池越え・トラブルショットのコツ

2020.05.15
img1

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日は、「池越えやトラブルショットにおける
攻略のコツ」
をお伝えします。

「池にだけは入れたくない…」

「OBだけはしないように…」

コースに出ると、
そんな場面に多くでくわしますよね。

実は、こんな場面には共通する攻略法があります。

と、いうよりも、
みなさん気づかないうちに、

ある良くない状態に
陥ってしまっているのです、、、、

それはどんな状況なのか?

今回は、池越えのシュチュエーションで、
詳しくお話をしていきます。

それでは、こちらが本日の動画です。

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

パターにも、「3秒ルール」があります。

カップから視線を離してから
3秒以内に打つ
ことで、
グンと成功率が上がるというものです。

このように、人間というのは、
「感覚」というものにとても左右されやすいです。

メンタルにおいても、
まさに同じことが言えますので、

成功したイメージを強く持つことで、
結果も良いものに結びつけることができます。

是非「前向きなイメージ」を持つように
意識をしてみましょう。
 
小原大二郎

 
<本日のおすすめ>

何もしなくても、
飛距離が10yも伸びる!?

漆黒のフォルムをまとった
驚愕のドライバーが新登場!

圧倒的な飛距離を生み出す
ドライバーの秘密を公開します。

詳しくはこちら »

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 100切り, 90切り, スイング, トラブルショット, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。