXファクターに
なっているのです。

世界中のゴルファーがマキロイに憧れて…

小柄なのに世界で一番の飛距離を誇る
マキロイは世界中のゴルファーの憧れです。

つい数年前までは、
身長が高くてガタイが良いプレイヤーの方が
飛ばすというのは当たり前のことでした。

でも、マキロイが世界一を取ってから
その常識が大きく覆されたのです。

なぜあれだけ体の小さいマキロイが
体格に恵まれたゴルファーを差し置いて
世界一の座をもぎ取れたのか。

世界のトッププロ、ゴルフ研究家たちが
こぞってマキロイのスイングに注目したのをキッカケに、
2018年、2019年とPGAツアーの選手たちが
劇的に飛距離を伸ばしています。

これは、最新のスイング解析によって
マキロイがとても効率よく「地面反力」を
使っていることが明らかになったからです。

今まで小柄なゴルファーは
ドライバーは不利だと思われていましたが、
地面反力を使えばビックリするくらい
飛距離を伸ばすことができます。

だからもし、あなたが今、
周りとの体格の差に悩んでいるなら…

「地面反力」を鍛えるトレーニングを
練習メニューに加えてみてはいかがでしょうか?

本来は専用のスイング解析器を用いて
最適な力の掛け方を分析するのが良いですが、
「地面反力」を鍛えることは決して
無駄なことではありませんよ。



服部コースケ




<本日のオススメ>

入所困難・大人気商品
次世代パター上達ツールが
61個限定で緊急入荷!

たたみ一畳のスペースがあれば、
どこでもロングパットが習得できる?

・打ち出し方向が安定しない
・距離感がわからない
・パッティング練習法がわからない

というお悩みをお持ちの方は、
今すぐ詳細を確認して下さい。

https://g-live.info/click/inbirdie2006/




ーーーゴルフライブのマスクーーー

アメリカ医療機器認証(FDA)と
EU加盟国の販売基準を満たしたマスクを
あなたのご自宅までお届けいたします。

ゴルフライブ提携工場で作った
大人気不織布マスク

ご注文はこちらから

https://g-live.info/click/mask2005/

キャッシュレス5%還元対象商品


ドライバー飛距離を伸ばしたい?なら…

2020.05.30
服部hattori

From:服部コースケ
恵比寿のゴルフスタジオより、、、

おはようございます。
服部コースケです。

「意識しているのにスピンが多くて
 吹きあがって飛距離が出ないんですよ」

これは、ある生徒さんから言われたこと。

過去に飛距離アップレッスンを受けてくださり、
その後もLINEやFacebookでサポートさせて
いただいた方なのですが、

つい先日、なかなか減らない
ドライバーショットのスピン量について
相談を受けました。

私も昔、プロを目指して研修生をやっていた頃、
どうすればドライバーの飛距離が最大になるスピンを
毎回かけることができるのか研究をしていました。

ロフト角によって変わってきますが、
一般的にドライバーショットで最適な
スピン量は2,500rpm前後です。

これより多いと球が吹きあがり、
少ないとボールが失速してしまい、
どちらにしても飛距離が稼げません。

ちなみに、アマチュアの方の
平均的なスピン量は3,500~4,500rpmで、
適正より多すぎるのが現状です。

もし、多すぎるスピン量を、
適性の2,500rpmまで減らせれば
飛距離を10y伸ばすことだって可能です。

なので、飛距離にこだわりを持ち始めた方は
こぞってスピン量を適正値に近づけようとするのですが、
スピン量を減らすって簡単なことじゃないですよね。

『スピン量を減らせば飛距離が伸びる』

このことを知っている人は多いと思いますが、
実際にスピン量を適正値まで減らせている人って
そんなに多くないと思います。

スピン量を減らすためのドリルを見つけ、
それを実践したとしても、思い通りに効果を
飛距離を伸ばした方も少ないでしょう。

その理由は単純で、
スピン量というものは目に見えず、
分かりづらいからです。

スピン量はインパクトの一瞬の
フェースの向きやスイング軌道で決まります。

フェースが閉じてフック系の弾道なら
スピン量が減って欄が出やすくなります。

また、ハンドファーストの軌道で打てば
インパクトの瞬間のロフトが立ちスピン量を
大幅に減らすことができます。

ですが、どちらにせよ、
インパクトはコンマ一秒の世界なので
肉眼で確認するのは難しい、、、

とはいえ毎回、
スローカメラで撮影したり、弾道解析機を
使うのは現実的ではありません。

なので、どうしても、
打ち出されたボールの弾道で
フェースが開いてスライスになったのか、
それともスイング軌道が悪かったのか、

ボールの弾道という「結果」から
スイングを判断するしかないのです。

打ったボールが吹きあがった時に初めて
「あ、スピン量が多すぎた」と気づくのです。

これではどうしても、
対応が後手に回ってしまい、
上達に時間がかかります。

なので、ボールの弾道を見る前に
インパクトの瞬間に良し悪しを判断する、
別の確認方法が必要なのですが、、、

今日はあなたに、
スピン量を減らすための“直感的な”練習を
1つご紹介しようと思います。

もっと即効、スピン量を減らす方法

その方法とは、
ハンドファーストのスイング軌道を
直感的に覚える練習なのですが、

ハンドファーストな軌道がスピン量を減らし、
ボールにロスなく力を伝えるのでかなり強い
ドライバーショットが手に入ります。

とても効果的なので、
ぜひ実践してもらいたい練習です。

その名も「サンドバック打ち」

名前の通り、サンドバックや土嚢、
少し重さのあるクッションなどを床に置き
そこにクラブを打ち込む練習です。

リリースが早く手首を使った打ち方だと、
サンドバックに上手く力が伝わりません。

サンドバックをしっかりと
押し込むように強くたたくことで、

実際のショットでもボールを
ハンドファーストで押し込むような
力強いショットが身につくのです。

しかも、この練習の良いところが、
インパクトと同時にショットの正確な
フィードバックを受けられるところ。

手打ちになってしまうと
弾かれるような感覚が、

ハンドファーストで打てていれば、
サンドバックにめり込むような
ズッシリとした感覚が

クラブを伝わってきて
直感的に良いスイング軌道を
見つけることができます。

ボールを打つ必要がない上に、
かなり効果的な練習ですので、
ぜひ試してみてください。



服部コースケ




<本日のオススメ>

間違った軌道で振ると
クラブが折れる!?

あなたのスイングを
一振りで診断する優れもの

世界中のトッププロが絶賛する
セルフスイング診断機『メディカス』が
半年ぶりにゴルフライブに入荷しました!

87本限定のご案内ですので
なるべくお早めにこちらのお手紙を
チェックしてくださいね。

https://g-live.info/click/medicus_2005/




ーーー残りわずか、ゴルフライブのマスクーーー

先日入荷した、
ゴルフライブ提携工場で作った50枚入りの
不織布マスクが残りわずかとなりました。

ゴルフライブからの購入なら、
わざわざお店に出向かなくても、
あなたのご自宅にすぐ届きます。

ご注文はこちらです。

https://g-live.info/click/mask2005/

キャッシュレス5%還元対象商品


高く飛べれば飛距離が伸びる?

2020.05.16
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

 
先週、ビデオで公開した
飛距離アップのための室内トレーニング、
あなたはもう見てくれましたか?

久しぶりのビデオということもあり、
多くの方からからメールをいただきました。

いつも見てくださり、
本当にありがとうございます。

飛距離アップに
とても効果的な練習法ですので、
ぜひ継続して実践してくださいね。

ところで、
ビデオ内での私の発言に対して
何人からか質問が届いていました。

 「ジャンプが強くできる方ほど
  飛距離が出るというデータがある」

この部分なんですが、そうなんですよ。

ジャンプ、つまり、
立ち止まった状態から真上に飛ぶ「垂直飛び」で
高く飛べる人ほど、ドライバー飛距離が出る

「わからなくもないけど、本当なの?」と
思わず疑ってしまいたくなるような
面白い研究結果があるのです。

というわけで、、、

そこそこマニアックですが、
ジャンプ力と飛距離の関係について
サクッと解説していきたいと思います。

なんでタテ方向のジャンプが飛距離につながるの?

地面を思いきり蹴って飛び上がるジャンプと、
体を回転させてボールを打ち出すスイング。

一見すると無関係にも思える2つの動きですが、
実は「地面反力」という共通点があります。

垂直飛びでは、
足で地面を押し込むことで
上方向へのエネルギーが発生して
体が上に飛び出します。

スイングでも実は、
地面からの反動の力を使っているのです。

あなたにも試してもらいたいのですが、
今その場でいいので立ち上がってグリップを作り、
左に向かってスイングしてみてください。
(レフティの方は右に向かって)

そこまでゴルフスイングは意識せず
自然な形で振ってくださいね。

足はの裏はどうですか?
かかとが地面から離れずに、
ベタ足スイングになっていませんか?

次に、何か重量のあるもの、
中身の入った2Lのペットボトルだったり、
荷物が入ったカバンを両手で持って、
左に向かってスイングします。

左側に投げ出すイメージです。
(レフティの方は右側へ)

周りのものを壊さないように、
十分に注意してくださいね。

なにも手に持たないときと比べて、
足の裏や下半身の動きに変化はありませんか?

おそらく、

手に持ったものが最下点に
来るタイミングに合わせて膝が曲がったり、
投げ出すタイミングで曲げた膝が伸びあがり、
かかとが地面から浮きませんか?

では、手に持ったものを、
より遠くに投げるイメージで力強く振ってみましょう。

最下点での膝の曲がりや、
投げ出すタイミングでの足の伸びが
より強くなりませんか?

これがまさに、
ゴルフスイングの「地面反力」です。

「地面反力」と聞くと、
専門用語でなんだか難しく感じるかもしれませんが、
先ほど重さのあるものを振って確かめてもらった通り

ダウンスイングで沈み込んで、
インパクトからフォローにかけて伸び加速するというのは
人間本来の自然な動きなのです。

私たちは日常生活で、
地面から伝わってくる力を効率よく
前後左右方向へ変換しているのです。

もちろんスイングでも
同じ動きができるのが理想なのですが、
ボールを意識した途端に難しくなるんですよね。

なので、ついさっき実践したような
重りを遠くに投げるイメージの自然なスイングで

インパクトにかけて沈み込み、
フォローにかけて伸びあがるイメージを
たまに確認してみてください。

ジャンプは飛距離アップに効果的

先週ご紹介したドリルに似た話ではありますが、
地面反力を高めるためにも下半身を鍛えることが
飛距離アップにはとても効果的なのです。

特にジャンプ力

単純に、垂直飛びで
高く飛べる人ほど地面反力を使えるので
飛距離は伸びる傾向にあります。

解析機で足裏の圧を測ってみると
見事に飛距離が出る人ほど踏む力が強い
という研究結果があります。

また、筑波大学からは、
ヘッドスピードと垂直飛びの高さに
相関関係があるという論文が
発表されていました。

さらに言ってしまえば、
PGAツアーをテレビで見ていても、
飛ばす選手ほど左足がめくれ上がるほど
ダイナミックなスイングをしていますよね。

特に、ローリー・マキロイなんかは、
ダウンスイング時に沈み込んでインパクトで伸びあがり
地面反力をとても効率よく使っています。

ぜひ、あなたも、
世界中のトッププロのような
スイングを手に入れるためにも、

高く飛べるようにジャンプ力を
鍛えてみてはいかがでしょうか?

ジャンプが高くなるにつれて
飛距離もちょっとずつ伸びていくのを
実感できると思います。

とても効果的ですので、
ぜひ試してみてください。



服部コースケ




<本日のオススメ>

ゴルフライブ大人気商品
『江連忠のスィング理論イノベーション3.0』

プロゴルファーとして
毎年20億円稼ぐタイガーのスイングを
江連プロ考案のマル秘ドリルで
あなたにインストール。

自宅上達応援キャンペーンとして、
購入後すぐに見れるWEB視聴版が
75%OFFの特別価格で公開中です。

5月21日までの期間限定ですので
忘れないうちにこちらから手に入れてください。

https://g-live.info/click/tgr200515/



ーーーゴルフライブのマスクが再入荷ーーー

ゴルフライブ提携工場で作った
50枚入り不織布マスクが入荷しました。

わざわざお店に出向かなくても、
あなたのご自宅までお届けいたします。

ご注文はこちらです。

https://g-live.info/click/mask2005/

ただし、前回販売時には
1時間で売り切れるほど注文が殺到したので、
今回入荷分もすぐに売り切れるかもしれません。

その際はどうぞご容赦ください。


【ビデオ】外見に現れないセットアップでやっている大切なこと

2020.05.03
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「外見に現れないセットアップでやっている大切なこと」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

次の2つのことを、外には見えませんが
セットアップで行うと絶対に良いです。それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

飛ばし屋のための自宅時間の使い方

2020.05.02
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

今日から世間はゴールデンウィーク

しかし、今年のゴールデンウィークは
どこにも出かけずご自宅で過ごすという
方がとても多いはずです。

もともとコンペの予定や、
旅行や外食の予定があった方も
たくさんいるでしょう。

でも、今が踏ん張りどころです。

ぜひ、あなたのためにも、
あなたの大切な人のためにも、
家にとどまり乗り切りましょうね。

しかし、ゴールデンウィークの朝6時から
私のメールマガジンを読んでいるあなたのように
ゴルフにとても熱心なタイプなら、

身体を動かしたり、
ボールを打ちたかったり、

とにかくゴルフをしたくて
たまらないのではないでしょうか?

なので、今日は
あなたのその気持ちを解消する方法、

私もここ最近毎日実践しているオススメな
室内ゴルフ練習法をご紹介します。

そんな特別な話ではないのですが、
特に飛ばし屋を目指しているあなたには
ピッタリだと思うので、ぜひ試してみてください。

では、いきましょう。

ショートクラブは飛ばしの相棒

私は最近、ショートクラブという
その名の通り短い練習用クラブで
家の中のあちこちで素振りをしています。

ショートクラブ、本当に良いんですよ。

家の中なので、
もちろんボールは打ちません。

でも、そのボールを打たないというのが
ショートクラブでのスイング練習の肝になります。

ボールを打つという“結果”を求めないので
スイング作りに集中ができるのです。

ボールを打てないという
今の状況を逆手にとって
ゴルフ上達していく。

飛ばし屋のための
最高の室内練習です。

室内でフルスイングなんて危ない、
と思うかもしれませんが、私が持っている
ショートクラブは60cmもありません。

30cm定規2本分しかないので、
照明器具さえ気を付ければどこでも
スイングをすることができるのです。

それでいてなかなか重い、
多分1キロちょっとあると思います。

これだけしっかりと重ければ、
振っているだけで筋トレにもなります。

全くスイングをしていないと
ゴルフのための筋力も落ちてしまいますから、
庭にもベランダにも出る必要のない
ショートクラブはとても便利なのです。

バットよりショートクラブ

ショートクラブと同じように使う
練習器具に「バット」があります。

野球のバットのような形ですが
手元の握る部分はゴルフ用のグリップが付いた
ゴルフの素振り専用の練習器具です。

こちらも短いものだと
60㎝程度のものが売られていますが
同じく室内での練習が目的ならバットより
私はショートクラブをおすすめします。

ショートクラブはアイアンの
ヘッドが付いているので室内にいながら
フェースの向きを意識した練習ができるのです。

アイアンヘッドが付いていることで、
丁寧に構えて、ゆっくりとスイングをしながら
各所でフェースの向きを確認できる。

バットにはない大きな利点です。

室内素振りで大事な2つのポイント

最後に、ショートクラブを使った室内素振りで
ゴルフが上達するために大事なポイントを
2つご紹介していきます。

素振りを続けているのに一向に上達しない
むしろ、スライスがひどくなった、引っ掛けがひどくなった、
こんな声を聞くことが多々あります。

おそらくそれは、
間違った素振りを繰り返したがために
自分の悪い癖が強化されてたのが
原因なのかもしれません。

そうならないためにも、
室内に限らずボールを使わない素振りをする際に
大事なポイントが2つあります。

1つ目は
ボールがあると思ってアドレスをすること。

素振りをする際には、
ショートクラブを手にもってすぐ振るのではなく、
普段ボールと全く同じようにボールがあると思って
丁寧にアドレスをしてから始めましょう。

ここで気を付けるのが肩の位置。

右利きの方の場合、
ゴルフグリップは右手が下ですから
右肩が左肩よりも少し下がります。

しかし、ボールがない状態ですと、
肩の高さを左右揃えて素振りをしてしまいます。

これでは理想のスイング軌道から外れて、
アウトサイド・インの軌道の、カットスイングが
身に染み込んでしまいます。

そうならないためにも、

短くて地面につかない
ショートクラブでもしっかりアドレスをして
右肩を左肩よりも下げることを意識してから
素振りを始めるようにしてください。

2つ目は
今の素振りからボールの弾道を想像すること。

実際にはボールを打たない素振りですが、
今のスイングでどんなショットになったのか、
ボールの弾道を考えてみてください。

これはプロゴルファーの間でも、
特に重要な素振りのポイントです。

素振りからボールの弾道がわかる人は
上達スピードが段違いに早いです。

インパクトのフェースの向きを
意識しながら素振りするのとしないのとでは
その素振りの効果は雲泥の差にもなります。

そこで、あえて、

・プッシュアウトになる素振り
・引っ掛けになる素振り
・スライスになる素振り
・フックになる素振り

ここまで素振りを分けることができれば、
逆にこれらのミスショットをコントロールできる
そんな上達効果も狙うことができます。

たかが室内の素振りですが、
工夫次第ではとても効率よく
上達していくことができるのです。

ぜひ、あなたも家のリビングから
ご自身のスイングを磨いてみてはいかがでしょうか?



服部コースケ




<本日のオススメ>

ゴルフライブ特別企画

プロ野球選手やオリンピック選手の
強靭な体づくりをサポートしてきた
プロフェッショナルトレーニングコーチが…

ゴルフライブのメルマガ読者限定の
ゴルフ上達と健康を同時に手に入れる
全4回のビデオを無料で公開中です。

5月6日(水)までの期間限定ですので
まだご覧になっていない方は
今すぐこちらからご参加ください。

https://g-live.info/click/golf-diet2004/

スライス、フックはミスじゃない

2020.04.25
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

ゴルフの世界に
足を踏み入れたなら誰しも直面する
スライスやフックの悪夢

特に、ゴルフを初めたてはスライスに、
ある程度上達してスライスを減らせたと思ったら
今度はフックに悩まされますよね。

スライスしてOBが止まらず、
あとちょっとのところで100が切れなかったり、

何打も連続でスライスしてしまい、
心身ともにズタボロになってしまったり、

いつの時代も、
スライスやフックはゴルファーの
大敵というような存在です。

最近では、インターネットで
多くのプロゴルファーがスライスやフックを
克服するためのドリルを公開しています。

なので、私たちは自然と
スライスやフックといったショットに対して
「ミス」というマイナスのイメージを持っています。

しかし、スライスやフックは
必ずしも悪いショットではないのです!

ゴルフはいかに早く
カップにボールを入れられるか
ということを競うスポーツ。

そして、ゴルフコースには
地形や障害物などが複雑に絡まった
無数のシチュエーションが存在します。

そんな時、
もしボールとグリーンを結んだターゲットライン上に
木やバンカーなどの障害物があったとしたら…

自信のない方は横に一旦出して、
刻んでグリーンを目指すのも良いでしょう。

しかし、あえて、
スライスやフックでボールを曲げて
グリーンを狙うことが出来たとしたら…

格好良いですし、
スコア短縮のチャンスが広がると思いませんか?

そう、ゴルフの上級者となると
スライスやフックは一概に「ミスショット」ではなく、
コースマネジメントとしてあえて打つ選択を
することだってあるのです。

このようにスライスやフックで、
あえてボールをまげて障害物を回避する方法を
“インテンショナルショット”と呼びますが、

これは決して
上級者専用のテクニックではなく、

今現在スライスやフックに
悩まされている方へもオススメな
テクニックなのです。

とにかくまっすぐ飛ばそうとしていませんか?

ゴルフをはじめてすぐの頃には
どうしたらまっすぐなボールが打てるのかと、
ゴルフ練習場で思考錯誤を繰り返しますよね。

つまり、ショットを打つ時は常に、
「まっすぐ飛ばしたい」と心の中で
強く考えているはず。

そんな時にスライスやフックを打ってしまうと、
自分が意識していたのとは全く違う方向に
打ち出してしまうのでミスショットと
受け取るのも無理がありません。

ですが、今現在、
スライスやフックを減らすために
練習に励んでいるゴルファーにも
ぜひインテンショナルショットの練習を
していただきたいなと私は思います。

なぜなら、

インテンショナルショットは意図的に
ボールを曲げる技術ということで、
わざとスライスやフックを打つわけです。

これは、どのような動きをしたら、
スライスやフックが打てるのかを知る
ということでもあります。

つまり、インテンショナルショットで
スライスやフックを打てるようになるということは
逆にスライスやフックを打たないスイングを
作ることにも役立つのです。

ゴルフを初めたての方は、
インテンショナルショット自体を習得するためではなく
スライスやフックになる原因を知るためにも

スライスやフックを打つ練習を
することはとても上達に役立つのです。

上級者にとってはとても重要な技術

そしてもちろん、
スコアがだんだんと良くなってきて、
上級者になればなるほど、

わざとボールを曲げる技術、
つまり「インテンショナルショット」が
いかに重要なのかがわかってきます。

ボールの曲げまでコントロールできれば、
それは攻めのゴルフも、守りのゴルフにも
使うことができるのです。

インテンショナル(intentional:意図的に)に
ボールを曲げるということは、目の前に障害物があって
まっすぐ狙えない時などに“やむを得ず”使う技術と
多くのゴルファーが考えています。

しかし、インテンショナルショットは
やむを得ず使う技術だけでなく、
チャンスをつかむために使う技術でもあるのです。

たとえば、右にOBのあるホールでは、
フェアウェイの右端を狙ってフックするボールを打つことで、
高確率でOBを回避することができます。

あるいは、ピンがグリーンの右端にある場合、
グリーンのセンターからスライスする球で狙えば、
安全にグリーンをとらえカップに近づけることができます。

インテンショナルショットを使いこなすことで、
時には障害物やリスクを回避して、
時には積極的に、果敢にバーディーを狙えるのです。

また、フックボールは飛距離が出やすく、
スライスボールは飛距離が落ちやすいことを利用して、

インテンショナルショットで
微妙な距離のコントロールを
することだって出来てしまうのです。

インテンショナルショットの打ち方

ちなみに、
インテンショナルショットの打ち方は
とてもシンプルです。

スタンスは打ち出したい方向に、
そして、フェースを最終的に狙いたい方向に構え、
あとは普段と同じスイングをするだけです。

インテンショナルスライスを打ちたいときは、
スタンスもフェースも、ターゲットに対してスクエアに構えてから、
スタンスだけ打ち出したい左に向けます。

この時、打ち出したい左方向より、
スタンスは若干多めに、左へ向けるのが良いです。

その状態でスイングしていくのですが、
スイングの軌道はスタンスに対していつも通りに
ボールを打っていきます。

ただインパクト時のフェースの向きは、
打ち出し方向ではなくターゲット方向へ
向いていることに注意してください。

つまり、フェースが開いて
インパクトを迎えるわけですね。

これで左に打ち出したが、
スライスがかかってターゲット方向に戻ってくる
インテンショナルスライスが打てるのです。

インテンショナルフックについては、
今とは逆のスイングで打つことができます。

インテンショナルショットを
完璧に使いこなすプレイヤーの一人に
タイガー・ウッズがいます。

タイガーは2019年のWGC Mexico Chanpionshipで
残り132ヤードのバンカーから、目の前の気を避けるように
インテンショナルスライスを打ち、ピンそばに見事寄せました。

さらっと説明してしまいましたが、
インテンショナルショットには
高い技術が要求されます。

習得しようと思ったら
かなりの練習が必要となるでしょう。

しかし、打てるようになってしまえば、
トラブル回避や攻めたゴルフではたまた
スコアが良くなることは目に見えてわかります。

また、今現在スライスやフックに悩んでいる方が、
スライスやフックの原因をしっかりと理解して、
ボールをまっすぐ飛ばすためにも効果的ですので、

ぜひ、インテンショナルショットの練習に
チャレンジしてみてくださいね。



服部コースケ




<本日のオススメ>

3年の歳月をかけて遂に完成

青木功、フレッドカプルス、アーニーエルス

国内外問わトッププロが愛用する老舗ブランド
「ヒロ・マツモト」と徳嵩フィッターの
夢のコラボで誕生したのがこの「TKパター」

世界のトッププロが手放せない
“構えただけでボールが運べる”
最高の打感とレスポンスを
手に入れるチャンスです。

https://g-live.info/click/tk_hm2004/

ヒロ・マツモト創業以来初のコラボ企画
TKパター初回リリース記念特別割引中。

ジョギングで飛距離アップ?

2020.04.18
服部hattori

From:服部コースケ
東京の自宅より、、、

おはようございます。
服部コースケです。

緊急事態宣言が全国に広がり、
全国的にも外出自粛の雰囲気がより一層
強まったなかどうお過ごしですか?

1日中、家の中にいるのって
かなり心身ともにキツイですね。

やっぱりゴルフクラブを
思いっきり振ってボールを
打ちたくなってしまいます。

ゴルフは幸いなことに
プレイヤーとの密接度は高くなく、

ジョギングなどと同様に
安全にプレーできる数少ないスポーツで、

驚いたことに、

日本より深刻なアメリカでは、
60%以上ものゴルフ場が
今でも通常営業しているそうです。

でも、だからと言って、
今このタイミングでゴルフ練習場に
行くのは少し気が引けてしまいますね。

なんの気兼ねなく、
仲間やたくさんの生徒さんと
ゴルフ出来る日が待ち遠しいです。

感染予防には十分配慮したうえで、
外出自粛のストレスを上手く発散しながら
この状況を乗り切っていきましょうね。

ところで、
今日のメルマガなんですが、

今の深刻な状況を逆にうまく活用した
とっておきの飛距離アップ法をあなたに
お伝えしていこうと思うのですが、、、

ジョギングしませんか?

何を急に言い出すんだ、と
思われたかもしれませんが、

そう、今日のメルマガでは、
あなたにジョギングをオススメしたいのです。

いつもドライバー飛距離について
話している私が急にジョギングをオススメするなんて
とても不思議に感じましたか?

でも実は、
ジョギングとゴルフのドライバーショットは
とても密接に関係しているのです。

まず、先にお伝えしておきますが、
緊急事態宣言が発令され、
外出自粛が呼び掛けられていますが、

ジョギングすること自体は
制限されていません。

安倍首相ご本人も4月7日に、
「ジョギングに関しては問題ない」と
言及されておりました。

ただ、人が多い時間帯やコースは
避けて走ってくださいね。

さて、話を戻しますが、
実はジョギングは飛距離アップに
とても良いのです。

筋トレだけでは飛距離は伸びない。

というのは少し言い過ぎですが、
筋トレだけしていても飛距離が
十分に伸びないのは事実です。

アマチュアゴルファーの永遠の課題である
“飛距離の低下”は、筋力低下によるものだと
お考えの方が多いと思いますが、

実は、
飛距離の低下の本当の原因は
筋力低下ではないのです。

ゴルフやお仕事、日常生活などの
疲労の蓄積によって発生する筋力の
柔軟性の低下が一番の原因なのです。

筋力は披露すると柔軟性が低下して、
それにより関節の可動域も減少してしまうことで
スムーズな動きができなくなってしまうのです。

また当然ながら
加齢も柔軟性低下を招きます。

では、この柔軟性の低下を
解消するためにはどうすればいいのか
というお話に移っていくのですが、

柔軟性といったらストレッチを
すればいいのではと思われがちです。

しかし、ストレッチのみでは
効率が悪い上に、根本的な
解決にはならないのです。

柔軟性の低下がなんで起こるかというと、
仕事や日常生活の疲労の蓄積でした。

つまり、柔軟性の低下を
根本的に解消するためには、
疲労を取り除けばいいのです。

そこで登場するのがジョギング

運動生理学上では、
疲労にはクーリングダウンが推奨されています。

クーリングダウンとは、
30~60分の有酸素運動を行い
全身の血流をよくさせることで疲労を取り除く
多くのアスリートが取り組むものです。

そしてクーリングダウンで血流が
良くなっているときに柔軟体操(ストレッチ)をすることで
関節の可動域を広げることができるのです。

関節の可動域が広がれば
スムーズに理想の軌道でスイングができて
飛距離をロスすることなく飛ばせるのです。

ジョギングは体にいいこと尽くし

話が長くなったので
簡単にまとめますと、、、


年齢とともに落ちてきた飛距離は
筋力不足というより柔軟性不足が原因

柔軟性を取り戻すには
ジョギングで血流をよくした状態で
ストレッチをするのがとても効果的

柔軟性が取り戻せれば
筋力を100%活かしたスムーズなスイングで
飛距離をグーンと伸ばせる。

さらに言ってしまえば、
ジョギングは足腰の強化にもなりますし
心肺機能や体のあらゆる機能を
強化することにもなります。

免疫アップも狙えますし、
今だからこそ特にやったほうがいいと思いますよ。

朝の人が少ない時間帯を狙って
気分転換もかねてジョギングをしてみてください。

心も体も健康的に
毎日を送っていけることでしょう。



服部コースケ




<本日のオススメ>

公開からわずか2日で完売した
世界最強のゴルフウォッチ
『GAEMIN Approach S62』

GARMIN Japanの担当者との調整の末、
ついに追加で200個もの入荷が決定しました。

しかしこの追加分も
早々の売り切れが予想されるので
お早めにご注文ください。

https://g-live.info/click/approach_s62/

消費者5%還元で手に入れられるのは
ここ、ゴルフライブだけです。

ブレないスイングでビシッと捕まる!

2020.03.20
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日も飛距離アップについての動画をお送りするのですが、
一つ質問させてください。

あなたは飛距離アップのために、
「普段の日常からしていること」が
ありますか?

ゴルフがうまくなりたい!!
と思えば思うほど、

忙しくて練習時間が多く作れないとか…

ラウンドにもそんなに高い頻度では行けないとか…

そんな悩みを抱えることが
あるかもしれません。

ですが、そんなあなたでも、
何も出来ないわけではありません。 続きを読む

【ビデオ】3日に一度は欠かせない筋膜リリース

2019.12.15
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「3日に一度は欠かせない筋膜リリース」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

私は3種類のコンディショニングを、
3日周期でまわしています。

それは次の3つです。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】パワーの右サイドはこう使え

2019.09.15
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「パワーの右サイドはこう使え」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

パワーを出したいときには、
「受ける力」に徹します。

そうすれば、持っている最大の能力までのパワーを
出し切ることができます。

今回は、「受ける力」で動くための、
右サイドである右脚と右腕の具体的な使い方を見てみましょう。

ところでそもそも「受ける力」とは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む