見落としがちな飛距離アップの要素は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017.03.19
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

見落としがちな飛距離アップの要素は…

「飛距離アップできるいい方法ないですか服部さん?」
生徒さんにまたまた難しいことを聞かれてしまいました。

筋力トレーニング、テクニック、クラブ
これはいつも言い続けていることなんですが

どうやらそうじゃないらしい
「明日からに急に飛ばせる方法が知りたい。」

そんな願いを叶えてくれる
魔法のような方法があるなら私が知りたいです(笑)

正直そんなに都合の良い方法はありません、、、

でも、待てよ。
明日からは飛ばないけど飛距離アップに大事なこと
一つ見落としているかもしれない要素があります。

それは、、、

              

ゴルフに柔軟性?

実はゴルフをする上で筋力よりも
柔軟性の方が大事といわれているんです。

「身体が硬くなっている」
「肩の力を抜いて」

そんな言葉をよく聞くと思いますが
これは柔軟性なくなるとパフォーマンス落ちるという意味です。

柔軟性がある人は可動域が広くなり筋肉を大きく動かせる。
それによりしなやかで力強いスイングが生まれます。

そして何より柔軟性があるとケガをしにくくなります。
実はスポーツで起こるケガの殆どは柔軟性が原因なんです。


<柔軟性で得るもの>

・安定したスイング

・飛距離アップ

・ケガの防止

実はこんなにあるんです。
            

いちばん大事な股関節の重要性

中でも飛距離アップには股関節の柔軟性が大事です。
そもそもなぜ股関節が飛距離アップに関係しているのかというと
下半身のパワーを伝える役割を担っているのが股関節だからです。

柔軟性をアップさせ、股関節の可動域を
広げることが出来れば遠心力が増して
ヘッドスピードが上がり飛距離が伸びる。

もちろん肩関節の柔軟性も重要ですが
呼吸の仕方で肩関節の可動域は広げることができます。

ですが股関節を広げるには
日々トレーニングを重ねていくことが大事です。

               

効果的な股関節のスレッチは…

股関節をやわらかくする方法を2つ紹介していきます。


1 あぐらをかいて床に座る

2 左右の足裏を合わせる

3 その足を両手でつかむ

4 ももの内側を意識して、体を前に倒す

5 その状態で、15秒キープする


1 床に、“体育座り”の状態で座る

2 身体を後ろに少し倒し、身体の後ろで手で支える

3 両膝を肩幅くらい開く

4 片方の膝を絞り込むように、膝が床につくように、内側にゆっくり倒す

5 内側に絞り込んだ状態を15秒から30秒キープする

6 元に戻したら、反対側の膝も同様に、ストレッチする

これをお風呂上がりに
毎日5分づつやるだけで柔軟性はかなり上がりますよ。

お風呂上がりにやることによって
身体を伸ばしても筋肉を痛める危険がなくなります。

石川遼プロはものすごくやわらかいですよね。
プロは柔軟性をとても大事にしていて
日々ストレッチをトレーニング以上にしていますから。

まずはテレビを見ながらでもいいので一度やってみて下さい。
その積み重ねが思わぬ飛距離アップにつながりますよ。

実際にラウンドする日も
ラウンド直前にストレッチを念入りにやってみて下さいね。

今までやっていなかった方は
身体がが大きく動かせ飛距離が変わるはずです。


<本日のオススメ>

大人気のビジネスゾーン養成アイアン
今回も大変大きな反響をいただいております。

小原プロの理論で上達したいとい思っているゴルファーには
特にうってつけのクラブです、、、
ビジネスゾーンの習得が一段と簡単になるはずです。

もしあなたが、今自分のスイングに自信がないなら、
なぜ、スライスやダフリトップが止まらないのか

もっと飛距離を伸ばしたいのに、
落ちてしまっているのか、を知りたければ、
このメディカスをまず振って練習してみると良いでしょう。

http://g-live.info/click/medicus1703/

The following two tabs change content below.
服部 公翼

服部 公翼

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, ドライバー, ヘッドスピード, 下半身, 体づくり, 新着メルマガ, 重心・体重移動 | 投稿日: | 投稿者:
服部 公翼

服部 公翼 について

1983年3月25日、茨城県潮来で生まれる。ゴルフレッスンプロ。K’s Island Golf Academy 代官山の代表を歴任。その後はスタジオ運営からは離れ個人のレッスンプロとして活動。 300yを超えるショットと、飛ばしのレッスンで話題を呼ぶ。高校卒業と同時に、ゴルフの専門学校国際ゴルフビジネス学院に入学、ゴルフの基礎を徹底的に学ぶ。その後、さらなる成長のために豪州留学。現地で競技経験を積むと同時に、ツアーにも足を運んでオーストラリアゴルフメソッドを学ぶ。帰国後、独自の飛距離アップ法を作り上げ、ティーチングを始める。その独自の飛距離アップ法が話題を呼び、ティーチングの道に専念。自身のスイング研究から培った、美しく飛距離のでるスイングが持ち味。スイングからトレーニングまで、飛距離アップのトータルケアは万全。さらに、飛距離をテーマにしたDVD「ロングドライブプログラム」を2011年に発売。その他ゴルフ雑誌に関わらず、多方面のメディアにも出演経験をもつ。レッスンでいつも生徒に伝えている想いは、、、「あと、30ヤード飛ばすと、ゴルフが100倍楽しくなる」

 

Facebookでコメントする

見落としがちな飛距離アップの要素は…」への3件のフィードバック

  1. 富田 直治

    「体育座りの状態」とは、どんな形ですか? 教えてください。

    返信
  2. 田沼宏之

    いつもコーチを有り難うございます。ところで、、“体育座り”というのはどういうものでしょうか。
    分からないので、教えてください。

    返信
  3. SEIICHI INOUE

    ロングパットが空振りしたりすることもあり、スコアがまとまらなくなっております。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。