あなたはわかります?プロが飛ぶ理由…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.01.14
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「プロが飛ぶ理由」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

ツアープロのプレーをテレビ中継で見ている時に、
170センチくらいの背丈のプロが…
 

 ・ドライバーを300ヤード近く飛ばしたり

 ・200ヤードのパー3を
  6番アイアンでビューンと飛ばしたりする

 

そんな光景を目の当たりにすることも
少なくないと思います。

ではなぜ、そんなことができてしまうのか?

クラブを振り回していないのに

プロは本当によく飛距離が出るなと
思ってしまいますよね。

とはいえ、そんなにクラブを
振り回している様子もありません。

これは一体、筋力の差なのか、何なのか。。。?
 

プロとアマチュアの一番大きな違いは何か、
あなたはすぐに答えることができますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 
 (クイズです。。。)
 
 ・
 

 ・
 

 ・
 

その答えは。。。
 

 「右サイドをきっちり受けている」
 

そのスウィングにあります。

確かに筋力も、プロとアマチュアの
大きな違いなんですが。。。
 

アマチュアの皆さんとの一番の差は
「右サイド」なんです。

右サイドって、何のこと?

右サイドを一言で言うとズバリ
 

 「地のエネルギー」
 

なんです。
 

これはゴルフに限らず、
球技全般に言えることですが。。。
 

球を遠くに飛ばしたり正確に目標に運ぶためには、
 

 ・地のエネルギーを使って

 ・下半身の力を上半身、そして球へと

 ・順番にエネルギーを伝える
 

これが大事になってきます。

たとえば、野球のボールを投げる時、
遠くに投げようと思ったら自然と数歩助走しますよね?
 

これこそが、地のエネルギーを下半身で受け、
受けた力を上半身に伝えて投げるというメカニズムです。

全く足を動かさず、上半身の力だけで遠くに投げようとしても
それができないのは、あなたにも経験があるでしょう。
 

どの球技でも一流と言われる選手はみんな
 

 ・地のエネルギーを下半身で吸収し

 ・それを効率よく上半身、腕、指先へと伝達させる
 

これを行っています。
 

こうしたエネルギーを使って球を投げているので
正確に投げることができるのです。

これがいわゆる「手投げ」では
思ったところに球を投げることはできません。

「右サイドで受ける」とは?

地のエネルギーのことが分かったところで、
先ほど申し上げた「右サイドで受ける」について
説明したいと思います。

例えばバスケットのフリースローの場合であれば
下から上への運動ですので、
 

地のエネルギーを「下半身」から
受けていくイメージとなります。
 

一方、これがゴルフの場合
体の左方向に球を飛ばしていきますので。。。
 

地のエネルギーは下半身から受けるだけでなく、
体の右サイドでもエネルギーを受けて
左方向に伝えていくという作業が必要となります。

体重70キロのプロゴルファーの場合、
バックスウィング時には
右足に120キロ近いエネルギーがかかります。

これがまさに
「右サイドで受けている」という証拠ですね。
 

ところがアマチュアの多くは、
右サイドで受けていないので。。。

右足にあまりエネルギーがかかっていない様子が
多々見受けられます。
 

 ・バックスウィングでひざが右に流れる

 ・体が伸び上がる

 ・ダウンで右ひざが前に出て、
  右足かかとが上がるのが早い

 

あなたは思い当たることはないでしょうか?
 

こういったクセがある人は、
いくら力を入れても、飛距離は出ません。
 

では、どうすればいいのか?

右サイドで受けるスウィングを身に着ける

そのための練習としては、
 

 ・四股を踏む

 ・その場で連続ジャンプ

 ・スクワットをして下半身で地のエネルギーを
  受ける感覚をつかむ

 

こうしたことも有効ですし、さらには
 

 前傾した状態から右に1メートルくらい
 ジャンプで飛んで、右足一本で着地

   ↓

 今度は左に1メートルジャンプで飛んで
 左足一本で着地

 

この繰り返しをします。

この時の足首や股関節にエネルギーがかかる感覚を
スウィングに取り入れていくようにするのです。
 

クラブを握った練習としては、
 

 通常のアドレスからバックスウィングしたら、
 トップで右足一本で体を支えて

   ↓

 そこからダウンスウィングをして、
 左足一本でフィニッシュを取る

こうした練習を繰り返すことも有効です。

今回ご紹介した練習はとても地味です。

そして正直、即効性も期待できません。

繰り返し繰り返し、右サイドで受ける感覚をつかみ、
体で感じていく事でだんだんと変化が表れてくるでしょう。

毎日のストレッチ運動という感覚で、
続けてみてくださいね。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:安定したスウィングを身につけたい方へ…

 「無駄な力みのないスウィングを身につけたい。。。」

あなたがそう思っているのであれば、
下記の私の人気プログラムは
ぜひ見ていただきたい内容です。

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, メルマガ, 下半身, 手打ち, 新着メルマガ, 重心・体重移動, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

あなたはわかります?プロが飛ぶ理由…」への1件のフィードバック

  1. yonezawamasami

    私、御年77歳になる江連フアンです。江連さんが外国修行後2003年NHK趣味悠々で拝見。。して以来できちがいです。
    テレビで拝見すると今とはくらべもろにならないくらい若いです。私は定年後60歳でゴルフを始めましたがセンスがないとゆうか、いまだにに100をきれません。ぼうけんはすきです、4,5、年前にゴルフチャンネルで100切大会あり出場しました、とても良いゴルフ場でしたが、105で残念でした。ゴルゴさんがおりました。
    自宅に練習場もあります。今は少しねつが覚めていますが、年に10回ぐらいは大会にでています。自分でも思っていますが、基本が出来ていない思います。よいあたりは10回に1回 まことに申し訳ありませんが、 そっちょくの、アドバイスをおねがいします。まだ、おじいさんではありません。お願い申し上げます。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。