[Quiz] フェアウェイよりラフの方が簡単?

2017.08.01
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「フェアウェイよりラフの方が簡単?」

について、お話をしてみたいと思います。

夏も本番! 非常に暑い日が続いていますね。
その暑さとともに、ラフも成長し深くなってきています。

「ラフ=ティーアップ」になって打ちやすい?

さて、そんなラフとの付き合い方についてですが。。。
アマチュアの方の場合、
 

 「フェアウェイよりラフの方が打ちやすい」
 

という方が、結構いらっしゃいます。

確かに、短く刈ってあるラフなどの場合は
ティーアップ状態になってくれることもあります。

でもそれって、本当でしょうか?
 

フェアウェイですと、クリーンに近い当たりをしないと
ちゃんと飛んでくれません。

ちなみに、アイアンやフェアウェイウッドでクリーンというのは、
フェースの下の方に当たることを言います。

ですが、ティーアップされた状態や、ラフでボールが浮いた状態では
フェースの真ん中に当たっても、ちゃんと飛んでくれます。

これが、アマチュアの方が
 

 「フェアウェイよりラフの方が打ちやすい」
 

とおっしゃる理由ですね。

初めのうちはよいけれど…

確かに、スコアが100以上の方にとっては
クリーンヒットは決して易しいショットではないと思います。

ですので、ラフからボールが上がって
グリーンの方に飛んでいってくれれば、
それはそれでOKだと、言っていいかもしれません。
 

ですが、少し実力がついてくると
フェアウェイからアイアンをクリーンヒットして
グリーンに止められるようになってきます。

そんなレベルになった時、ラフからのショットでは
ボールがなかなか止まりませんよね。

もちろん、グリーンが非常に柔らかければ
ボールは止まるかもしれません。ですが。。。 

 「思ったより飛んじゃった!」
 

なんていうことが、出てきます。
 

そうです。ゴルファーを悩ます、アレが。。。

フライヤー

あなたもご存知の通り、フライヤーはスピンが効かず
グリーンに落ちてからなかなか止まりません。

そして、グリーンをオーバーします。

グリーンの奥からが難しいことは、
あなたもご承知の通りですよね。
 

さて、このフライヤー、どういう現象かというと。。。

フェースとボールの間に芝が挟まることにより
適正なバックスピンが得られずボールが飛んでしまう、
あるいは落ちてしまう現象のことです。
 

仮に、8番アイアンで打ったときのバックスピンが
「7000回転」だとしましょう。

※ここで言う回転数は、あくまでも憶測です。

それが5000回転になったら、飛んでしまう。
2000回転になったら、落っこちてしまう。

そんなふうに理解して下さい。
 

ラフから打ったときには
フェアウェイ以上のスピンがかかることは
まずありえません。

少し回転数が減ると空中で空気抵抗を受けずキャリーが出ます。

大幅に回転数が減ると浮力が得られず、
すぐにボールが落ちてキャリーが出なくなります。

ちなみに、キャリーが出てしまう方を「フライヤー」
すぐ落ちてしまう方を「ドロップ」と呼び
言葉を使い分けている方もいます。

僕の場合は、キャリーが出た時にも
「ドロップした」などと使ってしまったりもします。
 

実はラフにおいてはライの種類によって
 

・フライヤーしやすいライ

・ドロップして飛ばないライ

・フェアウェイと比べてもそれほど遜色のないボールが出るライ
 

などがあります。
 

では、そうしたライを見極めるにはどうすればいいのか。。。?
 
 

ちょっと長くなったので、この「ライの見極め」の話は
次回に詳しくしてみたいと思います。

追伸:千葉レッスン満員御礼。愛知残席わずか

8月に開催することになっている僕のレッスン会。。。

千葉のほうはすでに満員なのですが、
(今でも事務局には空いているかの問い合わせが来ているそうです)
愛知のほうに若干の余裕があるとのことです。

愛知の日程、日程は以下の通りです。
ご希望の方は、下記よりお申込みください。

◆愛知(8/20 日)

ドライバーレッスン(17:00~20:00)

http://g-live.info/click/kl170820_1700pdf/
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨
 
 

<本日のオススメ>

いろいろなビデオやレッスンを受けて
多くのことを試してみたけれど
飛距離やスコアに結びつかず、
逆にその飛距離やスコアが落ちている…

そんなあなたには、この大森コーチの
無料WEBセミナーがお役に立てるかもしれません。

「力みを取ったら、飛んじゃった!」

http://g-live.info/click/new_datsu_rikimi_op1707/

※明日8月2日(水)までの期間限定の公開です。

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
カテゴリー: アイアン, ダウンブロー, メルマガ, ラフ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

[Quiz] フェアウェイよりラフの方が簡単?」への5件のフィードバック

  1. Y.IWATA

    プロのおかげでベストスコア更新しました。

     最近個々の技術レベルは上がってきていると感じつつもなかなかかみ合わずスコアアップにつながらず悩んでいましたが、先日のレッスンで教わった「ラインだしショット」が非常に有効で42,44の86で久々にベストスコア更新できました。

    「ラインだし」どの程度できるのかお試し気分で実践導入してみましたが思いのほか決まりに決まり上がってみるとベストスコア更新していました。アイアンでは若干飛距離はおちますが曲がる気がせず、DWではムチャぶりしないため芯食って平均飛距離はむしろ上がっていた気がします。ロングゲームがうまくいく分ショートゲームに集中できたのもよかったと思います。

     物事には順序があるとは思うのですが「なんでこんな素晴らしいテクニックを教えてくれなかったんだろう」などとちょっと恨めしく思ったりしてw。

     飛距離を犠牲にしてもコントロールがうまくいくので今後のラウンドではラインだしショットを優先していきたいと考えていますが、ノーマルショットを捨ててラインだしショット中心でラウンドを組み立てていくことで今後のゴルフライフになにか副作用というか不都合な事起こるでしょうか?

     以前のメルマガでアイアン レッスン検討しているとありましたが、ぜひこの素晴らしいテクニックを他の皆様にも共有していただきたいとおもいます。

    本当にありがとうございました。

    返信
    1. Y.IWATA

      「なんでこんな素晴らしいテクニックを教えてくれなかったんだろう」→「なんでこんな素晴らしいテクニックもっと早く教えてくれなかったんだろう」
      の間違いでした

      返信
    2. 梶川 武志梶川 武志 投稿作成者

      Y.IWATA様
      こんにちは。ベストスコアおめでとうございます。
      アイアンレッスン会やライン出しについては事務局と企画して今後のメルマガでご案内します。
      IWATA様がライン出しをロングショットでも出来たのは、普段からシャドースウィングを頑張ってくれているからです。

      ライン出しは小手先でうまくいくものではありません。
      梶川メソッドの核であるシャドースウィングで体全体をコントロールできるようになったIWATA様だから上手くいったのだと思います。

      副作用は、あえて言うなら、今後飛距離が落ちてくる可能性、スウィングアークが小さくなる可能性ですかね。
      そういうことを防ぐ方法も次のレッスンでお教えします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。