楽しくゴルフの下半身を鍛える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.05.09
kajikawa

From:ツアープロ梶川武志
愛知の自宅より、、、

皆さん、こんにちは。
ツアープロ梶川武志です!

さて、今日は

 「楽しくゴルフの下半身を鍛える方法」

について、お話をしてみたいと思います。

以前、3月ぐらいのメールマガジンで、
「どんなトレーニングをしたらいいのですか?」
という質問にお答えさせていただきました。

ちなみに先日、僕が一緒にラウンドした方と
お昼を食べていた時のことなんですが。。。

お昼中のやり取り

お客様「ここ一年ぐらい、
    よく外を歩くようになったんです」

梶川 「ああ、それは健康にもいいですよね」

お客様「犬の散歩が日課になりましてね。
    毎日1時間ほど、犬と一緒に歩いているんですよ」

梶川 「犬と一緒だと、歩くのも楽しいですしね」

お客様「ええ。昔は膝の痛みがよく出ていたんですが、
    最近は膝痛も出なくなりました」

梶川 「それはすばらしいですね!」
 
 

ちなみにこのお客様のスウィングを見ていて、
以前はダウンスウィングで左サイドが浮いていたのですが。。。

この日のラウンドでは、インパクトまでしっかり
体がボールを向いていました。

前半のラウンドで食事をする前までは、
スイングを拝見していて
 

 「お、以前よりいい感じで打っているなぁ」
 

ぐらいに思っていたのですが、
お昼にその犬との散歩の話を聞いて
 

 「はっはーん。。。なるほどそういうことか」
 

と、合点がいったのでした。

グッドスウィング、グッドショットだけでなく…

ちなみに参考までに
3月に書いたメルマガの内容は以下のものです。

「どんなトレーニングをしたらいいのですか?」

http://g-live.info/click/170328_yuukan/
 
 

「トレーニングはまず軽い散歩から。
 毎日少しずつでもいいので続けてみて下さい」

 

書いたのはそういった内容でした。

このメルマガでは散歩はいいと書きましたが
 

・更なるグッドスウィング、グッドショットにつながる

それだけではなく、下半身を鍛えることで
 

・膝痛の改善

・そして腰痛の改善(腰も以前に痛みを抱えていたそうです)
 

という事を目の当たりにして、
改めて散歩の重要性を再確認できました。

歩くモチベーションを高める方法

とはいえまあ、散歩というのは
習慣になるまでは退屈なものです。

ですので、犬と歩くというのは
いいモチベーションになりますね。
 

犬はかわいくて僕も好きですが、
僕は試合で家をしょっちゅう空けるので
とても飼うことはできません。

(娘は犬が飼いたいと言っていますが 笑)
 

ちなみに妻の実家で飼っているチワワがいるので
以前はランニングや山登りを一緒にしたりしました。

犬と一緒だと、一人で走ったりするよりも
モチベーションが上がります。

もちろん犬も喜びますし。
 

最近では娘が自転車を上手に乗れるようになってきたので、
娘が自転車で僕がランニングという時間が増えました。

もちろん、娘の自転車にはついていけません(笑)。
 

2017-0509_1
 

こんな感じで、見晴らしのいい、
あまり車の通らない場所を二人で自由に走っています。

僕にとってはランニングもできて、娘と一緒に時間を過ごせて、
一石二鳥の貴重な時間となっています。
 
 

というわけで今日は
「散歩の重要性の再確認」というお話でした。

この話を読んで、ちょっと散歩してみようかなと
思ってくれる方が増えたらうれしいです。

追伸

ちなみに、GW中にゴルフライブ事務局からお願いがあり、
僕のレッスンを関東と愛知で開催します。

 5/27(土) 千葉開催

 6/3(土) 愛知開催

事務局から近く案内が行くと思いますので、
案内のメールを気にしておいてください。
 
 

それではまた、次回も楽しみにしていてください。

ーツアープロ 梶川剛奨
 

<本日のオススメ>

打つだけで理想のアイアンショットが身につく
ダウンブローの最終兵器「ツアーストライカープロ」…

前回入荷時も一瞬で完売した人気商品が
「近藤プロの記念日」に合わせてようやく入荷!

100本限定。なくなり次第終了となります。
詳しくはこちらをクリック

http://g-live.info/click/kts170509/

※すでに続々とお申込みあり… お早めに

The following two tabs change content below.
梶川 武志

梶川 武志

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: モチベーション, 下半身, 体づくり, 痛み | 投稿日: | 投稿者:
梶川 武志

梶川 武志 について

東葛飾高校を卒業後、研修生となり、1995年に24歳でプロテスト合格。 2009年、7月の『セガサミーカップ』で自身初の最終日最終組を経験して自己最高の7位に入り、10月の『コカ・コーラ東海クラシック』では石川遼、池田勇太と最終組で優勝争いの激闘を演じ2位となる。今でもその試合は名勝負のひとつに数えられている。 同年、JGTOバンカーセーブ率1位(64.8%)。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。