カテゴリー別アーカイブ: ダフリ

そのプレーの成功確率は何%?

2018.10.10
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より…

私は実際に生徒さんと
コースに行ってレッスンする

「コースティーチング」
というものを行っています。

これをするメリットは
実戦力が向上するというもちろん、
もう1つメリットがあるんです。

むしろ個人的には
その人が今後さらに上達していけるかを
見る上で、この方が重要だと思っています。

それは、、、

「◯◯さん、コースだと性格違う…」

これ、あなたも思ったことありませんか?

いつもおとなしい◯◯さんが
こんなギャンブルショットするなんて、、、

とか、

いつも豪快な◯◯さんが
こんな慎重に刻んでいくなんて、、、

といったようなギャップ。

私がコーチをする上では、
その人のスイングの次くらいに
これを気にします。

特に気をつけているのは
無謀に攻めてしまっているパターン。

もちろん、ゴルフをしていれば、

ここを狙わねば!

という場面は1日1回は必ず出てきます。

ただ、果たしてそれが
チャレンジなのかギャンブルなのかの
見極めが重要です。

そこで、私がそれは
ちょっと無謀かも…と思うのは、

・コースレイアウトを考えずにドライバーを振る

・林の中から木の間を通そうとする

・球をわざと曲げてみる

・深いラフから攻めちゃう

こういったあたりです。

コースに出れば、真っ直ぐな
ミドルホールでも左右が狭ければ、
精度重視にしたほうがOBは無くなります。

林にボールを入れても
前進したくなりますが、
潔く真横に出したほうが傷は浅いです。
・球をわざと曲げてみる
・深いラフから攻めちゃう

こちらに関しては言わずもがなですが、
これはあくまでも一例です。

ゴルファーによっては、
リカバリーがとにかく
得意だって方もいます。

なので、この考え方を
1つの基準にしていただきたいです。

それは、、、

そのプレーの成功確率は何%?

レッスンをしていて思うのは
最低でも50%の成功確率が無ければ
そのショットは諦めましょう。

一か八かでは、字のごとく賭けです。

本当は80%以上成功する
イメージが無いショットは、
コースでは恐いです。

なので、難しいショットを
選択するときは、これを
1つの基準にしてください。

最後に

ゴルフはミスをするスポーツです。

成功確率100%と信じている
ショットですら、ミスをすることも
少なくありません。

なので、せめて自分の中で
自信が無いショットはしない。

こう考えるだけでも
スコアはかなり変わりますので、
是非次回のラウンドで試してみてください。


<本日のオススメ>

ゴルファーが10人いれば、
ゴルフ理論も10通り。

まさにそのとおりですが、
じつは現存するあらゆる理論の
オリジナルが今話題になっていることをご存知ですか?

この理論は今から60年前に発表されたにもかかわらず、
今なお多くのゴルファーの目標として愛されています。

そんなスイング理論を映像で
解説した日本初、いや世界初の教材を
今日まであなたに公開します。

http://g-live.info/click/edbh_1810/

ゴルフに悩んだ時にコレを見て欲しいです

2018.10.03
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より

おはようございます、宮本です。

皆さま、
台風は大丈夫でしたでしょうか?

私がレッスンをしている店舗では、
前回の台風を教訓に、土のうを積んで、
なんとか被害を最小限に食いとどめました。

各地で被害があるかと思いますが、
災害にめげずに頑張っていければと思います!

さて、今日は私が今回のように
困難にめげなくなったキッカケを
話せればと思います。

今でこそ、会員様や仲間に恵まれて、
充実した日々を送っていますが、
ここに至るまでは困難の連続でした。。。

実力だけではどうにもならない音楽の世界

以前、メルマガでもお伝えしたことがあるのですが、
私は幼少期からピアノを習っておりました。

弾く技術の向上はもちろん、
作曲にも励んで、実力を付けて
数々のオーディションに受けました。

ですが、落選の日々…
それもそのはず。

ジャンル別に見れば、
ピアノは最も奏者が多い楽器。

熾烈極まりない世界です。

そんな中では実力だけでは
どうにもならないこともあり、
私は音楽の道を諦めました。

そしてゴルフに目覚めます。

明確に勝ち負けのあるスポーツの世界

実力の良し悪しが曖昧な音楽の世界と違い、
ゴルフの世界は私にとって単純明快でした。

最も少ない打数で18ホールを回り続けた
ゴルファーが一番になれるからです。

ただ、始めたのが遅かった分、
死にものぐるいで練習しました。

1日2,000球打った日も沢山ありました。
(マネしないでくださいね笑)

ですが、それでも勝てなかったのです。

更に追い打ちの如く、
怪我にも悩まされ、ゴルフも
道半ばで諦めようとしました。

しかし、そこである一言が
私を救ってくれたのです。

宮本くん、コーチの才能あるよ

はい、この言葉を言ってくれたのは
紛れもなく小原さんです。

「挫折を味わったことの無い人間は
人に教える技術の習得は難しい。
だから宮本くんはコーチの才能がある」

と、リアクションを取りづらいけど
嬉しい言葉をいただき、私は初めてまともに
“ゴルフの技術を伝える”ことをスタートしたのですが、

それが、とっても難しい笑

それでも、僕はこのチャンスを
3度目の正直と思い、頑張って
やり続けました。

そして、そのうち
ある1つの思いが芽生え始めました。

まず自分が諦めない

私達の存在価値は、ゴルフに悩む方に
上達してもらったり、飛距離を伸ばしてもらったり、
試合で優勝してもらった時に初めて発生します。

そのためには、
この人の言う事なら信用してもいいと
思ってもらわなければいけません。

だからこそ、まず私が諦めてどうするんだと。

そう思うようになりました。

あなたの目標が必ず達成出来ると、
あなた以上に信じる存在が
私でないといけません。

それからというもの、私は
困難にめげないメンタルが
身に付きました。

最後に

人間生きていれば挫折の
1つや2つは付き物だと思います。

あなたも今ゴルフで挫けそうな
悩みをお持ちかもしれません。

そんな時は、是非私達を
訪ねてください。

必ずやあなたの力に
なってみせます!

では、長々と私の話に
お付き合いいただきありがとうございました。

今日も1日頑張っていきましょう!


<本日のオススメ>

たった1週間頑張るだけで
「1年分」の練習量に匹敵する上達方法を
知ったらどうなると思いますか?

実際に、その上達法を知ったゴルファーは
スコアが

103→88

になりました。

もしあなたも、一気に80台までベストスコアを
更新したいのなら、このお手紙はとても重要です

http://g-live.info/click/kdth_1810/

【ビデオ】ダフリトップを直すための練習

2018.09.26
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より

おはようございます、宮本です。

最近、本格的に涼しくなりましたね。

秋も深まり、
すぐに寒くなりそうな予感もします・・・
暑かったり寒かったり、
そんな中で練習に対するモチベーションが
下がってしまうこともあると思います。

そんな時こそ、、、
自宅で簡単に出来るコソ練です。

先週に引き続き、今日は動画で
「手首の角度」についてお話します。

この練習、
今までで一番簡単かもしれません。。

続きを読む

【ビデオ】ダフリトップの原因はコレ?

2018.09.25
kondo

From:近藤雅彦
神田のスタジオより

おはようございます、近藤です。

ドライバーがフェアウェイど真ん中!

ライも良くてグリーンに乗せて
「バーディチャンスにつけるぞ」と思いをはせるが、、

アイアンが力みすぎて
ダフリやトップのミスをしてしまう、、

こんなパターンはメルマガ読者のあなたなら
数えきれないほど経験してきたと思います。笑

多くの初級~中級者が悩むポイントですが
実は簡単なドリルを通じて修正できます。

ダフリやトップが多い方の特徴として多いのが
「体重移動」が出来ていないことです。

続きを読む

ダフリトップは距離がキモ

2018.08.22
miyamoto

From:宮本大輔
神戸のスタバより…

気温も落ち着き始めて
夏も少しづつ終わりに
向かっているように感じます…

皆さん、この夏に
やり残したことはありませんか?

僕はゴルフばっかりだった事もあり
なにかしたいなぁと思い、
先日、友人と大阪淀川の
花火大会に行ってきました。

音楽をやったことのある人って大概、
綺麗だったり心を動かされるものが
好きな傾向があります。

僕もそうで、花火がすごく綺麗で
とても感動しました。

ですが、
僕は花火大会が嫌いなんです。

その理由はズバリ、
「人混みが嫌いだから」です。

昔から人混み嫌いだったのですが、
その日は身動きがとれないほどでした…

人間には「パーソナルエリア」
というものがあるのを知っていますか?
続きを読む

【ビデオ】ダフりに効く薬、左肩甲骨のスライド

2018.07.29
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ダフりに効く薬、左肩甲骨のスライド」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ゴルフで楽しくショットできるためのキーは、
ダフらないことです。

ボールをクリーンに拾うことができれば、
それだけで気持ち良いものです。

しかし、現実はダフったりトップのオンパレードになって、
楽しいはずのショットが苦しい運動になってしまっています。

ダフり対策は色々ありますが、今回はその中の一つとして
かなり強力に効果のある薬をお届けします。それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

[お悩み] 突然ショットがバラつくあなたへ

2018.07.28
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて、先日スタジオに来ていらっしゃるお客様から
こんな質問をいただいたんです。
 

 「モンゴさん、
  私、突然ショットがバラつくんですけど、
  どうすればいいんでしょうか。。。?」

 

なあるほどお。

これ、ズバリ何が原因かというと。。。
続きを読む

【ビデオ】7番、6番アイアンで飛距離が変わらない方へ

2018.07.22
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「7番、6番アイアンで飛距離が変わらない方へ」

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

今回は、アイアンの飛距離に差がないなら必見の内容です。

アイアンショットで7番で打っても6番で打っても
さほど飛距離が変わらないなんてありませんか。

アイアンを手にして、人並みと思われる番手なりの飛距離を
無理やり力ずくで出そうとしていませんか。

特に、6番アイアンが飛んでいないなんて感じていませんか。

これらの問題はアイアンショットの打ち方に問題があります。
それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

64歳、Nさんの涙の理由

2018.07.11
miyamoto

From:宮本大輔
神戸の自宅より

悔しくて涙が出ました。

Nさんという生徒さんがいます。

64歳の男性で100切りが目標、
ベストは15年前に出た86ですが
最近は随分100を切っていないといいます。

情けないやら、悔しいやらで、
僕のレッスンに駆け込んでくれました。

Nさんは本当に熱心で、
毎日200球のビジネスゾーンの打ち込みを
半年も続けています。

腰から腰を100球、肩から肩を100球。

これだけやっているのですから
当然スイングがメキメキ進化しています。
もう100を切る実力は十二分です。

そして2か月ぶりのラウンド。

隠れて特訓した成果を出してきます!
と張り切っていました。

この日はNさんにとって記念すべき
1日になる予定でした。
続きを読む

アプローチのザックリに悩んだら…

2018.07.10
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

 「最近ザックリが多くてアプローチが恐いんです」
 

こんなお悩みに
今日はお答えしたいと思います。

ザックリ(ダフリ)が多いと
グリーンに乗りません。

そうするとすぐにスコアを崩してしまう
ことになります。

では、どうしたらいいか?
続きを読む

布団たたきをするとゴルフが上手に!?

2018.06.18
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「布団たたきをするとゴルフが上手に!?」
 

について、お話ししたいと思います。
 

ちょっと変なタイトルですが、
実は先日、とっても嬉しいことがありました。

私が3年前にアップしたメールマガジンに
熱い長文のコメントをいただいたのです。

せっかくなので、そのコメントを
ご紹介したいと思います。
続きを読む

【ビデオ】ダフリ撲滅に一発で効く薬

2018.04.22
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ダフリ撲滅に一発で効く薬」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ダフりにくくなる最高のイメージがあります。

それは「ボールの頭を右手の平で撫でる」イメージです。

なんだそれはとお思いのこととでしょう。

しかし、これは私のコーチングでイメージして
ショットしていただくと、イメージしたその瞬間から
ダフりにくくなる妙薬です。

とにかく、騙されたと思ってやってみましょう。
やり方はこちら。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】見てすぐわかるダフりやすい人の特徴

2018.03.25
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「見てすぐわかるダフりやすい人の特徴」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。

私もコーチングをやっていて
ボールを打つ前からダフりやすいお客様がわかります。

ズバリ言ってダフりやすい場合には、
次の3つがスイングを始める前である
セットアップの段階で確認できます。

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】ここ↓がナイスショットの分かれ目

2018.03.23
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

こんにちは、小原です。

どんな分野においても、これを見れば
力量をはかるといったものがあると思います。

ゴルフで例えるなら、アドレスを見れば
そのゴルファーの力量が分かる、、、といった具合です。

いくら上手な仕草をしていても、
あるいは下手な仕草をしていても、
アドレスを見ればバレてしまうのです。

そして、アドレスから始動を
開始した直後のクラブの動きで、

「これミスするかも。。。」

というのも、割と分かってしまいます。

なぜ、私がそう判断しているのか?
それは、クラブのこの部分の動きに
着目しているからなのですが、、、

あなたはこんな動きをしていませんか?

続きを読む

【ビデオ】そもそもフェースは返すものなのか?

2018.03.16
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

人間が何かしらの動きを習得しようとした時、
おおよそ3つのフェーズに分かれます。

分かりやすくスイングで例えると、、、

最初は形を覚えることからスタートします。

これはいわゆる”見よう見まね”で、

「あの人のスイング綺麗だけど、こんな感じで振ってるな」

という漠然としたイメージを実際の
動きに取り入れて大まかに形にしていきます。

次はそれを、意識的に行うこと。

大まかに出来た形から肘の動きや
各部のローテーション、重心移動など
細かい動きをつぶさに観察し、習得していきます。

この過程を経ることで、実際のラウンドで
使えるくらいのレベルになっていきます。

しかし、それではまだ足りません。

最後の仕上げとして、
「それらを動きを無意識に出来るようにする」
ここが最重要にして最難関のフェーズです。

そこで、今日のテーマであるクラブフェースの話ですが、
フェースが戻らないから意識的に返すことは
正しいか間違っているかは別として、悪いことではありません。

ただ、そこで終わらないでください。

フェースが返るとはどういうことか?
どうすれば自然と、無意識に戻るのか?

動画では、クラブフェースを意識しすぎると
起こりやすいフックボールの修正方法について撮影しました。

考えることは多いですが、一つずつ解決していきましょう。

続きを読む