わかる?アドレスの正しい手の位置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.09.20
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「わかる?アドレスの正しい手の位置」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

よく、ゴルフの入門書などを見ていると。。。

身体の真ん中? 左太ももの前?

レッスン書に、手の位置についての説明があると

 「アドレス時の手は、身体の真ん中」

 「手は、左太ももの前」
 

といった具合に、本によって言っていることが違うのを
あなたは目にしたことがあるかもしれません。
 

これについて、あなたはどれが本当だと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、実は手の位置については

打ちたい球によって自然に決まるもの

どういうことかというと
単純な話ですが、長い番手のクラブでは
手の位置は身体の真ん中近くになるものです。

これはクラブが長くなるほど球の位置が左になって
遠心力もシャフトのしなりも大きくなるからです。
 

一方、短い番手のクラブであれば、
ハンドファーストに構えることになりますので
当然、手は長い番手よりも左によって来ます。
 

そして、球を曲げたいときのことを
ちょっと考えてみましょう。
 

ドローを打ちたいという時であれば
フェースを閉じてインパクトをしたいので
手元の位置は身体の左寄りになるでしょうし、

反対にフェードを打ちたい時であれば
フェースを開いてインパクトしたいので
手元は身体の真ん中よりになるはずです。
 

つまりは、
 

 アドレスの手元の位置というのは
 「ここじゃないとダメ」というものはない

 

ということなのです。

言葉は「絶対的」ではない

とはいえ実際には、そうしたレッスン書や
プロたちの教えなどを聞いていると

「手は身体の真ん中」といった具合に
教えられていることは少なくないわけです。
 

ですが、そうした言葉もあくまで
「感覚的」にそう言っているだけであって、
 

それが「絶対」ではないのです。
 

ということで、言われるがままに
手が真ん中に来るように構えるのではなく、
 

 打ちたい球に対して構えた時の
 自然な手の位置を知ること

 

これが一番大切なのです。
 

 「江連さん、言いたいことはわかりました。
  でも、その手元の位置はどうやって見つけるんですか?」
 

はい、その手元の位置を見つけるために重要なことは
 

 左右の手の長さを揃えて構えること
 

これが大前提になります。
 

右手だけが長くなったり、左手が長くなったりすると
当たり前ですが、手が自然な位置に収まらないからです。
 

 手の位置は、打ちたい球によって自然に決まるもの
 

ぜひ、このように覚えておいてください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

大森睦弘コーチが制作・監修した
70歳以上のシニアに特化した

『年齢をチャンスに変える 出直しゴルフプログラム』

さすが大森コーチ!と思わせる
説得力で目から鱗が多数。

「ベスト109だったのが、103までになりました。」
「スコアだけではなくて、飛距離も伸びました。」

そして何より

「老化に伴い、関節の稼動域が狭くなってからの
 ゴルフ理論は、巷ではほとんど見かけません。
 その点に特化し、非常に具体的で実践しやすかったです。」

これらの秘密の公開は、期間限定です。

詳細はコチラをクリック

終了後は見られなくなります。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アドレス, セットアップ, ボール, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。