【ビデオ】パッティングストロークはこう作る

2018.05.13
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「パッティングストロークはこう作る」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ズバリ言って、パッティングのストロークは
肩甲骨のスライドで作ります。

肩甲骨のスライドとは、一体どういうことか?

(続きはビデオにて)

パッティングストロークはこう作る

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf180513/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

肩甲骨のスライド

パッティングストロークでの肩甲骨のスライドとは、
バックストロークでは右肩を上にあげるようにします。

ダウンストロークでは腕とパターの重さに任せます。

バックストロークで右肩を上にあげるようにすることで、
右肩甲骨が背中側にスライドします。

同時に左肩甲骨が胸の方向へスライドしてきて、
左肩甲骨周りの筋肉は引き伸ばされてしなってきます。

そのため、ダウンストロークでは
腕とパターの重さで落ちることを強く意識するだけで
良いストロークになります。

この左肩甲骨のしなりが戻ることと重力で、
安定したストロークを手に入れることができるわけですから簡単です。

パッティングの命は出球の方向性

ところで、パッティングの命は出球の方向性です。

方向性が悪いとタッチも合いません。

それは傾斜を考えると納得できます。

例えば、スライスラインで左に打ち出してしまったら
ショートする方向になります。

なぜなら、イメージしたよりもより多く登りを登ることになるからです。

逆に、右に打ち出すと下りが多くなる分、
オーバーする傾向になります。

そのため、パッティングにおいては打ち出したい方向へ
できるだけ正確に打ち出せることが、

長めの距離でのタッチのためにも
当然ショートパットのためにも重要です。

出球の方向を決めるもの

また、パターでの出球の方向は、
ボールヒットでのフェースの向きに90%ぐらい依存します。

ということは、ボールヒットで、
できる限り思った方向へフェースを向けていられることが
かなり重要となります。

ヘッドの軌道の方向へボールが出るように感じるとは思いますが、
案外軌道方向には直接は依存していません。

とはいえ、軌道方向にフェースの向きも引っ張られやすいので、
副次的要因としてのヘッドの軌道も方向性のためには重要です。

ストレートな軌道を肩甲骨のスライドで作る

そこで、肩甲骨をスライドさせるとどうなるのか。

肩甲骨は背中の後ろ側で浮いている骨です。

浮いていて四方八方にスライドできる構造となっています。

肩甲骨は体とは鎖骨という非常に細い骨で繋がっているだけで、
かなり自然にスライドする動きが可能です。

試しに、まっすぐに立って、左の胸の上側にある細い骨として
浮き出ている鎖骨を右手で触りながら、
左腕を体の正面方向へ突き出してみましょう。

左腕を突き出すほど、
左の鎖骨が右斜め前に動くことを感じることができます。

これが左肩甲骨のスライドです。

そこで、パッティングのバックストロークで左肩甲骨をスライドさせるイメージで、
右肩甲骨をヘッドがまっすぐに動く方向である上方向へスライドさせてみましょう。

案外簡単にヘッドがまっすぐに動くことがわかります。

バックストロークで右肩を上にあげようとすれば
右肩甲骨は右肩をあげようとした方向へスライドします。

同時に、左肩甲骨は右肩甲骨の背中の後ろ側へのスライドに連動して、
胸の方向へスライドしてきます。

ここで、左右の肩甲骨を同期させてスライドさせるためのコツがあります。

それは、左右の肩関節と手元でできる三角形の形を変えないように
ストロークすることです。

後でお伝えしますが、これはユーティリティクラブを
パターの様に使う練習とかで簡単に身につけることができます。

さらに、バイオメックのアキュロック・エース・パターは、
腕の三角形を固定できて肩甲骨のスライドを使いやすい
最高のパターなので、私も大好きです。

一度でも良いので使ってみると、
使った瞬間からパッティングでの本来の肩甲骨のスライドを
意識できる様になります。

ヘッドの軌道にはどんな軌道あるのか

パターヘッドのたどる軌道は、
できるだけ直線の方が安定したフェースの向きで
ボールヒットできます。

ところが、パッティングのストロークでは
案外直線的な軌道を作ることは正しく行われていません。

例えば、体を捻ることでストロークしたら、
ヘッドはイン・ツウ・インである円軌道を描きます。

これでは、フェースの向きが正しくなるのは一瞬ですから、
それをボールヒットにきっちり合わせることは至難の技となります。

そこで、体を捻ることでストロークしながら
ヘッドをまっすぐに動かそうとしたら
どうしなければならないでしょうか。

そうです、手の操作で外にあげてフェースは閉じなければなりません。

これでは手の難しい操作を覚えなければ安定したストロークというか、
フェースの向きを確保することはできません。

また、手では筋肉量に対する脳の神経回路の数が
他の部分に比べて圧倒的に多く存在しています。

そのため、手は確かにいろいろなことができて器用ですが、
緊張するほど動けなくなってしまいます。

パッティングイップスと言われる
簡単なショートパットで手が動けなくなってしまうのは、
この手の脳に置ける占有面積の大きさが仇となっています。

しかも簡単だから絶対入れなければならないということが
逆に緊張となり手が動かなくなってしまいます。

その点、下半身や肩甲骨周りの筋肉などの大きな筋肉では、
筋肉量の割に対応する脳細胞の数は少なくなっています。

そのおかげで、大きな筋肉では緊張しても
普段と同じように動くことができます。

また、ツアープロの60%はイン・ツウ・ストレート軌道です。

バックスイングでは体を捻ってインサイドにヘッドを運びます。

しかし、ボールヒット近辺の10cm前後ぐらいで、
ヘッドを打ち出し方向へ投げ出すようにしてフェースの向きを安定させています。

しかし、このイン・ツウ・ストレートも、
打ち出し方向へ正確に放り投げるというタイミングが難しくなります。

イン・ツウ・インよりはイン・ツウ・ストレートの方が
簡単なストロークであることは事実ですが。

ユーティリティクラブで肩甲骨スライドを練習

三角形の形を変えない動きは、
ユーティリティクラブを使って簡単に作ることができます。

ユーティリティクラブでグリップを左前腕に密着させてセットアップして、
そのままの形を保ってストロークしようとすると簡単に身につけることができます。

パターマットの上で良いので、
ユーティリティクラブでグリップを左前腕に密着させて
ストロークしてみましょう。

両目のラインがボールの真上に来るまでボールに近づきながら
左前腕とグリップがちょうどよく収まる長さにセットします。

そして、ヘッドのトウ側でちょこんとボールヒットさせます。

そうすると、あたかも新しいパターを手に入れたように、
簡単にパッティングできます。

しかも、これは三角形の形を変えない動きを身に付ける練習としてだけではなく、
当然ラウンドと言う実戦でも大活躍してくれます。

ユーティリティクラブだとグリーンの外から転がしても、
案外良く転がってくれます。

グリーンエッジの外からでもまあまあ転がりますから、
是非やってみましょう。

グリーン周りでの強力な武器となります。

ただし、キャディーさんは普通は持ってきてくれません。

キャディーさんにユーティリティを持ってきてもらうのに
時間が必要だったりします。

それではスロープレーにつながってしまいますから、
自分で持って行くしかありません。

ま、その点ちょっと判断力と手間が必要ですが、
効果を見たらやめられなくなります。

番手はロフトが小さい2番ユーティリティなどがおすすめです。

また、基本的にユーティリティクラブは
シャフトが短いので通常ショットでも扱いやすいです。

3番ユーティリティは5番ウッド並みの飛距離。

さらに、ロフトが16度ぐらいの2番ユーティリティなら打ちやすい分、
実は3番ウッドよりも安定した飛距離が得られます。

そのため、実際のラウンドでは3番ウッドの代わりに
2番ユーティリティがお勧めです。

ま、こればかりは好みとか打ち方にも依存しますが。

最近のユーティリティのヘッドはかなり進化しているので
シャフトが短くてクリーンヒットさせやすい分実戦で活躍しやすいです。

ちなみに、3番ウッドはちょっとラフでもダメですが、
2番ユーティリティなら楽々使えます。

ちょっとパッティングからは脱線してしまいましたが、
案外ユーティリティクラブは最近のヘッドの進化とともに
フェアウィウッドとアイアンの領域を食い始めている感じです。

え、パッティングみたいに使うと言うことで
パッティングまで占領し始めてるって?
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

「プロのようなダウンブローの
 アイアンショットが自然に身につく」

このツアーストライカープロがあれば
あなたのアイアンショットは自然に磨かれていき…

アイアンがあなたの得意クラブになります。

http://g-live.info/click/tourst1805/

※本数限定です

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: パター, パッティング, ビデオ, フェアウェイウッド, ユーティリティ, ユーティリティー, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。