【ビデオ】スライスの隠れた要因を送ります。[#58]

2018.09.15
亀子充温

From:亀子充温

皆さん
こんにちは

前回のメルマガ
【体を回す事を意識したスイングの基本動作】
【スライスの原因】
は如何でしたか ??

【体を回す事を意識したスイングの基本動作】で・・・
もう一つ伝えておきたい項目があります。

それは・・・『スイング軸の理論』です。

僕が考える【理想のスイング軸は】=軸が不動・・・なのです=独楽の様に
(正確に言うなれば・・・軸は、テイクバックで少しスエーしてダウンスイングからインパクトに掛けてスエーがアドレス位置に戻り少し沈むのですが)

独楽は、何故?ブレずに綺麗に回転できるのか??
その答え・・・

精密に作られた独楽は、軸に対し胴体部分のどの位置でも重量&形が対称でバランスが均等だからです。

例として
両手を左右に広げて、両手を下記図の赤線に沿って左右に回してみて下さい。
尾骶骨〜脊椎〜脳天を軸に回転させれば・・・・
両手に均等に遠心力が掛かるので・・・軸はブレません。

kenko01

しかし、ゴルフスイングをする場合
ゴルフクラブを振るので一方方向に遠心力が掛かり軸がブレ易いのです。

kenko01

スイング時に軸がブレない様にするには・・・
その遠心力に耐え軸を安定させるだけの筋力が必要なのです。

筋トレをしない人の筋力は、一般的に30歳頃に最高筋力の頂点を向え、その後に低下して行きます。
年齢を重ね、筋力が衰えるとスイングの最中に・・・
遠心力に耐え切れない
   ↓
軸がブレ&スエーが大きくなる 
   ↓
インパクトがバラつく
   ↓
ミート率が低下
   ↓
飛ばない&ボールコントロールが低下
   ↓
スコアが低下・・・の結果になるのです。

筋力が衰えて飛ばなくなったり、スコアが低迷して来たら・・・
【解決策】
①筋トレで筋力をアップさせる
*筋肉は、何歳になっても筋トレなどの鍛錬で筋力アップ出来ると医学的に証明されています。

②目標を決め、メンタルを鍛える
*飛距離アップ・スコアアップなど『絶対に目標達成させる』と心に決めて下さい。
*諦めたらそこで・・・THE ENDです。
 『アイツには負けない』『10ヤード飛距離を伸ばす』なんでも構いませんので目標を決めて前向きな気持ちを作って下さい。

③体重移動とコックを使ったドロースイングにする
*スイングイメージは、ステップショットにコックを使ってヘッドを返すドローボールです。
*このスイングは、いつか公開いたします(モデルを探して動画を撮影した後に)

さて、次は
最近、僕が発見した【スライスの隠れた要因】についてご紹介します。

これを発見したのは、『福島さんへのレッスン』でした。
*福島さん・・・74歳の方です。
  このメルマガにも何度か登場して頂いています。

福島さんにレッスンしていた時、【スライスの隠れた要因】を発見しました。

レッスン中、福島さんのトップの手の位置が低く&クラブが回っていなかったのです。
何度スイングして貰ってもトップで『クラブが上がらない』のです。
トップが低く・クラブが上がらず回らないと=ヘッドスピードが上がらず、且つアウトサイドインのプレーンになり易くなります。

『クラブが上がらない』・・・その原因=肩甲骨の硬さでした。

何故か?
下記写真の様に肩甲骨周りが硬い方は、肘から先の前腕が前傾してしまいます。

肩甲骨周りの硬さに依るスイングプレーンの違い
*それぞれの写真を縦にご覧ください。

kenko01
kenko01

今回の僕の理論と解説は、如何でしたか??
理論は、どうしても理想を追ってしまいます。
でも、理論を理解したうえで・・・練習と筋トレなどのトレーニングで理想に近づける事が重要だと思います。

スライスにお悩みの方は、先ず肩甲骨周りの硬さをチェックして下さい。
そして、ゴルフに情熱があるのであれば・・・
少しずつでも構わないので練習と筋トレなどのトレーニングをして下さい。
ウォーキングからでも、素振りからでも構いません。
必ず、結果は向上します。

<本日のオススメ>
ダフリトップのハズが、
周囲には「ナイスショット」と言われ、
真っ直ぐなショットで
グリーンにさえ乗せてしまう、、、

そんなノウハウがここにあります。

参加はこちらからどうぞ

http://g-live.info/click/5snp/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: オンプレーン, スライス, テクニック, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。