片足ゴルファーが教えてくれたこと

2017.07.12
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

右足だけで立ってスイングする。
両目を閉じてスイングする。
右手だけ使ってスイングする。

そうした条件のなかで
ゴルフを楽しんでいる方たちがいるのを知っていますか?

僕が昔、
足を怪我して病院に通っていた時のこと。

足はかなり腫れ上がっていて
しばらくはゴルフが出来ない状態でした。

僕はかなり落ち込んでいました。

プロのスポーツで
怪我は致命傷ですから。

しかし、この出来事は
僕にとって決してマイナスではありませんでした。

それは病院で
一人のあるゴルファーと
出会ったのがきっかけでした。

動かない左足

僕がふて腐れた顔で左足を引きずり
歩く練習をしているとき

同じ左足を固定して
リハビリしている男性に出会いました。

その方もゴルフが大好きで
話していたらたちまち仲良くなり

『一緒にゴルフしよう』

ということになりました。

しかし、よく話を聞くと
彼は交通事故で
左半身が麻痺してしまっていたんです。

彼の足は一生動くことはない。

足が麻痺してしまうなんて
どんなに辛かったろう・・・。

そしていったい
この足で、この動かない足で
どうやってゴルフをするんだ?

僕は彼に誘われるがまま
その状態で練習場に行ってみました。

ただ恥ずかしくて
一番隅っこの打席に腰を下したのを覚えています。

クラブを手にして
なかなか1球目を打てないでいると

彼がやってきて、

「そんなにためらうことはないだろう? 

 足も固定しているし
 折れることはないよ。

 ふつうのスイング理論は
 当てはまらないかもしれないけど

 止まっているボールを打つっていうのは
 変わらないだろう?

 僕はこうみえても
 90台前半で回ることもあるんだ。

 まぁ、レディースティーからだけど!笑
 
 じゃあ幸運を祈るよ!」

と言って
隣の打席に戻っていきました。

僕は彼の言葉に
とても励まされました。

多分この言葉をかけてくれた
彼が18歳だったからかもしれませんね。笑

1球1球、工夫しながら打っていく

出来ないことが
出来るようになっていく

この練習は
ただゴルフが楽しくて大好きだった
ゴルフを始めたばかりのことを思い出させてくれました。

そして僕は怪我が完治する頃には
スランプから抜け出していました。

自分の限界を外そう

みなさんにも
ゴルフの目標がいろいろあると思います。

でも、挑戦することを
ためらってしまうことってありませんか?

人が物事に取り組まない
理由は2つあります。

ひとつめは
自分には無理だと決めつけてしまうこと。

もうひとつは
周囲の人からそんなことはムリだと言われるから。

でも僕たちがが頭の中で
「不可能だ」と思い込んでいることは、
いつかに誰かが成し遂げることです。

当時18歳だった彼。

現在も
ハンディキャップゴルフ協会で開催されている
研修会や定例会のコンペで楽しんでいるそうです。

現在もときどき連絡をとっていて
「今度あの頃のことをメルマガで書かせて」
といったら

あの時の宮本さんは
この世の終わりみたいな顔でリハビリしてたよなー
なんて言われてしまいました 笑

彼の20年後は一体どんな風でしょうか?

彼はとにかく挑戦したのです。

皆に無理だと言われても、
挑戦することをあきらめなかったのです。

最後に皆さんに
この質問をして終わりたいと思います。

皆さんが
挑戦せずにいることってなんでしょうか?

競技ゴルフに参加すること
海外でプレーすること
仲間を呼んでコンペを開くこと
ライバルに勝つこと

あなたが想像できること
是非諦めないで
挑戦してほしいなと思います!


<本日のオススメ>
・60人も参加したコンペでドラコン賞を獲得
・40代男性ゴルファーの最高飛距離が15yアップ
・60代ゴルファーが久しぶりに250y超え。

などなど、一気にあなたのドライバーを
飛ばせるスイングへとチェンジするための
プログラムはコチラ

http://g-live.info/click/kajidora170706/

The following two tabs change content below.
宮本 大輔

宮本 大輔

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。
カテゴリー: メルマガ, 情報, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
宮本 大輔

宮本 大輔 について

千葉大学教育学部卒。身長166cm、飛距離は約280y。 大学卒業後ゴルフの道を志し、2008年からレッスプロとして活動。 小原大二郎プロと出会い、2014年からはゴルフパフォーマンスにて小原プロの元、レッスンを学び、レッスン活動をスマイラックの講師として行う。千葉大の教育学部で培った『人に伝えること』に長けた指導と、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップの指導により、多くの生徒から信頼されている。ハキハキさ、持ち前の明るさがレッスンの特徴。 現在は、三宮店店長を務める。

 

Facebookでコメントする

片足ゴルファーが教えてくれたこと」への4件のフィードバック

  1. ゴルフ平さん

    残念な事ですが、ゴルフ仲間に「85歳でエージシュート目指してます」と言うと「無理だよ」て返ってくる方が何人か
    います。

    多分そんな方たちとは、あまり深く繋がらないと思ってます。挑戦する事に限界は無いと信じて進みたいですね。

    自分の夢に「いいね」を言ってくれる人達との出会いを作っていきます。

    返信
    1. 宮本 大輔宮本 大輔 投稿作成者

      ゴルフ平さん、コメントありがとうございます。
      まさにゴルフ平さんのいう通り、自分の夢を心から応援してくれる人達と過ごすことができればゴルフに限らず人生ハッピーだと思います。
      「85歳でエージシュート」
      無理なんかじゃありません。素晴らしい目標です!ゴルフ平さんとこうしてやり取りできるのも「出会い」です(^^)これからもゴルフ平さんも夢を応援していきたいと思いますので、何かゴルフでつまずいたことがあれば是非お気軽にコメント下さい。

      返信
  2. ともぞう

    大切なお話だと思いました。
    私の一番のゴルフ仲間 月に1・2回 一緒にラウンドしていますが
    彼は 左腕の肘から先がありません。右手一本で レギュラーティーからラウンドします。
    先日 彼が自己ベストの「91」で回りました!
    私のことを「ライバル」と呼んでくれて 「負けねぞ~」と自分の限界を 自分で決めず
    「まだ。。まだ出来るはず!」と頑張ってきます。
    私も触発されて「よ~し!負けねぞ~!!」と 二人で切磋琢磨しています。
    これからも それぞれの目標めがけて お互いを刺激しあえる仲で 頑張りたいと思っています。

    返信
    1. 宮本 大輔宮本 大輔 投稿作成者

      ともぞうさん、とても素敵なゴルフ仲間のエピソードありがとうございます!
      さらに、一番のゴルフ仲間のベストスコア更新おめでとうございます!!

      メッセージを読んでいるだけでも仲睦まじい姿が目に浮かびます。
      ゴルフは走ったり、跳ねたりしなくていい分、あらゆる人々が一緒にプレーを楽しめますよね!
      これからもお互い切磋琢磨してゴルフを楽しんでください(^^)またメッセージお待ちしております。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。