カテゴリー別アーカイブ: ヘッドスピード

飛距離で宮里藍プロに勝つ方法

2021.08.03
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「飛距離で宮里藍プロに勝つ方法」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ズバリ、女子プロの選手のドライバーショットと、
身長もヘッドスピードもたいした変わりがない
アマチュア男性のドライバーショット。。。

どうしてこの二つは、
こんなにも差がついてしまうんでしょうか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【誤解】当たる当たらないは気にしちゃダメ

2021.06.10
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「【誤解】当たる当たらないは気にしちゃダメ」
 

という話をさせていただきます。
 

もしかしたらあなたもそうかもしれませんが、
ゴルフをしていて
 

 「当たる」
 「当たらない」

 

ということばかり、気にしてしまっていませんか?

ですが、当てるということにばかり
焦点を当ててしまうと、間違いが起こります。
どういうことか?

「当てに行くこと」の弊害

ズバリ、当てるということにばかりが
焦点になってしまう人というのは、
 

 スピードがバラけてしまう
 

これは前回のメールマガジンでもお話ししましたが、
 

ヘッドスピードがバラつく…測定器のせい?

https://g-live.info/click/210603_nikkan/

 

 ・同じフォーム、同じ力加減、同じリズムを実現することで
  ゴルフのスイングの再現性は高まる

 ・どのクラブで打つ際にも淡々と同じフォームで、
  同じ力加減で、同じリズムで打てるようになることを目指す

 ・なるべく自分が振れる範囲のギリギリの力感で打ち、
  強弱のコントロールなどを極力しない

 

ということで、その前提条件となるのが
 

 自分に合った道具を使っていること
 

ということを、お伝えしました。

ということで、スピードがバラけてしまわないように
道具をしっかりフィッティングで選んでいただいて、
 

 インパクト時に当てに行くことだけを考えずに
 しっかりフィニッシュまで振り切る

 

というところを、実現してほしいと思います。

ボールの方向が定まらないなら…

 「徳嵩さん、でもそれこそ当てにいかないと
  ボールはあっちこっちに飛んでいってしまうんですよ。。。」

 

そんなことをおっしゃるかもしれません。
 

はい、もしかしたらボールの方向が定まらないかもしれませんが、
そのように球がどこかあさっての方向に飛んでいってしまうなら。。。
 

 そもそも、クラブが合っていない
 

というふうに思っていただいた方が
いいかもしれません。
 

また、ヘッドスピードの話に戻すのであれば、
自分に本当にベストなクラブで振ってない時というのは
やはりヘッドスピード落ちます。
 

そして(当たり前ですが)
自分に合っているクラブであれば
ヘッドスピードは必然的に上がります。

これは自分がフィッティングをさせていただいている中でも
合っているシャフト特性、合っているヘッドの形にするだけで。。。
 

ヘッドスピードは2~3メーターぐらい
もう全然余裕で変わってしまうこともざらです。
 

もちろんその結果、普段いつもご自身でお使いのドライバーより
いきなり20~30ヤード飛んでしまう方もいらっしゃいます。

あなたの飛距離はまだまだ伸びる

他のところはわかりませんが、
少なくとも自分たちの提供するフィッティングでは
 

 「あなたは今、こういう状況にあるから
  こういうヘッドをチョイスしてご提案しています」

 

というお話をさせていただいています。
 

ヘッドスピードに関しても、
しっかりフィッティングをしていただくことで
どなたにでも上げるチャンスあります。
 

 「年を取って力がなくなりました」
 

とおっしゃるお客様もいらっしゃいますが、
合ってる道具を使えば、筋トレを頑張らなくても
まだまだ飛距離は十分伸ばせます。

そういう飛距離アップの要素をしっかりと
「第三者的な目線」で見させていただくことで
 

 「自分はどういう傾向なんだろうか?」
 

といったことも分析できるだけでも
よりもっとゴルフが楽になりますし、
もっと楽しくなってくるはずです。

フィッティングのご案内【大阪空き枠あり】

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

なお、大阪のフィッティング枠のほうが
今週は比較的余裕があるようです。
近畿地方ににお住まいの方は、この機会にぜひどうぞ。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

笹生優花プロ全米オープン優勝記念!

PGAツアー、全米女子オープンで
笹生優花プロが見事に畑岡奈紗プロとの
日本人プレーオフを制し海外メジャーを制覇…

私たちゴルフライブとしても
このゴルフ界の快挙を応援する意味で
新しいキャンペーンをご用意しました。

ですがごめんなさい。
これはキャンペーンというよりむしろ、
あなたへのお願いに近いかもしれません。

具体的にどんなお願いをしたいのか?
それはコチラをご覧下さい…

詳細はコチラをクリック

期間限定ですのでお早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】シャフトをしならせて飛ばすその極意とは

2020.10.04
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「シャフトをしならせて飛ばすその極意とは」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ヘッドは自ら出そうとする力では走りません。

体をしならせてそれを大きく強くしなり戻すことで、
それまでのエネルギーを全てシャフトに伝えて
シャフトをしならせてそのしなり戻りでヘッドが走ります。

そして、シャフトをしならせるためには、
シャフトに力を集める必要があります。

では、それを行うための方法とは?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘッドが走るという感覚がわからない方へ

2020.09.29
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ヘッドが走るという感覚がわからない方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 ・体格にも恵まれていて

 ・体力にも自信があるにもかかわらず

 ・それなのに飛距離が出ない。。。
 

という方がいるとしたら、
一体どこに原因があるんでしょうか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】頭を落として鋭くターン

2019.12.01
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「頭を落として鋭くターン」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ダウンスイングで頭が落ちると
ダフるから落としてはいけないなんて言われて、
頭の高さを一生懸命維持しようとしていませんか。

それでは、能力の限界まで鋭くターンできなくなります。

では、どうしたらいいか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HS 41.2m/s vs 43.3m/s… 飛ぶのはどっち?

2019.09.10
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「HS 41.2m/s vs 43.3m/s… 飛ぶのはどっち?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

いきなりですが、クイズです。
 

 「ヘッドスピードが41.2m/sのAさん
  そして43.3m/sのBさんがいます。

  Aさんはゴルフ歴も長く、ハンデも「3」です
  一方のBさんは、アベレージゴルファー。

  さあ、どちらのゴルファーのドライバーが
  より飛ぶでしょうか?」

 

答えは。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッキリ言います…ヘッドスピードは見るな

2019.07.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

さて、今日は
 

 「ハッキリ言います…ヘッドスピードは見るな」
 

というお話をしたいと思います。

(スタートダッシュからかなり「ケンカ腰」ですが 笑)
 

なぜ「ケンカ腰」かというと(いや、別に違うんですよ)
こんなご質問をいただいたからなんです。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】コックはヘッドを走らせる要

2019.06.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「コックはヘッドを走らせる要」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ゴルフは体の動きはできるだけコンパクトな中で、
ヘッドがたくさん動くほどボールを精度良く遠くまで飛ばせます。

そういった意味で、親指側に折れるコックは
ヘッドを走らせるための要となります。

まさにコックは体とクラブの接点であり、
コックの良し悪しでスイングの出来が左右されます。

ところが、スイングにとってそんなに大切なコックを、
ほとんど意識されていないのが現状です。どういうことか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】タッチを確定する極意

2019.03.31
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「タッチを確定する極意」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

アプローチショットで楽々ワンパット圏内に寄せる
絶妙なタッチがコンスタントに出せたら、
ゴルフはものすごく楽しくなります。

距離感であるタッチはロフトと振り幅で決めることも
多く聞かれることですが、実はもっとヒトの本来の能力を
使える方法があります。それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】トップから振らないと間に合わない?

2019.02.03
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「トップから振らないと間に合わない?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

トップからがんばってクラブを振ろうとしなければ、
ボールヒットで能力の限界までのヘッドスピードを
出せないのではと、聞かれることがあります。

ところが、このような疑問が湧いてくるとしたら、
ダウンスイングのイメージとして重大な勘違いがあります。

それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】ぶっ飛ぶ人は手首の溜めがすごい

2018.11.25
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ぶっ飛ぶ人は手首の溜めがすごい」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

体力の割にボールが飛ぶ人のスイングを色々分析すると、
ダウンスイングでの手首の溜めが深いことが
共通点として見えてきます。

ではその手首の溜めとは
具体的にどういうものか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

知ってます?テレビでも話題のトラックマン

2018.11.06
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

ちなみに先月から、新しいレッスン会
 

 「ネオシャドースウィング」
 

を千葉で開催しています。
 

新しいレッスン会ではトラックマンを使っているんですが、
トラックマンって、ご存知ですか?

トラックマン、コチラです。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HSが43m/sでも硬さ「X」を勧める理由…

2018.08.09
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

前回のメールマガジンで
シャフトの選び方についてお話ししたところ。。。

担当しているスタジオで、その内容について
本当に多くの方からご質問をいただきました。

特に今回はその量がいつもよりすごかったので、
補足的にお話をしてみようかと思います。

(とはいえ、今回の内容だけでも読み切れる内容です。
 そのへんは安心してお読み下さい)

まず、最初に。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】飛ぶ打ち方を追求する

2018.07.01
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「飛ぶ打ち方を追求する」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

単純な話、飛ばしたいなら
ハイティーにして高打ち出し低スピンを狙います。

そして、ハイティーに対応するためには。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HS42なので振動数250位のシャフトが欲しい

2018.03.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日だけれども、あなたに
 

 「HS42なので振動数250位のシャフトが欲しい」
 

という話をしたいと思う。

まさにこのタイトル通りの質問が来た。

だけれども。。。始めに言ってしまうけど、
この考えはスタートの地点から間違っている。。。
なぜか???
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加