カテゴリー別アーカイブ: 練習

松山優勝。江連の“目”にはこう見えてます

2021.10.26
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「松山英樹プロ優勝。江連の“目”にはこう見えてます」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ご存じの通り、松山英樹プロが週末のPGAツアー
「ZOZOチャンピオンシップ」(日本開催)で
見事な優勝を飾りました。

松山プロ、またまたやってくれました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダフりが怖い人にはコレが足りてません

2021.08.31
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「ダフりが怖い人にはコレが足りてません」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「ダフるのが怖い。。。」
 

そんな不安を抱えること、あなたもあるでしょうか?
であるのなら。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】極端な真逆の動きで上達

2021.08.01
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「極端な真逆の動きで上達」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

スイングの問題点を修正して
素早く実用的な動きまで仕上げるためには。。。

課題となる動きの「真逆を極端」に
やってみることが効果的です。
 

 「え、でもそれって一体どうやったらいいの?」
 

そのやり方とは。。。?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[裏技?]とにかくクラブに当たらないなら…

2021.07.06
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「裏技? とにかくクラブに当たらないなら…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ご承知の通り、ゴルフクラブはシャフトが長く、
そしてヘッドが小さいです。

だから良い球が打てなかったり、
それがゴルフを難しくしています。

そうした難しさから抜け出すために
あなたにやってほしいことがあります。それは。。。?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リー・トレビノ「この選手は…強くなるぞ」

2021.06.01
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「リー・トレビノ『この選手は…強くなるぞ』」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

往年の名選手、リー・トレビノが
全盛期の頃の話です。

試合で、ある選手が。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る

2021.05.04
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「プロ仕様の腕が伸びた大きいフォローを作る」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

以前に私はこの場で、プロのフォローは
みんな腕が伸びているが、アマチュアの方は
フォローが小さいということをお話ししました。

では、それをどうすれば改善できるのか?

今日はその具体的な方法についてお話しします。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】ボールを打たなくても上達する不思議な現象

2020.12.20
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ボールを打たなくても上達する不思議な現象」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

誰でも怪我や病気で、
大好きなゴルフを封印されることがあるものです。

しかし、それはさらに一歩も二歩も上にあがれる、
上達のための不思議な現象を体験できるチャンスとなります。
どういうことか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな素振りをすれば上達するの?

2020.06.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「どんな素振りをすれば上達するの?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前にもお話ししましたが、素振りというのは
ゴルフの上達に絶大な効果があります。

もちろん、お金もかかりません。
良いことずくめですね。

今日は、上達したいなら必ずやっておくべき
「4つの素振り」をご紹介したいと思います。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ、素振りをしないの?

2020.06.02
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「なぜ、素振りをしないの?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「素振りは初心者がするもの」
 
 「軽い準備運動程度のもの」

 

ズバリ、そんなふうに思っていませんか?
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】私の自宅部屋ショット練習環境

2020.05.31
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「私の自宅部屋ショット練習環境」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

私は一戸建ての借家から集合住宅など、
色々なところに移り住むごとに部屋の中で
ゴルフのショットの練習をやってきました。

まだまだゴルフが駆け出しの最初の頃は
フルショットしなければ練習にならないと思い、
色々なものにボールをぶつけて壊してしまったものです。

しかし、本当はフルショットなんかしなくても、
良いスイングをつくる最高に効率の良い練習があります。
それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スタッフ山田の練習場ルーティン

2020.05.30
yamada2

From:ゴルフライブスタッフ山田
テレワークの自宅より、、、

こんにちは。ゴルフライブスタッフの山田です。

突然ですが、あなたは
練習場に来たらまず何をしますか?

 ・入念な準備体操?

 ・まずはアプローチから?

 ・それとも、コースのラウンドと同じくドライバーから?

人それぞれ、様々な練習手順があるかと思います。

今回は週3回ペースで練習場に足を運んでいる私が
やってよかった練習場でのルーティンをご紹介します。

(よかったら、みなさんのルーティンも
 コメント欄からぜひ聞かせてください。)

軽く準備体操をしてまずはアプローチ

練習場に着いて打席に入った後、
まずすることは準備体操です。

私がゴルフを始めたてのころは、
打席に入ると同時に…

「よし!練習開始!」
と意気揚々とドライバーを握りぶん回してました。

しかし、そんなことを続けていたある日、
いつも通りドライバーのフルショットを打った瞬間…

右足首に激痛が走り、
練習を続けられないほど痛めてしまいました。

その日以来それが怖くなり、

 ・手首足首をよくほぐしたり、

 ・首や背中などをストレッチしたり

と、入念に準備体操をして
小さいアプローチショットから順に
大きくしていく手順になりました。

私はゴルフにおいて、
アプローチの重要性は非常に高い
考えているため…

全体の練習量の半分以上はアプローチを
練習しています。

例えば100球の練習であれば、
50球以上はアプローチに費やします。

ただ、ひたすらアプローチ練習していても
飽きてしまうので…

一球ずつ違う方向や距離で打って、
ゲーム性をつくっています。

どんな練習場にも、距離が書いてある看板や
グリーンがあると思いますので、たとえば

 10ヤード→30ヤード→50ヤード→20ヤード→40ヤード

と、一球ずつ距離と方向を変えて
ターゲットを作るとゲーム感覚で練習できます。

また、私がいつもレッスンを受けている
コーチにもこの練習を伝えたところ…

この練習方法は、距離感や打ち出し方向などの
感覚を養うのにとても良い方法だそうです。

いつもアプローチ練習が少ない方や、
すぐ飽きてしまう方は、ぜひお試しを。

アイアンとウッドの練習は流れるように

アプローチをしっかり練習する分、
アイアンとウッドの練習は軽めです。

PW→8アイアン→6アイアンと、一番手飛ばしで
だいたい5球ずつくらい打ちます。

そしてドライバーまでいったら、
折り返し長いクラブから一番手飛ばしで
短くしていきます。

特定の番手を集中して練習するときも
10球以上は滅多に打ちません。

理由は二つあって、
一つは、アプローチと違って

 ショットは日によって
 調子の良し悪しがバラバラなため

です。

ラウンドに行っても良いショットよりも
ミスショットの方が目立ちます。

しかし、アプローチに関しては、
練習すればするほど、
ミスが少なくなる印象があります。

そのため、私は練習場では
ショットよりもアプローチ練習がメイン
になっています。

ふたつめの理由は、単純に

 ミスショットが多いと気持ちも疲れてしまうため

です。

アプローチ練習は小さいスイング幅なので、
大きなミスは少ないですが、

大きな振り幅のショットにおいては
ミスショットが頻繁に出ます。

シャンクなんて打った時には
とてもブルーな気持ちになってしまいます(笑)。

練習が嫌いにならないためにも、
ショットの練習は軽い気持ちで
流すように練習しています。

練習後は必ず左打ち素振り

全てのボールを打ち終わったあと、
私は必ず普段とは逆の左打ちの素振りをします。

これは以前ゴルフ雑誌を読んだのですが、
ツアープロの片山晋吾プロも実践していて
体のバランスを整えるために効果的だそうです。

一方向の運動を続けていると体が歪んできて、
スイングに影響したり、腰や背中、首などの
怪我の原因にもなるそうです。

前述したとおり、私は準備運動不足で
怪我をしてしまった過去があるので、

なるべく怪我をしないように、
私も左素振りを取り入れています。

以上が私の練習場でのルーティンです。

これからの季節、暑さとの戦いもありますが
体調を崩さない程度に練習に励んでいきたいです。

私のルーティンが参考になれば幸いです。

ゴルフをもっと楽しみましょう。

最後までお読みいただき、
どうもありがとうございます。
 

追伸

前回に少しだけご案内した
藤田寛之プロ共同開発の
Tabata GOLF のアプローチマット…

2020-0514_1

ご案内後、一瞬で売切れてしまいまして、
「予約」で受け付けていた分も
残りわずかとなっております。

在庫切れのため予約での購入はコチラをクリック

こんなに反響があるとは思いませんでした。
ご興味のある方は、上記よりお申し込み下さい。
 

<本日のオススメ>

世界中で話題沸騰!

日本のトッププロもこぞって使う、
振るだけスイング診断ツール『メディカス』が、
<87本限定>で緊急入荷しました!

振るだけでスイングの良し悪しがわかり、
ミスを撲滅する『メディカス』の秘密とは?

今すぐこちらのお手紙をお読みください。

商品の詳細はコチラをクリック!

個数限定。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外出自粛中の今こそ上達のチャンス!

2020.05.14
yamada2

From:ゴルフライブスタッフ山田
テレワークの自宅より、、、

こんにちは。ゴルフライブスタッフの山田です。

新型コロナウイルスの猛威による、
4月7日から緊急事態宣言が発令されて
1か月とちょっとが経ちました。

政府からの外出自粛の呼びかけにより、
練習場に行ったりラウンドに行ったりすることを
控えている方も多くいらっしゃるかと思います。

私もそのひとりで、行きたい気持ちをぐっと堪えて、
外出を控えています。

しかし、練習場に行くことだけが練習ではないと私は思います。

そこで、今日は自宅でできる
練習アイテムの紹介をいたします。

自宅練習の必須アイテム

それがこちら。

藤田寛之プロ共同開発の
Tabata GOLF のアプローチマットです。

2020-0514_1

こちらの商品は当社でも販売しており、
とてもおすすめのアイテムです。

在庫切れのため予約での購入はコチラをクリック

練習風景

2020-0514_2

私の自宅は決して大きいわけではないので、
家の中では大きいスイングをすることはできませんが、

アプローチなら可能なので、外出できない今、
もっぱらこのマットでアプローチ練習をコツコツしています。

2020-0514_3

この商品の良いところは
マットにクラブヘッド最下点のソール跡がつくため、

ダフリやトップ、アウトサイドイン等の方向が
すべて一目でわかります。

ショット後のマット

2020-0514_4

藤田寛之プロによると、

アプローチショットにおいて、狙ったところにヘッドを落とし、
ボールへの入り方を一定にすることが、
ボールをコントロールするうえでの最低条件だそうです。

そういったアプローチの基礎を可視化して練習できるのが、
この商品の良さだと思います。

パーオン率の低さ

ところであなたは、

 ・ドライバーショット
 ・アイアンショット
 ・アプローチ
 ・パット

この4つの中で、アマチュアのスコアアップに
一番重要な要素はどれだと思いますか?

もちろん、4つとも重要ではありますし
考え方は人それぞれですが、
私はアプローチが特に重要だと思います。

その理由はずばり、アマチュアのパーオン率の低さです。

パーオン率とは、18ホールのうち、
「そのホールの規定打数(Par4だったら4)-2打」で
グリーンに乗せられたホール数の割合を指しますが、

平均スコアが90のゴルファーの1ラウンドのパーオン率が
16.7%(回数にするとパーオンが3回)といわれています。

また、シングルプレーヤーと呼ばれている
ハンディキャップが一桁のプレーヤーでも
パーオン率は40~60%程度です。

つまり、アマチュアゴルファーの大半が
18ホールのうち半分以上パーオンできていない
ということが言えます。

そう考えると、例えばパーであがる際、
バーディーパットを打つ機会より、

アプローチで寄せて1パットという機会のほうが
多くアプローチの頻度が多いことがわかります。

アプローチのミス率の高さ

アプローチが特に重要な理由はほかにもあります。

それはアプローチのミス率の高さです。

私がよく一緒にラウンドするゴルフ友達は
平均スコアが95程度なのですが、
とにかくアプローチのミスが多いです。

完璧なティーショット、
そしてセカンドショットも悪くない。

惜しくもグリーンを外したその途端、
グリーン周りで発作のようにチャックリ、トップ、シャンクと、

まるでミスショットの百貨店かのごとく、
様々なミスを繰り広げます。

「もったいない」という言葉が自然と漏れてしまいます。

せっかく途中まで良いスコアでまとまっていても、
1ホールで大叩き。

でも、こういうことって、けっこうありますよね。

先ほど申し上げた百貨店の友達以外でも、
やはりグリーン周りでミスが目立つ人は多いように感じますし、

私自身もたまに信じられないくらい
チャックリすることがあります。

こういったアプローチのミスを減らすだけで、
スコアは簡単に縮められます。

そして、ショットを練習するよりも、
アプローチを練習したほうがよっぽど、楽に早く
スコアアップにつながるということに気づきました。

繰り返しになりますが、
練習場に行くことだけが練習ではなく、

むしろ自宅でのアプローチ練習をコツコツ続けることが、
スコアアップに直結する練習ではないでしょうか。

私もグリーン周りではミスを想像してしまい、
いつもひやひやしています。

いくら自信があっても、
いつも成功するとは限らない。

ゴルフって難しいですよね。

それでも私は先ほど紹介した商品を
毎日自宅でコツコツ練習しています。

藤田タッチマット 予約での購入は今スグコチラをクリック!

あなたも、こんなご時世の今こそ、
一緒に自宅での練習を重ねて、

ゴルフをもっと楽しみましょう。

最後までお読みいただき、どうもありがとうございます。
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブ新商品!

あなたがもし「60歳以上」
「ヘッドスピード40m/s以下」なら…

努力することなく無条件で
飛距離を10y以上伸ばすチャンスが
今、目の前にあります。

繰り返しますが、何の努力なしに… です。

そんな新商品の詳細はコチラをクリック!

個数限定。お早めに
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

心と身体まで、ウイルスに負けないように

2020.04.15
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「家から出られないときに
 忘れてはいけないゴルファーの心得」

というテーマでお話をしたいと思いますが…

なぜ、本日このようなテーマでお話するか。

あなたももう想像がついていると思いますが、
新型コロナウイルスの影響が
ゴルフ界にも強く出ています。

特に、先週の4/7(火)に
緊急事態宣言が発令され、
ゴルフ練習場も自粛の対象になりました。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】サンド・ウェッジは練習の要

2020.01.26
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「サンド・ウェッジは練習の要」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

練習場でサンド・ウェッジでどれぐらいボールを打っていますか。

案外ゼロなんて多いかもしれません。

しかし、サンド・ウェッジを使って
ショット練習しないなんて、勿体無いです。

サンド・ウェッジはショット練習の重要な点を簡単に身につけたり、
良くしてくれる最高のクラブだからです。どういうことか?

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

70ヤードの飛距離アップ…可能です!

2019.08.08
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日は、
 

 「70ヤードの飛距離アップ…可能です!」
 

ということで、お話ししたいと思います。 

今日は、ゴルフをする人なら誰しも思う、
「ボールをもっと遠くへ飛ばしたい!」
というお悩みをいただきましたので。。。

ご紹介させて頂きます。コチラです。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加